経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

より、観念系らへ対する、内因性らによる、観念らの規定性ら、が、妨げ得て来てある事ら 。 実質金利 = 名目金利 ➖ 期待インフレ率 。

【 自らに、 面積を成していない、 もの、

として、 観念され、 規定される 、

位置 、 ら、 の、各々は、

幾ら、 連ねられても、 線にも、 面にも、

成り得ないものでもあり、


文字通りに、 位置関係などの、

関係性らの枠組みの側の内容を構成し合う 、

べくも、 規定されてある、 もの 、 であるが、


こうした、 面積や、 立体積、 などの、

広がりの量や、 膨らみの量、 など、を、

自らに、 欠いて、 在る、べく、

観念に、 規定されてある、 ものら、 が 、

単なる、 枠組みの側を構成する立場から、

より、 独り立ちをさせられて、

面積や、 立体積などの、 広がりの量や、

膨らみの量、などを、 自らに、 成して在ったり、

成すべく在ったり、 させられてある、

観念な、 何彼ら、を 、 改めて、 規定し、

秩序立てて観る 、 事において、

その、 基準の、 規定性なり、

秩序性なり、を、 成してある、 もの、 として、

機能させて観られる 、 場合ら 、なり 、

思案系ら、なり、 においては、


エレアのゼノン氏らの論説らにおける、ように、


観念系らから、 観念な、 質としての内容を、

それ自らとして、 与えられて、

それ自らの成り立ちを得て、 在るべく、

在りつつも、


より、 その前提においては 、

観念系らへ対する、 外因性らによって 、

それ自らの成り立ちようらを得るべくも、

仕組まれてある 、 ものら 、 の 、


そのようにして、 初めて、 在り得る、

在りようら 、や、 在り得ようら 、 を、

無 ナ みし、 否定して観せる、

特定の観念らによる、 規定性ら、なり、

秩序性ら、 なり、 が、

改めて、 それ自らの質としての内容な事ら、を、

より 、 露 アラワ にさせられもする事が、

在り得る 。


観念系らに対する 、 より 、

内因性ら 、による、 観念らの規定性ら 、 が、

その観念の自らへ宛 ア てて、 無みしてある 、

何らかの量などとしての度合い、 などを、

成しても、ある、

より、 観念系らへ対する、

外因性ら、 によって、 ある、 度合いが、

余計に、 ある、 観念な、 質としての内容 、

を、 与えられてある、 観念な物事である、

観念性らへ宛てて、

それらが、 自らに、 帯びて、 在ったり、

帯びて、 在り得べく、 在ったりする、

度合い、などを、

自らの枠組みにおいて、 自らへ宛てては、

無みする、 規定性らを成してある、

より、 内因性によって、 在る、

度合いを成してある、 特定の観念ら、 の 、

そうした、 規定性らなり、 秩序性らなり、

を、 基準系として 、

機能させて観る 、 思案系らにおいて、


そうした規定性らによって、

その宛先の観念性らを秩序立てて観直す事が、

より、 その宛先の観念性らの、

本来の規定性らに当たる情報ら 、を 、

そこらでも、 取り立てて観る事を、 成さずに、

無みし、

より、 そうした規定性らによってだけ、

成される、 統一性を成して、 成される、

度合いを高くして、 成されれば、 成される程に、


その宛先の観念性らは、

より、 それ自らの本来の成り立ちようら、を、

無みされ、 否定して観られ得る 、

可能的な度合を、成し、増されもする事になる 。



そうした、 在り得ても、 来てある、

在り得る、 事らの様 サマ ら、 は、

それらへ宛てがわれて、 成る 、

在り得る、 一定度合い以上の、 分析型の体系知ら、の、 一定数以上が、

観念系らへ対する、 外因性ら、と、 内因性ら、

と、による、 物事ら、の、

在りようら、や、 在り得ようら、 の、

より、 全体な様ら、を、

自らの、 質としての内容に、 含み増してゆく、

規定性のものとしても、 構築される状態に至る 、

道筋らの所々を、 占めて、在り得るものとしての、 可能的な度合いを帯びてもある 。



我々でもある、 観念系らへ対する、

外因性ら、と、内因性ら、と、 による、

観念な、 質としての内容を、 与えられて、

成り現れ得る 、 物事ら、 の、

在りようら、 や、 在り得ようら、 の、

より、 全体な様ら、へ、 宛てがわれて、 成る、

在り得る、

一定度合い以上の、 分析型の体系知ら、の、

構築を、 妨げても来てある、

より、 内因性らによって、

創り出されて来てある、 観念らの規定性ら、は、


より、 内因性らによって、 左右され得ない 、

外因性らによって、 成り立ち得て、 来てある 、

観念性ら、へ、宛てて、

それらを、 改めて、 秩序立てて、 観直す、

