経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

三石分子栄養学➕藤川院長; 糖尿病 ❗。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、日本人の数千人以上を既に監禁中な、シナ❗。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ 糖尿病 ;


☆ 藤川院長;

下記の記事の内容に加えて、

B 50 、 マグネシウム Mg 。

Cr + ビタミン B3 、でもある、

ナイアシン ≒

炭素 C 、の、 6個 、 に、

水素 H 、の、 5個 、 と、

窒素 N 、 の、 1個 、 に、

酸素 O 、 の、 2個 、 とから成る、

C6 H5 N O2 、 の、 サプリ。

https://jp.iherb.com/…/Source-Naturals-Chromemate-Chro…/1042


ーーーー

三石巌: 全業績ー6、

分子栄養学の健康相談、 より ;


60歳の母、 母は、 6年前から、

糖尿病 、 と診断され、

当時は、 60 kg 、があった体重が、

今は、 50 kg 、 ぐらいです。


ずっと、 同じ先生にかかり、

同じ薬を服用していますが、

食事が遅れると、 体に震えがきて、

気持ちが悪くなるそうです。

薬を飲まない時は、

そういう事は、ないのですが。


☆ 三石先生; 私のアドバイス、

 

経口 ≒ 口から飲む 、

血糖 降下剤 、 は、

サルファ系剤 ( SU 剤 ) 、が、

よく、 使われます。


これの副作用で、

脳、 網膜、 腎臓、 心臓 、 などに、

障害の起きることが、あります。


アスピリン、や、 酒 、 との併用は、

極端な 、低 血糖 、をまねく、

危険性があります。


 糖尿病への対策として、

私の推薦するものは、

子宝 ビタミン E 1 、 と、 C 、に、

ビタミン B 3 、 でもある、

ニコチン酸

( ナイアシン ) 、 です。



 糖尿病は、 血糖値を下げる、

働きをする、 インスリン 、が、

不足する病気です。


そして、 この、 ホルモン 、を作るのは、

膵臓 スイゾウ 、の、

ランゲルハンス島にある、

β ベータ 細胞 、です。


 糖尿病では、 ベータ細胞内で、

インスリン 、 が作られていても、

それが、 スムーズに分泌されません。


ですから、

その細胞膜の透過性を、正常にすれば、

改善が見られる場合があるはずです。



この働きは、 ビタミン E 、にも、

サルファ剤系の糖尿病薬にもあります。

 

ただ、 ここで、

ビタミン E 、の、働きが、

文字通りの正常化であるのに対し、


後者の働きが、 強引である点に、

違いがあります。



この、ビタミン E ≒

C 29 H 50 O 2 、は、 恐らく、

インスリン 、 の、 合成の代謝にも、

関係しているでしょうから、

糖尿病への治療の決め手、

といっても、 過言ではない、

と、 思います。


この代謝が、

ニコチン酸によって、促進される事も、

見逃せない、 事実 、です。



@ ウイルスの本体を断ち切りもする、

剣豪な ) 、


・・ビタミン C ≒

C 6 H 8 O 6 、 の作用には、

三つが、あって、


第一は、 腸の壁での、

糖 、の吸収を抑えて、

血糖値の急上昇を防ぐ、 作用です。


第二は、 ブドウ糖 ≒

C 6 H 12 O 6 、 を、

グリコーゲン 、 に変える、

インスリンの働きを助ける、 作用です。


こんな作用のあることは、

インスリン 、を注射すると、

血の中での、 ビタミン C 、の、

濃度が下がる事から、 わかります。


第三は、

膵臓 スイゾウ 、 の、 組織を、

正常に保つ、 作用です。


この作用のある事は、

ビタミン C 、が、欠乏すると、

膵臓の変性が、 外見にまで現れ、

しかも、 それが、

ビタミン C 、 の、 投与によって、

回復する事から、 分かります。

 

そこで、 一日の必要量の問題ですが、

ビタミン E 、についても、

C 、についても、

一定の基準がある訳では、なく、


要するに、 治るまで、

増量してゆく事になります。



ビタミン E 、について言えば、

それが、 6百 IU 、の、

人もいるでしょうし、

千 IU 、 の人も、 2千 IU 、の、

人もある、 と言う事です。


ビタミン C 、についても、同様です。


ビタミン E 、を、 2千 IU 、

ビタミン C 、 を 、 10 g 、

というような、

大量の投与でも、 なおらない、

糖尿病 、は、

ベータ細胞の死滅も、考えられるので、

インスリン 、 のご厄介にならなければ、

ならないでしょう。

 

