経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

三石分子栄養学➕藤川院長; 関節炎 ❗ 、 関節痛 ❗ 。 報道されぬ❗; 事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ 関節痛 ;


三石巌: 全業績ー6、

分子栄養学の健康相談、 より ;


変形性 関節 症 、 には、

ビタミン C 、 E 、

ビタミン B3 、 でもある、

『 ナイアシン 』 。


ーーーー

55歳の主婦、 二、三年前から、

ときどき、 膝が痛みます。

これから、 寒さにむかうと、

夜も眠れないことがあります。

何か、よい方法があったら、教えて下さい。 リューマチ 、 でしょうか。



☆ 三石先生; 私のアドバイス、


 リューマチ 、 といえば、

慢性 関節 リューマチ 、 と、

リューマチ 熱 、 との、

二つ、が、 あります。


あなたのは、 おそらく、

リューマチ 、 ではなく、

老人性の、 変形性 関節 症 、 でしょう。



 関節痛で、 一番に、手ごわいのは、

慢性 関節 リューマチ 、ですが、

この病気だ、 と、 診断されて、

東大の、 物療内科をたずねる患者のうち、

半数以上は、 ほかの病気で、

その大部分は、

変形性 関節 症 、 だそうです。



 慢性 関節 リューマチ 、

つまり、 自己 免疫 病性 、 の、

リューマチ 、 には、

経過のうえでの、 特徴があります。


最初の痛みは、

指や、手首、 の、 関節 、 におきます。


それも、 指の場合なら、

根元か、中ほどの、 関節 、 におきます。


もし、 指先に近い関節が腫れたら、

それは、 慢性 関節 リューマチ 、

ではなく、

変形性 関節 症 、 である、

可能性が、 非常に大きい、

と、 思って、 間違いないそうです。



慢性 関節 リューマチ 、 の特徴は、

多発性 、 つまり、

二つ以上の関節 、に、 おこることです。


それも、 左右対称に、 おこる、

のが、 普通 、 です。


指や、 手首のほかに、

肘 ヒジ 、 とか、 膝とか、

足首とかが、 左右を、

同じように、 やられるわけです。


これに、

「 朝の、 こわばり 」 、 が、加われば、

慢性 関節 リューマチ 、

と、 自己判断をつけて、

ほとんどは、 間違いが、 無い 、

そうです。


 こういった、 特徴的な症状らの、

無い 、 らしい、 あなたの場合は、

慢性 関節 リューマチ 、は、

考えにくい、 と、 思います。

 


変形性 関節 症 、の、 痛みが、

寒いと、 ひどくなるのは、

血行が関係している 、 証拠です。


局所を温めて、 血管を太くすれば、

痛みは、 減ります。


夜は、 血行の改善のために、

ビタミン E 、 を利用するのが、

賢明でしょう。


唾液腺 ホルモン 、の、

『 パロチン 』 、 で、

骨組織を強化するのも、有効なようです。



 変形性 関節 症 、の、 多くは、

膝 、 におきます。


この時には、

膝の関節の骨が、 とがったり、

骨に、 トゲ 、 が、 はえたりしています。


しかし、

それが、 痛み 、 への原因になる、

とは、 かぎりません。



 私も、 じつは、

膝の関節痛の経験があります。


普段は、 何という事もないのですが、

寒風の吹く日に、

スキー・リフトに乗ると、

ちょっとした、 痛みがありました。


それは、 三年ほど前のことで、

今は、 何とも、ありません。

よくなったのは、

ビタミン E 、 を増量したため、

と、 私は、 信じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆ 藤川院長;

E 、で、 血流を改善させると、

関節痛が改善する。


d-αートコフェロール ≒

天然の、 ビタミン E 、 である、

ビタミン E 1 、 を、

8百 IU 程度 。


C 、も、 十分量があれば、

効果があるだろう。


関節症は、 関節炎とは、 異なるのだが、

下記の方法も併用すれば、 良いだろう。


ナイアシン 、もしくは、

ナイアシン・アミド 、 を、 3 g 。


ホッファーの本には、

5百 mg ✖ 3回より、

2百50 mg ✖ 6回 、

の方が、 良い、 と、 書いてあった。


その他では、 B 6

( B50 コンプレックス ) 、

ビタミン A 、 D 3 。


元記事は、 こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1267019563414365


☆ アイユー IU ( 国際単位 ) 

International Unit


☆ ミネラル、や、ビタミン、などの、

微量栄養素 、の、 食品中の含有量は、


普通は、 g グラム 、や、

mg ミリ・グラム 、 で、表すが、


ビタミン A 、 などのように、

似たような分子構造の複数の物質

( ビタミン A グループ ) に、


同様な機能があるなどの場合には、


基準となる、 特定の物質 、 と、

その一定量 ( IU ) 、を、


国際的に決め、

生体内での働きが、 その何倍であるか、

の、 数値によって、 存在量 、 を表す。


ビタミン A 、 の場合は、


ビタミン A アセテート ;

0・000344 mg 、を、 1 IU 、

とする。


1 IU 、 は、


ビタミン A レチノール ;

0・3 μg マイクロ・グラム 。


ビタミン C L-アスコルビン酸 ;

50 μg 。


ビタミン D コレカルシフェロール ;

