経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

三石分子栄養学➕藤川院長系; 質的な栄養不足、が、 万病のもと ❗ 。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、桜木琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ 質的な栄養不足が、 万病のもと ❗

@ 日本 、などの、 先進国ら等では、

野菜ら、や、果物ら、から、

色々な、 ビタミンら、や、 ミネラルら、が、

より、 失われる事をともないつつ、

より、 甘味らを成す、 糖分ら、が、

それらを構成する度合を増すようにも、

品種の改変が、成され得て来てあり、

人々が、 大昔と同じ位に、

野菜ら、や、果物ら、を、飲み食いしても、

ビタミンら、や、ミネラルら、の、

種類の多様性と、量の、 度合らについて、

代謝ら、を、 満たし余す程以上に、

それらを我が身に得る事が、 できない、

状況ら、が、あり得る、 といった事を、

よく、 思い合わせて観るようにもして、

次の記事らの記述事らを読むべきだ。

Orthomolecular Medicine News Service、

2005年 5月23日 ;

ほとんどの食事には、

良いサプリメントの補充が、必要 ❗


Abram Hoffer, M.D., Ph.D. Harold D. Foster, Ph.D. Bradford Weeks, M.D. Andrew W. Saul,


ほとんどの病気らは、 根本的には、

質的な、 栄養失調に起因しています。


これには、 慢性疾患らだけでなく、

不十分な栄養によって、

非常に悪化する、 ウイルス性、

および、 細菌性の、

急性疾患らも、 含まれる。


通常の、 アメリカの食事は、

最適な健康状態を維持するには、

不十分な量の、 ビタミンしか、

提供していない。


そして、 ビタミン達の臨床での効果の、

エビデンス ≒ 証拠 、 は、

急速に増えている。


アメリカの大人を宛 ア てに、

大量に、 サンプリングした中で、

3 % 、 だけ、 が、 一般的に、

健康的な、 暮須態 クラスタイ ≒

ライフ・スタイル 、 を満たしている、

と、 報告されている。


☆ 18歳から、 74歳までの、

15万3千人の男性と女性に対する、

アメリカ医師会の調査では、


23・3 % 、 が、

1日に、 5皿分の、

果物と野菜、 を摂取した、

と、 報告している 。


新しい連邦栄養ガイドラインは、

1日当たりに、 少なくとも、

9皿分の果物と野菜の摂取を指定している 。


多くのアメリカ人達は、

毎日に、 最低限の果物や野菜を摂取する、

ことは、 現実的ではなく、

自分や家族員にとって、

必要な栄養を提供することが、

できない 、 と、 考えている。


代わりにできる事は、

すべての果物と野菜を食べ、

マルチ・ビタミン / マルチ・ミネラル、

4百 IU 、 の、 ビタミン E 1 、と、

千 mg 、 の、 ビタミン C 、 とを、

補うことだ [3] 。


食事の後に、 1日に、

2回は、 補充する方が、 良いでしょう。


通常のアメリカの食事は、

不十分な量の、 ビタミン 、 達しか、

提供できていません。


しかし、 数十年にわたる、

エビデンスによると、

ビタミン、 特に、 ビタミン C 、 と、

ビタミン E 1 、 とは、

人間の健康にとって、

最も重要である事が、 示されている 。


2回のノーベル賞の受賞者の、

Linus Pauling 博士 、 は、

健康な免疫システムの維持に、

ビタミン C 、 が、 非常に重要である、

ことを、 初めて、明らかにした。


1970年に、 彼は、

推奨されている、 1日の許容量

( RDA ) 、よりも、

はるかに高い量の、 ビタミン C 、

を、 定期的に摂取することで、

風邪への予防と、 それからの健康性の、

回復に、 役立つ、 と、 提案した 。



医師たちは、 すぐに、

この考えようへ、 強い反対を表明したが、

多くの普通の人々は、

ポーリング博士 、 を信じて、

大量のビタミン C 、 を服用し始めた。


ほとんどの人は、 すぐに、

風邪の頻度と重症度の、

大幅な低下 、 に気づいた [5] 。



最近の研究では、

ビタミン E 1 、 などの、

『 抗酸化 』 、をする ≒

電子強盗を差し止める 、


ビタミン 、と、

マルチ・ビタミン 、 とを併用すると、


心臓病、 心臓血管疾患、 および、

脳卒中 、 による、 死亡 リスク 、が、

低下することが、 示されている 。


この研究では、 ビタミン E 1 、と、

他の抗酸化物質を使用した、 患者と、

ビタミン E 、 を併用していない、

患者 、 との、 死亡率ら、 を比べ、

更に、 マルチ・ビタミンを使用した人の、

死亡率とを比べた。


ビタミン E 、 などの、

抗酸化物質 、と、

マルチ・ビタミンを一緒に服用した人は、

ビタミン・サプリメントを、 一切、

摂取していない、 人に比べて、

心臓病で死ぬ、 リスク 、 を、

15 % 、 を、 低くし得た 。


カリフォルニアの研究では、


ビタミン C 、 を、

750 mg / 日 、 以上 ≒

1日に、 750 mg 、 以上 、

を、 摂取する人々は、


早期に死亡する、 危険性を、

60 % 、 を低下させる、

との結論に達した [7] 。


国立高齢化研究所の研究者は、

ビタミン C 、 と、

ビタミン E 、 な、 サプリメント 、

を、 服用する高齢者は、

服用していない人々よりも、

早期に死ぬ、 リスク 、 を、

50 % 、を、 低くし得た 、

ことを報告している [8] 。


ニューイングランド・ジャーナル・

オブ・メディシン

( New England Journal of Medicine )、

には、 2つの記事が掲載されている 。


ビタミン E 、の、 サプリメント、

を、 摂取している人は、

心血管疾患の約 40 % 、 の減少を示した。



約 4万人の男性たちと、

8万7千人の女性達が、この研究に参加した。

彼らが服用した、 ビタミン E 、

が、 多くなれば、 なるほどに、

服用する時間が、 長くなれば、なる程に、

経験する、心血管疾患は、 少なくなった 。



このような有効量の、 ビタミン E 、

は、 食事の単独では、 得られない [9] 。


覚えておくべきポイント:

