経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

狭心症 肩に、 痛みや ダルさ、凝り 特に、左の 胸や背に、肩・・。 病み告げら。 日本国民の数千人以上を既に監禁している、シナ

【 日本の主権者として、 日本国民の一人一人が、 日本の領域内の資源らの使用の権利ら等を、

きちんと、 分配し合い、

それを元手にして、 大学らでの教育を受け得るようにしたり、

今後の20年ほどの内にも、 各分野で、

労働らの大半を、 必ずしも、 ヒト型ではない、

労僕徒 ロボット らが、 こなすようになってゆくに連れて、

稼ぎ口らを失ってゆく事で、

その経済力を失わされてゆく度合いよりも、

余計な度合いで、 日本の主権者として、

日本の財産らから、 経済力を得てゆく事が、

できるように、 新たな制度らを、 自ら進んで、 作り出し合うべき立場にある。


かつまた、

日本国民たちは、 より早くに、

日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、

より、 快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく、

公共事業らを成す事により、


日本の、 財務省の役人めらと、 与野党の、

主な政治家めらとが、

英米の、 カネ貸しらの主張する事らを、

そのまま、 自らも、 オウム返しにして、主張し、 実行する事において、


日本の中央政府の財政における、 あり得る、

カネとして働く数値らの出し入れの度合いを、

小さくしたり、 小さいままにしたりする事でもある、

日本政府の財政における、 緊縮 、を、

繰り返し、 成す事を通して、


日本国民たちへ押し付け続けて来てある、


日本国民たちの一般と全体の、 あり得る、 経済力の成長する度合を、 削り減らす、 要因らなり、 状況らなりから成る、 社会の全体な状況そのものや、

それが、 ある事であったり、 その度合であったりする、

あり得る、 物価や、 給料などの賃金らの水準を、 押し下げるものらから成る系である、

『 デフレ不況性 』 、 を、 解消し去ってゆく、

と共に、


日本国民たちの防衛性の度合いを、 飛躍的にも、

高め得てゆくべき、利害関係性を帯びてある 】。


☆ 医療戦線 : 症候性肩凝り 08/10/13


◇ 左肩 痛んで止まず ひどくなる


心筋梗塞 その他のお告げ・・。

:



◇ 急に肥え 痩せて、顔色 黒く成り


不足、告げるか 副腎分泌・・。

:



◇ 油っこい 食や飲酒後 左側


腹や背中が 痛む膵炎 スイエン ・・。

:


☆ 医療戦線 : かぜや、 膀胱炎と似た症状 、

時に、 腰痛なども 08/ 9/30 00:04

:


◇ 尿濁り 急に、発熱 排尿痛


吐き気などある 腎盂腎炎・・。

:



☆ 医療戦線 : 茶褐色のおりもの ;

性器内の出血。

悪臭のある、 茶褐色のおりもの :

膣内に、 異物の残留の可能性 08/9/28 22:19 :



◇ おりものが 薄いのり状 弱酸性


透白 ( すじろ )・乳白 健康な色・・。 :




☆ 酸性 、 とは、

負電荷な、 電子の2つから成る、 電子対、を、 原子や分子の枠組みの中から、

奪いとる、 電子強盗な、 働き、 を、 成す性質。





☆ 医療戦線 : セロトニンから作られる、

メラトニンが、 眠けをもたらす :

セロトニンの増産と、 リズム運動 :



◇ 可能的な動きらを撰び為す、

意識の働きを必要とする、 運動態様から、

自動化され、 動きらの組み合わせが、

決まりきったものになって、 その分だけ、

意識を薄れさせる事になる、

単調なリズム回しの運動が呼ぶ、 眠気

08/9/25 17:29

:


◇ 繰り返す 動く律積 ( りづん ) で


セロトニン 増えて、眠気を


呼びやすくなり 歩くなり


ガムを噛むなり 繰り泳ぐなり・・。




☆ 無症候性脳梗塞とは……?

2010/ 12/16 7:52:27 ;


◇ 脳梗塞の症状はないのに、

検査を受けたら、 「 脳梗塞がありますよ 」

、 と、 いわれた。


―――最近、こんな経験をする人が増えています。


このように、 検査で、 たまたま見つかった、

脳梗塞のことを、 「 無 症候性 脳梗塞 」

、と、 いいます。



無 症候性 脳梗塞 を指摘される人が増えている背景には、

脳への検査に、 MRI ( 磁気 共鳴 画像 )