0・025 μg 。


人工の、 ビタミン E

dl-α- トコフェロール 酢酸 エステル

1 mg ミリ・グラム 。


天然の、 ビタミン E 1

d-α- トコフェロール

0・667 mg 、


と、 定められており、


天然の、 ビタミン E 1 、 の方が、

人工の、 ビタミン E 、 より、

その、 『 電子強盗を差し止める 』、

働き者である度合いが、

5割 、 以上も、 大きい ❗ 。



☆ 関節の所では、

二本の長骨らが、 骨端を向き合わせている。


その骨端の骨細胞のなかにも、

『 リゾゾーム 』 、 は、 ある。


何かの原因で、

その、 リゾゾームの膜が、破れたとしよう。


すると、

リゾゾーム 酵素 コウソ 、 達が、

外に出てくる。


リゾゾーム 酵素 、 たちは、

さまざまな、 酸性 ≒

電子強盗 、 な、 分解酵素 、 である。


ということは、

電子強盗ら、が、 余計に、居る 、

『 酸性 』 、 の環境において、

タンパク質 、 や、 脂質 、に、

糖質 、 を初めとする、

もろもろの物質らを、 それが、分解し、

溶解する、 ことが、 できる、

ということだ。


もし、 細胞の内部が、

酸性化している時に、

リゾゾームの膜が破れれば、

その、 リボゾ-ム達を含む、

細胞は、 もちろんの事として、

その周囲の組織らも、

とけてしまうだろう。


この溶解液が、 つまり、

関節に、 水として、 たまる事になる。


リゾゾーム 酵素 コウソ 、 の作用で、

細胞内、 もしくは、 その周囲にあった、

タンパク質たちが、 ちぎれて、

短い、 アミノ酸、の、 鎖 クサリ 、

を、 作れば、

それが、 「 痛み物質 」 、な、

『 キニン 』 、 になる、

可能性がある。


『 キニン 』 、 は、

アミノ酸、の、 8個、 ないし、

11個、 を、 つないだ、

短い、 くさり状の、 分子 、 である。


この、 『 キニン 』 、 が、

関節痛 、 への原因だろう。


関節痛 、 は、

『 変形性 関節 症 』 、 にも、

『 リウマチ 』 、 にも、

『 慢性 関節 リウマチ 』 、 にも、

ついてまわる。


これを防ぐには、

リゾゾーム膜への保護、と、

キニン 、 への捕捉、

などを考えれば、 よい。



( 全業績-11 

健康ものしり事典 P69 より抜粋 ) 。


☆ 結局、食べちゃいけないのは、

ボクからすれば、 マーガリン 、と、

ショートニング 、 だけだ。


この2つの不飽和脂肪酸らの共通点は、

不飽和のもとになっている、

炭素の二重結合が、

オール・シス型では、ない、

ところにある。


これは、 硬化油の特徴なのだ。


硬化油 、とは、 水素をくっつけて、

液体の油を、 固体にちかづける、

加工をした油のことだ。


「 硬化 」 、は、 その意味なのだ。


二重結合 、 には、 それらが、

炭素らの連なりの片一方の、

同じ側にある、

『 シス型 』 、 と、

その互いの斜め向かい側に、

わかれてある、

『 トランス型 』 、 との、

ふたつ型の、 立体形ら、 がある。


二重結合のすべてが、 シス型ならば、

オール・シス 、 という事だ。


天然の脂肪酸は、 ナタネ油、と、

サバ油 、 以外は、

その全てが、 オール・シス 、 なんだ。


それでないと、

プロスタグランディン 、

への、 原料になれないんだ。



サラダ油にも、

『 硬化油 』 、を 、ふくむ物がある。


ショートニング 、は、

パンだけでなく、

ケーキにも、 スナック菓子にも、

ふくまれている物がある。


これも、 本当に食べちゃいけない。

ボクは、 食わない。



〔 一九〇一年生まれ、

九十二歳 ボクは現役。

( 絶版 ) P206 より 〕 。



☆ 根途記事+論弁群+;


☆ プロスタグランジン 、 は、

人間の体内の、 色々な、 組織や、

器官らに存在する、

ホルモン 、 に似た働きをする物質です。


プロスタグランジン 、 が、

機能を発揮するためには、

特定の 「 受容体 ( レセプター 」 、

と、 結合する、 必要があります。



プロスタグランジン 、には、

いくつかの種類があります。

「 プロスタグラジン E 2

( PGE 2 」 、 には、

おもに、 子宮の収縮に働く 、

「 EP 1 」 、 と、

「 EP 3 」 、


子宮の弛緩に働く 、

「 EP 2 」 、 や、

子宮頸管の熟化に作用する、

「 EP 4 」 、 という、

4種類の受容体らが、 あります。



また、

「 プロスタグラジン F2 α アルファ

( PGF 2 α 」 、 は、

「 FP 」 、 と呼ばれる、

受容体 、 と結びつくことで、

子宮の収縮を引き起こす、

ことが、 わかっています。


女性の体の仕組みとして、

妊娠しなかった場合には、


不要になった、 子宮の内膜が、

はがれ落ちることで、

出血が、起こります。


これが、

「 生理 ( 月経 」 、です。


このときに、

子宮の内膜から、 分泌されるのが、

プロスタグラジン 、です。



プロスタグラジン 、 には、

子宮を収縮させ、

不要になった粘膜を、

血液とともに、 体外に、

スムーズに押し出す、 働きがあります。


プロスタグランジン 、が、

過剰に分泌されると、

子宮が、 強く収縮するために、

下腹部痛などの、

生理痛の要因となります。


また、

プロスタグランジン 、 らの中には、

痛みを強める作用を持つ物もあるので、

頭痛 、 や、 めまい、 に、 だるさ、

が、 現れることも、 あります。


もし、 日常生活に支障をきたすほど、

生理痛が、 ひどい場合には、

「 月経困難症 」 、 と、

診断されることもあるため、

強い痛みに悩まされている人は、

婦人科で、 一度は、

相談してみることをおすすめします。



☆ ビタミン B 群 。 関節炎 、

ビタミン B3 、 と、 ADHD ;


三石巌: 全業績ー6、

分子栄養学の健康相談、 より;



