経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

点、と、今時間、ら❗。 三石分子栄養学系; 。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

【 自らの、 今としてある、 時の間 マ 、

が、 それを感じ得て来てある、

その、 観念な、 感じよう、 や、

観ようら、 の、 そのもの、 において、

それ自らの成り立ちようら、 を得る、

もの、 ら、 であって、


それらのそのものら、 を離れた、

どこ彼ら、に、 成り立つ訳ではなく、


何秒間 、 などといった 、

時計的な時間の度合いを 、

それ自らから 、排除する 、

状態らを成す事においても、

それ自らの成り立ちようらを得る 、

ものら、 である、

といった事らを、

この思案系らでは、 述べて来た。


一定数の人々が、

点の観念らを成す事において、

それへ、 面積性を与え加えてしまい、

それ自らに、 面積を成さない、

位置 、 として、

点の観念を働かしめる場合らにおいて、

ある位置で、 一致する所のある、

2つ以上の、 広がり、ら、が、

全く、 互いに重なる面積らを成さずに、

ある位置を共有し合う形で、

接し合ってある、

といった、 状況ら、を、

その言葉らの通りに、

観念する事に、 納得の行かない、

思いようらを成し、

ある点で、 接し合ってあるなら、

重なり合う面積らを成してもあるはずだ、

などと、

自らに、 面積性を成さないで、

それ自らの成り立ちようらを得る、

位置、 の、 観念らの一般を成り立たせる、

観念な、規定性に反する、

思いようらを成して、 抵抗などをする、

場合らにおける、

その、 幾分かではあっても、

自らに、 面積性を成して、

それ自らの成り立ちようらを得てある、

点 、 の、 観念ら、 を、


時計的な時間の度合いの観念性ら、

とする、 ならば、


我々の各々の、 今として、

現れて、在る事になる、

時の間 、 としてある、 ものら、 は、

その、 位置、の、 観念ら、のごとき、

ものら、 であり、


余計な、 面積性らを自らに帯びない形で、

位置ら、が、 観念され宛て得て来てある、

ように、

我彼の各々の、 今として成る、

時の間 、 を、 それ自らにおいて、成す、

観念な、 感じようら、や、

観ようら、の、 そのもの、ら、は、


時計的な時間の度合い、などとは、

関わりを無しにも、

時計的な時間の度合いを成す事を、

無しにも、

それ自らを現し得て来てあり、


主に、 質としての内容な事ら、

などにおいて、

区分され得る、 事柄らの各々や、

それらへ対応する、

観念性でもある、 感じようら、や、

観ようら、の、 各々、へ、

対応し得る形で、

それ自らの成り立ちようら、を、

得て来てある。



いかに、 各々の、 今として成る、

時の間 マ な、 ものら、が、

何秒間 、 などといった、

時計的な時間の度合い、ら、の、系ら、と、

連続性なり、 相互への浸透性なり、

を、 ごく全く、 自然に、

成し合ってある、 何彼同士である、

ように、

観念系の主である、 誰彼において、

感じ宛てて観られ得ようとも、


それは、

観念な、 綜合性が、 成される事において、

そのような、 関係性ら、が、

新たに、 創り出されて観宛てられてある、

という事であって、


自らに面積性を成さない、

位置 、というもの、を、

自らの内容とする、観念らの一般と、

自らに面積性を帯びて成る場合の、

点 、 というもの、 を、

自らの内容とする、 観念らの一般とが、

全く、 別々の観念性ら、 であり、


直には、

互いへの、 連続性も、浸透性も、

成し合う所らの、 無い 、 もの、

同士でもある、 という事に、

変わりが、 無い 、 ように、


各々の、 今として、 あるべく、

ある、 時の間 、 な、 ものら、 の、

そのもの、ら、と、

何秒間 、 などといった、

時計的な時間の度合い、な、

何彼ら、とは、

互いへの、 連続性なり、

浸透性なり、 を、 ごく当たり前に、

あり得てある、 もの、 として、

観念系の主である、 誰彼において、

感じ宛てて観られ得ても来てある、

にも関わらずに、

それぞれが、 その根っこにおいては、

独り立ちしてある、

別々なもの同士であり、


それらへ、 覚え宛てがって観られ得る、

連続性なり、 浸透性なり、 などが、

どんなに、 綻 ホコロ びの無い、

より、 全く、 自然なもの、 として、

あり得て、 あり、

何彼らを成し得 ウ べく、

それらに、 先立ってもある、

より、 前提なもの、 として、

あるべくも、 あり得て、 ある、 ように、

思い宛てて観られ得ようとも、

それらが、 互いに別々な、

観念性ら、である、 事に、

変わりは、 無い 。


いずれにせよ、

日本国民たちは、 より早くに、

日本国民たちの足元の、 地下へ、

より、 どこからでも、

より、 速やかに、 落ちついて、

歩み降りてゆき得る、 避難経路ら、と、

より、 快適に住める、 避難所らとを、

作り拡げてゆく、

公共事業らを成す事により、


日本の、 財務省の役人ら、と、

与野党の、主な政治家らとが、


英米のカネ貸しらの主張する事らを、

そのまま、

自らもまた、 オウム返しにして、

主張し、実行もする事において、


日本政府の財政における 、 緊縮 、 を、

