経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

三石分子栄養学➕藤川院長系; ビタミンら、 眠り❗。 報道されない❗事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、シナ❗。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ ビタミン 、 らは、


複数の意味で、 命を救うかもしれない




Orthomolecular Medicine News Service(OMNS), April 30, 2016


国際オーソモレキュラー医学会ニュース、


より ;


執筆者: Ralph Campbell, MD




この所、 無差別殺人の増加を目にする。


前科の有無にかかわらず、


若者が、 いきなり、 凶暴になって、


複数の殺人を犯すことの動機には、


どのようなものが、あり得るのだろうか。




犯人の多くに、 精神的な問題がある、


ことが、 わかっており、


皮肉なことに、 向精神薬による治療と、


アルコールが相まって、


これを煽ることもある。




また、 銃を手に入れやすい事や、


経済的機会がないことも、


非難の的となっている。




殺人事件の場合は、 必ず、


動機への調査が行われる。


シカゴのような都市部では、


よくある考え方として、


その誘因は、 暴力団抗争、


もしくは、 絶望感で、


一部は、 警察の不手際によって生じる、


と、 されている。




昔のシカゴでは、 金と、


それが生み出す権力の取得が、


暴力団員の明確な動機であった。


ウィリー・サットンが、


銀行強盗をした理由は、それである。




「 食事と反社会的行為には、


直接的な関連がある、 と、


私は、 完全に確信している。


悪い食事は、 非行を引き起こし、


良い食事は、 それを防ぐ、


という、 両方の関連がある。 」


– Lord Ramsbotham, Her Majesty’s Chief Inspector of Prison


( 英国王立 刑事施設 監察長官 ) [1] 。




特定のビタミンらの欠乏と、


精神疾患との関係に関する、


知識らを有した上で、


典型的な米国人の食事の基準が、


いかに、 低水準であるか考えると、


私は、 こうした関連について、


考えざるを得ない。




ビタミン B 12 、 の欠乏は、


認知症への原因らの一つとされるが、


これは、 何十年も前から、


医学文献で、 認められている [2-4] 。




精神科医で、 生化学の学位も持っている、


Dr. Abram Hoffer 、 は、


ビタミン B 3 、 でもある、


『 ナイアシン 』 、 と、


統合失調症の、 2つを、


見事に結び付けた。




ナイアシン 、 による治療が、


実際に効いただけでなく、


彼は、 それが効いた仕組みについて、


適切な説明をしている [5,6] 。






「 エイルズベリー刑務所における、


イギリス刑務所試験の結果によると、


収監中の青年に、


マルチビタミン剤・ミネラル剤


・必須脂肪酸 、 を与えたところ、


刑務所内で、 彼らが犯す、


暴力犯罪の件数が、


35 % 、 を、 低下した 」 [7] 。






☆ 『 足りないと うつ病にもなる


セロトニン 』 、 や、


ドーパミン 、 に、


ノルエピネフリン 、 の、


血中量によって、


精神的な問題を説明しようとしても、


全く、 説明にはならない。




神経伝達物質は、 互いに、


バランスを保って作用するからである。





☆ ビタミン B 群、 な、


代謝らへの、 補助因子が欠乏すると、




どの神経伝達物質も、 正しく、


代謝されない [8,9] 。






ビタミン B 群の大量摂取により、


結果として、 是正措置が生じる、


可能性がある。






ビタミン B 6 、 でもある、


『 ピリドキシン 』 、 は、


個人差が、 最も大きいものであり、




RDA


( 一日当たりの推奨摂取量 )