ノーベル賞の受賞者の、

Linus Pauling 博士 、 は、


アメリカの成人たちが、 毎日に、

2千 〜 3千 mg 、 の、

つまり、 2 ~ 3 グラム 、 の、

ビタミン C 、 を補給すると、


心臓病の発生率が、 80 % 、

を、 低下する、 と、 推定している

[10] 。


*ニューイングランド・ジャーナル

・オブ・メディスン

( New England Journal of Medicine )

[ 11, 12 ] 、 に掲載された、

2つの、 画期的な研究らでは、

合計して、 12万5千人の、

男性と女性の医療従事者らが、

合計して、 83万9千人の、

研究年を追跡した。


少なくとも、 百 IU 、 の、

ビタミン E 、 を、

毎日に補給する人々は、

心臓病のリスクを、

59 ~ 66 % 、 を減少させる、

ことが、 判明した。


* ビタミン 、 での、 最大の問題は、

それらを、 十分量で、とらない、

ことです。


* 1つの栄養素の欠乏が、

多くの異なる病 ヤマイ らを引き起こす、

可能性がある事は、

1つの栄養素が、 非常に多くの、

異なる病らを治す、

ことが、 できる、 理由でもある 。



* 健康性を回復するには、

薬理学的にではなく、

栄養的に、行わなければ、なりません。


すべての人のすべての細胞たちは、

私たちが、 飲んで食べる、

ものら、 だけ、 から、 作られています。



我々の細胞は、 薬物で、

作られては、いません。


* サプリメントは、 問題ではなく、

解決策です。 栄養不良が、 問題です。


References

[1] Arch Intern Med. 2005; 165:830.

[2] USDA, The Food Guide Pyramid, 2005.

[3] Journal of Orthomolecular Medicine, 2003; Vol. 18, Numbers 3 and 4, p. 213-216.

[4] Vitamins for chronic disease prevention in adults. Fletcher RH, Fairfield KM. JAMA. 2002;287:3127-3129.

[5] Pauling L. Vitamin C and the Common Cold. Freeman, San Francisco, CA, 1970

[6] American Journal of Epidemiology 2000; 152: 149-162.

[7] Enstrom, James E., et al. Vitamin C intake and mortality among a sample of the United States population. Epidemiology, Vol. 3, No. 3, May 1992, pp. 194-202

[8] Vitamin E and vitamin C supplement use and risk of all-cause and coronary heart disease mortality in older persons. American Journal of Clinical Nutrition, Vol. 64, August 1996, pp. 190-96

[9] New England Journal of Medicine May 20, 1993 issue (Vol. 328, pp 1444-1456),

[10] Rath, M., Pauling, L. A unified theory of human cardiovascular disease leading the way to the abolition of this disease as a cause for human mortality. J of Orthomolecular Medicine, 7: 5-15.7.

[11] Stampfer MJ, Hennekens CH, Manson JE, Colditz GA, Rosner B, Willett WC. Vitamin E consumption and the risk of coronary disease in women. N Engl J Med. 1993;328:1444-1449.

[12] Rimm EB, Stampfer MJ, Ascherio A, Giovannucci E, Colditz GA, Willett WC. Vitamin E consumption and the risk of coronary heart disease in men. N Engl J Med. 1993;328:1450-1456.

元記事は、こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1349091701873817

☆ 藤川院長;


☆ ガン 細胞たち 、は、


酸素 サンソ O 、たちを使わずに、

ブドウ糖 、たちを解体した、

結果の物ら 、を利用して、

細胞らの各々の内側に多く居る、

ミトコンドリア 、たちの各々にて、

アデノシン 3 燐酸 、 である、

エネルギー源な、

『 ATP 』 、を生産する、


『 嫌気性 』 解糖 、で、

その 、 ATP 、たちを得て、

生きては、 増えもする、 ので、


治療に際しては、

砂糖などの糖質を止めることが、 必要。



@ キャスカートの、

「 ビタミン C

ダイナミック フロー モデル 」 ;


健常時には、 1 g の、 C 、しか、

吸収できない人の場合でも、

疾患により、

体内の、 ビタミン C 、たちが、

消費されて、

C 、の、 血の中での、濃度が下がると、

C 、への、吸収能力が、

十倍 ~ 百倍 、に、 増える。


高用量の、 C 、を点滴すると、

C 、の濃度は、

十 ~ 20 mM / L レベルまで、

上がるが、

終了後には、 急速に、 濃度は低下し、

半減期は、 30分 程度。


数時間後には、 ベースラインの、

60 ~ 70 μM / L 、 に落ちる。


高用量で、 頻回の、 C 、への内服で、

C 、の濃度は、

250 μM / L 、 を維持できる。


リポゾーム C 、を、 十分量を、

単回で、 服用すると、

C 、の濃度は、

4百 μM / L 、 に上がる。


リポゾーム C 、 と、

通常の、 C 、 とは、

違うメカニズムにより、

吸収されるために、 併用すれば、


C 、の濃度を、

8百 μM / L 、 にすることができる。


2) 村田&森重のデータ :