繰り返し、 成す事を通して、


彼らへの、 主 アルジ の立場にある、

日本の主権者としての日本国民たちへ、

物価だけではなく、

その労働らへの賃金らの水準へも、

より、 押し下げる向きへ圧力をかける、

要因らの系である、

デフレ不況性 、を、

押し付け続けて来てある、


その、 デフレ不況性 、を、

解消し去ってゆく、

と共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを、

飛躍的にも、高めてゆくべき、

ぎりぎりの状況にも、 ある 。


地上を襲い、 地上をおおい得る、

あり得る、災害らへ対して、


その、 地上に、 避難所らや、

避難経路ら、 を設定して、

日本の主権者たちを、

それらへ誘導する事は、


人食い虎どもの住む、 密林へ、

人々を誘導する事に類する行為であり、


日本の主権者として、在る、

日本人たちの一般 、へ対する、

個々の日本人においても、

執事なり、 召し使いなりの立場にある、

公務員などの、 者らにおいても、

成す事が、 許されない 、


日本人たちの一般の、

あり得る、 福利ら、を、

より、 能くも、 最大限にも、 成す事を、

約束して、

日本の社会に、 存在し、

存続する事を、

日本人たちの一般から、 許されてある、

筋合いにある者としての、 義務 、 に、

違反性を成す、 行為であり、


それが、 作為型では、 無く 、

無知性と痴愚性とにもよる、

不作為型の、 行為であっても、

それへの責めを負うべき、 筋合いを、

その主らの側に、 成すものである事に、

変わりは、 無い 】 。



◇ 負電荷な 電子対なら 奪う、酸


逆な、 陽子を 引き取る、塩基・・。



☆ 湧き水の 濁りに続く 山津波


無い、水どもが 湧くも、先触れ・・。



◇ 連れ去るに 浜から沖へ 離岸流


脇へ泳げば ひろえる命・・。



☆ 水に塩 糖分も、欠け 熱を去る


風も、欠ければ 沸く、 熱射病・・。



☆ 三石分子栄養学系;


☆ 脂質と生命 ① ;

生物は、 水がなければ、生きてゆけません。


からだを構成する、 分子群は、

食品ら、 から、 入ってきた、 分子群との間で、

結びついたり、 離れたりして、

姿をかえながら、

生命現象らを作り出しています。


分子と分子との反応を助けるのが、 水です。


私達の体には、 60 パーセント 、 ほどの、

水分があることをご存じでしょう。


体内の水分は、 血液となって、

血管のなかを流れ、

毛細血管から、にじみ出して、各組織を浸し、

やがて、 リンパ管へと集められ、

再び、 血管へ、 という、

循環をくり返します。



組織をつくっている細胞 、 たちは、

体液のゆるやかに流れる環境に住んでいる、

と、 表現してよいでしょう。


細胞の内側にも、 水溶液があります。

内と外とでは、 とけこんでいる、

物質の量が、 同じでは、ありません。


細胞たちが、 生きてゆくためには、

水の中に住みながら、 内と外とに、

特別な環境をもっていなければ、

ならないのです。


水の中で、 独立した環境を保つためには、

境界が、なければ、なりません。


その境界は、 単なる、 仕切りではなく、

物質を選択して、 とり入れたり、

ホルモンのもたらす情報を、

キャッチしたりする、 能力を備えている、

ことが、 要求されます。



体は、 このむずかしい問題を、

脂質 、 を利用する事によって、

解決しました。



脂質の特性は、 水に溶けない事ですが、

中には、 水になじむ部分をもつ、

脂質も、あります。


水に対しての、 相反する、

2つの性質らを兼ねそなえた、

脂質― 、 リン脂質 、 が、

二層に並んで、 膜構造をつくったときに、

細胞たちは、

理想的な働き場所を確保したのでした。



☆ 人のような、 多細胞生物では、

細胞らの各々は、

勝手な振る舞いを許されません。


お互いの間に、

何らかの情報交換があるはず、

と、 お考えでしょう。


細胞は、 膜に、

糖の枝 、 を、 生やしています。


この枝は、 細胞の目印になったり、

ホルモンのような、 特定の物質を、

つかまえたりするのに、役立っています。


ガン細胞では、

その膜の表面の糖のようすが、

かわってしまいます。


これが、 ガンに特有の、

異常な増殖に関係している、

と、 考えられています。


細胞と細胞をつなぐ、

< 結合組織 > 、 では、

のり 、 の役目をする、

コンドロイチン 硫酸 、 などの、

ネバネバした、 粘質多糖体 、が、

重要です。


これは、 ねばり気をもっているので、

組織のつくりを保ったり、

潤滑油の役をしたり、

水を貯めたり、 などの、

色々な働きをしています。



タンパク質から成る、 ホルモン 、

の、 成分となっている、 糖も、あり、


ミネラル 、 などを運ぶ、

空母 タンパク ≒

キャリア・タンパク 、 に、

糖が、必要なものがある、

ことも、 解ってきました。



細胞膜における、 糖 タンパク 、

などには、 興味が、無い、

という人が、 あるかもしれません。


けれども、 血液型 、 と、いわれるものが、

赤血球の膜にある、

複合糖質 、 ら、 への分類におけるものだ、

と、 わかったら、 身近に感じて頂ける、

のでは、 ないでしょうか。




☆ 繊維状な、 タンパク質である、

『 コラーゲン 』 、 とは、 何か ;


