経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

細胞の 表面へ浮く 潜水艦 GLUT 一 4 、らが 目指す、血の糖 ・・❗。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら ❗。 報道されない❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、シナ ❗

☆ 血の糖を 細胞へやる インスリン


内で引き込む マグネシウム 、 ら・・。


☆ 三石分子栄養学 + 藤川院長系ら、

によれば、

細胞の内側にある、 べき、

『 マグネシウム Mg 』 、 が、

それらを、 飲み食いなどして摂取される、

度合いを不足されてしまう事から、

より、 不足させられてしまう事も、

『 インスリン 』 、が、

細胞たちの各々へ、 送り届ける、

血の糖 、 が、

細胞の内側へ入り込む、

あり得る、 度合いら、を、

より、 減らしめてしまい、

それだけ、

『 インスリン 抵抗性 』 、なるもの、

を、 より、 高めてしまい、

より、 血糖値が、 下がらない、

状況を成さしめてしまう事になる 。

☆ こんばんわ。

いつも楽しく閲覧させて頂いております。

糖質制限、私も行っており、かなり体調がいいです!


こんにちは。 ヨウさんから、

体内で、 ブドウ糖 、 が、

中性脂肪 、 に合成される過程について、

コメント・質問を頂きました。

NHKカルチャー 青山教室講座へのご参加、

ありがとうございます。


A)

『 インスリンは、 余った血中の、 ブドウ糖 、を、

グリセロール 、 に変化させるよう促します 』。

これは、 間違いです。


ブドウ糖 ≒

炭素 6個 + 水素 12個 + 酸素 6個

≒ C 6 + H 12 + O 6 、

が、

グリセロール ≒

C 3 + H 8 + O 3 、

≒ C3 H 5 ( OH ) 3 、

に、 変化することは、 ありません。


B)

ブドウ糖 ( 血糖 ) 、 は、 体内で、

細胞のエネルギー源になる、

肝臓や筋肉で、 グリコーゲン 、として蓄積される、

脂肪細胞に、 中性脂肪 、 として蓄積される、

タンパク質たちの各々への構成分な、

アミノ酸 、 に変換される、

の、 いずれかの経過をとります。


C)

ブドウ糖が、 細胞膜を通過するためには、

特別な、 膜 輸送 タンパク質 、 が必要です。


それが、 糖輸送体 ( GLUT )、 であり、

現在では、 GLUT 1 ~ GLUT 14 、 までが、 確認されています。


☆ GLUT 一 1 、は、 赤血球・脳・網膜、

などの、 糖輸送体で、 常に、 細胞の表面にあり、

血流さえあれば、 即、 血糖 、 を取り込めます。


これに対して、

筋肉細胞と脂肪細胞に、 特異的なのが、

GLUT 一 4 、 で、

基礎分泌の、 インスリン 、 のレベルだと、

通常は、 細胞の内部に沈んでいます。


GLUT 1 ~ 14 、 の中で、

インスリン 、 に依存しているのは、

GLUT 一 4 、 だけで、 特殊です。


筋肉細胞と脂肪細胞にある、 GLUT 一 4 、は、

インスリン 、 の追加分泌がないと、

細胞内に沈んでいるので、

ブドウ糖 、 を取り込めません。


インスリン 、が、 追加分泌されると、

GLUT 一 4 、 は、

潜水艦のように、

細胞の表面に移動して、 血糖 、 を取り込むのです。


なお、 筋肉の収縮時にも、 GLUT 一 4 、は、

細胞の表面に移動して、 血糖 、 を取り込みます。


D)

 脂肪細胞には、

タンパク質から成る、 酵素 コウソ 、 な、

グリセロール・キナーゼ 、 が存在しないので、

分解で生じた、 グリセロール 、 を、

中性脂肪 、 への合成のために、

再利用することは、 できません。


 これが為に、 脂肪組織においては、

取り込まれた、 ブドウ糖 、 から、

解糖経路で生じた、 ジヒドロキシアセトンリン酸 、 を、

グリセロール 3- リン酸 、 に変換して、

中性脂肪 、 への合成に利用します。


 脂肪細胞では、 『 脂肪酸 』 、 と、

『 血糖 ( ブドウ糖 ) 、に由来の、

グリセロール 』 、 から、

中性脂肪 、 が合成されます。


 血潮の中の、 グリセロール 、は、

脂肪細胞に入ることが、 できないために、

肝臓まで運ばれて、

ブドウ糖ではない物らから、 ブドウ糖を作る、

「 糖新生 」 、 で、 作られる、

ブドウ糖 、 への原料となります。


E)

