経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

三石分子栄養学➕藤川院長; シミ ❗、も去る、 子宝 ビタミン E1 ❗ 。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、日本人の数千人以上を既に監禁中な、シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ シミ ; を去る、

子宝 ビタミン E1 、 や、 セレン ;


☆ 三石巌氏の会社 ; メグビー社 、

の、 メールマガジン 6月号 Vol.99

☆ 「 シミ 、は、 とれないか 」 ;


シミ 、 の、 実体は、 茶褐色の顆粒 、だ。

それは、 過酸化脂質 、に、

タンパク質の結合したもので、

「 リポ・フスチン 」 、 と、 よばれる。


過酸化脂質 、 とは、

不飽和な、 脂肪酸、の、 過酸化物 、だ。



@ 過酸化脂質

( かさんか ししつ ) 、 は、

コレステロール、や、 中性脂肪 、 といった、

脂質 、 が、

電子強盗、 な、 活性酸素、 によって、

酸化され、

同じく、 電子強盗に仕立てられた、

もの、への総称。

中性脂肪 、に由来の、

過酸化脂質 、は、

細胞内で、 電子強盗、な、

スーパーオキシドアニオン 、を発生させる。

それが、 細胞の中にある、 核内の、

遺伝子、な、 タンパク質から成る、

デオキシリボ 核酸 、 である、

DNA 、 を損傷させる作用を持つ為に、

多くある、 ガン、への、発生原因らの一つ、

と、考えられている。


近年の研究で、

動脈硬化は、

血管の、 内膜と中膜との間に蓄積した、

LDL

( 低 比重 リポ 蛋白質 )

コレステロール 、 の、 一部が、

酸化してできた、 過酸化脂質 、が、

内膜に作用して、

細菌などを、 のみこんで、 壊す、

動きまわる細胞である、

マクロファージ ≒

大食い細胞 、 を誘引し、

粥 カユ 状の塊である、

アテローム 、による、

アテローム性 動脈硬化症 、 へと進行する、

ことが、 分かっている。


・・この、 リポ・フスチン 、 を分解する、

ことが、 できるなら、

シミ 、は、 とれて、よいはずだ。


また、 不飽和な脂肪酸の酸化 ≒

酸素 、 と、 結び付くなどして、

他の原子や分子から、

電子を奪いとる、

電子強盗 、 に、 仕立てられること 、

を防ぐ事ができるなら、


シミ 、は、 できないはずだ。



☆ 不飽和脂肪酸の酸化は、

子宝 ビタミン E 、 や、

セレン 、 によって、 防ぐ事ができる。


それらには、

電子強盗にされる事を防ぐ 、

「 抗 酸化 作用 」 、 が、

あるからだ。



したがって、 ビタミン E 、や、

セレン 、には、

シミ 、 を防ぐ効果がある。



むろん、 どんな微量でも、よい、

という訳には、いくまい。



☆ 「 早老症 」 、 といって、

リポ・フスチン 、 たちが、 急速にでき、

十代以前に、 老人の体になり、

寿命のつきる病気がある。


この病気を説明するには、

正常人には、

過酸化脂質を分解する、

タンパク質たちから成る、

酵素 コウソ 、 があるのに対して、


この患者には、 それが、 無い、

と、 考えれば、 簡単である。

 


☆ 実は、 ビタミン E 、 や、

セレン 、で、

シミ 、 がとれた例が、 いくつもある。



☆ ビタミン E 1 、 へ対して、

電子強盗を差し止める、

抗 酸化 力 、 が、

50倍 、 以上もある、 とも言われる


セレン ❗ 、は、

過酸化脂質を分解する、 酵素 、

への、 成分である事が、

分かっている。



すると、 ビタミン E 、が、

これへの助酵素になっているのではないか、

という、 気がしてくる。

 


☆ リポ・フスチン 、 は、

心筋、 脳、 肝臓 、 などの細胞に、

加齢とともに、 蓄積する。


【 三石巌 全業績-11 

健康ものしり事典  P19より抜粋 】 ;

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1683503171766000&id=100003189999578


@ 電子強盗らを差し止める、

豪傑な、 セレン 、 ではあるが、


タンパク質への構成分である、

硫黄 S 、 と、

入れ代わってしまう、

性質もあるがために、

硫黄 S 、 を、 要りようとする、

タンパク質らの所々へ、

セレン 、 が、 入り込んでしまうと、

その体の健康性を損なう事にもなる。


一定量以上の、 セレン 、を、

摂る事は、

その体の健康性を損なう、ので、


どんなに、 電子強盗らを差し止める、

抗 酸化 力 、に、 富んでいようとも、

セレン 、を、 一定量以上を、

摂る事は、 すすめられない。

 


