経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

三石分子栄養学; シミ、 を去る、 子宝 ビタミン E1 、 や、 セレン ❗ 、 など。 報道されぬ❗; 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ 三石巌氏の会社 ; メグビー社 、

の、 メールマガジン 6月号 Vol.99 ( その2 ;



☆ 「 シミ 、は、 とれないか 」 ;


シミ 、 の、 実体は、 茶褐色の顆粒 、だ。

それは、 過酸化脂質 、に、

タンパク質の結合したもので、

「 リポ・フスチン 」 、 と、 よばれる。


過酸化脂質 、 とは、

不飽和な、 脂肪酸、の、 過酸化物 、だ。


この、 リポ・フスチンを分解する、

ことが、 できるなら、

シミ 、は、 とれてよいはずだ。


また、 不飽和な脂肪酸の酸化 ≒

酸素 、 と、 結び付くなどして、

他の原子や分子から、

電子を奪いとる、

電子強盗 、 に、 仕立てられること 、

を防ぐことができるなら、


シミ、は、 できないはずだ。



☆ 不飽和脂肪酸の酸化は、

ビタミン E 、 や、

セレン 、 によって、 防ぐことができる。


それらには、

電子強盗にされる事を防ぐ 、

「 抗 酸化 作用 」 、 が、

あるからだ。



したがって、 ビタミン E 、や、

セレン 、には、

シミ 、 を防ぐ効果がある。



むろん、 どんな微量でもよい、

というわけには、いくまい。



☆ 「 早老症 」 、 といって、

リポ・フスチン 、 たちが、 急速にでき、

十代以前に、 老人のからだになり、

寿命のつきる病気がある。


この病気を説明するには、

正常人には、

過酸化脂質を分解する、

タンパク質たちから成る、

酵素 コウソ 、 があるのに、


この患者には、 それが、 ない、

と、 考えれば、 簡単である。

 


☆ じつは、 ビタミン E 、 や、

セレン 、で、

シミがとれた例が、 いくつもある。



☆ ビタミン E 1 、へ対して、

電子強盗を差し止める、

抗 酸化 力 、 が、

50倍 、 以上もある、


セレン ❗ 、は、

過酸化脂質を分解する、 酵素 、

への、 成分であることが、

わかっている。



すると、 ビタミン E 、が、

これへの助酵素になっているのではないか、

という、 気がしてくる。

 


☆ リポ・フスチン 、 は、

心筋、脳、肝臓などの細胞に、

加齢とともに、 蓄積する。


【 三石巌 全業績-11 

健康ものしり事典  P19より抜粋 】 ;


元記事は、 こちら

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1683503171766000&id=100003189999578



@ 電子強盗らを差し止める、

豪傑な、 セレン 、 ではあるが、



タンパク質への構成分である、

硫黄 S 、 と、

入れ代わってしまう、

性質もあるがために、

硫黄 S 、 を、 要りようとする、

タンパク質らの所々へ、

セレン 、 が、 入り込んでしまうと、

その体の健康性を損なう事にもなる。


一定量以上の、 セレン 、を、

摂る事は、

その体の健康性を損なう、ので、


どんなに、 電子強盗らを差し止める、

抗 酸化 力 、に、 富んでいようとも、

セレン 、を、 一定量以上を、

摂る事は、 すすめられない。


 


☆ 三石分子栄養学;


一日のタンパクの必要量は、

その体重の、 千分の一。


それが、 ボクの栄養学のもとだ。


体重が、 50 キロ 、なら、

タンパク質、を、 50 グラムってこと。



ボクの仲間は、 これを守っているんだ。

ことわっておくが、 このタンパクは、

良質のものでなけりゃならん。

 

このルールをはずれたら、

どんなトラブルがおきても、不思議は、ない、

と、 ボクは、 思っているんだ。


『 どんなトラブル 』 、 なんて、

いわないで、 万病 、

と、 いった方が、 わかりやすいかな。


 

