経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

三石分子栄養学+藤川院長; 電子強盗化を去り合う、 剣豪 ビタミン C ❗、 と、 子宝 ビタミン E1❗ 。 解放を急ぐべき、シナによる、 桜木琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗。 報道されぬ❗事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、シナ❗

☆ 三石巌:全業績、ビタミンEのすべて;


 ガンの、 2段階発症説、 つまり、

イニシエーション ( 引き金 ) ➕

プロモーション ( 後押し ) 、 で、

ガンが生じる。

 

☆ イニシエーションとは、

発ガン物質により、 遺伝子での、

突然変異を生じること。

 

イニシエーターの主役は、

活性酸素 サンソ ≒

『 電子強盗をする 』、


負電荷だが、 同じ、 負電荷な、

不対電子、と、 結び付く、

『 不対電子を帯びてある 』 、

その原子核に、 陽子が一つ、で、ある、


水素、な、 遊離基 ≒ ラジカル 、や、


水素 H 、の一つ、と、 酸素 O 、の一つ、と、 から成り、

やはり、 電子強盗を働く、

負電荷な、 不対電子、 を、

帯びてある、 ものら 、 など 、


なので、

これに対する、 生きてある体の側の、

遺伝子らでの変異、への、修復の主役は、

SOD

( スーパー・オキサイド・

ディムスターゼ )。

 

ウイルスの本体を断ち切りもする、剣豪、な、 ビタミン C 、 と、

子宝 ビタミン E 1 、 に、


体の求めへ応じて、 ビタミン A 、に成る、

β カロチン ≒ ベータ・カロチン、 と、


ビタミン E 、 の、 50倍以上も、

電子強盗を差し止める、 豪傑、な、

セレン 、


など、 があれば、

活性酸素 サンソ 、 たちも除去できる。


  プロモーションとは、

「 腫瘍遺伝子 」 を抑制している、

調整遺伝子が、 突然変異を起こせば、

抑制が解除され、腫瘍遺伝子が働き出す。

 

アンチ・プロモーター 、 には、

剣豪 ビタミン C 、 子宝 ビタミン E 1 、

β カロチン 、 ビタミン A 、 など。


  子宝 ビタミン E 1 、たちが、

活性酸素除去剤であることは、

これが、 ガンに対して、

強力な武器であることを意味している。

 

亜硝酸塩❗、と、 ジ・メチル・アミン❗、

との結合によって、

ジ・メチル・ニトロ・ソアミン ❗、

という、 イニシエーターが作られるが、


水に富む組織では、

剣豪 ビタミン C ❗、 によって、

この合成が阻止され、


脂肪に富む組織では、

子宝 ビタミン E 1 ❗ 、 によって、

これが阻止される。

 

ビタミン C 、と共に、

十分な、 ビタミン E 1 、たちを、 とると、


糞便の中に含まれる、

変異原性物質らの量が、

1/10 ~ 1/3 位に、 減ってしまう。


腸内には、 ウェルシュ菌などの作る、

変異原性物質らのほかに、

食品に含まれていた変異原性物質もある。


これらの量が、 ビタミン達によって、

減った、 ということである。

 

