経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

観念系らへ対する、外因性ら、と、内因性ら、とへの、区別へ導き得る、観念らの矛盾し合う場合の規定性ら 。 比較優位性 02 。 日本国民の数千人以上を、すでに監禁してある、実態らを成してもある、 シナ

【 観念系らへ対する、 外因性らによる、ものらの側と、

より、 内因性らにだけよる、 ものらの側とに、

共通し得てある、事ら、 と、

共通し得ていない、 事ら、 とを、

能 ヨ く、 区別して観宛 ミア てがう、

分析型の体系知ら、 を、 一定度合い以上に、

構築する事を、 欠いている限りは、

その主らは、

自らを、 意思や欲念らの主として、 在らしめ、

成り立たしめても、 在る 、

自らの観念系 、 に、

その、 現れ出得る、 質としての内容を、

その、観念系らから、 与えられて、 初めて、

成る 、 何彼な物事ら、へ、 宛てて、

観念性のものでは 、 無い 、 と、 観成す、

度合い、 を、 成し、

そうした宛ての、 実態において、

観念性の、 物事ら、 を 、

それらとは、 別の、

観念性の物事らが成り立つ、 基のものら、 とし、

より、 それらへの前提として、 在り得る 、

ものら、 として、 観る、 度合い、を、

より、 余計に、成して、在り続ける事になる 。


別の類の観念らと、 区別され得る形で、

それ自らの質としての内容を成しても、ある、

観念ら、の、

規定性ら、なり、 秩序性ら、 なりは、

別の類の観念ら、の、 それら、 と、

矛盾し合う関係性らを成す、

可能的な度合いらを、 帯びても、あり、


分割され得る、 内因性による、 運動ら、へ、

宛てた、 観念ら、 の、 それら、 と、

分割され得ない、 外因性による、 運動ら、へ、

宛てた、 観念ら、の、それら、とが、

矛盾し合って在り得る、関係性らを成してある 、

事からも、

観念系らへ対する、 外因性らと内因性らとの、

互いに、 異なり合ってある、 質としての内容ら、が、 思い分けて観られ得るに至ってあるように、


観念らの、 互いに矛盾し合う、 規定性らは、

それらの、 互いへの、 在りようらや、

在り得ようら、を、 能く、 思い分けて、

観通してゆく、 主らへ対しては、

観念系らへ対する、 外因性ら、と、 内因性ら、

とへ、 宛てた、 分析型の体系知らを、

思い構えて観させるに至らしめ得る 、

可能的な度合いらを、 帯びても、 ある 。


いずれにせよ、

日本国民たちは、 より早くに、

日本国民たちの足元の、 地下へ、

より、 どこからでも、

より、 速やかに、 落ちついて、

歩み降りてゆき得る、 避難経路ら、と、

より、 快適に住める、 避難所らとを、

作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事により、


日本の、 財務省の役人ら、と、 与野党の、

主な政治家らとが、


英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、

自らもまた、 オウム返しにして、主張し、

実行もする事において、


日本政府の財政における 、 緊縮 、 を、

繰り返し、 成す事を通して、


彼らへの、 主 アルジ の立場にある、

日本の主権者としての日本国民たちへ、

物価だけではなく、 その労働らへの賃金らの水準へも、 より、 押し下げる向きへ圧力をかける、

要因らの系である、

デフレ不況性 、を、 押し付け続けて来てある、


その、 デフレ不況性 、を、 解消し去ってゆく、

と共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的にも高めてゆくべき、 ぎりぎりの状況にも、 ある 。



