経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

三石分子栄養学➕藤川院長❗; 掃除屋、な、 スカベンジャー、 でもある、 尿酸 ❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ 電子強盗への掃除員でもある、 尿酸 ;


☆ 本原稿は、 94年 7月8日に、

産経新聞に連載された、

三石巌氏が書き下ろした文章;


☆ ( 須方 スポー ≒ )

スポーツ 、 が、 体に悪い、

っていう話がある。

ジョギングを考え出して、本をかいた、

フィックス先生 ( 米国人 ) 、 も、

老年学のオーソリティーだった、

金子仁先生も、 ジョギング中に死んでいる。


医者は、 しきりに、 ジョギングの前には、

医者での検査をやれ、と、 言っていたが、

この頃は、 それも、 言わなくなった。

ホントの事が、 解ったからだろう。


 ジョギングには、 エネルギーがいる。

エネルギーを作るのには、 酸素 サンソ

、 がいる。

その酸素の、 2 % 、 ほどが、

電子強盗、な、 活性酸素になる。


酸素を沢山に取り入れる、

エアロビクスっていう体操があるだろう。

あれは、 わざわざ、 活性酸素をふやす、

方法だ。 若い者向きって事だ。


 当たり前の事だが、 我々の体は、

電子強盗を差し止める、 掃除員な、

スカベンジャー 、 達を用意している。


野菜を食わなくても、 大丈夫なんだ。

だが、 それは、 若いうちの話だ。

四十を過ぎたら、 その量が減ってくる。


これは、 普通の医務検査じゃ、

わからない。

金子先生は、 六十を越していたし、

フィックス先生は、 五十を越していた。

これじゃ、 活性酸素にやられても、

おかしくないんだ。


 そんな訳で、 活性酸素は、

エネルギー作りにともなって、発生する。


 それだけじゃない。 ストレスがあると、

活性酸素がでてくる。


なぜに、 出て来るかっていえば、

ストレス 、 に負けない為に、

体は、 抗 ストレス・ホルモン 、 を作る。


この時に、 活性酸素が発生するんだ。

抗 ストレス・ホルモン 、 は、

例の、 ステロイド・ホルモン 、 だ。


これが、 分解する時にも、

活性酸素は、 出て来る。


  心配事が、 続くと、

体調が崩れるだろう。

これは、 しょっちゅう、

ステロイド・ホルモン 、 を作ったり、

壊したりしているから、

活性酸素、が、 たえず、 出て来るからさ。

 若い時なら、 まだ、 いいさ。

中年を過ぎたら、

スカベンジャーが、 不足だから、

たまらないよ。


 尿酸って物があるだろう ≒

窒素 N 、 の、 4個 、 を含む 、

C 5 H 4 N 4 O 3 。

血液検査で、 これのことを、 医者に、

何とか、言われる事がある。

尿酸値が、高い、と、 痛風になる、

場合もあり、 成らない場合もある。


所が、 これが、 スカベンジャーなんだ。

猛烈社員には、 尿酸値の高いのが、

多いっていうんだよ。


尿酸 、 と 、 きくと、 痛風持ちは、

ギクッとくるだろう。

何も知らない人間は、 馬耳東風だ。

知識が、 無ければ、 馬と違わない、

って事さ。 のんきなもんだ。


 だが、 尿酸 、 が、

スカベンジャー

( 成人病や、 老化への元凶とされる、

活性酸素を始末してくれる、

物質ら、 への、 総称 ) 、 だ、

と、 きいていたら、 反応は、

違って来るだろう。


『 知は、力なり 』 っていった人がいる。

ピンとくる言葉だな。

 活性酸素っていう、 電子ドロボーが、

体内に出張しているな。

尿酸は、 それらへ引導を渡す。


 食物には、 添加物とか、 農薬とか、

嫌われ物が、まじっている。

これは、 肝臓辺りで、始末される訳だ。


活性酸素は、 この時にも出て来る。

添加物や、 農薬が、 怖がられるのは、