 骨や皮を煮ると、 ゼラチン ≒

膠 ニカワ 、 が、 とれる。


煮て、 ゼラチン 、 になる物質を、

「 コラーゲン 」 、 という。

日本語で、いえば、 これは、

「 膠原 コウゲン 」 、 である。



コラーゲン 、は、 タンパク質の一種である。


 コラーゲン 、 を組み立てる、

アミノ酸たちのうちで、

「 プロリン 」 、と、 「 リジン 」 、 とには、

酸素 サンソ 、 O 、 の、 一個、 と、

水素 H 、 の、 一個 、 とが、 結びついてある、

水酸基 OH 、 な、

枝 、が、 ついている。



その枝をはやす、 代謝には、

助酵素として、 ビタミン C 、 が登場する。


ビタミン C 、 が、 なければ、

まともな、 コラーゲン分子は、できない、

という事だ。



コラーゲン 、は、 繊維状な、 タンパクである。

その線維が、 三本が、 まとまって、

三つ編み状になっている。


これを、 「 コラーゲン・へリックス 」 、

という。

へリックス 、とは、 らせん 、 の意味だ。


コラーゲン・へリックス 、は、

全体として、 らせん型になっている。


前述の水酸基 OH 、 な、 枝がないと、

この構造にならないのである。



三つ編みのへリックスにならない、

コラーゲンは、 まともではなく、

強度が不足する。

 

コラーゲンは、 硬骨でも、軟骨でも、

結合組織でも、 主な成分になっている。


これが、 まともにできないと、

硬骨も、軟骨も、結合組織も、 弱い。


ぎっくり腰も、 脳出血も、 原因は、

不完全な、 コラーゲン 、 にある。



〔 三石巌全業績−11  健康ものしり事典

( 絶版 ) P124 より 抜粋 〕



☆ 関節のところでは、

二本の長骨らが、 骨端を向き合わせている。



その骨端の骨細胞のなかにも、

『 リゾゾーム 』 、 は、 ある。


何かの原因で、

その、 リゾゾームの膜が、破れたとしよう。


すると、 リゾゾーム 、の中にある 、

タンパク質らから成る 、

酵素 コウソ 、 達が、

外に出てくる。



リゾゾーム 、の、 酵素 、 たちは、

さまざまな、 酸性 ≒

電子強盗 、 な、 分解酵素 、 である。



という事は、 酸性の環境において、

タンパク質、 脂質、 糖質、 を初めとする、

もろもろの物質らを、 それが、分解し、

溶解する、 ことが、 できる、

ということだ。


もし、 細胞の内部が、

酸性化している時に、

リゾゾーム 、の、 膜が破れれば、

その、 リボゾ-ム達を含む、

細胞は、 もちろんの事として、

その周囲の組織らも、

とけてしまうだろう。



この溶解液が、 つまり、

関節に、 水として、 たまる事になる。



リゾゾーム 、の、 酵素らの作用で、

細胞内、 もしくは、 その周囲にあった、

タンパク質たちが、 ちぎれて、

短い、 アミノ酸、の、 くさりを作れば、

それが、 「 痛み物質 」 、な、

『 キニン 』 、 になる、

可能性がある。


『 キニン 』 、 は、

アミノ酸、の、 8個、 ないし、

11個、 を、 つないだ、

短い、 くさり状の、 分子 、 である。


この、 キニン 、 が、

関節痛 、 への、 原因 、 だろう。



関節痛 、 は、

「 変形性 関節症 」 、 にも、

「 リウマチ 」 、 にも、

「 慢性 関節 リウマチ 」 、 にも、

ついてまわる。



これを防ぐには、

リゾゾーム膜への保護、と、

キニン 、 への捕捉、

などを考えれば、 よい。



( 全業績-11  健康ものしり事典 

P69 より 抜粋 ) 。


☆ 結局、食べちゃいけないのは、

ボクからすれば、 マーガリン 、と、

ショートニング 、 だけだ。


この2つの不飽和脂肪酸らの共通点は、

不飽和のもとになっている、

炭素の二重結合が、

オール・シス型ではない、

ところにある。


これは、 硬化油の特徴なのだ。


硬化油 、とは、 水素をくっつけて、

液体の油を、 固体にちかづける、

加工をした油のことだ。


「 硬化 」 、は、 その意味なのだ。


二重結合 、 には、 それらが、

炭素らの連なりの片一方の同じ側にある、

シス型、 と、

その互いの斜め向かい側に、 わかれてある、

トランス型 、 との、

ふたつ型の、 立体形ら、 がある。


二重結合のすべてが、 シス型ならば、

オール・シス 、 ということだ。


天然の脂肪酸は、 ナタネ油、と、

サバ油 、 以外は、

その全てが、 オール・シス 、 なんだ。


それでないと、

プロスタグランディン 、

への、 原料になれないんだ。



サラダ油にも、 硬化油をふくむものがある。


ショートニング 、は、 パンだけでなく、

ケーキにも、 スナック菓子にも、

ふくまれているものがある。


これも、 本当に食べちゃいけない。

ボクは、 食わない。



〔 一九〇一年生まれ、

九十二歳 ボクは現役。

( 絶版 ) P206 より 〕 。



☆ プロスタグランディン

C 20 H 34 O 5

、 は 、

炭素 C 、の、 数が、 20 、の、

多価 不飽和 脂肪酸 、 から、

生合成される、

一群の生理活性物質ら、への、 総称。


PG 、 と略記。


炭素 C 、 が、 5つで、

環っかを成してある、

『 5員環 』 、 の部分に、

2つの側鎖、らがついた、

共通の基本骨格をもち,

5員環の部分の構造

( 2重結合と酸素原子の結合の仕方 )

