経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

荒れ狂う 地上は避けて 地下を行け 避難経路も 住める施設も

【 店舗や、住宅に、事務所ビルなどを建てる場合に、 その地下に、 避難経路らの一定部分や、

住める避難施設を成す事を、 法律でも義務付け、

補助金を出す等もして、 公共事業において、

成す、 地下の避難施設らと合わせて、

日本国民らの存続性を確保できる度合を増してゆく為の段取り事らが、 より早くに、成される様に、

一般の日本国民の各自が、 できる事をやれば、

いいだけの事だ。 すでに、 日本国民らには、

その為の、技術体系知らも、資源らもある 】 。


ネット記事+論弁群+;


☆ 博多駅前の道路陥没、

犠牲者ゼロの対応に評価 ;

自主的な交通規制のわずか5分後に、 穴 ;


11月8日、に、 福岡市の博多駅前で、

地下鉄の工事中に、 道路が崩落した事故。


深さが、 15メートルもの巨大な穴があいた

にも関わらず、

巻き込まれた人はいなかった。


早朝とはいえ、 九州の玄関口である、

博多駅の目と鼻の先だ。

人通りがまったくない地域ではない。

現場では、何があったのか。

【BuzzFeed Japan / 籏智広太記者】


作業中に異常があったのは、

11月8日午前5時ごろ。

トンネル構内で、 水が噴き出し、工事を止めた。


地上に影響が及ぶ可能性がある、

という判断から、

10分後には、 交通規制が実施され、

付近の道路が通行止めになった、 という。


その5分後の、午前5時15分ごろに、

道路が崩落。

現場に通行する車両は、 なく、

巻き込まれた人もいなかった。


@r96xwubr77qecbw for BuzzFeed

交通規制も現場判断 ;

この交通規制を実施したのは、

現場のとっさの判断だった可能性が高い。


県警の広報担当者も、

BuzzFeed News からの取材に、

「 110番通報があったのが、 午前5時14分。

市の方で、規制をかけたのでは 」、 と指摘した。


市交通局の担当者は、

「 県警の到着を待てずに、 工事関係者が、

車を使って規制をした可能性があります 」 、

と話す。


一部のメディアは、

通報を受けた博多署が、 交通規制をした、

と報じているが、

実際は、 現場の迅速な対応が、

人命を救ったともいえる状況だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00010005-bfj-soci



☆ どーも僕です。(どもぼく)@domoboku

博多の事故、犠牲者ゼロは、奇跡と思ってたが

?工事を即時中止し博多署に要請した現場

?要請からすぐ交通規制した博多署

(5分後に道路が陥没)

?朝の内に避難勧告を出し避難所も設けた福岡市


…全てが、 神対応。

日本の危機管理力の真髄を見た

https://twitter.com/domoboku/status/795832381093474304

31,351リツイート

18,904いいね


しばき隊発狂


野間易通@kdxn

自然災害でもなんでもない原因で見たこともない光景が現出しそこらじゅうで停電が起きたりしている状況で「神対応」とか「日本の危機管理能力はすごい」とか、頭のネジがぶっ飛んでる。@domoboku

野間易通@kdxn

不幸中の幸いで胸をなでおろずべき事例ではあると思いますが、「人通りの少ない早朝でよかったですね」以外の感想はなく、日本の危機管理能力の優秀さとは関係がないと思います。@showta1220



@ こーいうことを言う奴に限って、

いざというときに、 何も出来ない。

ホントに、 漫画だな、 こいつら、在日員らは。



@ 工場現場には、 経営者から、

権限を移譲された、現場代理人がいて、

事故時の法的責任を負わされてるので。

社長決済なんていらないんだよ。

現場代理人の決定 = 経営者の決定。


@ 崩落するであろうことが、

容易に想像出来るほどの、 水と土砂が、

降ってきたんだろうなあ…



@ この現場は、 非透水の岩盤内を

掘っているわけで、

大量の出水 = 崩壊 、 という認識があったのかと思う。

それか、 前に、同じような災害現場にいたかだな。



@ 施工ミスとは思わないが、 仮に、

施工ミスだったとしても、

崩落を予想し、 5分で、 地上に這い出て、

交通規制をかけた判断は、 見事としか思えない。


@ >>16

こいつ ≒ 野間君 、 の祖国の良い例→

セウォル号 。


@ しばき隊は、 日本人が、 ホントに、

嫌いなんだな。 俺たちとは、 人種が違う。

わかり会える日は、 来ないだろう


@ >>16

こいつは、 何にでも噛み付いてんのか?

