経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

日本の糖尿病学会 2❗。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件❗。 報道されぬ❗事からも、後押しを得て来てある、日本人の数千人以上をすでに監禁中な、シナ❗

☆ Health Express ; 吉田尚弘 医師 ;


「 炭水化物の摂取量を減らすのは、命の危険 」 、という、日本糖尿病学会の食事指導は、本当に正しいのか?

2017.04.06


炭水化物には、たくさんのブドウ糖が含まれているのでは?

 小学校や、中学校の、理科で、 以下のことは、習っているはずです。


① 炭水化物とは、 でんぷんや、砂糖 ( そして、 食物繊維 )の事だ。



② でんぷんをよく噛むと、 唾液腺の、 タンパク質たちから成る、 酵素 コウソ 、 な、 アミラーゼ 、 で、 分解されて、 甘い糖 、 になる。


③ でんぷん、たちは、 最終的には、 ブドウ糖にまで分解されて吸収される。


ブドウ糖は、炭水化物の中にある! 。 少なくとも、 小学校や、中学校では、 そう習ったはずです。


 でも、 それだと、不思議です。 インスリン 、が分泌されてある割には、 血糖値が高くなる、 2型糖尿病の人達が、どうして、60 % 、もの、 炭水化物 、 を食べなければならないのでしょうか? 。


逆に、 炭水化物への摂取量を減らすべきなのではないでしょうか? 。


しかし、 日本糖尿病学会は、 「 炭水化物への摂取量を減らすのは、 命への危険がある 」 、 と、 警鐘を鳴らしています。


● 「 極端な、 炭水化物への制限 『 生命の危険も 』 学会警鐘 」 ( 読売新聞: 2012年 7月27日 )

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120726-00001662-yom-sci

 〈 主食を控える 「 糖質制限食 ( 低炭水化物食 ) 」 、 について、 日本糖尿病学会は、 26日、 「 極端な糖質制限は、 健康被害をもたらす、 危険がある 」、 との見解を示した。(中略) 。


糖質制限食は、 糖尿病への治療や、 ダイエットの目的で、 国内でも、 急速に広まっている。 (中略)。


同学会の門脇孝理事長(東大病院長)は、 読売新聞の取材に対し、 「 炭水化物を、 総摂取カロリーの、 40 % 、 未満に抑える、 極端な糖質制限は、 脂質、や、 タンパク質、への、 過剰な摂取につながることが、多い。


短期的には、 ケトン血症、 や、 脱水、 長期的には、 腎症、 心筋梗塞や、 脳卒中、 発がん、 などへの危険性を高める恐れがある 」 、 と指摘。


「 現在に、 一部で広まっている、 糖質制限は、 糖尿病や、合併症の重症度によっては、 生命の危険さえあり、勧められない 」、 と注意した 〉。


炭水化物への摂取量を、 40 % 、以下にしたら、 命への危険があるみたいです。


糖尿病の人なんかは、 特に危険みたいですね……。 いやいや、おかしいでしょ、理屈に合ってないでしょ?


 小学生の理科の知識で考えたら、


糖尿病の人たちは、 脂質や、タンパク質を、主に食べて、ブドウ糖が含まれている、 でんぷんや砂糖、などの、 炭水化物 ≒ 糖質 + 食物繊維 、 への摂取は、減らすべきじゃないですか?


実際に、 このインタビューや提言が、 報道されてから、 日本糖尿病学会に対する、批判が相次ぎました。


ですが、 2017年の3月末の今になっても、 学会として、 上記の提言を訂正する動きは、見られません。


日本糖尿病学会は、 糖質への制限は、 危険である、という、スタンスを変えていないようです。


 小学生の素朴な考えと、日本糖尿病学会の提言。 どちらが正しい、と、あなたは、思いますか?


<追記>

 日本糖尿病学会としての提言の訂正は、出ていませんが、


門脇理事長は、 最近になって、 糖質への摂取を減らすことに肯定的になって来られました。


今や、まさに、日本の医療は変わろうとしているのかもしれません。




☆ ガン細胞たちは、ブドウ糖だけ、を、 唯一の、主な、栄養分としてあり、


糖質を制限する事を含む、


ビタミン・ケトン療法は、


ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、


ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。




Cancer cells are only glucose,


only, as main, nutrients, including limiting carbohydrates,


vitamin / ketone therapy


can also be used to attack cancer cells as a weapon,


It will reduce the possibility.