、 の、 違いにより、

A ~ J 、の、 各群に区分され,

側鎖の二重結合の数

( もとの不飽和脂肪酸に由来 )

、 により、

1〜3のタイプがある。


この両者を組み合わせて,

PGI 2 , PGE 1 、

というふうに、 表示する。


血圧の降下,や、 気管支の収縮,に、

子宮の収縮,や、 血管の、 収縮、

または、 拡張, と、

血小板らの凝集への、 誘起、

または、 阻害, に、

免疫の抑制,や、 利尿,に、

眠りの誘発などを成す。

ホルモン 、 と、

よく似た働き方をするが,

生きてある体の局所らで、作られ,

その近くだけに作用するので,


局所 ホルモン 、 とも呼ばれる。


医療として重要で,

子宮を収縮させる事などから、

分娩への誘発剤や、

血管の拡張剤などとして、

用いられている。



 ☆ 細胞膜に、 リン脂質の形で、在る、

アラキドン酸 、 などが、

原料となって生合成される、

生理活性物質で,

不安定で、 生体内での、 寿命が短い.


心臓をドキドキさせたり、

平滑筋の収縮などを成す。


生体内の、 あらゆる組織らにおいて、

細胞レベルで、 産生され,

組織の、 1 グラム 、の中に、

十の9乗分の1 グラム 、しか、なくても、

各種の生物活性らを現す、

強力な情報伝達物質。


1930年に、 精液の中から、

子宮を収縮させる物質として発見され,

35年に、 前立腺

prostate 、 に由来するもの、

と、 考えられて、

prostaglandin 、 と命名された。


食事で摂取され、

リン脂質に蓄えられた、

アラキドン酸などが, 刺激に応じて、

PG合成酵素により、 変化をうけ,

5員環を頭に、

20個の炭素らをもつ、

プロスタン酸を基本構造とする、

長鎖水酸基脂肪酸 、 になったもの。

ドクター江部; 低 分子 コレステロール 、 が、 血の中に多くあっても、 死亡率が、 高くなる訳ではない❗ 。 報道されぬ❗; 日本人の数千人以上を既に監禁中な、シナ❗。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ ドクター江部の糖尿病徒然日記 ;


LDL コレステロール ≒

低分子 コレステロール 、

が、 高いほど、 総死亡率が、 低い。


2018/ 5/19 18:25 12 -

【18/05/08 しらねのぞるば

60歳以上の人の80%は,LDLコレステロールが高いほど総死亡率が低い

BMJの論文です.


http://bmjopen.bmj.com/content/6/6/e010401.full?sid=cfb00014-f0a8-407d-ae71-a3278160ca49


コレステロール,又は、

LDL-Cと、

【心疾患】 死亡率 / 発症率 、

との関係を調べた研究は、 多いが,

LDL ≒ 低 分子 コレステロール 、 と、 【総死亡率】との関係を調べた研究は、

報告されていない.

そこで、 Systemic Review により,

この関係がわかる、

コホート研究を抽出した.

その結果(p.6 左);


Our literature review has revealed either a lack of an association or an inverse association between LDL-C and mortality among people older than 60 years. In almost 80% of the total number of individuals, LDL-C was inversely associated with all-cause mortality and with statistical significance.


以上の論文検索の結果,

血中 LDL-C 濃度 、 と,

60歳以上の人の総死亡率とは,

相関が、 ない、 or、

逆相関していることが、 判明した.