吐き気がするわ


@ 日本人が死ななくて、悔しい、 と、

読めるから、 もう、こいつは、 何を言っても、

駄目だ 。



☆ 東京都は、 青梅市で、

月ノ輪熊 ツキノワグマ 、 が、 相次いで

出没している。


11月8日には、

JR青梅線の御嶽駅から、

約200メートルを東の、 多摩川の左岸に、

親子と見られる、 クマの3頭が現れた。


翌る9日には、

直線距離で、 3キロほどを、 多摩川を下った、

JR二俣尾駅の付近に、 3頭が出没。


10日には、

同駅の北東の約3キロの住宅地の近くの、

道路を横切る、 1頭への目撃情報があり、

同日の夕に、 体重が、 60キロのメスを、

地元猟友会が殺処分した。



【写真】青梅で、 相次ぐ、 ツキノワグマの目撃 。


 8、9両日の3頭が、 同一のクマかは、

分かっていないが、

紅葉狩りや、 秋のハイキングシーズンの

最盛期を迎え、

専門家は、 「 非常に危険な状態だ 」 、 と、

注意を呼びかけている。


 青梅市では、 10月の下旬にも、

クマが、 連日を出没する騒ぎがあったばかり。


同月22日には、 120キロのオスが、

翌23日には、 80キロのメスが殺処分された。


いずれも、 住宅地で、

青梅市によると、

記録が残っている、 過去の10年間で、

ここまで、 民家に近い所らで、

クマが確認された事は、 初めてだ。


 10月に殺処分された、1頭目のオスは、

同月の中旬から、 近くの飲食店で、

食材を荒らした、 クマとみられる。


22日の早朝から、

市職員と地元猟友会のメンバーが、捜索にあたり、 茂みから出てきたところを射殺した。


 2頭目のメスは、

1頭目を射殺した直後に、 現場から、

約4キロを下流の、 多摩川の河川敷に、

クマが逃げていった、 という通報があった、

その翌る23日の朝に発見し、射殺した。


 ツキノワグマの生態に詳しい、

「 日本ツキノワグマ研究所 」 の、

米田 ( まいた ) 一彦理事長は、

1頭目のオスの大きさに注目する。


「 120キロというと、

野生のツキノワグマの、 ほぼ最大級。

強いクマは、山奥の最高の場を占拠するもの 」 、

という。


そんなクマが、 住宅地に現れる、 というのは、

「 ドングリなどの食料が、 よほど、

不足しているのだろう 」 、 とみる。


  米田理事長は、

「 雪が降れば、 クマは、 一斉に、

冬眠に入る。

栄養状態が悪い年ほど、 冬眠は早い。

クマの出没は、 いずれ、 終息する 」 、 と、

前置きしつつも、

「 まだ、 いつ、 どこで遭遇するかは、

全く、 予断は許さないだろう 」、 と話す。



 クマへの対策で、 最も大切なことは、

遭遇しないことで、

米田理事長によると、

市販されている、 高い音が出る、

「 クマ鈴 」 を身につけ、

人がいることを、 より早くに、

クマに知らせることが、 有効だ。


万一、遭遇してしまった場合は、

背中を向けたり、

腕を左右に動かしたりすることが、

最も危険だ。


クマ達は、 動くものに反応し、

相手が、 自分より弱い、 と判断すると、

襲ってくる、 危険性が高まる。


「 背を向けず、 声を上げずに、

ゆっくりと、 後ずさりして、

距離をとってください 」 、 と、

注意を呼びかけている。


( 抜井規泰記者 ) 朝日新聞社 。



☆ インドの、 モディ首相は、

11月8日の夜に、

テレビで演説し、

高額紙幣の、 1千ルピー

( 約 1600円 ) 札 と、

500ルピー ( 約 800円 ) 札を、