、 よりも、 はるかに多い、


量が必要であることは、 確かである。






このRDAは、 悲しいほどに、


低いが、


多くのアメリカ人らは、


こうした最低基準にさえ達していない。




ピリドキシンを豊富に含む食品には、


小麦の胚芽と、 ふすま、 がある。




ドーナツだけでは、 不十分である。






☆ ドーナツと言えば、


低血糖の影響がある人が、


突然に、 激しく怒り出したり、


暴力行為にさえ及ぶのを目撃した人は、


多いだろう。




低血糖症は、


高果糖コーンシロップ


( 異性化糖 ) 、 などの、


糖類を大量に摂っていたことが、


原因となり、 また、


アルコールの摂り過ぎにも、関連がある。






「 栄養剤を余分に受けていた、


グループは、 プラセボと比べて、


犯罪件数が有意に低かった・・


(中略)・・、 オランダの法務省は、


その二重盲検試験の結果として、


48%の差があったことを報告した 」 


[10] 。




我々は、 犯罪者の血の中の、


ビタミン値を測定する必要がある。




また、 個々に合わせた、


推奨治療用量に応じて、


栄養サプリメントらを与える必要がある。






どの刑務所にも、


オーソモレキュラー専門医を置くべきだ。




暴力犯罪の犯人を対象とした研究は、


すでに、 実施されている。


多大な改善をもたらす方法は、


もう十分に、わかっている。


さあ、実行しよう。




元記事は、こちら


https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1675565992559718&id=100003189999578




三石分子栄養学系の、 メグビー社の記事;




☆ 三石巌氏の書籍で、


現在は、 絶版して、 読むことができない、


物の中から、


その内容を少しずつですが、


皆様にご紹介させていただきます。



睡眠には、 どんな意味があるか

  「 寝る子は育つ 」 、 という、


ことわざがある。


子どもにかぎらず、 寝る人は、


それにより、 リセットをえている。




そのメリットは、 自然睡眠の方が、


催眠薬による強制睡眠より、


大きいのである。

 


☆ 正常な眠りは、


5段階の経過を、 一セットとし、


それを一晩に、 4回 、ないし、


6回を、 くり返す形をとる。




一セットは、 約 90分であるから、


6時間の眠りでは、 それが、


4セット、


8時間の眠りでは、 それが、


5 〜 6 セット 、 と、 みて、


よいだろう。

 


各セットの、 第3、 第4段階は、


脳波の波長が長いので、


「 余波 睡眠 」 、 と、 よばれ、


最も深い眠りである。




第一セットの余波睡眠の時期には、


成長ホルモンの大量分泌がある。




何回も、 眠りなおせば、


それだけ、 成長ホルモンが分泌され、


寝る子は、 育つのである。





@ イギリスの科学者らの研究でも、


夜中に、 一度は、 目を覚まし、


何彼らの作業をしてから、


朝まで眠る、 といった、


二度寝をした人々に、


その健康性を損なった痕跡らは、


観られず、


むしろ、 本来は、


7、 8時間を、 通しで、


眠るのではなく、


その途中で、 一度は、 起きてから、


眠り直す事が、


イギリス辺りでは、


近代へ至るまでは、


ごく普通の眠りようであって、


7、8時間を、通しで、


眠るようになったのは、


比ぶるに、 新しい習慣ではないか、


との事である。





・・成人の場合は、


成長ホルモンらの役割は、


損傷への修復や、


体の部位らを作る、


同化 、 への促進にあたるので、


すべての障害や疲労からの、


回復に役立つ、 と、 考えられている。

 




☆ コ−チゾン 、 に代表される、


副腎 皮質 ホルモン 、 は、


自然に目のさめる、 最後の終点で、


分泌のピークに達する。




これは、 日中のストレスに対する、


準備 、 と、 考えられる。




強制睡眠では、 以上のすべてが、


スムーズにゆかない。


〔 三石巌 全業績−11 


健康ものしり事典 ( 絶版 )