☆ ビタミン B1、 B2、 B6、 B12,

ニコチン酸 ( ナイアシン、 B3 )、

パントテン酸 ( B5 )、

葉酸、 コリン 、 などが、

ビタミン B 群に属します。


制ガン効果をもつ、ビタミンとして、

B 17 、 を上げる人もいますが、

これについての定説は、 まだ、

ないようです。


 ビタミン B1 、から、 B12 、 までは、

腸内の細菌 、たちが作る、

ことになっています。


その量が、 十分でない事は、

たとえば、 ビタミン B1 、 をふくむ、

食物をとらないでいると、

簡単に、 脚気になる事で、

よく、 お分かりでしょう。


脚気は、 ビタミン B1 、

の、 欠乏症らの一つ、 なのです。

細菌たちにより、 大腸の中でできた、

ビタミン 、 たちは、

その大部分が、 大便といっしょに、

排泄されるものだから、

当てには、ならない、 という人がいますが、

それは、 余り、 見当ちがいでは、

ないでしょう。


 ビタミン B群 の登場する場面らは、

色々とあります。

それは、 ガン 、への予防から、

頭の働きにまで、 およぶのです。


ガン 、の方には、

B1、 B2、 B3 、 などが、

重要ですが、


脳細胞たちの活動のためには、

B1、 B2、 B6、 B12 、 と、

総動員の形です。



俗に、頭のよい人というのがいますが、

これは、たまたま、

ビタミン B群

( そして、 ビタミン C ) 、 が、

少量で、 足りるように、

生まれついた人のことだ、と、

私は、 考えます。


そこで、 大量な投与 、 が、

重要な意味をもってくるのです。


 要するに、 私たちは、 積極的に、

ビタミン B群への摂取を考えた方が、

利巧です。


ビタミン B群が、足りないと、 まず、

エネルギーをつくる事に、 苦労します。


生体のエネルギーは、 何も、

手足を動かす為にだけ、

必要なものでは、 ありません。


心臓を動かすのにも、

神経を働かせるにも、 それどころか、

すべての代謝らに、 エネルギーは、

なくては、ならない、ものなのです。


 ビタミン B1 、が、 足りない時でも、

エネルギーを作らない訳には、

いかないので、


そういう時には、

ビタミン B1 、 を、 無しに、

やってしまいます。


すると、 原料の消費量は、 同じでも、

エネルギーの生産量は、

10分の1 、 に落ちてしまいます ❗。


しかも、 ビタミン B1 、がある時ならば、

最終生産物が、 水と二酸化炭素なのに、


これが、無いと、

最終生産物が、 乳酸 、となり、

これが、 凝り、や、 筋肉の疲労 、の、

もとになるので、 まずい訳です。


スキーのような、 激しい運動をする時に、

私が、 ビタミン B1 、の、

50 ~ 百 mg 、 の注射をするのは、

筋肉の疲労を防ぐためです。


 ビタミン B群 、が、 ほしいときに、

天然品は、 無いか、 というと、

筆頭にくるのは、 ビールの酵母 、 です。


 

私のビタミン B群の一日量は、

B1 、 が、 30 ~ 90 mg、

B2 、 が、 45 ~ 百35 mg、

ニコチン酸が、 3百 ~ 5百 mg 、

B6 、 が、 30 ~ 60 mg 、

B12 、 が、 350 ~ 850 ㎍

マイクロ・グラム 、 ということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆ 藤川院長;

ブドウ糖 、である、 グルコース 、 が、

@ 酸素 サンソ 、 を使って、

アデノシン 3 燐酸 、 な、

ATP 、 たちを生産すべく、

ブドウ糖 、 たちを分解した、 物ら、

を、 利用する 、


『 好気性 解糖 』 、 に入るためには、

ビタミン B

( そして、 鉄 ) 、 が必須、

細胞の中に、 複数で、ある、

ミトコンドリア 、 において、

合成される、

アデノシン 3 燐酸 、な、

ATP 、 の、 38個 、や、

二酸化炭素と水に、 完全燃焼。



@ 酸素 サンソ 、 を、 使わない 、


グルコース 、への、

『 嫌気性 解糖 』、は、

B 1 、の不足

( そして、 鉄の不足 ) 、 で生じる。


ATP 、については、 その、2個、を、

不完全に燃焼し、 乳酸 、❗が溜まる。


乳酸の蓄積により、

酸性化、 低体温化となり、

ガン細胞たちを増す事への原因となる。



☆ 精製された糖質への過剰な摂取は、

それらを代謝する事へ、

ビタミン類を大量に浪費し、

ビタミンらの不足をなす ❗。


ガンの治療には、

高 タンパク / 低 糖質 食 、に加え、

大量の 、 B 1、 C 、

ビタミン B 3 、な、 ナイアシン 。


頭を良くするにも、

高 タンパク / 低 糖質 食 、に加え、

大量の、 B 、 C 、 ナイアシン 。


B50 コンプレックス、 C 、

ナイアシン 、 ベンフォチアミン 、の、

組み合わせは、 全ての治療の基本となる。


元記事は、こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1378958245553829


☆ 藤川院長;

ビタミン B 3 、な、 ナイアシン 、は、

@ 細胞の中において、

特定の、遺伝情報らを、

タンパク質ら、の、

特定の形のものら、とする、

手筈な事である、

『 コーディング 』 、 と、

アデノシン 3 燐酸 、な、

ATP 、への合成に 、 関与して、

寿命を延長する ❗ 。


ナイアシンの本、

2回目を読み終わりました。


高脂血症、 統合失調症、 学習障害、

関節炎、 冠動脈疾患、 など、

数多くの疾患を改善させます。


RDA ≒

公に推奨されている用量 、 は、

16 mg 、

安全上限量は、 35 mg 、

と、 されている。


しかし、 健康を維持するためには、

全ての人で、

千6百 ~ 千8百 mg 、 が必要 ❗。


病気を改善させるためには、

それ以上の量が、 必要。


治療量の基本は、

ナイアシン 3 g ➕ ビタミン C 、3 g 。


ナイアシンの作用の最も重要なことは、

生命の維持の根幹に関する点に、

作用すること。


1) DNA → RNA →

タンパク質を合成する、

『 コーディング 』 、 には、

NAD ( ナイアシン ) 、 が必要 ❗ 。


生体では、 必要に応じて、

必要な、タンパク質が合成されるが、

NAD 、が、 不足では、

それが、 できなくなる。


2) NAD 、 は、

紫外線 、 や 、 電離 放射線 、 などに、

破壊された、 DNA 、を修復する。


つまり、 ガン 、への予防にも、重要。


3) NAD 、 は、 好気性解糖

( クエン酸回路 ➕ 電子伝達系 )

