経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

食物繊維らで盛り立てるべき、 我々の腸内細菌たち❗。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ ❗

☆ 福岡伸一氏の生命浮遊


アフリカの飢餓地域で見いだされた、

栄養失調症状である、 クワシオコア。


手足が、 ガリガリに痩せているにも関わらずに、 お腹が、ぽっこりと膨れてくる。


タンパク質が欠乏しているにもかかわらず、

炭水化物 ≒ 糖質 ➕ 食物繊維 、

への摂取が続くと、

体内の動的平衡が乱れ、 肝臓が勘違いして、 脂肪を蓄えてしまうのだ。


肝臓が肥大するから、お腹が膨れる。


しかし、 この、クワシオコア、

単に、 カロリーの過多、 と、

タンパク質の欠乏、 という、

単純な図式だけでは、 説明できない、

ことが、 わかってきた。


研究者たちは、

アフリカの一卵性双生児に着目した。


同じ遺伝子らを持ち、 同じ環境に育ち、

同じ栄養状態にあるのに、

一方は、 健康性を成し、

他方は、 クワシオコワ 、 を発生していた。


一体、何が違うのだろうか。


研究者たちは、

その、 腸内細菌に差があることを見つけた。

発症した子らの腸内細菌たちは、

十分に、繁茂していなかったのだ。


外的な環境が同じでも、 内的環境、つまり、 消化管内の状況が、 異なっていたのだ。


腸内細菌が、 ちゃんとしていれば、

たとえ、 貧しい食材であっても、

それを代謝し、 栄養素に変えて、

宿主を助けてくれるのだ。


人間が、 タンパク質を食べなければならないのは、 タンパク質の構成要素である、

アミノ酸たちを、 自前で、 作り出すだけの、

代謝能力・合成能力を持っていないからだ。


20種類がある、 アミノ酸たちの中には、

自分の体内で作れる、 アミノ酸もあるが、

必須 アミノ酸 、 と呼ばれる、

フェニルアラニン、 ロイシン、 バリン、

イソロイシン、 スレオニン、 ヒスチジン、

トリプトファン、 リジン、 メチオニン、は、 作る事が、 できない


( これは、 生物学や栄養学を学ぶ上で、

必須の暗記事項なので、 私たちは、

「 風呂場椅子、ひとりじめ 」 、 という、

語呂合わせで覚えた ) 。


だから、 これらは、

食品らから、摂取するしかない。


腸内細菌のような微生物は、

単純な資材

( たとえば、 炭水化物といった、 糖質、 と、 窒素源である、 アンモニア ) 、

から、 すべての、 アミノ酸たちを、

全部を、 自前で、 作り出す、

万能の合成能力をもっている。


炭水化物は、

炭素 C 、と、 水素 H 、 と、

酸素 O 、 から、 できているので、

窒素 N 、 を含む、

アミノ酸、 を作り出すには、

必ず、 窒素源となる物質が必要となる。


人間は、 たとえ、 これらな、

資材らが、 そろっていたとしても、

化学反応を起こすための、

タンパク質たちから成る、 酵素 コウソ 、 を持っていないので、

必須 アミノ酸 、 を作り出せないのだ。


どうして、 こんなに大事な能力を、

人は、進化の途上で失ってしまったのか。


これは、 これで、 とても興味深い、

生物学上の謎なのだが、

考察は、 長くなるので、 詳しくは、

また別の機会にのべてみたい


( ちょっとだけ、 サワリを言えば、

あえて、 外部に、 必須 アミノ酸 、

を求めなければならない、 という、

課題を持つことで、

積極的に動くことを強いられた生物が、

“動物”へと進化することになった… )。


人間は、 栄養価の高い食物を確保することにより、 必須 アミノ酸 、 たちを、

安定して得ることに成功したが、

一方で、 微生物との共生関係を維持する、

ことによっても、 生存率を高めた。

それが、 腸内細菌だ。


栄養の面で、 腸内細菌の寄与は、

どの程度で、 あるのだろうか。

これを調べるためには、 逆の状況、

腸内細菌がいない状態を、

実験的に作り出してみれば、よい。


もちろん、 人間では、実験できないので、 マウスが用いられた。

