経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

NHK ブログ ; ウイルスの本体を断ち切りもする、 剣豪 ビタミン C 、の不足は、 老化を進める❗ 。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ❗

☆ ガン細胞たちは、 ブドウ糖だけ、 を、 唯一の、主な、栄養分としてあり、 糖質を制限する事を含む、


ビタミン・ケトン療法は、 ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、 ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。


Cancer cells are only glucose, only, as main, nutrients, including limiting carbohydrates, vitamin / ketone therapy can also be used to starve cancer cells , It will reduce the possibility.


タンパク質たち、と、 ビタミンら、に、 ミネラルら、 を、 完全以上に、 飲み食いなどして、摂取し続ける、事が、 一部の人々を除いた、 ほとんどの人々の健康性を成し続ける、 代謝ら、を、完全以上に、 成し続ける事に、 必要であり、 これら、を、 より、 欠いてしまう事は、 万病を引き起こす、 可能的な度合ら、を、 より、 余計に、 成す事を意味する。


ウイルスの本体を断ち切りもする、

ビタミン C 、 は、 ブドウ糖から、

水素 H 、 の、 4個を去っただけの、

それと、似た、 分子らの構成をしており、

ガン細胞たちへ、 ビタミン C 、 を、 取り込ませると、 ガン細胞たちを殺す事もできる。


ただし、 ビタミン C 、は、

子宝 ビタミン E1 、 を、 大量に、

それと合わせて、 摂取する事をしない場合には、

電子を他者から奪う、 電子強盗にされて、

健康性を損なう度合いらも成し得る物なので、

ビタミン C 、には、 電子強盗を差し止める、

セレン、や、 子宝 ビタミン E1、 とを、

あわせて用いるべき、 健康性の筋合いがある。



<ビタミンC不足で寿命が1/4>


ビタミンCが不足すると何が起きるのか、その恐ろしい事実をご存じですか?


肌荒れや化粧の乗りが悪くなる程度では済まされず、寿命が4分の1になってしまうというのです。

4分の1ということは、100歳の人間にたとえるなら、25歳で死んでしまうということです!


ビタミンC不足の恐ろしい影響を劇的な形で世に示したのが、東京都健康長寿医療センター研究部長、石神昭人さんです。





それが明らかになったのはマウス実験です。

数々の実験で活躍するマウスですが、ビタミンCを調べるには問題がありました。


実はマウスは人間とは違って、ビタミンCを与えなくても、食べたエサを材料に体内でビタミンCを作ってしまうのです。




そこで石神さんたちは遺伝子を操作して世界で初めてビタミンCを作れないマウスを開発しました。


そのマウスを2つに分け、片方には十分なビタミンCを(人間に換算して、100mg/日)、もう片方にはごく僅かな量だけ(人間に換算して、2.5mg/日)与えました。

そして、どんな差が出てくるか、追跡したのです。


すると半年後、ビタミンC不足のマウスが次々と死んでいったのです。驚かされたのは、その原因でした。




「がんや炎症など、人が起こるような病気になって死ぬことはありませんでした。カラダが痩せ細って、臓器が萎縮して軽くなってしまう。人の老衰としか言えないような症状で、このマウスたちは死んでしまいました。」(石神さん)





[資料提供:東京都健康長寿医療センター]


実験開始から半年後の写真です。

ビタミンC不足のマウスは足が衰え、自分の体重を支えられていません。

老衰したときに見られる特徴の1つです。


普通のマウスの寿命はおよそ24か月。

一方、ビタミンC不足のマウスは平均して6か月しか生きられませんでした。


これこそ「ビタミンC不足は寿命を4分の1にしてしまう」という衝撃の事実を世に示した実験なのです。





なぜ寿命が縮まるのか。キーワードは「サビ」だといいます。


いったい、サビとは何なのでしょうか。

また、そもそもカラダの老化とは、どういうものをいうのでしょうか?