試みな事らに用いられる、 思案系らにおいて、


その宛先の観念性ら、 の、 本来の、

在りようら 、や、 在り得べくして、 在る、

在り得ようら 、 を、 より、 能 ヨ く、

無みし、 否定して観せ得たり 、


それと、 同時に、

その宛先の観念性ら、の、 再構成される、

様ら、を、

その、 本来の、 在り得ようら 、 と、

生き写しなものに成るように、

自らの秩序性によって、 仕立て上げる事に、

より、 能く、 しくじって観せ得たりする、

事によって、


それらが、 より、 外因性らによる、

観念性らにおける、 秩序性ら 、 を、

自らが、 創り出して、示す、 観手塊 ミテクレ な 、 状況ら、 に、 おいてだけでも 、

打ち消して観せる、 働きを成し得る、

度合いを成してある、 ものら 、 であり、

外因性らによる、 秩序性らへ対して、

違反性を成して、 在る、 ものら 、 である、

という、 事 、 の、

その、 在り得よう、を、

より、 能く、 さらけ出されて、 観られ得る 、

事 、 において、

観念系らへ対する、 外因性ら、と、 内因性ら、と、 の、 在りようら、や、 在り得ようら、へ、

宛てがわれて、 成る、

あり得る、 一定度合い以上の、 分析型の体系知らの構築へ至る、 因果系の道筋らに、

連なり得るだけでは 、 なく、


特定の事らへ 、 宛てがわれて 、 成る 、

あり得る 、 体系知ら、の、 一定度合い以上での 、

構築を妨げ得て 、 来てある 、

要因な 、 ものら 、の、 中に 、

より 、 内因性らによって 、

それ自らの 、 規定性ら 、なり 、

秩序性ら 、なり 、 を 、 与えられて 、 ある 、

度合いを 、 余計に 、 成されて 、 在ったり 、

あり得たりする 、 観念ら 、 が 、 あり 、

その規定性ら 、 が 、 ある 、


という事へ 、 宛てがわれて 、 成り立ち得る 、

一定度合以上の、分析型の体系知らの構築を促す 、 可能的な度合いを帯びても、ある 。

いずれにせよ、

日本国民たちは、 より早くに、

日本国民たちの足元の、 地下へ、

より、 どこからでも、

より、 速やかに、 落ちついて、

歩み降りてゆき得る、 避難経路ら、と、

より、 快適に住める、 避難所らとを、

作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事により、


日本の、 財務省の役人ら、と、 与野党の、

主な政治家らとが、


英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、

自らもまた、 オウム返しにして、主張し、

実行もする事において、


日本政府の財政における 、 緊縮 、 を、

繰り返し、 成す事を通して、


彼らへの、 主 アルジ の立場にある、

日本の主権者としての日本国民たちへ、

物価だけではなく、 その労働らへの賃金らの水準へも、 より、 押し下げる向きへ圧力をかける、

要因らの系である、

デフレ不況性 、を、 押し付け続けて来てある、


その、 デフレ不況性 、を、 解消し去ってゆく、

と共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的にも高めてゆくべき、 ぎりぎりの状況にも、 ある 。



地上を襲い、 地上をおおい得る、 あり得る、

災害らへ対して、


地上に、 避難所らや、 避難経路らを設定して、

日本の主権者たちを、 それらへ誘導する事は、


人食い鮫 ザメ どもの住む、 海辺へ、

人々を誘導する事に類する行為であり、


日本の主権者として、 日本国民たちの一般 、

へ対する、

個々の日本国民においても、

執事なり、 召し使いなりの立場にある、

公務員などの、 者らにおいても、

成す事が、 許されない 、

日本国民たちの一般の、 あり得る、 福利ら、を、 より、 能くも、 最大限にも、 成す事を、

約束して、 日本の社会に、 存在し、 存続する事を、 日本国民たちの一般から、 許されてある、

筋合いにある者としての、 義務 、 に、

違反性を成す、 行為であり、


それが、 作為型では、 無く 、

無知性と痴愚性とにもよる、 不作為型の、

行為であっても、

それへの責めを負うべき、 筋合いを、

その主らの側に、 成すものである事に、

変わりは、 無い 】 。


◇ 負電荷な 電子対なら 奪う、酸


逆な、 陽子を 引き取る、塩基・・。




☆ 湧き水の 濁りに続く 山津波

無い、水どもが 湧くも、先触れ・・。


◇ 連れ去るに 浜から沖へ 離岸流

脇へ泳げば ひろえる命・・。


☆ 水に塩 糖分も要る 熱を去る


風に、 掛け水 殺 ソ ぐ、 熱射病・・。

☆ 古い記事の引っ越し保管と改訂など+;