☆ 動物実験にはなるが、

ビタミン E 1 の欠乏食を与えられた、

ラットでは、 発ガンが促進される。


タール、と、クロトン油とを、

マウスの皮膚に塗ると、 間違いを無しに、

ガン 、 が発生するはずであるが、

『 ビタミン E 1 の投与によって 』、

発ガン率が、 1/2 、 まで低下する 。

ーーーーーーーーーーーーーー

水に溶ける性の、 ビタミン C 、たちは、

水に富む組織で、 活性酸素たちを除去し、

脂に溶ける性の、 ビタミン E 1 、たちは、 細胞膜などの、 生体膜内などの、

油の多い組織らで、

活性酸素たちを除き去る ❗。


☆ ビタミン E 1 、は、

酸化された ≒

電子強盗を働く状態にされた 、

ビタミン C 、 を還元する ≒


電子を与えたりして、

他の原子や分子らから、

電子を強盗する働きを成さない、

状態にしてやる 。


☆ ビタミン C 、たちも、

酸化された、ビタミン E 1 、を還元する。


☆ ビタミン E 1 、 たちは、

脂溶性なので、 体内に長く止まる ❗。


☆ ビタミン C 、たちは、

水溶性なので、 比ぶるに早く、

体内から排泄される ❗。


☆ ビタミン C 、 たちの体内半減期は、

確か、 16 日 、 だった、 と思う。


毎日に、 しっかり、 ビタミン C 、

たちを補給すると、 体内で酸化された、

ビタミン E 、たちを還元できる ❗。


https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1212053048911017


☆ ビタミン E 1 、の不足があると、

細胞らの各々の内へ、 酸素 サンソ 、と、

水溶性ビタミンの、 B群、と、 C 、たちが、 より、 届かない ❗。


☆ ビタミン E 1 、たちの、

「 補酵素 ホコウソ ≒

コエンザイム 、 としての作用 」 、

については、 今日は、 省いて、

「 非・酵素的な反応 」 についてのみ、

まとめます。


☆ われわれが、 呼吸で取り入れる、

酸素 サンソ 、たちの、

43 % 、 は、

不飽和 脂肪酸 の自動酸化により、

浪費される、 と言われています。


酸素たちは、

ミトコンドリアの内膜で、 成り立つ、

電子伝達系にて、 使われて、

我々の体のあれこれを動かす、

エネルギーを出す、

アデノシン 3 燐酸 、な、

ATP 、 たちを作る事を、

本来の目的な事としてもある物らです。


水溶性のビタミン ( B 、 C ) 、は、

血液により、 全身の細胞に運ばれます。


☆ 小麦胚芽を口にする習慣のない、

日本人は、 その全員が、

子宝 ビタミン E 1 、な、

d 一 α 一 トコフェロール 、たち、

における、 不足があります。


ビタミン E 1 、 での不足があると、


血潮らの中に、 過酸化脂質たちが増え、

血液の粘度が上昇し、 すなわち、

ネバネバするようになります。


過酸化脂質により、 血流が悪くなり、

標的組織の標的細胞に、 酸素と、

水溶性ビタミン ( B群 , C ) 、 が、

より、 届きにくくなります。


☆ 細胞膜や、

細胞の中に、 千ほどもいる、

ミトコンドリア 、 たちの各々の、 膜の、

不飽和脂肪酸が、自動酸化されると、


細胞内への、 酸素 サンソ O 、や、

水溶性 ビタミン ( B 、 C ) 、 の、

搬入が滞 トドコオ り、

細胞は、 酸素不足、

水溶性ビタミン不足に陥ります。


細胞内での、 エネルギーの代謝が滞り、

ブドウ糖らの分解からの、

ATPたちの作り出しに、

酸素 サンソ 、 たちを使わない、


『 嫌気性 』 解糖 、 が、 主導となり、

ATP 不足になります。


酸素を活かさない、

『 嫌気性解糖 』 、が、 主導となると、

ブドウ糖 ≒

炭素 C 、 の、 6個 、 に、

水素 H 、 の、 12個 、 と、

酸素 O 、の、 6個 、 とから成る、

C6 H12 O6 、 を、

真っ二つにして、

水素 H 、 の、 2個 、 を去った、


ピルビン酸 ≒

C3 H4 O3 、 たちから、


乳酸 ≒

C3 H6 O3 、 たちが、

それだけ、余計に、

作り出され、 酸性化、 低体温化となり、

ガン細胞たちが発生しやすくなります。

☆ 分子栄養学 ( 三石理論 ) 、は、

高タンパク ➕ 高ビタミン ➕

スカベンジャー ≒

電子強盗らを差し止める物ら 、 が、

基本です。


その中でも、 C 、と、 E 1 、は、

最も重視されています。


子宝 ビタミン E 1 、 たちは、

細胞内に、 酸素と、 水溶性ビタミン

( B 群 、C ) 、 を送り届けるためにも、

重要です。


https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1211207198995602


☆ 補酵素 ( ほこうそ 、

英: coenzyme 、 コエンザイム ) 、

は、

酵素反応の化学基の授受に機能する、