① 血糖の上昇→ インスリン 、の分泌→

筋肉細胞の、 GLUT 一 4 、が、

細胞の表面に移動して、 血の糖 、を取り込み 。


② 血糖の上昇→ インスリン 、の分泌→

脂肪細胞の、 GLUT 一 4 、 が、

細胞の表面に移動して、 血の糖 、 を取り込み 。


血糖が上昇すれば、 ①②のプロセスが稼働して、

血糖 、 を取り込みます。

筋肉が取り込む方が、 割合は、かなり多いですが、

結果として、 余った血糖は、 その、 全てが、

脂肪細胞に取り込まれ、

D) 、 の過程を経て、 中性脂肪 、 に合成されます。


江部康二 医師 。


☆ グリセリン ( glycerine, glycerin ) 、 は、 3価の、 アルコール 、 で、

学術分野では、 20世紀以降は、

グリセロール ( glycerol ) 、

と呼ぶようになったが、 医薬品としての名称を含め、 日常的には、 いまだに、

グリセリン 、 と呼ぶことが多い。

食品添加物として、 甘味料、保存料、

保湿剤、 増粘安定剤、 などの用途がある。

糖蜜状の液体としては、 甘味を帯びる、

が、

虫歯への原因には、 なりにくい。


グリセロール 、は、 生きてある体、な、 生体 、 の内では、 中性脂肪、 リン脂質、 糖脂質 、 などの骨格として存在しており、


貯蔵した、脂肪 、から、エネルギーを作る際に、脂肪酸、と、グリセロールに分解される。


生じたグリセロールは、 アデノシン 3 燐酸、 な、 ATP 、 によって活性化され、 グリセロール 3-リン酸 、 となって、 再度に、 脂質 、への合成に使われるか、さらに、 ジヒドロキシアセトンリン酸 、 を経て、 ブドウ糖をばらす、 解糖系 、 または、 ブドウ糖ではない物らから、ブドウ糖を作る、 糖新生 、 に利用される。


アルコール発酵では、 アセトアルデヒド、が、 電子強盗な、電子受容体となり、エタノール 、 が蓄積するが、


このときに、 ジヒドロキシアセトンリン酸、 が、 電子強盗、な、電子受容体として働くと、 グリセロール 3 一 リン酸 、 が生じ、 ついで、 グリセロール 、 が生成する ( グリセロール 発酵 ) 。


たとえば、 培地が、 電子強盗、らへ、 自らの側の、 電子を与える、 アルカリ性 、 であったり、 亜硫酸ナトリウム 、 が添加されていたりすると、 アセトアルデヒド 、 が、 電子強盗、な、 電子受容体として働く事ができず、 グリセロール発酵が優勢となる。


☆ 化学においての、 アルコール ( alcohol ) 、 とは、 炭化水素の水素原子 H 、 を、 ヒドロキシ基 ( 一OH ) ≒ 水酸基 、 で、 置き換えた、 物質への総称 、 だが、


芳香環の水素原子を置換したものは、 フェノール類 、 と呼ばれ、 アルコール 、 と区別される。


最初に、「 アルコール 」 、として認識された物質は、 エタノール ( 酒精 ) 、 で、 この歴史的経緯により、 俗に、 単に、 「 アルコール 」 、 と言えば、 エタノール 、 を指す。

ドクター江部❗; 基礎代謝 、などの個人差 ❗。 門番な、 カルニチン ❗ 。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗ 。 報道されない❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ ❗

☆ ガン細胞たちは、 ブドウ糖だけ、 を、

唯一の、主な、栄養分としてあり、

糖質を制限する事を含む、

ビタミン・ケトン療法は、

ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、

ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。


Cancer cells are only glucose,

only, as main, nutrients,

including limiting carbohydrates, vitamin / ketone therapy

can also be used to starve cancer cells ,

It will reduce the possibility.