インスリンの注射 、を、無しで、

この、2つのビタミンらで、なおったら、

そのあとは、

維持量の問題がおこります。


ビタミン E 、と、 C 、で、なおった、

という事は、

原因が、 これらの不足にあった事 、

への、 証明でしょう。


維持量が、いくらか、 という問題も、

自分の実践で、 発見できる事です。 


子宝 ビタミン E 、の大量投与は、

急激に行わないのが、 無事です。


特に、 動脈硬化のある人では、

50 IU 、以下から、 始めます。


そして、 目まい 、等の、 無い、

事を確かめながら、

ゆっくりと、 増量してゆきます。


そうでないと、

動脈内膜の沈着物が、 はがれ落ち、

それが、 細かい血管をふさぐ、

ような事故が起き、

こわくなってしまう事があるのです。



 血管が、綺麗になれば、

大量投与での事故は、 おきません。


私は、 一日に、

3千 IU 、を、 とり続けています。


 正統な、糖尿病への対策は、

体重を減らすことを目的とする、

減食 、 です。


インスリンの量が少ないのですから、

体重を、 それに見合うまで減らす、

という、 論理です。

 メガ・ビタミン療法では、

減食の必要は、ほとんど、ありません。


減食すると、

自然に、 低タンパク食におちいりやすく、

そのための被害は、

意外に、大きいものです。


減食 、 は、

高タンパク食の条件を満たすように、

計画されなければ、 ならないのです。



☆ その後の経過、 


ビタミン E 、の大量投与をはじめた所、

急に、 体が、 しゃんとしてきました。


かかりつけの医者の所で、

血糖値の検査を、

定期的に、 やっていましたが、

ビタミン E 、 をはじめて、

2週間後の血糖値は、

まったく、 正常でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆ 藤川院長;

『 ビタミン E 1 』 、で、

糖尿病が改善する記事、以前に、

一度、 書いたことがあります。

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1216294235153565?pnref=story


高タンパク食 + E + C 、 で、

糖尿病が改善する、なんて、

素晴らしいですね。


上記に、 ナイアシン、 三価 クロム、

亜鉛 Ze 、 を加えれば、

さらに良いでしょう。


インスリン分泌能の改善 +

インスリン抵抗性の改善、 の、

両方に作用するはずです。


糖尿病は、

E 、と、 C 、 の不足により起こる、

なんて言われると、

パラダイムが違うとしか、

答えようがないですね。


SU 剤 + カロリー制限なんて、

馬鹿げた事をする前に、

上記の治療をやってみるべきでしょう。


糖尿病なんて、 勝手に、

自分で治せてしまうのではないでしょうか。


糖質での制限に、

上記を組み合わせるのが、 最強でしょう。


元記事は、こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1223707407745581


汎不足病 ( Pandeficiency Disease 。


汎不足病 、 とは、

ホッファーのナイアシンの本に出てきた、

言葉。

つまり、タンパクの不足、

必須脂肪酸の不足、

ビタミンの不足、 ミネラルの不足と、

全ての栄養素が不足する状態。


砂糖を含む、精製された糖質への摂取は、

それへの代謝のために、

ビタミン、と、 ミネラル 、を浪費し、

ビタミン 、の、不足、に、

ミネラル 、の、不足 、 を引き起こす。



☆ ビタミン B 3 、 でもある、

ナイアシン 、 の、 不足による、

『 ペラグラ 』 、は、


B1 、の不足による、 脚気 、

C 、の不足による、 壊血病 、

D 、の不足による、 クル病 、 の、

全ての症状らを併せ持つ。


長期間の深刻なビタミンらの不足は、

ビタミンらへの依存症を引き起こす。


つまり、 通常の、 百 ~ 千 倍の、

ビタミンらを投与しないと、

改善しなくなる状況を引き起こす。

特に、 B群、が、依存症を生じやすい。


B群の中では、 ビタミン B3 、でもある、 ナイアシン 、が、

最も、依存症を生じやすい。


@ 『 ナイアシン 』 、は、

ヒトの体にある、 ビタミン達の中で、

最も、 多くあり、

5百種を超える、 代謝らを推している。


どんなに、 色々な栄養素らを多く摂っても、 それらをして、

体の所々の物らや、 エネルギー、へ、

成り変わらせる、 代謝 、 が、

ビタミンらによって、 推し進められない、

のであれば、

体の構成分らにも、 エネルギーにも、

成り得ない、 ので、

食べても、食べても、 飢え死にするか、

その途上で、 病 ヤマイ らを成して、

死んでしまう ❗ 。

ビタミンらの個人ごとに、 違う、

必要十分量を欠き続けてしまう事は、

それだけ、

必要な類の食べ物らを欠き続けてしまう、

事に、 等しい意味も、ある ❗。


☆ ビタミン C 、についても、

ガン患者は、

長年の、 4・5 g 、 に相当する、

C 、 の不足により生じる。


治療は、

C 、の、 10 ~ 12 g 、を内服、


20 ~ 百 g 、 を点滴など、

予防よりも、 高用量が必要。


アメリカ、カナダの人口の半数以上が、

汎不足病

( Pandeficiency Disease ) 、である。


全ての慢性疾患らは、汎不足病

( Pandeficiency Disease ) 、 つまり、

質的な栄養失調により、 生じる。


自分の考えと、 ホッファーの意見が、

完全に一致した。

真実だね、これは。


http://orthomolecular.org/library/jom/2008/pdf/2008-v23n01-p029.pdf#search=%27pandeficiency+disease%27

