経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

火種らをまいて、あり得る平和らを損なう事から、利権性を増して来てある、英米の富裕権力層員ら。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

【 強姦などの、 極端な反社会性らを成す者らを、 部族社会における、 その序列の高さや、

その身内員らの勢力性の大きさや、 宗派ごとなどでの、 勢力性の維持と拡張とにおける、 競争性を損ない合えない情勢などに免じて、 その社会の一般の場から、 永久に隔離する以上の事をせずに、

一般社会へ置き、 その系統を、 平和のうちに、

絶やす事をしない、 不作為型の、 そうした者らへの共犯行為らの中には、

そうした者らを、 一般社会らへ放つ、 法律関係者ら等が、 そのようにする行為と、

そうした、 凶悪犯らを、 一般社会へ戻して、

一般社会の主らへ、 実害ら、と、 余計なリスクらとを、 勝手に、 押し付ける、 実質的な加害行為らを成す者らを、 その社会の主権者として、

裁き、 入れ替えるなどして、その加害行為らを差し止めない、 主権者としての、 自覚認識の度合いの低い、 主権者たちの、 そうした行為らがある。


キリスト教文化圏らにおいて、 そうした事らが、 成されて来てある事には、

日本国民たちの一般とは、 関わりの無い、

西の一神教らの宗派らの各々と、 宗派らの間の、

互いに、勢力性を張り合う、 独特な事情らがあり、


日本国民たちの一般が、 そうしたものらに基づく 、 凶悪犯らを、 一般社会らへ戻す、 実質的な、

犯罪加害行為らを成すべき、 宗教的な理由などは、

一般的なものとしては、 無い。


直ちに、 西の一神教らの一部の宗派らの教義らや、 反社会的な、 儒教型の、 部族道徳律などを、 自らの行動原理の価値序列の観念の体系として来てある人々のように、 その社会らの一般の人々へ、

不作為型の、 加害行為らを成す事を、

日本国民たちの一般は、 止めたり、 差し止めたりし合うべき、 より、 部族社会性を脱却し得た、 社会倫理性を成し得てある。


自らの成し合ってある、 社会倫理性らの一般に相応 フサワ しい、 新たな法体系を構築し合い、

その法律事らを成し行い合いもするべく、

日本国民たちは、 結社や、 政党らを組織し合う事を通して、

英米のカネ貸しらの側への、 手引きを成して来てある実態らを積み重ねて来てある、 日本の、

財務省の役人らと、 与野党の主な政治家らによる、

日本政府の財政における、 緊縮 、 によって、

日本国民たちへ、押し付け続けられて来てある、

デフレ不況性 、 を、 解消する事も兼ねて、

日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高める為に、

日本国民たちの足元の地下へ、 緊急時に、

その場から、 直ちに、 かけ降りてゆく事のできる避難経路らと、 より、 快適に住める避難所らとを、 作り拡げてゆく、公共事業らを成すべく、

あり得る、 地上をおおう、 災害らから、 促され続けてあり、

これまで、 津波や出水らに、 山津波らなどによる実害らは、 自ら進んで、 成し合うべき、

地下を開く事などをしていなかった事への、結果のものらでもある。


日本国民たちは、 自分たちの出来る事らの中で、 地下に、 避難系らを開く事よりも、 日本国民たちのより多くを難なく助け得る事が、 他には、

全く、 無い、か、

地下に、 避難系らを開いて、 日本国民たちの防衛性を飛躍的に高める事と絡める事で、 ようやく、

日本国民たちを、 より、 快適に、 存続させ得る事の足しにし得る事らでしかない、 という事を、

より、 具体的に、 想い巡らし、


地下を、 より能 ヨ く、 開く事に関わり得る、

何らかの専門家らは、


国民経済系らが、 カネらの働きなどの効果らが、 より、 消え去らずに、

自らを成し合ってある主らへ作用し続け得る、

自己循環型の、 経済系であるのに対して、

私企業らや、 個々の人の経済系は、

カネら等の効果らが、 他所らから来ては、 他所らへと去ってゆく、 より、 通過放散型の、 経済系 、 である、 という、 違いを、 大抵は、

能く、 わきまえ得てはいない人々でもあり、


日本の財務省の役人らと同じ類の者らから、

『 カネが無いから、 そんな事は、 無理だ 』 、

などと、 頓珍漢な主張をされても、

それを、 そのまま、 受け入れて、 何もしない事を選ぶような人々でもあって、

だからこそ、 今までに、 とっくに、 公共事業らを成す事において、 より、 甚だしく、 開き得ていて、当たり前な、 地下を、 さして、 開き得ないで来てもいるのだ。