などの、 脳内を撮影する技術が進歩したことと、

脳ドックの普及があります。



従来は、 見えなかった脳内の様子が見えるようになって、

脳梗塞 ノーコーソク の発作が起こる前から、

梗塞の存在を知ることができるようになった。



無 症候性 脳梗塞 は、 高血圧や心房細動のある人、 首の所な、 頸部の、 血管が狭くなっている人などに、 多くみられます。



つまり、 脳梗塞への危険因子をもっている人に、 多く見られる、 ということです。



危険因子をもたない人では、

特に、 治療はしないことも多いようですが、

なんらかの危険因子を持っている場合は、

積極的に、 その治療と脳梗塞への予防につとめるべきです。



生活習慣を改善しながら、

高血圧や、 『 心房細動 』 、

糖尿病や、 高脂血症などの、 危険因子を、

しっかり、 管理し、


血管に、 血のかたまりができないようにする、

薬を服用するなどすれば、

今までと、 変わらない、 QOL

( 生活の質 ) を保った生活を送ることが、

できます。



ただし、 脳梗塞の症状がないとはいえ、

脳のなかに、 梗塞 コーソク

≒ ふさぐものがある状態 、 詰まり 、

があることは、 事実ですから、

楽観は、 できません。



本格的な脳梗塞が訪れないよう、

真剣に、 生活改善・治療に取り組んでください。


「徹底図解 脳梗塞 より」 。



◇ 認知症の多くは、

脳血管障害の積み重ねで起こり、

その原因のほとんどが、 脳梗塞です。



ですから、 脳梗塞への前兆である、

『 隠れ脳梗塞 』 を早期発見することで、

多くの認知症らを防ぐことができるのです。



隠れ脳梗塞

( 無 症候性 脳梗塞 ) 、 は、

早い人だと、 30代から、 あらわれ、

40代を過ぎると、 急に増加する、 と、 いわれています。



脳梗塞は、 高血圧や、 糖尿病などの病気が、

原因となったり、

生活習慣などによって、

血液が、 ドロドロになって、 血液の循環が、

悪くなったりして、

血管が、 厚く、 狭くなり、

脳の血管が、徐々に詰まって進行していきます。



一般的に、 脳梗塞の初期には、

大きさが、 数ミリ程の、 微小な梗塞が、

数個が、 出現し、

段階をへるごとに、 この梗塞らが、

脳のあちこちに、見られます。



このような、 症状のない、

ごく小さな梗塞が、 隠れ脳梗塞

( 無 症候性 脳梗塞 ) です。



脳梗塞をはじめとする、 脳血管障害を、

生活習慣病の一つ、 と、 とらえ、


ふだんから、 脳の血管を健康に保つ生活を、

心がけ、 脳梗塞を予防し、 脳の健康を守ることが、 大切なのです。



◇ < ビタミン B12 の働き >


・新しい細胞を作り、

壊れた細胞を修復する働き。



・神経の壊れた部分を修復する働き。


・伝達物質を作る働き。


・免疫を正常にする働き。


・脳の詰まったところを、かき出す働き。


・血流をよくする働き。


このような、 様々なはたらきが、 あります。



また、 ビタミン B12 、 は、

大量かつ配合によって、 効果的に働きます。



ビタミン B12 は、 水溶性

( 水に溶ける性質のもの ) ですが、

脂肪成分となじみやすい構造をもっています。




◇ 脳は、 たんぱく質とともに、

脂肪成分を多く含む、 器官です。



それが為に、 ビタミン B12 、は、

たやすく、 脳に入り、

脂肪成分による、 汚れで詰まった部分を洗い出すことにより、

元どおりの、 健全なものに復元し、

また、 切れた部分があれば、 つなげて、

修復作用を発揮します。



◇ ビタミン B12 、 には、

脳の血流をよくするとともに、

脳神経の働きを、 改善、 あるいは、 促進する、

作用があります。



同時に、 動脈硬化の原因となる、

ホモシステインや、 活性酸素

( ふえすぎると、 体に害を及ぼす、

非常に、 不安定な酸素 ) を除去する、

働きも持っています。



日常の生活習慣や生活環境を改善するとともに、

栄養面を改善することが、 大切です。


脳梗塞の予防・対策・後遺症に、 ビタミンB12


http://www.endokoro.com/

http://www.endokoro.jp/

子供たちの集中力・学力向上、受験にビタミンB12

http://www.endokoro.jp/libra_g.html



☆ 1485名の医師が参画する、

ヘルスケア情報サイト ;


☆ ヘルスケア大学 ;


◇ 肩こり ;


病気のサイン? 肩こりをともなう、

内臓疾患の種類と、 症状の現れ方

更新日:2016/12/09 公開日:2015/12/11 ;


森末光先生 ;

この記事への、 監修ドクター ;

御殿山整形外科リハビリクリニック 院長 ;


この病気・症状の初診に向いている科は、

整形外科 ;



◇ マッサージや、 運動に、 入浴をしても、

肩こりが、 少しも改善されない、

安静にしても、 日に日に、 肩こりが悪化する、

という方は、

肩こりの影に、 内臓疾患が潜んでいる、

可能性があります。


ここでは、 肩こりをおこす、 内臓疾患の種類や、 症状らについて、 解説します。



内臓での疾患からくる、 肩こりの場合に、

肩こり以外の症状も、 現れてきます。



いったい、どのような症状が出るのでしょうか。

そして、 どんな疾患が、 肩こりを引き起こすのでしょうか。



☆ 内臓疾患からくる、 危険な肩こり ;


◇ 慢性的に、 肩こりがある方は、

内臓疾患からくる、 肩こりとの違いを、

見極めにくいかもしれませんが、


内臓らの疾患からくる、 肩こり、らには、

肩こり以外にも、

色々な症状らが現れる、 という特徴があります。



◇ 肩こり、と、 併発しやすい症状としては、


頭痛、 背痛 セイタ 、 胸痛、 めまい、

動悸、 息切れ、倦怠感、咳などが、あります。



しかし、 これらの中には、

内臓疾患をともなわない、 肩こりでも、

併発するものもあります。



見分け方の本堵 ポント ≒ ポイント 、

としては、

運動や入浴、に、 整体でのマッサージ 、

といった、 対処法を行うことで、


軽減されるか、 どうか、という点です。



◇ 血行の不良から起こる、 一般的な、

肩こりの場合においては、

こういった対処法をくり返し行えば、

ラクになってくるものです。



こういった対処法を続けているにも関わらず、

全く、 改善が、見られなかったり、

状態が、 悪化するような場合は、

一度は、 内科や整形外科を受診し、 今に、

起こっている、 肩こりが、

何らかの病気によるものでないかを診てもらうことを、おすすめします。



また、 肩こりに、

以下のような症状をともない、

それが、 長期間を続く場合も、

一度は、 受診した方が、 よいでしょう。



◇ ・強い疲労感が続く 。


・胸が重い、苦しい、動悸がある 。


・発熱が見られる 。


・指の関節に、 腫 ハ れが、 見られたり、

節々に、 痛みがある 。


・食事をきちんととっているのに、体重が落ちる 。



・頭痛が、 頻繁に起こり、吐き気、や、

めまいをともなう 。


・手に、しびれがある 。


・麻痺したように、 体が動かしにくい 。


・片側にのみ、 強い痛みや、こりがある 。


・気分の落ち込みが続く 。


◇ 肩こりを併発することがある内臓疾患 ;