「老化とはカラダを作っている、1つ1つの細胞が、年を取るに従って、働きが落ちてくる。すると、その細胞たちが作っている、組織、器官、臓器の働きも落ちてくる。これが老化です。その最も大きな原因と考えられているのが、酸化つまり「サビ」です。細胞1つ1つの働きが落ちれば、当然エネルギーを作る速度は落ちてきますから、疲れやすくなるのです。」(石井教授)



私たちが思っている以上に、ビタミンCは必要なんですね。


ビタミンCには、老化の原因、カラダのサビを食い止める力があるということ。

それを示すため、リンゴを使った実験をしてみました。




切り立てのリンゴが、6時間経過すると……。表面が茶色く変色しています。




「空気中の酸素が表面を酸化させているということです。カラダの中では活性酸素が同様に酸化させることになります。」(石井教授)



ところが、ビタミンCに漬けて6時間たったリンゴは、切り立てよりもむしろきれいに見えます。




「これは、まさしくビタミンCがカラダの細胞にできるサビ、酸化を防いでいるということです。カラダの中は、水分で満たされている。そこにビタミンCがあれば、これと、同じ状況です。」(石井教授)


ビタミンCで老化を食い止められるという証拠ですね!





<1500万年前の突然変異>


マウスは人間と違って自分のカラダのなかでビタミンCを作るという説明がありましたよね。


でもそれ、マウスだけではありません。

ライオンなど肉食の動物も、ビタミンCをカラダの中で作ることができるのです。


実は、自分でビタミンCが作れないのは、人間やサルなどの一部の生き物。





それは遺伝子の突然変異が原因でした。




およそ1500万年前、私たちの祖先がまだサルだったころ。突然変異が起こり、私たちはカラダのなかで

ビタミンCが作れなくなってしまったのです。


いまや食べ物でビタミンCをとるしかない私たち。

しかし、実はそれが、意外に難しいのです。

食物繊維らで盛り立てるべき、 我々の腸内細菌たち❗。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ ❗