母胎内にいる、 仔マウスの消化管には、

まだ、 腸内細菌は、棲息していない。

産道を通過し、 母乳を飲み、

外的環境にさらされる事で、

徐々に、 腸内細菌たちのコロニーが形成されていく。


そこで、 帝王切開で、仔マウスを取り出し、 無菌的なドーム環境で、

殺菌済みの餌だけを与える事により、

腸内細菌フリーのマウスを育ててみた

( フリーは、「 無い 」、 という意味 )。


すると、 マウスは、 腸内細菌がいなくても、 生きていく事は、できた。


しかし、 色々な異常が見られたのだ。

腸の成長に、奇形が見られた。

盲腸が肥大し、 腸の表面積は、 30 % 、 余り、 が、 少ない。

心臓、肺、肝臓も、萎縮していた。


通常は、 腸内細菌の代謝活動によって、

供給される、 ビタミン B群 、

納豆などに豊かにある、 ビタミン K 、

を、 必ず補ってやらねばならなかった、

だけでなく、

無菌マウスは、 生きていくために、

普通のマウスよりも、 常に、 30 % 、

を、 多く、

カロリーへの摂取を必要としていた。


つまり、 この実験結果への解釈はこうなる。


腸内細菌たちは、 宿主が摂取した食物を、

かすめ取るが、 それ以上に、

宿主に対して、 貢献をなしている。


宿主が利用できない、 繊維分、 などを、

代謝して、 栄養分らに変え、

それらを、 宿主に戻す。


宿主が合成できない、 ビタミン、らや、 アミノ酸ら、 を供給する。


これらな、 腸内細菌たちの寄与ら、が、

なくなってしまうと、 宿主は、 その分らを、 余計に、 カロリーや、 栄養素、らを、

摂取しなければ、ならなくなる。


恐らく、先に挙げた双子の例もそうなのだ。

ちょっとした微妙な差──それは、

お母さんの産道を通過する順番や、

母乳で育った期間の、わずかな長短、

食べた物らの内容の違い──によって、

消化管内の腸内細菌コロニーの形成に、

差が出てしまった。


それが、その後に、遭遇した、

栄養らでの不足、

・アンバランス環境における、

サバイバルに差をもたらしてしまったのだ。

藤川院長系; ビタミン B群 、を作る、 我々の腸内細菌たち ❗。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ ❗

☆ 藤川院長 ;

Abram Hoffer:Orthomolecular Medi

cine For Everyone、より ;


様々な脳疾患を、

栄養とサプリメントで治療してきた。

老衰、脳卒中、脳器質疾患、頭部外傷後遺症、アルツハイマー、てんかん、ハンチントン病、など。

全ての患者が回復したわけではないが、

多くの患者が回復し、 QOL ≒

暮らしの質 、 が改善した。


これらな疾患らを遺伝性だ、と、

決めつけるのは、 間違い。

遺伝と細胞環境とが、相互に関与している。

環境要因を改善させれば、

遺伝的な弱点を克服できる。


細胞を取り巻く栄養状態が悪いと、

加齢を促進させる。

ビタミン B3 、な、 ナイアシン 、は、

抗加齢物質 、だ。

栄養失調などの、 ストレスや飢餓は、

B 3 依存症 ≒ B3 、の、 不足による、 症状ら 、 を生じ、

B3 依存症 、 は、 老衰を引き起こす。


加齢現象は、 電子強盗な、 フリーラジカル ≒ 遊離基 、 の集積により生じる。


フェニルアラニン、チロシンが酸化されると ≒ 電子強盗化されると、

メラニンによる、 色素の沈着を引き起こす。


メラニンには、 2つの類があり、

脳に見られる、 神経 メラニン 、 と、

皮膚のメラニン。

メラニンには、 フリーラジカルを捕捉して、

中和する作用がある。


また、 日焼けから守る、 作用がある。


古い細胞のメラニン集積は、

リポフスチン。

つまり、 酸化された、 アミンの集積。


血の中での、 銅 Cu 、 の、 濃度の上昇と、 老衰とには、 明らかな関連性がある。


銅の配管、 水中の銅が、

加齢とともに蓄積する。

銅濃度が、 高齢者では、 百20 以上 、 となっている ( 理想値は、 百 以下 )。


☆ 予防と治療 ;