肩こりを引き起こすような内臓疾患には、

以下のようなものがあります。



☆ 心臓病 ;


狭心症や、 心筋梗塞では、

肩の付近に、 痛みや、 だるさ、を、

感じることがあります。



◇ 特に、 『 左側の、 肩や背中、に、

胸の付近に 』 、 痛みが、 見られます。



◇ 心筋梗塞が発症する前には、

多くの場合で、 狭心症の発作が起こります。



肩こり以外に、

背中の全体の痛み、 強い胸焼け、

胸の締め付けなどがあり、

このような症状が、 日常で、 起こる場合には、

注意が、 必要です。




◇ 狭心症 肩に、 痛みや ダルさ出て


特に、 左の 胸や、背に、 肩・・。



☆ 肝臓障害 ;


肝炎などの、 肝臓障害があると、

肝臓の上の、 横隔膜が刺激され、

肩の動きに、 影響が出ます。


右の首の部分から、 肩の後ろにかけての、

痛みも、 見られます。



◇ 右の首 肩の後ろへ 痛みあり


病める肝臓 指す、放散痛・・


☆ 胃腸障害 ;


下痢や、 便秘など、 胃に不調があるときも、

肩こりや、 肩甲骨らの間での、 痛みが見られることがあります。



☆ 肺の病気 ;


【 反日売国奴らが、 シナ朝鮮人らなどの、

日本への出入りを手引きして来てあるせいで、

死ななくても良い日本国民たちの一定数を、

それらからの、 感染により、 殺して来ている 】、


肺結核や、 肺膜炎になると、


咳や、 だるさ、に、 微熱などの症状が、 起こりますが、

初期の症状として、 肩や背中に、 こり、や、

だるさ、 が、 出ることがあります。



◇ 肩や背に こり、や、 ダルさ、は


肺結核 肺膜炎など 初期の症状・・。



◇ 肩こりの多くは、 姿勢の悪さや、

ストレスからの、 血行の不良によるものですが、

中には、 こういった、 内臓の疾患にともなって現れるものもあります。


たかが、 肩こり、 と、 放置せず、

不安な場合でなくても、

医療機関らを受診し、 相談しましょう。

無、 というもの等と同じく、 観念な、透明性 。 腎臓 レニン 。 日本国民の数千人以上を既に監禁している、シナ

【 透明性 : 透明である物、 透明である事 ;


おさらい ; ケータイ投稿記事 ;


自らの回答の引っ越し保管と改訂 ;


◇ bobokura_masakazuさん ;


無色透明って、 実際、 何色なんでしょうか?


ガラスって、 無色透明ですよね?


でも、 ガラスって、 透き通っているから、


向こう側から、 色んな色が反射して見えて、


最終的に、 「 無色 」 じゃなくなりますよね?


だから、 ガラスの向こう側にある、


物質、 という、 物質をとっぱらって、


完全に、 「無」にしたら、


「無色」は、 色として見えるのでしょうか?


2009/ 11/14 00:33


1,858

6

ベストアンサーに選ばれた回答


bergflat さん ;


掛け値無しの、 全き、 透明というものは、


我々が、 移動する経験を通して、


空間というものについての認識の脈塊 ミャクレ


を茂らせてゆくに当たり、


観念上に存在させる事になる、


観念的な設定存在です。



日常生活で、 透明な、 と、 形容される、


具体的な物らは、


ガラス製の、 金魚鉢であれ、 何であれ、


その物体の向こう側が、 透けて見える所のある物である、 といった具合の物らで、


単に、 透明性が、 多少なりともある、


といったものでしかない物らですが、



透明さそのものは、


我々の移動経験か、 それに類似する経験


( ; 全く、 身動きのできないままの人が、


見える目で、 あちこちを見回す、 等とといった事でも、 よい ) に基づく、


観念上の設定存在であり、



我々の環境世界を立体的に思い構えて観る上で、

我々が、

自他の双方の移動による、


諸々の色彩や明暗の変化の諸相への諸認識と、


我々の移動経験上の、 その他の諸認識とを脈付けてしまうと共に、


知らず知らずのうちに、


観念的に設定される事になる存在である、


と、 思われ、


我々が、 無自覚なままに、


( あるいは、 記憶として定着化されない形で、

何らかの自覚認識めいたものを伴いつつ ) 、


空間の観念を成り立たせる際に、


そこで、 自他の移動などによる、


色彩や明暗の変化の諸相への諸認識が加味される事により、


そこに、 観念的に設定されるに至る存在であり、



空間性への認識の脈塊ら、と、 密接な関係を持っている、 観念上の存在である、 と、 思われる。



透明さそのものは、


色彩や明暗の諸々の、 いずれかでは、 無く、



色彩や明暗の変化の諸相への諸認識と、


空間性への認識の脈塊らとの、 相互浸透的な、

綜合関係の下に、 それ自らの成り立ちを得る、


観念的な設定存在である、 と、 思われる。


2009/ 11/17 3:26 ( 編集あり ) 。



☆ 質問した人からのお礼 ;