P 132 より抜粋 〕

点、と、今時間、ら❗。 三石分子栄養学系; 。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

【 自らの、 今としてある、 時の間 マ 、

が、 それを感じ得て来てある、

その、 観念な、 感じよう、 や、

観ようら、 の、 そのもの、 において、

それ自らの成り立ちようら、 を得る、

もの、 ら、 であって、


それらのそのものら、 を離れた、

どこ彼ら、に、 成り立つ訳ではなく、


何秒間 、 などといった 、

時計的な時間の度合いを 、

それ自らから 、排除する 、

状態らを成す事においても、

それ自らの成り立ちようらを得る 、

ものら、 である、

といった事らを、

この思案系らでは、 述べて来た。


一定数の人々が、

点の観念らを成す事において、

それへ、 面積性を与え加えてしまい、

それ自らに、 面積を成さない、

位置 、 として、

点の観念を働かしめる場合らにおいて、

ある位置で、 一致する所のある、

2つ以上の、 広がり、ら、が、

全く、 互いに重なる面積らを成さずに、

ある位置を共有し合う形で、

接し合ってある、

といった、 状況ら、を、

その言葉らの通りに、

観念する事に、 納得の行かない、

思いようらを成し、

ある点で、 接し合ってあるなら、

重なり合う面積らを成してもあるはずだ、

などと、

自らに、 面積性を成さないで、

それ自らの成り立ちようらを得る、

位置、 の、 観念らの一般を成り立たせる、

観念な、規定性に反する、

思いようらを成して、 抵抗などをする、

場合らにおける、

その、 幾分かではあっても、

自らに、 面積性を成して、

それ自らの成り立ちようらを得てある、

点 、 の、 観念ら、 を、


時計的な時間の度合いの観念性ら、

とする、 ならば、


我々の各々の、 今として、

現れて、在る事になる、

時の間 、 としてある、 ものら、 は、

その、 位置、の、 観念ら、のごとき、

ものら、 であり、


余計な、 面積性らを自らに帯びない形で、

位置ら、が、 観念され宛て得て来てある、

ように、

我彼の各々の、 今として成る、

時の間 、 を、 それ自らにおいて、成す、

観念な、 感じようら、や、

観ようら、の、 そのもの、ら、は、


時計的な時間の度合い、などとは、

関わりを無しにも、

時計的な時間の度合いを成す事を、

無しにも、

それ自らを現し得て来てあり、


主に、 質としての内容な事ら、

などにおいて、

区分され得る、 事柄らの各々や、

それらへ対応する、

観念性でもある、 感じようら、や、

観ようら、の、 各々、へ、

対応し得る形で、

それ自らの成り立ちようら、を、

得て来てある。



いかに、 各々の、 今として成る、

時の間 マ な、 ものら、が、

何秒間 、 などといった、

時計的な時間の度合い、ら、の、系ら、と、

連続性なり、 相互への浸透性なり、

を、 ごく全く、 自然に、

成し合ってある、 何彼同士である、

ように、

観念系の主である、 誰彼において、

感じ宛てて観られ得ようとも、


それは、

観念な、 綜合性が、 成される事において、

そのような、 関係性ら、が、

新たに、 創り出されて観宛てられてある、

という事であって、


自らに面積性を成さない、

位置 、というもの、を、

自らの内容とする、観念らの一般と、

自らに面積性を帯びて成る場合の、

点 、 というもの、 を、

自らの内容とする、 観念らの一般とが、

全く、 別々の観念性ら、 であり、


直には、

互いへの、 連続性も、浸透性も、

成し合う所らの、 無い 、 もの、

同士でもある、 という事に、

