経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

三石分子栄養学➕藤川院長; 覚醒 、 代謝 、 剣豪 ビタミン C 、 腸 耐性 用量 ❗。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら ❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ ❗

☆ 三石巌氏の創設した、 メグビー社 ;


三石巌氏の書籍で、現在は、絶版して、読むことができない物の中から、その内容を、少しずつですが、皆様にご紹介。



覚醒レベルとは何か ;




 われわれ人間の脳は、 傘の開ききれない、 キノコの形に似ている。




傘は、 大脳であり、 軸は、 脳幹だ。




脳幹の中心部を貫いて、「網様体」がある。



この部分は、 神経が網の目のように、


入り組んであるもので、


イソギンチャク、 などの、 下等動物の、


神経系の遺物とみなされる。




イソギンチャクの体のどこかに、


遺物が接触すれば、


すべての触手らが動きだすが、


網様体の動きは、 このようなものだ。




全身の知覚神経は、 脳幹へ入るが、


そこで、 網様体に側枝を出している。




感覚器に、 刺激が加われば、


その情報は、 側枝から網様体に入って、


これが、 興奮する。


これが、 「 網様体賦活系 」 、 だ。



網様体の下部は、


「 網様体抑制系 」 、 となっている。




網様体賦活系の活動は、 抑制系によって、


適当に制御され、 大脳活動を誘発する。



網様体賦活系は、 交感神経系から出て来る、


ノルアドレナリン 、 によって賦活され、


網様体抑制系 、 は、


セロトニン 、 によって抑制される。




網様体の賦活のレベルが高ければ、


「 覚醒レベル 」 、 が高く、頭がさえる。




これが低ければ、 覚醒レベルが低く、


睡眠が導かれる。


覚醒レベルを高める、 化学物質には、


カフェイン 、 ニコチン 、 などがある。





☆ 眠りようにも、 意識らのありようらにも、 それを支える、 代謝ら、が、あり、


代謝ら、を、成すのに要りような、


タンパク質ら、や、 ビタミンら、がある。






☆ ガン細胞たちは、 ブドウ糖だけ、 を、 唯一の、主な、栄養分としてあり、


糖質を制限する事を含む、


ビタミン・ケトン療法は、


ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、


ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。




Cancer cells are only glucose,


only, as main, nutrients,


including limiting carbohydrates, vitamin / ketone therapy can also be used to starve cancer cells ,


It will reduce the possibility.




タンパク質たち、と、 ビタミンら、に、 ミネラルら、 を、 完全以上に、 飲み食いなどして、 摂取し続ける、 事が、


一部の人々を除いた、


ほとんどの人々の健康性を成し続ける、


代謝ら、を、


完全以上に、 成し続ける事に、 必要であり、


これら、を、 より、 欠いてしまう事は、 万病を引き起こす、 可能的な度合ら、を、 より、 余計に、 成す事を意味する。






☆ 藤川院長 ;




ウイルスの本体を断ち切りもする、


剣豪 ビタミン C 、 の、 腸耐性用量




Helen Saul Case:Orthomolecular Nutrition for Everyone: Megavitamins and Your Best Health Ever、より