◇ すごいとしか言いようがない。


ありがとうございました。



☆ 元のブログの記事らを、 保存の為に、


新規のブログらに移して置く事にしました。 :




☆ 意思による、 自由性を成す、 運動が、


可能ら、を、 選りすぐって、 可能 、 とする


2008/ 1/27 :



☆ 可能から 自由は、 成らず 自由から


可能候補ら 選ばれて、 成る・・。 :




◇ 因果の必然系の中に、

意思の成り立ちにより、


自由な選択行動らの、 可能らの系が成り立つ、


と、 思い構えて観得ると、



逆に、 因果の当てに成らぬ世界では、


意思の実現が当てに成らず、 不自由性が増す、


と、 観得る。


:


☆ 医療戦線 : 舌裏の静脈の膨 フク れと、 心不全


2009/ 11/27 22:38 :



◇ 舌の裏   膨れ、 静脈  心不全  


  急な温度差     避けて、 養生・・。 :




☆ 耳たぶの異変と、 脳梗塞 09/ 11/27


:

  ◇ 耳たぶに   でかい縦じわ  


  太い溝 ( みぞ )


急に出来たら   来る、 脳梗塞・・。 :




☆ 腎機能と高血圧と 動脈硬化 09/ 11/27


:

◇ 腎機能 落ちて、 度を増す


  高血圧     共に進める 動脈硬化・・。


:


☆ 2009/ 11/27 22:03 :


◇ 高血圧 放って置けば   腎機能  

落ちて、 動脈 硬化も進み・・。




☆ 医療戦線: タンパク質 と、

アレルギー 、に、 小腸 ; 09/ 11/2 :



◇ タンパクも 胃で溶かされず


小腸へ   たどり着ければ


呼ぶ、 アレルギー・・。 :




☆ 09 / 11/27 21:52 ;


◇ 運動が 消化、抑えて  


  アレルゲン    小腸、 着けば


出る、蕁麻疹、など・・。




☆ 食事による、 急激な血糖値の上昇による、

膵臓 スイゾウ の疲労を予防するのだ、とか ;


2008/ 11/25 20:59 :


◇ 膵臓の 疲労を防ぐ 水溶性


食物繊維よ ナメコ、に、 納豆・・。




@ 胃癌の現れらと、 早期受診の必要性


08/ 12/5 00:22 ;



◇ 胸焼けに 食欲不振 減る、体重


腹も張り出す 胃癌の警報・・。




☆ 医療戦線 : 腎臓の機能の低下と、

たんぱく質でもあり、 酵素 コウソ でもある、

レニン 、 の増加と、 その頑張りが招く、

重病化に、 突然死 ; 08/ 3/11 1:29 ;

:


◇ 腎臓の 不調も招く 突然死


上げる血圧 レニンの専横・・。




◇ 血管を 締めたり、塩を、 留めたり


増える、レニンは 不調の腎臓・・。



◇ 血の管を 締めるレニンは 塩も留め


上げる血圧 不調の腎臓・・。




◇ 高血糖 なれば、腎臓 狭い管


濾過の機能と 落ちる、 食欲・・。




☆ 医療戦線 : 慢性腎臓病と、 高血糖。


血清クレアチニン検査。 尿検査。


日本成人の六人に、一人が、 境界線 08/5/12 :



◇ 食い気落ち だるい体が むくむ前


高血糖から 傷 ( いた )む腎臓・・。



☆ 医療戦線 : 腎臓の負担と、 硬水 ;


( 水に溶けている、 カルシウム、 と、

マグネシウムの量が、 1 リットル 当りで、

『 120 ミリ g 以上 』 ;

08/ 3/12 22:25 ) ;



◇ 沸かす水 ミネラル分が 減るにせよ


それで、 腎臓 減らせる負担・・。




◇ 腎機能 六割落ちて 高血圧


進む、 動脈 硬化の布陣・・。



☆ いずれにせよ、

日本国民たちは、 より早くに、

日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、

より、快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく、 公共事業らを成す、 政府を成して、

今の、 岸アメリカ員らによる政府に代え、

英米のカネ貸しらの側の反日員らにより、

日本国民たちへ、 押し付け続けられてある、

デフレ不況性、を、 解消し去ってゆくと共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高めるべき、 状況にも、 ある 】



☆ 問い ;

酵素 コウソ 、 と、 ホルモンは、

どうちがうのですか?


酵素は、 全部が、 たんぱく質、

ホルモンは、 だいたいが、 たんぱく質です

外分泌と、 内分泌、の、 違いだけですか?