タンパク質たち、と、 ビタミンら、に、

ミネラルら、 を、 完全以上に、

飲み食いなどして、 摂取し続ける、 事が、

一部の人々を除いた、

ほとんどの人々の健康性を成し続ける、

代謝ら、を、

完全以上に、 成し続ける事に、 必要であり、

これら、を、 より、 欠いてしまう事は、

万病を引き起こす、 可能的な度合ら、を、

より、 余計に、 成す事を意味する。


☆ 『 カルニチン 』 、 は、

細胞の中に、 千ほどもあって、

動き回りさえもする、 ミトコンドリア 、たちの、

各々の所へ、 タンパク質から成る、

アルブミン、 らが、 ケトン体 、 などを、

自らに、くっ付けて、 運んで来たりすると、

門番よろしく、 それらを、

ミトコンドリアの膜の中へ入れてやる、

役目を担っており、

この、 カルニチン 、が、 より、

その材料らへの、 飲み食いなどによる摂取、を、

不足させられる事によって、 不足させられる、

だけ、 でも、 ケトン体 、らが、

エネルギーの出もとになる、 ATP ≒

アデノシン 3 燐酸 、 を、 成すに至る、

代謝らを宛 ア てがわれる、 度合いら、が、

より、 減らされてしまう。


☆ 江部先生 、 こんにちは

今回の記事を読んで、

過去の記事 ( 大食漢タイプと倹約遺伝子タイプは、痩せにくい )を見直してみました。

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3418.html


私も糖質制限後のリバウンドに悩んでいるのですが、

もしかしたら、 倹約遺伝子タイプかもしれないと思いました。 そこで、 疑問なのですが、

基礎代謝量の測定方法について、アドバイス頂けないでしょうか?

下記の記事( 基礎代謝量の正確な計算・測定法&正しい使い方! ) を読んでも、

個人の体質は、考慮されていないので、分かりませんでした。

https://diet.plez.jp/basal-metabolism-calculation


こんばんは。

yanosono さんから、基礎代謝の測定方法について、コメント・質問を頂きました。

基礎代謝の計算式は、いろいろあります。

例えば、以下です。


☆☆

国立健康・栄養研究所の式(Ganpule et al., 2007)

((0.1238+(0.0481×体重kg)+(0.0234×身長cm)-(0.0138×年齢)-性別*1))×1000/4.186

男性=0.5473×1、女性=0.5473×2


☆☆

ハリス・ベネディクト(日本人改良版)

男性 66+(13.7×体重kg)+(5.0×身長cm)-(6.8×年齢)

女性 655.1+(9.6×体重kg)+(1.7×身長cm)-(7.0×年齢)


しかし、これらの測定法で出した数値は、所詮は、

目安に過ぎず、 実際には、 基礎代謝の個人差は、

結構あると思われます。


私は、69歳男性で、167cm、56kgですので

ハリス・ベネディクト(日本人改良版)で計算すると

、 基礎代謝量は、 1199kcalです。

しかし、 この数値が、 正しいか、どうかは、

よく、わかりません。


身体活動量は、普通なので、

厚生労働省のいう推定エネルギー必要量/日は、2450kcal/日です。


朝は、コーヒー+生クリーム10cc

昼は、スーパー糖質制限食で、約500kcal

夕は、スーパー糖質制限食で、鍋が主で、

約1200~1500kcal

アルコールが焼酎、水割りで3杯~4杯

間食はなしのことが多い。

夕食はお腹いっぱい摂取。


アルコールはカロリーはありますが、体重には影響しないので

無視するとして、摂取エネルギーは、

1700~2000kcal/日くらいです。

そうすると、推定エネルギー必要量に対して、

約400~600kcal/日くらい足らない計算となります。


しかし、52歳から、17年間、この食生活と身体活動量で過ごしてきて

167cm、56~57kg、と安定しています。

ということは、

私の<摂取エネルギー>と<消費エネルギー>は

、 ちょうどよいバランスが保たれていると言えますので、

1700~2000kcal/日の摂取で、江部康二個人としては、大丈夫、 ということです。


yanosono さんは、糖質制限後のリバウンドに悩んでいるとのことですが、

DIRECTというRCT論文により、糖質制限食の場合は、

我慢することなく、満腹するまで食べても、

自然に、摂取エネルギーが適正化する、

ことが、わかっています。

DIRECTでも、糖質制限が緩んで、 あるていどの、

リバウンドを生じていますが、

スーパー糖質制限食なら、リバウンドは生じにくい、

と思います。

2018年01月20日 (土)

DIRECT。低炭水化物食で体重減少。リバウンドは?

