経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

観念系らへ対する、あちら側に在り得る原因ら 。 鉄槌床戦術、と、唐の太宗、編 。

観念系らの、あちら側に、在り得る原因ら 。

日本国民の数千人以上をすでに監禁してある、シナ

2017/ 8/18 23:8 ;


【 誰彼の、 感ら、でも、 感じようら、でも、

観ようら、でも、 無く、

それらに類する、 観念らの構成部分らや、

観念な、ものら、ら、の、 そのもの、 ではない、

がゆえに、


それらを、 喚起し、 呼び起こす、

関係性らを成す、 相手方には、 成り得ても、


観念系らの、 どこにも、

自らの、 在りようら、や、 在り得ようら、の、

一部や、 全てを、

現し出す事は、 できない、 で、 来てある、

ものら、 が、


互いに、 その質としての内容を構成する、

属性らの、 一定以上を異ならせ合ってありながら、


我々の観念性のものらの、 特定の、 各々を、

喚起し、 呼び起こす、 関係らの、

特定の、 各々の、 相手方に成る事において、


入れ替わり、 立ち替わりに、

特定の、 同一の質の関係性らの各々を成す事も、

あり、


より、 直には、 そうした関係性らの各々を、

特定して、 成す事に、 関わらない、 属性らが、

そうした、 観念系らの、 あちら側の、 ものら、

の内で、

そうした、 関係性らの成す、 相手方になる、

ものら、 の、 その、 どれ彼にあって、

その事を左右し得る、 在り得る度合いらを、

持ち合わせ得ても、ある、 という事であれば


そうした事からも、

観念系らの、 こちら側の、

観念性らに、 現れ得て来てある、 ものら、 と、

観念系らの、 あちら側に、 在り得てあるかの様に、 我々の観念らの自己投影性の宛 アテ になる、

形を成して、 ありつつ、


誰彼の、 観念性らに、 現れ得ないで、 来てある、 ものら、 とをして、

呼び起こし、 呼び起こされる、 関係性ら、を、

成し合わせて来てある、

その、 関係性ら、の、 どれ彼らは、


その、 在りよう、や、 在り得よう、を、

観念系らの、 こちら側からの、 働きかけようら、を、 得なくても、 変えられ得る事になる。



この宇宙の森羅万象の構成部分らとして、

観念され、 観察され得る、 物事らの中に、

観念らへの解枠性を成して、

観てゆく内においてさえも、

辻褄の合わない事らが、 出て来る場合らにおいては、

そうした事から、

その一定部分は、 観念系らの、 こちら側に、

原因が、 あるのではなくて、


観念系らに対する、 あちら側に、 原因らが、

在り得る事になる。



いずれにせよ、

日本国民たちは、 より早くに、

日本国民たちの足元の地下へ、 より、 難なく、

出入りも、 行き来もでき、 住む事もできる、

避難網らを、作り拡げてゆく、

公共事業らを成す事により、


日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、

主な政治家らが、


ギリシャなどの、 そうした、

手引きをする賊員らが、 そうしたように、


英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、

自らもまた、 オウム返しにして、 主張し、

実行もする事において、


日本の、 中央政府の財政における、 緊縮 、を、

繰り返し、 成す事を通して、


彼らの奉仕すべき、 日本の主権者として、

彼らへの、 主 アルジ の立場にある、

日本国民たちへ、 デフレ不況性 、 を、

押し付け続けて来てある、


その、 デフレ不況性、 を、 解消し去ってゆく、

と共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを、

飛躍的にも、 高めてゆくべき、

極めて、 緊急性のある状況にも、 ある 】。



☆ 根途記事+論弁群+;


☆ アシドーシス 【 acidosis 】 ;