タンパク質たち、と、ビタミンら、に、


ミネラルら、を、 完全以上に、


飲み食いなどして、摂取し続ける、


事が、


一部の人々を除いた、


ほとんどの人々の健康性を成し続ける、


代謝ら、を、完全以上に、


成し続ける事に、 必要であり、


これら、を、 より、 欠いてしまう事は、 万病を引き起こす、 可能的な度合ら、を、 より、 余計に、 成す事を意味する。

日本の糖尿病学会❗ 1 。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件❗。 報道されぬ❗事からも、後押しを得て来てある、 日本の主権者であり、 日本の主 アルジ 、である、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ ❗

☆ ガン細胞たちは、ブドウ糖だけ、を、

唯一の、主な、栄養分としてあり、

糖質を制限する事を含む、

ビタミン・ケトン療法は、

ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、

ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。


Cancer cells are only glucose,

only, as main, nutrients, including limiting carbohydrates,

vitamin / ketone therapy

can also be used to attack cancer cells as a weapon,

It will reduce the possibility.

タンパク質たち、と、ビタミンら、に、

ミネラルら、を、 完全以上に、

飲み食いなどして、摂取し続ける、

事が、

一部の人々を除いた、

ほとんどの人々の健康性を成し続ける、

代謝ら、を、完全以上に、

成し続ける事に、 必要であり、


これら、を、 より、 欠いてしまう事は、

万病を引き起こす、 可能的な度合いら、を、

より、 余計に、 成す事を意味する。


 ☆ Health Express ; 吉田尚弘 医師 ;


健康診断で、 「 血糖 ( ブドウ糖 ) 、 が、 基準値からはずれているよ、 病院に行きなさい 」 、 と言われたことがある人は、少なくない、と思います。


 血糖値が、基準から外れてしまう、病の代表的なものに、「糖尿病」があります。


糖尿病とは、 血糖値が高くなることで、 血管が傷んでしまい、 色々な症状らが出る、病気です。


糖尿病が進行すると、 尿にも、ブドウ糖が出て、 なめると甘いので、「 糖尿 」 病、 という、名前がつきました。


糖尿病に限らず、病気と診断されたら、 専門家の意見に耳を傾けるものですね。


では、 糖尿病の場合、 専門家とは、 日本糖尿病学会でしょうか?。


でも、この学会の提言が、 大きく、常識から逸脱していたら……。


 糖尿病には、 血糖値を下げる、ホルモンの、インスリン ≒ 血の糖たち、を、 細胞たちの各々へ、 送り届ける働きようを成すが、 その細胞たちの内側に、 マグネシウム Mg 、 たちがあって、 その血の糖たちを、 細胞の内側へ、引き取る働きようを成す必要がある 、 が、 分泌されない、 「 1型 糖尿病 」、 と、


インスリン 、 の効きが悪くなる、 「 2型 糖尿病 」 、 があります。


≒ これは、 マグネシウム Mg 、 が、 その人たちの体らにおいて、 一定度合い以上で、 不足している事も、 その、2型 糖尿病 、 を成してある事への、 原因な事として、 考えられ得るし、 マグネシウム Mg 、 を、 飲み食いなどして摂取し続ける、 度合いを、 一定以上に、 欠いてしまう事は、 突然死、 などへの原因にも成る 。


・・この内で、 患者数が、 増加の一途をたどっているのが、 2型糖尿病です。


≒ 日本人たちの食生活らにおいても、 他の先進国らのそれらと同じように、 より、 甘く、 より、 ミネラル、らや、 ビタミン、ら、を、 欠くように、 品種改良や、 精製をされる、度合いを増して来てもある、穀物ら、などが、 あてがわれ得て来てある、事も、 それへの原因らの一定度合いである、と、考えられ得る。


 


・・現代の日本人たちでは、 2型糖尿病、または、その予備群と考えられる人は、 成人の、 25 ~ 40 % 、を占める、 と、 考えられています。


この傾向は、 20世紀の後半以降では、 先進諸国では、 同様で、21世紀に入ってからは、 中国やインド、などの、経済成長が著しい国々でも、見られるようになりました。


つまり、 生活が豊かになる程に、 発症率が上がる病気だ、と、考えられています。


糖尿病患者の適切な糖質への摂取量は、 総カロリーの、 60 % ?