変わりが、 無い 、 ように、


各々の、 今として、 あるべく、

ある、 時の間 、 な、 ものら、 の、

そのもの、ら、と、

何秒間 、 などといった、

時計的な時間の度合い、な、

何彼ら、とは、

互いへの、 連続性なり、

浸透性なり、 を、 ごく当たり前に、

あり得てある、 もの、 として、

観念系の主である、 誰彼において、

感じ宛てて観られ得ても来てある、

にも関わらずに、

それぞれが、 その根っこにおいては、

独り立ちしてある、

別々なもの同士であり、


それらへ、 覚え宛てがって観られ得る、

連続性なり、 浸透性なり、 などが、

どんなに、 綻 ホコロ びの無い、

より、 全く、 自然なもの、 として、

あり得て、 あり、

何彼らを成し得 ウ べく、

それらに、 先立ってもある、

より、 前提なもの、 として、

あるべくも、 あり得て、 ある、 ように、

思い宛てて観られ得ようとも、

それらが、 互いに別々な、

観念性ら、である、 事に、

変わりは、 無い 。


いずれにせよ、

日本国民たちは、 より早くに、

日本国民たちの足元の、 地下へ、

より、 どこからでも、

より、 速やかに、 落ちついて、

歩み降りてゆき得る、 避難経路ら、と、

より、 快適に住める、 避難所らとを、

作り拡げてゆく、

公共事業らを成す事により、


日本の、 財務省の役人ら、と、

与野党の、主な政治家らとが、


英米のカネ貸しらの主張する事らを、

そのまま、

自らもまた、 オウム返しにして、

主張し、実行もする事において、


日本政府の財政における 、 緊縮 、 を、

繰り返し、 成す事を通して、


彼らへの、 主 アルジ の立場にある、

日本の主権者としての日本国民たちへ、

物価だけではなく、

その労働らへの賃金らの水準へも、

より、 押し下げる向きへ圧力をかける、

要因らの系である、

デフレ不況性 、を、

押し付け続けて来てある、


その、 デフレ不況性 、を、

解消し去ってゆく、

と共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを、

飛躍的にも、高めてゆくべき、

ぎりぎりの状況にも、 ある 。


地上を襲い、 地上をおおい得る、

あり得る、災害らへ対して、


その、 地上に、 避難所らや、

避難経路ら、 を設定して、

日本の主権者たちを、

それらへ誘導する事は、


人食い虎どもの住む、 密林へ、

人々を誘導する事に類する行為であり、


日本の主権者として、在る、

日本人たちの一般 、へ対する、

個々の日本人においても、

執事なり、 召し使いなりの立場にある、

公務員などの、 者らにおいても、

成す事が、 許されない 、


日本人たちの一般の、

あり得る、 福利ら、を、

より、 能くも、 最大限にも、 成す事を、

約束して、

日本の社会に、 存在し、

存続する事を、

日本人たちの一般から、 許されてある、

筋合いにある者としての、 義務 、 に、

違反性を成す、 行為であり、


それが、 作為型では、 無く 、

無知性と痴愚性とにもよる、

不作為型の、 行為であっても、

それへの責めを負うべき、 筋合いを、

その主らの側に、 成すものである事に、

変わりは、 無い 】 。



◇ 負電荷な 電子対なら 奪う、酸


逆な、 陽子を 引き取る、塩基・・。



☆ 湧き水の 濁りに続く 山津波


無い、水どもが 湧くも、先触れ・・。



◇ 連れ去るに 浜から沖へ 離岸流


脇へ泳げば ひろえる命・・。



☆ 水に塩 糖分も、欠け 熱を去る


風も、欠ければ 沸く、 熱射病・・。



☆ 三石分子栄養学系;


☆ 脂質と生命 ① ;