この為なんだ。


だから、 スカベンジャーの用意があれば、

何という事も無い、 理屈だろう。


 ボクは、 自然食だの、無農薬野菜だのに、

ぜんぜん、 興味が、 無い。

その代わりに、 尿酸みたいな物に、

興味がある。


尿酸値が、 高くても、

ビタミン A ≒

C 20 H 30 O 、 が、 あれば、

痛風は、 おきにくい。


  人の体が、 自分で作る、

スカベンジャーのある事が、 解ったな。

その例が、 尿酸 、 だ。


 自前の掃除員は、尿酸だけじゃない。


タンパク質らから成る、

酵素 コウソ 、 である、

SOD

( スーパー・オキシド・ジスムターゼ ) 、 カタラーゼ、

グルタチオンペルオキシダーゼ 、 などだ。


タンパク質らだけではなく、

SOD 、 には、

銅、亜鉛、マンガン 、 が、 含まれている。

カタラーゼ 、には、 鉄がいる。

グルタチオンペルオキシダーゼ 、には、

セレン

( 硫黄鉱などに、少量が含まれている )

、 がいる。


 ミネラル抜きのスカベンジャーもある。

グルタチオン 、 だ。


 銅に、亜鉛や、鉄は、 とりやすい、

ミネラル 、 だ。

やっかいなのは、 セレン 、 だ。

ゴマや、 ネギ類にあるんだが、

酸性雨に含まれる、 硫黄 イオウ S 、が、

セレン 、 と拮抗 ( きっこう ) する。

セレン 、 の吸収を邪魔するって訳さ。


 セレン 、は、 食品に入れる事が、

許可されていない。

牛、 などの、 家畜のえさに混入するのは、

認められているのに、だ。

役所の見解を聞きたいもんだ。


 活性酸素の話の初めに、

17個の電子を持つ、 酸素 サンソ

分子の事があっただろう。

呼吸で取り込む、 酸素の、 2 % 、が、

電子強盗、な、 活性酸素になる、

って話もあったはずだ。


その活性酸素は、 この類の物なんだ。

これの、 電子ドロボーとしての腕なみは、

中位ってとこだな。


☆ 細胞内で、 動き回っている、

ミトコンドリア 、 が弱ると、 癌に? 。

ハエ 、で、 確認 。 12/10/4 ;


記事の引っ越し保管ネット記事+論評群 :

時事通信社 2012.10.2 :


☆ 細胞の内側で、 千ほどもあり、

エネルギー 、 の合成を担う、

ミトコンドリア 、 の機能が低下すると、

良性腫瘍らを、 がん化する事を、

井垣達吏神戸大准教授らの研究チームが、

生きた、ショウジョウ・バエ 、 を使って

解明した。

英科学誌ネイチャーの電子版に、

10月1日に発表した。


研究チームによると、

ミトコンドリア 、 の異常が、

がん化に関わっている事は、

知られていたが、

生体内で、絡繰りの在りようが確認された、

事は、初めて。

この絡繰りを抑制すれば、

新たな、 ガン 、 への治療の開発に繋がる、

可能性がある。


☆ 論評群通観 :


@ ミトコンドリア 、 は、

糖 ≒ C6 + H12 + O6 、や、

酸素 ≒ O 、 を使って、

『 化学エネルギー 』 、 を作り出す器官。

発電所みたいな物だ。


@ ガン 、 には、

遺伝子の損傷だけでなる訳じゃないのだな。


@ ガン細胞って、

すごく、活発に活動しているか、

と、思いきや、

酸化的リン酸化は、低下していて、

嫌気性回路で、

エネルギーを得ているらしいじゃないの。


@ 嫌気性生物

( けんきせい・せいぶつ ) 、 は、

増殖に、 酸素を必要としない生物だ。


多くは、細菌らだが、

古細菌や、真核微生物らの中にも在る。

これらは、 主に、

酸素のある下 モト 、 でなら、

酸素を利用できる、 通性 嫌気性 生物 、 と、

大気程の濃度の酸素に暴露することで、

死滅する、 偏性 嫌気性 生物 、 とに、

分けられる。


酸素を利用し得ないが、 大気中でも、

生存に影響が、無い、 生物は、

耐 酸素性 細菌 、などとも呼ばれる。 :