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1282476958535292


☆ アイユー IU ( 国際単位 ) 

International Unit


☆ ミネラル、や、ビタミン、などの、

微量栄養素 、の、 食品中の含有量は、


普通は、 g グラム 、や、

mg ミリ・グラム 、 で、表すが、


ビタミン A 、 などのように、

似たような分子構造の複数の物質

( ビタミン A グループ ) に、


同様な機能があるなどの場合には、


基準となる、 特定の物質 、 と、

その一定量 ( IU ) 、を、


国際的に決め、

生体内での働きが、 その何倍であるか、

の、 数値によって、 存在量 、 を表す。


ビタミン A 、 の場合は、


ビタミン A アセテート ;

0・000344 mg 、を、 1 IU 、

とする。


1 IU 、 は、


ビタミン A レチノール ;

0・3 μg マイクロ・グラム 。


ビタミン C L-アスコルビン酸 ;

50 μg 。


ビタミン D コレカルシフェロール ;

0・025 μg 。


人工の、 ビタミン E

dl-α- トコフェロール 酢酸 エステル

1 mg ミリ・グラム 。


天然の、 ビタミン E 1

d-α- トコフェロール

0・667 mg 、


と、 定められており、


天然の、 ビタミン E 1 、 の方が、

人工の、 ビタミン E 、 より、

その、 『 電子強盗を差し止める 』 、

働き者である度合いが、

5割 、 以上も、 大きい ❗ 。

三石分子栄養学➕藤川院長; 胆石 ❗ 。 ユビキノン ❗、と、 子宝 ビタミン E1 ❗ 。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、日本人の数千人以上を既に監禁中な、シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ 胆石 。 ユビキノン ;


三石巌: 全業績ー6、

分子栄養学の健康相談、 より;


45歳の女性、 レントゲンでの診断で、

胆石が見つかりました。

小豆 アズキ 、 大の石が、

30個ほど、 との事です。


疲れると、 背中や、胃の辺りが、

重苦しく、 激痛は、ありません。

手術の必要がありますか。


☆ 三石先生; 私のアドバイス、

 

犬には、 胆石が、ありません。


それは、 レシチン 、 が、多く、

コレステロールが、 乳化している為です。


@ 乳化 ≒

コレステロール 、 などが、

丸い粒らの各々にされる形で、

何らかの液体に包まれてある、

状態にされる事 。


人間でも、 胆石もちの人の、

血の中での、 レシチン 、 の値は、

健常者の、 1 / 3 、 に落ちています。


そこで、 日常的に、 レシチン 、をとる、

事は、

胆石への予防の手段になるでしょう。


レシチンは、大豆にも、卵にもあります。


胆石が、すでにできてしまった場合には、

レシチン 、 に期待がかけられるのは、

胆汁 、 が 、

胆嚢 タンノウ 、 に出入りしている、

時々に、 かぎります。


胆嚢が、 胆石で一杯になっていると、

胆汁の出入りが、無いばかりか、

胆嚢は、 機能していない訳ですから、

手術による切除が、

禍根を断つ事になります。

 

コレステロールへの乳化剤としては、

ウルソデオキシコール酸 、

ケノデオキシコール酸 、 などの、

胆汁酸の成分らが、あげられます。


医師は、 胆石を溶かす薬として、

これらを用います。


これと、 レシチン 、 との併用が、

望ましい、 と、思います。


 デオキシコール酸が、著効するのは、

直径が、 10 mm 、以下 、 で、

カルシウム 、 の皮膜を持たない、

ものに限ります。


うまくゆけば、 半年ほどで、

石が、無くなります。


カルシウム 、の皮膜がある場合には、

塩酸 レモネード 、 を飲むのが、

良いでしょう。

これで、 皮膜を溶かしてから、

コレステロール 、 を乳化する訳です。


 塩酸 レモネード 、 をつくるには、

薬局方 希塩酸 、 を、 水で割り、

砂糖を加えて、 飲みやすい味に、

調味します。

これを、 冷蔵庫に入れておいて、

水の代わりに、 飲むのです。


塩酸 レモネード 、で、 うまくいくのは、

腎臓の結石や、 膀胱の結石の場合です。



1週間位で、 石が、無くなる 、

ことが、 あります。

これは、 カルシウムの石ですから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆ 胆石には、

レシチン + ウルソ

( ウルソデオキシコール 酸 ) 。


レシチン 、には、 水と油を混ぜる、

乳化作用がある。


胆石は、

コレステロール 、 なので、

レシチン 、で乳化させれば、 溶かせる。


☆ レシチン 、には、

1) イノシトール + リン脂質 、と、

2) コリン + リン脂質 、がある 。


厳格な定義では、 2) のみを、

レシチン 、 と呼ぶ。


販売されている 、レシチン 、には、

1) 、と、 2) 、が、 半分づつ入っている。


ホッファーの本では、

胆石 、への原因は、 精製糖質、

砂糖への過剰な摂取が 、 原因 、

と、 書いてあった。


” 高コレステロール血症は、

精製された糖質、 特に、 砂糖の過剰と、

食物繊維の不足が、 原因 ” 、

と、 強調している。


三石先生の講演の要旨、

「 レシチン 、 について 」

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/notes?lst=100003189999578%3A100003189999578%3A1491979371