@ 大雑把にいって、 働きが違います 。


酵素 コウソ は、 化学反応を促進する作用

( 触媒 ) 。

消化酵素が、 その代表ですね

ホルモンは、 特定の器官の働きを調整するための物質です 。



@ 酵素 コウソ は、 触媒として、 自身で、 物質を変化させます。


工場で言えば、 工作機器や、 工具のようなものです。


ホルモンは、 組織に働きかけ、

その組織が、 何らかの動き

( 運動、 別の物質を分泌するなど ) をします。


たとえれば、 指示書のようなものです。




☆ レニン 【 renin 】 ;


主として、 腎臓の、 傍糸球体細胞から放出される、 一種のタンパク質分解酵素で,

高血圧の発症、 あるいは、 維持に、

重要な役割を果たすものとして、注目されている。


1898年に、 ティゲルシュテット

R.Tigerstedt 氏らは、 ウサギの腎臓の水抽出液に、 血圧を上げる作用のあることを見いだし,

この物質を 、 レニン 、 と命名した。


ところが、 その後の研究により,

レニンそのものには、 血圧を上げる作用はなく,


レニンが、 タンパク質分解酵素として働いて、

血清タンパク質からつくられる、

アンギオテンシン、 に、 血圧を上げる作用のあることが、 明らかとなった。



☆ 腎臓 ジンゾー 、 は 、

「 尿をつくる 」 、 ほかに、

命と健康の維持のための、 重要な役割を担っています。

腎臓について、 よく知り、いたわる気持ちを育んでいきましょう。


[ 監修 ] ; 東京女子医科大学

血液浄化療法科 教授 / 第四内科 兼任教授

土谷 健 先生 ;

◇ 血圧を調整する ;


腎臓は、 私たちが、 命と健康を維持するための、 様々なホルモンも、つくっています。


1つ目は、 血圧を調整する、 「 レニン 」、

という、 ホルモン 、 です。


糸球体の血圧は、 血液をろ過するためにら

一定に保たれています。


血圧が低下すると、ろ過の働きが悪くなってしまいます。


これを避けるために、 血圧が下がると、

腎臓は、 血液を供給する血管である、

「 輸入細動脈 」( ゆにゅうさいどうみゃく )

で、 レニン 、 をつくりだします。


このレニンは、 血管を収縮させる作用をもつ、

「 アンジオテンシン II 」 、 という、

ホルモンに働きかけ、 血圧を上昇させます。


これによって、 腎臓は、 血圧を一定に保っているのです。



◇ 血液をつくる ;


2つ目は、 「 エリスロポエチン 」 、

と、 呼ばれる、 血液 ( 赤血球 ) をつくる、

ホルモン 、 です。


日々に、 大量の血液が送り込まれる腎臓には、

血液中の酸素 サンソ の状態を感知する、

詮者 センサ ≒ センサー 、 があります。



このセンサーが、 『 酸素が足りない 』 、

と、 感じると、

酸素 サンソ らを運ぶ、 血液を増やすために、

尿細管の周囲から、

エリスロポエチン 、 を つくりだします。


エリスロポエチンは、 骨の中にある 、

「 骨髄 」 ( こつずい ) 、 と、 呼ばれる、

血液を製造する組織に作用して、

血液をつくるように、 指示をします。


腎臓の機能が悪くなると、

腎臓からつくられる、 エリスロポエチンたちの量が、 減少するために、

十分な量の血液がつくられなくなり、

貧血を起こしやすくなる、 と、 いわれています。



◇ 骨を丈夫にする ;


3つ目は、 骨を丈夫にする 、

「 活性型 ビタミン D 」、 という、

ホルモンです。


ビタミンDは、 食品に含まれる栄養素ですが、

そのままの形で、働くことは、 できません。



肝臓と、 腎臓の尿細管で、

酵素 コウソ ( ※1 ) の働きを受け、

活性型 ビタミンD 、 に変化します。



活性型 ビタミンD 、は、 腸からの、

カルシウムの吸収を促し、 骨を丈夫にする働きがあります。


このようにして、 腎臓でつくられる、 ホルモンらにより、

私たちの体は、 健康な状態に保つことができています。


※1 酵素: 体内で化学変化を起こす、蛋白質 。


☆ タンパク質 、 という物質は、


アミノ酸が、 一列に並んだ鎖からなる。


タンパク質ごとに、

構成アミノ酸の、 種類、数、結合順序が異なり、


それによって、 さまざまな機能を持つ、

分子 、 と、 なっている。


このアミノ酸の並び方は、


DNA ≒ デオキシリボ核酸 ≒

遺伝子 、 という、 遺伝し得る情報ら、 を、

帯びてある、 タンパク質から成る物質 、 に、

記録されていて、


生きている体の内では、

DNA→ タンパク質の設計図を翻訳する、

ことによって、

必要な、 タンパク質らを生合成している。



◇ タンパク質らの各々の機能は、

特定の順序で、 重合した、 アミノ酸の鎖が、

折れたたまれてできる、 立体構造によって、

決まる。



☆ 腎臓にある、 細胞の一種の、

「 傍糸球体細胞 ぼうしきゅうたいさいぼう 」

で、 合成、 貯蔵、分泌される、

蛋白質分解酵素の一種が、 「 レニン 」 、です。



酵素 コウソ 、 と、 呼ばれたり、

ホルモン 、 と、 呼ばれたりしている、


レニン 、達は、

血液量や血圧などのバランスを保つ、

重要な役割を担っていますが、

レニンそのものには、

血圧を上昇させる作用は、 ありません。



◇ 血圧を上昇させる 、

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系 ;


レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系

( RAA系 ) 、 とは、

体内において、 血圧を上昇させる、

システムらのひとつで、

作用機序は、 以下の通りになります。



① 腎臓の血流が低下すると、

腎臓の血流を正常化するために、

腎臓の傍糸球体細胞から、

レニン 、 が、 分泌されます。



② 肝臓などから分泌される、

たんぱく質である、

「 アンジオテンシノーゲン

( レニン 基質 」 を、

蛋白質分解酵素である、 レニン 、が、

分解することによって、

「 アンジオテンシンⅠ 」 、 を生成します。



③ レニンによって生成された、

アンジオテンシンⅠ 、 は、

蛋白質分解酵素である 、

「 アンジオテンシン 変換酵素 」 によって、

アンジオテンシンⅡ 、 を、 生成されます。



④ アンジオテンシンⅡ 自体も、

血管を収縮させる事による、

強い、 血圧への上昇作用をもっていますが、

さらに、 ステロイドホルモンの一種の、

「アルドステロン」を分泌させる作用があります。



⑤ アルドステロンが分泌されると、

腎臓に作用して、 ナトリウムの排泄を抑制し、


ナトリウムの再吸収

( 水も同様に再吸収される ) により、

血の管を圧す、 血液量が増えることで、

血圧の上昇が、 起こります。



⑥ 一連の作用によって、

腎臓の血流が正常化されると、


傍糸球体細胞らからの、 レニン達の分泌が、

抑制されます。


レニンの分泌量は、

体内の血流ではなく、

『 腎臓での血流のみで、決定されている 』

ために、


腎臓の機能障害で、

レニンが、 異常に分泌され、

血圧の上昇への原因になる、 ケースも、 あります。



◇ レニンと塩分の関係 ;


レニン達が分泌される量は、

腎臓での血流が、 重要な要因となりますが、

それと同様に、 塩分の摂取量とも、深いつながりがあります。


塩分を摂取すると、

塩分に含まれる、 ナトリウム達が、

血潮の中の塩分たちの濃度を高め、

塩分らの濃度を一定にするために、

血液中に、 水分たちが送られ、

これにより、 血液量の増加と血圧の上昇が起こります。


体内の血流が増すと、

腎臓での血流も増すために、

レニンたちの分泌量が抑制され、

ナトリウムたちの排泄、 に、

カリウムたちの再吸収、 と、

体内での水分量の減少

( 尿として、 排泄 ) 、 により、

血潮の全体の量が、 減らされて、

血圧が、 下がります。


しかし、 過剰な、 塩分たちへの摂取が、

繰り返されると、

大量の血液を濾過

( ナトリウムの排泄など ) する作業が、

増え、

塩分たちの摂取量が増すほどに、

腎臓の負担が増すことで、 腎臓の機能が低下し、

腎臓の機能を正常化するために、

レニンたちが、 分泌され、 血流を増やして、

血圧を上昇させてしまいます。


レニン、 に、 塩分、 と、 高血圧には、

こうした、 つながりがあるのです。



◇ レニン、 と、 肥満との関係性 ;


肥満の人たちは、 必ずしも、 高血圧になる、

とは、 限りません。


しかし、 肥満の人たちが、 高血圧を発症する、

リスクは、 2倍以上に高まる、

という、 報告もあることから、

リスクを高める要因として、 見逃せません。


肥満の人たちが、 高血圧になりやすいのは、

アンジオテンシノーゲン 、 という、

物質が、 関係しています。


アンジオテンシノーゲンたちは、 主に、

肝臓で、 生成されますが、

脂肪細胞たちからも、 生成されるために、

脂肪細胞たちの肥大化は、

この物質の分泌を促すことに、 つながります。



アンジオテンシノーゲンの分泌量の増加は、

血圧を上昇させる、

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系を活性化するために、 血圧の上昇に、 つながるのです。


☆ レニン酵素タンパク質の遺伝子の活性が 、

強いと、 高血圧になりやすくなる。


腎臓の傍糸球体細胞たちが、

腎臓における、 血流の量の変化を感知し、

減少すれば、 レニンたちの分泌を促進し、

増加すれば、 抑制する。


レニンによって活性化された、

アンジオテンシン I 、 は、

より、 作用が強力な、 アンジオテンシン II 、

に変化する。


アンジオテンシン II 、は、 それ自体が、

血圧を上げる作用を持つほかに、


『 アルドステロン 』 たちの分泌を促進し、

腎における、 ナトリウムたちの再吸収を増やすので、

血液量の減少を抑制する。



これを、 レニン-アンジオテンシン-アルドステロン

( RAA ) 系 、 という。


また、 アルドステロンによって、

ネガティブ・フィードバックを受けている。


そのために、 原発性アルドステロン症などで、

アルドステロンたちの分泌が増すと、

レニン活性は、 低下する。


全身での血流量ではなく、

腎血流量のみで、 分泌量が、決定するために、

腎動脈での、 何らかの障害で、 腎血流量が減少したときの、 腎血管性高血圧症 、 への誘因となる。



レニンは、 1983年に、 筑波大学の、

村上和雄教授が、 「 ヒト・レニン 」 の遺伝子への解読に成功した。

細胞に、核が2つある、肝細胞ら。 ノーベル賞経済学者な、クルーグマン氏の経済講義 07 。 日本国民の数千人以上を既に監禁している、シナ

【 医療戦線 : 乳化の作用

2012/ 8/11 22:42:12 ;


医療戦線 : ホルモンの不足を、食で補う

08/ 9/3 22:23 ;

:


◇ 骨代謝 美肌づくりの


エストロゲン 女性ホルモン


減る、 更年期・・。

:


◇ 大豆から   エストロゲンに


似た成分 骨の代謝を


推す、イソフラボン・・。

:



医療戦線 : 微太忍(びたにん:ビタミン)B

:


◇ 水に溶け 汗と出易い 微太忍B


煮汁まで、 飲め 豚汁の徳・・。 :




医療戦線 : 肝小葉らが束になっている、肝臓

:


◇ 肝細胞 集まって成す 肝小葉


肝で、静脈 囲む、角柱・・。

:


◇ 核2つ 持ち合わせたる 肝細胞


ゆえに、肝臓 減っても、戻り・・。

:


◇ 肝細胞 放つ、 胆汁 ゆく、胆管


十二指腸で 包む脂粒 ヤニツブ ・・。

:


◇ 脂 アブラ らを 解いて、粒にし


くるむ、汁


十二指腸へ 注ぐ、 胆汁・・。 :




☆ 医療戦線 : 乳化は、 脂らを、

小さな粒にして、 くるんでしまう事でもある。 :



◇ 乳化する 胆汁を出す 肝細胞


貯める胆嚢 縮めば、放つ・・。

:


◇ 脂らを 粒にくるんで ゆく、胆汁


十二指腸から 下界も目指し・・。




☆ いずれにせよ、

日本国民たちは、 より早くに、

日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、

より、 快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく、

公共事業らを成す事により、


日本の主権者である、 日本国民たちの、

あり得る、 労働らへ対して、


一定金額以上の、 収益や、 所得の付く、

仕事らの総量が、 より、 多く、 与え加えられる事から、

日本国民たちの、 あり得る、 稼ぎらの度合いが、 増やされる、 と共に、


日本国民たちが、 日本国民たちの、 売る事や、 売る物らを、 買う、


『 内需 』 、 の、 度合いを増すのに必要な、


より、 余計に、 買い物らをできる、

経済的な余力の度合いを、 より、 余計に、

増されるようにする事により、


日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、

菅直人氏や、 鳩山氏などの、 主な政治家らとが、


英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、

自らも、 オウム返しにして、 主張し、

実行する事において、


日本政府の財政における、 緊縮 、 を、

繰り返し、 成して来てある事を通して、


彼らへの、 主 アルジ の立場にあり、

彼らが、 奉仕すべき宛 アテ でもある、

日本国民たちへ、 押し付け続けて来てある、

物価や、 所得ら、 の、 安く成る、 あり得る、

要因らを含む、 状況のある事や、

その状況そのものである、


『 デフレ不況性 』 、 を、 解消し去ってゆくと共に、


日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高めてゆくべき、 利害関係性を帯びてある 】 。




☆ 美惑星 フィロソフィア 01 ;


クルーグマン氏の経済講義 31 ;


日本政府への、 【 貸し主 】 である、

日本国民たちの一般 1172 ケータイ投稿記事 ;

2012/ 2/13 ( 月 ) 午後 6:52 ;


ノーベル経済学賞を授かった、

ポール・クルーグマン氏 の、 米国は、

ニューヨーク・タイムズ紙 での、 経済講義 :

2012年 1月1日 :


【 Nobody Understand Debt. :

誰も、債務の何たるかを心得てはいない。 :



・・だが、 そういう 外国人持ちの債権らの、

1 ドル 当たり = 百 セント 当たり 、

に対して、

アメリカ は、

外国らへの、 『 債権 』 ら ≒

法律の、手続き事らによって、 貸した何彼を、

取り立てる、 権利ら 、を 、

89 セント 、を、 持っているのだ。


( 百に対して、 89 、 である ) 。



外国人たちは、

アメリカへ投資する

( : カネを貸す。 借金を負わせる。

資本となるものらを貸して、

債務を、 米国の誰彼に、 負わせる )

に 、 当たっては、


『 安全で、 利回り ( 利息 ) の低い 』

資産ら へ 投資する 傾向があるが、


実は、 アメリカ側が、

海外の資産ら ( 外国らの資産ら ) から 得る、 『 所得らの総額 』 の方が、


アメリカ側から 、 海外の投資家たちへ支払われる、 金額らの合計額 よりも、

大きかったりもするのだ。



中国への借金を返すために、

アメリカが、 首が回らなく成っている


( : 借金のある事を観る以外の事が、

出来ない状態になっている ) 、


といったような、 想念を、 読者らが抱えているのであれば、

それは、 見当違いな ( 解釈付きの )

情報事項らを仕込んでしまっている事になるよ。


アメリカは、

そんな状態へ向かって進んでいる訳ではないんだ。



取り分け、 イギリスは、

過去の、 170年の中で、

81年に渡って、 対 GDP で、


すなわち、

その国内の所得ら ( 付加価値ら ) の、

金額らの総額で表される、

国内総生産 、 に対する、 割合において、


百 % を超える 、 借金を背負っている。



大ケインズが、 不況から脱け出す為には、

中央政府の財政から、

もっと 、 カネ を出す

( 中央政府は、 もっと、 財政支出をする ) 、 事が、 必要だ 、 と、

筆を揮 フル って説いていた、


ちょうど、その時の、 イギリスの政府は、

今の、 どの先進国らよりも、どっぷり深く、

借金づけに なっていた。



勿論、 今、 保守派員らが、

過激な反税金運動を展開している、

アメリカ では、

そういった、 責任性のある 政府は、

持ち難いかも知れないが、

それは、

アメリカ政府の借金のせいではなくて、


( 経済的な効果らが、 消え去らずに、

人から人へと、 順繰りに、 成り立ってゆく、

自己循環型の、 天下経済系を構成する、

動的な事らの、 全体図を観通し得て居らず、


従ってまた、

統計上の、 数値らや、 それらの推移ぶりが、

全体として、 何を意味し得るのか、を、

より、 筋道の立つように、 想い構えて観る事の出来ていない人たちから、

発信され続けている、

マクロ経済系についての、 見当違いな解釈付きの情報らを鵜呑みにしたり、


自らも、 見当違いな動きらを成したり、

ひとの為す、 見当違いな動きらの展開ぶりを迎え観ても、 それらを成す主らを、 説き伏せるなり、

より、 社会的に、 無力化する、 段取り事らを、 成し得ないままでいる )、


我々自らの、 せい、 なのだ。



☆ ポール・クルーグマン氏 の、

米国は、 ニューヨーク・タイムズ紙 での、

経済講義 : 2012年 2月8日 :


