経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

拉致の実態らへの証言。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

【 物事の質を、 より能 ヨ く、 成すだけではなく、 その度合を深めてゆく事を差し止めずに、

限りなく、 深めてゆく、 志向性をも成して働く、

知的創造性でもある、 道の精神性らの、

日本国民たちにおいて、 在り、 働いて来てある度合いの高さは、

海外の人々の成して来てある物事ら等への、 知的関心性の度合いの高さを伴い、

海外の物事らを取り入れて、 自らの側の人々に、

より能く、 足しに成るものに、 作りかえ、 仕立て直すべくもあり、 実際にも、そうし得て来てある、

より、 開かれた心構えらの、 在り、 働き得る、

度合いの高さをも伴い得てあり、



そうした知的創造性を欠いてあれば、 ある程に、

宗教や宗派に、 人種などの、 異なる、 文化圏らや文明圏らの人々の成して来てある、 物事らや、

その物事らを成すに至るべくして、 至ってある、

その社会らの一般の人々などの精神性らの、 質的な内容らなり、 規定性らなりへの、

知的関心性の度合いが、 低く、

それが、 低くある程に、 それらへ、 より、

独り善がりで、 見下した評価を当てがう、 傾向性なり、 志向性なりを、 より、 自然に、 心構えてしまい、 それを脱却し難くもある度合を、 より、 余計に、 成してもある様らを、 その言動らへ、

より、 明ら様にも、 出してしまう状態に在り続けてある、 欧米の一神教の文化圏らの一般の人々が、

その一神教の宗派らの各々の倫理的な規定性らによっても、 より、 その宗派には、 無い、 側の人々の事らへ対しては、 より、 その、 自らのものにすべき価値性の大きさについて、 否定してかかるべく、 観たり、 感じたりする事を、 強いられ、

倫理的に、義務付けられてもある、度合にも応じて、 異文化ら等への、 知的関心性の度合を低くしたままにして来てある、 その精神の状況らの一般と、

日本国民たちの精神の状況らの一般とでは、

自らの知的創造性を起ち働かせ得る機会らを、 自ら進んで得る度合において、 それだけ、 甚だしい開きがある。


それに加えて、 全知全能性によって、 あらゆる物事らの、 成る、と、 成らぬ、 との、 在りようらや、 在り得ようらに、 欠けようらや、 欠け得ようら等の全てを、 あらゆる、 どの瞬間においても、 定め得てある、 全てへの創り主としての、 神を信仰している、 西の一神教らの人々において、