☆ バス放火事件ってのが、

14年前の、 新宿であった。

亡くなった人が、 五人いたが、

あやうく助かった女性に、

ボクは、 紹介されている。

去年の秋のことだがね。

そのとき、 ボクは、手をみせてもらった。


  顔は、 なんともないが、

全身に、 ケロイドがある、 と、きいた。


  ことしの正月、 彼女の夫の、

杉原荘六氏にあって、 はじめて、

症状をあかされた。


春がくると、 汗がでる。

それが、 ケロイドのすきまの、

まともな皮膚から、わきだすので、

かゆくて、 たまらん。


そこをかくと、 出血するから、

夏になると、 全身が、 血だらけになる、

という、 すさまじい話。


 

ボクは、 その場で、

良質 タンパク 、と、

それにまぜる、 ビタミン 、 と、

皮膚が、 とくに要求する、

ビタミン A 、 との、

一ヶ月分をおくった。


 

ボクは、 高 タンパク 食 、で、

ケロイドをなおした、

経験をもっているわけじゃない。



ここでの判断は、

経験からきたもんじゃなくて、

理論からきたものなんだ。


 

☆ ボクが、 彼女にいったことは、

『 DNA ≒

遺伝子 、 ともいう、

遺伝情報ら、 を、 帯びてある、

タンパク質たちから成る、

デオキシリボ 核酸 、

が、 やられていなけりゃ、

設計図が、 そのまま、

残っているはずだから、

いずれは、 なおるだろう。


だけど、 時間が、

どれほどかかるか、 わからない 』

、 だった。


 


  彼女から、 グッドニュースが届いたのは、

三月だった。

二ヶ月ほどしかたっていないのに、だよ。


 

その杉原三津子さんは、

バス放火事件を小説に書き、

ドキュメンタリー作家として、デビューした人だから、

少女時代から、 指にペンだこができていた。


これが、 気になっていたところ、

ある朝、 それが、 なくなっていた。


かゆくて、 かいても、 血がでなくなった。


  彼女は、 これを主治医に話すといっているが、

医者先生は、 どういう顔をするか。

『 これは、 一生なおらない 』

、 といっていたそうだが・・・。



・・メグビー社;

本原稿は、 1994年 11月25日に、

産経新聞に連載された、

三石巌が書き下ろした文章です。



2018-03-09 10:21:34 ;


三石分子栄養学 47 ;

高 タンパク 、と、 ビタミン ;

〜摂取すればするほど健康に〜 ;



☆  香川靖雄という人がいる。

女子栄養大学をおこした香川あや子女史の長男で、

自治医大教授だ。

この先生は、

『 タンパク質をとりすぎている人は、

世界中に、 いない 』 、

と、 書いたことがある。

ボクの意見も、 おんなじだ。


  からだは、

フィードバックシステムだってことを前に書いた。


それが、 まともに働けば、

いるだけの、 NK

( ナチュラル・キラー ≒ 天然殺手 )

細胞がつくられるって話のところだ。


 

DNA 、 が、 暗号文になっていることも書いた。


☆ フィードバックをうけもつのは、

タンパク質たちから成る、

酵素 コウソ 、 だ。


その酵素 コウソ 、 の設計図は、

暗号文のかたちで、 DNA 、に、おさまっている。


 

そこで、 フィードバックのためには、

まず、 暗号文の解読をせにゃならん。


その解読も、 酵素の役目なんだな。



☆ キミは、 酵素 コウソ 、 が、

タンパク質だってことを知っているはずだ。


タンパク質がなかったら、

暗号も、 とけない、

ということになるんだ。



高タンパク食を実行していないと、

どんなトラブルがおきても、 不思議は、ない。

これが、 ボクの持論だ。


 

☆ 体は、とてもうまくできているんで、

まずいことが、あっても、 ごまかして、

切り抜けてくれる。


きんさん・ぎんさんは、

背中が、 まがって、 全体が、

ちいさくなっているだろう。

体質にめぐまれているから、

あれでも、 元気でいられるんだよ。


 

それじゃあ、 体質とは、 いったい、なんだ?。


これは、 ボクの分子栄養学でかたづく、

問題じゃないが、

つぎのことだけは、 いえる。


 