☆ 福岡伸一氏の生命浮遊


アフリカの飢餓地域で見いだされた、

栄養失調症状である、 クワシオコア。


手足が、 ガリガリに痩せているにも関わらずに、 お腹が、ぽっこりと膨れてくる。


タンパク質が欠乏しているにもかかわらず、

炭水化物 ≒ 糖質 ➕ 食物繊維 、

への摂取が続くと、

体内の動的平衡が乱れ、 肝臓が勘違いして、 脂肪を蓄えてしまうのだ。


肝臓が肥大するから、お腹が膨れる。


しかし、 この、クワシオコア、

単に、 カロリーの過多、 と、

タンパク質の欠乏、 という、

単純な図式だけでは、 説明できない、

ことが、 わかってきた。


研究者たちは、

アフリカの一卵性双生児に着目した。


同じ遺伝子らを持ち、 同じ環境に育ち、

同じ栄養状態にあるのに、

一方は、 健康性を成し、

他方は、 クワシオコワ 、 を発生していた。


一体、何が違うのだろうか。


研究者たちは、

その、 腸内細菌に差があることを見つけた。

発症した子らの腸内細菌たちは、

十分に、繁茂していなかったのだ。


外的な環境が同じでも、 内的環境、つまり、 消化管内の状況が、 異なっていたのだ。


腸内細菌が、 ちゃんとしていれば、

たとえ、 貧しい食材であっても、

それを代謝し、 栄養素に変えて、

宿主を助けてくれるのだ。


人間が、 タンパク質を食べなければならないのは、 タンパク質の構成要素である、

アミノ酸たちを、 自前で、 作り出すだけの、

代謝能力・合成能力を持っていないからだ。


20種類がある、 アミノ酸たちの中には、

自分の体内で作れる、 アミノ酸もあるが、

必須 アミノ酸 、 と呼ばれる、

フェニルアラニン、 ロイシン、 バリン、

イソロイシン、 スレオニン、 ヒスチジン、

トリプトファン、 リジン、 メチオニン、は、 作る事が、 できない


( これは、 生物学や栄養学を学ぶ上で、

必須の暗記事項なので、 私たちは、

「 風呂場椅子、ひとりじめ 」 、 という、

語呂合わせで覚えた ) 。


だから、 これらは、

食品らから、摂取するしかない。


腸内細菌のような微生物は、

単純な資材

( たとえば、 炭水化物といった、 糖質、 と、 窒素源である、 アンモニア ) 、

から、 すべての、 アミノ酸たちを、

全部を、 自前で、 作り出す、

万能の合成能力をもっている。


炭水化物は、

炭素 C 、と、 水素 H 、 と、

酸素 O 、 から、 できているので、

窒素 N 、 を含む、

アミノ酸、 を作り出すには、

必ず、 窒素源となる物質が必要となる。


人間は、 たとえ、 これらな、

資材らが、 そろっていたとしても、

化学反応を起こすための、

タンパク質たちから成る、 酵素 コウソ 、 を持っていないので、

必須 アミノ酸 、 を作り出せないのだ。


どうして、 こんなに大事な能力を、

人は、進化の途上で失ってしまったのか。


これは、 これで、 とても興味深い、

生物学上の謎なのだが、

考察は、 長くなるので、 詳しくは、

また別の機会にのべてみたい


( ちょっとだけ、 サワリを言えば、

あえて、 外部に、 必須 アミノ酸 、

を求めなければならない、 という、

課題を持つことで、

積極的に動くことを強いられた生物が、

“動物”へと進化することになった… )。


人間は、 栄養価の高い食物を確保することにより、 必須 アミノ酸 、 たちを、

安定して得ることに成功したが、

一方で、 微生物との共生関係を維持する、

ことによっても、 生存率を高めた。

それが、 腸内細菌だ。


栄養の面で、 腸内細菌の寄与は、

どの程度で、 あるのだろうか。

これを調べるためには、 逆の状況、

腸内細菌がいない状態を、

実験的に作り出してみれば、よい。


もちろん、 人間では、実験できないので、 マウスが用いられた。

母胎内にいる、 仔マウスの消化管には、

まだ、 腸内細菌は、棲息していない。

産道を通過し、 母乳を飲み、

外的環境にさらされる事で、

徐々に、 腸内細菌たちのコロニーが形成されていく。