 どうして、 血糖値が上がってしまうのでしょうか?。   日本糖尿病学会が、 2013年の、 3月17日に、 以下のような提言を出しています。


●日本糖尿病学会; 「 糖尿病における、 食事療法の現状と課題 」

http://www.jds.or.jp/modules/important/?page=article&storyid=40

 


〈 現在の我が国における、 2型糖尿病の増加は、 インスリンの分泌能の、低下、をきたしやすい、 体質的素因の上に、


内臓脂肪蓄積型肥満による、インスリン抵抗性状態が、加わったことに起因する、ところが、大きい、 と言われている。


その原因は、 戦後に、 我が国における、 生活習慣の変化、と、 身体活動度の低下に加え、 特に、 脂質を中心とする、 栄養らへの摂取のバランスの崩れにある、 と、 考えられている。


2型糖尿病への予防と治療には、生活習慣の是正が第一義的な意味を有する 〉。



 糖尿病への原因は、まず、 インスリンの分泌が、良くない、 などの、 体質、 が、 それへの前提にあり、


そこに、 生活習慣の変化、 とりわけ、 食生活が重要、 なかでも、 脂質への摂取のバランスの乱れが原因である、 という、 考え方です。


したがって、 2型糖尿病の患者さんが、 とるべき、 栄養バランスは、以下のようにするべきだ、 と、 提言しています。


 〈 糖尿病における、 三大栄養素らでの、 推奨摂取比率は、 一般的には、


炭水化物 50 ~ 60 % エネルギー ( 百50 g / 日以上 ) 、 タンパク質 20 % エネルギー以下を目安とし、 残りを、 脂質 、とする 〉 。


 そこでの、 栄養の中心は、 炭水化物 、 であり、


≒ 炭素 C 、 と、 水素 H 、 との、 組み合わせであり、 これから、 食物繊維を除いた物が、 日本では、 糖質、 とされてある物である、 が、 欧米では、 その、 糖質、 を指す、言葉や概念は、 炭水化物 、の、事であり、 日本の糖尿病学会の幹部らは、 糖尿病患者たちへ、 糖質に偏った食生活を成す事をすすめている事になる 、


・・その次が、 タンパク質、で、 残りは、 脂質である、 という考え方です。


あくまでも、 脂質は、 三番目の栄養素であり、 脂質を取りすぎないようにする、ことが、 糖尿病への予防には、 重要だ、 という、考え方です。


 その考え方に従うと、 「 血糖そのものである、 ブドウ糖 ≒ C6 + H12 + O6 、 たちは、 脂質の中に、沢山に含まれていて、 炭水化物の中には、 ほとんど、含まれていない 」 、 という事なのでしょう。



≒ 勿論、 炭水化物は、 欧米では、 糖質そのもの、であり、 食物繊維な部分らも、糖質として、思い扱われてある、度合を成してある。


食物繊維としての、糖質たちは、 消化も吸収もされずに、 腸 ハラワタ 、に住んでいて、 その人の体の代謝らを成すのに必要や、 ビタミンらを作り出しもする、 腸内細菌たち、への、 餌 エサ 、 に成って、 その腸内細菌たちによる、 人体に必要な、 ビタミン、らなどを生産させる、 可能的な度合いらを、より、余計に、成し増す、 その度合いらに応じた、 人々への、 有用性のあり得る、ものら、でもある。

より、炎症を成さずに、 細胞の膜、などを構成する、 オメガ 3 脂肪酸 、は、 不安性も差し止める、 と、 判明 ❗。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致問題❗。 報道されぬ❗事からも、後押しを得て来てある、日本人の数千人以上をすでに監禁中な、シナ❗

☆ 何とか新聞 オンライン;