演説の約4時間後から、 無効にする、と、

突然、発表した。


偽造紙幣や、 汚職、に、 資金洗浄などへの、

根絶が、 目的だ。


旧紙幣は、 10日以降は、

銀行などで、 いったんは、 預金をした後で、

新紙幣で引き出せるとしているが、

混乱は避けられそうにない。


 新紙幣は、

2千ルピー札と、 500ルピー札の2種類。


旧紙幣での預け入れは、

「 1週間に、 2万ルピー

( 約3万2千円 ) まで 」 、 などと、

上限が設けられている。



地元のテレビは、

発表の直後から、

使用が不能になる、 高額紙幣を、

現金自動出入機 ( ATM ) で、

預金してしまおうと、

銀行らに、 人々が殺到する様子を伝えている。


 政府系の、 病院や鉄道、に、

ガソリンスタンドなどでは、

例外的に、 引き続き、

旧紙幣を使えるとしているが、

ニューデリー市内のスタンドらは、

高額紙幣への受け取りを拒否し始めた。


 モディ氏は、

偽造紙幣が、 テロの資金源になり、

インフレの原因になっているとして、

「 一時的に、 困難はあるが、

みなさんなら、 国家のために、

やり遂げることができる 」 、 と、

忍耐を求めた。

http://www.asahi.com/articles/ASJC90FWQJC8UHBI03W.html

安全の根を張るべき地下

【 日本も含めた、 世界中で、 中央政府の財政の緊縮をゴリ押しし続けている者ら、は、

あらゆる毒物らによるよりも、 多くの人々をして、死や犯罪へ追いやり、 日本国民たちが、

人為的な災害らや、自然の災害らから、

自らを守る事において、 最も足しになる、

地下の、 避難経路らと、住める避難施設らを成してゆく事を妨げ続けて来ている、 最大の原因を成してもいる 】 。



ネット記事+論弁群+;


☆  トマトに関する研究では、

茎の部分にある、 粘液のついた毛たちで、

昆虫を固定し、 身動きできずに死んでいった、

昆虫の栄養分を、 根から吸い取っている、

という、 食虫植物的なからくりを持っている事が! 発表されていたが、


茎のみならず、 葉たちにも、

虫を殺す為のからくりがあることが、

京都大学の研究により、 明らかとなった。


 高林純示教授の率いる、 京都大学は、

生態学研究センターと、 山口大の研究チームは、


虫に、 葉を食べられた、 トマトが放出する、

香りの成分らの中に、

虫らにとって、 害となる、

毒性物質が含まれており、

それらを、 あたりの一面に放出し、

香りらの届く範囲にいる、 虫らを、

一網打尽に死なせていることをつきとめた。



 一般的に、 植物らは、

ガの幼虫などに、 葉を食べられると、

色々な香り成分らを発する。


この香りらに、周辺にある、

同じ種類の植物らがさらされると、

自己防衛力を高めることが、知られていたが、

その詳しい仕組みは、 分かっていなかった。


8_e2


 研究チームは、

トマトの葉たちを、 日本に、 広く生息する、

ハスモンヨトウの幼虫に食べさせ、

傷らから放出される、 香りらが、

別のトマトに届くようにした。

その結果にて、 香りらにさらされた、

別のトマトに付着していた! 幼虫の死亡率が、

一気に高まった、 という。


 別のトマト達は、

葉を食われた、 トマトが放出した香りらの中の、

アルコール成分らを取り込み、

葉たちの内部の、 糖ら

≒ 炭素C + 水素H + 酸素O ら 、

を結合させて、 毒性物質に作り替えて、

蓄積していたことが、 判明した。


 

1つのトマトの出したサイン ( 香り )