酸血症 、 ともいい,

体液中に、 異常に、 負電荷な、 電子らを強盗する、 酸 サン 、 たちが、 蓄積するか,


塩基が失われてある 、 状態 、 をいう。



◇ 体液の、 水素イオンらの濃度である、

pH 、 は, 主として、


炭酸 ( 酸性 ) 、 と、 重炭酸

( アルカリ性 ) 、 との、 平衡による、

炭酸緩衝系の作用で,


正常では、 7 . 4 、 に保持されている。



ところが, 呼吸器の病気や、

呼吸中枢の機能らの低下により,


肺の換気する機能が、 悪くなると,


血液の炭酸ガス分圧が上昇し,

pH は、 低下する


( これを、 呼吸性 アシドーシス

respiratory acidosis 、 という ) 。




・・李淵氏は、 李世民氏にすすめられて、

挙兵を決め、 まず、長安を占領する計を定めた。


長安には、 洛陽と同じく、

府庫には、 財貨に、食料と、武器ら、の、

貯蔵があり、

各地方の戸籍に、地誌の類があって、

全国の状況が一瞥できる他に、 :


官僚らの家族らが集まっているので、

各地方との連絡が容易で、 情報らへの収集に、

便があり、

敵対陣営らの中に、 内応者を探し求めるのにも、 都合の良い、人々がいたからで、


長安を占領するには、 進軍の途上に、

李密氏の勢力範囲を通らねばならなかった為に、 辞を低くして、 李密氏へ、 同盟を申し入れ、

彼からの妨害を受けずに、 山西を南下し、

陝西へ入って、 長安に現前した所、


隋の百官は、 事前に、 何らかの根回しも、

あったのだろうし、 それに当たっては、

李氏が、 北周王朝の八柱国の出であり、

隋帝室の親類でもあった事が、

帝室の近くの人々の一定の信頼を得る所が、

あったのか、

煬帝の嫡孫の代王の、 楊侑氏を奉じたまま、

李氏に降参した。

:

李淵氏は、 長安へ入城すると、

楊侑氏を、 天子の位につけ、

当時は、 揚州に居た煬帝を、 太上皇 、

と、 称せしめた。


間もなく、 揚州で、 煬帝が殺され、

長安の人心が、完全に、隋から去った、

様らを見極めると、

李淵氏は、 その翌々月に、

隋帝の楊侑氏に迫って、 618年に、

位を譲らせ、 帝位について、

国号を、 唐 、 とした。 :


隋の廃帝は、 後に殺されて、

恭帝 、 と 、 おくり名された。 :


宇文・化及が、 江南で、煬帝を殺し、

人々を連れて、 北上し、

魏県で、皇帝の位についた事を受け、


群雄の一人で、 夏国を建てるに至った、

竇建徳氏は、


隋帝の為に、 逆賊の宇文可及を討つ、として、

将兵らを動員し、

宇文可及らとの戦いに勝って、殺した。


そこには、 煬帝の蕭皇后もいたが、

彼女に対して、 竇建徳氏は、

手を付ける事も、付けさせる事もせず、

臣 、 と、 称し、 礼儀を欠く事を成さず、

数千人の宮女達は、 どれもが、

容貌の優れた者達であったが、


犯しも、犯させもせず、


随時、 隋の、文武の官僚と近衛兵らも含めて、

解放し、

敵の、 唐や、王世充氏の所へ行く事を望む者らには、 衣料を支給して、 見送った。



竇建徳氏は、 代々、 農村で、

里長を務める家に生まれた。


611年の大業7年に、

隋王朝の第2代の皇帝の、煬帝が、

高句麗への遠征の徴発を行った際には、


二百人長に選抜された。


孫安祖氏が、 家族が飢え死にする恐れから、

隊長として、隋軍へ取られる事を拒んだ 、

事に対して、 無理やり、彼を連れ去ろうとした、役人を刺し殺して、

竇建徳氏の許へ逃げて来たのを、

匿 カクマ ってやった事から、 :


竇建徳氏は、 役人らから、 叛乱に連座した、

と、 され、 一族を皆殺しにされ、 :


高鶏泊起義の指導者の、 高士達氏の下に、

身を寄せた。


高氏の死後は、 その軍勢を率いて、

今の河北省の衡水市の、 饒陽を攻撃し、

今の山東省の、 徳州市の陵県の辺りの、

平原を占拠した。


部下を大切に扱い、

戦闘後の虐殺も行わなかった事から、

民衆の支持を得て、 その軍は、 十万にも達した。

:


617年である、 大業13年には、

今の河北省の、 滄州市は、 献県の辺りの、

楽寿にて、 長楽王 、 を自称し、

独自の元号として、 丁丑 、 を建て、

積極的に、 領土の拡大を行った。


煬帝は、 薛世雄に命じ、

3万の軍勢で討伐しようとするが、 :

竇建徳軍の待ち伏せに遭い、壊滅した。


河北の殆どの地域らが、

竇建徳氏の統治下に置かれた。 :


618年の、翌る、丁丑2年に、

彼は、 夏王 、 を称し、 五鳳 、 と、改元し、

8月には、 今の河北省の永年市の所へ遷都した。

:


619年、の、 五鳳2年には、

王世充が、 楊?氏を廃し、 皇帝を自称すると、 :


竇建徳氏もまた、 朝廷を整備していくが、

夏王 、の、 称号を使い続けた。 :



621年、の、 五鳳4年に、

唐の李世民氏が、 王世充の拠点である、

洛陽を攻めると、


王世充からの要請を容れて、 竇氏も出兵するが、 :

今の河南省の?陽市の、 虎牢関で、

李世民氏の軍に破れて、 捕虜となり、

殺されてしまった。


竇氏は、 敵を打ち破る度に、

財貨は、 褒賞として、分け与え、

自らは、何も取らなかった。


普段の食事は、肉類を取らず、

玄米と野菜だけであった。


彼の妻の曹氏も、 贅沢な服は、身につけず、

召使いの女性らも、十数人に過ぎなかった。

李氏は、 竇氏を自らへの参謀にすべきであった。

観念系らへ対する、あちら側の、こちら側への、外因性らに在り得る事情ら 。 鉄槌床戦術、と、唐の太宗 編 。 日本国民の数千人以上を、すでに、監禁してある、実態らを成してもある、 シナ