そこで、 帝王切開で、仔マウスを取り出し、 無菌的なドーム環境で、

殺菌済みの餌だけを与える事により、

腸内細菌フリーのマウスを育ててみた

( フリーは、「 無い 」、 という意味 )。


すると、 マウスは、 腸内細菌がいなくても、 生きていく事は、できた。


しかし、 色々な異常が見られたのだ。

腸の成長に、奇形が見られた。

盲腸が肥大し、 腸の表面積は、 30 % 、 余り、 が、 少ない。

心臓、肺、肝臓も、萎縮していた。


通常は、 腸内細菌の代謝活動によって、

供給される、 ビタミン B群 、

納豆などに豊かにある、 ビタミン K 、

を、 必ず補ってやらねばならなかった、

だけでなく、

無菌マウスは、 生きていくために、

普通のマウスよりも、 常に、 30 % 、

を、 多く、

カロリーへの摂取を必要としていた。


つまり、 この実験結果への解釈はこうなる。


腸内細菌たちは、 宿主が摂取した食物を、

かすめ取るが、 それ以上に、

宿主に対して、 貢献をなしている。


宿主が利用できない、 繊維分、 などを、

代謝して、 栄養分らに変え、

それらを、 宿主に戻す。


宿主が合成できない、 ビタミン、らや、 アミノ酸ら、 を供給する。


これらな、 腸内細菌たちの寄与ら、が、

なくなってしまうと、 宿主は、 その分らを、 余計に、 カロリーや、 栄養素、らを、

摂取しなければ、ならなくなる。


恐らく、先に挙げた双子の例もそうなのだ。

ちょっとした微妙な差──それは、

お母さんの産道を通過する順番や、

母乳で育った期間の、わずかな長短、

食べた物らの内容の違い──によって、

消化管内の腸内細菌コロニーの形成に、

差が出てしまった。


それが、その後に、遭遇した、

栄養らでの不足、

・アンバランス環境における、

サバイバルに差をもたらしてしまったのだ。

藤川院長系; ビタミン B群 、を作る、 我々の腸内細菌たち ❗。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件❗。 報道されぬ❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、 シナ ❗

☆ 藤川院長 ;

Abram Hoffer:Orthomolecular Medi

cine For Everyone、より ;


様々な脳疾患を、

栄養とサプリメントで治療してきた。

老衰、脳卒中、脳器質疾患、頭部外傷後遺症、アルツハイマー、てんかん、ハンチントン病、など。

全ての患者が回復したわけではないが、

多くの患者が回復し、 QOL ≒

暮らしの質 、 が改善した。


これらな疾患らを遺伝性だ、と、

決めつけるのは、 間違い。

遺伝と細胞環境とが、相互に関与している。

環境要因を改善させれば、

遺伝的な弱点を克服できる。


細胞を取り巻く栄養状態が悪いと、

加齢を促進させる。

ビタミン B3 、な、 ナイアシン 、は、

抗加齢物質 、だ。

栄養失調などの、 ストレスや飢餓は、

B 3 依存症 ≒ B3 、の、 不足による、 症状ら 、 を生じ、

B3 依存症 、 は、 老衰を引き起こす。


加齢現象は、 電子強盗な、 フリーラジカル ≒ 遊離基 、 の集積により生じる。


フェニルアラニン、チロシンが酸化されると ≒ 電子強盗化されると、

メラニンによる、 色素の沈着を引き起こす。


メラニンには、 2つの類があり、

脳に見られる、 神経 メラニン 、 と、

皮膚のメラニン。

メラニンには、 フリーラジカルを捕捉して、

中和する作用がある。


また、 日焼けから守る、 作用がある。


古い細胞のメラニン集積は、

リポフスチン。

つまり、 酸化された、 アミンの集積。


血の中での、 銅 Cu 、 の、 濃度の上昇と、 老衰とには、 明らかな関連性がある。


銅の配管、 水中の銅が、

加齢とともに蓄積する。

銅濃度が、 高齢者では、 百20 以上 、 となっている ( 理想値は、 百 以下 )。


☆ 予防と治療 ;