【 Zero Bounds and Butter Mountains. :


ゼロの限界と、 バター山脈。 :



◇ ビル・グロース氏が、

この不況に 立ち向かうように、 主張しているんだが、 その方法は、 というと、


何と! 、 『 利子率を上げる 』 ことだ、

というのだよ。



彼には、 味方などはいない、 と、 言いたい所なのだが、

実際には、 多くの、【 すごくマジメな人たち 】が、


( 貸し出す <=> 借り入れて使う、

元本のカネの額 に対する )、


利子の割合が高くなるようにせよ、 と、

求めているし、



( 銀行らが、 彼らにとっては、 借金 である : 預金 に付ける、 利息が、 低いせいでの )、


『 預金者たちの窮状 』 についての 、お話が、

ますます、多く、 語られるように成っている。



だから、

ゼロに成った利子率と、 我々が今いる、恐慌


( : 1933年 ~ 37年にかけても、

雇用 【 仕事口らや、 職業口ら 】 、 は、

かなり増えていたが、

その時も、 まだ、 大恐慌だった ) 、


との 、 関係について、

私の考えを説明させて欲しい。



貸し付け資金らへの、 借り手らの側の 需要 と、

貸し手らの側の 供給 とについて、 考えて欲しい。



利子率について、 扱いにくいのは、

利子率に関しては、 その見かけにおいて、

2つの理論があるからだ。


ーー 貸し付け資金となるもの :


即ち、 『 【 貯蓄 】 に関わる理論であり、


【 貯蓄ら 】への、 借り手らの側の、 需要 と、

貸し手らの側の、 供給 、 との事 についての、

理論があるのに対し、



◇ 流動性選好についての理論 :


即ち、 貨幣 ( 現金 ) 、と 、

( 現金より、 流動性の低い ) 、

債券ら、 との、 トレード・オフ


( 一方を得ることを選ぶと、

他方を得られなくなる、 関係の事・もの同士 )

についての、 理論 が あるが、

どちらが、 正しい のか ?



どちらも、 正しい ーー


なぜなら、 貯蓄と投資とは、


どちらも、 GDP :

【 ある、 国内や、 経済圏内の、

外国人らの稼ぎの金額らも含む、

所得金額ら ( ; 付加価値ら ) の 総額 】

でもある、

国内総生産 ( = 金額 ) 、 に 依存 しているが、


当の、 GDP は、 変化し得るからだ。



それは、

貯蓄 = 投資 曲線 ( IS 曲線 ) 、 と、


貨幣らの供給量 =

貨幣らへの需要量 、 の、 一致する組み合わせらを、 線で、 図に示した場合の、その曲線 :


LM 曲線 、 と を、

同じ図において 、 組み合わせて観る事により、


【 国民所得の総額 と 利子率 】 との 組み合わせら の、 どれが、

投資の総額 と 貯蓄の総額 と を 一致させ得ている の と同時に、

貨幣の実質での供給量 と、 貨幣への需要量 と を 一致させ得てもいる、

ある一点の状態を成り立たせ得ているものであるか、 を 特定し、


それを基準として、 その一点から離れてある、

各々の経済状況らが、

投資と貯蓄との、 大小関係において、

どういった状態にあり、


貨幣の実質での供給量と需要量との、

大小関係において、 どういった状態にあるか、 を、 判別し得る ようにする、 図象 である :


【 IS - LM モデル 】 へと近づく、

第一歩となる。



そして、 我々が、 利子率のゼロ下限域にある時に、 何が起こっているのか、という事を考える、方法らの一つは、


もし、 経済系が、

【 完全雇用 】 の状態に在ったとしたら、

こうなるだろう、 という、

貯蓄の、 需要と供給とを描いて観る事だ。



それは、 こんな感じに成る。 添付 画像。


◇ 政策を構築する上で、 考えに入れるべき事は、

どのような理由であれ、 ーー


現在の状況に即して、 言えば、

主に、 債務の自己満足時代の後に生じている、

レバレッジ


( : 梃子 => 借金の倍掛け状態 )の 解消 であり、


ーー 【 完全雇用の状態 】 において、

【 貯蓄らの総額 】 、 が、 そのまま、

【 投資らの総額 】 、 と 成る、

【 投資 = 貯蓄 】 の状況を成立たせる、

利子率 、 が、

【 ゼロ 以下 】 に成ってしまっている事だ。



不幸な事だが、 それは、実現し得ないのだ。


なぜならば、 損を出してまで、

貸し出しをしなくても、 人々は、

現金を、 そのまま、 持っていれば、 好い からだ。



( 国債ら等を買って、

政府 など に対する、 貸し主 に成ってやり、


政府が、 公共投資を行い、 公共事業らを実施する上での、 可能的な度合いを増やしてやったり、


自ら、 投資をして、

生産活動を促し、 増やしてやったりする事などを、

せずに、


資産として、 一定額以上の現金を手元に置き続ける、という事を、

そうできる立場の人たちが、実行してしまうと、


自ら、 職を探しながらも、

それを得る事の出来ないままの状態に置かれる、


【 非 自発的 失業者 】 たちが、存在し続けてしまい、


【 完全雇用 】 の状態は、達成され得ないままに成る ) 。