☆ 三石分子栄養学;


一日のタンパク質の必要量は、

その体重の、 千分の一。


それが、 ボクの栄養学のもとだ。


体重が、 50 キロ 、なら、

タンパク質、を、 50 グラムってこと。



ボクの仲間は、 これを守っているんだ。

ことわっておくが、 このタンパクは、

良質のものでなけりゃならん。

 

このルールをはずれたら、

どんなトラブルがおきても、

不思議は、無い、 と、

ボクは、 思っているんだ。


『 どんなトラブル 』 、 なんて、

いわないで、 万病 、

と、 いった方が、 分かり易いかな。


 

☆ バス放火事件ってのが、

14年前の、 新宿であった。

亡くなった人が、 五人いたが、

あやうく助かった女性に、

ボクは、 紹介されている。

去年の秋の事だがね。

その時に、 ボクは、手をみせて貰った。


  顔は、 何ともないが、

全身に、 ケロイドがある、 と、きいた。


  今年の正月に、 彼女の夫の、

杉原荘六氏にあって、 始めて、

症状をあかされた。


春が来ると、 汗が出る。

それが、 ケロイドのすきまの、

まともな皮膚から、湧き出すので、

かゆくて、 たまらん。


そこをかくと、 出血するから、

夏になると、 全身が、 血だらけになる、

という、 凄 スサ まじい話。

 

ボクは、 その場で、

良質 タンパク 、と、

それにまぜる、 ビタミン 、 と、

皮膚が、 特に要求する、

ビタミン A ≒

炭素 C 、 の、 20個 、 に、

水素 H 、 の、 30個 、 と、

酸素 O 、 の、 1個 、 とから成る、

C 20 H 30 O 、 との、

一ヶ月分をおくった。


 

ボクは、 高 タンパク 食 、 で、

ケロイドをなおした、

経験を持っている訳じゃない。



ここでの判断は、

経験から来たもんじゃなくて、

理論から来た物なんだ。


 

☆ ボクが、 彼女に言った事は、

『 DNA ≒

遺伝子 、 ともいう、

遺伝情報ら、 を、 帯びてある、

タンパク質たちから成る、

デオキシリボ 核酸 、

が、 やられていなけりゃ、

設計図が、 そのまま、

残っているはずだから、

いずれは、 なおるだろう。


だけど、 時間が、

どれほど、かかるか、 分からない 』

、 だった。


  彼女から、 グッドニュースが届いたのは、

3月だった。

2ヶ月程しかたっていないのに、だよ。

 

その、杉原三津子さんは、

バス放火事件を小説に書き、

ドキュメンタリー作家として、

デビューした人だから、

少女時代から、 指にペンだこができていた。


これが、 気になっていた所、

ある朝、 それが、 無くなっていた。


かゆくて、 かいても、 血が出なくなった。


  彼女は、 これを主治医に話す、

と、 いっているが、

医者先生は、 どういう顔をするか。

『 これは、 一生なおらない 』

、 といっていたそうだが・・・。



・・メグビー社;

本原稿は、 1994年 11月25日に、

産経新聞に連載された、

三石巌氏が書き下ろした文章です。


☆ 高 タンパク 、と、 ビタミン ;

〜摂取すればするほど、 健康に〜 ;



☆  香川靖雄という人がいる。

女子栄養大学をおこした、

香川あや子女史の長男で、

自治医大教授だ。

この先生は、

『 タンパク質をとりすぎている人は、

世界中に、 いない 』 、

と、 書いた事がある。

ボクの意見も、 おんなじだ。


  体は、

フィードバック・システムだ。


それが、 まともに働けば、

いるだけの、 NK

( ナチュラル・キラー ≒ 天然殺手 )

細胞が作られる。


 

DNA 、 が、

暗号文になっている事も、書いた。


☆ フィードバックを受け持つのは、

タンパク質たちから成る、

酵素 コウソ 、 だ。


その酵素 コウソ 、 の設計図は、

暗号文の形で、

DNA 、に、おさまっている。

 