地上を襲い、 地上をおおい得る、 あり得る、

災害らへ対して、


地上に、 避難所らや、 避難経路らを設定して、

日本の主権者たちを、 それらへ誘導する事は、


人食い鮫 ザメ どもの住む、 海辺へ、

人々を誘導する事に類する行為であり、


日本の主権者として、 日本国民たちの一般 、

へ対する、

個々の日本国民においても、

執事なり、 召し使いなりの立場にある、

公務員などの、 者らにおいても、

成す事が、 許されない 、

日本国民たちの一般の、 あり得る、 福利ら、を、 より、 能くも、 最大限にも、 成す事を、

約束して、 日本の社会に、 存在し、 存続する事を、 日本国民たちの一般から、 許されてある、

筋合いにある者としての、 義務 、 に、

違反性を成す、 行為であり、


それが、 作為型では、 無く 、

無知性と痴愚性とにもよる、 不作為型の、

行為であっても、

それへの責めを負うべき、 筋合いを、

その主らの側に、 成すものである事に、

変わりは、 無い 】 。


◇ 負電荷な 電子対なら 奪う、酸


逆な、 陽子を 引き取る、塩基・・。




☆ 湧き水の 濁りに続く 山津波

無い、水どもが 湧くも、先触れ・・。


◇ 連れ去るに 浜から沖へ 離岸流

脇へ泳げば ひろえる命・・。


☆ 水に塩 糖分も要る 熱を去る


風に、 掛け水 殺 ソ ぐ、 熱射病・・。


☆ 機会費用らから観照らす、 比較優位性 ;



【 ・・それは、 言い換えれば、 :


それぞれの国で、

自慢の産業らだけを育成し、

世界中で、分業をし合えば、


同一時間当たりでの、

同一の投入費用・費用金額により、


生産らの総量を最大にできる、


という事でもあるが、 :

:


この理論には、

現実に、 各経済圏の、

社会一般の福利らを維持し、拡充する事において、 足しに成る事として、 当てはまり難い事もあり、 数々の反論らがある。 :



@ 世界銀行 、 とも言われる、

国際通貨基金 ≒ IMF 、 は、


新古典派の考えに基づいている、ので、

それに従って構築される、世界観も、

この 「 比較優位性 」 、 に基づく観念となる。 :



つまり、 “途上国らは、

途上国なりの強みをもって、発展すれば、好い。 :


先進国らのマネをして、

先端技術などを学ぼう、と、図るには、

百年早いわ!”、 という事なのだ。 :



【 日本の社会一般の人々の、

福利らの拡充を成す事において、


日本の、 匠の精神性などの、道の精神性らは、

その中長期的な拡充を成して来た物として、

特に、 役立ち得て来た物らであり、 :


治安の良さを一定度合い以上で実現する事にも、 それらに基づく、 一定の安寧感としての効用らを、 社会一般の人々へ与える事にも、貢献し得て来た、 が、

これらは、 生産らの量の、

効率的な増加だけに重きを置いて観せている、

所がある、

グローバル ≒ 地球規模の 、 経済 ≒


地球市場経済 、 を推し進めて来ている、

欧米ら、 の、

最短期間で、 収奪し得る利益、 の、

最大化を志向する、 株主資本主義者らが、


全く、 その価値の無限大性を理解し得てはいない物らであり、


これらは、 他国任せにせずに、

自ら進んで、 日本国民たちが、

世界一の品質の、物やサービスらを、

たゆまず、発明し、生産してゆく、

理知的な生き物として、 最も偉大な事業を成してゆく事において、

最も有効性のある、 精神的な態度・基盤であり、 :


その社会一般の人々の、

あり得る、 福利、らの、

中長期的な拡充に、 最も役立ち得て来た、

物らであるがゆえに、


株主資本主義式な、 極短期的な利益の収奪を、

事とする、 経済への操作方式ら等に代わって、

欧米らを含む、 世界中で、


各々の社会らの一般の主権者たちが、

その感化を受けるべき、 値打ちのある、

精神性であり、 :