30 g 、 の、 C 、を内服、

10 ~ 20 g 、の、 C 、を点滴。


末期癌の入院患者において、

コントロール群の生存期間は、 43日。


C投与群の生存期間は、

246日 ( 5・7 倍 )。



納豆などに豊かにあり、 油へ溶ける 、

ビタミン K 3 、

α リポ 酸 、 セレン Se 、は、

ビタミン C 、たちが、

ガン細胞たちを殺す、 後押しをし、

それがために、 必要な、

C 、の濃度を下げる事ができる。


つまり、 より、少ない、 C 、の量、

より、 低い、 C 、の濃度で、

ガン細胞たち、を、 殺す事が、

できるようにする。



☆ 結論;

がん患者たちは、 その全員が、

厳しい糖質の制限 + 高用量での、

ビタミン C 、への服用を行うべき 。


そうすれば、生存期間が格段に延長し、

QOL ≒ 暮らしの質 、

を、 高めることが、できる。


元記事は、 こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1643945582388426"


☆ アイユー IU ( 国際単位 ) 

International Unit


☆ ミネラル、や、ビタミン、などの、

微量栄養素 、の、 食品中の含有量は、


普通は、 g グラム 、や、

mg ミリ・グラム 、 で、表すが、


ビタミン A 、 などのように、

似たような分子構造の複数の物質

( ビタミン A グループ ) に、


同様な機能があるなどの場合には、


基準となる、 特定の物質 、 と、

その一定量 ( IU ) 、を、


国際的に決め、

生体内での働きが、 その何倍であるか、

の、 数値によって、 存在量 、 を表す。


ビタミン A 、 の場合は、


ビタミン A アセテート ;

0・000344 mg 、を、 1 IU 、

とする。


1 IU 、 は、


ビタミン A レチノール ;

0・3 μg マイクロ・グラム 。


ビタミン C L-アスコルビン酸 ;

50 μg 。


ビタミン D コレカルシフェロール ;

0・025 μg 。


人工の、 ビタミン E

dl-α- トコフェロール 酢酸 エステル

1 mg ミリ・グラム 。


天然の、 ビタミン E 1

d-α- トコフェロール

0・667 mg 、


と、 定められており、


天然の、 ビタミン E 1 、 の方が、

人工の、 ビタミン E 、 より、

その、 『 電子強盗を差し止める 』 、

働き者である度合いが、

5割 、 以上も、 大きい ❗ 。

三石分子栄養学➕藤川院長; 健康性を成す、大前提な、 高 タンパク 食 + 高 ビタミン 摂取 ❗。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ 健康への大前提な、 高 タンパク 食 +

高度な、 ビタミンら、への摂取 ;

【 その不足は、 全身に悪影響 】 ;

 

まず、 タンパク質の、

生体における、役割を見よう。

 

血液、骨、筋肉、神経、

内臓諸器官から、 皮膚や爪に至るまで、

タンパク質で、できていない物は、無い 。

 

したがって、

それの欠乏があれば、

全身的に、 その悪影響が及ぶ。

生体の代謝をにぎる、 酵素 コウソ 、

らは、 その全てが、 タンパク質である、

ことも、 見のがせない、

重要な、ポイントだ。

 

タンパク質の欠乏があれば、

代謝のスムーズな進行は、

期待できない 、

といって、過言ではない。

 

そしてまた、 タンパク質は、

タンパク質から成る、

抗体、や、インターフェロン 、など、の、

感染に対する、 自衛の手段にも、

利用される。

タンパク質が、 欠乏すれば、

細菌や、ウイルス 、 に対して、

人の体は、 無防備になるのだ ❗ 。

 生体の代謝には、

タンパク質も、 糖質も、

脂質も、参加する。

それらのすべてが、

タンパク質から成る、

『 酵素 コウソ 』 、を要求する、

ことを考えると、

タンパク質の比率が、低くては、

代謝のスムーズな進行にさしつかえる、

という、 結論を出さざるを得なくなる。

 

エネルギー源が、

糖質や、 脂質 、だから、といって、

これらだけを食っていたら、

エネルギー 、 さえも、作れない。

酵素な、 タンパク質、を、 無しでの、

代謝 、 などは、

あり得ない、 から、 だ。

 

タンパク質の比率が、重要なことは、

このような、 極限のケースを、

想像すれば、 分かるはずだ。

 

【 タンパク食の高・低の比率差 】 ;

 

タンパク質の比率については、

水を抜いて、 考える。

 

すなわち、

食品を完全に乾燥したものについて、

糖質は、 何 % 、

脂質は、 何 % 、

タンパク質は、 何 % 、

という風にするのだ。

組織の損失や、ストレスのない場合には、

タンパク質の適正な比率は、

12 % 、 だ。

これは、 成人の場合であって、

子供や、妊婦のように、

その体の構造物らを作る、

『 同化 』 、 が、

その体の構造物らを壊す、

『 異化 』 、 よりも、

優勢な事を必要とする、 場合には、

タンパク質の比率の標準は、

『 18 % 』 、 だ。

 糖質、脂質の合計は、

成人の場合には、 88 % 、

子供や妊婦の場合には、 82 % 、

まで、 という事になる。

 