☆ 実質金利 = 名目金利 ➖ 期待インフレ率


2012/ 11/12 ; 2015/ 1/17 16:25 ;

http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html :


☆ 物価や、 給料などの、

主権者たちへの賃金らが、 より、 安くされ合ってゆく、 デフレ不況の進む状況の下では、 :



あなたや、 あなた方の、 経済的な遣り繰り、

である、 『 家計 』 、 における、


住宅ら等への投資においても、 :

【 実質金利の高まりによる、

投資意欲の縮小 】 、 が、 促されます。 :



あなたが、 金利 が、 1 % で、

1千万円を借りて、 住宅を買ってから、

一年後に、


デフレの進行により、 その住宅の価格が、


【 9百万円 】 、 にまで、 下がった、

とすると、 :


その インフレ率 :

【 物価の上昇率 】 、 は、


マイナス 10 % 、 と成り、 :



【 実質金利 】 =

名目金利 ➖ 期待 インフレ率 、


なので、 :


【 実質金利 】 、 は、 11 %、 にも成り、



あなたの、 実質的な金利による負担の度合いは、


【 名目金利 】 、 が、 1% 、 でしかないのに、


実質では、 11% 、 にも、

跳ね上がってしまいます。 :



だから、 日本で、 デフレ不況が続いてゆく、

と、 期待できる場合には、 :


日本の、 円 、 を、 単位とする、

数値らへの買いを進めて、 保持して置くと、 :



実際に、 これまで通りに、

デフレ不況が、 続けば、 続く程に、


日本の国内の、 サービス、や、 品物ら、への、

値段らの一般は、 下落してゆき、



例えば、

百万円の、 同一な品質の、 車の一台が、


半年で、 90万円 、 に、 値下がりし、


更に、 その後の半年で、 80万円 、

に、 値下がりする、

といった様に、


同一の金額での、 円による、 購買力が、

段々と、 大きく成ってゆくので、



日本社会の一般の、 名目金利 が、

【 0 % 】 、 に成った、 としても、 :



円 、 を、 単位とする、 金額としての数値ら、

を、 買う、 外国人ら、 が、 儲け得る、


【 実質金利は、 高く成って行きます 】 。 :



【 金利 】 、 は、

日本の、 円や、 アメリカの、ドルなどの、

ある通貨を単位とする、

同一の金額としての数値を持っているだけで、


一定期間の後や、 一定期間の中に、 :


同一の品質の、 サービスや品物らを、 どれ位に、

多く買えるように成るか、


あるいは、

同一の数量の、 品物や、サービスらについて、

どれ程に、 その質を高めたものらを買えるように 成るか、 といった事によって、 :


その実質の大きさを量り観られ得る対象でもある、

という事です。



◇ デフレの進行下では、

【 実質金利は、 高く成って行く 】 ので、 :


企業らの大勢 【 たいぜい 】 が、 :


一般の銀行らから、 借金 をして、


一定金額以上の、 収益や所得の付く仕事ら、を、

得られる、 働き手たちを増やす事に成る、

設備投資などの、 投資をした、としても、 :


【 投資による 収益 】 = リターン 、 が、 :


実質での金利による負担を上回り難くなり、

実質での、 儲けを得られる、 可能性 が、

低下してゆく 事を 意味しています。 :

:


☆ 儲けの見込める、有望な仕事らが減ってゆく、


売り買い取引らの、 量としての度合いや、

質としての度合いが、 減ってゆく、


不況が続く、 デフレ不況の下 モト で、 :



投資への見返り益らの得られ得る度合いが、

実質の金利での負担の度合いをさえ、 下回る、

という場合には、 :


民間の企業らの大勢の投資らが、

増える筈は、 無く、



実際に、 大筋では、 好況の時に比べて、

世界中のどこでも、 減りっ放しです。

:


◇ このデフレの存続下における、

【 実質金利の高さや、 その、高まり 】 は、 :


『 機関投資家 』 、 などと言われる、


海外の、 中央銀行ら、や、 大手の保険会社ら、

など、 の、

玄人筋の投資家らが、


今まで、 大筋では、

日本の、 円を単位とする、

金額としての数値らを買い進めて、

円高を推し進めてきた、 主な要因なのです。 :