つまり、 赤子の手をひねる様に、 簡単に、

日本の財務省の役人らに類する者らによって、

封じ込められて来てあるのが、 専門家らの多数派員らであって、

より、 体系付けて、 国民経済系と、 個人経済系との違いようらを知ってある人々が、

その体系知らを、 日本国民たちのより多くへ、

伝え、 互いへの拡散を促す事が、 まず第一に、

成されるべき事として、 ある。


だから、 何年も、 何年も、 この務録 ブロク

≒ ブログ 、 らや、 フェイスブックなどで、

経済系の記事らを発信して来ているのであって、


何よりも、 日本国民たちへ拡散すべき事を、

拡散しない人々は、 日本国民である事を止めさせられるべき筋合いを、 自ら、自らに成してある人々であり、

このまま、 反日勢力らへの手引きを成す賊員らが、 日本国民たちを牛耳 ギュウジ り続ける事へ、 自らや、自らの側の人々の未来を賭けている、

実態における、 反日側の賊員らであって、

その人々が、 その主観の内容において、

どういった、積もりを成して、 そうした、 不作為性を成してあるのか、 という事は、

その実態において、 日本国民たちの一般と全体とに、 在るべき、 あり得る、 その命や健康性の存続を前提とする、 福利らを、 未然にして、 阻害する、 不作為型の、 反日性を成してゆく事への、

責めを免れ得る、 理由には、 成らない、

という事を、 そうした人々は、 よくよく、 考えてみるべきだ。


明治維新へ至る幕末には、 身分制があり、

不作為型の、 反日性を成しても、 より、 公の事らへの責任を負わなくてよい、 庶民として、 大目に見られた、 日本人たちは、 存在していたが、

それは、 身分制が成り立ってあったからこその事であり、

今は、 日本の主権者として、 日本の主権者たちの一般と全体とへ対する、 一定の責任性を帯びてある主らが、 日本国民たちであり、

そうした事について、 無知を装うなどすれば、

それで、 責任を免れる事ができ、 大目に見られ得る、 といった筋合いに、 日本国民たちの各々は、 無い 】 。



ネット記事+論弁群+;

ブログ Market Hack ;

広瀬隆雄氏の論説記事 ;


◇ アメリカに住んでいて、 仰天するのは、

「 シリアと極東は、 世界のトラブル・スポットだ 」 、 という風に、

米国の庶民やマスコミが、 極東を、しばしば、

シリアと同列で論じる点です。


( ちょ、ちょっと待ってよ!  そうじゃないでしょ?  同じセンテンスの中で言及しないでくれる? ) 、


日本人の僕としては、 そういう、 味噌も糞も一緒にする論調には、 大いに反発したくなるのですが、

現実問題として、自分の危機意識が低すぎるのかも知れません。


ひとつの指標として、 アメリカ軍が、国外の何処に、いちばんに、 兵員や装備を配置しているか? 、 といえば、 それは、 極東です。

中東でも、 欧州でもなく、 極東。


この布陣は、 アメリカ軍の世界認識を如実に示しているのではないでしょうか?