低分子量の有機化合物 ≒

それ自らを構成する、 分子らの数量が、

少ない 、 炭素 C 、を含む、 化合物 ❗ 。


コエンザイム、 コエンチーム、

助酵素 、 などとも呼ばれる。


一般に、 補酵素 ホコウソ 、 は、

酵素 コウソ 、 の、 タンパク質な部分と、

強い結合を行わず、

可逆的に解離して、 遊離型になる


( 反対に、 不可逆的な解離を行うものは、 補欠分子族 、 と呼ばれる ) 、。


☆ 補酵素らの多くは、

ビタミン 、 として、良く知られており、

生物の生育に関する必須成分

( 栄養素 )、として、良く知られている。


☆ 補酵素と、 アポ酵素

( 補酵素を欠く、 酵素の、

タンパク質な部分 )、 とは、

それぞれが、 単独では、

化学反応らへの触媒としては、 機能せず、

両者が混在する条件と、

基質分子が存在することにより、 初めて、

酵素 コウソ 、として機能する。


補酵素と、アポ酵素が結合した、

機能性酵素のことを、 「 ホロ酵素 」 、

という。

全ての酵素が、

補酵素を要求するわけではない。


アポ酵素 + 補酵素 {displaystyle {overrightarrow {leftarrow }}} overrightarrowleftarrow ホロ酵素 ;


補酵素と酵素との結合は、 一般的には、

ゆるく、

透析などの実験操作によって、

容易に、 外れる ❗。


補酵素は、 生きてある体の内で、

原子団の運搬を行うが、これは、

原子団の授受を行うことを意味する。


授受を行う状態については、 それぞれ、


~~受容体: 原子団を受け取る状態 。


~~供与体: 原子団を与える状態 。


という用語が用いられる

( ~~は、 伝達を行う物質名 ) 。


この両者の機能らを有する物質名として、

『 ~~伝達体 』 、❗ と言う、

呼称が与えられる。


補酵素たちの各々は、

遊離状態を呈することにより、

1種類の物質をもって、

様々な代謝系らに対応する。


例えば、 補酵素 A 、では、

クエン酸回路 、 および、

β ベータ 酸化 、 に関与している ❗。

子宝 ビタミン E1 ❗、 と、 カルニチン ❗、に、 ミトコンドリア 、ら❗。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨 市議ら 実質 拉致問題 ❗。 報道されぬ❗事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ❗ 。 どんどん拡散すべし❗

  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器・肝臓内科学教室の、 高木章乃夫准教授らの研究グループが、 近年に増えている、 非アルコール性脂肪性肝炎に対して、 ミトコンドリアたちの機能を改善する作用をなす、

「 カルニチン 」、が、 有用である、

ことを、明らかにしました。


本研究成果は、2014年7月1日に、 アメリカのオンライン総合科学雑誌『PLoS One』に掲載されました。

 現在、非アルコール性脂肪性肝炎に対しては、 抗酸化剤として、

子宝 ビタミン E 、が、

世界的に標準的治療として使用されています。


しかし、 本薬剤は、 動脈硬化性疾患 、 などに対する、 臨床研究において、 生命予後が、 むしろ良くない可能性が指摘されていました。


そのために、 これに代わる、 新たな治療法の開発が、 世界的に急務となっていました。

今回の研究成果は、 この世界の臨床現場らの、 ニーズに応えたものであり、 今後は、 カルニチン 、が、 肝炎だけではなく、

その先の肝癌まで見据えた、 新たな治療法開発の可能性を有するものとして期待されます。


  電子強盗を差し止める働きをする、

抗酸化ストレス剤である、

子宝 ビタミン E 1 、 らが、

約 2年間の大規模臨床研究データにより、

肝障害への改善に関して、 有用である、

ことが、 明らかにされ、

アメリカ肝臓学会ガイドラインをはじめ、

世界中で、 標準治療とされています。


しかし、 前から、 子宝 ビタミン E 、

のような、 抗酸化ストレス剤の有用性が、

期待されていた、 動脈硬化性疾患や、

全般的な生命予後に関する調査では、

むしろ、 合併症の増加・生命予後の短縮の、

可能性が、 指摘されてきました。


これは、 生きてある体な、 生体にとって、 必要な、 生体反応でもある、

酸化ストレスを除去してしまうことが、

むしろ、 生命予後に悪影響を及ぼす、

可能性を示しており、

脂肪性肝炎も、 長期的な有用性については、 まだ解明されていない所があります。

 

一方で、 酸化ストレス・抗酸化ストレス作用の、 発生器官である、 細胞の中に、

千ほどもある、 ミトコンドリア 、 たち、の、 機能を補助する、 カルニチン 、 について、

比較的に、 小規模の臨床研究において、

非アルコール性 脂肪性 肝炎 、 に対する、

有用性 、が、 報告されています。

 