らにより、

周りのトマトらは、 防衛体制を固め、

そこにいる虫たちは、 トマトを食べようが、

食べまいが、 否応をなしに、

処刑室へと送り込まれてしまうようだ。


4_e


同じ様な仕組みが、 イネや、 キュウリ、と、

ナスにも、 備わっていることが、 分かった。



高林教授は、

「 毒性のある物質は、 農薬と比較すると、

微量で効く特徴がある。

この仕組みを、さらに詳しく研究することで、

農薬に頼らない、 食害への予防法の開発に

つながるだろう 」 、 と話している。


( この研究論文は、 米国科学アカデミー紀要に掲載された。 via:kyoto-np ) 。



☆ キンポウゲは、 人への毒のある、

植物らの花々の中では、 最も可憐に見える花だ。

どこにでもある植物らの一つなのだが、

有害な、 庭園植物に属する。


キンポウゲ達は、 水はけが良くない土地の、

一画に育つ。

子どもたちの間で、 これを皮膚にくっつける、

遊びがある。

肌に接触した部分らに、

赤い跡がつくのが面白くて、 やっているのだが、

これは、 黄色い花が出す毒素らが、 一時的に、

皮膚を赤くする性質を利用したものだ。


  キンポウゲらは、 それを食べる草食動物に、

重い食中毒を引き起こす。

人が摂取すると、

器官系や神経系の中毒から、

苦しい死につながる、恐れがある。



綺麗な花には、 トゲがある、を、

地でいくような花、

それが、 キンボウゲらだ。



8.ジャイアント・ホグウィード


3_e28


 ジャイアント・ホグウィードは、

まさに、 悪夢のような植物だ。

食中毒を起こす植物は、たくさんあるが、

ジャイアント・ホグウィードらは、

ほんのちょっと、 皮膚に触れただけで、

人間に、 強烈なダメージを与える。


 エイリアンが、 地球に送り込んだかのような

外見を持つ、 この植物は、

太陽と手を組んで、 人間を痛めつける。


ジャイアント・ホグウィードは、

感光性で、触れると、 人の皮膚を覆う、

ドロドロした液体を出す。


その瞬間に、 液体は、 日光に反応し、

皮膚や粘膜を経て、 炎症や、壊死 エシ 、

そして、 広範囲にわたって、

ありえないような、 紫色の病変を作る、

化学反応を開始する。


しかも、 それは、 数年間も続く、

可能性があるのだ。


さらに恐ろしいことに、

その液体は、 ほんのわずかな量でも、

目に触れると、 失明をもたらす。



ジャイアント・プランツは、

高さが、 3メートルにまで育ち、

有毒性植物管理局では、

特に、 緊急を要する駆除対象とみなしている。


ただし、 豚たちは、 この植物に、

免疫を持っている。



7.デス・カマス


4_e24


 アメリカの西部の、 オークウッドランドのような、 植物群落がある地域らでは、

球根が、 食用になることで知られる、

カマス ( ユリ科の植物 ) が、 草原に、

明るい色の花を、 ポツポツと咲かせる。


イヌイットなどの先住民族は、

計画的な焼畑を行って、 積極的に畑を耕し、

でんぷんの供給源として、 そのじゃがいもに似た作物を生産する。


 しかし、 その一方で、

食用のカマスによく似た、 近縁種が存在する。


その近隣種は、

Toxicoscordion venenosum 、 といい、

その名前からして、

現存する植物らの中でも、

最も毒性 ( toxic ) のある植物らの一つ

であることが、 すぐに分かる。


デス・カマスは、 よく見れば、

食用のカマスらと、 ほんの少し、 色が違う。


そのほんの少しの区別が、

食べるものらの生死を分ける。


ごくわずかな量でも摂取すれば、

臓器不全や、 溶血作用によって、

急死することになるからだ。


名前に、 デス ( Death ≒ 死 ) がつく

ほどの破壊力を持つ、 デス・カマスらが、

どのようにして発見されたのかは、

察しがつく、 とおもう。

その犠牲者たちに、 黙とうをささげよう。