、 に、 必要。


NAD 、の不足は、

ATP 、の不足を生じる。


上記の、 1)2)3) 、 が起これば、

どんな病気になっても、 不思議ではない。


ナイアシン 、で、 それを防げば、

病気らを予防できる。

ナイアシンの唯一の副作用は、

「 寿命の延長 」、 ❗。


元記事は、 こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1291622827620705


19、 関節炎 ;


Abram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、より;


1943年、 小麦粉にまだ、

ナイアシン 、 が添加されていなかった、

時代に、 カウフマンは、

関節炎は、 ナイアシン 、 の不足による、

潜在性 ペラグラ 、 により生じる、

と、 述べた。


潜在性 ペラグラ 、 により、

筋力が、障害され、

最大での、 筋力が低下し、

関節の可動域が低下する 。


すなわち、 関節炎には 、

千 mg ✖ 3回の、

ナイアシン・アミドの投与が、

効果を示すことを、 明らかにした。


カウフマンは、

ナイアシン・アミドが有効と述べたが、

ナイアシンも、 同じ程度で、

効果があるはずだ。


長年の、 ナイアシン

( ビタミン B 3 ) 、 の、 不足により、

B 3 依存症となっているために、

治療には、 高用量のナイアシンが必要。


関節炎の、 30 % 、は、

食物 アレルギー 、なので、

このような患者では、

ナイアシン 、 は、 効果が、 無く、

治療には、 除去食が必要。


著者は、 関節炎の症状を、

すみやかに除去する、

ナイアシン 、 の効果に驚いた。


ナイアシン 、に加えて、

B 6 、 A 、 D 3 、

亜鉛 Zn 、も、 有効だ。


リウマチ性 関節炎 、に対しても、

上記のサプリメントらが、有効だ。


様々な栄養素らの欠乏が、

それらな、栄養素らへの依存症を生じ、

関節炎を生じる。



10 % 、の、 関節炎患者では、

ナス科の植物

( じゃがいも 、 トマト、

こしょう、 たばこ ) 、 が、

原因になっている場合があり、

それらを、 やめてみる。


治療、

1) ナイアシン

( ナイアシン・アミド )、

5百 mg 、 で、 開始し、

3千 mg 、 まで、 増量 。


2) ビタミン C 、の、 3 g 。


3) ビタミン B 6 。


4) 亜鉛 Zn 。


5) ビタミン A 、 D 3 。


元記事は、こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1309383245844663


最も象徴的な症例記録~ ADHD

( by Abram Hoffer )

The Orthomolecular Treatment of Chronic Diseaseより ;


1960年に、 アメリカの医者が、

私に電話を掛けてきた。

彼の12歳の息子が入院していると、

泣きながら、話をした。

彼を治す治療法がないので、

もう、 望みが、 無い 、 と、

医師から伝えられた。


そして直ぐに、 彼を、

カリフォルニア州立精神病院へ入院させて、

隔離し、

彼の存在は、 忘れるようにと言われた。


それは当時、 とても一般的な、

医師からのアドバイスだった。


私は、 彼の父親に、

ナイアシン 、 を手に入れて、

それを、 病院に持って行き、

息子の主治医の精神科医と、

ナイアシンの使用について、

話し合うべきだと伝えた。


その話を聞いた精神科医は、怒り出した。


” ナイアシンを使用したことはあるが、

使用すると、 頭がおかしくなる ” 、

と、 激しく非難した。


私は、 50年間を、

ナイアシン 、 を使用しているが、

私の頭は、 おかしくなっていない。


そのために、 父親は、 毎日に、

息子へ面会に行き、 その間は、

ジャム入りのサンドイッチを持参して、

毎日に食べさせた。


ジャムには、 ナイアシンの粉たちを、

タップリと、 塗り込んでいた。


3ヶ月後には、 彼の症状は、

改善したために、 退院して、 家に戻った。


12年生を終えた時には、

彼は、 アメリカの高校生の、

トップ 5%に入る、 優秀な成績だった。


その後に、 彼は、 医学校に入り、

医師の免許を取得し、

精神科研究者になった。

彼は、 ある夏の期間を、

ライナス・ポーリング研究所で、 働いた。


https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1687528888030095

三石分子栄養学➕藤川院長; ビタミン B3 、な、 ナイアシン ❗ 。 マグネシウム Mg 。 脂肪酸ら ❗ 。 報道されない❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ ビタミン B3 、 な、

ナイアシン ( ニコチン酸 ;

Abram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、より ;


ビタミン C 、 は、 C6 H8 O6 。

☆ ナイアシン 、 は、

C6 H5 NO2 ≒

炭素 C 、 が、6個 + 水素 H 、

が、 5個 + 窒素 N 、 が、 一つ

+ 酸素 O 、が、 2個 。


たった14個の原子らで出来ており、

ビタミン C 、 や、 砂糖より、

小さくて、 シンプルな構造。

非常に多彩な効果らを示す。

唯一の副作用は、「 寿命の延長 」 。


ーーーー

5. 血管障害 ;

ナイアシンは、 循環改善、

血流の改善に、 効果があり、

全身循環時間が、 25 % 、 が、

短くなり、

肺循環抵抗や、 末梢循環抵抗を改善させる。

末梢動脈での塞栓症を改善させる。

脳卒中や、冠動脈での疾患を予防する。

透析しか方法がない、

最重度の糖尿病性の腎症が、

ナイアシン 、 の、 3 g 、 にて、

1ヶ月で、 完全に回復した。


6.学習障害、行動障害 ;

上記の症状らは、

潜在性 ペラグラ 、 なので、

ナイアシンで改善する。


7.糖尿病 ;

ナイアシン 、は、 糖尿病による、

血管障害合併症を予防する。

ナイアシンは、 血糖値を安定させ、

インスリン抵抗性を改善させる。

1型糖尿病において、

ナイアシンの投与により、

インスリン必要量を減少させる。


8.アレルギー ;

ナイアシンの投与による、 フラッシュ

( 細胞らの各々からの、 ヒスタミンの放出 )