そこで、 フィードバックの為には、

まず、 暗号文の解読をせにゃならん。


その解読も、 酵素の役目なんだな。



☆ キミは、 酵素 コウソ 、 が、

タンパク質だって事を知っているはずだ。


タンパク質がなかったら、

暗号も、 解けない、

という事になるんだ。


高タンパク食 、 を実行していないと、

どんなトラブルがおきても、

不思議は、無い。

これが、 ボクの持論だ。


 

☆ 体は、とても、うまくできているんで、

まずい事が、あっても、 ごまかして、

切り抜けてくれる。


きんさん・ぎんさんは、

背中が、 曲がって、 全体が、

小さくなっているだろう。

体質に恵まれているから、

あれでも、 元気でいられるんだよ。


 

それじゃあ、 体質とは、 一体、何だ?。


これは、 ボクの分子栄養学で片付く、

問題じゃないが、

次の事だけは、 いえる。


 

☆ ビタミン 、 たちの必要量は、

人によって、 違う。


☆ その違いは、

一 対 百 、 ぐらい 、 と、

ボクは、 みるんだな。



☆ ビタミンには、 色々とある。

どの、 ビタミン 、 についても、

必要量が、 一 イチ 、 っていう人は、

日本人だったら、

4万人に、 一人程じゃないかな。



何が、 根拠か、と、 きかれたら、

百歳以上の人口だ、 と、 いっておく。



 

☆ ビタミンの必要量が、

いくらかを突き止めるのは、 無理だ。


そこで、 ボクは、 自分が、

百 、 だとする。


という事は、

ビタミンをあびるほど、 とるって事さ。



☆  酵素 コウソ 、 たちが、

助手として、 ビタミン 、 たちを、

ほしがる場合の多い事は、 もう話した。



ボクの栄養学には、

『 フィードバック・ビタミン 』 、

『 フィードバック・ミネラル 』 、 って、

言葉、 が、 出て来る。


 

☆ フィードバック・ビタミン 、

を、 並べよう。


A・ B1 ・ B2 ・ B12

・ C ・ E 、

ビタミン B3 、な、 ニコチン酸 、

・パントテン酸 、

葉酸 、 ・ ユビキノン 。


 

☆ フィードバック・ミネラルも、

並べておく。


ヨード ・ マグネシウム ・ 亜鉛 。


  ここまで、 わかったら、

健康正常化のためには、

毎日に、 何を食わなければならんかが、

心の底から、 納得が、 いくだろう。



☆ ビタミン 、 らは、

複数の意味で、 命を救うかもしれない

Orthomolecular Medicine News Service(OMNS), April 30, 2016

国際オーソモレキュラー医学会ニュース ;

執筆者: Ralph Campbell, MD ;