オーソモレキュラー食、つまり、

精製された、 糖質を除去し、

脳アレルギーへの原因となる、 小麦

( グルテン ) 、 と、 牛乳

( カゼイン ) 、 を除去する。


加齢とともに、 ビタミンらへの必要量は、

増加する。

加齢は、 多くのビタミンらにおいて、

特に、 B群の依存症となる。


脂に溶ける、 ビタミン A 、は、

加齢と、ガンを予防する効果がある。 1万 ~ 5万 IU 。


B1 、は、

アルコールと砂糖への摂取により不足する。 百 mg 。


B2 、は、 依存症を生じにくい。

百 mg 、 以下。


B3 、は、 老衰を防ぐために、

最も重要な役割を持つ。


記憶力の保持、 活動性の回復、睡眠の改善、 敏捷性の改善に効果がある。

コレステロールを低下、 中性脂肪を低下、 血潮に乗って、 脂らを配って回る、

低分子 コレステロール ≒ LDL 、

の低下、

血潮から、 脂らを回収して、 肝臓へ運ぶ、 高分子 コレステロール ≒ HDL 、

の上昇により、 血管、血流を守る。

3千 ~ 6千 mg 。


B6 、は、 免役システムの回復、

B12 、への、吸収の亢進、

アミノ酸への吸収、

消化液の分泌に、 必要であり、

加齢とともに、 その機能は低下する。

その不足による、 依存症を生じやすい。


足りないと うつ病にもなる、

セロトニン 、への合成、

ヘモグロビン 、 への合成に、 必要で、 タンパク質たちから成る、

遺伝子の本体な、 DNA 、 RNA 、

への、 代謝に必要。

千 mg 、 以内。


B5 、 は、 千 mg 、 以内。


B12 、 と、 葉酸 、 の、 血中濃度は、

加齢とともに、低下する。


B12 、は、 1 mg 。


子宝 ビタミン E1 、 は、

4百 ~ 6百 IU 。


それを欠くと、 若年死を増す事が、

判明し得てある、 ビタミン D 、は、

カルシウム Ca 、 への代謝にとって、

最も重要、

筋肉をゆるめる、 マグネシウム Mg 、

と、 筋肉を縮める、 カルシウム Ca 、

との、 バランスを取る。

4千 IU 、もしくは、 それ以上が必要。


加齢により、 ミネラルへのの吸収能力が、

低下するために、 ミネラル・サプリメントが必要。

Ca 、 Mg 、 亜鉛 Zn 、 マンガン Mn 、 電子強盗らを差し止める、 セレン Se 。


https://www.facebook.com/100003189999578/posts/1844565992326383/

☆ blog 身体のチカラ ;


