経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

自らの売る物や事の、事情らを知っている立場にある、 売り手側は、 それを知らない立場にある、買い手側へ、十二分に、売り買いの成る前に、 買い手側に関わる事情らについては、説明すべき責任性を負って、 在り得てある 。 泣き寝入りをして、 不作為型の、 詐欺などの加害行為への共犯者に自らを仕立てるべきではないので、 泣き寝入りをせずに、 売り手側をただす行為を成した事は、 倫理的に、当然に、 成されるべき事だった。

観念系らへ対する、 外因性らの間の連携性の欠けよう、など 。 放射線らを活資とする命員ら 。 日本国民の数千人以上を、すでに監禁してある、実態らを成してもある、 シナ

【 意思や欲気らの系の主として 、

自らを、 より、 限定して、 思い構えて観る 、

度合いを 、 成し 、 増す 、 事において 、


観念らの成り立つ系の主として 、

自らを 、 思い構えて観る 、 度合い 、 を 、

より、 成さないで置く 、 負の度合い、 を、

より、 余計に、 成し、 増す、 場合らを成す 、

その主らは、


それだけ、

観念系らへ対する 、 外因性ら 、 と 、

内因性ら 、 とを 、 区別し得てゆく形で 、

観念系らの全体を、 自らの思案視野に入れる、

度合いを増してゆく事へ対して、

負の度合いを成しても、 在り得る 。


だが、 観念系らへ対する 、 外因性ら 、は 、

量子らの 、 もつれ 、 を、 利用した 、

実験らにおいて 、 観察され得て来てある 、

現象な事らにおいて 、

時間性の 、 成り 、 増される 、 度合い 、 を 、

無みし 、

同時に、 距離性の、 成り、 増される、 度合い、も、 無みする形で 、

一定度合い以上の距離性を成し合ってある 、

2つの量子ら、の、

片一方への操作の結果で、 在り得る、 事象を 、

別の一方へも、 同時に、 生じさせる 、

離れ業を成して観せてある 、 ように 、


現に 、 観念系の主らへ 、

時間性の度合などを 、 成し 、 増して観せて 、

来てある 、 外因性ら 、と 、


より 、 連携をしない度合いらの方を 、

より 、 連携をする度合いらと比べて 、

より 、 余計に 、 成して 、

観念系の主らから観察され得る 、 現象な事ら 、

を 、 成して観せ得る 、 外因性ら 、 を 、

その類員らの内に 、 含んであり 、



ある、 特定の外因性ら、が、

それらとは、 別の、 特定の外因性ら、と、

必ず 、 連携性を成す訳では、 無く 、


別の外因性らが、 観念系らに、

現して観せ得る、 状態にしてある、

現象な事ら、などを、 構成する、

観念な設定存在である、 観念性ら、 の、

どれ彼を、

無みしても観せる形で、

特定の、 現象な事ら、などを、

観察され得る、 状態を、 成してもある 、

からには、

観念系の主ら 、 の 、

成す事ら 、 と 、 成さない事ら 、 の 、

どんな 、 組み合わせようら 、 が 、

外因性らの側の事情らに応じて 、

どんな 、 観念性らを 、 欠いて観せたり、

足して観せたりする 、 在り得る 、

現象な事らを 、 我々でもある 、

観念系ら 、 へ 、 もたらすかは、

観念系らの、 こちら側において 、

こちら側に、 現れ出る事らをしか、

観る事のできない立場にある 、 我々には、

定かでは、 無い 。



予知などの事らにおいては、

観念性らを成し現して、 我々へ、 観せる、

外因性らにおける、 連携性、の、

存在と欠如などの、 加減などが、 関わって、

在り得る 】 。

【 自らが、 それへの、

