経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

グーグル翻訳; ブドウ糖だけ、を、唯一の主な栄養分としてある、 ガン細胞たちを兵糧攻めにもする、 糖質の制限を含む、 ビタミン・ケトン療法❗。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ❗

☆ ガン細胞たちは、 ブドウ糖だけ、

を、 唯一の、 主な栄養分として、

我が身を作り、 増えてゆく、 細胞たち、

なのだから、

糖質を制限して、 ガン細胞たちを、

兵糧攻めにもする、 ビタミン・ケトン療法に類する、 糖質への飲み食いを制限し、

体内でも、 より、 糖質を作り得ないようにもしつつ、

健康性を成すのに十分な、 代謝ら、

を、 成り立たせるのに必要な、

ビタミン 、ら、と、 ミネラルら、に、

タンパク質ら、 を、 より、 漏れなく、

飲み食いなどして摂取する、 療法を、

徹底して、 患者へ、 宛てて行い得て居れば、 乳ガンでも、 どんな、ガンでも、

人は、 死なずにすんだはずだ。


☆ cancer cells, glucose only,

, As the only, main nutrition,

Make up and increase my body, cells,

Because it is,

Restricting carbohydrates, cancer cells,

Restricting the eating and drinking into carbohydrates similar to vitamin · ketone therapy,

Even in the body, while making it impossible to make carbohydrates,

Enough for healthy metabolism,

, Necessary to establish,

Vitamins, et al., And minerals,

Protein et al., More efficiently,

Take medicine to eat and drink or eat,

Thoroughly, if you can do to the patient, you can do with breast cancer, any cancer,

you should have avoided dying.

ガン細胞たちは、

どんなに、 健康な人の体においても、

1日に、 数百以上は、

発生するものであり、

それらが、 一定数以上に、

増えないようにされるのも、

免疫性らを成す、細胞ら、などが、

同化と異化とを成す、代謝ら、が、

一定以上の度合いで、 成される、

から、であり、

それを欠けば、 ガン細胞たちが、 より、

増えてゆく事にもなる。


Cancer cells,

No matter how healthy a person's body is,

More than a few hundred in one day,

However,

If they exceed a certain number,

It is also not to increase it,

Immune cells, cells, etc.,

Metabolic organisms, which assimilate and catabolize,

To a certain extent, done,

From,

If it lacks it, the cancer cells,

It will also increase.


こうした事は、

どんどん拡散すべき、 情報であり、

より早くに、 学校教育や、

地域講習などの、 公の教育の場で、

より、優先して、 主権者たちへ、

伝えられるべき、 致命的な重要性のある事だ。


These things,

It is information to diffuse more and more,

Earlier, school education,

In public education places such as regional classes,

Prioritize, sovereigns,

It is a fatal important thing to be told.

分子栄養学系; 日本政府が、漢方薬らの効能らへ宛てて、ビック・データを活用へ❗。 解放を急ぐべき、シナによる、 桜木琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ❗

☆ blog おーるじゃんる ;