今回に、 研究グループでは、

この、 カルニチン 、 を用いた結果にて、

脂肪性 肝炎 、 を経て、 肝癌 、 に至る、

動物モデルにおいて、

肝炎 、 のみならず、 肝発癌に至る経過を、

カルニチン 、 が改善する、

可能性を明らかにしました ( 図1、2 ) 。

 

これは、 病を進展させる、

過剰な、 酸化ストレス ≒

他者から、 電子を奪う、 電子強盗を働く、

態勢にされる分子らが、 そのように、

仕立てられる事による、 ストレス 、

を、 抑制しつつ、

生体にとって必要な、 酸化ストレス 、は、

維持しなければ、

最終的な、 生命予後の延長に、

結びつかない可能性がある、

ということを示します。


抗酸化ストレス剤より、

ミトコンドリアの機能への補助剤である、

カルニチン 、が、 このようなコントロールに、 有用である可能性が示されました。


図1. ビタミンEとカルニチンがマウスの脂肪肝炎に与える影響

   肝炎組織での観察像(A)、スコア(B)ともに組織の改善が認められる




図2. カルニチンによる肝発癌抑制効果について

  肉眼像(A)、腫瘍数・腫瘍サイズ(B)ともに抑制効果が認められた



<見込まれる成果>

 非アルコール性 脂肪性 肝炎 、は、

比ぶる新しく認識されるようになった疾患で、 治療法は、 抗 酸化 ストレス 剤 である、

子宝 ビタミン E 、 を、 投与する事 、

以外に、 確立されたものは、ありません。


本症は、 糖尿病や、 高血圧、 などの、

生活習慣病と合併することが多く、

動脈硬化性 疾患 、 に対する、

目配りもしながら、 治療していかなければ、 なりません。


また、 酸化ストレス 、 は、

感染への防御にも、 必要な要因で、

酸化ストレス誘導剤は、

抗がん剤としての臨床研究も行われている、

状況にあり、

単純に、 「 消し去れば、 良いもの 」 、

ではなく、 適切に、 コントロールする、

ことが、必要 、 と考えられます。

 

カルニチン 、は、 ミトコンドリア 、 たちの、 機能ら、への、 補助剤 、 であり、

単純な、 抗 酸化 剤 、 とは、 異なる、

作用機序を持つ、 と、 されているために、

酸化ストレス 、への、 適切な、

コントロールが可能な薬剤となる、

可能性があります。


<補 足> ;

  カルニチン 、は、 長鎖 脂肪酸 、 を、

細胞たちの各々の中に、 千ほどもある、

ミトコンドリア 、 たちの各々に、

取り込む時に、

必須の役割を担う、 物質 、 です。


脂肪性 肝炎 、 においては、

ミトコンドリア機能の低下が、

病気の進展に関与している、

ことが、 明らかになっており、


ミトコンドリア機能を改善することは、

有効 、 と考えられます。

 

一方で、 カルニチン 、 により、

誘導される、 物質 、 が、

動脈硬化を悪化させる、 可能性も、

動物モデルで、 指摘されており、

更なる研究が必要な領域となっています。

三石分子栄養学+藤川院長❗; 手足、の、けいれん ❗ 。 乳酸 ❗。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨 市議ら 実質 拉致問題 ❗。 報道されぬ❗事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ ❗。 当ブログらの記事らは、 どんどん、拡散し、 複写+貼り付けすべし❗

☆ 手足のけいれん 。 乳酸 ;


三石巌分子栄養学の健康相談、 より ;


高 タンパク / 低 糖質 食 +

プロテイン 、を、 体重 ✖ 1/2 。


子宝 ビタミン E 1

( d-α トコフェロール ) ≒

炭素 C 、 の、 29個 、に、

水素 H 、の、 50個 、 と、

酸素 O 、の、 2個 、 とから成る 、

C29 H50 O2 、

8百 ~ 2千 IU 。


B50 、を、 2 ~ 3 。


ベンフォチアミン 百50 mg ✖ 1 。


マグネシウム Mg 、

4百 ~ 千2百 mg 。


レシチン顆粒、

テーブルスプーン 3杯 ( 20 g ) 。

ーーーーー


21歳女性; 6年前から、

足に、 けいれんが、はじまり、

ほうぼうの大学病院で診察を受けました。

結局は、 原因も病名も、わかりません。


現在、 K大学病院で、薬を貰っていますが、 効いている、とは思えません。

症状は、 悪化する一方で、

30秒おきに、発作があり、 最近では、

けいれんが、 手にも及んできました。



☆ 三石先生; 私のアドバイス、


 私は、 鉛中毒による糖尿病のため、

○○治療室に通って、

リンパ・マッサージをうけています。

この女性に会ったのは、

そこの待合室での、ある日の事でした。

 