6.エンジェル・トランペット


5_e23


 壮麗な印象のエンジェル・トランペットは、

南アメリカの原産の木で、

アトロピン、 や、 ヒヨスチアミン、に、

精神を操る、 スコポラミン 、 という、

恐ろしい、 3つの強力な毒を持っている。


ここで紹介している、 他の植物とは違って、

エンジェル・トランペットは、

それ自体が、 危険というわけではなく、

むしろ、 人間が手にする生物兵器だといえる。


 この植物は、 2007年に、

"Colombian Devil’s Breath" 、 という、

ドキュメンタリー番組で取り上げられた。


その内容は、 ある犯罪組織の面葉

≒ メンバー 、 が、

この美しい植物から、 スコポラミンを精製して、

犠牲者をして、 文字通りのゾンビに変えるために使う、 というものだ。


この"催眠ハーブ"の葉っぱらは、

被害者をして、 "意識は、完全にあるが、

自分たちの行動に対する、

自覚が無い"状態にさせる。



その番組には、

スコポラミンによる、 犯罪の、

恐ろしい話が多く含まれており、

中でも、 ゾッとする話の一つに、

スコポラミンの粉を顔に投げ付けられた、

ある男が、

自宅のアパートの中にあるすべてのものらを、

テキパキと、 強盗達の車に詰め込んで、

部屋を空っぽにした、 という話がある。


すすんで、 実験への被験者になった人々は、

不安定な精神状態の中で、

自らの体を痛めつけて、 重傷を負ったそうだ。



5.ヒマラヤン・ブラックベリー


6_e22


 ヒマラヤン・ブラックベリーは、

大型のツツジに似ており、

たった一株があるだけで、

陰険な切り裂き魔が、 半エーカーの地面を覆う

ことになる。

一般的なブラックベリーらとは、異なり、

それぞれの茎は、 直径が、 約5cmにもなり、

サメの歯のように伸びる、 約2.5cmの、

長いトゲらで覆われている。


キイチゴ類のトゲで、 引っかき傷ができるときがあるが、

ヒマラヤン・ブラックベリーに遭遇すると、

間違いなく、 救急病院に行くことになるだろう。


 これといった害がなさそうに見える草木の中に、

よろけて突っ込んだ際にできた、 切り傷が、

重篤な目の外傷や、 傷ついた静動脈からの、

出血などを招く、 恐れがある。


そして、 この有害なトゲがはびこる峡谷らを、

登山者が訪れるせいで、 事故が多く起きている。


体を厳重に保護できる衣類と、

ゴーグルは、 危険物管理者たちの、

お気に入りの装備だ。

そのトゲのついた茎は、 絡み合うように、

張る力を受けているので、

人などが妨害すると、 跳ね返ってくるからだ。



4.ギンピ-ギンピ


7_e21


 オーストラリアのギンピ-ギンピは、

トゲのある樹木の中で、 最も苦痛を与える木だ。

ギンピ-ギンピ達が与える、 激しい痛みは、

"酸をスプレーされたようだ"、 と、

いわれていて、

その苦痛から、

自殺に追いやられた患者もいる。


最も痛ましい事例は、

低木の茂みの中で、 誤って、 この植物の葉を、

トイレットペーパー代わりに使った後に、

銃で自殺した男性の話だ。


 この非常に恐ろしい木は、

あらゆる毒らの中でも、

最も持続性のある毒を持っていて、

刺された後の、 2年間以上も、

焼けつくような痛みが続く、 恐れがある。


これは、 接触した部分らに送り込まれた、

毒針に、 毒が残るためだ、 と、 いわれている。



ある研究者は、 その毒が、

20年以上も留まり続けることを発見した。


健康な人であっても、

アナフィラキシー・ショックが誘発される

かもしれない、 という理由から、

オーストラリアの森林局は、

この植物がはびこっている場所らにいる、

伐採作業員らに、

最高グレードの危険物用防御服の着用を、

義務付けている。



3.ニュージーランドのイラクサ


8_e19


 ニュージーランドの固有種のイラクサは、

"近づいた人をさらっと殺してしまう"