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1273757182740603


@ レシチン 、 は、

元は、 リン脂質 の、1種類である、

ホスファチジルコリン

( Phosphatidylcholine )、 への、

別名であったが、 現在では、

リン脂質を含む、

脂質製品らのことを総称して、

レシチン 、 と呼んでいる。


市場などでは、 原料に、

何を使用しているかで、 分類され、

卵黄を原料とするものは、

「 卵黄 レシチン 」 、

大豆を原料とするものは、

「 大豆 レシチン 」 、 と呼ばれ、

区別される。


レシチン 、 の特性として、

皮膚や、粘膜から、 物質を透過吸収する、

浸透作用があるために、

医薬用リポソーム 、 への材料、や、

静脈注射用の、 脂肪乳剤、とか、

痔や、皮膚病、 への、 治療薬として、

利用されている。


体内で、 脂肪 、 が、

エネルギーとして、利用され、

貯蔵される際に、

タンパク質 、 と結びついて、

『 リポ・タンパク質 』 、 となり、

血潮の中を移動するが、 このタンパク質と、

脂肪の結合に、

レシチン 、 を必要とする。

体内の、 レシチンの総量は、

体重が、 60 Kg 、の、 ヒトで、

6百 g 程 。



「 ユビキノンには、どんな働きがあるか 」;


 ☆ ユビキノン 、 は、

油に溶ける、 脂溶性の、 ビタミン、

の、 D 、 E 、 K 、 A 、 な、

ビタミン ・ デカ 、 の、 内の、

ビタミン E、 ビタミン K 、と、

よく似た物質であるから、

ビタミン 、と、 よばれる、

資格がありそうだ。

 

しかし、 体内で、 合成される物質は、

ビタミン 、 とは、 呼ばれない、

というだけの意味で、

ユビキノン 、は、 ビタミン 、では、ない。


 ビタミン 、達の一般の働きが、

そうであるように、

ユビキノン 、 の主要な役目は、

助酵素 ジョコウソ 、 としてのものだ。

 

それで、 それを、

「 助酵素 Q 」 、 と、 呼ぶ。

英語では、

「 コエンザイム Q 」 、 だ。



 コエンザイム Q 、が、

体内で合成される時には、

それへの原料は、 恐らく、

子宝 ビタミン E 、 であろう。


したがって、

ビタミン E 、 の服用は、

コエンザイム Q 、 の服用と、

ほぼ、 同様の意味をもつ。

 

生体が、

ブドウ糖や、 脂肪酸、 の、 酸化によって

≒ 電子強盗化によって 、


エネルギーを発生する、

代謝において、

コエンザイム Q 、は、

重要な助酵素としての役割をもっている。



 したがって、

コエンザイム Q 、 を服用をすると、

心筋や骨格筋の機能が、よくなる。

 

心臓が悪い時、には、

心筋の中での、

エネルギーの発生が、 低下している。


ここに、 コエンザイム Q 、を与えると、

呼吸での困難、 不整脈、 動悸、

息切れ、 などが、 改善される。


 心臓の拍出量の増大、

血圧の下降なども、 みられる。


ラットは、 ビタミン E 、の欠乏食で、

『 筋 ジストロフィー 』 、 をおこすが、

この時には、 血の中での、

コエンザイム Q 、の量が、低下している。

 


コエンザイム Q 、 は、

歯槽膿漏への予防、ないし、 治療に加え、

ダウノマイシン、

アドリアマイシン 、などの、

「 抗ガン剤 」、 の副作用への、

防止に、 使われる。


【 三石巌全業績-11 健康ものしり事典、

P 197 ~ 198 より、 抜粋 】。



☆ ミネラル 、たち; 亜鉛


Abram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、より


1.亜鉛

体内には、 2 ~ 3 g 、 が存在する。


血中濃度は、 80 ~ 百十 mcg 。


80 以上の代謝ら、への、 補因子 。


最も不足しやすい、 ミネラル。


亜鉛の不足による、 症状は、

小人症、 性腺発達障害、など。


グルコン酸 亜鉛 、の、 50 mg 、には、 15 mg 、の、 亜鉛が含まれている。


最大量は、 関節炎に対しては、

硫酸 亜鉛 、の、 220 mg ✖ 3 。

https://jp.iherb.com/pr/Now-Foods-Zinc-50-mg-250-Tablets/883


*亜鉛と銅 ;