高タンパク食、 低タンパク食 、

という、言葉を使ってきたが、

タンパク質の比率が、 これより、

低い食事は、

低 タンパク 食 、と、いって、よい。

 昼食を、 ソバ 、や、 ウドン 、 で、

すます場合を例にとってみよう。

☆ タンパク質 乾燥 比率 、 は、

蕎麦 ソバ 、で、 12.1 % 、

うどん 、 に至っては、 9.6 % 、

に、すぎない。

これらな、数値らは、

ヒトの体の色々なタンパク質らを成す、

のに、 必要な、

色々な、 アミノ酸たちのそろいように、

抜かりの無い 、

卵 、の、 アミノ酸たちの居合わせよう、

を、 百点 、 で、

完全 、 としてある 、

プロテイン・スコア ≒

タンパク質価数 、 を掛けて、

初めて、 現実的な意義をもってくる。

そこで、 蕎麦のタンパク質有効比率 、は、

10.3 % 、

うどん、では、 5.4 % 、 となる。

どちらも、 低 タンパク 食 、

と、 言わざるを得ない。

 蕎麦、や、 ウドン、は、

卵でも、落とさなければ、

極めつきの、 低 タンパク 食 、だ。

カレー・ライスや、チキン・ライス、等も、

この類 タグイ 、 と見てよい。

 低タンパク食か、

高タンパク食かの問題は、

毎食について、 おこる。

どんな食事も、

タンパク質の比率において、

卵 、や、 シジミ、の、それを、

百 、 としてある、

標準値 、 に達していなければ、

何らかの障害への原因となるはずだ。

 昼は、 簡単に、すませ、

夕食に、ご馳走をたべる、 という、

ありふれた食習慣は、

健康を管理する上では、

感心できるものでは、ないのだ。

☆ 【 体重の、 1 Kg 、あたりに、

1 グラム 、が必要 】 ;

 毎食のタンパク質の比率が、

12 % 、なり、

18 % 、 なりの水準を保っている、

ことだけでは、

高 タンパク 食 、とは、 いえない。

 それは、 必要条件であって、

十分条件では、 ない。

タンパク質の絶対量が、

もし、 不足していたなら、

異化と同化のバランスが、

とれなくなるではないか。

 

数年前まで、 国連の、 WHO ≒

世界保健機構 、は、 前記のように、

成人のタンパク必要量を、

体重の、 1 Kg 、 あたりで、

1.01 g 、 としていた。

私は、 これを採用したい、 と思う。

 それも、 あっさり、

1 Kg 、あたりに、 1g 、とする。

体重 が、 60 Kg 、の大人は、

60 g 、 という事だ。

 無論、 それは、

卵の、 を、 百 、 とする、

プロテイン・スコアを掛けて、

60 g 、 とする必要がある。

 かりに、 卵だけで、

これをまかなうとすれば、

1日の分として、

472 g 、 となる。

大型の卵で、 8個 、

という所だろう。

 現実の食生活では、

卵の、 2個 分 程度の、タンパク質は、

主食や野菜からとれる、 と見れば、

確保すべき、 タンパク食品は、

体重の、 10 Kg 、あたりに、

卵の、 1個 、 の見当となる。

 蕎麦、と、うどん、 の例によって、

我々は、 プロテイン・スコア 、が、

やっかいな問題を提起する、

ことを知った。

 スコアの低い値は、

第一制限 アミノ酸 、 からくる。

食品の組み合わせによって、

これを補えば、

プロテイン・スコアは、上がる ❗。

 

タンパク質を 、

10 g 、を、 摂ることは、

大変だ。

メチオニン、 に、 システイン、 すなわち、

ヒトの体が必要とする 、

硫黄 イオウ 、を含む 、

『 含 硫 アミノ酸 』 、 が、 一般に、

不足しがちになる。

少なくとも、 毎日に、

1個の卵をとるのが、 賢明だ。

 ところで、 大豆、のは、

植物らのうちでは、

優秀な、 タンパク質だが、

枝豆をつまんで、

タンパク質をとったつもりになっては、

まちがいだ ❗。

 

☆ 大豆には、

タンパク質を消化する、

タンパク質からなる、

酵素 コウソ 、 である、

『 トリプシン 』 、を阻害する、

物質が、ふくまれている。

 これを、 90 % 、を除去するのにさえ、

120度で、 30分も煮る必要がある。

 大豆のタンパク質を、

効果的に利用するためには、

豆腐 、みそ 、 納豆 、などのように、

高度な加工品の形にすべきだ。

ここにも、

古人たちの知恵が、うかがわれよう。

 私が、本書でいう、

高 タンパク 食 、 とは、

毎食の、 タンパク質の比率と、

タンパク質の1日量 、との、

両面から見て、

基準値を割らない食事をさす。

 これを、 最低 限度 、 と考え、

ストレスなどで、

@ 腎臓らの各々にそってある、

副腎ら、において、

ウイルス 、 の本体を断ち切りもする、

剣豪、な、 ビタミン C 、 たちが、

大量に消費されるなどして、

その他の体の所々での、

免疫性のあり得る度合ら、が、

削り減らされてしまう事などにともない、

・・タンパク質への要求量の増大があったら、

それに応じてゆく、

心構えの食事に対して、

高タンパク食の名をつけたいのだ。

 

これは 、 国連の指示ではなく、

科学の教える所の事なのだ。

本書の意味での、

高タンパク食主義者である、

私の家では、

昼食の時などは、

配合 タンパク ≒

十分な、 質と量の、 タンパク質ら 、

と、 牛乳とで、

タンパク質の、1食への割当量をとる、

ことにしている。

 

200 ml 、ほどの、 牛乳に、

20 g 、の、 配合 タンパク 、を加え、

ビタミン C 、と、 砂糖 、とで、

調味し、

シェーカーで、よく、混ぜれば、 OKだ。

 

これは、 手っ取り早いばかりでなく、

うまくもあり、 完全食でもあり、

理想的な食事だ、

という、 自信がある。

☆ 【 高 タンパク 食 、の、

20のメリットら 】 ;