昨年ノートにまとめた内容を再掲、加筆




Cの腸耐性用量 ( bowel tolerance doses ) 、 とは、 最大吸収量。


つまり、 お腹を下さない最大量。


このものは、


1)個体差が大きい、


2)状態によって変動する ( 体調の悪化時には、 用量が急増する )。




状態 1日の、 Cの量 ( g ) 服用回数




健常時   4 ~ 15 グラム   4 ~ 6 回


風邪 ( 軽度 )   30 ~ 60 6 ~ 10


風邪 ( 重度 )   60 ~ 百 以上  8 ~ 15




インフルエンザ  百 ~ 百50 8 ~ 20


単核球症  百50 ~ 2百 以上 12 ~ 25




ウイルス肺炎 百 ~ 2百 以上 12 ~ 25


花粉症、喘息  15 ~ 50 4 ~ 8




環境、食品アレルギー 0・5 ~ 50 4 ~ 8




火傷、外傷、手術 25 ~ 百50 6 ~ 20




不安、興奮、ストレス 15 ~ 25 4 ~ 6




ガン 15 ~ 百 グラム   4 ~ 15 回




強直性脊椎炎 15 ~ 百   4 ~ 15


ライター症候群 15 ~ 60 4 ~ 10


急性前部ブドウ膜炎 30 ~ 百 4 ~ 15




リウマチ性関節炎 15 ~ 百 4 ~ 15




細菌感染症 30 ~ 2百 以上 10 ~ 25




ウイルス性肝炎 30 ~ 百 6 ~ 15


カンジダ症 15 ~ 2百 以上 6 ~ 25


ーーーーーーーーーーーーーーーー


自分 ≒ 藤川院長 、 の、腸耐性用量は、 10 ~ 13 g 、 程度だった。


現在、 3時間毎に、 2 g 、で、


8 ~ 10 g 、 を服用している。


風邪の引き始めには、15分毎に、


1 ~ 2 g 。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


H30.10追加、


1年前は、 C 、を、 10 g 位を飲めていたが、最近は、 6g 程度しか飲めなくなった。



血中の、C、の濃度の半減期は、 17日程。




血中 C 濃度が上昇し、 余り、飲めなくなったのだろう。


もし、 風邪を引いたら、 リポゾーム C 、も併用して、メガ盛り。


それに加え、


C 30 g + B 100 + グルタチオン 2千 mg 、 の点滴。




ガン患者の大多数で、 血中 C 濃度が、正常値より低く、 C 濃度が、 ゼロの人が、 1/3 ≒ 3分の一 。




健常時の自らの腸耐性用量を把握し、普段は、 その、2/3程を継続することが重要。




15 ~ 25 g 、を飲んでも平気な人もいる。




そういう人は、 C 不足なので、 ガンになりやすい体質だろう。


逆に、 3 g 位をしか飲めない人は、 ガンになりにくい体質だろう。




https://www.facebook.com/100003189999578/posts/1880100338772948/

ビタミン・ケトン療法、の、 水野副院長; インスリン ❗。 解放を急ぐべき、シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ ❗

☆ 水野副院長 ;



インスリンの3大慢性リスクについて、


は、 世界で初めて、 私が、 神戸講演の時


( 2016年 7月3日 ) 、から言い始めた。



神戸講演、糖質


インスリンの急性リスクは、 誰でも知っています。


低血糖です。


インスリンは、血糖値を下げるホルモンです。


このため、 効きすぎると、 低血糖になって、 危ないよ、 という事です。






≒ インスリン、 が、 血の糖たちを、 細胞の各々へ、送り届け、


細胞の中にある、 マグネシウム Mg 、 が、 その血の糖、 を、 細胞の内側へ、


引き入れる働きをする、 ので、


マグネシウム Mg 、 を不足させると、


血の糖たちが、 細胞らへ入れる度合いら、が、 減り、 血糖値が、 より、 下がらない、


インスリン 抵抗性 、 の、 度合いらを、


より、余計に成す事になる。



では、 インスリンの、


「慢性リスク」

というのは、皆さん、ご存知でしょうか?

これは、 あまり、知られていません。


インスリンの3大慢性リスクは、


肥満

認知症


です。


肥満は、 直接的な、 インスリンの作用によります。

インスリン 、 には、 栄養を蓄える働きがあります。

ですので、 食べ物を、 脂肪 、 に変え、 肥満細胞に蓄えます。

そして、 太ります。


アルツハイマー型認知症への、リスクの1つが、


インスリンだ、 といいうのは、 ご存知の方もいるか、 と思います。



アルツハイマー型認知症は


脳に毒性をもつ、 タンパク質から成る、 「アミロイドβ」が


脳に、 蓄積する、 ことで起きます。



その、アミロイドβと、インスリンは、同じ、


タンパク質から成る、


「 インスリン 分解 酵素 」


で、分解されます。



つまり、 インスリン 、が多いと、 神経に毒性をもつ、 アミロイド β 、 というものを、 分解しづらくなります。

アミロイドβ 、が、 脳にたまることで

脳細胞が死に、 脳が縮んでいきます。



糖尿病 、 というだけで、 アルツハイマー型認知症への、 リスクは、 2倍


インスリンの自己注射をしていると4倍というデータがあります。


癌については、意外に思う人が

いるかと思います。


インスリンが体内に多いと

肝臓癌、膵臓癌、大腸癌、乳癌、子宮内膜癌、膀胱癌、前立腺癌

などの、 癌へのリスクが増える事が、分かっています。


これは、 インスリン 、に、 細胞を増やす働きがあるからです。


あとは、 3大慢性リスクではありませんが、


眼底出血(糖尿病性網膜症)


糖尿病性腎症


も、インスリンとの関与が考えられています。



インスリンで眼底出血?!