亜鉛の投与により、

銅の濃度を低下させる事ができる。


銅の過剰症に対しては、

亜鉛 、 と、 ビタミン C 、 の、

投与が、 有効だ。


カール・ファイファー氏は、

正常な、銅と亜鉛の血の中での濃度は、

銅 Cu 、が、 90 ~ 百 、で、

亜鉛 Zn 、が、 百20 ~ 百40 、

だ、 と、 述べている。


妊娠期、ホジキン病、経口避妊薬、

感染症、 白血病 、においては、

銅 / 亜鉛、の、 比率が高まる。


加齢によっても、 この比率は、高まる。


☆ 2. 銅 ;


ヘモグロビン 、への、 構成分 、であり、

様々な代謝らへの、 補因子 。


銅の不足よりも、 銅の過剰、すなわち、

亜鉛の不足の問題。


高血圧患者では、

銅の濃度が上昇している。


過剰な銅は、精神病、冠動脈疾患、

ウイルソン病 、への原因となる。


☆ 銅の過剰症への治療、


1) 亜鉛 、 の、 50 mg

+ マンガン Mn 、の、 2・5 mg


2) 通常用量の、 ビタミン C


3) ペニシラミン 、

EDTA 、による、 キレート治療


4) 高繊維食 。


3. セレン ( セレニウム ) ;


アメリカで、 土壌中の、

セレン 、 が少ない地域らでは、

有意に、 ガンの発生が多い。


@ 日本の各地の土の中には、

セレン 、が、 豊かにある 。


硫黄 S 、を含む、

含硫 アミノ酸 、の、

システイン、 や、 メチオニン、 の、

硫黄の代わりに、

セレン 、 が結合し、

セレノ・システイン、

セレノ・メチオニン 、となる

( 通常の含硫アミノ酸より、

活性度が高い ) 。


ある、原子や分子ら、が、

別の原子や分子らから、

負電荷な、 電子、 を、 奪い去ったり、

そうされて、 そうする、

電子強盗、 な、 原子や分子ら、が、

別の原子や分子らへ、くっつく、

事である、

『 酸化 』 、

を、 差し止めて、

そうした、 電子強盗が、 連鎖する事をも、 未然に、 防ぐ 、


『 抗酸化 』 、 を、 働く、

スカベンジャー ≒

電子強盗への掃除員 、 である、

グルタチオンペルオキシダーゼ 、

への、 構成分 。

@ 電子強盗を退治する、

豪傑な、 セレン 、の、

電子強盗を差し止める、 抗酸化力 、は、

ビタミン E 、の、それに対して、

60 倍 以上も、 大きい 、 といい、


セレン 、 が、 硫黄 、 をこそ、

要りようとして、 求めてある 、

アミノ酸たちの各々における、

一定の所 、 らへ、

それの代わりに、

おさまってしまう、 が、 為に、

その過剰な摂取は、 病を呼ぶ 、

という。



☆ 男性は、 女性よりも多くの、

セレン 、が、 必要。


☆ セレン 、 は、

水銀 、 ヒ素 、 カドミウム、

銀 、 銅 、などの、

有害性もある、重金属から、体を守る。


強力な抗酸化作用を持ち、

ビタミン E 、の能力を高める。


鉄欠乏性貧血があれば、

セレン 、は、 吸収されなくなる。


セレン 、への必要度は、

他の原子や分子らと結びつく、

電磁気的な手が、 空き得る状態な、

2重結合をなしてある、

不飽和な、 脂肪酸、 の、 増加や、

ストレス 、 により、 高まる。



セレン 、の不足は、

筋萎縮症、 膵臓 スイゾウ 、の萎縮、

肝臓の壊死 エシ 、 不妊症、

HIV ≒ エイズ 、の大流行、を、

引き起こす。


1) ガンへの予防と治療に用いられる。


2) 抗加齢作用がある。

特に、 白内障への予防に効果がある。



3) 有害重金属への解毒に用いられる。


RDA / DRI 、は、

55 ~ 70 mcg。


サプリメントとして用いられるのは、

2百 ~ 5百 mcg。

https://jp.iherb.com/pr/Now-Foods-Selenium-200-mcg-180-Veggie-Caps/818


* AIDS エイズ 、にたいする栄養療法 :