 ここで、最後に、

本書のしめくくりとして、

高タンパク食のメリットを列挙しておく。

特別な病気のある場合は、別として、

一応は、 健康を保っている人についての、

期待を列挙する。

① 貧血しにくい。

② 血圧が正常に保たれやすい。

③ ホルモンらの分泌が、

正常に保たれやすい。

④ 細菌やウイルスに感染しにくい。

⑤ 内臓障害が、おこりにくい。

⑥ 内臓が、下垂しにくい。

⑦ 筋肉が、劣化しにくい。

⑧ 姿勢が、悪くなりにくい。

⑨ リューマチになりにくい。

⑩ 出血が、とまりやすい。

⑪ 骨が、劣化しにくい。

⑫ 虫歯になりにくい。

⑬ 疲労しにくい。

⑭ 公害や薬害に、やられにくい。

⑮ シワになりにくい。

⑯ 老化を減速する。

⑰ 消化不良をおこしにくい。

⑱ 食欲不振になりにくい。

⑲ 傷のなおりが、はやい。

⑳ ストレスに、強い。

☆ 【 スープや、みそ汁の効用 】;

  洋食のフルコースでは、

最初に、 スープがでる。

和食でも、みそ汁や、澄まし汁がでる。

 このような、

タンパク質を、 最初に、 口にすると、

タンパク消化酵素 コウソ 、達が、

十分に、 分泌されるので、

高 タンパク 食には、 有利だ。

 最初に、 糖質を口に入れると、

血糖値が高まるために、

糖尿病患者でなければ、

膵臓 スイゾウ 、から、

大量のインシュリン 、が分泌される。

 それがために、

血の中の、 ブドウ糖たちが、

肝臓、や、筋肉に、どんどん吸収され、

血糖値が、 十分にあがる、

ことを、 できなくされる。

 

☆ 正常人らの場合においては、

血糖値が、適当に高く、

ブドウ糖 、たちが、

脳 、や、神経系へ、 十分に行き渡ると、

意識の覚醒レベルは、 高くなり、

気分は、 爽快になる。

 

このように、

インシュリン 、 の分泌が、

抑制される、 食事が、

正常人らにとっては、 望ましい ❗。

その条件を満足させる為には、

糖質を無闇にとらないばかりでなく、

食事の最初に、

適量のタンパク質をとる事が、

理想だ。

 ここまで、 デリケートな心掛けは、

健康人らには、 必要とは、 いえまいが、

病人らの場合には、 案外に、

大きな意味をもつに違いない。

 知人に、30歳を越したばかりの、

慢性 膵炎 スイエン 、 の女性がいる。

 

彼女の経験談だが、

多忙の余りに、

ケーキとコーヒーをやったのが、

昼食になってしまうような時に 、

重大な故障がおこる。

 3時間ほどを後になると、

例外を無しに、 冷汗は、でる、

心臓は、ドキドキする、

手足は、 震えるで、

膝が、がくがくして、

歩けなくなる事さえある。

 何も食わずにいれば、

こんな事は、おきない、 という。

 これは、 低血糖の症候群であって、

糖質を主とする食事が、引きおこした、

インシュリン 、 の過剰による、

障害らに違いない。

 低 タンパク 食の欠点が、

このケースでは、

拡大し、増幅されてある訳だ。

 彼女の場合は、

高 タンパク 食をとっていれば、

発作らは、おきない。

健康人らであっても、

このような話に耳を傾ける事が、

賢明な事だ。

 このような情報らは、

意外な所々で、 価値をあらわすものだ。

 

【 三石巌 高タンパク健康法

( 絶版 ) P232~249より 】

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1560727437376908

☆ 遺伝情報らは、

細胞らの各々の中において、

毎日に、 いつでも、

タンパク質たちから成る、

遺伝子、な、 デオキシリボ 核酸

≒ DNA 、 が、

体からの色々な求めに応じて、

その、 2重の螺旋 ラセン 、 の、

所々を、 開いて、

そこの、 遺伝情報ら、を、

リボ 核酸 ≒ RNA 、 らへ、

転写させる、 事から、

特定のタンパク質ら、を、 作り出す、

事によって、

体の何彼らを作り出し続けて来てあり、

生まれる時に与えられる、能力性ら、

等といった、 必ずしも、 毎日の時々に、

タンパク質ら、などの、

生産や、 廃棄 、 への、

因 チナ みもと、として、 機能する、

訳ではない、ものら、 に、 限定される、

宛 ア ての、 ものら、 では、 ない。

blog カラパイア ;

ワクチンから、 薬物からの中毒への、 抗体まで、

現代の医学薬学は、

健康被害から私たちを守る、 色々なツールを提供してきた。

遺伝子コードを変える、

ことをなく、必要に応じて、 体の防衛力を高める、

などということが、

可能だろうか?