より、 その度合いが高い人々ほど、

物事らの行く末を、 そうした神の定めように任せて、 より、 自らにおいては、 それへの責任性の度合いを、 少なく、 観積もり、

より、 個体として、 来世に、 自らへ、与えられ得る、 福利らへの関心性の度合いを成して、

より、 その社会の主権者らの一員なり、

その社会を成し合ってある主らの一員なりとして、

現世で、 互いの福利らを成し合う為にすべき、

段取り事らや、 それらを成すべくも、 自らがある事などへの、 関心性を欠いたままにし、


自分や、 自分らではない、 誰彼が、 そうした事らを、成すべくして、 成すか、 成さぬべくして、

成さないままにしてゆく事を、 それについて、

具体的に意識する対象らを特定する度合いには、 欠けるにしても、 より、 当たり前に思い、 放って置きもする、 志向性をすら成して、


ヒト任せにも、 神任せにもし、

自らの社会において、 部族や、宗派などの長としてある者らへ、 その社会の内外に在るべき事らや、

成されるべき事らの、 成る、と、 成らぬ、とを、

その他の一般の主らは、 より、 任せ切りにして、

自らにおいては、 それらへの、 無責任性を成し、


長らの方は、 神任せにして、 いかなる悪行らを、 自らの側には、 無い、 人々へ成しても、

それらが実現される事そのものに、 神からのそれらの実現を肯 ウベ なう意思の現れを、 観たり、 感じ得たりする、 気にも成って、

それだけ、 日本国民らの一般が、その心において成す様な質の、 自らに責任性の度合を成すべき規定性の、 反省 、 を積み重ねる事はできない、

精神性を培 ツチカ い、

自らに、 責任性の度合いを成す宛 アテ ・ 対象を思い構えるにしても、 精々が、

自らの、 宗派や、 部族に、 それらの連合体の、

勢力性の度合いを増し、 その利益性なり、 利権性なりを増して、

他の宗派や部族などの側の勢力性の度合を減らす様にし、 その利益性や、利権性などを、

より少ない、 費用や、被害性を成す代わりに、

奪いもする、 といった事らに対して、

より能く、 成すべく、 心する度合いを成す、

という様なものでしかなく、


英米の富裕権力層の一定数の主導者らが、

自らの子飼いの、 英米のカネ貸しらと、

それに追従して来てある、 各地の財務役人らと、

与野党の主な政治家らをして、

世界中の中央政府の財政における、 緊縮 、 を、

ごり押しして、 やらせ続ける事を通して、

日本国民たちへは、 デフレ不況性、 を押し付け続け、

他の主権者たちへは、 様々な不況性らを押し付け続ける事において、

その技術体系知ら等も含めた、 色々な資産らを、

より、 甚だしく、 安い値段で、 買い漁れる様にもして来てある事から、

莫大な利益性や利権性らを得て、

金額に置き換えて観た場合における、 自らの側の資産らを、 この地球にいる、 全ての人々の財産らにおいて、 その半分に近い割合にまで、 急速に、

増やし得て来てある、 実態らと比べても、


宗派や階級に、 部族などの枠組みを越えてある、

社会らの一般の人々に対して、 その在り得る福利らを未然にも阻害する、 反社会性を成すべき、

部族倫理的な規定性らを成して、 自らの社会生活らを成して来てある、 実態らにおいて、

大して、 違いの無い主らであり、


到底、 世界をして、 より、 在り得る戦争らの実現を未然に阻害し、 より、 平和な社会状況らを成し拡げ得てゆく事において、 負の効果らよりも、 正の効果らを、 より、 余計に、 成してゆく、

主導性を成し得る、 倫理的な規定性らを成し得てある主らではなく、


西洋などの者らへ、 そうした役割を担えるかの様に、 漠然とではあっても、 思い込んである、

日本国民たちの中の一定数の人々は、


全く、 真逆な志向性を成して観せて来てある、

実態らを積み重ねて来てある者らへ、 全く、 見当違いな望みを宛がって観てある事になる。


そうした、 より、 平和な社会状況らを成して、

社会らの一般の主らが、 その、 在り得る福利らを成し合う事を、 異なる社会らの主らを犠牲にする度合いを成す事を成しに、 ごく当たり前な事としても、 自前で、 成し得て来てある主らは、

日本国民たち 、 だけ 、 であり、


日本国民たちの一般が、 自己投影性

≒ 自己投影である物 、 自己投影である事 、 を成して、

自らの側の属性らを、 そのまま、 外国らの外国人らの一般の事らへ宛がって観る事は、

筋違いな事であり、 誤りを成す事でもある。



いずれにせよ、 日本国民たちは、

日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、

住める避難所らとを作り拡げてゆく、 公共事業らを成して、

英米のカネ貸しらの側に立つ、 実態を成して来てある、 日本の、 財務省の役人らと、 与野党の主な政治家らによって、 日本国民たちへ押し付け続けられて来てある、 デフレ不況性を解消し、


日本国民たちの存続と栄えに、 より、 価値性を認める事のできない精神性の主であるがゆえに、


日本国民たちへ、 日本国民たちからの買い物らを、 より余計に成す為に、 使われる事になる、

所得金額らの総量を増やして、 与える事になる、

公共事業らの実現に反対し抜いても来てある、

実態らにおける、 真っ向の反日員らを成敗し、


自らの社会の内外の一般の主らへ、 より、 平和な社会状況らを、 より能く、 成す、 後押しなどを成し得る、 前提の状況を成し合うべきであり、

自らの側の人々ではない、 何かや、 誰彼に、

そうした役割をこなし得る事などは、 全く、

期待すべきではない 】 。

◇ 湧き水の 濁りに続く 山津波

無い、水どもが 湧くも、先触れ・・。


◇ 拉致をする 浜から沖へ 離岸流

脇へ泳いで 命を拾え・・。



☆ ネット記事+論弁群+;


◇ 北朝鮮、 日本の漁員の50人以上を殺害か… ; 元工作員が証言 ;