☆ ビタミン 、 たちの必要量は、

人によって、 ちがう。



☆ その違いは、

一 対 百 、 ぐらい 、 と、

ボクは、 みるんだな。



☆ ビタミンには、 色々とある。

どの、 ビタミン 、 についても、

必要量が、 一 イチ 、 っていう人は、

日本人だったら、

4万人に、 一人ほどじゃないかな。



なにが、 根拠かときかれたら、

百歳以上の人口だ、 と、 いっておく。



 

☆ ビタミンの必要量が、

いくらかをつきとめるのは、 むりだ。


そこで、 ボクは、 じぶんが、

百 、 だとする。


ということは、

ビタミンをあびるほど、 とるってことさ。



☆  酵素 コウソ 、 たちが、

助手として、 ビタミン 、 たちを、

ほしがる場合の多いことは、 もう話した。



ボクの栄養学には、

『 フィードバック・ビタミン 』 、

『 フィードバック・ミネラル 』 、 って、

ことば、 が、 でてくる。


 

☆ フィードバック・ビタミンをならべよう。


A・ B1 ・ B2 ・ B12

・ C ・ E 、

ビタミンB3 、な、 ニコチン酸・パントテン酸 、

葉酸 ・ ユビキノン 。


 

☆ フィードバック・ミネラルもならべておく。


ヨード ・ マグネシウム ・ 亜鉛 。


 

ここまで、 わかったら、 健康正常化のためには、

毎日に、 なにを食わなければならんかが、

心のそこから、 納得が、 いくだろう。

三石分子栄養学系; ビタミン B6 、が、 夢を思い出させる能力性を高める ❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ blog カラパイヤ ;


☆ ビタミン B6 、が、

夢を思い出させる力を向上させる ;


 オーストラリア・アデレード大学、

デンホルム・アスピー博士が率いる、

研究チームは、


実験への参加者の百人に、 5日間を、

眠る前に、 ビタミン B6 、の、

サプリメントを飲んでもらった。


 その結果にて、 ニセ薬な、

プラセボ群と比べて、

夢を思い出せる力が向上した、 という。


 

☆ 「 夢の鮮烈さ、奇妙さ、

色には、 影響しませんでした。

また、 睡眠パターンの、

他の側面にも、 影響ありませんでした 」

、 と、 アスピー博士。


  今回の研究は、

ビタミン B6 、をはじめとする、

ビタミン B 、 たちが、

夢に与える影響を、 大規模、 かつ、

多様なグループを対象に調べた、

初めての研究だ、 という。




☆ 5日間の実験が終わるころには、

鮮明に、 夢の内容を思い出せる ;


この無作為二重盲検プラセボ対照試験では、

眠る直前に、 参加者へ、

ビタミン B6 、を、

24 ミリ・グラム 、 を、

服用してもらった。


 

サプリを服用する以前には、

多くの参加者たちが、

その夢を憶えていなかったが、

試験が終了するまでには、

憶えている率が、改善した。


 「 だんだんと、 夢がはっきりして、

簡単に思い出せるようになりました。

その日の出来事のように、

細かい部分らも、忘れないでいられます 」

、 と、 参加者の一人は、話す。



 別の参加者は、

「 夢が、 リアルになって、

眠って夢を見るのが、

待ちきれなくなりました! 」

、と、 語っている。




☆ 夢を明確に覚えられると、

明晰夢を見ることも可能に ;

 

「 平均的な人では、 一生のうちの、

6年間を夢の中で過ごします。

自分の夢が明快で、 制御までできるなら、

夢の時間が、 生産的になりますね 」

、と、 アスピー博士は、 言う。


 

☆ 「 明晰夢とは、 見ている間に、

自分が、 それを夢だと気がついている、

夢のことですが、

多くの潜在的メリットがあります。


例えば、 悪夢への克服、 恐怖症への治療、

クリエイティブな問題への解決、

運動スキルでの改善、 さらには、

身体的外傷のリハビリにも役立つかもしれません 」。


 

「 明晰夢を見るには、

夢を日頃から憶えていられるようにする、

ことが、 大切です。

この研究は、 ビタミン B6 、が、

明晰夢を見やすくする方法の一つである、

可能性を示しています 」 。



☆ ビタミン B6 、への過剰摂取の問題も ;