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4454.html

結論です。


基礎代謝は、 個人差が大きいので、あまり、

気にしなくていいと思います。

適切な摂取エネルギーも、 個人差が大きい、

と思います。

自分の摂取エネルギーを把握しておいて、

体調良好で、体重が普遍で、

BMIが、 20以上 25未満 、で維持できているなら、

その摂取エネルギーで、OKということとなります。


江部康二 医師 。


<追加>

腸内細菌が食物繊維を餌に産生している、

『 短鎖 脂肪酸 』 、 が、

私の場合も、 ある程度、 エネルギー源となっている可能性もあります。

もちろん、森美智代さんのように、1日に、青汁の1杯の食生活、 というわけではありません。

腸内細菌たち、と、発達障害❗。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗。 報道されない❗事からも後押しを得て来てある、日本人の数千人以上をすでに監禁中な、シナ❗

☆ ガン細胞たちは、 ブドウ糖だけ、 を、

唯一の、主な、栄養分としてあり、

糖質を制限する事を含む、

ビタミン・ケトン療法は、

ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、

ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。


Cancer cells are only glucose,

only, as main, nutrients,

including limiting carbohydrates, vitamin / ketone therapy

can also be used to starve cancer cells ,

It will reduce the possibility.


タンパク質たち、と、 ビタミンら、に、

ミネラルら、 を、 完全以上に、

飲み食いなどして、 摂取し続ける、 事が、

一部の人々を除いた、

ほとんどの人々の健康性を成し続ける、

代謝ら、を、

完全以上に、 成し続ける事に、 必要であり、

これら、を、 より、 欠いてしまう事は、

万病を引き起こす、 可能的な度合ら、を、

より、 余計に、 成す事を意味する。


☆ 根途記事+論評群 http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : 法務省 koueki-psec@moj.go.jp :

☆ 菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959 菊池医院 0192211620

@ 遺棄化学兵器のお金が、 解放軍経由で、 河野に還流してる事や、 日本の財務省の事にも、 追及を願います。


@ 予算、通過したぞ: 中国での植林で、

百億円の実態 2016年 1月22日 ttps://www.youtube.com/watch?v=zEFzPZ_DDCg @ 通過したから、

しょうがないって話じゃないって事を、

みんなは、考えてるの!。

通過した後だろうが、追求していかないと、 いけない話なの! 。 問題視して、追求しないと、 この先でも、ずっと繰返されるんよ。

味方に、ガッカリさせられる事が多いわ :


☆ 産経新聞 :

母ネズミの腸内細菌の減少や勢力の変化が、 子鼠の脳の発達に影響を与える可能性がある、との研究結果を、 福井大は、

「 子どものこころの発達研究センター 」、

の致務 ≒ チーム 、 が発表した。

1月20日付の、 米オンライン科学誌の、

プロスワン 、 に掲載された。


腸内には、 多くの細菌らが定着し、

栄養素らの合成などの、色々な機能らを持つ。


栃谷・特命助教は、

「 母体や子の腸内細菌らの状態を良くする事で、 子の脳の健全な発達を促し、

発達障害の一部の症状を予防できるかも 」、 と話している。

研究では、 腸内細菌の増殖を抑える、

抗生剤 、 を、

妊娠の、 9日目 〜 16日目にかけて、

母鼠に投与。 この鼠から生まれて、

4週の子の行動を調べると、

正常な母鼠から生まれた子らより、

夜間の活動量が少ない、 等の、

異常性が確認された。

正常な母鼠から生まれた子を、

生後のすぐに、抗生剤を投与した、

母鼠に預けると、 その行動に、

同様の異常が見られた。

逆の場合では、子に異常は、なかった。

致務は、 母の腸内細菌の状態が、

出産後の養育行動にも影響を与えている、

と、 みて、 研究を進める。


@ 最初の腸内細菌は、 何処から来るんだろう? 。

@ 最初のは、属した最初のコミュニティ、 つまり、 両親、家族から、菌らを分けて貰う。 産まれた瞬間は、空 カラ だ。

徐々に、世界が広がり、

幼稚園や、小学校と、 多くの人らと触れる頃には、 そちらからも、少しずつ貰う。


@ 抗生剤の影響かもな。 ミノサイクリンは、 抗精神病薬として既に使われ始めている。 中枢への移行性があり、

脳細胞らに影響する事が、判ってる。

胎盤の関門を通過すれば、

胎児の脳関門をも通過する。


@ 発達障害の増加への原因が、

抗生剤かも、と、判っただけでも、

大発見だろ。


@ 子供の頃から、 ネグレクト ≒

無視行為 ≒

子供へ、その保護者がするべき、

行為らを欠いた扱いを、保護者がする事 、

を受けて、 インスタント漬けだった自分からは、 発達障害が生まれたわ、2人も。

人との距離感を取れないから、

うざがられる。 空気を読めずに、

他人に、見たまま、デブとかブスとか、

平気で言うし、 いつも、キレてるし、

物を投げてくるし。

でも、ずば抜けた特技があり、それぞれ、

ピアノ、と、 数学だけは、誰にも負けない。

それだけが、救い。 :