この所、 無差別殺人の増加を目にする。

犯人の多くに、 精神的な問題がある、

ことが、 わかっており、

皮肉なことに、 向精神薬による治療と、

アルコールが相まって、

これを煽る事もある。


また、 銃を手に入れやすい事や、

経済的機会が、無い事も、

非難の的となっている。


シカゴのような、 都市部では、

よくある考え方として、

その誘因は、 暴力団抗争、

もしくは、 絶望感で、

一部は、 警察の不手際によって生じる、

と、 されている。



「 食事と反社会的行為には、

直接的な関連がある、 と、

私は、 完全に確信している。

悪い食事は、 非行を引き起こし、

良い食事は、 それを防ぐ、

という、 両方の関連がある 」 。


– Lord Ramsbotham, Her Majesty’s Chief Inspector of Prison

( 英国王立 刑事施設 監察長官 ) [1] 。



特定の、 ビタミンらの欠乏と、

精神疾患との関係に関する、

知識らを有した上で、

典型的な、 アメリカ人の食事の基準が、

いかに、 低水準であるか考えると、

私は、 こうした関連について、

考えざるを得ない。



ビタミン B 12 、 の欠乏は、

認知症への原因らの一つ、とされるが、


これは、 何十年も前から、

医学文献で、 認められている [2-4] 。


精神科医で、 生化学の学位も持っている、

Dr. Abram Hoffer 、 は、


ビタミン B 3 、 でもある、

『 ナイアシン 』 、 と、

統合失調症の、 2つを、

見事に結び付けた。


ナイアシン 、 による治療が、

実際に効いただけでなく、

彼は、 それが効いた仕組みについて、

適切な説明をしている [5,6] 。



「 エイルズベリー刑務所における、

イギリス刑務所試験の結果によると、

収監中の青年に、

マルチビタミン剤、 ・ミネラル剤 、

・必須脂肪酸 、 を与えた所、


刑務所内で、 彼らが犯す、

暴力犯罪の件数が、

35 % 、 を、 低下した 」 [7] 。



☆ 『 足りないと うつ病にもなる

セロトニン 』 、 や、


ドーパミン 、 に、

ノルエピネフリン 、 の、

血中量によって、

精神的な問題を説明しようとしても、

全く、 説明には、ならない。


神経伝達物質らは、 互いに、

バランスを保って作用するからだ。


☆ ビタミン B 群、 な、

代謝らへの、 補助因子が欠乏すると、

どの神経伝達物質も、 正しくは、

代謝されない [8,9] 。


ビタミン B 群 、 への、

大量な摂取により、

結果として、 是正措置が生じる、

可能性がある。

ビタミン B 6 、 でもある、

『 ピリドキシン 』 、 は、

個人差が、 最も大きいものであり、


RDA

( 一日当たりの推奨摂取量 )

、 よりも、 はるかに多い、

量が、必要である事は、 確か、だ 。



このRDAは、 悲しいほどに、

低いが、

多くのアメリカ人らは、

こうした最低基準にさえ達していない。



ピリドキシンを豊富に含む食品には、

小麦の胚芽と、 ふすま、 がある。

ドーナツだけでは、 不十分だ。



☆ ドーナツと言えば、

低血糖の影響がある人が、

突然に、 激しく怒り出したり、

暴力行為にさえ及ぶのを目撃した人は、

多いだろう。


低血糖症は、

高果糖コーンシロップ

( 異性化糖 ) 、 などの、

糖類を大量に摂っていた事が、

原因となり、 また、

アルコールの摂り過ぎにも、関連がある。



「 栄養剤を余分に受けていた、

グループは、 プラセボと比べて、

犯罪件数が有意に低かった・・


(中略)・・、 オランダの法務省は、

その二重盲検試験の結果として、

48%の差があったことを報告した 」 

[10] 。


我々は、 犯罪者の血の中の、

ビタミン値を測定する必要がある。


また、 個々に合わせた、

推奨治療用量に応じて、

栄養サプリらを与える必要がある。


どの刑務所にも、

オーソモレキュラー専門医を置くべきだ。


暴力犯罪の犯人を対象とした研究は、

すでに、 実施されている。

多大な改善をもたらす方法は、

もう十分に、分かっている。

さあ、実行しよう。


https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1675565992559718&id=100003189999578

三石分子栄養学系の、 メグビー社の記事;


☆ 三石巌氏の書籍で、

現在は、 絶版して、 読むことができない、

物の中から、 皆様にご紹介。


☆ 睡眠には、 どんな意味があるか

  「 寝る子は育つ 」 、 という、

ことわざがある。


子どもにかぎらず、 寝る人は、

それにより、 リセットを得ている。


そのメリットは、 自然睡眠の方が、

催眠薬による、強制睡眠より、 大きい。

 


☆ 正常な眠りは、

5段階の経過を、 一セットとし、

それを一晩に、 4回 、ないし、

6回を、 くり返す形をとる。


一セットは、 約 90分であるから、

6時間の眠りでは、 それが、

4セット、

8時間の眠りでは、 それが、

5 〜 6 セット 、 と、 みて、

よいだろう。

 

各セットの、 第3、 第4段階は、

脳波の波長が長いので、

「 余波 睡眠 」 、 と、 よばれ、

最も深い眠りである。


第一セットの余波睡眠の時期には、

成長ホルモンらの大量な分泌がある。



何回も、 眠りなおせば、

それだけ、 成長ホルモンらが分泌され、

寝る子は、 育つのである。



@ イギリスの科学者らの研究でも、

夜中に、 一度は、 目を覚まし、

何彼らの作業をしてから、

朝まで眠る、 といった、

二度寝をした人々に、

その健康性を損なった痕跡らは、

観られず、


むしろ、 本来は、

7、 8時間を、 通しで、

眠るのではなく、

その途中で、 一度は、 起きてから、

眠り直す事が、

イギリス 、などでは、

近代へ至るまでは、

ごく普通の眠りようであって、


7、8時間を、通しで、

眠るようになったのは、

比ぶるに、 新しい習慣ではないか、

との事である。


・・成人の場合は、

成長ホルモンらの役割は、

損傷への修復や、

体の部位らを作る、

同化 、 への促進にあたるので、

すべての障害や疲労からの、

回復に役立つ、 と、 考えられている。

 