ザンビア、ウガンダ、

南アフリカにおいて、

高用量の、 セレン 、

システイン 、 トリプトファン 、

グルタミン 、 の投与により、

HIV 感染患者の、 AIDS の発症が、

抑制された ❗。


上記の、 4つの栄養素らは、

グルタチオンペルオキシダーゼ 、

への、 構成分 。


グルタチオンペルオキシダーゼ 、の、

血潮での、 濃度が下がると、

HIV 、 を発症しやすくなる ❗。


土壌中の、 セレン、の濃度が高い、

セネガル 、や、 ボリビア 、では、

HIV 、の大流行は、 起こらなかった。


https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1291378254311829


@ グルタチオンペルオキシダーゼ

( glutathione peroxidase ) 、 は、

主な、 生物学的役割が、

電子強盗らによる、 酸化的損傷から、

炭素を含む、有機体、 を保護する、

ペルオキシダーゼ 活性 、 を帯びてある、

タンパク質から成る、 酵素 コウソ 、

の、 類員ら 、 への一般名で、


その、 生化学的機能 、 は、

脂質 ヒドロペルオキシド


≒ 過酸化 脂質

( かさんか ししつ ) 、 は、

コレステロール 、や、

中性脂肪 、 といった、

脂質 、 が、 電子強盗、な、

活性酸素 、 により、 酸化され、

電子強盗にされた物、への、総称 、 を、


アルコール ≒ C2 H 5 O H 、

へ還元し、


電子強盗、な、 遊離 過酸化 水素

≒ H 2 O 2 、 を、

水 ≒ H2 O 、 へ還元する、

ものだ。

三石分子栄養学➕藤川院長; ウイルスの本体を断ち切りもする、 剣豪 ビタミン C ❗、の突出害らも防ぐ、 子宝 ビタミン E1 ❗ 。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ ビタミン C 、 の突出害 ❗ 、 を防ぐ、

子宝 ビタミン E 1 ;


三石巌氏の会社な、 メグビー社 ;

☆ メガ・ビタミン主義の話から、

メグビー 、は、

ビタミン B群 、や、 C 、を、

ガッポガッポ摂取しているんだ~、

と、 思われた方もいる、 と、思います。

それは、 違います。


三石巌氏は、 大量摂取だけではなく、

ネットワークの重要性も、

大事にしていました。


特に、 ビタミン C 、 においては、

10g 、 以上の摂取をする場合には、

逆に、 電子強盗な、

活性酸素 サンソ 、 を生む、

リスク 、 が、 出てきます。



☆ ビタミン C 、の、 突出害の問題 ! ;


ウイルスの本体を断ち切りもする、

本来は、 電子強盗な、

『 活性酸素 』 、 を除去する働き

( 抗 酸化 機能 ) 、 のある、

ビタミン C ≒ C 6 H 8 O 6 、

炭素 C 、 の、 6個 +

水素 H 、 の、 8個 +

酸素 O 、 の、 6個 、 自体 、 が、

電子強盗な、

ラジカル 、 になってしまう、

というものです。

ビタミン C 、 は、

活性酸素から、 電子を奪われ、

自らが、 酸化される事で、

電子強盗、な、

『 ラジカル 』 、 になります。


≒ 自らの側の、 電子を奪われた、

原子や、分子ら、は、

その他の、 原子や分子ら、から、

負電荷な、 電子を奪い取り得る、

電子強盗を働き得る、 状態にされる 。



・・通常は、 タンパク質から成る、

酵素 コウソ 、の、 作用により、

還元されます ≒

電子強盗を働き得る、 状態から、

それをしない状態へ、もどされる 、 が、

そのバランスが乱れると、

ラジカル 、として作用する事になります。



このラジカル化した

( 酸化された ) 、 ビタミン C 、

の、 割合が、 多くなることが、

ビタミン C 、 の、 突出 、 です。


また、 ビタミン C 、 は、

鉄イオンや、 銅イオン 、 の存在下では、

活性酸素

( スーパー・オキサイド、 過酸化水素、

ヒドロキシ・ラジカル ) 、 の、

発生源になります。


炎症や、 エネルギーの生産の、

過多などが続き、

フリー・ラジカルの発生量が多い、

状態で、

抗酸化防御率とのバランスが崩れると、


遺伝子 、 とも言う 、 DNA 、や、

タンパク質と、 脂質、での損傷を招き、

鉄 イオン 、 の放出

( ヘム・タンパク、 の、 分解や、

それの、 ミトコンドリア 、 からの流出 )

、 と、 成り、

上のような反応を招いてしまうのです。



メグビー社では、 一度に、

10g 、以上の、 ビタミン C 、

の、 摂取は、 もちろん、

お勧めしていません❗ 。


また、 ビタミン C 、を、

多めに摂取する場合は、

他の抗酸化成分である、

ビタミン E 、や、

コエンザイム Q 10 ≒

補酵素 ホコウソ Q 10 、

などと、 一緒に摂取する、

ことを、 お勧めしているのですよ。


他の抗酸化成分を一緒に摂る事で

☆ ビタミン C 、 の酸化を、

子宝 ビタミン E 1 、 が還元し


ビタミン E 、 の酸化を、

コエンザイム Q 10 ≒

補酵素 ホコウソ Q 10 、 が還元し、

何度も、 再利用できる・・、

という、 関係が成り立つのです。


その他に、

ビタミンや、ミネラル、などの、

栄養素らは 、

腸で、 吸収される時に、

輸送 タンパク 、 という、

タンパク質に結合して、 運ばれます。


ですので、 やはり、

タンパク質は、 外せません! 。


という事で、 メグビーのは

メガ・ビタミン主義だから、といって、

偏った摂取では、なく、

体の中のネットワークを考慮した、

無駄のない栄養素らの摂取が、特徴です。

理論あっての製品なのです。



☆ 電子強盗、な、 活性酸素 、 たち❗ ;