これらが、 無くなれば、

世界人類の相互破壊的な自滅を防いで、

地球人類一般の福利の拡充を、

中長期的に確保してゆき得る、拠り所となる、

社会倫理性の一定以上の成立ちに基づき、

それの向上を促す事に役立つ、 精神的な体系ら、の、 一定以上が、 無くなり、


株主資本主義者らによる、

世界人類の相互破壊への道らが、

ひたすらに押し広げられてゆく事になる。



世界人類の文明らの近未来以降を在らしめ得る、

道の精神性らの価値は、無限大だ。


リカードー氏の、 比較優位性の考えの、

内容事らを、 そのまま、 地球市場において、

株主至上志向者ら ≒


つまり、 英米の富裕権力層の者ら、と、

それらを、 最大手の、 自らの事業らへの、

金と許認可、の、 出し主としている、

英米の金融資本勢らと 、 が、


表立てて、唱え、

実行する事として、


経済的効果らについて、 自己循環性のある、

経済系ら、 の、 可能的な成長の度合いを、

確実に削り減らして、

その社会の資産性のある、権利ら等も含む、

物事らを、より安くしてゆく事において、


英米の富裕権力層を、 最大手の金主としている、

欧米の企業や機関らが、 それらを買い得る、

その費用らを、より少なくする向きに沿う形で、


日本や、 ギリシャ等の、

その標的な国々の政府機関の者らや、

政治家ら、と、 連携する実態らを成し、


その中央政府の財政を通して、

その国の主権者である、 国民たちの、

カネ等の資本性らが、

同じ国民たちへと渡されて、

その国民経済系を拡充する事において、


その国民たちの全般の、 あり得る、 福利らが、

拡充され得ても行く、

連鎖循環式の行為 ≒ 公共支出 、

の、 成される度合いを減らす、

財政の緊縮 ≒


中央政府の財政から、

それへの、 主である、 国民たちへ、

資本性らを渡して、

同じ国民たちからの、 買い物らで使わせる事で、

その国民たちに、 所得金額らを、

更に発生させる、

可能的な度合を確実に減らす 、


中央政府の財政における、 引き締め 、 を、

ごり押しし続ける事で、 :


世界中の資本性らの、半分近くを、

英米の富裕権力層の者らが、

自らの物に買い取り得て来ている、

現状が、 在り得て、 ある様に、


英米の富裕権力層の者らは、


地球規模で、自らへ、 圧倒的に偏った度合で、

有利に、経済的格差を広げて、

階級社会性の度合を、自らへ、

有利な形で、 増して行く事を意図するも、

同然の、 実態としてある、 規定性を成す形で、


財政の緊縮らを成して来ており、

日本国民らは、

それを差し止めるべき筋にある 】 。



@ 労働コスト ≒ 労働費用 ≒

投資による、 利益を生むのに必要な、

資本、や、 金額としての数値なども 。 :

:


@ 英米の富裕層が、

最大手の投資主に成っている、

欧米の企業らが、


TPP などでの、 取り決め事らにより、


日本の公共事業らにまで参入して来るが、


株主らへ、最短期間で、

最大限の利益を与える事が、

株主らから雇われている、

企業から企業へ渡り歩く、雇われ経営者らへ、

法的に負わされている、義務事項であるから、


日本国民らよりも、

安い価格で、自らの労働を売る、移民らへ、


一定金額以下の所得の付いた仕事らを与えて、


日本国民ら、を、 クビにしたり、

より、雇わない様にして、


日本国民らが、

自らの労働らを、 より安く売る、

競争性の度合を増して行く様にさせて、


英米の富裕権力層の者らを、

最大手の株主とする、 株主らへ、

より、多額の利益らを与える事になる。 :

:


渡り経営者らは、

そうしないと、

株主総会によって、 クビにされるだけでなく、


株主代表訴訟などにより、


株主らの、在り得た利益金額らを、

損失額として、計算され、


その損失額を賠償する様に、

法に、強いられ得る、 立場にもある 。



TPP 、などを、

日本側の売国奴らが受け容れる事が、


日本国民らの労働価格らの可能的な上昇分を、

大幅に削り減らして、


日本に、 デフレ不況性を強力に存続させる事は、

英米で、 すでに成立して、実施されている、

法の規定事らの存在その物が、

明らかにし得ている事であり、

法的に、 すでに確定し得ている事なので、


当然に、 日本国民らへ、

その法的な規定事らが適用される、

という事であり、


裁判は、 英米の機関がする事に、

定められてもいるので、


TPP 、 などを、 売国奴らが受け容れた事は、


実質において、

日本国民らを、

英米の富裕権力層の経済奴隷にする、

英米が主導して成し用いる、法体系の下に、

日本国民らを縛り付ける事であり、


日本国民らは、

自ら、憲法への違反行為ら等を理由として、

売国奴らを裁き、

英米の富裕権力層と、その代理人らによる、

表と裏の工作らを潰し返すべき、

利害関係上の立場にもある。

観念系らへ対する、外因性らと内因性らとに、共通し得てある事ら、と、し得ていない事ら 。 機会費用から観照らす、 比較優位性

【 観念系らへ対する、 外因性らは、

外因性らによる、 運動ら、を、

分割され得ない 、 もの、 として、

在らしめ得て、 来てある 、 ように、


我々の、 好き勝手な思いようら、 であり、

それらを成す事ら、 であり、

それらを成す、 基のものら、である、

観念系らにおける、 内因性ら 、 によって、


外因性らが、 成しても、 在らしめ得てある、

ものら、 を、 より、 左右させない、

ものら、 であり、


我々の、 妄想ら、 なども、

妄想としての、 実在では、

ある、 が、

そうした、 内因性ら、 であったり、

内因性らによって、 あり得たりする、

ものら、 に、 よっては、


外因性らによって、 在り得てある、

度合いの大きな、 物事であれば、 ある程に、

より、 それ自らの、 在り得ようら、 を、

左右され得ない、

規定性を帯びて、 在り得てある 。

逆に、 より、

外因性ら、 との、 関わりようの度合いを、

持たされずに、 ある、

より、 内因性らによって、

それ自らの、 在りようらや、在り得ようら、

を、 作り出され得る 、

運動ら、 は、 いかようにも、 分割して、

観られ得る 、 ものら、 であり、


それは、 これらが、 実在しない、

運動ら、 である、 から、 ではなくて、


内因性らによる、 運動ら、 である、

から 、 である。


これらの、 内因性らによる、 運動ら、も、

内因性のものら、としては、

実在したり、 実在し得たりする、

規定性を帯びてある 、 ものら、 である 。



また、 外因性らによる、 運動ら、が、

分割され得ない 、 のは、

それらが、 観念なものでは、 無い 、

から、 ではない。


それらもまた、 内因性らによる、 物事ら、

と、 同じく、


観念な、 質としての内容を、

観念系らにおいて、 観念系らから、

与えられて、 初めて、 それ自らの成り立ちを、

得る事のできる、 ものら、 であり、


それらが、 分割され得ない、

可能的な度合いの大きさ、 は、

より、 外因性らにもよって、

それ自らの成り立ちを得させてもらい得て、

在り得る、 その度合いの大きさに、

応じてあるものである 。


外因性らの側において、

それらによる、 運動ら、をも、

誰彼から、 分割して観られ得る宛 ア てものに、

仕組まない限りは、


外因性らによる、 運動ら、 は、

分割され得ない、 で、 在る、もの、 としての、

秩序性を帯びて、在り続ける、ものら、 である 。



あるいは、

外因性らの側が、 そうした仕組みようら、を、

成し得た場合らにおいても、

これまで、 すでに、 外因性らによる、

運動ら、は、 分割され得ない、 もの、 としての、

秩序性なり、 規定性なり、 を、

帯びさせられる、形で、 在り得て来てあり、


そうした、 規定性なり、 秩序性なり、

と共に、 それ自らを成り立たしめられ得てある、

ものら、 として、 在り得て、 ある 、

その、 規定性のそのものは、

その通りに在り続き得る 、 ので、

そうした、 規定性を帯びても、 成る 、

外因性らによる、 運動ら、 は、

相変わらずに、

分割され得ない、もの、 として、

在らしめ続けられ得る 、 とも、

観成す、 宛居 アテイ ・ 対象 、 にされ得る 。


いずれにせよ、

日本国民たちは、 より早くに、

日本国民たちの足元の、 地下へ、

より、 どこからでも、

より、 速やかに、 落ちついて、

歩み降りてゆき得る、 避難経路ら、と、

より、 快適に住める、 避難所らとを、

作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事により、


日本の、 財務省の役人ら、と、 与野党の、

主な政治家らとが、


英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、

自らもまた、 オウム返しにして、主張し、

実行もする事において、


日本政府の財政における 、 緊縮 、 を、

繰り返し、 成す事を通して、


彼らへの、 主 アルジ の立場にある、

日本の主権者としての日本国民たちへ、

物価だけではなく、 その労働らへの賃金らの水準へも、 より、 押し下げる向きへ圧力をかける、

要因らの系である、

デフレ不況性 、を、 押し付け続けて来てある、


その、 デフレ不況性 、を、 解消し去ってゆく、

と共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的にも高めてゆくべき、 ぎりぎりの状況にも、 ある 。