主権者としての責任性を帯びてある、

社会の、 人々の一般と全体とに、

在るべき、 在り得る、 福利らを、

より能 ヨ く、 成し、 増す事を、

阻 ハバ み、 害 ソコナ う、 代わりに、

自らの側の者らへの、

利益性や利権性などを成す事をはかる、

自らや、 他者の、 意思の、

内容事らの実現の、 一部から全部を、

阻み、害う、

加害行為を、 その自らや他者へ対して、

成す、 事によっても、


自らの、 人々の一般と全体とに、

在るべき、 在り得る、 福利らを、

より能く、 成し、 増す事をはかる、

意思の内容事らの、

一部から全部を実現する、

戦争行為なり、 警察行為なりを成す、 主らが、

より、 反社会性の無みされて成る、

より、平和な社会状況らを成す、

方向性を成してある、 主ら、 であり、


その倫理的な規定性らの、

質としての内容における、

反社会性や、社会建設性などの、

存在の度合いが、 定かではない、

他者、の、 その意思らの、

在りようらや、 在り得ようらへ、

誰彼の、 自らの側の、 平和な社会状況らの、

構築のされ得ようを、 依存させる、

規定性を成して、 自らを成して観せてある、


現行の日本の憲法の第9条の内容事は、


自ら、 平和な社会状況らを構築する主らへ対するものとしての規定性を成しては、 いない。


それは、 奴隷が、

それへの主の意思らの実現を成す事において、

それへの助けを成す、道具として在る、

関係性を投影したものではあっても、


自らの主である人々が、

より、 他者の意思の在り得ようらに依らずに、

自らへ、平和な社会状況らを成し、

与える事の、

在るべきである事を、述べ得てあるものではない。

シナ朝鮮人らの一般と、その代表員らである、

反社会的な、 儒教型の、 部族倫理員らのごとき、

反社会的な倫理性による、

実質的な、 犯罪加害者として、

互いに、 共犯関係性を成して、


より、 反撃性の欠けてある人々へ対して、


その利益性なり、利権性なりを奪いとる、

心理的な態勢にある事を、 常なる事として、

在り来たってある者らを、


その社会らの一般の者らとし得てある、

社会らの者らへ対しては、

特に、

より、 平和な社会状況らを成すべき規定性らを、 自らに成す主らは、

その、 反社会的な意思らの内容な事らが、

我彼を宛 アテ ・ 対象として、

実現される事を、 より能く、 阻む、

加害行為を成すべき、 利害関係性 、 を、

その者らの存在、 それ自体から、

押し付けられてあり、


日本国民らの一般の側に立って、

その、 在るべき、 在り得る、 福利らを、

より能く成す事らの一定部分として、

より早くに、

日本国民らの足元の地下へ、

避難経路らと、 快適にも、 住める避難所らとを、 作り拡げてゆく、

公共事業らを成す事において、


英米のカネ貸しらを 、 余計に 、

利して来てある 、 実態らを積み重ねて、

観せて来てある 、


その実態らにおける、 余計な、 反日員であり、

売国奴である、


日本の、 財務省の役人らと、

与野党の主な政治家らから、


日本政府の財政における、 緊縮 、 を通して、

日本国民らへ、押し付け続けられて来てある、


デフレ不況性 、 を、

解消し去ってもゆく方の、 日本国民らは、


当たり前に、

そうした、 反社会的な、 倫理性の主らに対しては、

その、 日本国民らを宛とした、

反社会的な意思らの実現を阻む、

加害行為らも、 成すべきであり、

日本国民ではない者らへ、

その代理をさせる等して、

日本国民らへ、

余計なリスクらが付け加えられないように、

すべきでもある 】 。


ネット記事+論弁群+;

blog カラパイヤ ;