特に、 80%以上の人は、

LDL-C 、 が高いほど、

総死亡率が低い、

ことが、 統計的に有意であった.】



こんにちは。

しらねのぞるばさんから

「LDLコレステロールが高いほど、

総死亡率が低い。」

という、 結論の、

ブリティッシュメディカルジャーナル

(BMJ)に

掲載された論文をコメントして頂きました。

ありがとうございます。


http://bmjopen.bmj.com/content/bmjopen/6/6/e010401.full.pdf

Lack of an association or an inverse association

between low-densitylipoprotein cholesterol and mortality

in the elderly: a systematic review

PDFファイルで全文を見ることができます。


ブリティッシュメディカルジャーナル(BMJ)のsystematic reviewですから、

信頼度は、とても高いです。

『高齢者において、

LDLコレステロールと死亡率の関係は、

ないか、 逆相関している』

という結論です。


今までの、

『LDLコレステロールが高値であるほど、

総死亡率と心血管死が増える』

という、 コレステロール仮説を、

根底から覆す、

「システマティック レビュー」です。


日本脂質栄養学会の、

『 コレステロールが高いほど、

長生き 』 、 という主張にとって、

これ以上ない、 追い風と言えます。


日本動脈硬化学会の、

『 コレステロールが低いほど、

良い 』 、 という主張は、

雲行きが怪しくなってきました。


私も、『 コレステロールが高いほど、

長生き 』 、 と思っていますので

大変嬉しい、 BMJの、

「システマティック レビュー」でした。




☆☆☆以下

上記、BMJの「システマティック レビュー」の要約の和訳です。


要約

目的

高齢者において、総コレステロールは、

総死亡率と心血管死との関係において、

リスクとならないか、 少ない、

という、 研究は、 多いが、

LDL コレステロール 、 と、

総死亡率との関係を調べた研究は、

報告されていない。

そこで、この論点を調査した。


セッティング、参加者、アウトカム、

評価

一般集団で、 60歳以上の人で、

LDL コレステロールが、

総死亡、 および / または、

心血管死亡 、 への、

リスク要因として調査された、

コホート研究を、 PubMed で、

調査した。


結果

我々は、総死亡率が記録された、

28のコホート、

心血管死亡率が記録された、

9つのコホート、において、

合計 68,094人の高齢者による、

30のコホートを含む、

19のコホート研究を確認した。


総死亡率と、 LDLコレステロール、

との、 逆相関は、

この関連が記録された参加者の数の、

92%に相当する、

16のコホート

( 統計的有意差を有する、

14コホートを含む )

において、見られた。


残りには、関連が見つからなかった。

2つのコホートにおいて、

心血管死亡率は、

LDLコレステロール値が、

最低の四分位で、 最も高く、

統計的に有意であった。


7つのコホートにおいて、

関連は見出されなかった。


結論

高 LDL-C 、 は、

60歳以上の大部分の人々の死亡率と、

逆相関する。


この知見は、

コレステロール仮説

( すなわち、

コレステロール、 特に、

LDL コレステロール 、は、

本質的に、

アテローム ≒

粥 カユ 状の血などの塊 、

を発生させる ) 、

と、 矛盾する。


高 LDL-C 高齢者は、

低 LDL-C 高齢者よりも、

長く生存する、 という、

我々の分析は、

コレステロール仮説の妥当性を疑う、

理由を提供する。


さらに、我々の研究は、

心血管疾患予防戦略の一要素として、

高齢者における、

LDL-C 、 の、 薬理学的減少を推奨する、

ガイドライン再評価の根拠を提供する。


江部康二氏。

藤川院長系; ビタミン C 、を与えずに、 ワクチンの接種をしないこと❗

ビタミン C 、 を与えずに、

ワクチン接種は、 しない ❗


Orthomolecular Medicine News Service(OMNS), October 22, 2015

執筆者: Helen Saul Case 女史 ;


我々夫婦は、 子ども達に、

ワクチンの接種を受けさせる事にした。


一部のワクチンらには、 価値がある、

と、 我々は、 考えている。


他のものには、 賛成していないのだが、

法律では、 どの特定のワクチンらを、

子どもが受けるかを、

医師と両親が、 一緒に決める、

事が、 できるようには、 なっていない。

我々は、 かかりつけの小児科医に、

しつこく、要求し続け、

やっと、 予防接種の間隔を空けさせる、

ことが、 できた。


そうしなければ、 子どもは、

一度に、 7つの病気らにさらされる、

ことになったのである。


特定の、 ワクチンらの成分らに、

アレルギーがあることが、

わかっている場合に、

免疫での不全がある場合などの、

特定の予防接種を受けさせない、

正当な医学的理由 、 が、

子どもの側に、 無い、限りは、

医師は、

ワクチンの接種の免除を、

認めそうにない。


そのため、 多くの場合が、

異常な反応を生じてからでないと、

その子に対し、

特定のワクチンらを、 その後も、

投与する事が、 免除されないのである。


これは、 まるで、 危険な交差点で、

人が、重傷を負ってはじめて、

信号を設置するようなものである。


現在のやり方は、

「 構え、撃て、狙え 」 式であり、

成り行き注視の、

試行錯誤ゲームのような気がする。


単純に、 これでは、

不十分である、 という理由で、

私は、 子たちに、

ビタミン C 、 を与えている。

しかも、 大量に。








☆ ビタミン C、と、 ワクチンの副反応;


私の娘は、 生後の、 15カ月に、

DPT

( ジフテリア・百日咳・破傷風 ) 、

と、 Hib

( ヘモフィルスインフルエンザ菌 b 型 )

、 という、

4つの病気らを防ぐ、

予防接種、の、 2本を受けてから、

数時間後に、 泣き叫び、 倒れかかり、

ぎくしゃくとした動きをし、

熱が急上昇した。


おでこに当てる、 体温計で、

40 ºC 、 もの、 高熱を記録した。



私は、 ビタミン C 、 を大量に与えると、

抗生剤・抗ウイルス剤・抗毒剤として、

だけでなく、

解熱剤 としても、

役立つことを知っていたので [1] 、


すばやく行動し、

ビタミン C 、 である、

アスコルビン酸 、 と、

アスコルビン酸 カルシウム

( 緩衝型の、 ビタミン C )

、 を、 きわめて大量に、

腸の許容上限まで、

与える、 とともに、

ぬるい、お風呂に入れる事によって、

発熱を抑えた。



ビタミン C 、 が、

腸の許容上限に達すると、

娘は、 もう、 泣き叫ぶこともなく、

ぎくしゃくとした動きも、なくなった。



熱は、 最初の、 1時間で、

0・6 ºC 、が、 下がり、

次の、 1時間で、

もう、 0・6 ºC、

が、 下がった。


その後は、 夜の間をずっと、

38 ºC 、 前後で、 推移した。



「 それが、 自分の子どもに起こったら、

リスク 、は、 百 % 、 である 」 –

米国ワクチン情報センター

Barbara Loe Fisher 女史 ;


