経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

投資機会らの総量 ≒ 一定金額以上の収益や所得の成る仕事らの当てらの総量 ≒ 金利の高まりようの一定度合い

【 在り得る、 働き手らの、

働きらの、 総数や、 総量に対して、

一定の買い物をできる以上の金額などの付いた、 仕事らの総数や、 総量、が、

雇い手らから、 より、 多く、 呈示されてある状況においては、


買って、 使われ得る、 労働らへの値段は、

より、 高められ得る方向へ、 圧力が掛かり、


逆に、 移民らの、 在り、 増やされる事など、

により、

在り得る労働らが、

そうした仕事らの総数に対して、

より、 多くされれば、 される程に、


労働らへの価格は、 より、 安くされる。



だから、


中央銀行らによる、 金利を下げる、

金融政策などによっては、

政府部門と民間部門との、 2つしかない、

経済の部門らの内の、 民間部門において、

バブルの崩壊などにより、

企業らなどが、

一般銀行らからの、 借り入れを増やしても、

それを、 より、高い利息のついている、

借金らへの返済に当てたりするだけで、

雇われる人々を増やす、 設備らへの投資などへは、 当てない、 度合いの方が、

余計にある分だけ、

働き手らへの、 給料などの賃金らの、

在り得る、高まる度合いが、 より、 少なくされ、

在り得る賃金らが、 より、 安くされる方向へ、

圧力が掛かる、 デフレ不況性などの、

不況性が、 解消され得ない、 状況では、

中央政府らの財政政策において、

一定金額以上の、 収益や所得の付いた、

仕事らの総数を増やす、

公共事業らを成して、

可能的な労働らの総量に対して、

現に在る、 そうした仕事らの総数を、

より、 多くし、

在り得る、 労働らを得る為に払われる、

賃金らを、 より、 高く在らしめる方向へ、

圧力が掛かる、 度合いを高めてゆく事によって、

しか、 給料などの賃金らの水準は、

在り得る程での、 高まりようを得られない。



日本国民たちが、 自らの執事である、

中央政府をして、 この財政政策をやらせて、

英米の富裕権力層員らを、 大旦那としている、

英米の金融派員らと、 日本側の、

実質的な売国奴らから、 押し付けられている、

日本政府の財政の緊縮・引き締め、による、

デフレ不況性を解消し、

自らの経済力を大きくしてゆく事は、


英米の経済的な支配性を、 世界一のままにし、

その度合いを高めてゆく事に、

自らの利益性の拡充の在る事を観ている、

英米の富裕権力層員らの一定数の者ら、が、

望まない筋合いの事であり、

逆に、 このまま、 日本国民らが、

押し付けられてある、 デフレ不況性を、

解消しないで居続け、

シナ朝鮮人らなどの移民らを受け入れ、

英米が、 シナ人らと揉める、

可能的な度合いを減らす為の、

受け皿にもなる度合いを高めてゆく事が、

彼らにとって、 望ましい筋合いの事なので、


TPP 、により、

英米の主導する、 法律事らに、

日本国民らが、縛り付けられる状況になる事態へ対しても、 英米の富裕権力層員らの側の者ら、は、

自ら進んで、 後押しし続けて、 当たり前な、

利害関係性を持ち合わせている。



これは、 欧米の社会一般の主権者らが、

関知しない所で、 成されて来ている事らによる、

状況であり、

欧米の一般の国民たちへ、 より、 知らしめるべき状況でもある。


そうする度合いが、 足りないと、

戦前に、 ルーズベルトが、 アメリカの、

議員らと、 一般の国民たちを騙して、

日本などとの戦争行為へ駆り立てたのと、

同じ様な状況を、 また、 英米の主導者らに、

作り出され、

日本国民らが、 外国人らの、 自ら成す、

その外国人らの負うべき、 損害らや、 リスクら、を、 またしても、 押し付けられる事になる。


日本国民たちが、 日本国民たちの、 在り得る、

福利らを成す為に、だけ、 雇っている、

執事役の者ら、から成る、

自らの執事である、 日本政府をして、

地下に、 避難施設らと避難経路らを成す、

公共事業を成して、

デフレ不況性を解消してゆく事において、

その解消されてゆく度合いを見積もる、

宛の目安となるのは、

金利の高まり具合であり、


一定金額以上の、収益や所得の付いた、

仕事らの当てらの総量

≒ 投資機会らの総量

≒ 金利の高まりようの一定度合い 、

である、ので、

金利の高まりようらからも、

投資機会らの増しようら等を見積もり得る 】 。


・・粒子などの、 物質、 の存在する場と、

様々な力らの存在する場とが、 重なり合っているように観え、

色々な力らの作用らが、交差し合い、

絡み合う、位置が、

粒子などの、 物質の存在する、とされる、

位置に当たり、 :