@ 嫌気呼吸

( けんき・こきゅう ) 、 とは、

最終の電子受容体として、

酸素を用いない、 異化代謝系 、

への総称で、

アルコール発酵 、 などの、

発酵過程での代謝は、 その全てが、

嫌気呼吸 、 といって、 好い。


ただし、

酸素を使う、 好気呼吸 、 に比べ、

極めて、効率が悪く、

生産する、 アデノシン 3 燐酸 、 な、

ATP 、 の量には、 格段に差がある。


@ ATP = アデノシン 三 リン酸

( あでのしん・さんりんさん ) :

/ Adenosine TriPhosphate / :

筋肉の収縮などの、生命活動で利用される、 エネルギー、の、 貯蔵と利用に、 かかわる。


【 筋肉は、 自分では、

縮む事しか、 できない、 ので、

自らを、 伸ばすには、

別の筋肉が、 縮む事により、

自らの身柄を引っ張って貰う。

☆ 筋肉は 縮む仕事の 専門家


縮む力で 仲間を伸ばす・・ 】 :


「生体のエネルギー通貨」と呼ばれる。

アデノシン 3 燐酸 = ATP 、 は、

アデノシン 、なる、物質に、

3つの、 リン酸基 = PO4 、とか、

✖ 3系 、 が結合しています。


タンパク質から成る、

ATP分解酵素 コウソ 、 ら、 の、

働きにより、

ATP 、が、 加水分解されると、

1つの、 リン酸基 ≒ H2 PO 4 、

が、 はずれて、

アデノシン 2 燐酸 = ADP 、

になり、 その際に、

エネルギー 、 を放出し、

この、 エネルギー 、 を使って、

筋の収縮が行われる。 :


筋繊維の中に蓄えられている、

ATP 、 の量は、 わずかなので、

激しい運動をすると、 短い時間で、

使い果たしてしまう。


従って、

長い時間の運動を続けるには、

ADP 、から、 ATP 、 を再合成して、

アデノシン 3 燐酸 、 を、

供給し続ける、 必要がある。


この仕組みを、 エネルギー産生機構 、

と、 言います。


酸素 O 、 を必要としない、

無酸素性 ≒

嫌気的・エネルギー産生機構 、 と、

酸素 、 を消費する、

有酸素性 ≒

好気的・エネルギー産生機構 、 との、

2つに大別され、 :


前者は、 更に、 クレアチンリン酸機構と、 乳酸性機構、 とに、 分かれる。



@ リン酸基 ( — さんき、

phosphate group ) 、 は、

官能基の一種で、

リン酸 ≒ H3 PO 4 、 から、

ヒドロキシ基 ≒ -OH 、 を、

取り除いた物に当たる、 1価の官能基。


構造式は、 H2 PO4− 、 と表され、

しばしば、 P 、 と略記される。


リン酸基を含む、 化合物への名称は、

置換名では、 ホスホ- ( phospho- ) 、

基官能名では、 リン酸- 、 または、

-リン酸 、 となる。


生体内において、 リン酸基は、

とても重要な役割を果たしている。


アデノシン 3 燐酸 、 な、 ATP 、や、 NADPH 、 においては、

リン酸基同士の無水結合は、

高エネルギー・リン酸結合 、 と呼ばれ、

エネルギー 、 を貯える、

重要な役割を担っている。


また、 遺伝子の本体な、 核酸の中でも、

リン酸基を介した、

フォスフォジエステル結合が、

ヌクレオチド分子同士を連結している。


さらに、 タンパク質の働きも、

リン酸基の有無によって調節される場合が、

多々あり、

タンパク質らから成る、

キナーゼ 、や、 ホスファターゼ 、

といった、 酵素 コウソ 、 の働きで、

制御されている。


☆ 主な化合物 ;