地上を襲い、 地上をおおい得る、 あり得る、

災害らへ対して、


地上に、 避難所らや、 避難経路らを設定して、

日本の主権者たちを、 それらへ誘導する事は、


人食い虎どもの住む、 密林へ、

人々を誘導する事に類する行為であり、


日本の主権者として、 日本国民たちの一般 、

へ対する、

個々の日本国民においても、

執事なり、 召し使いなりの立場にある、

公務員などの、 者らにおいても、

成す事が、 許されない 、

日本国民たちの一般の、 あり得る、 福利ら、を、 より、 能くも、 最大限にも、 成す事を、

約束して、 日本の社会に、 存在し、 存続する事を、 日本国民たちの一般から、 許されてある、

筋合いにある者としての、 義務 、 に、

違反性を成す、 行為であり、


それが、 作為型では、 無く 、

無知性と痴愚性とにもよる、 不作為型の、

行為であっても、

それへの責めを負うべき、 筋合いを、

その主らの側に、 成すものである事に、

変わりは、 無い 】 。


◇ 負電荷な 電子対なら 奪う、酸


逆な、 陽子を 引き取る、塩基・・。




☆ 湧き水の 濁りに続く 山津波

無い、水どもが 湧くも、先触れ・・。


◇ 連れ去るに 浜から沖へ 離岸流

脇へ泳げば ひろえる命・・。


☆ 水に塩 糖分も要る 熱を去る


風に、 掛け水 殺 ソ ぐ、 熱射病・・。



☆ 機会費用の考えから、

比較優位性の考えの構築へ 2014/ 6/5


http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : :

法務省 koueki-psec@moj.go.jp :

:

☆ 菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959 菊池医院 0192211620 通報宛先 ttp://www.jinji.go.jp/rinri/

古い記事の引越し保管: 14/6/5 23:42 :

ネット記事+論評群➕ :



【 副業に、 時間がとられる間の、

労働の機会費用らを考えに入れると、


それは、 会計学における、 費用 、

の事、 を考えるのではなく、


経済学における、

費用 、の事を、 考える事になる。 :

:


時給計算で、 就業可能な、別のバイトよりも、


副業からの利益金額が少ない、 とすれば、


副業による、 収入の増加は、

別の労働による、機会費用、を、

下回る事に成るし、 :


本業の方で、 疲れた後に、 副業を成す為に、

時間を割くのだから、

それ分だけ、 余暇は、 希少になり、


その当人が、 余暇を過ごす事から心得られる、

プラスの効用性の、 金額な、 数値で評価できる、

範囲内の価値も、

副業をしない場合に比べて、

大きくなるので、

副業へ当てる時間分を、 余暇へ当てた方が、

差し引きでの、 効用性が大きく成る、

という事も、 あり得る。 :



この犠牲となる、

余暇の価値 、 を超える収入が、

副業を成す事から得られ無い、 のであれば、


副業を成す事は、

経済学上の収支としては、

損 、 を、 成す事になる。 :



この場合に、

個人の選択として、

合理的な選択行為は、 :


会計学上の、 費用 、の考えに基づいた、

行動を成す事ではなく、 :


経済学上の、 費用 、の考えに基づいた、

行動を成す事だ。 : :



この事は、

合理的な選び行為を成すに当たっては、


機会費用、 の度合を考えて観る、

必要性がある事を示している。



@ 機会費用の考えを応用した、 考え 、

として、 比較優位性 、 へ宛 ア てた、

考え 、 がある。



2つ以上の種類の、生産作業らにおける、

機会費用ら、の、

各々同士の大小を比べる時に、


比べる相手より、 少ない、

機会費用を持つ事を意味する =


比較優位性 、 が、


どの生産作業かに、在り得ている事を意味する 、場合には、


その生産物らと、

別の1種類以上の生産物らとを、

交換するに当たり、


ある人々などが、

ある財 ≒ 物ら、や、サービスら 、

の、 生産に特化する事 ≒

分業らの各々を成す事 、と、


・・別の人々などが、

別の財の生産に特化する事とを成す場合と、


そうしない場合とを比べて、


それらの全体的な産出量ら =

アウト・プットら 、 が、 増す事になる 、

という、

定量的な判断を含む、 図式的な事らを成す、

観念 、 が、

比較優位性の内容事らを宿す、 観念に当たる。

:



@ 機会費用 = opportunity cost 、

とは、


選ばれなかった、 選択事らの中で、


最大の ≒ 金額な、 数値で、評価できる、

範囲内の物事ら、 の 、 価値 、 の事で、 :


法学では、 逸失利益 、 とも、 呼ばれる。

:


◇ 機会費用 、 は、

希少性 ≒

使いたい量に対して、

使い得る量が、少ない事 、

によって迫られる、 選び行為を成す、

代わりに、生じる。



◇ 経済学上の、 機会費用 、 は、


例えば、 大学への進学を成す場合における、

機会費用は、

進学をせずに、

その就学期間中に、働いていたら、

得られたであろう、 と、

金額な、 数値で評価し得る、 利益の事 、 で、 :



その場合は、

会計上に現れる、 費用 、 の方は、


大学への進学の為の学費などであり、


就学期間中に働いて得られた筈の、

金額な、 数値の方は、


会計学上は、 費用 、として、 評価されない。

:


☆ 経済学上の費用は、

会計学上の費用に、 機会費用を足した物だ。 :



◇ 通常は、 経済学において、

合理的な行動とは、


会計学上の、費用ではなく、

経済学上の、費用に基づいた選択行為ら、

など、 と、 考えられている。

:


「 副業で、 月に、

何万円の収入が増えるから、 儲かる 」 、

という、

売り文句が使われたりするが、

副業において、

会計学上の収支 ≒

収益と、支払い 、との 、 差し引き 、

として、

「 儲け 」 、 が出た、 としても、


機会費用らを考えに入れた、

経済学上の、 費用、においても、


「 儲け 」 、 が出る、とは、 限らない。




@ 比較優位性

comparative advantage 、 の考えは、


証券業を営んでいた、

デヴィッド・リカード氏が創り出した概念で、


この概念を使えば、


自由貿易において、

各国が、

自らの得意な分野に特化していくべき、

有利性を説明でき、

比較生産費説 、 とも言う。 :



☆ 比較優位性の考え、とは、


『 国内での 、 生産作業ら、の、

各々同士を比べた場合の、


相対的な有利さ =


ある生産作業との対応において、

別の生産作業のそれより、

機会費用 、 の、 より少ない状況 、 が、


その、 いずれかの、

生産作業に、 ある 、 場合に 』、


そうした機会費用らの各々を、

国ごとに比べた場合の、

相対的な有利さ =


ある生産作業との対応において、

機会費用の、 より少ない状況 、

が、 ある 、 時に 』 、


それらを、 2重に、相対させて、

比べて観た場合に、


優位にある事 =


ある生産作業らが、

より、機会費用が少ない事を表す、 概念で、 :




例えば、 アメリカでは、

クルマ産業の生産性が、 3 、で、

寿司産業の生産性が、 1 、 である時に、


日本では、 クルマ産業の生産性が、8、で、

寿司産業の生産性が、4 、の場合を考える。



アメリカにおける、 車産業の、

寿司産業に対する、相対的な有利さは、


3 = 3/1 : 一分の3 、 であり、 :



日本における、 車産業の、

寿司産業に対する、 相対的な有利さは、


2 = 8 / 4 、 であり、



この各国内での、 相対的有利性の各々を、


アメリカと日本とで、 比べると、 :


アメリカでの車産業の、

寿司産業に対する、相対的な有利さの方が、

大きい :


アメリカ = 3 > 日本 = 2 。


:

この様な差がある時に、


アメリカでは、 国内の別の生産と、

日本の生産らに対応する、

機会費用らとの比較において、


車産業に、比較優位性がある、 という。 :