☆ コ−チゾン 、 に代表される、

『 副腎 皮質 ホルモン 』 、 は、

自然に目の覚める、 最後の終点で、

分泌のピークに達する。


これは、 日中のストレスに対する、

準備 、 と、 考えられる。


強制睡眠では、 以上のすべてが、

スムーズにゆかない。



〔 三石巌 全業績−11 

健康ものしり事典 ( 絶版 )

P 132 より抜粋 〕

三石分子栄養学➕藤川院長; 胃潰瘍 ❗ 。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ 胃潰瘍 ;

三石巌: 全業績ー6、

分子栄養学の健康相談、より;


45歳の男性、 胃潰瘍の診断を受け、

手術すべきかどうかの判定のために、

毎月に、 一回を、 病院で、

検診を受けています。

手術を宣告されたらと思って、心配です。



☆ 三石先生; 私のアドバイス、


 胃潰瘍では、

胃壁の粘膜の一部の細胞が、

膜の破れた状態になっています。


この破れたのが、自力でつくろえるなら、

手術しないでも、 なおる、

という、 理屈になる訳でしょう。

 

なぜ、 細胞膜がパンクしたか、というと、

膜の材料となっている、

不飽和 脂肪酸 、が、酸化した為です。


この、 不飽和 脂肪酸は、

構造脂質 、と、 呼ばれるもので、

胃粘膜の細胞らの場合は、 その大部分が、

『 リノール酸 』 、 です。


リノール酸 ≒

炭素 C 、 の、 18個 、 に、

水素 H 、の、 32個 、 と、

酸素 O 、 の、 2個 、 とから成る 、

C 18 H 32 O 2 、 が、

酸素 サンソ 、 と、 結びつく、

酸化 、 をして、

細胞膜が変性したのが、 もとで、

それが、 破れた訳です。


 膜の破れた細胞は、 潰瘍状態で、

じくじくしていますが、

どっちみち、 死細胞ですから、

脱落します。


すると、 奥の方の細胞が分裂して、

新しい細胞を作り、 それが、

新しい表面になる訳です。


潰瘍の条件がある場合には、

その新しい正常な細胞が、 すぐまた、

パンクするのだろう、 と、思います。


パンクへの条件が依然としてあるのなら、

パンクが続くのが、当然でしょう。

 

そこで、 問題は、

パンクへの条件を、無くせるか、

どうか、です。


パンクが、 構造脂質の酸化である、

事からすれば、

パンク 、 への防止には、


( 電子強盗を差し止め、

自らの電子を奪い去られた物による、

電子強盗の連鎖を差し止める ) 、

『 抗 酸化 剤 』 、 があれば、

良い事になります。


そこに、 子宝 ビタミン E 1 、 の、

抗 酸化 作用 、が、 物を言う事は、

もう、 読者諸君には、

お分かりの事でしょう。


 あなたの場合には、 1日に、

最低でも、 3百 IU 、の、

ビタミン E 、 をお勧めします。



 胃潰瘍 、 といえば、

胃ガン 、 との関連がある為に、

一種の恐怖を呼ぶ、 傾向があります。


しかし、 WHO ≒

世界保健機構 、 の調査によると、

胃ガンの多発地域らは、

乳製品をとらない食習慣の地域らに、

一致します。


それで、 乳製品にふくまれている、

ビタミン A 、が、

着目される事になりました。



油へ溶け出す、 脂溶性な、

ビタミン A ≒

C 20 H 30 O 、 は、

粘膜組織をつくる、

粘膜多糖体な、 コンドロイチン硫酸 、

を、 作るのに、 必要だから、

この不足は、

粘膜の機能の低下をもたらし、 ひいては、

ガンが発生する、

という事なのです。

 

それを考えると、

ビタミン A 、を、 とる事も、

このさい、 考慮すべきだろう 、

と、 思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆ 藤川院長;

胃潰瘍は、 胃粘膜細胞での、

不飽和な脂肪酸の自動酸化。


不飽和脂肪酸の自動酸化防止の為には、

ビタミン E 、

不飽和脂肪酸の修復のためには、

レシチン 、も、 良いはず。

胃ガン 、 への原因は、

ビタミン A 、 の不足。


ホッファーの本では、 まず、

精製されてある、 糖質を止める。


アレルギーへの原因食物を止める。


胃潰瘍を改善するものは、

A 、 ビタミン B 3 、 でもある、

ナイアシン 、

B 6 、 C 、 E 、

亜鉛 、 マンガン 。


元記事は、 こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1281986145251040


☆ アイユー IU ( 国際単位 ) 