◇ 北朝鮮の元工作員が、

海上における日本人の拉致に関する、 衝撃的な証言をした。


北朝鮮人たちによる、 日本人への拉致への疑惑に関しては、

いまだに、 明らかにされていない事案が存在している、 と、 見られているが、


今回に語られた、 海上における日本人への拉致についての証言は、 彼以外からは、 出ていない。



≒ 北朝鮮政府が、 日本人たちへの拉致についても、 犯行を、 自らの側の者らによるものとして、

認めて観せた事などにおいても、 拉致行為らへの証言らは、 得られて来てある筈ではある。



( 略 ) ・・チェ氏によると、

海上での拉致は、 「 漁民作戦 」 、 と、 名付けられ、

日本海側の元山 ( ウォンサン ) の近くなどを拠点に、

1960年代から、 80年代の中頃まで、

繰り返された。



作戦に使用する工作船の船体には、 漢字で、

「 〇〇丸 」 、 と、 日本式の船名が書かれ、


乗り組む工作員たちは、 ある程度は、 日本語を話す。


さらに、 日本製の、 腕時計や服などを身につけるなどし、

日本の漁船を装って、 夜に、 無灯火で、

日本漁船に近づき、 船を襲撃するのだ。



工作員たちは、 日本漁船に乗り込むやいなや、

ナイフや銃で、 船員たちを制圧し、


十代 ~ 30代の健康そうな若者だけを連行する。


その他の船員たちは、 船倉や船室に閉じ込めて、

証拠らの隠滅のために、 船ごとを、 沈める。



作戦は、 年に、 3回から、 2年に、1回ほどが、 実行されたことから、


拉致の被害者は、 十人以上、

殺された人は、 50人 ~ 60人以上にも上る、

可能性もある。



漁民たちへの拉致の目的は、

日本海の沿岸の地理や、 軍事基地などの状況を把握するためだった。


続き デイリーNK

http://dailynk.jp/archives/85472/



@ 嵐でもないのに、 漁船が遭難する。



@ >>1については、 前に読んだことがあるので、 知っていた。

十分に、 可能性はあるだろう。


やはり、 スパイ防止法は、 必要だな。

それから、 憲法の第9条は、破棄して、

核武装をし、 ミサイル、や、 原子力潜水艦を作り

核シェルターを多く建設するべきだ。



日本には、 高い山が多いので、

地下の深くに作れば、 耐えられる。


日本の科学技術なら、 可能だろう。


まず、 北朝鮮と交渉、 拉致被害者を返さないと、 宣戦布告する。


それが、 正しい方法だ。

相手が先にやっているのだから、 非は、 すべて、

北朝鮮にある。


戦争も外交交渉の1手段だ。

正義は、 日本にあり、 正当防衛だ。

米国も、 拉致被害者があるので、 北朝鮮に宣戦布告をしても、 良い。



@ 原爆らですら、 地面を、 数メートルだけをえぐっただけであり、


核攻撃らによる、 地下への衝撃性の度合いは、 緩衝構造らの設置らの具合にもよるが、

地上の被害性の大きさに比べて、 遥かに乏しい。


こうした事らを、 調べもしないで、

地上での衝撃性の度合いを、 そのまま、 地下へも宛がって観る事を、 無意識の内にも成して、


日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、

住める避難所らとを作り拡げてゆく事が、

核攻撃らに対しては、 大して、 日本国民たちの防衛性の度合いを成さない様にも思い込んでいる、

日本国民たちの一定数は、 大変な思い違いをしている。


@ 拉致被害者の話とも一致する。


@ >>55 ; 実は、 俺も、そう思ってる。

数がすくなすぎる。 少なくとも、桁が一つ違う。



@「拉致可能性」の不明者は、 883人 

警察庁が認定

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H07_S4A900C1CC0000/


一方で、 政府は、 17人

http://www.rachi.go.jp/jp/ratimondai/jian.html



救う会では、 100人ぐらい

http://www.sukuukai.jp/index.php?itemid=1071



@ 背乗りがかなりいるだろうから、

表に出てない、 誰も、 気づいていないのが、

かなりいるだろう。 拉致ではなく、

殺された人も、 かなりいるだろうな。


それにしても、ルーマニアとかタイとかから拉致されているのがいるはずなんだが

あちらでは、 どういう報道になってるんだろう。



@ 北朝鮮という国ができてから、

日本海で、 消息不明になった漁船と漁師の記録は、日本にあるだろう。

それと突き合わせる必要があるな。


@ おのれ北朝鮮め。



@ 拉致されたままの人間だけではなく、

洗脳やマインドコントロールをされてから、

帰ってきて、 朝鮮人らからの支援で、 日本社会の要職についてる奴等も多く居るだろう。



@ 日暮れ近くになったら、 海岸の近辺を、

決して出歩くな。 日本海側の出身の人なら、

こう聞かされたことは、 一度は、 あるはず。



@ 夕方の暗くなるまで、 遊んでたら、

「 子取りが来るよ 」 って言われてたな。

朝鮮人の出稼ぎが、 すでに、 たくさん居た頃だし

後に、 当時の拉致事件までが、 発覚したからな。

黒を白 利がある限り 囃すウソ 部族倫理で 支える儒奴ら・・。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

【 社会らを建設する事において、 道の精神性なり、 匠 タクミ の精神性なりほど、 足しになる精神性は、 他に、 無いが、

そうした精神性らが、 社会の一般の人々にあるか、

あるいは、 少なくとも、 その存在や、 その、 在りようらと、 その、 在り得ようらについて、 社会の一般の人々が、 その社会生活らを成り立たせ得てある、 体系知らを成し行う事などを通して、