アメリカは、 横須賀や沖縄に駐留している、

アメリカ軍が、 核攻撃に晒される危険に、

日頃から、 ピリピリしています。


でも、 核攻撃の脅威があるからといって、

先制攻撃をかけるか? 、 といえば、

その意欲は、 低い、 ないしは、 無いに等しい、

と、 思います。


その理由は、アメリカの国民性として、

まず、 相手から攻撃され、

正統性が出来たところで、 反撃する、

という、 基本的態度が身についているからです。


第一次世界大戦も、第二次世界大戦も、

湾岸戦争も、 9/11も、 みんな、 そういうノリで、 ゆっくり、 腰を上げる戦い方でした。


実際に、 アメリカ国内では、

戦争反対の世論も大きく、

うかつに、 参戦を決めると、

政治家たちは、 政治生命を失うリスクに晒されます。

ウッドロー・ウイルソンも、

フランクリン・ルーズベルトも、

おおいに逡巡しました。



≒ だから、 ルーズベルトらは、

日本側へ見せた、 ハル・ノートの記述と、

アメリカの、 議員らや、 国民たちへ示した、

ハル・ノートの記述を違 タガ える等して、

自分の国の、 議員らと、 国民たちをもだまし、


その一方で、 日本が、 先に、 アメリカへ手を出した、と、 一般のアメリカ国民らへ思わせる為に、

真珠湾への、 日本の攻撃が成される前に、


公の海をゆく、 日本の民間の船を撃沈したり、

犯罪者のシナ人たちを、 国際法の規定事らの通りに、 合法に、 懲罰する戦争行為を成していた、

日本国民たちを、 違法に、 攻撃していた、 シナ人らへの、 資金や、武器らと、 戦闘員らによる、

支援を、 政府関係者らへ、 やらせて、

日本側が、 アメリカの一般の国民らには、 自分から、アメリカへ掛かって来ている様に、 観える、

反撃の仕方を成すべき、 段取り事らを成していた。


今後も、 英米の富裕権力層の主導者らは、

そうした手口らを駆使して、 日本も含めた、

世界中の主権者たちへの工作事らを成してゆく、

歴史的な流れの中にある訳で、

日本国民たちのより多くが、 そうした事を共通の認識事項として、 手立てらを講じ合うべき、

利害関係性を、 日本国民たちは、 押し付けられて

ある 。

・・これは、 アメリカ大陸が、

太平洋と大西洋によって、 世界の他の地域らから隔てられており、

また、 国土が、 とてつもなく大きいので、

一瞬にして、 地球上から、 アメリカを消し去ることが出来ないことからくる、 余裕だ、

という風にも、 理解できるでしょう。



≒ 今は、 英米の富裕権力層の者らの遺伝子らに合わせて、 ウィルスらなどを作り出して、

子孫員らを絶やす事が可能なので、

先進国らなどの、 ネットで得られる知識らを、

具体化するに足る以上の、 資金なり、 資材らなりを、 より、 調え易い状況にある人々が、

英米の富裕権力層の主導者らが、 実態として、

世界中の人々へ対して、 何をして来てあり、 何をしてゆく態勢らにあるか、 という事について、

どれだけ、 体系付けて、 知る度合いを増すか、

といった事に、 英米の富裕権力層員らが、 絶やされずに済むか、 が、 かかってもいる。


こうした、 あり得る事は、 英米の富裕権力層員らには、 心理的に、 受け入れ難い事であろうから、

彼らは、 大筋では、 そうした、 あり得事を、

より、 真剣には、 考えない様にし、

これまで通りの手口らを駆使して、

ひたすら、 他の、 階層や国々に、 宗派や人種の人々へ対する、 自分たちの経済的な支配性の度合いを増し得る様にしてゆく事を、 止めないだろう 。



これに比べて、 たとえば、 イスラエルは、

国土が狭いし、 敵に囲まれているので、

先に、 相手から攻撃されたら、

反撃できないまま、 地球上から、 イスラエル、

という国が無くなる、 という、 切迫感を常に持っています。


イスラエルが、 イランやイラクの核施設に対して、果敢な先制攻撃を辞さない理由は、

ファイナンスの用語で言えば、

「オプショナリティーが限られている」からです。



ここで言う、 オプショナリティーとは、

「 最初の駒を動かしたとき

( ないしは、 動かさなかったとき ) 、

次に、 どのような選択肢が選べるか? 」 、

という意味です。


たとえば、 イスラエルに、 イランから、

核ミサイルが撃ち込まれて、

イスラエルの核攻撃能力が全滅してしまえば、

そこで、 GAME OVERになってしまうわけで、

反撃可能性が根絶されてしまうようなポジションに、 自分の身を置いてはいけないのです。


ある意味、 中国が、 南沙諸島の岩礁を要塞化しているとか、

アメリカが、 常に、 原子力潜水艦をぐるぐる回航させている、 というのは、