☆ お金の価値の大いさ ≒

その通貨の同一の金額で、 買える、


同一な品質の、 品物の豊富さ、や、

同一な数量の、 品物らの品質の高さ、 が、

日毎に、 大きく成ってゆく、

デフレの傾向が、 存続し得ている、 からには、 :



【 実質金利 】 、 は 、 それだけ、

高く成ってしまうので、 :


それを、 主な目当て、 としても、

海外の投資家らから、

日本の円は、買い進められる、

あり得る度合いを、 それだけ、 余計に、

帯びてある事に成ります。

:


☆ 玄人筋の投資家ら中の、

主導的な影響力が、 一定以上にある人達は、


そうではない、玄人投資家らや、

素人投資家らとは、 異なり、


きちんと、 実質金利らなどを量り、

観比べた上で、


各国の通貨らなどの、 資産らを買うか否か、

売るか否か、 等の事らを決めており、 :


何となく、 日本の円資産らが、

欧米の通貨資産ら等より、

安全な感じがするから、 と、

円、を、 買い進めたりしている訳ではなく、


定量的 ≒ 科学的 、に判断してもいるのです。



☆ リチャード・クー氏による、

バランス・シート不況論が説かれる前の、

欧米の経済学の教科書らにおいては、


円などを単位とする、 ある経済圏の通貨が、

別の単位の外国らの通貨らにより、

買い進められる事において、


その通貨の、 同一な金額としての数値が、

他の国々の通貨らの、 より、 多い数値らと、

交換されるようになってある、

その通貨についての、

通貨高 、 な状況に成ってある場合には、


通例は、 その通貨圏の、 企業らの株式らが、

買い進められてもいる為に、


『 通貨高 、で、 株高 』 、な、 状況にも成る、

と、 されてあるのに対して、



日本ばかりは、

そうした、 通例な事らとは、 異なり、


『 通貨高なのに、 株安 』 、

といった、 状況を 、

海外の、 玄人な投資家らによって、

何度も、 作り出されて来てあり、


経済学の教科書らの通りではない現象として、


通貨高なのに、 株安な状況らは、

一定数の経済知員らをして、

不思議がらせもして来ているのです。



◇ 英米の、 投資銀行の、

ゴールドマン・サックス等の、


英米の富裕権力層の者らから、

最も大きな割合で、

その事業らを営む為の、 カネらや、

利権性らを、 与えられてある、

欧米 、の、 カネ貸しらは、


きちんと、 統計における、 数値らと、

その数値らの推移ぶりらとを認識した上で、


日本国民たちへ対しても、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、

主な政治家らの働きらにより、


日本政府の財政における、 緊縮 、

を、 成す事を通して、


デフレ不況性、を、 押し付け続けて来てあり、


その事から、 極めて、 安定的に、

利益らを収奪し得て来ているのです。




☆ 通勤中に、 “奇跡の連携” ;

暴走トラックを自車にぶつけ、停止→

運転手を救出→ 心臓マッサージ ;

3人に感謝状 ;



◇ 千葉県は、 白井市の国道で、 先月に、

運転手が、 意識を失い、

暴走するトラックを、 自車にぶつけて、 止め、

心臓へのマッサージを施すなどした、

見事な“連携プレー”で、 運転手の一命を救い、

二次災害も防いだ、 男女の、 3人に、

印西署 ( 鎌田篤 署長 ) 、が、

6月19日に、 署長感謝状を贈った。



表彰されたのは、

会社員の、 長原桂三さん ( 40 )

≒ 市川市 、 と、


同僚の、 小畠聡さん ( 39 )

≒ 松戸市 、 に、


看護師の、 伊東都さん ( 50 )

≒ 柏市 、 の、 3人。



同署などによると、

5月23日の、 午前7時50分ごろに、

白井市は、 大山口の国道464号で、

乗用車で、 通勤途中の長原さんが、

壁面をこすりながら、 白煙を上げて、 走行する、

トラック ( 2トン ) を発見。



追い抜きざまに、 運転席を見ると、

ハンドルを離して、 助手席側に、

運転手 、と、 みられる、 男性が、

ぐったりした様子で、 倒れていた。


約 500メートル先は、 十字路交差点だった。



「 蘇生しないと、 危ない 」 ;