生物は、 水がなければ、生きてゆけません。


からだを構成する、 分子群は、

食品ら、 から、 入ってきた、 分子群との間で、

結びついたり、 離れたりして、

姿をかえながら、

生命現象らを作り出しています。


分子と分子との反応を助けるのが、 水です。


私達の体には、 60 パーセント 、 ほどの、

水分があることをご存じでしょう。


体内の水分は、 血液となって、

血管のなかを流れ、

毛細血管から、にじみ出して、各組織を浸し、

やがて、 リンパ管へと集められ、

再び、 血管へ、 という、

循環をくり返します。



組織をつくっている細胞 、 たちは、

体液のゆるやかに流れる環境に住んでいる、

と、 表現してよいでしょう。


細胞の内側にも、 水溶液があります。

内と外とでは、 とけこんでいる、

物質の量が、 同じでは、ありません。


細胞たちが、 生きてゆくためには、

水の中に住みながら、 内と外とに、

特別な環境をもっていなければ、

ならないのです。


水の中で、 独立した環境を保つためには、

境界が、なければ、なりません。


その境界は、 単なる、 仕切りではなく、

物質を選択して、 とり入れたり、

ホルモンのもたらす情報を、

キャッチしたりする、 能力を備えている、

ことが、 要求されます。



体は、 このむずかしい問題を、

脂質 、 を利用する事によって、

解決しました。



脂質の特性は、 水に溶けない事ですが、

中には、 水になじむ部分をもつ、

脂質も、あります。


水に対しての、 相反する、

2つの性質らを兼ねそなえた、

脂質― 、 リン脂質 、 が、

二層に並んで、 膜構造をつくったときに、

細胞たちは、

理想的な働き場所を確保したのでした。



☆ 人のような、 多細胞生物では、

細胞らの各々は、

勝手な振る舞いを許されません。


お互いの間に、

何らかの情報交換があるはず、

と、 お考えでしょう。


細胞は、 膜に、

糖の枝 、 を、 生やしています。


この枝は、 細胞の目印になったり、

ホルモンのような、 特定の物質を、

つかまえたりするのに、役立っています。


ガン細胞では、

その膜の表面の糖のようすが、

かわってしまいます。


これが、 ガンに特有の、

異常な増殖に関係している、

と、 考えられています。


細胞と細胞をつなぐ、

< 結合組織 > 、 では、

のり 、 の役目をする、

コンドロイチン 硫酸 、 などの、

ネバネバした、 粘質多糖体 、が、

重要です。


これは、 ねばり気をもっているので、

組織のつくりを保ったり、

潤滑油の役をしたり、

水を貯めたり、 などの、

色々な働きをしています。



タンパク質から成る、 ホルモン 、

の、 成分となっている、 糖も、あり、


ミネラル 、 などを運ぶ、

空母 タンパク ≒

キャリア・タンパク 、 に、

糖が、必要なものがある、

ことも、 解ってきました。



細胞膜における、 糖 タンパク 、

などには、 興味が、無い、

という人が、 あるかもしれません。


けれども、 血液型 、 と、いわれるものが、

赤血球の膜にある、

複合糖質 、 ら、 への分類におけるものだ、

と、 わかったら、 身近に感じて頂ける、

のでは、 ないでしょうか。




☆ 繊維状な、 タンパク質である、

『 コラーゲン 』 、 とは、 何か ;


 骨や皮を煮ると、 ゼラチン ≒

膠 ニカワ 、 が、 とれる。


煮て、 ゼラチン 、 になる物質を、

「 コラーゲン 」 、 という。

日本語で、いえば、 これは、

「 膠原 コウゲン 」 、 である。



コラーゲン 、は、 タンパク質の一種である。


 コラーゲン 、 を組み立てる、

アミノ酸たちのうちで、

「 プロリン 」 、と、 「 リジン 」 、 とには、

酸素 サンソ 、 O 、 の、 一個、 と、

水素 H 、 の、 一個 、 とが、 結びついてある、

水酸基 OH 、 な、

枝 、が、 ついている。



その枝をはやす、 代謝には、

助酵素として、 ビタミン C 、 が登場する。


ビタミン C 、 が、 なければ、

まともな、 コラーゲン分子は、できない、

という事だ。



コラーゲン 、は、 繊維状な、 タンパクである。

その線維が、 三本が、 まとまって、

三つ編み状になっている。


これを、 「 コラーゲン・へリックス 」 、

という。

へリックス 、とは、 らせん 、 の意味だ。


コラーゲン・へリックス 、は、

全体として、 らせん型になっている。


前述の水酸基 OH 、 な、 枝がないと、

この構造にならないのである。



三つ編みのへリックスにならない、

コラーゲンは、 まともではなく、

強度が不足する。

 