、 により、 アレルギー症状は、改善する。


☆ ナイアシンの投与は、

アナフィラキシー・ショックを予防する。


食物アレルギーの人には、

ナイアシン + ビタミン C 、 が有効。


☆ ナイアシンの投与にて、

片頭痛患者の、 75 % 、が改善する。


9.多発性硬化症 ( MS ) ;

多発性硬化症をはじめとする、

脳の変性疾患らにおいては、

脳神経らの細胞たちが、 栄養不良で、

飢餓状態となっている。


ビタミン B1 、 ナイアシンの大量投与、 B50、 C 、 E 、

マグネシウム Mg、

亜鉛 Zn 、 で、 改善する。



10. ストレス ;

ナイアシン 、 は、 最も顕著な、

抗 ストレス 因子。


☆ アルコール症には、 B1 、と、

ナイアシン 、 が有効。

うつ病患者たちの中には、

ナイアシンが著効する人がいる。


抗加齢には、 ナイアシンが最も効果がある。

SLE にも、 ナイアシンは効果がある。

-----------------------------


ナイアシン 、は、

体内の、 5百以上の代謝らの酵素ら、

への、 補酵素 ホコウソ 、 である。


多くの病気らは、

ナイアシンの不足により生じているため、

高用量のナイアシンで、改善する。


上記の疾患らには、

高 タンパク / 低 糖質 食 、

プロテイン ≒ 十分な質と量の、

タンパク質ら 、

ビタミン C 、 E 、 B50 、

ナイアシン 、 Mg 、 Zn 、

鉄 Fe 、 を試みるべき。


元記事は、 こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1263190640463924


☆ マグネシウム Mg ;


マグネシウム magnesium: Mg 、 は、

生きてある体、な、 生体、の、

機能らの維持に、不可欠な、

生体内で、 4番目に多い、

ミネラル 、 です。


約 70 % 、が、 骨や歯に、

リン酸 マグネシウム 、 の形で存在し、

カルシウム Ca 、 とともに、

骨などの形成には、 不可欠です。


筋肉には、 その、 約 30 % 、 があり、

血液には、 その、 約 1 % 、が、

含まれてある。


糖質への代謝や、 脂質への代謝、に、

細胞らの各々に、

何百もある、 ミトコンドリアの中での、

エネルギーへの代謝では、

「 エネルギー通貨 」 、 である、

アデノシン 3燐酸 、な、 ATP 、

への、 産生に関わり、

タンパク質や、脂質などの、

生合成、と、

遺伝子への合成などの、

生体内の、 3百以上もの、

酵素 コウソ 反応に関与する、

補助因子として、

重要な役割を担っています。



また、 細胞内の液の中に在る、

マグネシウム・イオン ( Mg 2+ )

、 は、

神経や筋肉の興奮性を抑制し、

神経での信号らの伝達や、

細胞膜の安定性、に

筋の収縮、や、 心拍出、と、

ホルモンの分泌などにも、

重要な働きをもっています。



☆ マグネシウム 、 の適切な摂取には、

メタボリック症候群や、 生活習慣病、に、

ガン、 などの、 リスクを低下させる、

働きのある事が、 知られています。


☆ マグネシウム 、 は、

生体内で、 合成することのできない、

必須ミネラルのひとつ。


海草、ごま、大豆、貝類、魚類、

にがり、穀類、ココア、バナナなどの、

食物に多く含まれています。



☆ マグネシウムが欠乏すると、

貯蔵庫でもある骨から、

マグネシウムが遊離し、 利用されますが、

食物からの摂取量が少ない場合には、

腸管からの吸収率が高まるために、

欠乏が抑制されます。


☆ マグネシウムは、

シュウ酸 ( ほうれん草や、

トマト、ピーマン、ヤマイモ、

青いバナナ 、 などに多く含まれる成分 )

、 や、

フィチン酸

( 小麦、 玄米などの穀物や、

大豆などの、 豆類、 と、 豆腐に多い )

、 によって、 吸収を阻害され、

また、 他のミネラル

( 鉄、 カルシウム、 リン、

亜鉛、 ナトリウム、 カリウム 、 など )

、 の過剰な摂取によっても、

吸収が阻害されます。



☆ マグネシウム 、 の欠乏は、

低カルシウム血症、や、

筋ケイレン 、 などを引き起こす、

と、 されています。


また、 習慣的な、 マグネシウムの欠乏は、

骨粗鬆症、に、 心疾患、や、

糖尿病、に、 高血圧、や、

ガン、 などの、

生活習慣病へのリスクを高める、

と、 考えられています。



一方で、 マグネシウムの摂取量が、

カルシウムの摂取量を大きく下回る場合の、

生活習慣病リスクとの関連も、

指摘されています。



☆ 平成23年 国民健康

・栄養調査 ( 厚生労働省 ) 、 によると、


20歳以上の日本人の男女における、

マグネシウム 、への摂取量は、

2010年 日本人の食事摂取基準 ( 同 )、 に定められている推奨量を、

約 10% ~ 40% 、 を下回っており、


女性より、 男性、 また、

20歳代 ~ 40歳代で、

摂取の不足の、 高い傾向が見られます。



このような、摂取量の不足は、

穀類や海藻類などの、

マグネシウムの豊富な食物への、

摂取の不足が、 原因 、

と、 考えられますが、


塩分の多い食事 =

過剰な、 ナトリウムへの摂取 、

などによる、

マグネシウム 、 の吸収での阻害も、

マグネシウム 、 の欠乏に関与するために、

注意が、必要です。


また、 汗からも、

マグネシウム 、 を損失するので、

発汗量の多い場合では、

不足に気をつけなければなりません。



☆ 運動量の激しいスポーツをした時に、

消費される、 ミネラル

( マグネシウム ) 、 と、

アスリートとの関係について、

トライアスロンの専門誌

「 Triathlon LUMINA 」 の、

誌面/ホームページにて、

持久系アスリート・ライフと、

「 マグネシウム 」 、 が、 詳しく、

紹介されています。

ご参考にしてください。


持久系アスリートライフと

「マグネシウム」 外部サイト:Triathlon LUMINA.com

☆ 参考資料 ;