International Unit


☆ ミネラル、や、ビタミン、などの、

微量栄養素 、の、 食品中の含有量は、


普通は、 g グラム 、や、

mg ミリ・グラム 、 で、表すが、


ビタミン A 、 などのように、

似たような分子構造の複数の物質

( ビタミン A グループ ) に、


同様な機能があるなどの場合には、


基準となる、 特定の物質 、 と、

その一定量 ( IU ) 、を、


国際的に決め、

生体内での働きが、 その何倍であるか、

の、 数値によって、 存在量 、 を表す。


ビタミン A 、 の場合は、


ビタミン A アセテート ;

0・000344 mg 、を、 1 IU 、

とする。


1 IU 、 は、


ビタミン A レチノール ;

0・3 μg マイクロ・グラム 。


ビタミン C L-アスコルビン酸 ;

50 μg 。


ビタミン D コレカルシフェロール ;

0・025 μg 。


人工の、 ビタミン E

dl-α- トコフェロール 酢酸 エステル

1 mg ミリ・グラム 。


天然の、 ビタミン E 1

d-α- トコフェロール

0・667 mg 、


と、 定められており、


天然の、 ビタミン E 1 、 の方が、

人工の、 ビタミン E 、 より、

その、 『 電子強盗を差し止める 』 、

働き者である度合いが、

5割 、 以上も、 大きい ❗ 。



@ リノール酸 、 は、

植物油に多く含まれ、 特に、

ベニバナ油 ( サフラワー油 ) 、や、

コーン油 ( 52% ~ 58% )、

大豆油 ( 52% ~ 58% ) 、に多い。

ヒトを含めた、 動物の体内では、

リノール酸の不飽和化、

炭素鎖の長鎖化が進行し、

アラキドン酸から、

アラキドン酸カスケード 、 と呼ばれる、

生体反応を経て、

プロスタグランジン 、 などの、

生理活性物質への原料となるほかに、

細胞膜の膜脂質として、 多く見られる。

リノール酸は、 N一6系 ≒

オメガ 6系 、 の、

人の体内では、 合成されない、

必ず、 その体の外から取り込むべき、

必須 脂肪酸 、 で、

これが、 欠乏すると、

髪のパサつきや、 抜け毛、 などの他に、

創傷の治癒の遅れが見られる。


また、 血の中の、 コレステロール値や、

中性脂肪値を、 一時的に低下させる、

作用を持つ。


しかしながら、

リノール酸、への、 過度の摂取は、

アレルギーを悪化させたり、

大腸癌 、 などへの、 リスクを高める。


最近の研究結果では、

日常で摂取する、 飽和脂肪酸の一部

( 15% 程 ) 、 を、

リノール酸に置き換えた場合に、

全死因死亡、 心血管死亡、

冠疾患死亡 、 への、 リスク 、 が上昇する、

可能性が指摘されている。

三石分子栄養学➕藤川院長; ウイルス 感染 症 ❗ 。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ ウイルス 感染症

( 口唇 ヘルペス 、

帯状疱疹の後遺症 ) ;


☆ 藤川院長;

記事の内容を一部を変更しています。

自分は、 ビタミン C 、は、

6 g

( 腹が、 ゆるゆるになる、

腸耐性用量の、 2 / 3 ) 、

を、 摂取しています。


腸耐性用量は、 個体差が大きく、

1 ~ 30 g 、 なので、

自分で、 適量を確認する

ことが、 必要です。


風邪の引き始めに、

30分ごとに、 2 g 、

というのは、

スティーブ・ヒッキー氏、や、

アンドリュー・ソウル氏、の、

推奨量に比べると、

少なすぎるかもしれません。


ヒッキー氏は、 30分ごとに、

健常な時の、 腸の耐性用量の、

2/3 、 と、 言っています。

ソウル氏は、 6分ごとに、

2 g 、 と、 言っています。


ーーーー

三石巌: 全業績ー6、

分子栄養学の健康相談、 より ;