 ビタミン B6 、は、

にんにく、 赤身肉、 レバー、 魚などの、

様々な食材に含まれている。


  1日の、 ビタミン B6 、についての、

推奨摂取量は、

成人男性ならば、 1・4 mg 、

成人女性ならば、 1・2 ~ 1・3 mg 、

程度 、と、 されている。



必要な量は、 食品から十分に摂取する、

ことが、 可能なのだが、

今回の実験は、 1日に、 240 mg 、

と、 かなり大量を摂取している点に注意したい。


☆ ビタミン B6 、 へ宛てられてある、

成人での、 安全な上限値は、

百 ミリ・グラム 、 と、 なっている。



☆ 研究者らは、 食事から摂取される、

ビタミン B6 、が少ない人にのみ、

効果があるか、 どうか、

長期的に摂取すれば、 効果が薄まるのか、

なども、 調べる必要があるとしているが、

例え、 一時的にではあれ、

ビタミン B6 、を、 大量に摂取する、

ことでの弊害も、 調査してほしいものだ。 


References:ncbi / medicalnewstoday / neurosciencenews/ written by hiroching / edited by parumo


\  SNSで、みんなに教えよう! /

藤川院長系; 妊婦、 と、高用量 ビタミン C ❗。 報道されない❗ ; 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ 起立性 調節障害 ( OD ) 、 は、

最重度のタンパク不足が、原因 ;


☆ 起立性 調節 障害 、 とは、

自律神経失調症の一種、 OD

( ドイツ名: Orthostatic Dysregulation )

、 と、 略される事もある。

生活リズムが乱れている様に見えるが、

自律神経失調症状のひとつ、

と、 考えられている。


「 起立や座位で、 脳血流が減少し、

思考力と判断力が低下する 」、

身体の病気である。


10歳から、 16歳に多く、

日本の小学生の、 5 % 、

中学生の、 約 10 % 、にみられ、

男女比は 、 1 : 1.5 〜 2 、

と、 報告されている。


循環器系の障害として捉えられており、

身体的な症状としては、


朝起きられない・めまい・立ちくらみ

( 脳貧血 ) 、 が、 一番多くみられ、

その他にも、

動悸・息切れ・睡眠障害・食欲不振

・腹痛・頭痛・倦怠感など、

人により、 さまざまな症状が現れる。


血液による、 酸素と栄養の供給が、

悪いため、 疲れやすく、

疲れからの回復が遅れる。


治療、日本小児心身医学会 

OD診断・治療ガイドライン 2015 より ;

生活指導 ( 非薬物療法 ) ;


1. 運動療法 ;

毎日の散歩程度の運動をすすめる。

たとえば、 1日に、 15分の歩行など、

毎日運動をする習慣をつける。


心拍数が、 120を越えない程度の、

軽い運動

( 腹筋などの臥位でおこなう運動など )

、 で、 良い。


2. 肉体操作 ;

起立時には、いきなり立ち上がらずに、

30 秒程をかけて、 ゆっくり起立。


歩行開始時は、 頭位を前屈させれば、

脳血流が低下しないので、

起立時の失神を予防できる。


起立中に、 足踏みをする。

両足をクロスに交叉する。

更に頭を前屈する。


3. 規則正しい生活リズムのすすめ ;

夜更かし、朝寝坊をやめる。

昼寝をしない。

難しいが、 強制して、

ストレスにならないように、

その子にあわせて、指導する。


4. 暑い場所は避ける ;

高温の場所では、 末梢血管は、

動脈、静脈とも、拡張し、 また、

発汗によって、 脱水をおこし、

血圧が低下する。

入浴は、短時間。 梅雨、 夏場は、注意。


5. 下半身圧迫装具 ;

下半身への血液の貯留を防ぎ、

血圧の低下を防止する装具

( 弾性 ストッキング 、や、

OD バンドのような、

加圧式 腹部 バンド ) 、 は、

適切に利用すると、 効果あり。


6. 食事の注意 ;

塩分は、 循環血漿量を増やし、

血圧を上げるために、 必須である。


したがって、 食事やおやつを通じて、

やや多めの食塩を摂取をする。


水分のこまめな摂取も、 必須である。


スポーツ・ドリンクは、塩分も摂取できる。 こまめに、 水分を摂取し、

一日を通して、 2リットルほどの、

水分を摂取すると良い、 と、される。


☆ 薬物療法 ;