酸素 サンソ 、は、

保存中の食品の金属イオン 、 を酸化する

≒ 金属イオン、と、 結びつく 、

ことで、

生体内へ、 吸収しにくくしたり、

食品の成分を変質させることで、

香りや、見た目、 を損なう。


それだけでなく、 植物油の中の、

必須 脂肪酸 、は、

分子状な、 酸素 サンソ 、の、

電子強盗を働く、

ラジカル反応 、 により、 変色し、固化し、

さらに、 毒性を示す、 酸敗 、

と、 称される、

不都合な反応を引き起こす。


このような、 食品としての、

品質の劣化を防止する目的で、

食物に由来の食品添加物である、

アスコルビン酸 ≒ ビタミン C 、

や、 α-トコフェロール ≒

ビタミン E 、 が、

一般的に、 利用されている。


このような、 電子強盗を差し止める、

『 抗 酸化 物質 』 、は、

食品のみならず、 医薬品や、

化粧品の変質を防止するための、

酸化防止剤としても、 利用される。


☆ 活性酸素 サンソ 、 は、

酸素分子が、 不対電子 、 を、

捕獲することにより、

その、 不対な、 電子 、が、

他の原子や分子の枠内にある、

別の、 不対な、 電子 、 と、

結びつき合って、

『 共有 結合 』 、 を、 成す、

能力性を帯びてある事も、あって、


スーパー・オキシド、

ヒドロキシル・ラジカル、 過酸化 水素、

という順に、 生成する。


スーパー・オキシド 、は、

酸素の分子から、 生成される、

最初の、 還元体 ≒

電子強盗に仕立てられた物 、 を、

電子強盗をせずにすむ状態の物 、へ、

もどしてやる、 もとをなす存在 、

であり、


他の活性酸素への前駆体であり、

生体にとって、 重要な役割を持つ、

一酸化窒素 NO 、 と反応して、

その作用を消滅させる。


活性酸素の中でも、

ヒドロ・キシル・ラジカル 、は、

きわめて、 反応性が高い、 ラジカル 、

であり、

活性酸素による、 多くの、

生体への損傷は、

ヒドロ・キシル・ラジカル 、 によるもの、

と、 されている。

過酸化水素 H2 O2 、 の反応性は、

それほどは、 高くなく、

生体の温度では、 安定しているが、


金属イオン、 や、 光 、 により、

たやすく、 分解して、

ヒドロ・キシル・ラジカル 、

を生成する。


活性酸素は、 1 日に、

細胞の一つあたりに、

約 十億個が、 発生し、


これに対して、 生体の、

活性酸素を消去する能力

( 抗 酸化 機能 ) 、 が、

働くものの、

活性酸素は、 細胞内の、

遺伝子 、 とも言う、 DNA ≒

遺伝情報らを帯びてある、

タンパク質たちから成る、

デオキシリボ 核酸 、 を、

損傷し,

平常の生活でも、

DNA 、 での、 損傷の数は、

細胞の一つあたりで、

一日に、 数万から、 数十万個になる、

が、 この、 DNA 、 での、 損傷は、

タンパク質らを作り直す事において、

すぐに、 修復される。



☆ 活性酸素を発生する部位として、

代表的なもの、としては、

細胞らの各々の中に、 千個ほどもあって、

動き回ってもいる、 ミトコンドリア 、

および、 葉緑体 、 が、 挙げられる。


いずれも、 金属 、を、

酵素 コウソ 活性の中心に持つ 、

「 電子伝達系 」 、 と呼ばれる、

オキシターゼ 、 の、 複合体が、

効率的に、 酸化還元反応を繰り返し、

エネルギーへの代謝の、

根幹をなしている。


とはいえ、 わずかの、 代謝での、

損失が存在し、

それは、 おもに、 副反応である、

フェントン反応 、 により、

中心金属が、 活性酸素種を生成する。


このような、 活性酸素種が、 原因 、 の、 酸化ストレス順応の化学進化は、

色々な生体内の、 『 抗 酸化 物 』、

を、 生み出してきた。

海洋生物から、 陸生生物への、

進化らの一環として、

陸生植物 、 は、 アスコルビン酸

( ビタミン C ) 、

ポリフェノール類、

フラボノイド類 、 および、

ビタミン E 、 な、 トコフェロール類、

の、 ような、

海洋生物には、 見られない、

抗酸化物質 、 の産生を始めた。



☆ ビタミン C 、は、 肺炎も治す❗ ;

Orthomolecular Medicine News Service(OMNS), September 12, 2016

国際オーソモレキュラー医学会ニュース ;

執筆者: Andrew W. Saul編集員 ;