 遠い未来のことの話にも聞こえるが、 アメリカ国防高等研究計画局

( DARPA ) 、 の、

新しいプログラムは、

正に、それを目指すものだ。

 同プログラムは、一時的に、 遺伝子らの発現ぶりを、 ”チューニング”する、

ことで、

生物学的・化学的脅威から、 人々を守る方法を探求する。

 つまり、遺伝子の、

オン、と、 オフ、 を、

チューニングすることで、 健康性への害に対する、

体の防衛力を強化しよう、

というのだ。

 人体らは、 すでに、

健康政治への害に対する、 一定レベルの防衛力を備えており、 それは、

遺伝子、 とも言う、

デオキシリボ 核酸 ≒

DNA 、 に書き込まれている。

しかし、 こうした防衛力は、 絶対に、 十分、

という訳でも、ない。

例えば、 免疫系の細胞たちが、 ウイルス 、 と戦おうとしている、 というのに、

インフルエンザで、

体調を崩す事などが、

あるだろう。

 「 人体は、 おどろく程に、 回復力に富んでいます。 細胞の一つ一つが、

健康への脅威に対して、

一定レベルの回復力を発揮するよう、 コード

≒ 暗号 、 した、

遺伝子を持っているのです。

ですが、 そうした、

内蔵型の防衛機構は、

いつでも、 十分に、

素早く、 かつ、 力強く、

発現する訳では、

ありません 」 、と、

DARPA 、 の、

「 PREPARE

( PReemptive Expression of Protective Alleles

and Response Elements)」プログラムの、

レネ・ヴェグジン氏は、

述べている。

 「 PREPARE 、 は、

ゲノム 、 に、 恒久的な編集を加えることなく、

( 脅威への )、

曝露前、 あるいは、 後に、 一時的なブーストを与えることで、 生まれつきで、

備わっている防衛力を佐幇 サポウ ≒ サポート 、 する方法を研究します 」 。

遺伝子の発現を制御する、 仕須提 システ いつでも、

システム 、 な、

「 エピゲノム 」 、 を、 標的に、

 CRISPR 、 といった、

恒久的に、 ゲノム 、 を変化させてしまう、

最近の、 遺伝子らへの編集技術とは、 対照的に、

PREPARE プログラム 、は、 そうした変更を、

DNA 、 に起こさない、

技法に特化する。

 それは、 ” エピゲノム ”、 つまり、 遺伝子の発現を制御する、

仕須提 システ

≒ システム 、 を、

標的とする。

遺伝子は、 DNA、 での、 遺伝情報な、 塩基らの配列ぶり、 に、

変更を加えずとも、

遺伝子を読み込む、

細胞を操作するように、

外部からの修正を加える事で、 オン、と、 オフ、

を調整し得る。

手始めに、PREPARE

プログラム 、 は、 四つの健康問題らに挑む。

インフルエンザ、

オピオイドの過剰な摂取、

有機リン酸エステル中毒

( 殺虫剤や、 神経作用剤に由来する、 化学物質 )、

原子や分子の枠内から、

負電荷な、 電子 、

を引き離し得る力のある、 すっ飛び粒子な、

電離 放射線 、 である、

ガンマ線 、 への曝露だ。

 これを成功させるには、

いくつものハードルら、を、 乗り越えなければ、

ならない。

 まず一つは、

これらの、 健康性への、

害に対して、

防衛力を発揮してくれる、 遺伝子を特定すること。

二つに、 それらの、

遺伝子な標的らを、

チューニングする、

技術を開発すること。

そして最後に、

その技術を、 アメリカ食品医薬品局の基準・規制に適応させることだ。

 PREPARE プログラム 、は、 最初は、

特定の健康被害に集中するが、 最終的に目指すのは、

新たに出現する、 健康性への脅威に、 応用可能な、

共通のプラットフォームらを開発することだ、

という。

 また、 倫理の専門家とも、 協力して、

この技術によって、

生じるかもしれない、

倫理的・法的・社会的問題 の特定も行われる。

References:.darpa / livescience/ written by hiroching / edited by parumo

 病気は、 治療する、

時代から、 予防する時代、 そして、 防衛機能を高める時代へと、 変化していきそうだ。

先に、 軍による研究開発したものが、 やがて、

民間レベルに降りてきて、

浸透していく、 という、

過程を、この研究もたどることになるのだろうか?

\  SNSで、みんなに教えよう! /

blog カラパイア ;

ワクチンから、 薬物からの中毒への、 抗体まで、

現代の医学薬学は、

健康被害から私たちを守る、 色々なツールを提供してきた。

遺伝子コードを変える、

ことをなく、必要に応じて、 体の防衛力を高める、

などということが、

可能だろうか?