植物らの1つだ。


このモンスタープランツは、

一般的なトゲのあるイラクサの、

"巨大かつ極めて強力な毒を持つ、

樹木バージョン"で、

大きいものだと、

高さが、 4.5メートルにもなる。


うまくカモフラージュした、 この植物は、

神経毒を送り込む、 巨大なトゲを持ち、

ほんのわずかな接触で、 死に至る恐れを招く。


 悲惨な例として、

あるニュージーランドのハンターが、

この恐ろしいイラクサに接触した後に、

強烈な毒の影響から、

神経系統の崩壊を引き起こして、 亡くなった、

事故もあったそうだ。


また、 即座に、 死に至らなかった場合でも、

命に関わるような、 多発精神系障害や、

時間と共に、 神経経路の退化的な衰弱が起きる、

恐れがある。



2.ローレルジンチョウゲ


9_e16


 小さくて、 光沢のある葉を持つ、

控えめな感じに見える、 ローレルジンチョウゲは、 ローレルに非常に近い種だが、

この小ぶりの低木は、

植物界の中でも、 非常に恐ろしい死をもたらす、

草木らの一つだ。


 強力な殺生物剤を含有する、

ローレル・ジンチョウゲを、 うっかり、

切ったり、 摘み取ったりすると、

水ぶくれや、 炎症を引き起こす。


そして、 この植物は、

内服すると、 大惨事を引き起こす。


興味深いことに、

いくつかの部族らの人々は、

重度の感染者への、 "最後の手段"として、

ローレルジンチョウゲを処方していたが、

きっと、 その治療は、 元の病状を治すどころか、

もっと、ひどい容態にしただろう。


野生のアオカワラヒワは、

この植物を平気で食べることができる。



1.レッドタイド・アルジー


10_e16


 赤潮 ( レッド・タイド ) とは、 地球の沿岸部に現れる、 恐ろしい現象だ。


年に何度かを、 不可解な栄養分が流入した後に、 Algera pelagius 、という名で知られる、

無数の小さな海藻らが繁殖し、

海水が赤褐色に変わる。

それには、 気温の変化も関係しているようだ。


 この藻類には、 非常に強い神経毒があり、

貝類に素早く吸収される。


この毒らは、 致死率が高く、

急速に、 手足を麻痺させる、 恐れがあり、

さらに悪いことに、

その麻痺は、 汚染された貝類を通じて、

呼吸器系までをも冒される。


赤潮は、

聖書の中でも、 海水が血の色に変わるもの、

と、 みなされていて、

探検家のジョージ・バンクーバー氏が、

カナダの西部を航海した際に、

乗組員の一人が亡くなった原因だった、 と、

記録されている。

国や地方は、

"麻痺性貝毒"の恐れがあるとして、

海産物の収穫を停止するときがある。


また、 人間への被害に加え、

浜辺の全体が、 有毒の藻類にさらされた、

海鳥や、カモ達の死骸で覆われていたこともある。

赤潮は、 最近に取り上げられる動物らの、

不可解な死の数々を解明する、

手がかりになるかもしれない。



おまけ:ゲルセミウム・エレガンス


no title


 コメント欄で、 植物班の推し植物だったのが、

ゲルセミウム科の、 つる性の常緑低木、の、

ゲルセミウム・エレガンス。


エレガンス ≒ 優雅 、 という名がついているだけあって、 その可憐な黄色い花は、

とってもノーブル ≒ 高貴 。

にもかかわらず、

世界で最強の植物毒を持つ、

殺人植物 、 と言われている。


この植物は、

ゲルセミン、 コウミン、 ゲルセミシン、

ゲルセヴェリン、 ゲルセジン、

フマンテニリン 、 などの、

アルカロイド有機化合物をたっぷり含んでいる。


毒物の総合商社だ。

もっとも毒の強い部位は、 若芽であるが、

どの部分にも、 毒が含まれており、

どこを食べたかによって、

中毒症状の出る速さが違ってくる。


 ゲルセミウム・エレガンスを食べると、

毒が、 延髄の呼吸中枢を麻痺させ、

呼吸困難に陥る。


喉が焼けるように、 痛くなり、

激しい嘔吐、腹痛に襲われ、瞳孔が散大、

全身が痙攣し、昏迷し、

この世のありとあらゆる苦しみを、

体の全部で、 味わいながら、

あの世との距離がどんどん縮まっていくのだ。


via:10 Weird And Truly Terrifying Plants 原文翻訳:R



荒れる地上に逃げ惑う、よりも、 地下へ、さっと降りて、安全に避難

【 核攻撃らに、 大地震や、 津波らと、

土砂崩れに、 出水ら等による、 日本国民らへの殺害を大幅に減らす事が、 最も見込める事は、

地下に、 避難経路ら、と、

住める避難施設らを作り拡げてゆく事だ。


職場や、自宅と、 道路らなどで、

大地震や、津波などに襲われつつある時に、

自らの足元から、 すぐに、 地下の避難経路や、

住める避難施設へ、 降り得る、 状況らを、

日本のあちこちに成す度合いを増してゆけば、


それだけ、

あなたの家族員らの一定数が、

いずれかの災害に襲われた場合に、

地上を逃げてゆく途中で、 倒壊する建物らや、

陥没する地面に、 押し寄せる水や、

放射性物質らからの放射線らと、

爆風などによって、 殺される、

在り得る、事態らを未然に解消する、

可能的な度合を増してゆく事ができる。



地上を、 逃げ惑い、

地上にある避難施設らを目指す事における、

甚だしい危険性の大きさを示す、

様々な事態らの在り得ようらを、 真剣に、

想い巡らしてゆくならば、


少なくとも、 避難経路らを、

地下にも、 張り巡らすべき事は、

明らかなのだから、

それらにあわせて、 地下に、

住める避難施設らを作り拡げて置くべき事も、

明らかな事なのだ。


食べ物らも、 より早くに、 地下で生産できる

態勢を成す度合いを高めてゆく必要がある 】 。



ネット記事+論弁群+;


blog カラパイヤ ;


ほうれん草の強みは、

高い栄養価だけではない。


ちょっと手を加えると、

詮者 センサ ≒ センサー 、 にまで、

早変わりをする、 優れものなのだそうだ。


 