娘の激しい反応を、

かかりつけの医師は、

カルテに記録しなかった。


カルテには、

「 昨日の午後に、 発熱で、 電話診察 」

、 と、 書かれているだけで、

スペル・ミスさえあった。


娘のその他の症状らについては、

一切が、 記録されていなかった。


電話での診察の時には、

とくに、 熱が、

38・3 ºC 、 を超えたら、

小児用の、 タイレノール

( アセト・アミノフェン )

、 を与えるよう、 勧められた。


熱が、 38・3 ºC 、 を、

下回ったのを見て、

私は、 娘を、 ベッドに寝かせ、

体温を、 1時間おきに、 計り続けた。



熱の変動は、

ビタミン C 、 の、

摂取量に、 反比例していたので、


通常量

( 2時間おきに、

250 ~ 5百 mg 程度 )

、 の、 ビタミン C 、 を与え続け、

念のため、

タイレノール 、も、 用意しておいた。



翌朝までには、 平熱に戻り、

いつもの、 機嫌の良い娘に戻っていた。


軽い発熱であれば、

体の自然な、 「 免疫反応 」 、

が、 正常に働き、

ワクチン 、 と闘っている兆候であるが、


「 ワクチンの副反応 」 の時に、

急に上がる、 高熱は、

非常に深刻であり、

すぐに、 下げなければ、 ならない。



アセト・アミノフェン 、には、

その作用があるが、

高用量の、 ビタミン C 、 でも、

できる。



私たちは、 その作用を観察した。

娘が、 生後の、 15カ月の時に生じた、

激しい、 ワクチンの副反応が、

どの、 ワクチンのせいであるかを、

知らされるまで、

その後の数年が、かかった事になる。


これで、 最後となってほしい、

3人目の小児科医は、

娘の激しい反応を詳しく書いた記録

( 我々が持っている、唯一の記録 )

、 に、 もとづき、

DPT 、への、 予防接種に含まれていた、

百日咳 ワクチン 、 が、 原因 、

という、 判断を下した。



☆ ビタミン C 、 は、

予防接種での安全性と効果を高める;


子供が、 ワクチンの接種を受ける時は、

その子に、 ビタミン C 、を与えるよう、

医師が、

両親に伝えるべきだ、 と、

私は、 思う。


ビタミン C 、 には、 毒に抗う 、

抗毒性 、 がある


( たとえば、

あらゆる、 化学形態における、

水銀の毒性を中和することができる )

、 ことのほかに、


Thomas E. Levy, MD によると、


「 ビタミン C 、を、

いかなる、 ワクチン接種の、

プロトコルにも、 不可欠な要素とする、

強力な理由が、 もう一つある。


ビタミン C 、 が、

免疫系の抗体反応を高めることは、

医学論文などで、 立証済みである。


ワクチン接種の目的は、

最も敏感なレベルの、

ワクチン接種者が受ける、

中毒性障害を、 最小限、 もしくは、

皆無 、 に抑えながら、

そのワクチンの抗原に対する、

最大限の抗体反応を促すことであるため、

あらゆる、 ワクチン接種プトロコル 、

において、

ビタミン C 、 を含めない、

確固たる医学的理由は、

無い 、 ように思われる 」 [2] 。



40年以上前に、

Archie Kalokerinos, MD 、 による研究で、


乳幼児に、

ビタミン C 、 を、

複数回を、 与える、

ことにより、

接種での合併症による、

死亡が、 阻止される、

ことが、 わかった [3] 。


同じく、 40年以上前に、

Frederick R. Klenner, MD 、 は、

10歳未満の子なら、

毎日に!

「 最低でも、

年齢 ✖ 1 グラム

( 千 mg 、 の、 アスコルビン酸 、

つまり、 ビタミン C 」 、

を、 摂ることを、 推奨している [4] 。



☆ 免疫処置への備えとして、

Dr. Levy 、 は、 以下のとおりに、

提言している:


「 体重が、 4千5百 グラム 、

未満 、の、 乳児は、

何かのジュースに入れれば、

毎日に、 ビタミン C 、を、

5百 mg 、 を摂ることができるし、


4千5百 ~ 9千 グラム 、 の、

乳幼児なら、

場所を問わず、 1日当たりに、

合計で、 5百 ~ 千 mg 、

という量を、

数回に分ければ、

摂ることができるだろう。


それより大きい子なら、

年齢 ✖ 千 mg 、 の量を


( たとえば、 5歳の子なら、

5千 mg 、 を、 数回に分けて )