糖尿病で怖いのは、血糖値よりも、 むしろ、 合併症です。

目が見えなくなる

人工透析になる。

患者さんが恐れるのは、そちらの方です。


合併症への予防、 という点では

インスリンを抑える事が、非常に大切になってきます。


インスリンには、 リスクがあります。

急性リスクと

慢性リスクです。


そうしたリスクらを避けるためにも

インスリンは

なるべく少ない方が良いのです。


つまり、 これからの治療は、


糖質をオフして、 そもそも、 血糖値を上げない。



そして、薬も、インスリンも、オフして、 インスリンによる、 急性リスクと慢性リスクを避ける。



これが、 これからの糖尿病への治療です。


以上、インスリンの3大慢性リスク、でした。




☆ ガン細胞たちは、 ブドウ糖だけ、 を、 唯一の、主な、栄養分としてあり、 糖質を制限する事を含む、 ビタミン・ケトン療法は、 ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、 ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。


Cancer cells are only glucose,

only, as main, nutrients, including limiting carbohydrates, vitamin / ketone therapy can also be used to starve cancer cells , It will reduce the possibility.


タンパク質たち、と、 ビタミンら、に、 ミネラルら、 を、 完全以上に、 飲み食いなどして、摂取し続ける、 事が、

一部の人々を除いた、 ほとんどの人々の健康性を成し続ける、

代謝ら、を、

完全以上に、 成し続ける事に、 必要であり、

これら、を、 より、 欠いてしまう事は、 万病を引き起こす、 可能的な度合ら、を、 より、 余計に、 成す事を意味する。

酒に糖 代謝を推すは 微汰 B1 欠けて、万病 湧く、乳酸ら ❗。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ ❗