その場で、 私は、 この病気は、

筋肉に問題があること、

筋肉は、 タンパク質で出来ていること、

筋肉細胞は、 たえず、壊れ、

作り直されていること、を話しました。


したがって、

作り直しの材料である、

タンパク質の補給をおこたっては、

筋肉が劣化するのは、

当たり前であることを話しました。


 私は、 ○○治療室の一患者でして、

そんな談義をする立場にないのですが、

あまりに、気の毒に感じたので、

余計な、おせっかいを試みたわけです。


治療室で、

その、T嬢の電話番号を教えてもらい、

帰宅後に、母親と話をしてみたのです。

  その話によって、

T嬢は、 一人娘で、

両親が、 嘆きの極にいる、

ことが、 わかりました。

私は、まず、 食生活をたずねました。

すると、 発作が、ひどいものだから、

昼食の時まで、 起きてこないこと、

気力を喪失しているものだから、

ろくに、食べないことなど、

両親にとって、悲観材料ばかりなのです。


T嬢は、一日中を、ベッドの中にいて、

親類にさえ、顔をあわせたがらない、

とのことでした。

 私が、 T嬢をみたとき、

マッサージ治療は、 二回目だそうで、

治療師の話によると、

T嬢の筋肉は、 異常に、かたく、

治療のための指が、 ぜんぜん、

めりこみません。

 

結局、 T嬢は、

リンパ・マッサージをつづける一方で、

配合 タンパク

( 十分な質と量の、 プロテイン ) 、と、

ビタミン E 、を使う事になりました。

 

図のように、 筋肉というものは、

筋繊維があり、 そのなかに、

筋原繊維があって、 さらに、その中に、

タンパク質の、 フィラメント 、がある、

という、構造になっています。


フィラメント 、には、

アクチン、と、 ミオシン 、 との、

二種類のタンパク質のものがあって、

筋肉の収縮は、

この二種のすべり運動に、

ほかならないことになります。


 筋肉が、 かたい、 ということは、

伸縮がスムーズにゆかず、

フィラメントのすべり運動が、

うまくゆかない事でしょう。


ふつうの人の場合は、 これは、

乳酸の蓄積 、 または、

フィラメントの酸化 、によって、

おこります。


いわゆる、 筋肉のコリが、 そうです。

 