 遠い未来のことの話にも聞こえるが、 アメリカ国防高等研究計画局

( DARPA ) 、 の、

新しいプログラムは、

正に、それを目指すものだ。

 同プログラムは、一時的に、 遺伝子らの発現ぶりを、 ”チューニング”する、

ことで、

生物学的・化学的脅威から、 人々を守る方法を探求する。

 つまり、遺伝子の、

オン、と、 オフ、 を、

チューニングすることで、 健康性への害に対する、

体の防衛力を強化しよう、

というのだ。

 人体らは、 すでに、

健康政治への害に対する、 一定レベルの防衛力を備えており、 それは、

遺伝子、 とも言う、

デオキシリボ 核酸 ≒

DNA 、 に書き込まれている。

しかし、 こうした防衛力は、 絶対に、 十分、

という訳でも、ない。

例えば、 免疫系の細胞たちが、 ウイルス 、 と戦おうとしている、 というのに、

インフルエンザで、

体調を崩す事などが、

あるだろう。

 「 人体は、 おどろく程に、 回復力に富んでいます。 細胞の一つ一つが、

健康への脅威に対して、

一定レベルの回復力を発揮するよう、 コード

≒ 暗号 、 した、

遺伝子を持っているのです。

ですが、 そうした、

内蔵型の防衛機構は、

いつでも、 十分に、

素早く、 かつ、 力強く、

発現する訳では、

ありません 」 、と、

DARPA 、 の、

「 PREPARE

( PReemptive Expression of Protective Alleles

and Response Elements)」プログラムの、

レネ・ヴェグジン氏は、

述べている。

 「 PREPARE 、 は、

ゲノム 、 に、 恒久的な編集を加えることなく、

( 脅威への )、

曝露前、 あるいは、 後に、 一時的なブーストを与えることで、 生まれつきで、

備わっている防衛力を佐幇 サポウ ≒ サポート 、 する方法を研究します 」 。

遺伝子の発現を制御する、 仕須提 システ いつでも、

システム 、 な、

「 エピゲノム 」 、 を、 標的に、

 CRISPR 、 といった、

恒久的に、 ゲノム 、 を変化させてしまう、

最近の、 遺伝子らへの編集技術とは、 対照的に、

PREPARE プログラム 、は、 そうした変更を、

DNA 、 に起こさない、

技法に特化する。

 それは、 ” エピゲノム ”、 つまり、 遺伝子の発現を制御する、

仕須提 システ

≒ システム 、 を、

標的とする。

遺伝子は、 DNA、 での、 遺伝情報な、 塩基らの配列ぶり、 に、

変更を加えずとも、

遺伝子を読み込む、

細胞を操作するように、

外部からの修正を加える事で、 オン、と、 オフ、

を調整し得る。

手始めに、PREPARE

プログラム 、 は、 四つの健康問題らに挑む。

インフルエンザ、

オピオイドの過剰な摂取、

有機リン酸エステル中毒

( 殺虫剤や、 神経作用剤に由来する、 化学物質 )、

原子や分子の枠内から、

負電荷な、 電子 、

を引き離し得る力のある、 すっ飛び粒子な、

電離 放射線 、 である、

ガンマ線 、 への曝露だ。

 これを成功させるには、

いくつものハードルら、を、 乗り越えなければ、

ならない。

 まず一つは、

これらの、 健康性への、

害に対して、

防衛力を発揮してくれる、 遺伝子を特定すること。

二つに、 それらの、

遺伝子な標的らを、

チューニングする、

技術を開発すること。

そして最後に、

その技術を、 アメリカ食品医薬品局の基準・規制に適応させることだ。

 PREPARE プログラム 、は、 最初は、

特定の健康被害に集中するが、 最終的に目指すのは、

新たに出現する、 健康性への脅威に、 応用可能な、

共通のプラットフォームらを開発することだ、

という。

 また、 倫理の専門家とも、 協力して、

この技術によって、

生じるかもしれない、

倫理的・法的・社会的問題 の特定も行われる。

References:.darpa / livescience/ written by hiroching / edited by parumo

 病気は、 治療する、

時代から、 予防する時代、 そして、 防衛機能を高める時代へと、 変化していきそうだ。

先に、 軍による研究開発したものが、 やがて、

民間レベルに降りてきて、

浸透していく、 という、

過程を、この研究もたどることになるのだろうか?

\  SNSで、みんなに教えよう! /

分子栄養学➕藤川院長系; ビタミン B3、な、 ナイアシン ❗、の不足と、万病 ❗。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、日本人の数千人以上を既に監禁中な、シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、桜木琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ ビタミン B3 、な、 ナイアシン

( Niacin ) 、 は、

ニコチン酸、 と、

ニコチン酸アミド 、

への総称で、

ビタミン B3 、 とも言い、


炭素 C 、 の、 6個 、 と、

水素 H 、 の、 5個 、 に、

窒素 N 、 の、 1個 、 と、

酸素 O 、 の、 2個 、 とから成る 。


化学式は、 C6 H5 NO2 。

水へ溶ける、 水溶性の、

ビタミンな、

ビタミン B 複合体の一つで、 熱に強く、

糖質や、 脂質と、

タンパク質、 の代謝に、

不可欠だ。


循環系、や、 消化系、に、 神経系、の、

働きを促進する、 などの働きがある。


欠乏すると、

皮膚炎、や、 口内炎、に、 神経炎や、

下痢、 などの、 症状を生じる。


エネルギー、 への代謝を成す事において、

酸化還元酵素 コウソ 、

への、 コエンザイム

≒ 補酵素 ホコウソ 、 として、

重要だ。


人々の体の健康性を成すのに必要な、

ビタミン B3 、 な、 ナイアシン 、 の量は、

人々の体において、

トリプトファン 、の、

60 mg 、 から、

ナイアシン 、の、 1mg 、 が、

生合成される、 ものとし、

食品中に含まれる、

ナイアシン 、 の含量に加えて、

ナイアシン 当量 、 を算出する。


≒ が、 人によって、

トリプトファン 、 達から、

ビタミン B3 、 が、

作り出され得る度合にも、

差がある事が、 考えられ、 必ず、

どの人の体でも、

60 対 1 、 の、 割合で、

トリプトファン、 達から、

ビタミン B3 、 達が、 作られる、 とは、

限らない、ので、

それよりも少ない場合らも、 考えに入れて、

ビタミン B3 、ら、

への、 取り込みを成すべき、 必要性もある 。

・・生きてある体な、

生体 、の内においては、

ナイアシン 、は、

トリプトファン 、から、

生合成される。


ヒトの場合は、

さらに、 腸内細菌が、

トリプトファン 、 からの、

ナイアシン 、 の合成を行っている。

このために、 通常の食生活を送る上では、

欠乏症に陥る事は、 多くない。


≒ 抗生物質 、 ら、

などにより、

腸内の細菌たちを無くされてある、

場合などにおいては、 当然に、 不足し、

その不足が、 万病を呼び起こす事に成る、

ので、

自分の腸内の細菌たちの状況らについても、

知り、 対処すべき必要性がある 。


トウモロコシ 、を、

主食とする場合には、

トウモロコシ 、の、

トリプトファンの含量が、

少ないために、

ナイアシン 、と、

トリプトファン 、とが、

ともに、 欠乏し、

ペラグラ 、 などの、

欠乏症状らを呈する場合がある。


タンパク質から成る、

酵素 コウソ 、 の、

ロイシン 、は、

トリプトファン 、達から、

ビタミン B3 、 な、

ニコチン酸 、たちを成す、働きをする、

もの、 だが、


その、 ロイシン 、 を、

非常に多く含む、 モロコシ、 を、

主食とする場合には、

過剰な、 ロイシン 、 により、

キノリン酸

ホスホリボシル・トランス・フェラーゼ 、

の、 阻害が起こり、 結果として、

欠乏症に陥る可能性がある。

また、 ビタミン B6 、 の欠乏も、

ナイアシン 、の欠乏を促進し得る。


☆ 最も象徴的な症例記録~ ADHD

( by Abram Hoffer )