 秋刀魚 サンマ 、や、 鰯 イワシ 、 などの、 青魚 、に、 多く含まれる、


『 オメガ3 脂肪酸 』 、 をとると、


患者の不安を和らげる効果がある、 と、 国立がん研究センターなどのチームが発表した。


2千18年9月14日付の、 アメリカの医師会雑誌の関連誌に掲載される。


 チームは、 サプリ、 などで、


『 オメガ 3 脂肪酸 』 、 をとった人たち、 と、 とらなかった人達を比べた、


日本を含む、 11カ国の19研究、


計して、 2240人分のデータらを分析した。


うつ病、や、


心的外傷後ストレス障害、


心筋梗塞 ( こうそく )、 などの、 色々な患者らを含んでいる。


その結果にて、 オメガ 3 脂肪酸 、 を、 1日に、 2 グラム 、 以上 、 を、 とった人たちは、 とらなかった人達に比べて、 不安症状が和らいでいた。


  オメガ 3 脂肪酸 、は、


体内で、つくることができない、


必須 脂肪酸 、 らの一つで、


青魚に多い、 DHA ≒ ドコサヘキサエン酸 、や、 EPA ≒ エイコサペンタエン酸 、 など。


2グラムは、 サンマの1・5匹ほどに相当する、 という。


分析した、 国立がん研究センターの、 松岡豊・健康支援研究部長によると、


不安を軽減する、 仕組みは、


わかっていないが、


マウスの研究では、


オメガ 3 脂肪酸 、 たちは、


脳、の、 恐怖をつかさどる部分の働きを抑える、ことが指摘されている。


松岡さんは、


「 今後に、 大規模な臨床試験などで、 詳しく調べ、 患者が抱える不安を、 薬を使わずに、 和らげられるようにしたい 」 、 と話す。


( 土肥修一 記者 )。




☆ オメガ 6 系 の 脂肪酸、 などに比べて、


より、 炎症を成さずに、


細胞の膜 、などを、 構成する、


オメガ 3 系 、の、 脂肪酸 、 に、


上記のような、 不安性を、より、 未然にも、 差し止める、 精神現象を成さしめる作用性がある事は、 それが、 より、 炎症を成さずに、 細胞の膜などを構成する物である事などとの絡みから、 進化の道筋らにおいて、 より、 オメガ 3 系 の 脂肪酸ら、 の方を、 そうではない、 より、 炎症を成さしめる、 可能的な度合いらのある、 脂肪酸、ら、よりも、 好んで、 摂取する、 欲求性らを、 成し、増す、度合いらを成し得た側の、 ヒト類員らの方が、


そうではない、 遺伝的な系統らのヒト類員らなどに比べて、 中長期的には、 より、 自らと、 自らの、 子孫員らとを、 成し永らえ得る、向きへ、 淘汰圧らをかけられて来てある、 という事なども、 意味し得る。




☆ 椿油研究所 ;


脂成分について


☆ 脂肪には、ふたつに分けて、


飽和脂肪酸 、と、 不飽和脂肪酸 、とがあります。



飽和脂肪酸 、は、 常温では、 固体で、 不飽和脂肪酸 、は、 液体です。


飽和脂肪酸 、 を摂りすぎると、


コレステロールを増やし、


不飽和脂肪酸 、 は、 コレステロール 、 を減らす、 働きがあります。


但し、 不飽和脂肪酸 、は、 一価不飽和脂肪酸 、と、 多価不飽和脂肪酸、 との、 2種類にわけられ、 働きようらも、 多少は、 異なってきます。


コレステロール 、を低下させる、 働きが大きいのは、 多価不飽和脂肪酸の方です。



紅花油 、 や、 コーン油 、 などの、 植物油に多く含まれている、 リノール酸、や、リノレン酸、が、 代表的なものです。


しかし、 多価不飽和脂肪酸 、 を摂りすぎると、


( 血の管、 の、 あちこちへ、 脂員 ヤニン ら、 を配って回る、 低分子な )


悪玉 コレステロール 、だけでなく、


( 血の管、の、 あちこちから、 脂員らを回収して、 肝臓へ渡す、 高分子な )


善玉 コレステロール 、まで減らしてしまいます。




多価不飽和脂肪酸の中でも,


リノール酸 、は、 熱に弱く、


加熱すると、 発がん性物質を作り出したり、


アレルギー、への、 原因になりますので、


常温、での、 摂取が好まれます。


それに対して、 一価不飽和脂肪酸の代表である、


オレイン酸 、は、


善玉 コレステロール 、 を減らすことなく、


悪玉 コレステロール 、 を減らしてくれます。


オイレン酸は、


椿油やオリーブ油 、に、 多く含まれています。


また、 一価不飽和脂肪酸は、


多価不飽和脂肪酸に比べて、


( 酸素 サンソ O 、 と結び付いて、 電子強盗になる事である ) 、


酸化 、を、 されにくい、 と、言われています。


オレイン酸は、 特別に、 身体に害を与えることは、 ありません。


但し、 摂りすぎは、 脂ですので、 肥満への原因になります。