この、 乳酸 、をなくす方法には、

二つがあります。

一つは、 ビタミン B1 ≒

、によって、

これを、 二酸化炭素、と、 水にまで、

分解してしまう方法です。


もう一つは、 細胞膜の透過性を、

ビタミン E 、 によって正常化して、

乳酸 、を 、 筋肉細胞から、

外に追い出す方法です。


むろん、 両者の併用が、理想的な訳で、

これは、 肩凝りをほぐす、

方法にもなります。


 T嬢の場合では、 筋肉は、

頻繁に収縮を繰り返しますが、

ビタミン B1 、 が不足していれば、

そのつど、 乳酸 、 が発生します。


だから、 筋肉が、かたくなるのは、

当然 、と、 いえるでしょう。


 一方で、 筋肉の収縮には、

エネルギー 、を必要としますが、

その、 エネルギー 、は、

脂肪酸 、 に、 グリコーゲン 、 や、

クレアチン・リン酸 、などから、

作られます。


筋肉が硬くなっているのは、

こういうものらのストックが、

底をついている 、

証拠 、でも、あるのです。



 このうちの、 クレアチン・リン酸 、は、

子宝 ビタミン E 1 、がないと、

筋肉の中に、 保持されません。



この、 子宝 ビタミン 、が、なかったら、

クレアチン・リン酸は、

利用されることを、無しに、

尿に出て行ってしまいます。



  子宝 ビタミン E 1 、は、

血液の粘る度合いを下げる事によって、

血行を改善します。



T嬢の筋肉は、 血管を圧迫して、

細くしているでしょうから、

この、 ビタミン E 、の作用に期待する、

必要があるわけです。


血液が、よく流れていなかったら、

筋肉のつくりかえの材料の輸送が、

うまくゆかない筈では、ありませんか。



 私が、 配合 タンパク 、と、

ビタミン E 、を、 えらんだ理由は、


痙攣 ケイレン 、 には、

筋肉に、 収縮を指令する、

中枢の異常からくるものがありますが、

T嬢の病気の原因は、

神経よりも、 筋肉の異常にある、

との、 想定にあります。


その上に、 中枢性、の、けいれんにも、

子宝 ビタミン E 、が効く、

という、 事情もありますので、

どちらに転んでも、 ビタミン E 、

と、思いました。



☆ その後の経過、


 T嬢は、 『 高 タンパク 食 』 、 と、

ビタミン E 、と、

マッサージをはじめて、 一週後には、

めっきり、元気になって、

人に会うようになりました。

そして、 念願の音大受験のため、

毎日に、 6時間の、

ピアノの練習を始めました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆ 藤川院長;

筋肉のこり、 けいれんは、

B1 、の不足による、 乳酸の蓄積。


筋肉の再生には、 高タンパク食。


ビタミン E 1 、により、

筋膜の透過性を高め、 乳酸 、たちを、

筋肉細胞から、 外に追い出す。


酸化された ≒

酸素 サンソ O 、と、 結び付いた 、

生体膜の再生には、

レシチン 、も良いはず。


けいれん ( 攣縮 ) 、を改善するには、

マグネシウム Mg 、も良いはず。

そして、 上記に加えて、 B1 。


https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1235591493223839

ネット記事+論弁群;