The Orthomolecular Treatment of Chronic Diseaseより ;


1960年に、 アメリカの医者が、

私に電話を掛けてきた。

彼の12歳の息子が入院していると、

泣きながら、話をした。

彼を治す治療法がないので、

もう、 望みが、 無い 、 と、

医師から伝えられた。


そして直ぐに、 彼を、

カリフォルニア州立精神病院へ入院させて、

隔離し、

彼の存在は、 忘れるように、と言われた。


それは当時、 とても一般的な、

医師からのアドバイスだった。


私は、 彼の父親に、

ナイアシン 、 を手に入れて、

それを、 病院に持って行き、

息子の主治医の精神科医と、

ナイアシンの使用について、

話し合うべきだと伝えた。


その話を聞いた精神科医は、怒り出した。


” ナイアシンを使用した事はあるが、

使用すると、 頭がおかしくなる ” 、

と、 激しく非難した。


私は、 50年間を、

ナイアシン 、 を使用しているが、

私の頭は、 おかしくなっていない。


そのために、 父親は、 毎日に、

息子へ面会に行き、 その間は、

ジャム入りのサンドイッチを持参して、

毎日に食べさせた。


ジャムには、 ナイアシンの粉たちを、

タップリと、 塗り込んでいた。


3ヶ月後には、 彼の症状は、

改善したために、 退院して、 家に戻った。


12年生を終えた時には、

彼は、 アメリカの高校生の、

トップ 5%に入る、 優秀な成績だった。


その後に、 彼は、 医学校に入り、

医師の免許を取得し、

精神科研究者になった。

彼は、 ある夏の期間を、

ライナス・ポーリング研究所で、 働いた。


https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1687528888030095


☆ 自己 免疫 病 、 への因 ;

三石分子栄養学➕藤川院長 ;

生きてある体、な、

生体 、 は、 アミノ酸 、 から、

タンパク質 、 を作っては、 壊し、

を、繰り返している。


古くなった、 アミノ酸 、 には、

原子団、 や、 ミネラル、 が結合し、

変形してしまう。


通常は、 そのような変形した、アミノ酸は、

廃棄されるが、

タンパク質での不足があると、

変形したアミノ酸が、再利用される。


変形した、 アミノ酸 、

によって作られた、 タンパク質らは、

その人の体の免疫系の細胞たちから、

「 非 自己 」 、 と、 認識され、

自己免疫疾患を発症する。



☆ 一定度合い以上に、

より、 高度に、 タンパク質ら、と、

ビタミンら、とを、 飲み食いなどをして、

摂る事を、 しない、 場合らにおいては、

他に、 健康性を成し得る、

足しになる事らを余計に成しても、

万病を呼び起こす事に成る。


そうした、万病の中に、

自己免疫疾患ら、も、ある。


☆ 江崎グリコ ;


ナイアシン 、は、

不足すると、

食欲が、無くなり、

消化不良、や

皮ふでの発疹がおこります。

さらに不足すると、

うろこ状に荒れる、 皮膚炎や、 認知症、に、

下痢、 などをおこす、

ペラグラ、 という欠乏症になります。

ペラグラ 、 は、 かつて、

中南米などにおいて、

トリプトファン 、の含有量の、少ない、

唐黍 トウキビ ≒ とうもろこし 、 を、

主食とし、 他の食品を、

あまり食べない地域らで、 見られましたが、

日本で、 通常の食生活をする場合は、

ここまで、 不足する心配は、

ほとんど、 ありません。

 

一方で、 通常の食事から、 過剰になる事は、

ほとんど、 ありませんが、

薬や、サプリメントでは、

誤って、 大量に摂取すると、 消化不良や、

ひどい下痢、 などの、 消化器系の障害や、

肝臓での障害、 などの、

過剰症がおこる事がありますので、

適切なご利用方法を心がけてください。



☆ 知恵蔵 ;


・・一般に、 ビタミン B3 、な、

ナイアシン 、 が欠乏すると、

脳の発育、や、機能が低下する。


ナイアシン 、 は、

酸化還元酵素 コウソ 、 への、

補酵素 ホコウソ 、 な、 NAD 、 と、

NADP 、 の、 構成要素として、

必須であり、

酸化還元反応における、 電子強盗な、

電子受容体、 または、

水素を与える、 水素供与体、として、 働く。


細胞内呼吸による、 グルコース ≒

ブドウ糖 ≒ C6 H12 O6 、

への、 分解に関わり、

ナイアシン 、 が不足すると、

細胞内呼吸で生じる、 物質や、

エネルギー、 を、 作り出せなくなる。


NAD 、は、 細胞、 の、増殖や、分化、

での、 シグナル ≒ 信号 、 や、

タンパク質らから成る、 遺伝子、 とも言う、 デオキシリボ 核酸 、 な、 DNA 、 での、

修復にも関与し、

水素 H 、 と結合して、

自らの、 その連れ相手を、 電子強盗から、

電子強盗をしないものへと、 もどす、

還元型、 の、 NADP 、 は、

脂肪酸の合成や、 ステロイド・ホルモン、に、 コレステロール 、の、合成に関わる。


☆ ナイアシン 、は、

5百以上の代謝に関わっており、

これを、 一定度合い以上で、 欠く事も、

他の、 ビタミン、らや、 タンパク質ら、を、

一定度合い以上で、 欠く事と同じく、

栄養らを飲み食いしても、

それらから、 体の、部分らや、

機能らに、 健康性、を、 成す、

度合いら、を、 一定以上に、 欠く事を意味し、

万病を呼び起こす事に成る。