@ リン酸 。

@ アデノシン 三 リン酸 ( ATP ) 。

@ デオキシリボ核酸 ( DNA ) 。

@ ニコチン・アミド・アデニン・

ジヌクレオチドリン酸 ( NADPH ) 。

三石分子栄養学➕藤川院長❗; 掃除屋、な、 スカベンジャー、 でもある、 尿酸 ❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ 電子強盗への掃除員でもある、 尿酸 ;


☆ 本原稿は、 94年 7月8日に、

産経新聞に連載された、

三石巌氏が書き下ろした文章;


☆ ( 須方 スポー ≒ )

スポーツ 、 が、 体に悪い、

っていう話がある。

ジョギングを考え出して、本をかいた、

フィックス先生 ( 米国人 ) 、 も、

老年学のオーソリティーだった、

金子仁先生も、 ジョギング中に死んでいる。


医者は、 しきりに、 ジョギングの前には、

医者での検査をやれ、と、 言っていたが、

この頃は、 それも、 言わなくなった。

ホントの事が、 解ったからだろう。


 ジョギングには、 エネルギーがいる。

エネルギーを作るのには、 酸素 サンソ

、 がいる。

その酸素の、 2 % 、 ほどが、

電子強盗、な、 活性酸素になる。


酸素を沢山に取り入れる、

エアロビクスっていう体操があるだろう。

あれは、 わざわざ、 活性酸素をふやす、

方法だ。 若い者向きって事だ。


 当たり前の事だが、 我々の体は、

電子強盗を差し止める、 掃除員な、

スカベンジャー 、 達を用意している。


野菜を食わなくても、 大丈夫なんだ。

だが、 それは、 若いうちの話だ。

四十を過ぎたら、 その量が減ってくる。


これは、 普通の医務検査じゃ、

わからない。

金子先生は、 六十を越していたし、

フィックス先生は、 五十を越していた。

これじゃ、 活性酸素にやられても、

おかしくないんだ。


 そんな訳で、 活性酸素は、

エネルギー作りにともなって、発生する。


 それだけじゃない。 ストレスがあると、

活性酸素がでてくる。


なぜに、 出て来るかっていえば、

ストレス 、 に負けない為に、

体は、 抗 ストレス・ホルモン 、 を作る。


この時に、 活性酸素が発生するんだ。

抗 ストレス・ホルモン 、 は、

例の、 ステロイド・ホルモン 、 だ。


これが、 分解する時にも、

活性酸素は、 出て来る。


  心配事が、 続くと、

体調が崩れるだろう。

これは、 しょっちゅう、

ステロイド・ホルモン 、 を作ったり、

壊したりしているから、

活性酸素、が、 たえず、 出て来るからさ。

 若い時なら、 まだ、 いいさ。

中年を過ぎたら、

スカベンジャーが、 不足だから、

たまらないよ。


 尿酸って物があるだろう ≒

窒素 N 、 の、 4個 、 を含む 、

C 5 H 4 N 4 O 3 。

血液検査で、 これのことを、 医者に、

何とか、言われる事がある。

尿酸値が、高い、と、 痛風になる、

場合もあり、 成らない場合もある。


所が、 これが、 スカベンジャーなんだ。

猛烈社員には、 尿酸値の高いのが、

多いっていうんだよ。


尿酸 、 と 、 きくと、 痛風持ちは、

ギクッとくるだろう。

何も知らない人間は、 馬耳東風だ。

知識が、 無ければ、 馬と違わない、

って事さ。 のんきなもんだ。


 だが、 尿酸 、 が、

スカベンジャー

( 成人病や、 老化への元凶とされる、

活性酸素を始末してくれる、

物質ら、 への、 総称 ) 、 だ、

と、 きいていたら、 反応は、

違って来るだろう。


『 知は、力なり 』 っていった人がいる。

ピンとくる言葉だな。

 活性酸素っていう、 電子ドロボーが、

体内に出張しているな。

尿酸は、 それらへ引導を渡す。


 食物には、 添加物とか、 農薬とか、

嫌われ物が、まじっている。

これは、 肝臓辺りで、始末される訳だ。


活性酸素は、 この時にも出て来る。