「Triathlon LUMINA」より、

アスリートとマグネシウムについて、

詳しく解説した小冊子;

「MgBOOK」、が、配布されています。



☆ 食卓に上る、 「塩」の変遷と、

日本人のマグネシウムでの不足 ;


日本人の、 マグネシウムでの不足、

への、 理由らのひとつとして、

食卓で使われる、 「塩」の変化を、

挙げる向きもある。


かつての日本では、

マグネシウムをはじめ、

多くの微量ミネラルを含む、

粗塩 、 が使われており、

塩とともに、 マグネシウムを摂る、

文化があったが、

1972年 ( 昭和 47年 ) 、 に、

塩田法が廃止されて以来、

精製塩 ( 食塩 =

塩化 ナトリウム 99 % 以上 ) 、

が、 一般家庭に普及した。


1997年 ( 平成 9年 ) 、 には、

塩の専売法が廃止されたが、

一般的には、 依然として、

食塩が定着している。


食生活の欧米化に加え、

これが、 日本人の、

マグネシウムでの不足を加速させる、

一因になった、 とも、言われている。



☆ 参考文献 ;

『マグネシウム 知って納得!! 

健康長寿のために』

(2014年、MAG21研究会発行)

マグネシウム啓発サイト「MAG21研究会」



☆ アルコール症への治療 ( その1


The Orthomolecular Treatment of Chronic Diseaseより


砂糖を主とする精製糖質の過剰摂取、

→機能性低血糖、

→甘い物への渇望、アルコールへの渇望。

つまり、 質的な栄養失調が、

アルコール症 、 を引き起こす。


アルコール症では、 タンパク不足、

ビタミン不足、 ミネラル不足となる。


☆ 特に不足するものは、

B1 、 ナイアシン、 B6 、

葉酸、 B12 、 亜鉛 Zn 、

マグネシウム Mg 。


タンパク質での不足による、

Lー トリプトファン 、 の不足により、

うつ状態

( セロトニンの不足 ) 、や、

不眠 ( メラトニン不足 ) 、 を生じる。



☆ アルコールにより、

肝障害を生じると、 脂溶性 ビタミン

( A 、 D 、 E ) 、 を、

肝臓内に貯蔵できなくなり、 枯渇する。


アルコールにより、 すい臓の障害 ≒

膵障害 、 を生じると、

膵臓 スイゾウ 、 で働く、

タンパク質から成る、

酵素 コウソ

( タンパク消化酵素 ) 、 の、

分泌での、 障害を生じ、

タンパク質たちの消化吸収に、

障害を生じる。



☆ ロジャー・ウイリアムズ、

ホッファー、 ポーリング、

キャメロンによる、 治療プロトコール ;


高 タンパク / 低 糖質 食 、

特に、 精製糖質は、 完全に除去、


ビタミン C 、を、 8 ~ 12 g


ナイアシン 、を、 2 ~ 4 g 、

B100 、 という商品 、 を、

2 ~ 3 、

ビタミン E ( d-α ) 、


高濃度マルチビタミン / マルチミネラル、

L-グルタミン、 2千 ~ 3千 mg 、


カルシウム Ca / マグネシウム Mg 、

B1 、 5百 ~ 千5百 mg 、


6週間の治療により、

アルコールへの渇望が、 なくなる。

6週 ~ 3ヶ月で、

アルコールから離脱出来る。


高濃度マルチビタミン / マルチミネラル 、

は、 前山さん推奨のこれが良いと思う。

https://jp.iherb.com/pr/Life-Extension-Two-Per-Day-Capsules-60-Capsules/80055

元記事は、 こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1622978031151848


「 ニコチン酸

( ナイアシン ≒ ビタミン B3 )

、 の不足で、 どうなるか 」 ;


 ニコチン酸は、 そのままの形で、

食品からとれるが、

タンパク質を構成する、

アミノ酸の1つな、

トリプトファン 、 から、

自前で、 作る事ができる。


 したがって、

タンパク質を十分にとっていれば、

ニコチン酸の不足は、ないはずだ。


 ただし、 トリプトファンから、

ニコチン酸をつくる代謝には、

ビタミン B2・B6 、 が、

なければ、 ならない。


 代謝 、 という名の化学反応には、

タンパク質から成る、 酵素 コウソ 、

が、 なくては、ならず、

多くの酵素が、 補酵素を要求する。


その補酵素として、

特に多くの代謝に登場するのが、

ニコチン酸 、 である。


 ニコチン酸の不足は、 結局は、

低タンパク食からおこる訳だが、

これからくる症状は、

食欲の不振に始まり、 ついで、

吐き気や、腹痛となる。


 このときに、 下痢と便秘が、

交互にやってくる。


 ひどいと、 下痢が、とまらなくなり、

歯肉炎がおき、

舌が赤くはれて、 ついには、 割れる。


 口角炎や、 胃炎もおこる。

大腸潰瘍の危険もある。

手や腕の皮膚が、 うろこ状に、はがれる。



  ☆ ニコチン酸の不足は、

神経症への原因にもなる。


頭痛、健忘症、錯覚、いらいら、

不眠、不安感、めまい、 などが、おこる。



☆  1mgのニコチン酸を作るのに、

60mg もの、 トリプトファン 、 がいる。


トリプトファン 、 は、

動物性 タンパク質 、 に多い。


  統合失調症 、 が、

ニコチン酸の大量な投与で、

なおる事がある。

 この病気も、

ニコチン酸の不足と関係のあるケースがある。


【 三石巌 全業績 11 健康ものしり事典 

P189 より抜粋 】

元記事は、こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1622442171205434

@ ネット記事+論弁群;


☆ 細胞膜 、での、 必須 脂肪酸 ;