コラーゲンは、 硬骨でも、軟骨でも、

結合組織でも、 主な成分になっている。


これが、 まともにできないと、

硬骨も、軟骨も、結合組織も、 弱い。


ぎっくり腰も、 脳出血も、 原因は、

不完全な、 コラーゲン 、 にある。



〔 三石巌全業績−11  健康ものしり事典

( 絶版 ) P124 より 抜粋 〕



☆ 関節のところでは、

二本の長骨らが、 骨端を向き合わせている。



その骨端の骨細胞のなかにも、

『 リゾゾーム 』 、 は、 ある。


何かの原因で、

その、 リゾゾームの膜が、破れたとしよう。


すると、 リゾゾーム 、の中にある 、

タンパク質らから成る 、

酵素 コウソ 、 達が、

外に出てくる。



リゾゾーム 、の、 酵素 、 たちは、

さまざまな、 酸性 ≒

電子強盗 、 な、 分解酵素 、 である。



という事は、 酸性の環境において、

タンパク質、 脂質、 糖質、 を初めとする、

もろもろの物質らを、 それが、分解し、

溶解する、 ことが、 できる、

ということだ。


もし、 細胞の内部が、

酸性化している時に、

リゾゾーム 、の、 膜が破れれば、

その、 リボゾ-ム達を含む、

細胞は、 もちろんの事として、

その周囲の組織らも、

とけてしまうだろう。



この溶解液が、 つまり、

関節に、 水として、 たまる事になる。



リゾゾーム 、の、 酵素らの作用で、

細胞内、 もしくは、 その周囲にあった、

タンパク質たちが、 ちぎれて、

短い、 アミノ酸、の、 くさりを作れば、

それが、 「 痛み物質 」 、な、

『 キニン 』 、 になる、

可能性がある。


『 キニン 』 、 は、

アミノ酸、の、 8個、 ないし、

11個、 を、 つないだ、

短い、 くさり状の、 分子 、 である。


この、 キニン 、 が、

関節痛 、 への、 原因 、 だろう。



関節痛 、 は、

「 変形性 関節症 」 、 にも、

「 リウマチ 」 、 にも、

「 慢性 関節 リウマチ 」 、 にも、

ついてまわる。



これを防ぐには、

リゾゾーム膜への保護、と、

キニン 、 への捕捉、

などを考えれば、 よい。



( 全業績-11  健康ものしり事典 

P69 より 抜粋 ) 。


☆ 結局、食べちゃいけないのは、

ボクからすれば、 マーガリン 、と、

ショートニング 、 だけだ。


この2つの不飽和脂肪酸らの共通点は、

不飽和のもとになっている、

炭素の二重結合が、

オール・シス型ではない、

ところにある。


これは、 硬化油の特徴なのだ。


硬化油 、とは、 水素をくっつけて、

液体の油を、 固体にちかづける、

加工をした油のことだ。


「 硬化 」 、は、 その意味なのだ。


二重結合 、 には、 それらが、

炭素らの連なりの片一方の同じ側にある、

シス型、 と、

その互いの斜め向かい側に、 わかれてある、

トランス型 、 との、

ふたつ型の、 立体形ら、 がある。


二重結合のすべてが、 シス型ならば、

オール・シス 、 ということだ。


天然の脂肪酸は、 ナタネ油、と、

サバ油 、 以外は、

その全てが、 オール・シス 、 なんだ。


それでないと、

プロスタグランディン 、

への、 原料になれないんだ。



サラダ油にも、 硬化油をふくむものがある。


ショートニング 、は、 パンだけでなく、

ケーキにも、 スナック菓子にも、

ふくまれているものがある。


これも、 本当に食べちゃいけない。

ボクは、 食わない。



〔 一九〇一年生まれ、

九十二歳 ボクは現役。

( 絶版 ) P206 より 〕 。



☆ プロスタグランディン

C 20 H 34 O 5

、 は 、

炭素 C 、の、 数が、 20 、の、

多価 不飽和 脂肪酸 、 から、

生合成される、

一群の生理活性物質ら、への、 総称。


PG 、 と略記。


炭素 C 、 が、 5つで、

環っかを成してある、