人や、猿たち以外の、 ほとんどの動物たちが、 何故に、 ビタミン C 、 を、

体内で作り得るか、 というと、

ビタミン C 、 を作るための、

特別な臓器を持っている訳ではなく、

腸内細菌たちの代謝による産物として、

ビタミン C 、 を合成する。


 つまり、 人や、猿、には、

ビタミン C 、 を合成するための、

腸内細菌たちが、 元から、住みつきやすい、

環境が、 無い、 のに対して、


人にも、 自らの体内で、 合成し得る、

ビタミン 、 があり、 。

 それは、 ビタミン B群 、 です。


東北大学の木村修一教授の研究によると、

腸内細菌による、 ビタミン B群 、 への、

合成が、 腸内細菌たち、への、

餌になる、 セルロース、 の添加により、

大幅に増強された、

という、 結果がでています。


つまり、 ビタミン B群 、 についていえば、

食べ物からの摂取よりは、

腸内細菌による、 ビタミンの合成の方が、

ずっと重要 、 ということになります。


 この、 ビタミン B群 、 については、

ビタミン B1 、 の不足で、

脚気 、 が起こりますし、

ビタミン B2 、 の不足では、

口内炎 、 という、 症状が出ます。

また、 海外旅行や環境の変化で、

普段に食べていた物が食べられない事に、

イライラがつのり、 ストレスがたまる、

ことが、あります。

それは、 食べ物や環境の変化で、

腸内の環境が悪くなり、

バランスを崩した結果にて、

ビタミン類への合成が減ってしまった、

という事が、あるようです。


 さらに、 腸内細菌が、 ビタミン類を合成し、

そのビタミンらが、

脳内の幸せ物質と呼ばれる、 セロトニン 、や、

やる気を起こす、 ドーパミン 、 などの、

脳内伝達物質を合成する、

と、 言われており、 それらは、

体の全体の状態にも、 大きく関わり得ている。


 最近は、「 ビタミン類は、 サプリメントで・・ 」 、 という人たちも沢山いると思いますが、 ビタミン C 、 と、 一口で言っても、

アスコルビン酸として、 合成された物や、

天然の物に由来、と、色々とありますし、

どのような製法によってできたか、どうかは、

現在の日本の食品表示基準では、

分かりにくい物が、 ほとんどです。


 そういう事からしても、

日頃の食事を、 しっかりと、気を付けて、

腸内環境を整える・・、

 ということが、 ビタミンでの不足を補う、

ことへの、 一番の近道かもしれません。

糖質制限ら、 ロカボ ❗。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件❗ 。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ ❗

☆ ガン細胞たちは、ブドウ糖だけ、を、

唯一の、主な、栄養分としてあり、

糖質を制限する事を含む、

ビタミン・ケトン療法は、

ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、

ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。

Cancer cells are only glucose,

only, as main, nutrients, including limiting carbohydrates,

vitamin / ketone therapy

can also be used to attack cancer cells as a weapon,

It will reduce the possibility.

タンパク質たち、と、ビタミンら、に、

ミネラルら、を、 完全以上に、

飲み食いなどして、摂取し続ける、

事が、

一部の人々を除いた、

ほとんどの人々の健康性を成し続ける、

代謝ら、を、完全以上に、

成し続ける事に、 必要であり、

これら、を、 より、 欠いてしまう事は、

万病を引き起こす、 可能的な度合いら、を、

より、 余計に、 成す事を意味する。

☆ Health Express ; 吉田尚弘 医師 ;


「 糖質制限 」 、は、 何人もの医師が紹介し、 国内で広めていますが、 それぞれに、 糖質制限のやり方 ( どのぐらいを、 糖質への摂取を抑制すればいいか ) 、が、 異なります。


このために、 複数の意見らを読んで、 混乱される人たちもいます。


 今回は、 代表的な、 3つの糖質制限を比較してみたいと思います。


釜池式断糖食、江部式スーパー糖質制限、山田式ロカボ


 最初は、「 釜池式 断糖食 」 、です。


日本で最初に、 糖尿病への治療に、 糖質の制限を使いだしたのは、


整形外科の、 釜池豊秋先生です。


釜池先生は、 「 糖質摂取なんて、百害あって、一利なし 」 、 という、 考えのもと、 食材から除け得ない、 ごく少量の糖質以外は、摂らない、 食事法を推奨されます。


 釜池式糖質制限では、 「 食事の1回当たりの、 糖質摂取は、 5g 以下、 1日に、トータルでも、20 g 以下 」、 です。


さらに、 「 筋トレ + 有酸素運動 」 、 といった運動を組み合わせる、 「 釜池式+α 」 、 の有効性も説かれています。



次に、 「 江部式スーパー糖質制限 」。 糖質制限を日本中に広めたのは、 漢方医学に詳しい、 京都の内科医の、江部康二先生でした。


2005年に、 『 主食を抜けば、 糖尿病は良くなる! 糖質制限食のすすめ 』 ( 東洋経済新報社 ) 、 という本が、 ヒットしています。


この方法は、 釜池先生の考え方を基にしたものですが、 糖質制限は、 現実的な数値までに抑えています。


 江部式 スーパー 糖質制限 、 では、 「 食事の、 1回当たりの、 糖質摂取は、 20 g 以下、 1日に、 トータルで、 60 g 以下 」 、 です。


糖質を制限するのを、 1日に、 2回 ( 晩御飯では、 必ず )、 あるいは、 1日に、 1回 ( 晩御飯でだけ )、 という、 「 スタンダード糖質制限 」 、や、 「 プチ糖質制限 」 、も、 提唱されています。