すべての細胞は、細胞膜で覆われており、

その細胞膜を構成しているのが、

リン脂質 、 と言う物質で、

この、 リン脂質は、 主に、

必須脂肪酸から出来ている。


リン脂質は、3つの脂肪酸が結合している、

トリ・グリセライド ≒

三重脂員 ミエヤニン 、 と違い、

1つの脂肪酸 、 が、

1つの、 セリン 、や、

コリンの様な、

リン 、 を含む分子 、 と結合している。



☆ 細胞膜の中に有る、

ほとんどの、 リン脂質 、は、

ジ・グリセライド ≒

二重脂員 、 に、

リン酸塩がくっつく事で、 作られる。



☆ リン脂質 、 は、

細胞膜を正常に保ち、

細胞膜の透過性

( 細胞膜を通って、 物質が出入りする事 )

、 を維持するのが、 主な役割である。


☆ レシチン 、や、

ホスファチジル・コリン 、 のような、

リン脂質を食べたら、

細胞膜に取り込まれるかと言うと、

そのまま、 細胞膜に取り込まれる、

ことは、 無い 。


@ が、

オメガ 3 脂肪酸 、 は、

オメガ 3 、 な、 ままで、

細胞膜を構成させられるし、

オメガ 6 脂肪酸 、 は、

オメガ 6 、 な、、 ままで、

そうさせられる。



・・食べた、 リン脂質 、 は、

すぐ、 グリセロール 、と、

遊離の脂肪酸、や、 リン酸塩 、

に、 分解されて、

我々の細胞膜に合った、

リン脂質に再合成されて、 利用される。


飽和 脂肪酸 、や、

トランス型の脂肪酸、と、

必須脂肪酸 、 更に、 オメガ 3 油や、

オメガ 6 油 、 からなる、

リン脂質 、 は、 すべてが、

構造が、 違っている。


構造が違うために、

各リン脂質での透過性が、 違ってくる。


各細胞が、

その最適な機能を維持するために、

必要な、 脂肪酸の種類と量が、

決められていて、

各細胞は、

必要な脂肪酸を選択的に取り込むよう、

プログラムされている。


しかし、 平均的な現代人は、

必須脂肪酸、 特に、

オメガ 3 油 、 の摂取量が、

不足しているし、


飽和 脂肪酸 、 や、

トランス型の脂肪酸 、 を、

多く食べているために、

各細胞は、

自身に必要な脂肪酸を取り込めないで、

必要ではない、

脂肪酸を取り込まざるを得ないような、

状態になっている。


必要でない、脂肪酸からなる、 細胞膜は、

正常に機能しなくなる。

即ち、 細胞膜の透過性が、低下する。



☆ 飽和脂肪酸や、

動物性脂肪酸 ( アラキドン酸 ) 、に、

コレステロール 、 や、

トランス型の脂肪酸 、を、

多く含む食事をしていて、

必須 脂肪酸 、 の摂取が、

不足していると、

細胞膜での、脂肪酸たちの組成が変化し、

細胞を出入りする、

特定の物質らの通過を調節したり、

細胞を保護している、

細胞膜の機能らが、 正常に働かなくなり、

その細胞は、自身を維持できなくなる。


細胞膜の構造や機能が乱されると、

恒常性が、損なわれる。



☆ 恒常性とは、

細胞の内部環境を落ち着いた、

一定の状態に保つことである。


それは、 人の体は、

無数の細胞たちから出来ているから、

大きく見れば、

人の体の全体を一定に保つ事につながる。


言い換えれば、

細胞膜の構造と機能が正常でなくなる、

ことは、

体全体の細胞が、 正常でなくなる事になる。


☆ 細胞膜の変質と病気 ;


近代病理学によれば、

細胞膜の変質が、

細胞を傷つけ、 死に至らしめる、

主要因である、 と、 考えられている。


健康な細胞膜、を、 無くして、

細胞は、 水分や、

生命維持のための栄養物、に、

電解質を保持する能力 、を、 失ってしまう。


又、 他の細胞との情報交換能力の低下や、

ホルモンらの分泌量を調節する、

能力の低下により、

全体の細胞たちを正常に保つ、

能力を失ってしまう。


☆ 細胞膜の働きは、単純ではない。

例えば、 インシュリン 、

と言う、 ホルモン 、 と、

細胞膜の透過性について見てみると、


インシュリン 、 は、 血糖を、

細胞に取り込むことを促進する、

ホルモンである。


もし、 インシュリンが不足したり、

細胞が、 インシュリンに反応しなくなると、

血糖値は、上昇して、

糖尿病 、 と言われる、 状態を成す。


@ マグネシウム Mg 、は、

インシュリン 、 が、 細胞たちの各々へ、

血の糖たちをやる場合に、

細胞たちの各々の内側に居て、

その血の糖たちを引き入れる 、

働きも成して来てあるので、


マグネシウム Mg 、 が、

その体に足りない状況を成す事も、

糖尿病などに類する状態を、

その体に成す事への、

あり得る、原因として、 ある 。



☆ 老化 、 とは、

電子強盗、な、 フリーラジカル ≒

遊離基 、 の、 害により、

細胞膜が弱ることで、

その弱った細胞膜を再生するのが、

必須 脂肪酸 、である。


☆ 必須脂肪酸が必要な、

もう一つのの理由 ;


それは、 必須 脂肪酸 、 が、

体内で、 プロスタグランジン 、

と呼ばれている、 ホルモン様の、

体内調節物質に変換されるからである。


プロスタグランジン 、 は、

次の様な重要な働きをしている。


*ホルモンの合成を調節する。


*血流を調節する。


*炎症を鎮める。


*免疫反応を仲介する


*必要な細胞に、 ホルモンを運搬する。


*細胞分裂の割合を調節する。


*細胞に出入りする物質の流れを調節する。


*赤血球から、 酸素を、

各組織に移すのに必要である。


*腎臓で、体液を調節する。


*血栓の発生を防ぐ。


*アレルギー反応を抑える。


*神経の伝達を正常化する。

などの、 多くの作用をする。

三石分子栄養学➕藤川院長; 子宝 ビタミン E1 、 と、 更年期障害 、や、 冷え性 ❗ 。 報道されぬ❗; 日本人の数千人以上を既に監禁中な、シナ❗ 。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ 子宝 ビタミン E 1 、 と、