マサチューセッツ工科大学の研究チームは、


カーボン ≒ 炭素 、

ナノ・チューブを使って、


ほうれん草に、

爆薬への探知機能を与え、

無線で、 スマホに、 情報を送信してしまう、

デバイスを作り上げた。



Plant-to-human communication


 同チームは、

ナノ粒子らの溶液を、

ほうれん草の裏側に、 垂らし、

光合成が行われている、

葉肉層に浸透させた。


こうして組み込まれた、

ナノ・チューブが、 センサーとして機能し、

根から吸い上げられた、

水分ら

≒ 酸素O + 水素Hの2個 、ら 、

に含まれる、


芳香族の、 ニトロ

≒ 窒素N 、 の化合物

( 地雷などの爆薬に使用される )

を検出する。


6_e0


 この化合物が、 水分らに含まれていると、

葉に含まれた、

カーボン・ナノチューブが、

蛍光信号を発する。



これに、 レーザーを照射しておくと、

赤外線カメラで、 捉えることができる。



 カメラは、 ラズベリー・パイ、 という、

安価、 かつ、 小型の、 コンピューターに

接続されており、

信号が検出されれば、

メールを送信してくれる、 という、

仕掛けである。



スマホに通知してもらうこともできる。


爆発性分子らが、 根から吸収され、

葉に到達するまで、 およそ、 10分ほどだ。


no title

image credit:Nature Materials


 すでに、 炭素ナノチューブと、

ミツバチの毒を利用した、

同様の爆発物への探知装置が開発されているが、

植物を利用することの利点も、ある。


それは、

自分の力で、 勝手に、

地中に、 根を張り巡らし、

常に、 水分らを吸い続けては、

それらを自動的に、 葉に送る、 という点だ。



  現段階では、

蛍光信号らを読み取れる距離は、

1メートルほど。


しかし、 研究が進めば、

さらに遠くからでも、

検出できるようになるだろう。



植物らが、 電波信号を受信したり、

色を変化させたりする技術も、

開発できるかもしれない。

 


 研究チームは、 さらに、

植物の内部の働きについて、

植物と、 ある種の会話ができるような、

科学技術にも、関心を示している。


また、 植物が合成する化合物らを改良して、

癌らへの治療に活かす、 という、

可能性も見据える。


5_e0


 くわえて、 植物らが、

現在の環境らについて、 我々よりは、

詳しい可能性もある。



 「 植物らは、 非常に、 環境に敏感です 」 、

と、 チームリーダーの、 マイケル・ストラノ

Michael Strano 氏。


「 干ばつの発生などを、 私たちよりも、

ずっと前に、 察知します。

土壌や、雨の、 電位らの特性の、

ごく小さな変化でも、 検出できるからです。

こうした化学信号らを入手できれば、

豊富な情報に握接 ≒ アクセス 、

できるようになります 」 。


 

同研究は、

『 ネイチャー・マテリアルズ

Nature Materials 』 誌に掲載された。



☆  植物って凄い。

樹木らの持つ、 驚くべき7つの能力 ;


" target="_blank" title="">自ら爆発するし、

爆発物を感知できるし。

動けないだけに、 他の機能らが、

人智を越える列辺 レベ ≒ レベル 、 で、

凄く発達しているのかもしれないな。


via:mit.edu・newatlasなど、/ translated hiroching / edited by parumo



☆ カナダ、は、 アルバータ大学の、

環境植物生態学者の、

ジェームズ・カーヒル 氏によれば、


植物らは、 走り去ることができないことから、

生き延びるための、

不思議な戦略を発達させた。



そうした戦略らの中には、

化学物質らを利用して、

昆虫らなどと、 込入掛 コミリケ

≒ コミュニケーション 、 を図る、

能力の存在がある。



1. 植物は助けを呼ぶ


1_e7


 草を刈った後や、 花の手入れをした後、に、


あたりに漂う、 新緑の香りを楽しみ得るが、


これは、 植物らからの、 SOS信号 だ。



「 植物らは、 助けを求めて、

叫んでいるのです 」 、 と、 カーヒル氏。


この香りら 、は、

自分に齧 カジ り付く、 害虫らを食べる、

昆虫らを呼び寄せる。


 