このオプショナリティーによるところが、

大きいのです。



だから、 先日、 アメリカが、

トマホークなる、 巡航ミサイルで、 シリアを攻撃したからといって、 返す刀で、 北朝鮮に先制攻撃をかける……なんて、 シロウト臭い妄想は、

持たない方が、 良いです。



アメリカは、 long fuse 、 つまり、

短気ではなく、 挑発してもなかなか乗って来ない国です。


もっと、 単刀直入な言い方をすれば、

日本に、 核ミサイルが、 1発や2発撃ちこまれた後で、 初めて、 重い腰を上げる、 という風に、

覚悟しておいた方が、 良いのです。



これは、 大統領の 、 War Power 、 つまり、

戦争を始めることが出来る権限の解釈とも、

密接に関係しています。



たんに、 ある国が核を持っていて、

その国のリーダーが、クレイジーだという理由では、 先制攻撃を正当化できません。


( シリアを攻撃したのは、 化学兵器の使用 、

という、 レッドラインを、 シリアが超えたこと、


実際に、 シリア国内に、 ISIS への掃討のために、 アメリカ軍が展開していること、

という、 二つの条件があったので、

そうしたのです ) 。



ワイフにその話をすると、

「 ああ、核ね。 懐かしいわねぇ。

私が、 小学校のころ、 核からの避難演習を、

よくやらされたわ。 いまから考えると、

机の下に潜るなって、馬鹿げてるわね 」 、

と、 遠い目で、 言いました。



もちろん、 我々は、 仕事もあれば、

学校にも通わないといけないので、

核の脅威があるからと言って、

日本から逃げ出すわけにはいかない、と思います。



「 地震、雷、火事、おやじ 」……

そういった通常の災難に加えて、

「 核 」 も、 心の準備のメニューに加えておく

必要があるのかもしれません。


幸い、北朝鮮が持っている核は、

威力が、 それほど大きくないので、

イッパツで、 日本が消滅するようなことはない、

と、 思います。


なによりも、核が撃ち込まれる確率自体、

相当低いのではないか? と、僕は考えています。


しかし、「核が降ってくるかもしれない」という、漠然とした不安は、 経済を陰鬱にします。

そのような、経済に対するスランプ効果こそが、我々が最も気に留めなければいけないリスクなのではないか? と、 思っています。



【お知らせ】

Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。


広瀬隆雄のTwitterもよろしく。


最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。



1980年代まで、 シナ共産党が、 蒋介石の率いる国民党の、シナ人らが、犯人らだ、と、 主張していた、 捏造の南京大虐殺事件。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

【 事実らに基づかない、 捏造における主張事らを、 事実らに基づく検証により、 自らの側へ差し向けられる攻撃性らの、 連鎖する拠り所にさせない様にする事においても、

より、 猛 タケ く行う度合いを増した方が、


事の真実性に、 倫理的な価値性を成さない、

規定性らからなる、 反社会的な、 儒教型の、 部族道徳律を、 その社会らの一般の者らが、 自らの行動原理の体系としてある、 シナ朝鮮人らへ対しては、

自らへ、 余計な攻撃性らの宛がいをさせなくする度合いを高める事になり、


より、 反撃性を欠いた対応をする度合いを増すほどに、

シナ朝鮮人らから、攻撃性らを宛がわれる度合いを増す事になり、

自らの側へ、 余計な、戦争行為らを引き寄せる事にもなる、

という事も、 地域講習や、 学校教育らで、

日本の主権者たちへ、 歴史事項らに基づけて、

より、 体系的に、 知らしめるべき宛の事であり、


そうした事も合わせて、 日本国民たちは、

より早くに、 日本国民たちの足元の地下へ、

より、 どこに居ても、 すぐに、 かけ降りて行ける、 避難経路らと、 より、 快適に住める避難所らとを、 作り拡げてゆく、 公共事業らを成すべき、

状況にある 】 。



☆ 1980年代まで、 シナ共産党が、

蒋介石の率いる国民党のシナ人らによる事件としていた、 南京大虐殺 02 2015/1


ネット記事+論評群 http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : :

法務省 sodan@tokyo-jinken.or.jp koueki-psec@moj.go.jp

:


@ 蒋介石が、言い出して、

その数年後に、 南京虐殺を否定する証言を記述に残し、

80年代までは、

シナの共産党が、

蒋介石の率いる、 国民党のシナ人将兵らが、

南京市民らへの大虐殺をなした、と、主張し続けていた所へ、

日本の社会党の国会議員らが、

その犯者 ハンザ 、を、

日本軍人らへすり替えるべく、

記念館も作る様に、と、

日本国民らから得た、

当時の、 数千万円以上の大金を、

シナへ持って行って、

反日政略宣伝らの一部へ組み込ませた。 :



@ 1927年の方の、

本当の、南京事件 :


昭和2年である、 1927年の、 3月24日の早朝に、

シナの国民党軍の総司令の蒋介石の北伐軍が、

南京に入城した。


その軍長は、 程潜だ。


当初は、平和裏に入城していたが、

まもなく、 反帝国主義を叫ぶ、軍人や民衆の一部が、

外国の領事館や居留地らなどを襲撃して、

強姦に、掠奪や、破壊などを行い、


日本人の1人を含む、死者らと、

2人の行方不明者らが出た。



日本領事館では、

実質的な売国奴らにより、

警備の海軍陸戦隊員は、反撃を禁じられていたので、


館内の日本人らは、

一方的に、暴行や掠奪を受け、強姦もされた。


駆逐艦の、 「檜」などから派遣されていた、

領事館を警備する、 陸戦隊の兵力は、

十人しかなく、

売国奴らは、 口実として、

実際は、 反撃をしない限り、

際限なく、

シナ朝鮮人ら一般は、

より、反撃をしない方の人々を選んで、

基本的には、敵対し合っている、

身内部族の異なる者ら同士で、

共通の標的と成して、連携し、


集 タカ り攻撃らを集中させる、

部族倫理系の習い性を持ち合わせている、

実態があるのに対して、


抵抗をすれば、

『 尼港事件 』 の様な、

民間人らへの、強姦と殺害とを誘発する、

危険性がある、 と、考えた振りをして観せて、


無抵抗ぶりを徹底する様に命じていた、

状況にあって、


正門で、 歩哨に就いていた、

西原二等兵曹が、

侵入者を制止しようとした際には、


シナ人群衆は、

「 やっつけろ、やっつけろ 」、と、連呼しつつ、


彼を銃剣で突きまくり、

顔面や頭をめった打ちにして、負傷させた。


根本陸軍武官と、木村・領事館警察署長は、

金庫が開かない腹いせに、銃剣で刺されて、負傷し、領事夫人も、陵辱された。



領事館への襲撃の他に、 係留中の宿泊船

≒ ハルク 、 の警備についていた 、

後藤三等機関兵曹は、

狙撃により、射殺された。


事件後の被害者らの証言らによれば、

30数名の婦女らは、

少女に至るまで強姦され、

指輪をつけていた女性は、

指ごと切り落とされた。



ある女性が、

暴兵により、一室に連れて行かれようとする際に、

「 どうぞ、助けてください 」、と、必死に叫んだが、

日本人とは、定かでない、警備兵は、

命を惜しんで、 婦人の苦しみを見捨てた。 :



この事件は、

後に見つかった、

共産主義者らの訓令を記述した文書から観て、


あえて、 外国らからの干渉をさそって、

蒋介石を倒す事をはかった、

中国共産党などの、計画的な策謀で、


事件の陰には、

ソ連の顧問の、

ミハイル・ボロディン が居り、


第6軍の、政治部主任の、林祖涵と、

第2軍の、政治部主任の、李富春とは、

共産分子であり、


軍長の、程潜は、 彼らに操られている所があった。


事件の前夜の、 3月23日には、

ボロディン が、

武漢で招集した、中央政治委員会で、

林祖涵は、

程潜を、江蘇政務委員会の主席にする様に、提案していた。


その後の、 シナの進路や、

日本の対中政策を大きく変える事になった。 :



シナの下関に停泊中の、アメリカ軍と、

イギリス軍の艦艇らは、

3月25日の午後3時40分頃より、


南京城内へ、艦砲射撃を始め、

陸戦隊を上陸させて、居留民らの保護を図った。 :