一定度合以上の構築性のある体系知らを成してある文明圏は、 日本だけ、 であり、


数百年から、 千数百年にも渡って、 存続し得ている企業らが、 何千もある文明圏も、 日本だけ、 であり、


物事らを、 より能 ヨ く、 成す事の度合を深めてゆく事において、 限りを置いて、

差し止めてしまう事の無い、 道の精神性らにより、

産み出され得る物事らの質としての度合の高みは、


欧米の、 ひたすら、 より、 安く、 自らの労働らを売る人々を求めて、 世界中を漁って回って来てもある、 グローバリストな、 資本家たちなり、

カネ貸したちなりが、 漠然と、 思い込んでいるであろうように、

世界中のどこかで、 彼らが、 カネとして働く数値らなどの、 資本性らを投与しさえすれば、

必ず、 湧き出てくるものではなくて、

自らの道の精神性らを駆使できる側の、 日本国民たちならではのものであり、


この道の精神性らほど、 より、 平和な社会状況らを、 自らの社会において、 構築し合う事にも、

よその社会らにおいて、 より、 平和な状況らを、

そこの人々が成し合う、 後押しをしたり、

その前提となる、 社会基盤らを作ったりする事にも、 より能く、 足しになる、 精神性らは、

他に、 無い。


現実に、 日本国民たちは、 ヨーロッパ員らが、 借金漬けにして、 部族らの対立性をあおる等もして、 荒廃させる形で、 手を引いて来た、

アフリカなどの地域らで、 社会基盤らを作り拡げてゆく事や、 その後押しを、 成功のうちに、 成し得て来ており、

あの、 反社会的な、 儒教型の、 部族道徳員らを、 その社会らの一般の者らとしてあるがゆえに、

何度も、 日本人たちへの、 集団による、 組織的な、 強姦と、 虐殺に、 拉致からなる、 不意打ちでもある、 侵略行為らを繰り返し、

倭寇 、 という、 倫理的にも、 妥当な報復行為らと、 偵察行為らとからもなる、 反撃を成す、

初めは、 日本人たちから成る度合が大きかった人々によって、 倫理的にも妥当な反撃を受ける様になってから、

ようやく、 竹島での事件などを成すまでは、

日本人たちへの、 不意打ちな、 侵略行為らを差し止められるに至った、 部族倫理的な反日呪術師らである、 シナ朝鮮人らの内の、

朝鮮人らに対してさえ、 その人口を、 倍以上にも、 増やしてしまったほどだ。



朝鮮人らを借金漬けにした、 欧米の者らが、

日本へ、 朝鮮を併合して、 その借金や、 借金に相当する物事らを、 日本国民たちが払う様に促し、

朝鮮人らも、 様々な団体らを成して、

朝鮮を、 日本へ併合する様に、 運動し、

日本と朝鮮との併合に反対していた、 伊藤博文氏を暗殺するなどして、 日本側の幹部らへ、 圧力をかけ続けもして、 日韓の併合を引き寄せ、

日本の幹部らは、

日本の東北へ投資する筈だった、 資材らや、

機械らに、 道具らなどが、 その用向きを成す事に当たる、 カネらを、 朝鮮へ投与して、

特に、 東北の日本国民らを犠牲にし、

他の日本国民らへも犠牲を強いる、 代わりに、

朝鮮に、 学校や、病院に、 鉄道網などの、 社会基盤らを成して、 その生活らの水準を押し上げてやって、

その人口を倍以上にも成してやった挙げ句に、

今に至る、 反日呪術師らによる、 日本国民たちにおける、 被害性の度合いを甚だしくさせ続ける状況を準備してしまったのだ。


朝鮮へ投与した資本性らをして、 日本国民たちの地下を開いて置き、

原爆をいくつ落とされても、 ただ、 地上の一定範囲らを、日本国民たちが、 利用しなければ済む、

といった程度以下の被害性らをしか、 日本国民らへ対して、 成し得ない状況らを、 日本国民たちの地下に成して置いた方が、 遥かに良かったろう。



より早くに、 日本国民たちの足元の地下へ、

避難経路らと、 住める避難所らを作り拡げてゆく、

公共事業らを成して、


英米の富裕権力層の下っぱな、 英米のカネ貸しらの側に立つ、 実態らを積み重ねて観せて来てある、 日本の、 財務省の役人らと、 与野党の主な政治家らから、 日本政府の財政における、 緊縮 、 を、

成す事を通して、 日本国民たちが、 押し付け続けられて来てある、 デフレ不況性 、 を、 解消し去ってゆくと共に、

日本国民たちが、 どの、 反日性のある外国らの者らによっても、 より、 左右され得ない存在となる、べくも、

自らの防衛性の度合を飛躍的に高め得てゆくべき、

倫理的、 かつ、 利害関係性における、 立場に、

日本国民たちは、 あるし、


そうして、 独立自尊性の度合を飛躍的に高め得て

ゆく場合の、 日本国民たちの道の精神性らによる、

より、 平和な社会状況らを成す事への、 後押しらを得る事が可能となる、 世界中の、 社会らの一般の人々にも、 そうした事への促しらを成すべき、

利害関係性があり、 必要性がある 】 。



ネット記事+論弁群+;


☆ 土石流 ( どせきりゅう 、

英語: debris flow ) 、 とは、


土砂が、 水 ( 雨水や地下水 ) と混合して、

河川・渓流などを流下する現象のこと [1] 。



土砂災害の原因らの一つ。

山津波 ( やまつなみ ) 、 ともいう。



日本の法令上は、

「 土石流 」 について、

「 山腹が崩壊して生じた、 土石等、

又は、 渓流の土石等が、 水と一体となって流下する自然現象 」 、 と、 定義されている


( 土砂災害警戒区域等における、

土砂災害防止対策の推進に関する法律 2条 )。




◇ 発生のメカニズム ;