添加物や、 農薬が、 怖がられるのは、

この為なんだ。


だから、 スカベンジャーの用意があれば、

何という事も無い、 理屈だろう。


 ボクは、 自然食だの、無農薬野菜だのに、

ぜんぜん、 興味が、 無い。

その代わりに、 尿酸みたいな物に、

興味がある。


尿酸値が、 高くても、

ビタミン A ≒

C 20 H 30 O 、 が、 あれば、

痛風は、 おきにくい。


  人の体が、 自分で作る、

スカベンジャーのある事が、 解ったな。

その例が、 尿酸 、 だ。


 自前の掃除員は、尿酸だけじゃない。


タンパク質らから成る、

酵素 コウソ 、 である、

SOD

( スーパー・オキシド・ジスムターゼ ) 、 カタラーゼ、

グルタチオンペルオキシダーゼ 、 などだ。


タンパク質らだけではなく、

SOD 、 には、

銅、亜鉛、マンガン 、 が、 含まれている。

カタラーゼ 、には、 鉄がいる。

グルタチオンペルオキシダーゼ 、には、

セレン

( 硫黄鉱などに、少量が含まれている )

、 がいる。


 ミネラル抜きのスカベンジャーもある。

グルタチオン 、 だ。


 銅に、亜鉛や、鉄は、 とりやすい、

ミネラル 、 だ。

やっかいなのは、 セレン 、 だ。

ゴマや、 ネギ類にあるんだが、

酸性雨に含まれる、 硫黄 イオウ S 、が、

セレン 、 と拮抗 ( きっこう ) する。

セレン 、 の吸収を邪魔するって訳さ。


 セレン 、は、 食品に入れる事が、

許可されていない。

牛、 などの、 家畜のえさに混入するのは、

認められているのに、だ。

役所の見解を聞きたいもんだ。


 活性酸素の話の初めに、

17個の電子を持つ、 酸素 サンソ

分子の事があっただろう。

呼吸で取り込む、 酸素の、 2 % 、が、

電子強盗、な、 活性酸素になる、

って話もあったはずだ。


その活性酸素は、 この類の物なんだ。

これの、 電子ドロボーとしての腕なみは、

中位ってとこだな。


☆ 細胞内で、 動き回っている、

ミトコンドリア 、 が弱ると、 癌に? 。

ハエ 、で、 確認 。 12/10/4 ;


記事の引っ越し保管ネット記事+論評群 :

時事通信社 2012.10.2 :


☆ 細胞の内側で、 千ほどもあり、

エネルギー 、 の合成を担う、

ミトコンドリア 、 の機能が低下すると、

良性腫瘍らを、 がん化する事を、

井垣達吏神戸大准教授らの研究チームが、

生きた、ショウジョウ・バエ 、 を使って

解明した。

英科学誌ネイチャーの電子版に、

10月1日に発表した。


研究チームによると、

ミトコンドリア 、 の異常が、

がん化に関わっている事は、

知られていたが、

生体内で、絡繰りの在りようが確認された、

事は、初めて。

この絡繰りを抑制すれば、

新たな、 ガン 、 への治療の開発に繋がる、

可能性がある。


☆ 論評群通観 :


@ ミトコンドリア 、 は、

糖 ≒ C6 + H12 + O6 、や、

酸素 ≒ O 、 を使って、

『 化学エネルギー 』 、 を作り出す器官。

発電所みたいな物だ。


@ ガン 、 には、

遺伝子の損傷だけでなる訳じゃないのだな。


@ ガン細胞って、

すごく、活発に活動しているか、

と、思いきや、

酸化的リン酸化は、低下していて、

嫌気性回路で、

エネルギーを得ているらしいじゃないの。


@ 嫌気性生物

( けんきせい・せいぶつ ) 、 は、

増殖に、 酸素を必要としない生物だ。


多くは、細菌らだが、

古細菌や、真核微生物らの中にも在る。

これらは、 主に、

酸素のある下 モト 、 でなら、

酸素を利用できる、 通性 嫌気性 生物 、 と、

大気程の濃度の酸素に暴露することで、

死滅する、 偏性 嫌気性 生物 、 とに、

分けられる。


酸素を利用し得ないが、 大気中でも、

生存に影響が、無い、 生物は、

耐 酸素性 細菌 、などとも呼ばれる。 :