砲弾は、一時間余りで、約2百発が撃ち込まれ、 日本領事館の近傍にも着弾した。



多数のシナの、暴挙を止め立てしなかった、

不作為型の共犯者らである、

シナ人の軍民らが、 その砲撃で、 死傷した。


日本は、 実質的な売国奴らにより、

あえて、 シナ人ら一般の部族ヤクザ性を観ない振りがなされ、

虐殺を誘致する、恐れありとして、

砲撃に参加しなかったが、


この、強姦と虐殺の共犯者らへ対する、

不作為型の罪悪行為は、

シナ人ら一般をして、

反撃性を欠く、日本国民らへの、

強姦と虐殺の事件を続発させる、

心理的傾向を後押しする、

客観的な認識系らを形成させた。



3月25日の朝に、

警備を強化すべく、

新たに、陸戦隊の、90人を上陸させた。


領事館の避難民らは、 イギリス軍による反撃に巻き込まれる事を避けるべく、

増援された陸戦隊に守られて、

軍艦に収容された。



蒋介石は、 29日に、

九江より、上海に来て、

暴行兵を処罰する事や、上海の治安を確保する事と、

排外主義を目的としない事などの内容事項らを、 声明で発表した。


が、 日英米仏伊の五カ国の公使らが、

シナの関係指揮官らと兵士らへの厳罰と、

蒋介石の文書による謝罪に、

外国人の生命財産へ対する保障と、

人的物的被害への賠償を、共同して、要求したら、


外交部長の、陳友仁は、

責任の一部が、 不平等条約の存在にあるとし、

紛糾した。 :



南京事件の、北京への波及を恐れた、列強は、


南京事件の背後に、

共産党と、ソ連の策動がある、として、

日英米仏などの、七カ国の外交団が、

厳重、かつ、然るべき措置をとる事を、

安国軍総司令部に勧告した。


その結果として、

4月6日には、

張作霖により、

ソ連大使館を目的対象とした、

各国公使館の区域への捜索が行われ、

ソ連人の、23人を含む、

74人が逮捕され、

押収された、極秘文書らの中に、

次の様な内容の、 「訓令」があった、と、

総司令部が発表した。



その内容とは、

あえて、 外国らによる、シナへの干渉を招くべく、


合法に、シナに居住していた人々への、

掠奪と惨殺とを実行する様に促す、指令、と、

短時間に、

シナへ軍隊を派遣できる立場にある、日本をして、


各国から隔離する事や、


在留日本人らへの危害行為を控える事と、排外宣伝は、

反英運動を建前とすべきであるとする物だ。



「訓令」の内容事項らは、

実際の南京事件の経緯と、符合しており、


「訓令」の発出を、事実であったとする、見解が、有力だ。



4月9日に、

ソ連は、中国に対し、国交の断絶を伝えた。



4月12日に、

南京の、国民革命軍の総指令の、蒋介石は、


上海に戒厳令を布告した ≒ 上海クーデター ≒ 四・一二反共クーデター 。



その際に、 共産党指導者の90名余りと、

彼らが、共産主義者とみなした人々を処刑した。



英国は、

南京事件は、 共産主義者から成る、コミンテルンの指揮の下に発動されたとして、

関係先らを捜索し、

5月26日に、 ソ連と断交した。



武漢政府が、 共産主義者らの存在を容認する、容共政策の放棄を声明し、


南京に、国民統一政府が組織されると、


1928年の4月に、

アメリカ、と協定を結び、


8月には、 イギリス、と、

十月には、 フランスや、イタリア、と、


1929年の4月には、

日本、と、それぞれ、協定を結んで、

外交的には、南京事件が解決した。

あり得る、災害らから、 日本国民たちの地下に楽園を開け、と、促されてある、 海洋大国な、日本の主ら。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

【 日本の地上をおおい得る、 あり得る、 災害らから、 日本国民たちは、 日本国民たちの地下へ、 避難経路らと、 より、 快適に住める避難所らとを、 作り拡げてゆく、 公共事業らを成すべく、

促され続けてある 】 。



◇ 革命家たちの歴史事項らと共にある、

日本近代史 :

根途記事+論弁群;


@ 1902/ 蒋介石、毛福梅さん( 当時19歳 )