【 我々の、 観念らを構成する、 感ら、や、

観念な、 感じようら、に、 観ようら、 の、

そのもの、 などの、

どれでも、 無い 、 がゆえに、


それらを、 喚起し、 呼び起こす、

関係性らを成す、 相手方のものらは、


それらを、 現しめ得は、しても、


それら、の、 そのもの、 において、

それら、の、 そのものとして、

自らを、 現し出す事は、 できない 、

で、 来てある 、 にも関わらず、


振動だの、 力だの、 といった、

我々の各々である、 精神系らの各々であり、

観念らの系らの各々である、 場 、 に、

それ自らを、 成したり、 成し得たりする、

我々の各々の、 自前の、 観念な、 ものらを、

当てがって観られ、


我々の各々の、 自前の、

観念な、ものらへ対する、

宛 アテ のものとして格付けられてある、


それらと同じく、 自前の、 観念な、 ものらに、

その、 質としての内容を成されてあったり、


それ自ら、ら、の、 各々と、

その、 質としての内容らが、 重なり合ってでも、

あるかのように、 連ね合わせられてあったりする、

何彼らとしての、 体裁 テイサイ を付けて、

観られて来てある 、 が、


感ら、 などを、 喚起し、 呼び起こす、

関係性らの各々を成す、 その相手方に成り得る、

ものらが、

それぞれにおいて、 単一で、

同一の質を成してある、 とは、 限らない 。



単に、 特定の関係性を成す、 相手方に、

何彼らが、 成り得さえすれば、

その、 何彼らの各々が、 互いに、

異なる属性ら、から、成り立ってある、

もの同士であっても、

特定の、 感ら、 の、 各々、 などは、

喚起され、 呼び覚まされ得るのである。



我々の各々の成り立って在り得る、

こちら側において、

特定の、 感ら、 などの、 各々、 が、

一定以上の関係性らを成す、 相手方に応じて、

可能態な、自らを、 現実態な、 自ら、へと、

成り変わらせる事において、


同一な、 在りよう、の、 関係性らの各々へ対して、

同一な質の、 自ら、ら、の、各々、を、 成す、

からといって、

こちら側には、 自らを、現し得ない、

あちら側のものらが、 あちら側において、


そうした、 関係性らの各々へ対して、

同一な質の、 自ら、ら、の、各々、を、

毎回に、 常な事として、 差し向かいに、

成してある、 とは、 限らない 。



我々の各々である、 観念らの系や、

それを成してある、 からくりようらの系なり、

仕組みようらの系なり、 の、 ありようや、

在り得ようら、 が、

その、 在りようや、 在り得ようらを決める、

関係性らの、 全体や、 各々、 などの、

在りようら、や、 在り得ようらへ、対して、


その相手方に成り得る、 属性らの各々、を、

他の属性らと共に、 帯びてある、

互いに、 その全体としての、 質の、

異なり合ってある、 ものらが、

入れ替わり、 立ち替わりに、

差し向かいに成って来てある、 といった事も、

考えられ得る事なのである。



いずれにせよ、

地球の文明社会らが、 崩壊させられる、

あり得る度合いが、


英米の富裕権力層の者らを、 最も利する、

株主らへの利益らを最大限にして、


従業員でもある、 社会らの各々の一般の主権者らへの、 福利らを最小限にする、 態勢を成し、

保ってゆく事でもある、

地球市場化な、 グローバリズム 、により 、

余計に、 積み増されてゆく状況に、

世界は、 ある。



ゆえに、 日本国民たちは、 より早くに、

日本国民たちの足元の、 地下へ、

避難経路らと、 より、 快適に住める、 避難所らとを作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事により、


英米の富裕権力層の者らを、 総元締めともして、

自らの事業らを営み得て来てある、

英米の、 カネ貸しらの主張する事らを、

そのまま、 自らもまた、 オウム返しにして、

主張し、 実行もする事において、


日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、

主な政治家らとが、


日本政府の財政における、 緊縮 、 を 、

繰り返し、 成す事を通して、


彼らへの、 彼らの奉仕すべき宛先の、

主 アルジ の立場にある、 日本の主権者である、 日本国民たちへ、

押し付け続けて来てある、

デフレ不況性 、 を、 解消し去ってゆく、

と共に、

日本国民たちの防衛性の度合を、

飛躍的にも高めてゆくべき、

本当は、崖っぷちに近づきつつある、

かのごとき、 状況にも、 ある。


その実態らにおいて、

より、 余計に、 英米の富裕権力層員らの、

代理員らである、 グローバリストらと、

その与党員らは、

世界中に、 経済的な格差を、 成し、 拡げてゆく方向へ、 握勢 アクセ ≒ アクセル 、 を、

踏み続けるだけ、 踏み続けて来ており、

撫轢 ブレキ ≒ ブレーキ 、 を、

かける、 気配を、 全く、 見せて居らず、


完全雇用の状態を成す方向性にも、 無い、

どこそこの経済系の状態を、

めでたいものとして、

投資家らや、 投資家候補らへ、持ち上げて観せる事などに、 躍起と成りもし、

更に、 握勢を踏もうとする態勢らを、

さらして観せている 】 。



☆ 根途記事+論弁群+;


◇ 生合成 ( せいごうせい ) 、 とは、


生きてある体が、 その構成成分である、

生体分子 、らを作り出すことをいう。



◇ 多くの生物に共通している、

基本的な化合物


( たんぱく質らの各々を構成する、

アミノ酸 、 ら、に、

糖 、らや、 脂肪酸 、らと、 核酸 、ら、 など )