@ 嫌気呼吸

( けんき・こきゅう ) 、 とは、

最終の電子受容体として、

酸素を用いない、 異化代謝系 、

への総称で、

アルコール発酵 、 などの、

発酵過程での代謝は、 その全てが、

嫌気呼吸 、 といって、 好い。


ただし、

酸素を使う、 好気呼吸 、 に比べ、

極めて、効率が悪く、

生産する、 アデノシン 3 燐酸 、 な、

ATP 、 の量には、 格段に差がある。


@ ATP = アデノシン 三 リン酸

( あでのしん・さんりんさん ) :

/ Adenosine TriPhosphate / :

筋肉の収縮などの、生命活動で利用される、 エネルギー、の、 貯蔵と利用に、 かかわる。


【 筋肉は、 自分では、

縮む事しか、 できない、 ので、

自らを、 伸ばすには、

別の筋肉が、 縮む事により、

自らの身柄を引っ張って貰う。

☆ 筋肉は 縮む仕事の 専門家


縮む力で 仲間を伸ばす・・ 】 :


「生体のエネルギー通貨」と呼ばれる。

アデノシン 3 燐酸 = ATP 、 は、

アデノシン 、なる、物質に、

3つの、 リン酸基 = PO4 、とか、

✖ 3系 、 が結合しています。


タンパク質から成る、

ATP分解酵素 コウソ 、 ら、 の、

働きにより、

ATP 、が、 加水分解されると、

1つの、 リン酸基 ≒ H2 PO 4 、

が、 はずれて、

アデノシン 2 燐酸 = ADP 、

になり、 その際に、

エネルギー 、 を放出し、

この、 エネルギー 、 を使って、

筋の収縮が行われる。 :


筋繊維の中に蓄えられている、

ATP 、 の量は、 わずかなので、

激しい運動をすると、 短い時間で、

使い果たしてしまう。


従って、

長い時間の運動を続けるには、

ADP 、から、 ATP 、 を再合成して、

アデノシン 3 燐酸 、 を、

供給し続ける、 必要がある。


この仕組みを、 エネルギー産生機構 、

と、 言います。


酸素 O 、 を必要としない、

無酸素性 ≒

嫌気的・エネルギー産生機構 、 と、

酸素 、 を消費する、

有酸素性 ≒

好気的・エネルギー産生機構 、 との、

2つに大別され、 :


前者は、 更に、 クレアチンリン酸機構と、 乳酸性機構、 とに、 分かれる。



@ リン酸基 ( — さんき、

phosphate group ) 、 は、

官能基の一種で、

リン酸 ≒ H3 PO 4 、 から、

ヒドロキシ基 ≒ -OH 、 を、

取り除いた物に当たる、 1価の官能基。


構造式は、 H2 PO4− 、 と表され、

しばしば、 P 、 と略記される。


リン酸基を含む、 化合物への名称は、

置換名では、 ホスホ- ( phospho- ) 、

基官能名では、 リン酸- 、 または、

-リン酸 、 となる。


生体内において、 リン酸基は、

とても重要な役割を果たしている。


アデノシン 3 燐酸 、 な、 ATP 、や、 NADPH 、 においては、

リン酸基同士の無水結合は、

高エネルギー・リン酸結合 、 と呼ばれ、

エネルギー 、 を貯える、

重要な役割を担っている。


また、 遺伝子の本体な、 核酸の中でも、

リン酸基を介した、

フォスフォジエステル結合が、

ヌクレオチド分子同士を連結している。


さらに、 タンパク質の働きも、

リン酸基の有無によって調節される場合が、

多々あり、

タンパク質らから成る、

キナーゼ 、や、 ホスファターゼ 、

といった、 酵素 コウソ 、 の働きで、

制御されている。


☆ 主な化合物 ;