☆ 乳酸とは、

ブドウ糖などな、 糖質が、 より、

酸素 サンソ 、を使わない 、 解糖系

( 嫌気的 代謝 ) 、 で、

代謝・分解されてできる、 生成物です。


解糖系 ( 嫌気的 代謝 ) 、では、

筋肉を収縮させる、

エネルギーを得るために、

筋肉に蓄えられた、

ブドウ糖らの束である、

グリコーゲン 、を、

ピルビン酸から、 乳酸 、に分解します。


... 血液中の乳酸は、 肝臓で、

グリコーゲンに再合成され、 再び、

エネルギー源として利用されます。


☆ 乳酸 、が、

血液中にたまってくると、

筋肉を熱く感じられ宛てるような、

筋肉痛が起こり、

運動が、 できなくなる。


運動をやめ、 血流が回復すると、

乳酸たちは、 酸素 サンソ 、と結び付く、

『 燃焼 』 、 という、

現象な事を成して、

二酸化炭素と水に、分解されるが、


一部らは、 再び、

グリコーゲンの生産に利用される 。


また、 この解糖系 ( 乳酸系 ) 、

の、システムの作動が、本格化し始め、

乳酸への生産量が急増するポイントを、

乳酸 閾値 シキイチ

( LT値 ≒ 無機的閾値 AT ) 、

と言い、 持久力の目安 、 と、 ある 。


☆ 有酸素運動の時にも、

脂質だけでなく、 糖質も、

エネルギーとして、使われるので、

ブドウ糖らを原料とする、

乳酸 、 が、

代謝物質として、 産生されるが、

無酸素運動でのように、

たまる事は、 なく、

血流によって処理される。


: 月刊 陸上競技 2010年 2月号 [雑誌] 。


☆ 筋トレでは、 無酸素運動で、

乳酸を、より多く産生させる事により、

成長ホルモン 、が、 多く分泌され、

筋肉が発達する、

と、 考えられている、 が、ために、

この無酸素運動の効果を、

より引き出すべく、


乳酸系の運動が、

40 秒 、ほどしか、 続かない 、


という、 原理を利用して、

1セットにかかる時間に宛てて、

「 40秒ほどが、限界 」 、な、

負荷に設定するのも、

トレーニングのコツ 、だ、 という 。



☆ 乳酸は、ヒトの体内では、

細胞内の基質において、 産生される。


細胞内基質では、

解糖系の酵素 コウソ ら、の働きにより、

炭素 C 、6個 ➕ 水素 H、 12個

➕ 酸素 O 、 6個 、な、


『 ブドウ糖 』 、を、

真っ二つにした形態の、


C3 ➕ H 6 ➕ O 6 、な、


『 ピルビン酸 』 、たちが、


ブドウ糖 、たちからも、 生成され、

ここから、 酸素 サンソ 、を使わずに、

乳酸脱水素酵素 コウソ

( 乳酸デヒドロゲナーゼ: LDH )、

の触媒によって、

乳酸 、 たち、が、 作られます。


乳酸脱水素酵素 、は、 正反応と、

逆反応 、との、 両方を触媒し、

可逆的に働く酵素でもある。


乳酸の代謝経路には、

① 乳酸脱水素酵素による逆反応と、

② 肝臓で行われる、

『 糖新生 』 、があります。


乳酸脱水素酵素による、逆反応、の、

代謝経路では、

筋肉内に溜まった、 乳酸 、たちは、

乳酸脱水素酵素の触媒によって、

ピルビン酸 、たちに戻されます。


そして、 乳酸から戻された、

ピルビン酸 、 たちは、

本来の代謝経路である、

クエン酸回路

( TCA 回路、 クレブス 回路 )、

に、 入って、

エネルギー 、を成す、代謝に使われます。


最近のトレーサー実験では、

運動中に生じた、 乳酸 、たちも、

その大部分が、 運動中に、

乳酸脱水素酵素の逆反応により、

活動筋肉のエネルギー源として、

用いられることが、 判明しています。



もう1つの代謝経路である、

『 糖 新生 』 、では、

運動後に溜まった、 乳酸 、たちが、

血液らの中に放出されて、

肝臓に運ばれ、 グルコース

( ブドウ糖 ) 、への、

再生材料として、 消費されます。


☆ 糖 新生

( gluco neo genesis ) 、とは、


主に、 肝臓

( その他に、 腎皮質や、小腸の上皮 )、

で、 行われ、

糖質 、 以外の、 グリセリン

( グリセロール ) 、 や、

アミノ酸 、とか、 乳酸 、などから、

グルコース

( ブドウ糖 ) 、 を合成する、

ことを言います。


この、 糖新生による、 乳酸代謝は、

乳酸が増えすぎた場合や、

飢餓の時に、 行われ、

原則的には、

解糖系酵素の逆反応によって、

乳酸 、たちは、 代謝されます。


運動により、筋肉内に溜まった、

乳酸 、たちは、 血の中に放出されて、

肝臓に運ばれ、

グルコースを合成する材料

( 基質 ) 、に、 されます。


また、 赤血球の解糖系で生じた、

乳酸も、 肝臓に運ばれて、

糖新生で使われる。


肝臓では、

末梢組織らから運ばれてくる、

乳酸 、たちを用いて、

グルコースに再生した後で、 再び、

各組織へ送り出して、

それらは、 エネルギーの消費

( 酸化 ) 、 に使われます。


この、 乳酸が、 肝臓に回収されて、

糖新生 、 が行われる過程な事を、

「 乳酸 回路 ( lactic acid cycle 」 、

と言い、 別名を、

「 コリ 回路 ( Cori cycle 」 、

という。


☆ 乳酸血症・乳酸アシドーシスは、

血の中の乳酸値が上昇した場合の、

病態ら、で、

症状としては、

吐き気や、 嘔吐、 不穏、

大呼吸 、などが、 現れるほかに、

重症化すると、

意識障害 、 が引き起こされる。


血の中の乳酸値の上昇を引き起こす、

背景には、

グルコース-6-ホスファターゼ

欠損症や、

ミトコンドリア病 、 などの、

疾患がある場合のほかに、

異常な無酸素運動、

アルコール 、への、過剰な摂取なども、

原因として、ある 。


低 酸素 血症 、が、なくても、

ミトコンドリア 、 の異常により、

酸素 サンソ 、を使わない

『 嫌気性解糖 』 、 が、 進行して、

乳酸が、過剰に生成され得る。



◎ 乳酸発酵

( lactic acid fermentation ) 、とは、

乳酸菌 、たちが、 糖類から、

乳酸 、を生成する現象のことです。


乳酸菌は 、 酵母菌などと同様に、

乳酸の前駆体となる、

ピルビン酸 、を、

アルコール発酵 、 により、 生成します。


乳酸菌 、たちは、

アルコール発酵で得られた、

ピルビン酸 、たちをして、

乳酸脱水素酵素により、

乳酸発酵を行い、

乳酸 、達を生成します。


この乳酸発酵には、

乳酸のみを生成する、

ホモ型 乳酸発酵 、のほかに、

乳酸 、 以外にも、 エタノール 、や、

酢である、 酢酸、に、

炭酸ガス 、なども生成する、

ヘテロ型 乳酸発酵 、があります。