、 を、 合成する、 経路を、 一次代謝 、

と、 呼び 、



◇ 特定の種や科に、 特有の化合物


( ホルモン、 フェロモン、 毒素など ) 、

を、 作り出す、 経路を、 二次代謝 、

と、 呼ぶが、

両者の区分は、 必ずしも、 明確ではない。



☆ ひとつの化合物が、 生合成されるには、

単一の酵素 コウソ 、 でなく、


酸化還元酵素 、に、 転移酵素 、や、

合成酵素 、 と、 加水分解酵素 、 などの、

多くの、 たんぱく質でもある、 酵素ら、が、

関わり、

多くの段階事らを踏むことが、 普通だ。



☆ 生合成が、 不可能な分子、らについては、


体の外より、 栄養素として、

取り入れなければ、 ならず、


こういった栄養素を、 必須栄養素 、 と、 呼ぶ。



☆ ヒトにおいて、 生合成が不可能な、

アミノ酸、と、 脂肪酸を、 それぞれ、

必須アミノ酸 、 に、 必須脂肪酸 、 と、 呼ぶ 。




◇ さらに、 生体内での代謝に、

必須でありながら、

生合成できない、 補酵素群、を、

『 ビタミン 』 、 と、 呼び 、


ビタミンら、 から、

炭素 C 、 を、 のぞき去ると 、

成り現れる 、 無機化合物ら、 と、 同じく、

無機質 、 であり、

生合成できない 、 生きる体らに、 必須の物らを 、 『 ミネラル 』 、 と、呼ぶ 。




・・李弼氏から、 その子の・曜氏に、

孫の・寛氏を経て、 曾孫の・李密氏へと続き、

李密氏は、 隋の煬帝に仕えたが、


その前途に見切りを付け、

第2回の、 高句麗への遠征の際に、

野心家の楊玄感氏を助けて、 反乱を起こし、

高句麗への遠征を挫く事には、成功したが、

易姓革命には、失敗して、 民間に隠れ、

機を窺っている中に、

四方で、 反徒らが立ったので、

東の都の、 『 洛陽 』 の近くにあり、 :

黄河と洛水との交差点に建てられた、

『 洛口倉 』 、 を占領した。



ここは、 大運河で、

肥沃な南方の地域らから運ばれて来る、穀物らを、 一旦は、貯蔵する所なので、 :


この穀物らを手に入れた、 李密氏の勢力は、

急拡大し、 食うや食わずの人々を自在に動かす、独立政権となり、 :

洛陽には、 華夏の天下の各地に、

親類縁者らをもつ、 百官が居り、

各地の状況を記載した、 戸籍や、

帳簿類の蓄積もあって、

天下を観望するのに役立つだけでなく、

豪族の出の多い、百官らを通じて、

各地の勢力らに内通者らを得るのに、

役立ち得る所らから、

李密氏は、 進んで、 洛陽への占領を期して、

軍隊を動員して包囲したが、


洛陽には、 煬帝こそ、南方へ逃げ出して居り、 居なかったけれども、

煬帝の孫らの1人の、 楊イ同氏を奉ずる、

隋王朝のよりぬきの官僚らと軍隊とが、

駐在していて、 ここを先途と、

必死の防御を行ったので 、

李密軍が攻めあぐねている中に、 :

李密氏の勢力圏の近く、 河北の南部では、

トウ建徳氏の独立政権が、

急速に勢力を拡大していき、

大唐帝国を基を築いた、李淵氏に、李世民氏の、

親子が、 そうした形勢を観て取って、

北モンゴルへの前線基地である、太原で、

旗上げするに至った。


彼らは、 急拵えの軍隊を以て、

旗揚げをしたのではなく、

その、 ずっと前から、

今日の機のある事を予期して、

部下の将兵らに、 突蕨族

【 とっくつ ≒ トュルク 、

トルコ族 。 元字には、

蕨の字から、草冠を省いた字 】 、 などの、

遊牧民らの間で行われていた、 騎兵戦術を、

そのまま用いて、 訓練をして置いた。 :



少なくとも、この時点で、

鎚と金床戦術の素描的な戦法を、知り得る機会が、 彼らにはあった。



五代十国までを略して述べると、


唐帝国 ≒

西暦の紀元、 618年 ~ 907年 、 または、

武則天による、 周 = 武周王朝を、分け隔てて、 ≒ 618年~ 690年、

705年 ~ 907年 、に至る、 王朝 :

:

618年の、 李淵氏の即位から、 :

武則天の周を挟んで、 907年の、

朱全忠氏の即位まで存在した、 王朝。

:

隋の部将だった、 李淵 ( りえん ) 氏が、

その首都の大興城 ( だいこうじょう。

唐代の長安 ) 、 を占領して、建てた王朝。 :