例えば、 ワイルド・タバコらは、

その唾液で、 スズメガの幼虫を特定できる。


この幼虫に襲われたときに、

タバコらは、 幼虫の天敵となる、

昆虫らを魅きつける、 化学信号らを放出する。


数時間もすれば、

カメムシの仲間が集まり、 見事に、

害虫らを駆逐してくれる。



2. 植物らは、 通信を傍受する


2_e8


 植物らは、

仲間からの化学信号らを傍受できる。


こうして、 付近にいる、

腹を空かせた昆虫の存在を察知すれば、


他の植物らへ向けて、 予防的に、

SOS信号らを発信することもある。



48本の研究らをレビューした調査からも、

周囲に、 害を受けた仲間がいれば、

防衛反応を強化する、 という、

事実の存在が、 裏付けられている。


 

例えば、 芋虫に傷つけられた、

山ヨモギらは、

トリプシン・プロテアーゼ阻害剤、 という、

防御タンパク質らを放出する。



これらが、 芋虫による、

タンパク質らへの消化を阻害し、


その成長を阻む。



そして、 付近の植物らが、

この化学物質らに、 暴露されると


≒ さらされると 、


たとえ、 他の種員らであっても、

その植物らまでが、 防衛の準備を整える。



ワイルド・タバコらは、

山ヨモギ達からの、 救助信号を感知すると、

自分らも、

トリプシン・プロテアーゼ阻害剤を準備し、

一足先に、 芋虫らに対する、

防衛体制を整えるのだ。



3. 植物らは、 自分のテリトリーを防衛する ;


 植物らの各々同士は、

日光を多く浴びるために、

有利な位置を確保しようと競争をしている。



だが、それ以外にも、 競争の方法がある。


東ヨーロッパが原産の、 矢車菊 ヤグルマギク 、 は、

アメリカの草原を破壊した、

侵略的な種であることで、 知られている。



根から放出される、 化学物質らは、

土壌からの栄養らへの吸収を助けるものだが、

これが、

その土地の固有種らを殺してしまうのだ。



こうして、 矢車菊らは、

広大なテリトリーを奪い取り、

動物らのように、 競争相手らを一掃してしまう。


 

しかし、 これに対して、

抵抗する植物もある。


ハウチワマメらは、 根から、

シュウ酸らを分泌し、

矢車菊らからの毒から、 身を守る、

バリアを展開する。


このバリアは、 周囲の他の植物らをも、

侵略者の魔の手から守ってくれる、

頼もしい存在だ。



4.植物らは、 仲間を認識する ;


 植物らは、 自らの周囲に伸びる、

植物らの在りようらを感じている。


これは、 他の植物らが、 日影に入った時に、

自らの成長を促進するなどして、

日光を求める競争で、 役に立つ。


しかも、

動物らと同じく、 自分の仲間を認識し、

同族員らへの支援をする。



 鬼浜大根 オニハマダイコン 、 らは、

仲間と群生して成長することで知られる。


この植物らを使った、 ある実験では、

無作為に選んだ、 他種の植物らと育てた

ときよりも、

同族同士で、 育てたときのほうが、

根の成長が抑えられていた。



他種員らが、 周囲にいるときには、

養分らを余計に得る事を競い合って、

根を張り巡らせるが、

同じ種員らに囲まれているときには、

仲間らの需要を考慮しているのだ


≒ 人の事にたとえると、

人が、 考えて成す様な、

段取り事らを成して来ている 。



さらなる実験により、

植物らは、 化学物質らを通じて、

仲間らの存在を認識していることが、

判明している


≒ 人一般の事にたとえると、

人々が、 何事かを認識して、成す、

段取り事らの様な、 段取り事らを成している事が、

判明している 。



5. 植物らは、

哺乳類と、 コミュニケーションがとれる ;



 植物らが引き寄せるのは、

昆虫らだけではない。


ボルネオに固有の食虫植物らの一種は、

コウモリの通信システムをハイジャックする

能力を進化させた。


コウモリの反響定位を、

自分の有利なように調整してまうのだ。


ネペンテス・ヘムスレヤナ Nepenthes hemsleyana 、 という、

ウツボカズラの袋状の構造は、

コウモリらの反響定位を反射するのに適した

形状をしている。


植物を発見した、 コウモリらは、

それを、 寝ぐらとして利用する。


そして、 コウモリの糞が、

ウツボカズラに、 格好の栄養を提供してくれる。


via:mentalfloss・原文翻訳:hiroching