直感で、 危険を察知した。


長原さんは、

印西市の自動車用機械の製造販売会社で、

安全運転管理者の資格を取得。

交通事故の映像を、何度も、 講習で見ていた。



「 これぐらいのスピードなら、 止められる。

自分の車は、 諦めよう 」 。


とっさに、 トラックの前に入って、

ブレーキを踏んだ。


停車の後に、 トラックに駆け寄り、

男性に声を掛けるが、 反応がない。


気が付くと、 後方から、 車が、 何台も来ていた。


すぐに、 トラックの発煙筒を取り出し、

後続車を誘導しながら、 119番へ通報した。



車で、 通勤の途中に、 トラックを追い抜いた後で、 異変を感じた、

「 セコメディック病院 」 ( 船橋市 ) の、

看護部長の、 伊東さんが、駆け付けた。



トラックから、 男性を救出しようとするが、

大柄な男性は、 女性では、 運び出せない。



そこに、 車で通り掛かった、 長原さんの職場の同僚の、 小畠さんが、 伊東さんと協力して、

男性を降ろした。



伊東さんが確認すると、 男性にはまだ、

自発呼吸があった。


「 なんとか、 助けたい 」 。


必死に、 男性に声を掛けながら、

心臓へのマッサージを、 20分間を続けた。



その間に、 通報を受けた救急車両が到着し、

男性は、 ドクターヘリで、 日医大千葉北総病院

( 印西市 ) へ搬送。



男性は、 心筋梗塞で、

呼吸停止の危険な状態だったが、


一命を取り止めて、 意識が戻り、

現在では、 会話もできる状態まで、 回復した。



後に、 担当医師から、

「 完璧な心臓マッサージ。

今回のケースだと、 良くても、植物状態なのに、

奇跡だ 」 、と、 驚かれた 、 という。



6月19日に、 同署で行われた、

感謝状の贈呈式で、 鎌田署長は、

「 放置していれば、

多重事故の二次災害も起きる状況だった。

連携した行動によって、 尊い命が助かった 」

、 と、 3人の的確、迅速な行動を称賛した。



長原さんは、

「 何より、 男性には、 家族がいるので、

良かった。

たまたま、 居合わせた、 3人、

人生、 不思議なこともあるんだ、と思った 」

、 と、 感慨深げ。


小畠さんは、

「 後遺症がないのが、 一番。

助かって、 良かった 」 、と、 はにかんだ。



伊東さんは、

「 道路上だったので、 自分の技術しかなかった。

3人だからこそ、 助けられた、 と思う 」

、と、 奇跡の連携プレーを振り返った。



“連携プレー”で、 鎌田署長から感謝状を贈られた、

( 左から ) 、 長原さん、伊東さん、小畠さん

≒ 6月19日午後、 印西市大森の印西署

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00010001-chibatopi-l12


@ すげええ 。

トラックの運ちゃんが病気って、よく解ったな。


@ 立派 。 @ 映画化だな 。


@ ええ話しや。

登場人物、 全員、 素晴らしい。



@ 自動運転化、 はよ 。


@ 自動運転だったら、

運転手、 助かってないかもな。

普通に、 車が走ってたら、

誰にも気づかれずに、 手遅れになる。


@ それも、怖いね 。


@ 自動運転の車らへ、

医療系の装置らを標準で付けて、

脈拍や、脳波などに対応でき、

対応操作のできる相手らへの連絡も、

自動で出きるようにするべきな訳だ。



@ 自動車を弁償してもらえるの?


@ 何処かのメーカーが、

もっといい車をプレゼントしてあげてねー 。


@ 長原さん、

よく、 暴走車とめる判断できたねぇ 。



@ それも、 凄い偶然で、

知識がある人だったんだよね 。



@ 前に出る → アクセル・オフ

( ブレーキは、 踏まない ) →

軽く、 接触 → フル・ブレーキ


じゃないかな。



@ → 軽く接触 → フルブレーキ ;

漫画なら、ここで、

「 いっけぇーーーッ!! 」 、 と絶叫w



@ すごすぎる。

自分の車の修理代は、 絶対に、

保険じゃ下りないよな。



@ 映画化で、 家が建ちます 。


@ すごい 。 感動した 。


@ 修理代、保険、降りるのかな?


@ 俺も、それが、 非常に気になる。


@ すごすぎ 。 どんだけ、

「 そこに、 たまたま 」、 が、 続いたんだ 。


@ 読んでて、 鳥肌立ったわ。 GJ 。


@ コナンで、 ネタになりそうだな 。


@ 死体を乗せて走ってる車を、車で、

前に回り込んで、止める話あるよ 。



@ 素晴らしいな 。


@ 看護婦やるじゃん 。


@ すげーな 。 拍手 。


@ 交差点へはいってたら、

何人か、 死んでたろ 。

トラックは、 空荷だったのかな?