車産業の生産性その物は、

米国が、3 、 で、

日本が、 4 、 と、


絶対優位性 、 は、 日本に、 あるが、


比較優位性 、 は、 アメリカに、 ある、

という事が、 認められ得る訳だ。




@ あらゆる産業において、

絶対劣位にある国においても、

比較優位な産業は、在る。 :



それは、 資源が有限である事に拠る事で、

仮に、 労働力なども含めた、

資源らが、 無限にあれば、


絶対優位性のある国でのみ、

生産をする事が、 最適 、 となるが、



現実には、 資源らが、有限な為に、


ある財の生産を行う場合に、


他の財らの生産らを諦める、事において、


機会費用 、 が発生する。 : :



◇ 直 ジカ な費用だけを観るのではなく、


この機会費用をまでも含めて考えれば、


絶対優位にあるから、といって、

その財を生産する事が、 最適、とは限らなくなる。 :



例えば、 :

@ 同一時間内に、

フランスでは、

一枚の布を織るのに、 十人の人手が必要で、


一本のワインを作るのに、

6人の人手が必要である、物とし、 :



( 「 人手 」 、 としたが、

これは、 投入費用の事 、 なので 、

カネ・金額数値としても、 好い ) :

:


一枚の布の値段と、 一本のワインの値段は、

同じ 、とする。 :



スペインでは、

一枚の布を織るのに、 12人の人手が必要で、

一本のワインには、15人の人手がいる、

物とする。 :



布 にしても、ワイン にしても、

フランスの方が、 より安く、生産できる。 :


これが、 『 絶対優位性 』 、 で、 :



布でも、 ワインでも、 スペインでの方が、

余計に、 人手が要るから、

費用の、少なさ、では、

両方とも、 フランスの勝ち、だ。 :

:


「 一人当たりの生産量 」、 で、比べる、と、 :


フランスでは、

十人で、一枚の布を織るから、

一人当りでは、

同一時間内に、布の十分の一だけの生産をする。 :

:


両国人らが、

ワインと布を、 同一時間内に、

投入費用の最も少ない状態で、

最も多くを、生産できる場合を探す、と、 : :



・選び得る事 1: :


フランス人も、

スペイン人も、 共に、 布を織る。



・・この場合に、

生産される布の量は、


1 / 10 ➕ 1 / 12 =


6 / 60 ➕ 5 / 60 =


11 / 60 。

:



・選び得る事 2 :


フランス人が、布を織り、

スペイン人が、 ワインを作る。 :



この場合に、生産される、 布とワインの量は、 :


1 / 10 ➕ 1 / 15 =


6 / 60 ➕ 4 / 60 =


10 / 60 。 :

:



・選び得る事 3

:

フランス人も、スペイン人も、ワインを作る。



この場合に、 生産される、ワインの量は、 :


1 / 6 ➕ 1 / 15 =


14 / 60 。

:



・選び得る事 4


ワインは、 フランス人が作り、

スペイン人が、布を織る。



この場合に、生産される、 ワインの量は、 :


1 / 6 ➕ 1 / 12 =


15 / 60 。

:



それぞれの場合の結果同士らを比べ観ると、


選び得る事の、4の場合が、


同一時間当たりでの、

同一の投入費用において、

最も生産量が 、 多い 、事が、 判る。 :



これは、 フランスの国内では、

布らの生産よりも、

ワイン作りの方に、 比較優位性 、 がある、

から 、であり、 :



一方で、 スペインでは、

ワイン作りよりも、

布らの生産の方に、

費用の面で、 好い条件が成立って在ったから、

成り立ち得た事で、 :



両国を合わせての、

同一時間当たりでの、

生産量らの最大化を図る事を考えると、 :



ワイン作りと、布らの生産とについて、


両国は、 その一方の生産へ特化し

≒ つまり、 分業をし合って 、


互いに、 生産を止めた品物らを、

互いへ、 輸入し合った方が、 善い 、

という事に成る。

:



この様に、 幾つかの条件らの下 モト 、で、

シミュレーションを行なうと、 :

:

世界中のそれぞれの国は、

その国内で、最も強みを持つ産業に特化する方が、 より、 善い 、

という、 結論を得る事に成り得る。