@ 一般人への研究でも、 腸内細菌ら

≒ 腸の状態 、 により、

脳の活動らに差がでる 、という、

研究もあるよ。

胃腸が丈夫だと、 巡り巡って、 脳に届く、

栄養や酸素らの量が違ってくるのかも。

腸の健康は、

脳だけでなく、体全体に影響し得る。



☆ 食品中の、 ビタミン B 12 、は、

胃から分泌される、 糖タンパク質

( 内因子 ) 、 と結合して、

回腸から吸収される。


血清の中では、 主に、 メチルコバラミン 、として、 糖タンパク質 、 である、

トランスコバラミン 、 と結合して、 運ばれ, 組織らの各々の中では、

アデノシルコバラミン 、 に変換されて、

主に、 『 肝臓 、 に貯蔵される 』 。


胃への切除や、 完全な菜食主義などにより、

ビタミン B 12 、 が欠乏すると,

巨赤芽球性の悪性貧血,や、 成長の遅延に, 末梢神経障害 、 などが起る。


☆ 腸内細菌によって産生されるので,

欠乏症は、 起りにくい。


☆ ビタミン B 12 、は、

青色のもとでもある、 コバルト 、 への、

錯体で、

タンパク質たちの各々を構成する、

アミノ酸 、や、

脂肪酸 、 への、 代謝、 および、

ビタミン B 9 、 な、 葉酸 、 への、

生合成 、 に用いられる。


これ自体に、 補酵素 ホコウソ 、

としての、 活性は、 なく、

生きてある体、な、 生体 、 内で、

補酵素型である、 メチルコバラミン 、や、 アデノシルコバラミン 、に変換される。


シアノコバラミン 、は、

眼精での疲労への治療薬として市販される、

点眼薬に配合されているほかに、

医療用として、 参天製薬より、

「 サンコバ 点眼液 0.02 % 」 、 として販売されている。

補酵素型、 の、 ビタミン B 12 、 な、

メチルコバラミン 、も、

医療用医薬品として販売されており、

末梢神経障害、や、

悪性貧血 、 への治療に用いられる。


シアノコバラミン 、は、

合成が極めて困難であるために、 現在は、

放線菌 、 などの、 細菌への培養液から、

生産されている。


ビタミン B12 は、 代謝 、に関与しており、 特に、 遺伝子、 とも言う、

タンパク質たちから成る、

デオキシリボ 核酸 、 な、 DNA 、 への、

合成と調整に加え、

脂肪酸 、 への合成と、

エネルギー 、 への産生に関与している。


が、 体内で、 ビタミン B12 、 が、

葉酸 ( ビタミン B9 )、への再生産に、

利用されているために、 全てではないが、

多くの、 ビタミン B12 、 の機能らは、

十分な量の葉酸によって、 代替される。


チミンや、 プリン体 、 への合成のための、

十分な量の葉酸が、 体内に存在しない場合には、 DNA 、 への合成において、

障害を引き起こし、

その葉酸の欠乏による症状は、

悪性貧血の症状や、 巨赤芽球性貧血 、

を引き起こすために、

ほとんどの、 ビタミン B12 、欠乏症状は、

実際には、 葉酸の欠乏症状 、でもある。


☆ ビタミン B群 、 などを、

コバルト 、 などから、 作り出す、

腸内の細菌たちが、 抗生物質 、

などによって、 絶やされる、 人々の体では、

それだけ、 その命や健康性を成す、

機能らを成り立たしめ続ける、のに必要な、

代謝ら、が、 そこなわれ、

栄養分ら、 を、 栄養分らとして、

機能させる、 代謝ら、も、

より、 そこなわれる事になる。


より、 人体の側には、 吸収されない、

血糖値を上げない、

糖質である、 食物繊維、 らで、

腸内の細菌たちを餌付けする必要性もある。