☆ ビタミン C 、は、

十分な量を用いた場合には、

肺炎に対し、

強力な、 抗 ウイルス 、

・抗生物質効果をもたらすことが、

臨床的 エビデンス 、 によって、

確認されている。


Robert F. Cathcart, MD 、 は、

1日に、 最大で、

20万 mg ≒

2百 グラム 、 の、

ビタミン C 、 を用いることにより、

肺炎の治療に成功した (1,2) 。


☆ ビタミン C 、 は、

きわめて頻繁に、 経口摂取すれば、

かなりの程度まで、

静脈内投与に似た効果を得る事ができる。


私が肺炎を患った時には、

飽和状態

( 腸の許容量 ) に達するまで、

6分ごとに、

2千 mg ≒

2 グラム 、 の、

ビタミン C 、 を要した。


3時間で、 熱は、 数度が、 下がり、

咳は、 ほとんど、 止んだ。


1日の経口摂取量が、

十万 mg ≒

百 グラム 、 を、

少し超える、 という状態で、

全快には、

わずか、数日しか、かからなかった。


膨大な量の、 ビタミン C 、

を用いて、 肺炎を治す、

という、 考えは、

少しも、 新しいものでは、ない。


呼吸器系の認定専門医である、

Frederick R. Klenner, M.D. は、

1940年代から、 何十年にも渡り、

日常的に、 この方法を用いていた (3) 。


ビタミン C 、 には、

概して、 価値があるが、

そんなに大量に摂るのは、 無効だ、

または、 いささか、 有害だ、

という、 考えを、

かかりつけの医師が持っているなら、

その医師は、

Klenner医師の原論文を読んだ方が、よい

(4) 。


「 アスコルビン酸を使う位なら、

患者を見殺しにした方が、

良いとする、 医師もいるだろう。

そんな医師が、

診断結果をあれこれ考えている間に、

患者には、

ビタミン C 、 を与えるべきだ 」

( Frederick R. Klenner, M.D. ) 。


☆ ビタミン C 、 は、

単独で、 使う事もできるし、

薬剤と一緒に、 正しく使う、

方法を選んだ場合は、

そうする事も、できる。

処方薬は、

そうした役目は、果たさない。


毎年に、 5万人を超える、

アメリカ人達が、 肺炎で死んでいる。


ビタミン C 、を積極的に使えば、

この数字が、 ずっと低くなる事に、

疑いの余地は、 無い 。


それに、 ビタミン C 、

を排除するべき、

人道的な口実は、 無いのだ。


この記事を、

どの政党の、 どの党員であれ、

自由に、 シェアして頂きたい。

政治家たちにも、

ビタミン C 、は、 必要だ。

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1686507424798908


1日に、 5万 ~ 十万 ミリ・グラムの、

ビタミン C 、 が、

「 ガンの活性を大いに抑える 」

Orthomolecular Medicine News Service(OMNS), September 16, 2016

執筆者: Andrew W. Saul 編集員 ;


日本版「 ニューズウィーク 」 の、

2016年 9月6日号 は、

ビタミン C 点滴療法のスペシャリストな、

柳澤厚生 MD, PhD 、 に焦点を当て、

彼による論理的根拠、 と、 方法や、

投与量について、 有り難いほどに、

詳しく論じている。

もし、 ガンと闘っている家族や友がいる、

なら、 この記事は、 必見だ。

全文を読んでほしい。

英語に翻訳したものを、

下記サイトで無料で見得る:

https://isom-japan.org/wp/wp-content/uploads/2018/01/NewsweekSept06English.pdf

柳澤医師が言うには、

「 この療法で用いている、 ビタミン C 、

は、 高い濃度のもので、

1回に、 50 ~ 百 g 、 を投与する。

これは、レモンなら、

2千 ~ 5千個分に相当し、

これを経口投与ではなく、

静脈内点滴によって、 静脈へ直に注入する、

ことにより、 血中のビタミン C 、 の、

濃度を大幅に引き上げる。

化学療法と、 高用量 ビタミン C

点滴療法を併用するケースは、

どんどん、 増えている。

他の治療法への助けとして、

この療法を用いれば、

大きな成果が得られる 」 。


「 高用量 ビタミン C 点滴療法は、

ほぼ、 すべての形態のガンに、

大変に有効である事が、 わかっている。

痛みが大いに減った、 と述べた患者は、

かなりの数にのぼる…(中略)、

…肺ガンによる呼吸困難があった、

患者たちの一人は、 点滴後に、

咳が鎮まったことに気付き、

本人も、 家族も、 驚いていた 」。


この雑誌の編集者:

「 我々は、 少なくとも、

高用量 ビタミン C 点滴療法の、

存在について、 知る必要がある 」。

人の命を救う、こうした情報を掲載する、

ことにより、

日本版 「 ニューズウィーク」 、 は、

皆に恩恵を施したのだ。

https://www.facebook.com/100003189999578/posts/1698263546956629/