@ リン酸 。

@ アデノシン 三 リン酸 ( ATP ) 。

@ デオキシリボ核酸 ( DNA ) 。

@ ニコチン・アミド・アデニン・

ジヌクレオチドリン酸 ( NADPH ) 。

細胞の 内へ、血の糖 引き入れる マグネシウム、に ゆるむ筋肉❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ マグネシウム Mg 、 と、

インスリン 抵抗性 ;


☆ 藤川院長;


☆ マグネシウム Mg 、 が、

インスリン抵抗性を改善させ、

糖尿病を改善させる ;



「 マグネシウム健康読本 」 に、

マグネシウム Mg 、 の、 4百 mg 、

の、 投与にて、

HgbA1c 、が改善する、

と、 書いてあった、 この機序について、

「 奇蹟のマグネシウム 」 には、

下記の記述があった。


  ☆ インスリンの仕事は、

細胞膜上の所定部位を開いて、

細胞の燃料の元となる、

ブドウ糖を流入させることにある。


細胞のうちで、

インスリンの誘いにも乗らず、

ブドウ糖が入るのを拒むのが、

インスリン抵抗性の細胞である。


その結果にて、 血糖値が上がるので、

体は、 ますます、インスリンを作り出すが、

全部が、無駄になってしまう。


ブドウ糖とインスリンが、

体内で暴れ回り、組織が損傷する。


それにより、 マグネシウム Mg 、

が、 過剰に使用され、

マグネシウム Mg 、 の無駄遣いが起こり、

心臓病へのリスクが高まり、

成人発症型糖尿病 ( 2型 ) 、 を、

発症させる。


細胞が、 インスリンに応答しなくなる、

最大の理由の一つが、

マグネシウム 、の不足である。


いくつかの研究らが示しているが、

2型糖尿病

( インスリン 非 依存性 糖尿病 )

、の患者での、 慢性インスリン抵抗性は、

マグネシウム不足との関連を持っている。


ブドウ糖が細胞に入るためには、

マグネシウム 、 が必要である。


他の諸研究で確認されているように、

インスリン 、が、 膵臓から分泌されると、

通常なら、 細胞内のマグネシウム 、 が、

反応し、

細胞を開いて、

膵臓から、 ブドウ糖 、 を取り込ませる。



ところが、

インスリン抵抗性に、

マグネシウムの欠乏が複合するケースでは、

通常のメカニズムが働かなくなってしまう。


しかし、 体内の、

マグネシウム 、 のレベルが高ければ、

それだけ、 インスリンに対する、

細胞の感度が高まり、

症状からの ( 健康性の )

回復への可能性が高くなるのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


戦後、 穀物への摂取量が減少している、

にもかかわらず、 糖尿病は、激増している。


吉冨信長さんは、

日本人の糖質処理能力 ( 耐糖能 )