@ 立派だね。 俺も、 事故った時に、

いろんな、 知らない人に、

助けてもらった事を思い出した。


@ 2017/ 6/20 (火) 12:11:49.21ID:qKiz1GRe0.net


凄い! 初めから、 三人一緒にいて助けたのか、

と、 思ったら、 次々現れて、 びっくり 。


@ なんという格好いい話だ。 ヒーロー現る。


@ 素直に褒められるニュースも、時折あるね 。


@ マジすげえ、 救世主か 。


@ そんな状態になっても、 車って、

走っちゃうものなんだね。


@ 教習所などでの訓練として、

こうした事をやる事を義務付けると、


健康管理の必要性とか、 を、

助けられた運転手氏の立場で、

考える機会を作り出す事もできるし、

より、 こうした対処らを成し得る人たちを、

つくり出す事もできるだろう。

観念な、 基準系らのできように応じて、観得て来る事ら 。 ガン達に共通する、現れようら 。

【 観念系らへ対する、 外因性らは、

観念な、 質としての内容を、

それらと、 観念系ら、とから、

与えられて、 成る 、 観念性の、 現象な、

事ら、を、 成す事において、


必ずしも、 同じような、 連携性を成しては、

居らずに、

現に、 量子らの、 もつれ、 を、 利用した実験ら、

において、 観察されて来てある、

現象な事らにおいて、

時間性や、 距離性、の、 成り、 増す、 度合いら、を、 無 ナ みしても、 観せる形で、

量子らの情報ら、が、

それらの間の、 『 距離性の度合いに関わりを、

無しに 』 、

『 同時に 』、

やり取りされる様 サマ ら、を、

観察 サツ 系の主らへ、 観て取らせて来てある 、 ように 、


観念な、 質としての内容を与えられて、

それ自らの成り立ちようを得る、

観念な、 設定による存在であり 、

現象な、 事であったりもする 、

観念性ら、 の、 どれ彼ら、の、 成り立ち、

を、 省 ハブ いて、

観念な、 現象である、 事ら、 を、 成し得る 、

事情らを帯びても、 ある 。




2重隙途 スキト 実験ら

≒ 2重スリット実験ら 、 において、


波でもあり、 粒子でもある 、


≒ 波としての動きようらを観察されもし、

粒子としての振る舞いようらを観察されもする、

宛居 アテイ ・ 対象 としてある 、


電子らの各々が、

隙途を抜け出た後に、

波のような、 振る舞いようを成して観せたり、

粒子のような、 振る舞いようを成して観せたり、

する事らは、


粒子な、 物質らの各々が 、

自らの立体な範囲の内に 、

空間を含む 、 物体らの各々 、を 、

その、 『 物体内空間 』 、を除き去る形で 、

縮小したような、もの、 ではなくて、


力ら、として、 観念されて来てある、

在ったり、 在り得たりする、

働きら、 への、 原因として、 観念される、

ものら、や、

それらによる、 働きら、 の、

在ったり、 在り得たりする 、

単なる、 場 、なり、 位置 、 なり、 であり、

それらの 、 系として移動する位置 、 なり、

動的な交差点 、 なり、 に過ぎない、

もの 、 である 、


という事へ宛 ア てて 、

一定度合い以上の、 分析型の体系知ら、を、

思い構えて観るなり、

思い分けて観るなり、 し得てある、

思案の系らにおいては、


( 物質とされて来てある 、 粒子らの各々が、

波のような振る舞いようら 、 を、 成し得る 、

可能的な状態にも 、 在る 、

という事は ) 、

特に、 驚くべき宛居の事では、 無い 、 が、



そうした、 思案系らにおいては 、


粒子な、 物質ら、が、

物体内空間ら、が、 より、

取り除けられるようにして、 在る 、

物体を縮小したような 、 もの 、

では、 無く 、


粒子以下な、 物質なるものらは、

単なる、 働き得ようら、 の、

在りか、 を、 示して観せ得る 、

動的な交差点 、 といった 、 もの 、

である 、 が、 ゆえに 、


それ自ら、を、 物体の縮小版な、 もの、

であるように、 観せない 、

振る舞いようら、を、

粒子な、 物質 、 なる、 ものら、 が、

その系を成り立たせてある、 ものら、

から、 強いられる場合らが、 あっても 、


何ら、 その持ち前の、 規定性ら、なり、

秩序性ら、なり、に、 違反して観せ得てある、

事には、 成り得ては、 いない 、


とする、 向きの、 判断ら、が、

その内容な事らを成し得る 、


という事とは、 別に、


それは、 それとして、

そうした実験らにおける、

粒子な、 電子らの振る舞いようらの成り立ち 、

においても、

観念系らへ対する、 外因性ら、と、

我々でもある、 観念系ら、 と、 から、

観念な、 質としての内容を、 与えられて、

それ自らの成り立ちようを得る 、