摂ることが、 できる 」 [5] 。



病気の子や、

ワクチンの副作用で苦しんでいる子、

の、 場合は、

それより、 ずっと多い量が必要となる。



「 ビタミン C 、 は、

ワクチン接種の前に与え、

接種後も、続けるのが、 理想的 」

、 と、 Levy 博士 、は、 述べている。


「 最適な抗体刺激作用と、

毒素からの保護作用を得るためには、

接種前の、 3 ~ 5日間を、 与え、

接種後も、 最低でも、

2 ~ 3日間、を、 与え続けるのが、

最も良い 、

と、 思われる…(中略)…


たとえ、 上記の用量域内の、

ビタミン C 、 を、

接種の直前に、

1回だけを摂った場合でも、


有意な、 毒素らへの中和作用と、

タンパク質らからなる、

抗体 、 を、 刺激する、

作用が得られる、 可能性は、 ある。


単純に、 接種の前後の、

摂取の期間を長くすれば、

プラスの結果が得られる、

可能性が、 さらに高くなるのである 」

[6] 。


子どもに与える、

ビタミン C 、 の種類であるが、


我が子の場合は、

アスコルビン酸の結晶を、

約 80 % 、 とし、

緩衝剤として、

アスコルビン酸 カルシウム 粉末を、

20 % 、 を混ぜたものを、

子どもの好きなジュースに入れて、

飲ませる方法で、 うまくいった。


このときはまだ、 幼児だったので、

スポイトを使って与えた。


「 私が、 小児科医として、

開業していたときに、

ビタミン C 、で、

ワクチン接種の副作用を、

大幅に緩和できることを、

今のように知っていれば、 良かった。


39 ºC 、 の熱があることより、

泣き叫んだり、

ふらふらする症状のほうが、

はるかに心配だった。

脳への刺激らがあり得てある事を示す、

警告だからである 」

– Ralph Campbell, MD 。



☆ ワクチン、の、 接種前、接種時、

接種後に、 ビタミン C 、を与える;



我が子たちは、 毎日に

ビタミン C 、 を摂っており、

また、 常に、 持ち歩いている。


今では、 予防接種への備えとして、

接種前 、 接種時

( まさに、 診療所で ) 、

および、 接種後の、

数週間にわたり、

通常量の、 ビタミン C 、 を、

非常に多く、 摂っている。


これは、 経験と、

娘のワクチン反応から学んだことである。

我々は、 娘に、 最初から、

ビタミン C 、 を与えていたものの、

ワクチンの接種の時に、 頻繫、

かつ、 タイムリーに、

与えるほどの、 熱心さは、無く、

それでも、 十分に、 やっている、

と、 思っていた。


多くの人が気付くことになるのだが、

「 多い 」 、

と、 思っている、

ビタミン C 、の量が、

それを飲むなどする人の体の条件ら、

へ、 対して、


十分な、 ビタミン C 、 の、

量とは、 かぎらない ≒


一人一人のヒトの体における、

ビタミン C 、 などを、

活用し得る、 能力ら、 には、

違いがある、 のだから 。



効果を得るためには、

その人にとっての、

十分な量が、 必要なのである。



ワクチンからの、 反応と副作用、

を、 防ぐために、

我々は、 自分の子らに、

ワクチンの接種前の数日間、ならびに、

接種の当日と、 接種後の数日間、に、

十分な、 ビタミン C 、を、

飽和点 ≒

腹が、 ゆるんで、 下る度合い 、

への、 ぎりぎりにまで、

与えている。



免疫処置の後に、 免疫系は、

得ることができる、

すべての助けらを必要とする。


お腹が張った

( 腸内に、 ガス、 が、 たまった )

状態は、

十分量に達したことを示す、

明確な、 サイン 、 なので、


そうした状態になるまで、

子どもたちは、 1時間毎、

という、 高い頻度で、

ビタミン C 、 を摂ることになる。



☆ 目標は、 「 腸の許容上限 」 、

つまり、

下痢への一歩手前の状態にする事だ 。



たとえば、 娘が、 4歳のときに、

我々は、 朝方に、

2千 mg 、 程度、 という、

比ぶるに多い、 量を与える、

ことから、 始めた後で、


その日じゅうを、 2時間おきに、

千 ~ 2千 mg 、 の、

量を与え、


おなかが、 ゴロゴロと鳴るか、

軟便が出るまで、 待った。



そして、 前述の到達点に達したら、

与える量を抑えた。


ビタミン C 、 は、 与え続けたが、

その量は、 減らし、

翌日も、 同じようにした。



4歳になった娘が受けた、

最近の、 ワクチン接種は、

数年前の激しい反応以来で、

はじめての接種であったが、


驚いたことに、 その接種の当日と、

接種後の数日間、に、

娘は、 毎日、に、

15 ~ 20 グラム 、


つまり、

1万5千 ~ 2万 ミリ・グラム 、

という、

ビタミン C 、 の、 量に、

楽々と、 耐えていた。


そして、 そのワクチン接種に対する、

いかなる、反応も、生じなかった。


腫れも、発熱も、発赤も、

何もなかった。


娘の機嫌は、 良く、

我々は、 嬉しかった。


体重が、 約 15 Kg しかない、

子には、

大量のビタミン C 、

と、 思われるかもしれないが、

成果は、 得られたのである。


おそらく、 読者のお子さんなら、

それほど多くを摂らなくても、よいだろう。



2本の予防接種を受けたあとで、

生後が、 3カ月の子が、

どれほど多くの、 ビタミン C 、

に、 耐えることができるか、

読者は、 驚かれるかもしれない。


子どもに、 下痢や、

脱水症状を起こさせてはならないが、

病気や、 免疫処置の副作用に、

対処する場合は、

その体が要求する、

ビタミン C 、 を、

子どもに摂らせたい、

と、 考えている。


☆ 下痢を生じる前に、

お腹が張った

( 腸内ガス 、が、 たまった )