日本政府は、 漢方薬の効能などについて、

ビッグデータを活用して検証する方針を固めた。

来年中にも始め、 薬、の、 1種類につき、

100万人規模の使用者データを集めて分析する。

科学的な根拠を確立し、 漢方薬の効果的な服用方法を見つけたり、 副作用の防止につなげたりしたい、

考えだ。


内閣官房が、 2019年度予算の概算要求に、

関連費用を盛り込む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00050071-yom-pol

ID:bOy4DkXU0

認知症に、 抑肝散は、 効くよ

ID:slanFB660

>>3

それは、 有名だけど、 実は、 ヘパリーゼ、と、 ハイチオール C 、 の組み合わせも、 アルツハイマーへの予防にいいらしいな。

肝臓水解物と、 L システイン 、 の、 組み合わせは、 β アミロイド 、 を抑制するらしい。

前は、 肝臓病薬で、プロヘパールがあったけど、 製造中止になったから。

ID:3oe23RDE0

漢方は、 穏やかで、安全のイメージがあるけど、中には、劇薬や猛毒もあるからな。

色々な方向から分析しておくのは、有用 。

ただし、 結果を、他国に盗られて、知財を主張されるとかは、止めてくれ 。

研究者が哀れ過ぎる 。


ID:nu5/3QTU0

ないしトール Z

本当にやせます

ID:R+Mf94TR0

>>42

あれ、 うつ病にも効くらしいな 仕組みは、 わかってないけど。  腸に作用するから、その辺か。

ID:+pssignS0

五苓散はいいぞ

三半規管の辺りが、むくんで、 目まいが、 ひどくなって、立てない事があったけど 、

飲み始めて、半年位で、だいぶ改善した。


☆ 分子栄養学系の体系知らによれば、

☆ 分子栄養学系の体系知らによれば、


健康性を成す、のに、 完全以上な、

代謝ら、を、 成り立たせる、 のに、

完全以上な、 タンパク質ら、と、

ビタミンら、に、 ミネラルら、 を、

飲み食いなどして摂取し続け、

オメガ 6系 、などに比べて、

より、 炎症を成さない、

細胞の膜、などの、 構成材となる、

オメガ 3系 、の、脂肪酸 、の一定質量、

を、 飲み食いなどして摂取し続ける、

事により、

健康性は、 成り立つ 、のであって、

外科手術に類する事や、

薬などにより、 症状らの成る、度合を、 抑え減らす事は、

健康性を成すのに、あるべき、

代謝ら、を、十全に、 成しおおせる、

時間をかせぐべき、

間に合わせに過ぎない。

外科医らは、 傷口らを縫い合わせる、

事は、 できる、

しかし、

その傷口らの細胞たちなどが、

新たに、成り伸び合って、

傷口らをふさぎ、 そこここに、

健康性を成す、に至らしめものは、

自然治癒力の働き、 などとも呼ばれる、

代謝ら、 の、 働きなのだ


It is healthy, but more than perfect,

We make metabolisms, etc, but,

Over than complete, proteins., And,

Vitamins., To Minerals.,

Continue ingesting by drinking and eating,

Compared to Omega 6 series, etc.,

More than inflammation,

Cell membranes, etc., to become components,

Omega 3 series, of, fatty acid, constant mass,

Continue ingesting by drinking and eating,

By thing,

Healthiness is to be established,

Something similar to surgery,

By suppressing and reducing the degree of symptoms by medicine etc.,

To be healthy, should be,

Metabolism, etc, to fully satisfy,

It should take time,

It is just a matter of time.

The surgeons sewed the wounds,

Things can be done,

But,

Cells of the wound and others,

Newly growing, growing,

Close the wounds and there,

It is healthy, the thing that leads to,

It is also called work of natural healing power, etc.,

It is work of metabolism etc

分子栄養学系; 代謝ら、と、 マグネシウム Mg ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗。 報道されぬ❗事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、シナ❗

☆ 健康長寿ネット + ;


☆ マグネシウム Mg 、 とは、


生きてある体な、 生体の内で、


約 50 ~ 60 % 、が、 リン酸塩 、や、


炭酸塩 、として、 骨に沈着しています。




残りの、 約 40 % 、は、 筋肉や、 脳、と、


神経 、 に存在します。




カリウム K 、 に次いで、


細胞の内側の液に、 多くあり、




≒ インスリン、 が、 血の糖、たち、を、


細胞たちの各々へ、 やる、 のに対して、


マグネシウム Mg 、 たちは、


細胞の内側にあって、


その、血の糖、たちを、 細胞の内側へ、


引き取る、 手続き事らも成す 、




が、


細胞外液には、 1 % 未満しか存在しません。




生体内では、 タンパク質から成る、


多くの酵素 コウソ 、 たちを、 活性化して、


生命維持に必要な、


さまざまな代謝に関与しています。




≒ マグネシウム Mg 、 を、 より、


欠く事も、 それだけ、 万病を呼ぶ、


可能的な度合いを積み増す事を意味する。


マグネシウムの吸収と働き1)