ミドドリン、アメニジウム、

プロプラノロール、

ジヒデルエルゴタミンの投与が有効である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


藤川院長; ガイドラインには、

上記内容が書かれているが、 全く、的外れ。


ODへの原因は、 最重度のタンパク不足。


中高生では、

性ホルモンらの合成などにより、

タンパク質への需要が増大する。


男性では、

卵 、 や、 蜆 シジミ 、 の、

タンパク質たちの各々を構成する、

アミノ酸たちの揃 ソロ いようを、

百点で、 満点とする、

プロテイン・スコア換算で、

体重 ✖ 1・2 g 、の、

タンパク質が必要。


女性では、

月経で、 タンパク質を失うため、

プロテイン・スコア換算で、

体重 ✖ 1・5 グラム、 の、

タンパク質が、 必要。


OD になる人は、 全員が、

食が細い。


母親が、 ”この子は、 自分より、

食事量が少ない” 、 と、 言われる。


疲れると、 夕食を食べずに、

寝てしまう、 など、

欠食する人もいる。


逆に、 大食漢の、 OD 、は、

1人も診たことが、ない。


初診時の収縮期血圧が、

80 ~ 百 、 程度の人が、 多い =

最重度のタンパク不足。


治療は、

1) 1日に、 3食、

動物性 タンパク 、 を摂取する。


2) プロテイン 20 g

( 60 cc ) ✖ 2 、


プロテイン 20 g ✖ 2 、は、

卵 、の、 3個 ✖ 2 、 に相当する。


3) 男女共に、 低フェリチンなので、

キレート鉄 36 mg ✖ 3 。


女性では、

貯蔵鉄 、な、 フェリチン 、が、

10程度の人が、 多い。

男性でも、 フェリチン 、が、

50 ~ 70 、程度の人が、 多い。


この治療を、 1 ~ 2ヶ月を、

キッチリ、行えば、 全員が完治する。

当院で、 ODが治った人からの口コミで、 ODの初診患者が、急増している。


元記事は、こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1680473938735590


FOX ニュース 、が、

オーソモレキュラーに言及。


高用量の、 ビタミン C 、 が、

妊婦の安全と健康状態の改善に役立つ、

と、 断言 ;


Orthomolecular Medicine News Service(OMNS), July 10, 2016

および、

国際オーソモレキュラー医学会ニュース、より


Andrew W. Saul編集員による論評 ;


数千 ミリ・グラムもの、

ビタミン C 、が、 妊婦に良いのか?。

そして、 それは、 実際に、

良策なのか?。 答は、 どちらも、

イエス 、 であり、

下記のサイトでは、どう見ても、

それを肯定している。

http://www.foxnews.com/health/2016/07/10/9-supplements-to-ease-pregnancy-complaints.html .