土石流は、 集中豪雨が、 主要因となる [2] 。


発生のメカニズムは、 大きく、 次の3つに区分される場合が、 多い。


◇ 渓流内に堆積している、 不安定な土砂が、

集中豪雨等による、 異常な出水のはたらきで、

流動化し、 土石流となる場合。



◇ 集中豪雨、 あるいは、 その他の自然現象が、

原因となり、 発生した、 山腹崩壊

( 土砂崩れ ) の、 崩壊土砂が、

多量の、 湧水や、 表流水を得て、 流動化し、

渓流内に流れ込み、

そのまま、 土石流化する場合。



◇ このケースの物理的なメカニズムは、

未だに、 解明されていない。


◇ 集中豪雨、 あるいは、 その他の自然現象が、 原因となり、


地すべりや、 山腹の崩壊が発生した際に、

その崩壊土砂により、 河川が一時的に閉塞されて、

天然ダムを形成する。


その後に、 湛 タタ える水に伴う、

水位の上昇により、 それが、 決壊して、

土石流化する場合。




◇ また、火山の噴火に伴う、 雪解けの融雪 [3] 、

火山湖の決壊、


地震による、 山体崩壊 [4] などに起因することもある。



◇ 土石流の流下を抑止するために設置された、

砂防ダム ( スリット・ダム ) 。



土石流の発生や流下する区間は、

河川の勾配により、 推測することができる。


一般に、 土石流の発生区間は、

河床の勾配が、 20度以上の勾配を有する区間であり、

8度を下回ると、 堆積が始まり、

3度以下で、 水と土石が分離して、 停止する。



ただし、 実際に流下する際には、

渓流幅の変化や、 流体中の石レキ成分比、

含水率によって、 変化する [5] 。



砂防事業による、 砂防ダム、

治山事業による、 治山ダムなどの発生源対策、

流下抑止対策。

雨量観測、 及び、 データ送信システムの整備、

地域住民の伝達等の避難態勢の構築等が、

対策となる。



◇ 長野県は、 南木曽町を襲った土石流を機に、

建立された石像。


当地では、 土石流のことを、 「 蛇抜け 」

、 と呼び、

「 白い雨が降る 」 、 「 谷の水が止まる 」

、 と、 土石流が起こる、 と伝わる [6] [7] 。




◇ 土石流の発生は、 雨量計で把握できない、

局所的な集中豪雨が、 引き金となる場合もあり、


地元の自治体からの避難勧告は、 もとより、

自発的な判断による、 早期の避難が、

安全につながる。



◇ 文献にない、 土石流・泥流の痕跡を把握する方法として、

地質層の上下関係の年代が、 逆転していないかを調査することで、 発生したエリア、と、 年代を特定することができる。



☆ 日本維新の会・松井代表らが党大会後に会見


日本維新の会・松井代表らが党大会後に会見 (2017年3月25日)

26分~


松井さん ;

「 メディアの皆さんもね、 民進党の要請を受けて、 忖度 ソンタク してるじゃないですか 」 、

「 なんであの、辻元清美さんていう名前は、

一切出さないのか。他の人の名前は出すのに 」、


「そういうのを僕は悪い忖度だと思いますけどね」


@ ほんと、 そのとおりだわ。


@ 末代まで禿げ上がるほど同意。


@ それ忖度違うだろ。

そのまま要請に従ってるw


@ 鈴木宗男どのは、 ぜひ、 辻本に、

疑惑の総合商社、と、 言ってほしい。



@ 辻元民進党に圧力を掛けられてるし、

生コンされちゃうのが、 怖いから、って、

分かりきってて言ってるから、 意地悪だな。



@ メディア批判も始めようよ、

言われっ放しの議員さんは。


@ いいぞ もっと辻元を攻めてこうぜ!!


@ 忖度どころか、 協力関係やで。



@ ハッキリ言え、 電通は、 制作費を、 半分は、 何もせずに奪っていく泥棒。


カスラックは、 何も作らないで、

版権料を、 半分以上を懐 フトコロ に入れ、

さらに、 制作者からも金を奪っていく犯罪者。

これらは、 全てが、 韓国人。

2017年 3月25日 17:04 。



@ >松井さんは、 橋元さんの腰巾着か何かだ、と、 思ってたけど、


関西以外の人間は、 わかってないだろうけど、


そもそも、 松井はんが、 大阪都構想をやりたくて、 橋下くんを担いだのが、 関西での威信旋風の発端だから。

2017年 3月25日 17:14 。



@ 松井さんは 】 、 よくぞ言ってくれた。

野党の隠蔽工作に関わった政治家すべて、

何らかの処罰にしてほしいわ。



@ さっき、 フジテレビのニュースでは、

松井さんが、 安倍総理は、 忖度を認めるべきだ、

と、 発言した、 と、 ニュース流してましたよ。


辻本とマスコミの悪い忖度への発言は、

バッサリ、 きられていました。

2017年 3月25日 17:55 。



@ 辻元だけじゃねえし。

タイマンで会ったこともない安倍閣下が、

籠池さんと親密な関係だって、 決めつけてた癖に、

一緒に写真に納まってた、 松原さんだの、

平野さんだのの、 民進党議員の存在は、

まるっと、 過流 スル ≒ スルー 、

なんだもんな

2017年 3月25日 18:09 。



@ マスゴミ員らが、 だんまりなら、

ネットで拡散するしかあるまい。

マスゴミのスポンサーへの苦情も忘れずにな。


@ ※36 ; ほんとこれ。

松井さんは、

「 安倍さんは、 いい忖度と悪い忖度があるって、 ちゃんと言わなきゃだめ 」 っていってるのに、

マスゴミ、 こえー


@ クソな、 テレビらは、 完全に、

松井さん VS 安倍閣下の構図を作って、

広めようとしてるね。


辻元女史が、 いかに、 朝鮮人らから成る、

部落員らや、 Cと、 ズブズブで、

それらの勢力に、 TVメディアらが、 完全に、

乗っ取られている具合が、 よく判る。

メディアが、 野党の味方、 反日勢力らの味方、

というのは、 酷すぎるでしょ。



☆ 【ワロタw】 ; 辻元清美 WEB サイト、

デマの総合商社だ、 と、 話題にwwwww

2017/ 3/25 21:58 コメント ( 245 ) ;


http://www.kiyomi.gr.jp/


「 疑惑の総合商社 」 とは – 辻元清美女史が、

鈴木宗男さんを指して言った言葉。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%BF%CF%C7%A4%CE%C1%ED%B9%E7%BE%A6%BC%D2