☆ 宇宙線とは、 簡単に言えば、


宇宙空間を、 光速に近い速度で、

飛び回っている、

高エネルギーの放射線

≒ 原子から、

負電荷な、 電子を離れさせる、

すっ飛び粒子 、 らのことだが、


京都大学の、 田中孝明助教や、

広島大学、に、 宇宙航空研究開発機構

( JAXA ) 、と、 米国 SLAC 国立加速器研究所などの、 国際研究チームが、


フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡を用いた、

観測によって、


宇宙線な、 陽子が、

超新星の残骸らから、 生成する事への、

決定的な証拠が見つかった 、 と、 発表した。


発見から、 100年で、 ついに、

宇宙線の源が、 特定されたのだ。



  ☆ 宇宙から、地球にやってくる宇宙線

( 一次宇宙線 ) らの大部分

( 90 % ) 、 は、


正電荷な、 陽子 ≒ プロトン 、 らで、


9 % 、 が、


ヘリウム 、の、 原子核

≒ 中性子の2個 ➕ 陽子の 2個 、


を、 始めとする、 原子核ら、 であり、



残りの、 1 % 、 が、

負電荷な、 電子 、たち、だ 、 という。



一次宇宙線らの大部分は、

銀河系内の、 超新星の爆発に由来する、

のではないか、 と、 考えられてきたが、

観測的な裏付けは、 なかった。



  最近の観測によって、

宇宙線の電子成分の源が、 超新星の残骸である、

ということが、 ようやく、 突き止められた。



地球に降り注ぐ、 電離をする、 すっ飛び粒子、な、 宇宙線らの大部分を占める、

陽子と原子核についても、


超新星の残骸らで生成されている、 という、

示唆は、 ありましたが、

決定的な証拠は、 得られていなかった、 という。


3_e8


 研究チームは、

ふたご座の方向にある、 「 IC 443 」 、と、

わし座の方向にある、 「 W44 」 、 という、

2つの超新星の残骸らについて、

日欧米が、 打ち上げた、

「 フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡 」 の、

2008年から12年までの観測データらを解析した。


その結果において、

いずれの超新星らの残骸らからも、 陽子や、

原子核が、 周囲のガスと衝突することで発生する、

電磁波である、 ガンマ線 、 に、

特有な、 エネルギー分布が得られた、 という。


2_e9


 宇宙線らは、 1912年に、

ヴィクター・フランシス・ヘス氏

( 1883- 1964年 ) の、 気球観測によって、

発見された。

ヘス氏は、 この功績で、 1936年に、

ノーベル物理学賞を受賞した。 


via:jaxa・cienceportal


☆  南アフリカにある、金の鉱山の奥深くから、

奇妙な微生物が発見された。



「 デスルフォルディス・アウダクスウィアートル

Desulforudis audaxviator 」 、 と呼ばれる、

この棒状の生き物は、


地球上の、 ほとんどの生物らが利用する、

エネルギー源

( 光 、 酸素 、 炭素 ) 、 が、

まったく、 存在しない、

2・8 キロの地下に、 生息する。



そのエネルギー源は、 放射性ウラン 、だ。


 この発見を受けて、

宇宙のどこかに存在する命員 メイン 、らも、

やはり、 電離をする、 すっ飛び粒子である、

放射線らを餌にしているのではないか、 と、

専門家は、 予測している。

PR


 この微生物への発見は、 もしかしたら、

生命に適しているようには思えない、

宇宙空間で、 命員らが生存する術を示す、

モデルとなるかもしれない



☆ ウランの放射線から、 エネルギーを引き出す微生物ら ;


 基本的に、 地球上に存在する、 ありとあらゆる命員らが、

二つの過程らのうちの、 いずれか一つから、

エネルギーを手にしている。



 植物、一部の細菌、 その他の有機体


≒ 炭素 C 、 を含む者ら 、 は、


光合成 、 という過程を通じて、

光から、 エネルギーを得る。



そうした、 命員らは、

光から得た、 エネルギーを利用して、


水 ≒ H2O 、 と、

二酸化炭素 ≒ CO2 、 を、

より複雑で、 エネルギーの高い分子である、

炭化水素 ≒ CH 、らへと、 転換する。



 こうして蓄えられたエネルギーは、

酸化 、 という、

酸素 O 、を、 何彼へ、 くっ付ける、 過程で、

炭化水素を分解することで、 取り出される。



◇ もう一つの手段を利用する、

動物などの、 生物らの場合は、

その植物を食べて蓄えられている、

エネルギーを横取りする。


1_e6

デスルフォルディス・アウダクスウィアートル

Desulforudis audaxviator ;


( 以下D・アウダクスウィアートル ) が、

採用するのは、 第三の手法だ。



炭鉱の岩石に眠る、 ウランの放射線らから、

エネルギーを引き出すのである。



 ウランの核が崩壊する際に発せられる、

電離をする、 すっ飛び粒子、な、 放射線らは、


石に含まれる、 硫黄分子と水分子を分裂させ、


内部エネルギーで励起した、 硫酸塩や、

過酸化水素などの、 分子片らを生み出す。



 D・アウダクスウィアートルは、

こうした分子らを取り込み、

エネルギーを抽出してから、 吐き出す。



この過程で得られた、 エネルギーの大半は、


細菌の生殖と、

体内プロセスのエネルギーとして利用されるが、


一部は、 放射線らからの、

ダメージを修復するためにも、 利用される。


0_e7


☆ 宇宙線をエネルギー源として存在する、

地球外生命体の可能性 ;


 米ワシントン州は、 シアトルにある、

ブルーマーブル宇宙科学研究所の、 宇宙生物学者の、 ディミトラ・アトリ Dimitra Atri 氏

の見解によると、

地球外の命員らは、 これに似た手法を、

簡単に利用できるのではないか、 という。


 