更年期障害 、 や、 冷え性 ;


☆ 三石巌氏の創設した、 メグビー社 ;


☆ 三石巌氏の書籍で、

現在は、 絶版して、 読むことができない、

物の中から、 ご紹介 。


☆ 更年期障害は、 なぜ、 おこるか ;



 頭が重い、 手足が冷える、 腰が痛い、

心臓が、どきどきする、

息切れがする、 疲れやすい、

湿疹が出る、 眠れない、

便秘が、 ひどい、 などの、 症状を、

中年女性が訴えれば、

医師は、 「 更年期 障害 」 、だ、

と、 いうだろう。


鉛中毒にも、 この類の、

「 不定愁訴 」 、 が、 つきまとうので、

患者が、 女性であれば、

鉛の専門医以外は、 年齢にかかわらず、

これを、 更年期障害 、 と判断する。

 

不定愁訴の内容となっている症状らは、

自律神経の失調を思わせる。


そこで、 安定剤の投与が、

定石にならざるをえない。

結局は、 安定剤の副作用までが、

不定愁訴のなかみに加わってくる。

 

ところで、 更年期障害の人の血液の、

ビタミン E 、 の濃度を調べてみると、

それが、 格段に、落ちている。


この事実は、 更年期とよばれる時期に、

ビタミン E 、 の消費が増える、

ことを物語る。



ビタミン E 1、 が 、

多くのホルモンらの合成に、

不可欠な、 助酵素 ジョコウソ ≒

補因子 、 である 、

ことを考えると、


更年期の女性の体内で、

男性ホルモンか、 女性ホルモンか、

あるいは、 コルチゾール 、 か、

何かの大量生産か、 浪費か、 の、

あることが、 推察される。



そして、 ビタミン E 1、 の、

大量な投与で、

不定愁訴は、 霧消するのである。


〔 三石巌全業績−11  健康ものしり事典

( 絶版 ) P66より抜粋 〕 。



☆ 冷え性 ;


「 高タンパク食の不足は、 全身に悪影響 」 ;


 手足が冷える、腰が冷える、

という、感覚が、 異常に強ければ、

これは、 冷え性 、

と、 いわざるをえない。


 女性の場合は、

冷え性が、

更年期障害らの一つの現れ 、 である、

ことが、 多い。


 体内の熱が、 血潮らの循環によって、

運ばれている、 ことから、考えれば、

冷え性の背景に、

血行での障害を想定するのが、

自然であろう。


したがって、

冷え性をなおす方法は、

血行の改善を促進する、

方法と、一致する。


 血行の改善をはかるためには、

末梢 血管 、を太くする事、と、

血液の粘る度合いを下げる事、 との、

二つの条件らが、満たされれば、足りる。



末梢の血管らへの拡張剤は、

色々とあるが、

何よりも、 無難なのは 、

『 ビタミン B3 』 、 でもある

『 ニコチン酸 』、だ。


これは、 ビタミンBの仲間だが、

アミノ酸な、 トリプトファン 、から、

体内で、作られる。


ただし、

この代謝は、 ビタミン B2 、

ビタミン B6 、

を、 助酵素 ジョ コウソ 、 として、

要求する。


 したがって、

ニコチン酸の服用も、よし、

良質 タンパク 、と、

ビタミン B2・B6 、の摂取も、よし、

ということになる。


 血液の粘度が、 それのふくむ、

不飽和な、 脂肪酸 、の、 自動酸化

≒ 酸素 サンソ 、 と結びつく、

燃焼である、現象、な、 事柄をなす事 、

によって、

上昇する 、

という、 事実がある、

ことからすれば、

電子強盗な、物の働きよう、や、

電子強盗にする、物の働きよう、に、

それらの連鎖ら、 など、 でもある、

『 酸化 』 、を、 差し止める 、


『 抗酸化 』 、の作用をもつ、 物質は、

血液の粘る度合いを下げる事になる。



 そこに、 冷え性 、 への治療に、

ビタミン E 1 、が使われる、 べき、

理由があるのだ。



【 三石巌; 全業績-11 

健康ものしり事典 P70より、抜粋 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆ 藤川院長;

手足の冷えには、

プロテイン + ビタミン B3 、な、

ナイアシン + ビタミン E 1 。


効果が、無ければ、

効果が出るまで、 量を増やす。


ビタミン E1

( d-α トコフェロール ) 、 の、

2千 ~ 3千 IU 、

で、 霜焼けにならなくなった、

という話を聞いた。


元記事は、こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1563355163780802


☆ 血行をよくする、

子宝 ビタミン E1 ;


☆ 病人は、なぜ、 寝かせるべきか ;

 

この問題は、 すべての病人にとって、

血行をよくすることが、 有利だ、

という、 原則から説明される。


横臥の体位は、

血行の改善のためには、

一番に、よいのだ。


 ここに、 おもちゃ、 の、 ポンプがあった、

としよう。

その、 ポンプ 、 には、

水の出口と入口とがついているが、

この二つの口は、

三メートルほどの長さの、

細い管でつないである。


動源力は、 乾電池で動く、

モーターだとしよう。


そのモーターの力で、

ポンプは、

このゴム管のなかの水を、

ぐるぐると、 循環させることになる。


 ゴム管は、 輪になっている訳だが、

これの一ヵ所を持って、高くあげる。



すると、 水は、

一・五メートルほどの高さまで、

のぼらなければならない。


管は、 細いから、

おもちゃのポンプは、 苦労するだろう。


そこで、 今度は、

ゴム管を、 床の上におろす。


すると、 水は、

高く上る必要が、 無いから、

ポンプは、 楽だ。


何かの方法で、

水の流量を比べてみたら、

後者は、 前者の2倍、や、

3倍になっている、

ことが、 分かるだろう。



 人間の場合においては、

ゴム管の一部を持ち上げたのは、

立位に相当し、

床の上においたのは、

横臥位に相当する。


寝ていれば、 心臓は、 楽になって、

血液の流量は、 立位の3倍程にもなる。