、が、低下してきている、 と言っていた。

本当に、そうだと思う。

吉冨さんは、

リノール酸への摂取が増加したことが、

一つの要因だ、 と言っていた


https://jp.diabetes.sunstar.com/expert/int_sub_03_01.html

糖質を代謝するための、 ビタミン、 ミネラル 、

が、、減少している事も関与しているはず。


1972年の塩田法の廃止、

食塩ばかりとなり、 カリウム K 、の不足、

Mg 、の不足 。

穀物への精製度が上がり、

ビタミン、 ミネラルの減少 。


野菜、果物の品種改良により、

糖度が高まり、ビタミン、ミネラルの減少。


土壌のミネラル不足による、

農産物のミネラル不足

、などの要因が考えられる


つまり、 糖質量 /

( ビタミン量 + ミネラル量 ) 、

が上昇している。


糖質摂取量は減っているが、

それ以上に、 ビタミン量 + ミネラル量 、

が、 減っていることになる


生物は、 進化の過程で、

鉄 Fe 、を、 補酵素 ホコウソ 、

とする、 代謝 → 亜鉛 Zn 、

マグネシウム Mg 、 を、 補酵素とする、

代謝 → ビタミン 、を補酵素とする代謝、

を獲得してきた。


マグネシウム Mg 、の不足を放置して、

ビタミンを投与しても、効果が乏しいはず。


Fe + Zn + Mg 、の補充は、

最重要 。


日本人では、 亜鉛 Zn 不足より、

Mg 不足の人の方が、多いのかもしれない。


Mg 、で、糖尿病が改善するなら、 凄いことだ。

メトホルミン 、に、

マグミットを追加すれば良い、

ということになる。


糖質制限 + にがり、 ぬちまーす、

コントレックス 。

これで、 ほとんどの糖尿病患者は、

自分で治せる。


”糖尿病&マグネシウム”で検索すると、

いくらでも出てくる


【 糖尿病と、マグネシウムの関係性 】

https://jp.diabetes.sunstar.com/expert/interview03.html

http://matome.naver.jp/odai/2134862710420814901


☆ ヘモグロビン A1c 、 は、

「 ヘモグロビン・

エー・ワン・シー 」 、

と、 読む。

また、「 HbA1c 」 、

と、 表記される事もある。


「 HbA1c 」 、 とは、

血管の中で、

タンパク質、 である、

ヘモグロビン、の、1塊 ヒトクレ

、が、

ブドウ糖の4個 、 と結合した、

もの、の事だ。


その事から、

「 糖化 ヘモグロビン 」

、 とも、呼ばれている。


赤血球の中にある、

タンパク質な、

ヘモグロビン 、 は、

体中を巡って、

細胞たちの各々へ、

酸素を与えながら、

徐々に、 ブドウ糖 、

と、 結合していく。


だから、 血潮の中で、

余っている糖が、

多いほどに、

ヘモグロビン A1c 、が、 増える。


ヘモグロビン A1c 、は、 その体にある、 血糖の ある度合いを示し、

HbA1c 、の値が高い、 という事は、

血液中のブドウ糖が、

多い、 事を意味する。


すなわち、 高血糖だ、

という事を表す。


☆ HbA1c 、の値と、 血糖値は、 どう違う? ;


☆ 血糖値は、

血液検査をした時点での、

血糖のある度合を表す。


そのために、 食前と食後、 検査前の、 ちょっとした、 ストレスなどで、

数値が変動してしまう。


☆ HbA1c 、は、

過去の、 1 ~ 2か月の、

血糖のあり来たってある、 状態を表す。

正確なデータを得ることが、 できます。


例えば、 前回の検査よりも、 血糖値は、

下がっているけれど、

ヘモグロビン A1c 、が、 上がっている、とすると、

それは、 その日に、

たまさかに、 血糖状態が、 良かっただけで、

その人の血糖状態は、

恒常的には、悪化している、 という事を意味する。


HbA1c 、は、

過去の、 1 ~ 2か月の、

血糖状態のことだが、

それには、 赤血球の寿命が、 関係している。


赤血球の寿命は、

およそ、 百20日 、

と、 言われており、

その間を、 ヘモグロビン、 達は、 少しずつ、

血管内の、 ブドウ糖たち、 と、 結びついていき、

離れる事は、 無い。


つまり、 HbA1c 、

の値は、 赤血球の寿命の、

半分ぐらいの時期の、

血糖値の平均を反映する。


その為に、 血液検査で、

分かる、 HbA1c 、

の値は、 検査をした日の、

1 ~ 2ヶ月前の、

血糖の状態を推定できる。


ヘモグロビン A1c 、

の値が、 高いと、

「 いつも、 炭水化物や、 甘いものとか、を、

食べてるでしょ! 」 、

と、 バレてしまう。


ヘモグロビン A1c 、

の、 正常値は、

4・6 ~ 6・2 % 。

6・5 以上の数値になると、 糖尿病が疑われる。


この数値は、 少なければ、 少ないほど、 良いので、 下の制限は、 無い。


この数値が、 8・4 % 、 を超えると、

色々な合併症の成る、

危険性がある。