李淵氏が、隋の皇帝に禅譲させて、建国。

首都は、 長安 。

:

618年の6月に、 長安の大極殿で、

唐王朝の初代皇帝の、 李淵氏が、

即位の儀式を行った。 :


彼は、 初代皇帝の、 高祖

( 位 618年 ~ 626年 ) 、 となる。


その子の、 李世民氏は、

太宗 ( 位 626年 ~ 649年 ) 、

として、

周辺民族らを服属して、 天下への統一を完成させ、

貞観 ( じょうがん ) の治

( 627年 ~ 649年 ) 、 と呼ばれる、

政治を成して、 唐帝国を栄えしめた。

:


李淵氏は、 長男の建成氏を、 皇太子にし、

次男の世民氏を、 秦王にし、

4男の元吉氏を、 斉王に任命し、

各地の抵抗勢力らのへ鎮圧に向かわせた。


活躍が光ったのは、次男の李世民氏で、

世民氏は、 若い頃から、武勇と知略に優れ、

父の李淵氏へ、煬帝への討伐を進言したのも、

彼だ、と、される。


李世民氏は、 太原を占領した、

劉武周氏の勢力を征伐し、 さらに、

洛陽を拠点として、 皇帝を名乗った、

王世充氏を破って、 唐の基盤を整えた。


624年に、 彼は、敵勢らを平定し、

長安に凱旋してきたが、

彼の余りの人気に、 皇太子の建成氏は、

彼を疎 ウト ましく思い、

626年に、 玄武門にて、 四男の元吉氏と共に、彼への暗殺を企んだが、

彼は、これを見破り、 逆に、二人を討ち取った。


この事件を、玄武門の変 、という。


第六代皇帝の玄宗の時の、安史の乱 、を、

きっかけに、 衰退が始まり、

最終的には、 節度使の朱全忠氏に滅ぼされた。


■ 隋王朝→ 唐王朝→ 五代十国 。

自前の観念らを宛として、 間に合わせてある度合らを観積もる事から、始め得る事ら 。 鉄槌床戦術 ; 唐の太宗編 。 日本国民の数千人以上を、すでに、監禁してある、実態らを成してもある、シナ

2017/08/16 21:17


【 観念なものらを構成する、 感らのそのものや、 観念な、 感じようら、に、 観ようら、 などの、 どれでも、 無い 、 がゆえに、


それらを、 喚起し、 呼び起こす、

関係性らを成す、 その、 相手方として、


それらを、 現れしめは、しても、

自らのそのものを、 それらのどれかにおいて、

現し出す事は、 成し得ない、 立場にある、

ものら、 についても、


我々は、 振動だの、 力だの、 といった、

我々の各々である、 観念らの系らのお手製の、

観念な、ものらを、 当てがって観ている、 だけ、

であり、


その事においても、 我々の自前なものらを、

観る宛 アテ ・ 対象にしている事に、

変わりは、 無い。



自前の、 観念なものらを、 宛 アテ として、

そうした関係性らの相手方のものらへ、 当てがって観る、 自己投影性を成す事で済ます事によって、


そうした、 相手方のものらを宛として、

構築され得る、 分析型の体系知らの構築を、

より、 未然に、 差し止めたままにしてしまう状況らを脱却して、

そうした、 分析型の体系知らを構築する道らを、

より、 本格的に、 開いてゆき得るようにするには、

我々は、 こうした、 自前の、 観念なものらを、 宛に仕立てて観るだけで、

自らの、 できる事らを、 終えてある、

つもりを成してある、 我々の状況らの、

その、 在りのままを、 能 ヨ く、 思い分けて観る事を、 要りような事としてある 。



いずれにせよ、 より早くに、

日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、

より、 快適に住める避難所らとを、 作り拡げてゆく、 公共事業らを成すべき、 利害関係性が、

日本国民たちには、 ある 】 。



☆ 日陰でも 熱を連れ去る 風無くば

肌の砂漠が 呼ぶ、熱射病・・。


【 年配者たち等は、 のどのかわきを、

老いると共に、 覚えがたくなり、

小便へ度々に行く事を嫌がって、

茶や水を飲まない様にも成ったりしているので、

その周りの人々が、

こまめに、 塩分と、水分を取る様に促す等の行為らを成してあげる事などが、必要だ 】。



【 遺伝子らへの操作にもよる、 若返り、と、

若返りを成しながらの永らえなり、

不老長寿化なり、 を、 より、 早くに、

実現する為にも、

日本国民たちは、 日本国民たちへ、

実態らにおける、 英米の金融派員らから、

押し付け続けられて来てある、

デフレ不況性 、 を、 解消すべくもある 】 。



☆ 古い記事の引っ越し保管と改訂など ;