オーソモレキュラー食、つまり、

精製された、 糖質を除去し、

脳アレルギーへの原因となる、 小麦

( グルテン ) 、 と、 牛乳

( カゼイン ) 、 を除去する。


加齢とともに、 ビタミンらへの必要量は、

増加する。

加齢は、 多くのビタミンらにおいて、

特に、 B群の依存症となる。


脂に溶ける、 ビタミン A 、は、

加齢と、ガンを予防する効果がある。 1万 ~ 5万 IU 。


B1 、は、

アルコールと砂糖への摂取により不足する。 百 mg 。


B2 、は、 依存症を生じにくい。

百 mg 、 以下。


B3 、は、 老衰を防ぐために、

最も重要な役割を持つ。


記憶力の保持、 活動性の回復、睡眠の改善、 敏捷性の改善に効果がある。

コレステロールを低下、 中性脂肪を低下、 血潮に乗って、 脂らを配って回る、

低分子 コレステロール ≒ LDL 、

の低下、

血潮から、 脂らを回収して、 肝臓へ運ぶ、 高分子 コレステロール ≒ HDL 、

の上昇により、 血管、血流を守る。

3千 ~ 6千 mg 。


B6 、は、 免役システムの回復、

B12 、への、吸収の亢進、

アミノ酸への吸収、

消化液の分泌に、 必要であり、

加齢とともに、 その機能は低下する。

その不足による、 依存症を生じやすい。


足りないと うつ病にもなる、

セロトニン 、への合成、

ヘモグロビン 、 への合成に、 必要で、 タンパク質たちから成る、

遺伝子の本体な、 DNA 、 RNA 、

への、 代謝に必要。

千 mg 、 以内。


B5 、 は、 千 mg 、 以内。


B12 、 と、 葉酸 、 の、 血中濃度は、

加齢とともに、低下する。


B12 、は、 1 mg 。


子宝 ビタミン E1 、 は、

4百 ~ 6百 IU 。


それを欠くと、 若年死を増す事が、

判明し得てある、 ビタミン D 、は、

カルシウム Ca 、 への代謝にとって、

最も重要、

筋肉をゆるめる、 マグネシウム Mg 、

と、 筋肉を縮める、 カルシウム Ca 、

との、 バランスを取る。

4千 IU 、もしくは、 それ以上が必要。


加齢により、 ミネラルへのの吸収能力が、

低下するために、 ミネラル・サプリメントが必要。

Ca 、 Mg 、 亜鉛 Zn 、 マンガン Mn 、 電子強盗らを差し止める、 セレン Se 。


https://www.facebook.com/100003189999578/posts/1844565992326383/

☆ blog 身体のチカラ ;


人や、猿たち以外の、 ほとんどの動物たちが、 何故に、 ビタミン C 、 を、

体内で作り得るか、 というと、

ビタミン C 、 を作るための、

特別な臓器を持っている訳ではなく、

腸内細菌たちの代謝による産物として、

ビタミン C 、 を合成する。


 つまり、 人や、猿、には、

ビタミン C 、 を合成するための、

腸内細菌たちが、 元から、住みつきやすい、

環境が、 無い、 のに対して、


人にも、 自らの体内で、 合成し得る、

ビタミン 、 があり、 。

 それは、 ビタミン B群 、 です。


東北大学の木村修一教授の研究によると、

腸内細菌による、 ビタミン B群 、 への、

合成が、 腸内細菌たち、への、

餌になる、 セルロース、 の添加により、

大幅に増強された、

という、 結果がでています。


つまり、 ビタミン B群 、 についていえば、

食べ物からの摂取よりは、

腸内細菌による、 ビタミンの合成の方が、

ずっと重要 、 ということになります。


 この、 ビタミン B群 、 については、

ビタミン B1 、 の不足で、

脚気 、 が起こりますし、

ビタミン B2 、 の不足では、

口内炎 、 という、 症状が出ます。

また、 海外旅行や環境の変化で、

普段に食べていた物が食べられない事に、

イライラがつのり、 ストレスがたまる、

ことが、あります。

それは、 食べ物や環境の変化で、

腸内の環境が悪くなり、

バランスを崩した結果にて、

ビタミン類への合成が減ってしまった、

という事が、あるようです。


 さらに、 腸内細菌が、 ビタミン類を合成し、

そのビタミンらが、

脳内の幸せ物質と呼ばれる、 セロトニン 、や、

やる気を起こす、 ドーパミン 、 などの、

脳内伝達物質を合成する、

と、 言われており、 それらは、

体の全体の状態にも、 大きく関わり得ている。


 最近は、「 ビタミン類は、 サプリメントで・・ 」 、 という人たちも沢山いると思いますが、 ビタミン C 、 と、 一口で言っても、

アスコルビン酸として、 合成された物や、

天然の物に由来、と、色々とありますし、

どのような製法によってできたか、どうかは、

現在の日本の食品表示基準では、

分かりにくい物が、 ほとんどです。


 そういう事からしても、

日頃の食事を、 しっかりと、気を付けて、

腸内環境を整える・・、

 ということが、 ビタミンでの不足を補う、

ことへの、 一番の近道かもしれません。