糖質制限するのが、困難、 もしくは、 軽症の糖尿病や予備軍の場合は、 これも、有効とされています。



最後は、 「 山田式ロカボ 」、です。


山田悟先生は、 日本糖尿病学会の中心メンバーで、 早くから、 糖質制限の有効性と理論的な正しさに目を付けられ、


北里大学の糖尿病医療センター長として、 積極的に糖質制限を推進されています。


「 医学には、エビデンスが大事だ 」、 との信念のもと、 日本人における糖質制限食の安全性と有効性も、 自ら、証明されました。


 山田先生の指導される糖質制限では、 「 食事の、 1回当たりの糖質摂取は、 20 g 以上で、 40 g 以下、 1日に、 トータルで、 60 g 以上で、 百30 g 以下 」 、 という、 糖質への摂取量で、


「 low carbohydrate ( 低 炭水化物 」 、 から取って、


「 ロカボ食 」 、 という言い方をされています。






・・糖質摂取量が、 なぜ、ひとりひとりの医師によって異なるのでしょうか?。


 釜池式は、 「理論上の理想値」を追求しています。


人間の脳と赤血球が、 1日に必要とする、 百30 ~ 百50 g 、の、 ブドウ糖、 の、 すべてを、 我々は、 自分の肝臓で、 作り出すことができます。


≒ 糖新生 。


つまり、 理論上は、 糖質を食べなくても大丈夫だから、「断糖食」なのです。


 また、 釜池式実践者の多くでは、 その血潮の中の、 ケトン体が基準値を超える、 「ケトーシス」、という状態になります。


この状態では、 体細胞の多くが、 「 糖質エンジン 」 は、ほとんど使わずに 「 脂肪酸エンジン 」 で回っているので、 体脂肪は、 たまりにくい。


さらに、 この状態は、 がん細胞の増殖を抑える上でも有利だ、と考えられます。


それらを考えると、 釜池式の断糖食を実践できるようになっておいて、 損は、 ありません。


 江部式は、 釜池式よりも、 糖質制限がゆるくなります。


外食やコンビニ食も利用し、 糖質を少量を含む食べ物も、 OK 、 なので、 実践が容易です。


1回の食事での、 糖質の摂取の、 20 g 、 は、 多くの方々で、 食後高血糖の起こらない数値で、 人によっては、 ケトーシスにもなりうる摂取量です。


実際に、 江部先生が、 ご自身と、自分の病院で栄養指導していかれる上で、 現実的な対応をして、 この量に落ち着いた 、 と、考えますが、 次の山田先生の基準と照らし合わせてみると、面白い数字です。


 山田式のロカボは、 「 糖質制限 」 、 というよりも、 「 低 糖質 」 、 です。


そして、 上限の、 百30 g 、 と、 下限の、 60 g 、 が決まっています。


上限は、 脳の細胞、と、 ミトコンドリアの無い、 赤血球 、 とが必要とする、 ブドウ糖の量で、


何らかのトラブルで、 肝臓が、 糖新生をできなかった場合の、 「保険」のような、 摂取量になります。


また、 1回に、 40 g 、の、 糖質への摂取で誘導される、 高血糖なら、 許容範囲というのが、 山田先生の判断です。


 さらに、 山田式では、 1回当たりの、 糖質への摂取の、 下限の、 20 g 、 1日に、 60 g 、 を設けています。


これは、 輸液 ( 点滴 ) だけで、 絶食している人が、 ケトーシス 、 にならない、 最低の、 ブドウ糖の投与量に該当します。


つまり、 山田先生は、 ケトーシスは、 回避すべきだ、と、考えています


( この問題の詳細は、 別の記事で、 お伝えしたいと思います )。


「理想的」なのは、 糖質制限のメリットを最大限に得ることを目指す釜池式です。


運動習慣があり、 筋肉のある人、中でも、 長距離を走る、 長時間を泳ぐ、 などの、 有酸素運動の習慣のある人には、 ベストチョイスだ、と思います


( 筋肉が、 モリモリで、 瞬発力の必要な、 格闘技系の人には、 不向きかもしれません )。


また、「がん」が心配な人には、 理論的に言って、一番のお勧めです。


 ただ、 いきなり取り組んでも、 うまく続けられない人が、 ある程度は、 いらっしゃるかもしれません。 乗り越えることができた人は、 快適に過ごせる方が、多いようです。