『 5員環 』 、 の部分に、

2つの側鎖、らがついた、

共通の基本骨格をもち,

5員環の部分の構造

( 2重結合と酸素原子の結合の仕方 )

、 の、 違いにより、

A ~ J 、の、 各群に区分され,

側鎖の二重結合の数

( もとの不飽和脂肪酸に由来 )

、 により、

1〜3のタイプがある。


この両者を組み合わせて,

PGI 2 , PGE 1 、

というふうに、 表示する。


血圧の降下,や、 気管支の収縮,に、

子宮の収縮,や、 血管の、 収縮、

または、 拡張, と、

血小板らの凝集への、 誘起、

または、 阻害, に、

免疫の抑制,や、 利尿,に、

眠りの誘発などを成す。

ホルモン 、 と、

よく似た働き方をするが,

生きてある体の局所らで、作られ,

その近くだけに作用するので,


局所 ホルモン 、 とも呼ばれる。


医療として重要で,

子宮を収縮させる事などから、

分娩への誘発剤や、

血管の拡張剤などとして、

用いられている。



 ☆ 細胞膜に、 リン脂質の形で、在る、

アラキドン酸 、 などが、

原料となって生合成される、

生理活性物質で,

不安定で、 生体内での、 寿命が短い.


心臓をドキドキさせたり、

平滑筋の収縮などを成す。


生体内の、 あらゆる組織らにおいて、

細胞レベルで、 産生され,

組織の、 1 グラム 、の中に、

十の9乗分の1 グラム 、しか、なくても、

各種の生物活性らを現す、

強力な情報伝達物質。


1930年に、 精液の中から、

子宮を収縮させる物質として発見され,

35年に、 前立腺

prostate 、 に由来するもの、

と、 考えられて、

prostaglandin 、 と命名された。


食事で摂取され、

リン脂質に蓄えられた、

アラキドン酸などが, 刺激に応じて、

PG合成酵素により、 変化をうけ,

5員環を頭に、

20個の炭素らをもつ、

プロスタン酸を基本構造とする、

長鎖水酸基脂肪酸 、 になったもの。

ドクター江部; 低 分子 コレステロール 、 が、 血の中に多くあっても、 死亡率が、 高くなる訳ではない❗ 。 報道されぬ❗; 日本人の数千人以上を既に監禁中な、シナ❗。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ ドクター江部の糖尿病徒然日記 ;


LDL コレステロール ≒

低分子 コレステロール 、

が、 高いほど、 総死亡率が、 低い。


2018/ 5/19 18:25 12 -

【18/05/08 しらねのぞるば

60歳以上の人の80%は,LDLコレステロールが高いほど総死亡率が低い

BMJの論文です.


http://bmjopen.bmj.com/content/6/6/e010401.full?sid=cfb00014-f0a8-407d-ae71-a3278160ca49


コレステロール,又は、

LDL-Cと、

【心疾患】 死亡率 / 発症率 、

との関係を調べた研究は、 多いが,

LDL ≒ 低 分子 コレステロール 、 と、 【総死亡率】との関係を調べた研究は、

報告されていない.

そこで、 Systemic Review により,

この関係がわかる、

コホート研究を抽出した.

その結果(p.6 左);


Our literature review has revealed either a lack of an association or an inverse association between LDL-C and mortality among people older than 60 years. In almost 80% of the total number of individuals, LDL-C was inversely associated with all-cause mortality and with statistical significance.