@ 真っ黒すぎて 。



☆ 捏造の、 捏 、 の意味 ;


出典:デジタル大辞泉 ;


[ 音 ]; ネツ ( 呉 ) 、

デツ ( 漢 ) 。  [ 訓 ] ; こねる。

こねて作りあげる。 でっちあげる。


「 捏造   ( ねつぞう・でつぞう 」 。



@ 捏 デツ 、の、 総合商社な、 反日呪術員ら。


西の島へ続く。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

【 より早くに、 日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、 住める避難所らとを、 作り拡げてゆく、 公共事業らを成して、

英米の実態的な金融員らから、 日本国民たちへ、

押し付け続けられて来てある、 デフレ不況性、 を、 解消し去ってゆくべき、 必要性が、 日本国民たちと、 在り得る、 日本国民たちによる、 平和への調停を有効に受け得る、 可能的な戦争当事者としてもある、 世界中の一般の人々には、 ある 】。




◇ 湧き水の 濁りに続く 山津波


無い、水どもが 湧くも、先触れ・・。



◇ 連れ殺す 浜から沖へ 離岸流

脇へ泳いで 命を拾え・・。




ネット記事+論弁群+;


☆ 1858年に、

・・立山カルデラ 、 という、

火山陥没地の、 脆い山の斜面が、 広大な範囲にわたって、 崩れ落ち、


常願寺川の上流である、 真川や湯川をせき止めてしまったのだ。


それから1週間ほどは、 何もなく過ぎた。

が、 常願寺川の流量が、 5分の1しかない。


誰彼ともなく、 山津波が来ると、 騒ぎ出し、

藩主や家中の侍たちは、 呉羽山に避難し、

城下の町人たちも、 家財を捨てて、 避難した。



◇ 粥 カユ のごとき、 土砂の濁流 ;


洪水時の常願寺川 ; 写真提供:

立山カルデラ砂防博物館 ;



先の地震から、 半月ほどを経た、 3月10日

( 新暦の、 4月22日頃 ) だった。

桜の花も散り、 暖かい日が続いていた、 という。


突然、 立山の全山が崩壊したかと思えるような、 激しい地鳴りがしたかと思うと、


「 川筋一面に、 黒煙が立ち上り、

みるみるうちに、 大岩小岩、大樹、森羅万象押し出され、 右押し出せる内には、

水は、 一滴もなく、 皆、 固き粥のごとき、 泥砂にて、 その内、 大小岩相交じり、 また、

岩と岩とが衝突して、砕け、 時々,

黒煙立ち上り、


葦峅寺までは、 20~30間

( 36 ~ 54 メートル ) ばかりの大岩を押し出して、 2、3里下の横江村辺では、 7~8間

( 13メートル前後 ) の石を押し出し (中略);


なかんずく、 廻り6~7尺の樫の木に、

猿2匹が、 すがりながら、 葦峅辺より半屋村まで、 4里あまり、 流れ来たり。



その木そのまま、 今も、 川中に立てり。

実に、 万代未曾有の変事なり 」

( 『 立山変事録 』 ; 一部意訳 )。



この土石流は、 今の大日橋あたりから、

右岸の舟橋村を直撃し、 白岩川をつたって、

水橋の港を襲った。


水橋の港では、 膨大な流木らが押し寄せ、

その下へ、 土砂が潜って、 大渦巻きが起こり、

なにやら、 鯨のような、 得体の知れぬ生き物が、 渦の中で、 青白い炎を吐いた、 という、

怪奇現象も報告されている。



岩峅寺では、 神殿が、 山の方へ、 50数メートルも押し上げられ、

その上流にある、 葦峅あたりの広大な川原は、

土砂に埋まり、

高低なく、 一面が、 平らになった。


上滝に流れ着いた大岩は、 長さが、約30メートルもあり、 馬瀬口あたりは、 川と堤防が、 同じ高さになった、 という。



常願寺川一帯の田畑は、 黒い粥のごとき泥砂の大海原と化し、

流され壊された家屋は、 数を知れず、 また、

水路らの大半は、 潰されてしまった。



死者は、 38人、 と、 某記録にあるが、

この時の被害は、 よく分かっていない。


その1ヵ月半の後に、 常願寺川の流域は、

再び、 未曾有の大災害に襲われる。




☆ 水土の礎 [ ishizue ]【 国土を創造した人々 】一覧へトップページへ ;

常願寺川 農人の記憶 ― 山をも流した河

[Jyouganji-River Memory of the Farmers] ;


【第五章】; 恐るべし山津波 ;


「 泥抜けの気遣い、 これなき候 」 ;