と結婚。

1904/ 汪兆銘氏が、 清帝国の国費留学生として、 法政大学に留学する。

台湾の出の、歴史分析家の黄文雄氏によると、

汪兆銘氏は、 処刑されようとする際の態度が、

余りにも立派だったので、

清王朝の皇族の男性の1人が、 彼への処刑を差し止めた、 という、逸話の主だ。



◇ 1905/ 8/20 日露戦争 ;


( 朝鮮半島や満州は、 ロシアによる、 日本への侵略行為らをはねかえす場とすべき、 日本の生命線 、だった。

その朝鮮半島と満州への制覇を争った、 ロシアとの戦争 ) ;


実態は、 引き分けただけな度合いもあるが、

日本は、 裏では、 日本への加害行為らを成していた、 セオドア・ローズベルト大統領のアメリカの仲介もあって、 ロシアから、割譲された地域を得たので、 日本の勝利だ。


清帝国は、 中立国と称し、 他国のように傍観していた。

国家の歳入が、

ロシアが、 約20億円、

日本が、 約2億5千万円 、だった。


常備兵力は、

ロシアが、 約300万人、

日本が、 約20万人。

軍艦の総排水量は、

ロシアが、 約51万トン、

日本が、 約26万トン。


世界各国が、ロシアの勝利を信じていた。


が、 黄文雄氏によると、

ドイツの大モルトケは、

彼の主導したドイツへ留学した、 児玉源太郎氏を観察する事を通して得た、 日本への観念から、

「 児玉源太郎がいる、日本が勝つ 」、と、 予言していた。

 日本の、

朝鮮における権益を確認し、 韓国を保護国化し、 、 関東州への租借権を得、


長春・旅順間の鉄道を、 清国の同意を得て、

ロシア、日本へ譲渡され、 日本は、 南満州を勢力範囲とした。

遼東半島を租借地とし、 樺太 ≒ サハリン 、 の南半分の割譲を得た。


 日露戦争における、 日本の勝利は、

アジアの人民に、 独立への大きな希望を与えた。



ポーランド等の、 ロシア帝国に、国を分取られたりして、 酷い目に逢わされていた地域らの人々が、 日本の何かを目指したり、

日本を目指したりし始める契機となり、


ポーランドを主導し得て、 ロシアを戦で破り、

その大統領としての公正な政治により、 後付けのユダヤ人である、 ハザール系などの、ユダヤ教徒らから讃えられる歌を作られ、

ポーランドの歴史事らを振り返って観せた、

NHKの番組でも紹介された、

ポーランドの英雄の、 ピウツースキ氏も、

日本へ来た。

今も、 彼の兄の子孫の方達が、日本で暮らしている。

清国からも、 2万人とも3 万人とも言われる留学生らが、日本にやってきた。


3民主義、の、 孫文氏は、 これも、 黄文雄氏の書籍に詳しいが、

自由を成す為に戦う、 と、 文書に記し残して、

西郷さんと共に、 西南戦争に参加した兄を持った、 宮崎滔天氏らからの支援を受け、


「 中国革命同盟会 」 、 を結成し、

約3千の会員を集めた。

中国同盟会の総理となり、

「 三民主義 」 、を発表した。


同会の機関誌の、 「 民報 」 の発行名義所は、

宮崎滔天氏の自宅になっている。


 汪兆銘氏は、

1905年の7月に、

中国同盟会の結成に関与し、 22歳で、

書記長に抜擢される。


同盟会の機関紙の、 『 民報 』紙の編集長を務め、

健筆をふるった。

24歳の 時に発表した、 「 革命之決心 」 には、

次の一節がある。


革命の決心は、 だれもが持っている、

惻陰 「 そくいん ( 、 思い遣り、あわれみ ) 」

の情、


言うならば、 困っている人を見捨てておけない心情から始まるものだ。

たとえば、 子供が井戸に落ちていると聞けば、

だれもが、思わず、その子を救いたくなるだろう。

・・モンゴル人らは、

そうした、中国共産党の主張が、 歴史の捏造だ、

と、 識っているのだ。

第一に、 明が元を滅ぼしたといっても、

実際は、 モンゴル帝国のなかの、中国人が住んでいた、ごく一部分が、

明朝として独立しただけだ。


中国を世界の中心に置いて歴史を見る中国人が、

明朝の成立イコール、

モンゴル王朝の消滅としているだけなのだ。

モンゴル人の元朝は、 現在の内モンゴルで、

その後も続き、 後裔も、ずっと生きて、皆独立していた、 というのが、 事実である

( 『 刀水 』 岡田英弘氏 )。


自らの回答の引っ越し保管と改訂;


channel7ak727さん

中国 朝鮮半島 東南アジアなどの国々が、

いまだに、 日本に対して、 敵視をし続けるのは、 とても高度なアメリカの策略ではないか、と、

思うことがあるんですが、

みなさん、 どう思われますか?