以上の論文検索の結果,

血中 LDL-C 濃度 、 と,

60歳以上の人の総死亡率とは,

相関が、 ない、 or、

逆相関していることが、 判明した.


特に、 80%以上の人は、

LDL-C 、 が高いほど、

総死亡率が低い、

ことが、 統計的に有意であった.】



こんにちは。

しらねのぞるばさんから

「LDLコレステロールが高いほど、

総死亡率が低い。」

という、 結論の、

ブリティッシュメディカルジャーナル

(BMJ)に

掲載された論文をコメントして頂きました。

ありがとうございます。


http://bmjopen.bmj.com/content/bmjopen/6/6/e010401.full.pdf

Lack of an association or an inverse association

between low-densitylipoprotein cholesterol and mortality

in the elderly: a systematic review

PDFファイルで全文を見ることができます。


ブリティッシュメディカルジャーナル(BMJ)のsystematic reviewですから、

信頼度は、とても高いです。

『高齢者において、

LDLコレステロールと死亡率の関係は、

ないか、 逆相関している』

という結論です。


今までの、

『LDLコレステロールが高値であるほど、

総死亡率と心血管死が増える』

という、 コレステロール仮説を、

根底から覆す、

「システマティック レビュー」です。


日本脂質栄養学会の、

『 コレステロールが高いほど、

長生き 』 、 という主張にとって、

これ以上ない、 追い風と言えます。


日本動脈硬化学会の、

『 コレステロールが低いほど、

良い 』 、 という主張は、

雲行きが怪しくなってきました。


私も、『 コレステロールが高いほど、

長生き 』 、 と思っていますので

大変嬉しい、 BMJの、

「システマティック レビュー」でした。




☆☆☆以下

上記、BMJの「システマティック レビュー」の要約の和訳です。


要約

目的

高齢者において、総コレステロールは、

総死亡率と心血管死との関係において、

リスクとならないか、 少ない、

という、 研究は、 多いが、

LDL コレステロール 、 と、

総死亡率との関係を調べた研究は、

報告されていない。

そこで、この論点を調査した。


セッティング、参加者、アウトカム、

評価

一般集団で、 60歳以上の人で、

LDL コレステロールが、

総死亡、 および / または、

心血管死亡 、 への、

リスク要因として調査された、

コホート研究を、 PubMed で、

調査した。


結果

我々は、総死亡率が記録された、

28のコホート、

心血管死亡率が記録された、

9つのコホート、において、

合計 68,094人の高齢者による、

30のコホートを含む、

19のコホート研究を確認した。


総死亡率と、 LDLコレステロール、

との、 逆相関は、

この関連が記録された参加者の数の、

92%に相当する、

16のコホート

( 統計的有意差を有する、

14コホートを含む )

において、見られた。


残りには、関連が見つからなかった。

2つのコホートにおいて、

心血管死亡率は、

LDLコレステロール値が、

最低の四分位で、 最も高く、

統計的に有意であった。


7つのコホートにおいて、

関連は見出されなかった。


結論

高 LDL-C 、 は、

60歳以上の大部分の人々の死亡率と、

逆相関する。


この知見は、

コレステロール仮説

( すなわち、

コレステロール、 特に、

LDL コレステロール 、は、

本質的に、

アテローム ≒

粥 カユ 状の血などの塊 、

を発生させる ) 、

と、 矛盾する。


高 LDL-C 高齢者は、

低 LDL-C 高齢者よりも、

長く生存する、 という、

我々の分析は、

コレステロール仮説の妥当性を疑う、

理由を提供する。


さらに、我々の研究は、

心血管疾患予防戦略の一要素として、

高齢者における、

LDL-C 、 の、 薬理学的減少を推奨する、

ガイドライン再評価の根拠を提供する。


江部康二氏。