・・3月10日の山津波は、 午後4時頃になって、

引いたらしい。



しかし、 翌日に、また、

「 城下残らず、 川底となるべし 」 、 との噂が飛び交い、


武士町人は、 狂気のごとく、 東奔西走、

城下は、 火事か戦のような大騒ぎとなった、

という。



さすがに、 加賀・富山の両藩主も、 再び、

山への調査を命じた。



この時の報告書によれば、

堰 セ き止め、 湖は、 すべてが、 流れ去り、

真川の水も、滞りなく流れて、


「 この末、 再び、 泥抜けの気遣い、 これ無き義と存じ奉り候 」 、 と、 結んでいる。

そして、 城下に、 安全宣言を発令した。



4月といえば、 今の新暦で、 5月の半ば。

しかし、 田植えどころではなかった。



ことに、 壊れた水路らへの補修に、 多くの農員らが、 かり出されていた。


「 三ヶ村用水、 次に、 太田用水 普請 四月七日より十日が間、 七万八千人の人足なり 」 、 などと、 記録にある。



おそらく、 老若男女を問わず、 村中の人々が、

この一面の泥海の後始末をしている最中であった。

そして、 1ヶ月半の時が流れた。

ようやく、 村人の顔に、 落ち着きが見え始めた頃であった。



◇ 恐るべし 山津波 ;

人物画『地水見聞録』より ;

富山県立図書館所蔵 ;

出典: 『 越中立山大鳶崩れ 』 ;



・・4月26日 ( 新暦での、 6月9日頃 ) 。


正午過ぎ、 またもや、 立山から大鳴動が聞こえた。

そして、 天を突き上げ、 地を逆巻きながら、

真っ黒な濁流が、 怒涛のごとく押し寄せ、


ほとんど一瞬にして、 常願寺川の流域を飲み込んでしまった。


今度は、 真川ではなく、 湯川を塞いでいた土砂であった。



この土石流は、 前回よりも、 6メートルほどが、 高かったらしい。



岩峅寺の立山権現は、 川底から、 約24メートルの高さにあるが、


本社の床まで、 水がつき、 柵が流された。


「 河下は、 水盛には、 両ふち共に、 川も岡もなし。 瞬時に泥海也 」。



冒頭で書いた大場の巨石は、 この時に流れ着いたものだ。

また、 その対岸の西大森には、

幅が、 15メートル、で、 長さが、 29メートル 、 という、 とてつもない大岩が、

今も、 土手にはまっている。



山中、真川と湯川の合流点にあったものが、

西大森まで流れ着き、 ここで、 土手の崩壊を防いで、 村は、 助かったらしい

( 現在でも、 水神が奉ってある )。



ともかく、いかなる大石も巨木も、また、

家であれ、 蔵であれ、 納屋であれ、

鍋釜、桶、箪笥、長持、屏風、斧、茶碗、皿、

ひき臼……、物の軽重を問わず、


一面に、 浮き上がった。


人や牛馬は、 言うに及ばず、

犬、猫、鼠、狸、鶏、蛙、蛇……、

生ある者らは、 すべてが、 浮かび上がって流され、

「 森なき処には、 森が出来、 森ある処は、

川となり、 山となる 」 。



家ごと流され、 2階から泣き叫ぶ家族。

生きて流れ着いた人も、 髪の毛は、 全部抜け、

全身が、 寸分の隙間もなく、 傷だらけだった、

という。


人も泥、犬も泥、家も蔵も道も田も、

森羅万象のすべてが、 泥にまみれてしまった。

凄絶の極みとしか言いようもない。



奇怪な現象も、 幾つかが、目撃されている。

水橋では、 濁流に巻き込まれた家々や、

舟の20艘ばかりが、 もみ合い沈みながらも、

火を噴き上げたこと。


腰の高さの水流に、 2メートルもの岩が流されてきたこと、

70坪ほどの田んぼが、 畦もろとも浮かびながら、

流れていったこと。


あるいは、 一尺ほど水に浸かったところは、

立木が、残らず枯れてしまったこと等々。


伝承ながら、 生々しい光景である。


この大災害による家屋らの流失は、

常西側が、 5倍以上の損害となっている。


濁流は、 鼬川の橋をすべて壊しながら、

神通川へと流れ込んだ。


新庄村では、 400軒の内の、 200軒が、 流失、


新庄新町では、 130軒の内で、 残ったのは、

わずかに、 3軒だけ。


広田針原用水を修理していた人足・農員の、

370人が、 即死、

助かったのは、わずかに、 4、5名だった、とある。



この2回にわたる泥洪水がもたらした被害は、

加賀藩では、 流失家屋が、 1,612軒、に、

死者が、 140名。 被災者が、 8,945名。


2万5,800石の水田らが荒廃。



富山藩では、 7,380石の水田らが壊滅。

死者の数は、 不明だが、 1,000人はくだるまい、

とも言われている。



川は濁り、井戸は埋まり、 飲み水は、 10キロの道を往復した、 という。



この岩砕流は、 3月10日から始まり、 6月の下旬まで、 9回に及んだらしい。



◇ 安政大地震常願寺川出水図[安政5年];

滑川市立博物館所蔵 出典:『越中立山大鳶崩れ』;


上の「安政大地震常願寺川出水図」の被害区域を、 現在の地形図で再現した想像図 ;

常願寺川の変貌 ;