 食品として摂取した、 マグネシウムの吸収は、


主に、 『 小腸で行われ 』 、


『 腎臓で排泄されます 』 。




腸管での吸収は、


『 それを欠くと、 若年死を増やす、


ビタミン D 』 、 によって促進され、




過剰な、 カルシウム Ca 、 や、


リン P 、 によって、 抑制されます。




≒ リン酸 、 などが、 たっぷり含まれてある、


コーラ 、 などを、 がんがん飲むと、


マグネシウム Mg 、らの吸収が、 それだけ、


阻害され、 突然死などへの、 余計な、


リスクら、を、 自らへ付け加える事にもなる 。




摂取量が不足すると、


腎臓での、 マグネシウム Mg 、 への、


再吸収が促進されたり、


骨から、 マグネシウムが放出されたりする事で、


マグネシウムの血の中の濃度を一定に保っています。


 


≒ 健康性を成す、 同化か、異化な、 代謝らに、


マグネシウム Mg 、 が、 引っ張りだこであれば、


あるほどに、


体は、 マグネシウム Mg 、 を、 蓄えもし、


そこらから、 引っ張り出そうともする、


という事を思わせる 。




マグネシウム Mg 、は、


代謝らを助ける、 補酵素 ホコウソ 、 として、


または、 活性中心として、


タンパク質から成る、 3百種類以上もの、


酵素 コウソ 、 の働きを助けていています。




エネルギー産生機構に、 深く関わっており、


栄養素の合成・分解過程のほか、に、


日々に、 刻々と、 成されて来てある、


遺伝情報らの発現や、


神経伝達、 など、にも関与しています。




また、 筋肉をちぢこめる、働きもする、


カルシウム Ca 、 と拮抗して、


筋収縮を制御したり、


自らは、 縮む事しかできない、 筋肉、を、


ゆるめたり、


血管を拡張させて、 血圧を下げたり、


血小板の凝集を抑え、


血栓を作りにくくしたりする作用もあります。





☆ マグネシウム 、 が不足した場合には、


不整脈が生じやすくなり、


慢性的に不足すると、


虚血性心疾患、 動脈硬化症 、 など、への、


リスク 、 が高まります。




また、 吐き気、や、


精神障害、 などの症状が現れたり、


テタニー


( 筋肉の痙攣 ) を起こしやすくなったりします。




近年では、 長期的な、 マグネシウムの不足が、


骨粗鬆症、心疾患、糖尿病、高血圧、 などの、


生活習慣病、への、 リスクを高める、


可能性が示唆されており、 今後は、 さらに、


研究が進められることが、 期待されます。


マグネシウムの過剰摂取の影響

 マグネシウムを摂り過ぎた場合は、


過剰分らは、 尿の中に排泄されるので、


通常の食事では、


過剰症になることは、ありません。





☆ 腎臓らを構成する、 タンパク質らと、


その、構成状況ら、を、 十二分に成すのに、


必要な、 代謝ら、の、 一定度合いを欠く事からも、


腎臓ら、が、 おかしく成った場合らにおいては、


高 タンパク 食 + 高 ビタミン 摂取 、 を、


さらに、 欠き続ける事は、


タンパク質らから成る、 腎臓ら、を、


改めて、 より、 粗雑に、 作り置き続ける事をも、


意味し、


腎臓病ら、が、 完治しないままにされる、


事を意味するが、




その、 腎機能が低下している場合には、


高 マグネシウム 血症 、 が生じやすくなり、


血圧の低下、に、 吐き気、や、


心電図異常、 などの症状が現れます。




また、 ダイエットや、 便秘などに、


効果があるといって、 摂取されている、


「 にがり 」


( 主成分は、 塩化マグネシウム ) や、


サプリメント、 など、 通常の食事以外で、


マグネシウム Mg 、 を過剰に摂取すると、


下痢を起こすことがあります。


 マグネシウムは、 精製されていない、 穀類、

野菜などの、 植物性食品に豊富に含まれています。




≒ 精製されてある、 それらを飲み食いなどして、 摂取する事にかたよれば、 かたよるほどに、


マグネシウム 、らを欠いて、


突然死、 などへの、 リスクを高める事になる。




そのほかに、 魚介類、肉類、海藻類、豆類、


などにも、 マグネシウムは、 多く含まれます。