チアミン 、と呼ばれる、 ビタミン B1


三石巌:全業績-15、 DNA、と、メガビタミン、より


  ビタミン B1 、 の生理作用の第一は、

エネルギーへの代謝におかれるだろう。


生体のエネルギーは、 筋肉を動かすために必要であるばかりでなく、

すべての代謝らにとって、 必要なのだ。


ビタミン B1 、は、 ある意味において、

生命をにぎっている。

ビタミン B1 、は、 すべての細胞たちの各々の内側に、 千程もある、 ミトコンドリアで、 働いているのだ。


 ワールブルク氏の、 ビタミン B1 、に関する考え方は、 そのエネルギーへの代謝にかかわってくるが、

結局は、 ビタミン B2 、や、 ニコチン酸

( ナイアシン 、 B3 ) 、 とともに、

抗がん作用をもつ、 ビタミン 、として位置づける、

ことになる。


  ビタミン B1 、の作用は、

クレプス・サイクル ( クエン酸 回路 ) 、

中心のものばかりではない。


その例として、 おもしろいのは、 第二次大戦中に、

シンガポールのチャンギ収容所におしこめられた、

イギリスやオーストラリアの将校にみられた現象である。


ここで、栄養と健康管理とを担当した、

クルクシャンク・ブルゲスの二人の医師の、

詳細な報告がのこっている。 


チャンギ収容所では、 数千人の脚気患者がでた。


そのうちの、 インテリな、 4百名を選んで、

3年間の追跡調査をしたのであった。

対象者の大部分は、

一日に、 8 ~ 12 時間の重労働をやらされていた。


食事は、 白米のかゆが、主であった。


患者たちには、 イライラ、 居眠り、 物忘れ、

他人の足を引っ張る、 などがみられた。


この現象は、「 チャンギメモリー 」 、

と、 よばれるようになった。

これは、 エンセファロパチア

( 潜在性 脚気 ) 、 の症状だ。


 戦争がすんで、 それぞれが、本国に帰り、

食生活がもとにもどると、

チャンギメモリー 、 という名の、

物忘れ傾向は、消えた。


そこで、 例の、 2人の医師らは、

以前に調査した対象者のうちの、 有志の人を集めて、

白米のかゆ、を中心とする、 戦時中の食生活を試みた。


すると、 予想通り、 エンセフェロパチアが再発した。

ビタミン B1 、 の欠乏だ。


  脚気という病は、 4千5百年前から、

シナで知られていた。

これは、 米を主食とする地域らに広くみられる。


エイクマン氏が、 ジャワの刑務所で、

脚気患者の割合が、 玄米食なら、 1千万人に、1人、

白米食なら、 3千9百人に、 1人 、

という、 実験データを発表したのは、

20世紀の初頭であった。


彼は、 米糠によって、

これへの治療ができることを発見していた。


 米糠や酵母から、

「 抗 脚気 因子 」 、 を分離した人は、

フンク氏だ。

この物質に、 ビタミン 、 という名をつけたのも、

フンク氏であった。


 ところで、 ビタミン B1 、は、

神経らの機能を正常に保つのにも、 不可欠な物質だ。


これが、欠乏すれば、 色々な神経障害がおきてくる。


主な症状としては、 筋力の低下、 皮膚感覚の消失、

足のしびれ、 心臓の肥大 、 などから、

エンセファロパチア 、までが、 あげられる。 


 わが国では、 食生活の改善によって、

ビタミン B1 、 での、 不足は、 ない、

と考える人が、多いが、

それが、 虚構であることを示す事実が、

数年前に、 みつかった。


スポーツをする高校生たちに、エンセファロパチア、

が、 広くみられたのだ。


インスタント・ラーメンや、清涼飲料、 などの、

ビタミン B1 、 を、ふくまない、 飲食物に、

カロリーを仰いでいる食生活のツケ、といってよい。


 例のチャンギで、 収容後の、 1ヶ月以内に、

脚気になった人が、 3人がいた。


この、 3人は、 例外なく、

アルコール中毒患者であった。


アルコール中毒の場合には、

ビタミン B1 、での欠乏がついて回っているのだ。


  慢性アルコール中毒には、 ウェルニッケ脳症 、が、

しばしば、みられる。


これは、 強度の、 ビタミン B1 、の、

欠乏症による、 病であって、

意識障害、 運動失調、 眼球振盪、 呼吸障害、

視力障害、 末梢神経障害 、 などを特徴とする。


ひどくなれば、 筋無力症、 作話症、 言語障害、

頻尿、 起立性低血圧、 などが併発する。


要するに、 ビタミン B1 、の欠乏は、

さまざまな形の神経障害らをおこすのだ。


これをさして、 ビタミン B1 、には、

「 抗 神経炎 作用 」 、 がある、 という。


脚気の本名は、「 多発性 神経炎 」 、だ。


 多発性神経炎で、 死にそうになっている、 ネズミに、

ビタミン B1 、の、 大量注射をすると、

30分以内で、 元気をとりもどす。


この段階では、 神経に、 炎症はあっても、

変性は、 無いが、

ひどくなると、 変性や壊死にいたる。


 なお、 この壊死の動物の脳をしらべると、

大量の乳酸が発生している。


ビタミン B1 、の、 大量注射をすれば、

この乳酸は、 1時間以内に、 消失する。


慢性 アルコール 中毒患者 、の、

ウェルニッケ 脳症 、 の、 脳神経には、

変性の壊死 エシ 、 もあろうが、

乳酸の蓄積による影響もあるのだろう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

藤川院長 ;

B1 、 B2 、

ビタミン B3 、な、 ナイアシン 、に、

抗がん作用があることは、 80年前に、

ワールブルグ氏が発見し、

30年前の、 三石先生の本にも、

はっきり、 書かれている。


しかし、 どうして、 医学教育で、

これを教えないのだろう?。 不思議だ。


B1 、での不足 = がん = 脚気

= ウェルニッケ脳症 。


そういえば、 精神科病院での勤務時に、

アルコール症患者が入院してくれば、

ウェルニッケ脳症への予防、 および、

ペラグラへの予防のために、

B1、と、 ナイアシン、 入りの点滴をしていた、

ことを思い出した。

もちろん、 内服薬でも、 B群を処方するが、

最重度の、 B1、での不足なので、

内服薬だけでは、 間に合わない。


最初の1週間は、 点滴、

B1、の量は、 百 ~ 2百 mg 。


これは、 ビタミン・ケトン療法 ( VKT ) 、 の、

がんへの治療と同じだ、 と、 閃いた。


がんでも、 最重度の、 B1 不足のはず。


外来での、 VKT 、では、

内服の、 B1 、の投与だけではなく、

B1 、の点滴を行うことが、 ポイントになる。


B1 、の点滴で、 急速に、 乳酸を消失させ、

炎症を軽減させる。


イントラリポス点滴 + B1 、

百 ~ 2百 mg 、 を点滴をすれば、

C 、は、 少量で済むのではないか。