実は、 アメリカが一番怖いのは、

東アジアの国々が、仲良く手を組んだときでないかと思うのですが。


大東亜戦争後の状況は、実は、アメリカの思う壺のようで、 仕方がありません。


2008/ 10/27 13:32


409


3


250


ベストアンサーに選ばれた回答

mutuhayaさん


歴史事項らから観て、 多大な誤算を成しつつつも、 アメリカが、 シナ朝鮮らと連携して来ている事は、 その通りで、

ヒトの国らに入り込んであるシナ人である、

華僑の宣伝がある所で、 反日評がありますが、

それを口にし、記事にするのも、華僑系で、


元々の東南亜の現地市民らは、 圧倒的に、親日的です。

白人による支配のなされていた植民地らで、

白人らと組んで、甘い汁をすっていたのが、

華僑だった為、

日本が、現地で、白人らの支配を覆し、

白人勢を追い払ってしまうとともに、

売春宿へ、現地の貧しい少女らを叩き込んで、

暴利をむさぼるような事をさんざんやっていた華僑らが、 巨大な利益を失ったのです。

彼らの手前勝手な逆恨みと、

中共などの反日政策が、 陰に陽に重なって、

今もって、各現地で、元々の地元の方たちの反感を買いながら、

日本向けでもある、ゆすりたかり目当てめいた、

反日宣伝を、何の自己の倫理性への疑問もなく、

自然に行い続けている、というだけの事です。

日本側、 および、

あらゆる公正な精神性の持ち主は、

何国人であれ、 そういった理不尽なものに対しては、 事実らへの検証に基づく主張を、きちんとしてゆく事により、

結局は、 華僑系市民の中にもいる、理性的な精神性を持ち合わせている人たちにとっても、

彼らが、彼らに相応しい、より住みよい社会を建設してゆく事を後押しする事に通ずる分、有益な結果をもたらしてゆくのです。


ナイス

1

2008/ 10/27 14:02 。



☆ 日本は、 島国であるとともに、

周辺海域の大きな海洋国家でもある。


前者については、 海岸線の長さを示した図録

9400 を参照のこと。

ここでは、 後者について、ふれる。


  周辺海域の大きさとしては、 領海面積 、

と言うより、 排他的経済水域の面積を示すことが、 適切だろう。


排他的経済水域 、 とは、 周辺海域であって、

その国が、 優先的に、 資源らへの利用と、開発とを行うことの出来るかわりに、

資源の管理についても、 責任を持たねばならない、

国際的に認められた領域を指す。


 日本は、 人口の規模では、 世界で、

第10位であり、

国土面積では、 世界で、 第61位だ。

( 図録 1167 参照 ) 。


それでは、 自らの支配権が及ぶ海洋面積では、

何位であるかを見たのが、 上図だ。


 ここでは、 領海を含めた排他的経済水域の面積を掲げているが、

日本は、 4百47万平方キロ 、と、

国土面積の、 38万平方キロの、 約 12倍、

と、 大きく、

世界で、 第6位 、 にある。


日本は、 海洋国家としては、 大国であることが、 理解される。



 しかも、 漁場としては、 北海の周辺から、

アイスランドの周辺にかけての水域、

及び、 アメリカ大陸の北西大西洋岸とともに、

世界3大漁場の1つ、 ともなっており、


漁業国なる日本の基礎をなしている。


同時に、 周辺漁場の漁業資源への保全にも、

管轄国として、 1義的な責任を有している。


 この他、海底資源の点でも、メタンハイドレードなどの、 多くの可能性を秘めている。


逆に、 こうした潜在的な可能性の開発に関して、

責任を持っており、

自国の利益だけでなく、

世界の資源問題の解決にも寄与することが、

求められている。