「現実的」なのは、 数多くの人が挑んで、成功している、江部式のスーパー糖質制限です。


糖質への依存性を絶ち切りやすい、 万人に適している制限量だと思います。


実際に、 先の、 『 主食を抜けば、 糖尿病は良くなる!。 糖質制限食のすすめ 』 を読んだ人の実績数で言えば、 日本で最も成功事例の多いやり方でしょう。


運動習慣のない、 肥満のある、 2型糖尿病の中年男性には、最もお勧めです。


 ただ、 「 簡単、 食べ放題 」 、とか、 「 主食を抜くだけで 」 、 という、 キャッチフレーズが誤解を招きやすくて、 自己流に改変して、失敗する人もいます ( 余りにも、糖質を大量に食べたり、 逆に、 カロリー制限や、脂質制限と組み合わせる人たちです ) 。


最低でも、 3回は、先の本を通し読みしてから、 取り組んでください。



「 安全第一 」 、 なら、 最初のハードルが、 一番に低いのは、 山田式のロカボ 、 です。 スムースに始められます。


糖質制限をしていない家族員ら、 と、 フルコースのディナーも楽しむことができます。


また、糖質制限に反対する先生たちが 「 ぎりぎり譲れる糖質制限 」 、 が、 これでしょうから、 糖尿病で、 通院治療中の患者さんも始めやすい方法です ( ただし、主治医と相談して下さい )。


若い女性、 痩せている方、 太っていても、体力のない方、 引きこもって、 菓子パンとカップ麺ばっかりを食べている、 糖質生活な方にもお勧めです。


 ただし、ある程度の糖質を食べながら、 制限するのには、 強い意志も必要です。


さらに、がんの人や、機能性低血糖の人、重症糖尿病の人などの、 「 食後高血糖を絶対的に回避すべき人 」 、 には、 糖質摂取量が多すぎる、と私は思います。


  文 ≒ 吉田尚弘 医師 。



☆ より、 炎症を成さずに、 細胞の膜、などを構成する、 オメガ 3 系 、の、 脂肪酸、の、一定質量、を、 飲み食いなどして摂取し続けると共に、


タンパク質ら、と、 ビタミンら、 に、 ミネラルら、 とを、 健康性を成すのに必要な、 代謝ら、を、 より、漏れを無しに、 完全以上に、 成し続けてゆき得るように、 より、 漏れを無しに、 完全以上に、 飲み食いなどして摂取するようにすると、


糖質を含む物らを、 バカスカと食べる、 という事が、 より、 出来ない状態になる。


卵の十個ほどの、タンパク質らを、 1日で、 摂取すると、 それで、 満腹感が喚起されて、 より、 食べられない状態になるので、 糖質を制限してよい、 多数派な、 体質なり、 遺伝系統なり、の、 人々は、 高 タンパク 食 ➕ 高 ビタミン ・ ミネラル 摂取 、 を、 より、 きちんと、 行う限りは、 糖質を余計に食べたくなる事を、心配すべき、必要性は、 より、 無い。


☆ 甘味らや 氷も追わす 鉄不足 足らぬ、タンパク 余して、余せ。


☆ タンパク質らを、より、高度に、 飲み食いなどして摂取しようとしても、 より、 食べ得ない、 という人々は、 すでに、 健康性を十全に成し得ているのでなければ、 本来の健康性を成すのに、必要な、 代謝ら、の、 一定度合い以上が、 欠けてしまっており、 それが、 欠けてある内は、 一定度合い以上の、 健康性を成すのに、 必要な、 タンパク質らを、 食べ難く感じられてしまう状態にある、 可能性のある、 人々であり、


その、 健康性を成すのに、 あるべき、 あり得る、代謝ら、を、 復活させる事を意識して、 より、 タンパク質らを食べ得るように、 サプリなどによる摂取を考慮すべくもある人々で、あり得る。