1) 32歳の男性、 唇に、

水ぶくれが、 できて、

ヘルペス 、だ、 と、 言われました。


2) 67歳の女性、

右の顔面が、 帯状疱疹となり、

太陽灯、 注射、 塗布薬で、

治療中です。

目のかすみは、 消えましたが、

しびれと痛みが、 治りません。



☆ 三石先生; 私のアドバイス、


ウイルスの感染 、という事であれば、

高 タンパク 食 、と、

ビタミン C 、 に、 頼る、

ことを考えます。

 

私たちの体が、

ウイルス 、に対抗すべく、

インターフェロンを作ろうとする時には、

ビタミン C 、が、 必要になります。


そしてまた、

インターフェロン 、は、

タンパク質 、 ですから、

『 高 タンパク 食 』 、 が、

もう一つの条件になります。


ビタミン C 、は、 服用も、よく、

塗布も良いでしょう。


むろん、 ビタミン C 、の服用量は、

相当に、多くなければ、なりません。


10 g 、前後 、

という所でしょう。


ビタミン C 、 には、

『 ウイルスの本体を切断する 』 、

作用がありますので、

これを溶かした水を、患部へつけるのも、

効果が、あります。


痛いけれど、

ビタミン C 、の粉末をすりこむのも、

有効です。

 

発症への引き金として、 最大のものは、

恐らく、 ストレス 、 です。


ストレスがあれば、

腎臓らの各々にそってある、

副腎 、 などで、

ビタミン C 、 の、 大量な消費がおき、

そのために、

タンパク質たちから成る、

インターフェロン 、への合成に、

手が回らなくなり、

結局は、 ウイルスらの活動を、抑えられず、

発症 、 となるのです。



 体の、 インターフェロン 、への、

合成能の低下が、 あれば、

発症の可能性は、 大きくなります。


だから、高齢者、白血病患者、

免疫抑制剤投与者、ステロイド投与者に、

帯状疱疹が出やすいのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆ 藤川院長;

ウイルス感染症への予防には、

普段から、 高タンパク食 + C 、

これ、 常識ですよね。


” 糖質制限、 断糖さえ行っていれば、

サプリは、 一切、 必要がない ”

、 という人も、 おられますが、

普段から、 C 、を摂っている人とは、

健康レベルの違いが、 出るはずです。


高用量の、 C 、は、

ウイルス 、 の、 RNA ≒

遺伝情報らを帯びてある、

たんぱく質ら、である、

リボ 核酸 、や、

DNA ≒

遺伝情報らを帯びてある、

たんぱく質ら 、である、

遺伝子 、 とも言う、

デオキシリボ 核酸 、

を、 切断します。


風邪の引き始めには、

ビタミン C 、を、 30分毎に、 1 g 。


5時間を続ければ、 10 g 、

になります。 


陶板浴や、 麻黄湯などで、

体を温めるのも、 良いはずです。


ウイルス感染に対して、

C 、の、 10 g 、の点滴も、

効果、 絶大だろうね。


自分は、

タンパク質は、

朝、 卵 2個 ( 13 g ) +

( メグビー社、 の ) 、

メグビープロ

( プロテイン ) 、 20 g ~ 33 g 。


つまり、 朝だけで、

体重の、 1/2 。


ビタミン C 、は、 朝 、

メグビーミックスで、 2 g 、

夜、 エスター C

( 脂溶性 C 、で、

水溶性より、 数倍強力 ) 、を、 1 g 。


藤川クリニックには、

市販の C 、を常に用意してあり、

いざとなったら、 それを追加服用します。


質問、 ディスカッションは、

下記のグループで、 お願いします。

https://www.facebook.com/groups/1727173770929916/

元記事は、こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1222069041242751

☆ 三石巌先生系の、 メグビー社 ;

■お電話・FAX でのご注文方法

TEL: 03 一 3265 一 0314 

( 受付時間 9:00 〜 17:00 )

FAX: 03 一 3265 一 0319

 ( 24時間受付 ;



☆ 酵素 コウソ 、 には、

消化 酵素 ( 体外 酵素 ) 、と、

代謝 酵素

( 体内 酵素 ) 、の、 2つがあり、


● 消化 酵素 、は、

食べ物 ( 栄養 ) 、 を、

消化し、 吸収する際に、 働き、


● 代謝 酵素 、は、 体内で、

代謝 、 という、 仕事が行われる際に、

活躍しています。



☆ 酵素 コウソ 、 たちは、

タンパク質で、できており、

本来は、 どちらの酵素も、

自分の、 タンパク質ら、からなる、

遺伝子 ( DNA ) 、の、

情報らから 、 自分自身で作る、

しかないものなのです。


☆ 外から摂る方の、 酵素 コウソ ;