OMNS 、では、

高用量の、 ビタミン C 、 による、

髄膜炎 、 への効果について、

医師が書いた論文を、

カナダの巨大メディア企業である、

ポストメディア・ネットワークが、

台無しにしたことを咎 トガ める、

記事を最近に載せた所だ。(http://orthomolecular.org/resources/omns/v12n12.shtml


その一方で、 長年にわたる、

オーソモレキュラー式の、

ビタミン・サプリメントの使用に対して、

最も肯定的な記事を、

主要メディアで掲載する、 勇気がある、

FOX ニュース 、 に称賛を送るのは、

至極公平なことである。


その記事のタイトルは、

「 Nine supplements to ease pregnancy complaints

( 妊娠時の、 9大苦痛を和らげる、

サプリメント 」 、 である。


栄養医学の最も重要な領域の一つである、 Frederick Robert Klenner, MD 、 による、

臨床研究について、

FOX ニュース 、 が、 以下のとおりに、

報じたことは、 意義深い。

「 Dr. Frederick R. Klenner によって、

開拓された、

この、 高用量 ビタミン C 療法 、 には、

分娩後の出血や、

心臓性 胎児 ジストレス 、 への、

予防効果、および、

陣痛の短時間化・軽減効果がある、

ことが、 分かっている 」 。


興味を持った読者のために、

高用量の詳細も書かれている。

その中で、 FOX ニュース 、が、

私の娘 ( Helen Saul Case ) 、

を引き合いに出した、 というのは、

確かに、 有り難い

( おわかりのように、

その辺りに切り口がなければならない ) 。


しかし、 ついに、世界的な紙上に書かれた、 下記の数値を見てほしい。


「 ビタミン C 、は、

靭帯や腱を強くするが、痛みも軽減する。


( Helen ) Saul Case 、 が推奨している、

ビタミン C 、 の摂取量は、

妊娠第一期 ( 妊娠 3カ月まで ) 、 で、

1日に、 4千 mg 、

妊娠第二期 ( 妊娠 4 ~ 6カ月 ) 、 で、

1日に、 6千 mg 、

妊娠第三期 ( 妊娠 7カ月以降 ) 、で、

1日に、 1万 ~ 1万5千 mg 、

である 」 。


こうした量は、 Dr. Klenner 、 の論文 ;

「 Observations on the Dose and Administration of Ascorbic Acid when Employed Beyond the Range of a Vitamin

( 1つのビタミンとしての範囲を超えて、

使用した場合の、 アスコルビン酸 ≒

ビタミン C 、 の、

用量と投与の観察結果 )」 [1] から、

直に引用されている。


Dr. Klenner 、 は、

この論文で、 以下のとおりに述べている:


「 アスコルビン酸サプリメントの、

経口投与を用いた ≒ 口から飲ませた 、

3百を超える、

連続的な産科症例らを観察した結果にて、

妊娠中に、 アスコルビン酸剤を、

十分な量を使用しないことは、

過誤に近い、 と、 確信した。


私が使用した、 アスコルビン酸の、

最低量は、 1日に、 4 グラム

( 4千 mg ) 、

最高量は、 1日に、 15 グラム

( 1万 5千 mg ) 、 であった 」 。


どれくらいに、 よく効くのかを知っている、

医師が、 直に述べている用量である。

これで、 誰もが知ることができる。

公知となったからである。


詳細情報の参照先:

1. 全文は、 下記サイトから、 無料で、

ダウンロード可能: http://orthomolecular.org/library/jom/1998/pdf/1998-v13n04-p198.pdf

また、他のサイトでも、閲覧可能:

http://www.doctoryourself.com/klennerpaper.html

https://www.seanet.com/~alexs/ascorbate/197x/klenner-fr-j_appl_nutr-1971-v23-n3&4-p61.htm

http://www.whale.to/a/klenner1971.html


元記事は、こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1679496742166643


薬物依存は、 hypoascorbenia

( ビタミン C 不足 ) +

kwashiorkor

( タンパク 不足 ) 、 である。

by Irwin Stone.

*ストーン博士は、ポーリング博士に、

高用量 C 、の効果を伝授した科学者。


クワシオルコル

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%AB

chronic subclinical scruvy(CSS syndrome)、

慢性潜在性壊血病 ( C 不足 ) 。


CSS syndome + クワシオルコル →

薬剤依存を生じる。


治療は、

C 25 ~ 85 グラム 、を、

4 ~ 6日間。


他の、 ビタミン、 ミネラル 。

高用量の、 プロテイン

( プロテイン ≒ タンパク質 、

への、 消化吸収能力が低下していれば、

アミノ酸を輸液 ) 。


3日程で、元気になり、 食欲が回復する。


その段階で、 ビタミン C 、を、

10 ~ 30 g 、 に減らす。


食欲が回復すれば、

プロテイン 、 を減量する。


C 、は、 脳の海馬 、 の、

オピオイド受容体に結合し、

麻薬の離脱症状を防ぐ。


この治療で、治療した、 連続

30症例の全てが、 回復した。


☆ C 、 の解毒作用;


ウサギを使った実験。

催眠作用のある、 フェノバルビタール

( PB ) 、 を投与すると、 入眠する。


C 、を併用すると、

睡眠時間が、短縮する。


C 、の用量を増やすと、

用量依存的に、 睡眠時間が短縮する。


つまり、 ビタミン C 、 には、

PB 、 などの、

薬物を解毒する作用がある。


元記事は、こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1681458951970422