現象な、 事ら、 でもある 、

観念性ら、 が、 成り立ってある 、

のだから 、

こうした、 現象な、事ら、の、

どれ彼において、

外因性らの連携性の欠けよう、などを、

観察させ得る事らが、 含まれて 、

それ自らの成り立ちを得る事が、 無い 、

とは、 断定され得ない 。



こうした、 実験らから、 観察され得る 、

現象な、事らを、

そうした観点からも、 観てゆく事により 、

初めて、 そうした事らが、 含まれて、

在り得てある場合らにおいて 、

それの在る様 サマ らが、 観留められ得る 、

宛てものにされる 。



一定度合い以上に、

思いやり、 なり、 心遣い、 なりに、

富んである、 知的共感性が、

それだけ、 心構えられてある主 ヌシ らは、


他者ら 、 の 、 そうしたものら 、 の 、

ありようら、 や、 在り得ようら、 を、

自己投影性を成す事にも基づき 、

分析性を成す事にも基づいて 、

類推し宛て得たり、 察し得たりする 、 が、


それは、 自らにおいて、

そうしたものの系らが、 一定度合い以上に、

構築され得てあり、

その系らが、 自らに似通ってある、

度合いのある、 何彼ら、を、

自らに類し得る度合いのある、 ものら、 として、

その主らへ、 観留めさせる、 働きを成す 、

から 、 でもあり 、


そうした、 基準系ら、 が、

より 、 欠けてある 、 観察 サツ 系の主ら 、

においては、

より、 その基準系らの観留めさせ得る宛ての、

ものら、は、 観留められ得ない 、

ままにされる事に成る 。



観念系らへ対する 、 外因性ら、と、

内因性ら、の、 在り得る事らへ宛てた、

一定度合い以上の、 分析型の体系知ら、を、

より、 欠いてある 、 思案系の主ら 、 や、

観察 サツ 系の主ら、は、

それらを欠いてある、 負の度合いらに応じて、


外因性らの間の連携性の欠けよう、などを、

観せ得ても、 ある、 事らの在りようら、

などを、 観留め得ずに、

観過ごしてしまう 、 度合らを成す事に成る 。


いずれにせよ、

日本国民たちは、 より早くに、

日本国民たちの足元の、 地下へ、

より、 どこからでも、

より、 速やかに、 落ちついて、

歩み降りてゆき得る、 避難経路ら、と、

より、 快適に住める、 避難所らとを、

作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事により、


日本の、 財務省の役人ら、と、 与野党の、

主な政治家らとが、


英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、

自らもまた、 オウム返しにして、主張し、

実行もする事において、


日本政府の財政における 、 緊縮 、 を、

繰り返し、 成す事を通して、


彼らへの、 主 アルジ の立場にある、

日本の主権者としての日本国民たちへ、

物価だけではなく、 その労働らへの賃金らの水準へも、 より、 押し下げる向きへ圧力をかける、

要因らの系である、

デフレ不況性 、を、 押し付け続けて来てある、


その、 デフレ不況性 、を、 解消し去ってゆく、

と共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的にも高めてゆくべき、 ぎりぎりの状況にも、 ある 。



地上を襲い、 地上をおおい得る、 あり得る、

災害らへ対して、


地上に、 避難所らや、 避難経路らを設定して、

日本の主権者たちを、 それらへ誘導する事は、


人食い虎どもの住む、 密林へ、

人々を誘導する事に類する行為であり、


日本の主権者として、 日本国民たちの一般 、

へ対する、

個々の日本国民においても、

執事なり、 召し使いなりの立場にある、

公務員などの、 者らにおいても、

成す事が、 許されない 、

日本国民たちの一般の、 あり得る、 福利ら、を、 より、 能くも、 最大限にも、 成す事を、

約束して、 日本の社会に、 存在し、 存続する事を、 日本国民たちの一般から、 許されてある、

筋合いにある者としての、 義務 、 に、

違反性を成す、 行為であり、


それが、 作為型では、 無く 、

無知性と痴愚性とにもよる、 不作為型の、

行為であっても、

それへの責めを負うべき、 筋合いを、

その主らの側に、 成すものである事に、

変わりは、 無い 】 。


◇ 負電荷な 電子対なら 奪う、酸


逆な、 陽子を 引き取る、塩基・・。




☆ 湧き水の 濁りに続く 山津波

無い、水どもが 湧くも、先触れ・・。


◇ 連れ去るに 浜から沖へ 離岸流

脇へ泳げば ひろえる命・・。


☆ 水に塩 糖分も要る 熱を去る


風に、 掛け水 殺 ソ ぐ、 熱射病・・。

☆ 根途記事➕論弁群➕;