食品から摂った、 酵素 コウソ 、は、

私たちが、 自前で分泌している、

消化 酵素 、への、

お手伝いをしてくれているのです。


身近な所で、 考えると、

大根おろしの酵素

( ジアスターゼ ) 、や、

パイナップル 、 に含まれる、 酵素は、

タンパク質への消化を助けるので、

焼き魚や、 酢豚などと、

一緒に食べる事も、多いですよね。


しかし、 ご相談の中では、

“ 外から摂った酵素が、

体内でも、 代謝酵素として働ける ”

、 と 、 思っている方が、 結構と、

多いようなのです・・ ( 汗 ) 。


これは、 大きな勘違いです。


酵素食品は、 胃や腸で、

消化酵素へのお手伝いは、できますが、

それは 、あくまで、

“ 体外 ” 、での、 働きを手伝う、

に過ぎません。


え~~~っっっ!?、

胃や腸って、

体内じゃないんですか? 、

という、声が聞こえた気がしますので、

ここで、 説明させて頂きます。


胃や腸は 、 皮膚のように、

体の表面にある訳では、ないので、

体内 、と 、思う方が、

多いかも知れませんが、


実は 、 “ 体外

( 内なる外 )” 、なのです ☆ 。


本当の意味での 、体内 、とは、

“ 腸から吸収された先 ” 、

の、 ことをいいます。



食品に含まれる、 酵素 コウソ 、が、

体内で、 直に、

代謝 酵素 、 の働きを助ける 、

ことは、 できません。


なぜなら、 体内で働く、 酵素

( 代謝 酵素 ) 、 は、

タンパク質ら、からなる、遺伝子

( DNA ) 、の情報らを読み取って、

自らの身柄の力で、

作っていくしかない、 からです。


消化機能の低下

( 消化酵素の生産能力の低下など )

している方が、

酵素食品や発酵食品などの、

酵素を含む食品を摂取することは、

消化機能を助ける、

ことに、 つながるかもしれません。

しかし、 それは、

消化機能の根本的な改善につながる、

ものでは、 ないので、

自分自身の消化機能を高めること

( 胃腸機能自体の正常化 ) 、の、

方が、 優先順位としては、

先です 。



『 良質タンパク・ビタミン・ミネラル 』、

などは、

消化 酵素 ( 体外 酵素 ) 、と、

代謝 酵素 ( 体内 酵素 ) 、

とへの、 材料として、

重要な働きをしています。


それだけでなく、

胃腸の粘膜を正常化して、

その働きを向上させていくためにも、

必要な、 栄養素なのです。


もちろん、 体全体にも、必要ですよ。



これからは、 酵素食品を摂ると同時に、

『 良質タンパク・ビタミン・ミネラル 』、

などの、 “ 酵素の材料となる成分 ” 、

に、 不足がないか、

という事も、 気にかけていただければ、

と、 思います!。



☆ アイユー IU ( 国際単位 ) 

International Unit


☆ ミネラル、や、ビタミン、などの、

微量栄養素 、の、 食品中の含有量は、


普通は、 g グラム 、や、

mg ミリ・グラム 、 で、表すが、


ビタミン A 、 などのように、

似たような分子構造の複数の物質

( ビタミン A グループ ) に、


同様な機能があるなどの場合には、


基準となる、 特定の物質 、 と、

その一定量 ( IU ) 、を、


国際的に決め、

生体内での働きが、 その何倍であるか、

の、 数値によって、 存在量 、 を表す。


ビタミン A 、 の場合は、


ビタミン A アセテート ;

0・000344 mg 、を、 1 IU 、

とする。


1 IU 、 は、


ビタミン A レチノール ;

0・3 μg マイクロ・グラム 。


ビタミン C L-アスコルビン酸 ;

50 μg 。


ビタミン D コレカルシフェロール ;

0・025 μg 。


人工の、 ビタミン E

dl-α- トコフェロール 酢酸 エステル

1 mg ミリ・グラム 。


天然の、 ビタミン E 1

d-α- トコフェロール

0・667 mg 、


と、 定められており、


天然の、 ビタミン E 1 、 の方が、

人工の、 ビタミン E 、 より、

その、『 電子強盗を差し止める 』

働き者である度合いが、

5割 、 以上も、 大きい ❗ 。