状態となるので、

サインとして、 役立つ。



腸の許容上限に達した状態となり、

排便が頻繁で、 水様便となったら、

もしくは、 まだ、

母乳を飲んでいた、

生後が、 3カ月の我が子の場合のように、

排便が、 頻繫で、

緑っぽい色になったら、


( いつも、 水様便のために ) 、

与える、 頻度と量を減らし、

それでも、 一定の間隔で、 与え続け、

状況に応じて、

頻度と量を一定割合で、 増減させた。



これは、 少し練習を要するが、

ビタミン C 、 の補給で、

子どもに害を与えているのではない、

ことは、 知っている。


ビタミン C 、は、 この上なく、

きわめて、 安全なのである。



☆ 私は、 とても安心して、

2人の子らの両方に、

大量の、 ビタミン C 、 を与えている。


年齢も体も大きい子のほうが、

耐えられる、 ビタミン C 、 の量が、

多いかもしれず、

年齢が低い子は、 それほどの量には、

耐えられないかもしれない。


自分の子が、 どれほど多くの、

ビタミン C 、 に耐えられるかを、

知るには、

飽和状態が、 有効な指標となる。


私は、 子どもに、

ビタミン C 、 を与えずに、

ワクチンの接種を受けさせる5月が、

正しい、 とは、 思わない。


また、 ビタミン C 、を与える事なく、

病気にさらす方法で、

子どもに、

自然免疫性を獲得させる事も、

正しい、 と、 思わない。



常に、 ビタミン C 、を与えること。


与える量について、 迷ったら、

もっと多くを与えること。



Dr. Levy 、 は、

ビタミン C 、 の、 安全性を、

確信しており、 こう述べている:


「 重大な腎機能不全がある、

ことが、 はっきりと、 わかっている、

人の場合を除き、


ビタミン C 、は、

与えることができる、

すべての栄養素らの中で、

最も、 安全であることは、

まず、 間違いない 」 [7] 。



40年近く前に、 Robert F. Cathcart, MD

、 は、

腸の許容上限量の、

ビタミン C 、 によって、

疾患の治癒が早くなる 、

ことを、 発見した [8] 。



我が子は、 2人とも、 まだ、

@ 腸内の細菌たちを殺して、

ビタミン 、ら、の、 細菌たちによる、

生産 、 などの、

そのヒトの体の健康性を成す上で、

要りような事らや、ものら、をも、

無 ナ みしてしまう 、


『 抗生物質 』 、

を、 必要としたことがない。



我が家では、 代わりに、

ビタミン C 、 を使っている。


ワクチンの副反応と、

副作用を、 心配している親にとって、

ビタミン C 、 について知ることは、

本当の安心をもたらすはずである。

我が家の場合は、

確かに、そうである。


( Helen Saul Case 、 女史は、

The Vitamin Cure for Women’s Health Problems

( 女性の健康問題に対する、

ビタミン治療 ) の著者であり、

Vegetable Juicing for Everyone

( 誰でもできる野菜ジュース )

、の、 共著者でもある。

この記事の一部は、彼女の新著

Vitamins & Pregnancy: The Real Story: Your Orthomolecular Guide for Healthy Babies and Happy Moms

( ビタミンと妊娠:

本当の話: 健康な赤ちゃんと、

幸せなママのための、

オーソモレキュラーガイド ) から、

Basic Health Publications, Inc. の、

許可を得て、 引用している ) 。


参考文献;

1. Orthomolecular Medicine News Service. “Antibiotics Put 142,000 into Emergency Rooms Each Year. U.S. Centers for Disease Control Waits 60 Years to Study the Problem.

( 抗生物質により、 毎年に、

14万2千人が、

救急治療室に送られていることを、

アメリカ疾病予防管理センターは、

60年間を、 放置している ) ”

( 2008年 10月13日 ): http://www.orthomolecular.org/resources/omns/v04n14.shtml

Saul, A. W. “Notes On Orthomolecular (Megavitamin) Use of Vitamin C.


http://www.doctoryourself.com/ortho_c.html


2. Levy, T. E. “Vitamin C Prevents Vaccination Side Effects; Increases Effectiveness.

( ビタミン C 、は、

ワクチン接種の副作用を防ぎ、

効果を増大させる )

” Orthomolecular Medicine News Service : http://orthomolecular.org/resources/omns/v08n07.shtml

3. Kalokerinos, A. Every Second Child. Thomas Nelson (Australia) 1974.

4. Klenner, F. R. “Observations on the Dose and Administration of Ascorbic Acid When Employed Beyond the Range of a Vitamin in Human Pathology.

( 人体病理学における、

ビタミンとしての範囲を超えて、

アスコルビン酸を用いた場合の、

用量と投与の観察結果 )” Journal of Applied Nutrition, 1971, Vol. 23, Nos. 3 and 4, pp. 61-87. http://www.doctoryourself.com/klennerpaper.html

5. Levy, T. E. “Vitamin C Prevents Vaccination Side Effects; Increases Effectiveness.” Orthomolecular Medicine News Service

: http://orthomolecular.org/resources/omns/v08n07.shtml

8. Cathcart, R. F. Vitamin C, titration to bowel tolerance, anascorbemia, and acute induced scurvy.

Medical Hypotheses, 1981 7:1359-1376. http://www.doctoryourself.com/titration.html

元記事は、こちら

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1668849099898074&id=100003189999578