鉄槌床 【 てっついと 】 戦術の実践を、

全うし得て、 勝ち続けた、 唐の太宗


2012/ 12/17 16:20 ;

:


「 槌と金床戦法 」 、 について、

前に、 記事にしが、

東洋史の泰斗

【 泰山や、北斗星を、 船乗りらが、

目安として、 河や海を行く様に、

ある分野の関係者らが、手本として、

目指すべき人物 】 、の、

宮崎市定氏の著書の、

『 大唐帝国 』 、 などを観、

実態として、 自ら、唐王朝を樹立した、

唐の太宗の用兵ぶりについての、

記述事項らを通観すると、


どうやら、 太宗こと、 李世民氏の用兵は、

古代オリエント世界の、国々の興亡を巡る、

戦いらの中から編み出された戦法を、

再現し得た形の物と成っており、


それは、 味方の騎兵部隊などが、 正面から、

敵陣を突破した後に反転して、

敵軍の背後へ、返り寄せ、

その時点で、 敵勢と向かい合って、

敵軍の攻撃を受け支えて、踏ん張っている、

味方の、 残留した、 歩兵部隊の方へと、


敵勢の背後から、 敵勢を追いやる形で、

敵を攻め立て、

がっぷり4つに、敵と向かい合って、

踏みとどまっていた、味方の歩兵らと、

反転して来た、味方の騎兵ら ≒


古代の場合は、

馬戦車らに乗って戦う、将兵ら 、 とで、


敵勢を挟み撃ちにする、 といった、 戦法で、 :


『 鎚と金床戦法 』 、 と、

本質的な図式事が、 一致する様であり、


唐の太宗らの系統が、

純生の漢民族らではなく、

一定度合いで、遊牧民族系の物であり、


遊牧民族系の人達と、 雑居・通婚していた、

武川鎮の軍閥の出で、

シナの国境の外の、 遊牧民らとの交流もあった所から、

遠く、古代のオリエントの地域らより、

度々の戦 ( いくさ ) らと伝承ら等とによって、

華夏の周辺にまで伝播した、情報事項らの中に、


分析する天才に富む、 太宗の、 李世民氏の理解性に強く訴えるものとして、 :

『 鎚と金床戦法 』 の、 素描的な情報事項らがあり、 :

彼に現前した、 騎兵や歩兵らと、

彼に現前し得た、 可能的な、

現地の、 騎兵ら、や、 歩兵らの質ら、などとの、

猛訓練による、すり合わせなどに、

彼の工夫し得た所らを得て、

将兵を用いるに当たって、

彼の得意とする、 自在な戦法に仕立て得た、

のであろう、 とも、 思われる。 :

:


宮崎市定氏の、 『大唐帝国』の記述らによると、 :

北周王朝に禅譲させた、 隋王朝の帝室の、

楊氏は、

北周王朝においては、

開国・建国の元勲たる、 八柱国、十二大将軍、

と、 称せられる、 家柄らのうちで、

武家らの最高位の元帥にあたる、 柱国より、

一つ格下の、 十二大将軍の一つで、


隋王朝の当時は、 唐王朝を建てる事になる、

柱国の、李氏らは、

楊氏より、北周王朝の時に、家格が高かった為に、 何となく、帝室の側からは、 煙たがられ、

猜疑を受けていたので、 肩身が狭く、

窮屈な思いをさせられていた。 :



北周王朝の時の、 八柱国の中に、

唐王朝を建てた、 李氏とは、 別に、 李氏があり 、