■ 世に、 様々な、 「がん」は、あれど…… ;


がんは、 体の中の、

様々な臓器にできる可能性があります。


「 ということは、 早期発見のために、

注意すべき、 初期症状も、

多種多様になる、 ということ? 」 、 と、

疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。



しかし、 がんの特性を考えれば、

多くのがんたちにとって、

共通の初期症状の特徴があります。



ここでは、 がんたちへの早期発見に役立つ、

「 がん達に、 共通の危険信号 」 、 について、

お話ししたいと思います。



■ 出血、もしくは、 血が混じる ;


がん細胞たちは、 急速に増殖するので、

それらへの血管らが、 非常に豊富です。



これらの血管らは、

「 新生血管 」 、 と呼ばれ、

がんの増殖には、 欠かせない、


大量の、 『 酸素 サンソ 、 と、

栄養素たち 』 、 を、

がん細胞たちに届ける役割をします。



この新生血管たちは、

通常の血管と、 少し、 構造が異なり、


血管壁が、 もろく、


ちょっとした、物理的刺激で、

破綻し、 出血します。



食道や胃、大腸などの、 消化管では、


食べ物や便が通過するときの刺激で、


がんの表面から出血してしまいますし、


気管や気管支では、

怒責による血圧の上昇でも出血します。



そうなると、当然のことながら、

便や痰に、 血が混じってきますし、


症状が進行した場合には、


血液そのものが、

下血や喀血となって出てくることがあります。



腎臓がんの症状らのひとつは、

「 無症候性血尿 」 、 と呼ばれ、


特に、 痛みもないのに、

尿に、 血が混じる、 というものですし、


女性の場合には、

不正出血といって、

月経周期とは、 関係なく、 出血がある場合、

子宮がんの可能性も考えなくてはなりません。



いずれも、 体から、 血液そのものや、

血液が混じったものが出てくるということは、

通常の健康な身柄らでは、 見られない現象です。



もちろん、 何の心配もない場合もありますが、

がんの初期症状の可能性も、 少なからずある、

と、 考えておいた方が、 よいでしょう。



■ 管が詰まることによる症状 ;


がんは、 その増殖によって、

固いできものを形成していきます。


この、できものが、大きくなるにしたがって、

通過障害をきたす場合があります。



たとえば、 大腸では、

がんによって、 管が細くなり、

便が詰まってしまうことがあります。



また、 少し、わかりにくいかもしれませんが、

肝臓や、 膵 スイ 臓からの、

消化液の流れが、

膵臓にできた、 がん細胞たちによって、

閉塞してしまうこともあります。



尿の流れが妨げられるような位置に、

がん細胞たちができると、

腎臓から、 尿がうまく流れない 、

状態になってしまいます。



その結果において 、 腸閉塞や、

皮膚が黄色くなる、 黄疸 、 とか、

腎臓が腫れてしまう、 水腎症 、

と、呼ばれる状態を引き起こすことがあります。



これらは、 いずれも、

ある程度の進展によって、

起こってくることが、 多いですが、

できた場所と状態によっては、

初期症状らの、 ひとつ、として、

見られることがあります。



■ がん達への早期発見のために ;



今回に、 ご説明したように、

出血や、 閉塞といった症状は、

がんの部位によらず、

共通のものですので、

ぜひ、 そのような症状が出た場合には、

医療機関を受診し、

先生に相談してみられることをお勧めします。



もうひとつ、

気をつけていただきたいことがあります。


極めて、 非科学的なのですが、

私自身が、

患者さんとお話ししていて感じるのは、

「 何となく、いつもと違う感じがした 」、

とか、

「 今回は、 まずい、と思った 」 、

といった風に、

患者さんご自身が、 「 何か 」 、 を、

感じられていることも多い、 ということです。


こういった第六感も、時と場合によっては、

早期発見の隠れた特徴かもしれません。


症状にしても、直感にしても、

もし、気になることがあれば、

ぜひ、 お近くの医療機関に、 ご相談くださいね。