しかし、 それは、

放射性物質からの、 放射線ではない。


銀河宇宙線 、 という、

超新星によって、 猛スピードで放たれた、

高エネルギー粒子らである。



それらは、 いたるところに存在する。


無論、 地球にもあるが、

ここの場合は、 磁場と大気とによって、

そのほとんどが、 地上までは、 届かない。


 だが、 火星のような、

大気が薄かったり、 磁場がなかったりする、

惑星では、

大量の銀河宇宙線らが、降り注ぐ。


そして、 火星の場合は、

小さな微生物らが、

十分なエネルギーを得られるだけの、

宇宙線らが、 地表に届いているのでは、

と、 アトリ氏は、 推測する。


 さらに、 冥王星、月、木星の衛星の、

エウロパ、

土星の衛星の、 エンケラドゥスは、 もちろん、

理論的には、 太陽系外に無数に存在する、

同様の天体らで、 同じことが言えるだろう。


一方で、 銀河宇宙線らは、

太陽光に匹敵するエネルギーを有していないため、

これをエネルギー源とする、 命員らは、

D・アウダクスウィアートルのように、 小さく、

単純なものであろうことも、 推測される。


2_e7


☆ やっぱ、 火星が、 最有力候補 ;


 アトリ氏は、

銀河宇宙線に関する、 既存のデータらを利用して、 仕観例 シミレ― ≒ シミュレーション 、 を実施し、

一体、 どれほどのエネルギーが得られるのかを

検証している。


その結果において、

少量の、 安定した宇宙線らであれば、

単純な生物を生かすに足るだけのエネルギーを

供給できる、 と、 判明したそうだ。


 こうした命員らが存在する場としての、

最有力候補が、 火星である、 と、 アトリ氏。


火星の組成は、 地球と同様に、

炭素 C 、 を、 含まないが、

ヒトの体を維持したり、 機能させたりする、

事に、 必要な、 化合物である 、


『 ミネラル 』 、 ら、 の豊富な岩石であり、

水が存在する可能性もある。



 宇宙線で、 分解し、

生命体の餌とするには、

どちらも、 おあつらえの媒体だ。


だが、 特に、 肝心なのが、

薄い大気であることは、 奇妙であろう。


現在に行われる、 地球外生命への探査の対象が、

分厚い大気を持つ惑星ばかりであるのとは、

正反対なのだ。


 アトリ氏によると、

いずれは、 金鉱山の細菌を、研究室に連れて帰り、

火星やエウロパなどと、 同じレベルの、

宇宙線らに対する、 反応を確認したい、 と、

考えているそうだ。


こうした実験から、 地球以外の場でも、

生存可能な、 命員らの姿が浮き上がってくる

ことだろう。


D・アウダクスウィアートルは、

命員らが、 いかなるエネルギーでも、

利用可能であることへの証左である、 と、

アトリ氏は、 話す。


via:/ translated hiroching / edited by parumo


\  SNSでみんなに教えよう! /


☆ 古い記事の引っ越し保管と改訂 ;



@ 原子や、分子らの枠内から、

負電荷な、 電子、を、 引き離す、

『 電離 』 、

という、 働きを成す、


ガンマ線、 などの、

すっ飛び粒子、 でもあり、 波でもある、


『 電離 放射線 』 、 ら、が、

どれ程の量かを測るのに、


『 ベクレル 』 、 という、 単位を使う。



◇ この単位は、

比ぶる最近に、

スタンダード ≒ 標準 、 になったが、


前は、 キュリー 、 という、 単位を用い、

これは、 発見者である、

キュリー夫妻に因んで、つけられた。 :



◇ 1 ベクレル 、 とは、


『 1秒の間に、

1個の原子核が変身する事を意味し、 :


変身する ≒ 原子の核が、 崩壊する 』 、

数が多い程に、


ガンマ線が、 多く放たれてある事を意味する。 :



◇ 原子炉実験所にある、

ガンマ線を照射する装置は、


コバルトから出る、 ガンマ線を利用する物で、


414 テラ・ベクレルの量の、 波でもある、

すっ飛び粒子、の、ガンマ線らを出す。 :



これらの、 不安定な原子核らの崩壊は、

絶えず、 続いており、

人の力では、止め得ない。


ガンマ線が、絶えず、発生している。


崩壊する原子核の数は、

段々に、少なくなるから、

ガンマ線らの湧く数量も、

時が経つにつれて、 減ってゆく。