・・この10年程前には、 長野の善光寺でも、

ほとんど同じような、 山津波が起こっている。



1847年の、 3月24日 ( 新暦での、 5月8日 )。


マグニチュード 7.4。

折から、 御開帳の期間であり、

7、8千人の客たちで賑わっていたが、

生き残った者は、 1割だった、 という。



その際には、 岩倉山が崩れ、 犀川を堰き止めた。


雪解けも重なって、 この堰き止め湖は、

30キロの上流へまで延び、


数十ヵ村らが、 水没。


その20日後に決壊した。

死者は、 1万~1万3千人。

松代では、 四万ヶ所以上の山崩れがあったらしい。



この地も、 前述した、 日本列島が折れ曲がった構造上に位置している。


地形的宿命と言うべきであろう。


いずれにせよ、 この山抜けをもって、

常願寺川は、 川としての性格を、 すっかり変えてしまった。


新川、 と呼ばれていた頃 ( 806年 ) から、

幕末の1,060年間に記録された、

この川の洪水は、 47回。


ところが、 明治から大正の60年間で、 46回、

と、 追いついてしまう。



◇ 立山町西大森の大石 ;

石の周囲の長さが、 約32.4メートルもある、

と、 される、 巨石。


大部分は、 地中に埋没し、 全体を見ることは、

できない。


1858年でもある、 安政5年の、 4月26日の、 洪水で、 現在の位置に流れ着いた。


この石によって、 水勢が、西向きに変わり、

西大森より下流の右岸での洪水の被害を少なくしたことから、

村民から、 護岸の神として、 祭られるようになった。


安政の山抜け以来、

立山カルデラの崩壊は、とどまることを知らず、


川床が、 周辺の田より、 3.5メートルも高い、

という、 天井川を形成し、 復旧の間もなく、

雨のたびに、 暴れ狂い、 もはや、 県は、

なす術を失ってしまった。


とりわけ、 明治24年7月19日の大洪水は、

単なる集中豪雨だったにもかかわらず、

山津波の再来を思わせた。


岩峅寺村の水位は、 約5.6メートルを記録。


堤防は、 八ヶ所にて、 合計6.4キロメートルを破壊、道路・橋梁を壊して、

約700ヘクタールの田畑、

1,000軒余りの家屋を流失させた。



時の県知事の森山茂氏は、 直ちに上京、

70日間に及ぶ、 粘り強い説得をもって、

国庫からの補助の承諾を取り付けた。


そして、 日本政府は、 ひとりの男を派遣する。

名は、 ヨハネス・デ・レーケ氏。

後に、 近代治水の父とも称される、 オランダ人の技師であった。


※ページ上部イメージ写真 : 安政大地震常願寺川出水図[安政5年] ; 滑川市立博物館所蔵 ;

 出典: 『 越中立山大鳶崩れ 』 。



【 技術体系知らが、 地下へ、 避難経路らと、

住める避難所らとを作り拡げる事に及ばない、 昔とは、 異なり、 今の日本国民たちには、

それらが、 世界一の列辺 レベ ≒ レベル 、 で、 在り得ている。


率先して、 地上をおおう、 災害らに襲われようのない、 地下へ、 避難経路らと、 住める避難所らとを成すべき、 世界でも、 最たる立場に、

日本国民たちは、 ある。


ノーベル経済学賞を授かった、 クルーグマン教授は、 数年前の論説記事で、

宇宙から、 攻め寄せて来る者らでもあれば、

世界中の人々が、 連携して、 大々的な公共事業ら

を成す事において、 世界中の不景気らが解消されるのだがなあ、 と、 述べているが、


世界中の不景気らを解消する事においても、

宇宙からの侵略などは、 必要が、 無い。


核攻撃らなどの、人為的な災害らも含めた、

地上をおおう、 災害らへ対して、

それらによる被害性の、 より、 はるかに、 および得ない、 地下へ、 避難経路らと、 住める避難所らとを作り拡げてゆく、 公共事業らを成して、

そこの主権者たちへ、 より、 所得金額らと、

それらと引き換えに渡される、 サービスらや、

生活物資らなどの、 物らが、 加えられるべくして、 加えられる、 その社会の、 一定購買力以上の、 収益や、所得の金額が付く、 仕事らの総量が、 その中央政府によって、 直に増やされる、 全体な状況を作り出す事でも、 不景気らは、 解消されるべくして、 解消される。


日本国民たちこそは、 率先して、 それを成して、 自らを手本となす事でも、 世界中の人々へ、

絶大なる貢献をし得る立場にある 】。



☆ 「ベヨネース列岩」に噴火警報 ;

伊豆諸島・青ヶ島の南の海底火山 3月24日

15時26分 ;


◇ 伊豆諸島の青ヶ島の南にある、 海底火山の、

「 ベヨネース列岩 」 の付近で、

3月24日に、 海面が変色している様が、

確認され、

気象庁は、 今後、 小規模な海底からの噴火が発生する可能性があるとして、

「 ベヨネース列岩 」 に噴火警報を発表し、

周辺の海域では、 海底からの噴火に警戒するとともに、 噴火による、 軽石などに注意するよう、

呼びかけています。


また、 海上保安庁も、 航行警報を発表し、 付近を航行する船舶に、 注意するよう呼びかけています。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170324/k10010923051000.html