両者が、 一体と観られてしまうがゆえに、

全く、 何の力もない、物質、


どんな類の力その物でもない、物質、


全く、 無力で、


全く、自らは、働きをなし得ない、

物質 、

という、

単なる、 力らの交差点でしかない

≒ ある位置でしかない、存在、が、


力らの作用らの絡み合って在る、

在処 アリカ 、 を、 我々に知らしめる、

指標、目安としての存在以上の立場を

与えられてしまうのであり、 :


力らの作用らの絡み合いらへの、

反応などである、

感覚らなどの成り起こりに、

記憶作用らなどが関わって、

諸々の観念らが成り立ってゆく、

時々の状況において、

力らの作用らに起因する、と、

思い分けて観られ得る、観念事項らを、

それ以外の観念の構成材らから、

一定以上に、区別し付けて置く事をさえ

行い得ておれば、

元から、 ある、動的な位置でしかない

存在として、

力らの存在とは、

分けて観られて、 当然の筋合いにある、

物質 、 という存在が、

何か、 その存在それ自らにおいて、

有力な、有為なものであるかのように、

漠然と、思い構えて観られるような事は、

そう観るべき、

何か特別な理由が拵え出される様な場合を除いては、 無いのだし、


粒子などの、 物質へ、

固体性や、 個体性を付与して観る事に、

限界を設けずに置く事に執着させる、

一定度合い以上で、 分析思案性を欠いた、

物質観を、 そのまま放置する、習慣の醸成も、

無い。 :

:


粒子などの、 物質、として、

教科書などから呈せられる、

図画像などを目の当たりにすれば、


そこには、 確かに、

物体然とした、形状のあるものが在り、

いかにも、 物体の縮尺され得たものらが、

粒子らなどの、物質らであるかの様に、

観受けられもするが、

その形状を観念させるに至る、

動的な図式上の事らの組み合わせや、

動的な図式事項らを観念させるに至る、

感覚らの現前態の物らと記憶化された物らなどを、

少なくとも、 一度は、

我々自らの精神の、 色々な現象事項らが、

発ち興り得る領域で、 発ち起こらしめる事になる、 喚起要因にあたる、 力らの作用らの存在や、

その作用同士の共役、共働きの存在らが、

結局は、 粒子などの物質の形状を、

模式的な概念図画像として想像させる、

事態らの成り立ちを可能にしている、

だけであるにも関わらず、


物体の外観めいた姿形を、

貼り付けられて観られる、

粒子などの、物質というものへ

相対する所々からはまた、 それが、

物体の縮尺版の如き存在で、

個体性や、固体性などを、 それから、

切り離すこと等ができない、存在ででもある

かのように、

漠然と、思い成してしまう事を後押しする、

印象的な影響が発生する。 :

:


我々の目の前の世界には、

光の感覚らも、どんな感覚らの存在も無い、

真っ暗で、 全く、 静かな状況が在るのに対して、

我々自らの精神系の、 感覚部分などで、

興りもし、 潜みもする、

働きらは、

我々自らの精神内のものではない、と、

漠然とでは在っても、

我々に、 区別されて観られ得ている所のある、

様々な運動らに対応する形で、

光と色の感覚らや、 音の感覚らなどを

発ち興らせ、

我々の目の前の、

真っ暗で、 音も香りなどの、 全く無い、

状況を構成し得ている、ものらや事らに対して、


光と色、に、 音や、香り、などといった、

感覚上の存在らや、

その欠如態のものらなどを、 貼り付けて、

我々自らに観るように、仕組んで観せており、 :


我々には、

我々自らの精神内の働きらによって、

直に、それ自らの成り立ちを得るものではない、

我々の、 目の前や、

耳の向こうの世界の物体らに、

色などが、 貼り付いてでもあるかの様に、

思い観たり、

一定の動きらに、 音などが、

貼り付いてでもあるかのように、

思い観たりする事に慣れているので、


例えば、

森の大木が、派手に倒れて、

大いに、空気や、地面を振動させた、としても、

そこに、 その振動らに対応して、

音の感覚などを自作し得る、

動物などの存在が居合わせていないのであれば、

そこでは、 音が発生する事は無く、

大木が、 全く、 音を立て得ないまま、

辺りを震わす、だけなのだ、

といった話を聞いたりする、と、

何か、納得し切れない、

違和感めいた物を覚え得たりする様な事にも成る。


分割され得る、観念の運動ら、に、分割され得ない、実在格の運動ら。 2重隙途実験

【 地下に、 避難施設らと、 避難経路らを成して、 拡げてゆく事は、

在り得る、 人為的な災害らも含む、

災害らによる、 日本国民らや、 それを、

手本にできる人々における、 被害性の、

可能的な度合いを、 それだけ、 減らし得てゆく事でもあり、

それは、 日本国民らに、 自らへ、

英米の派員らとして機能して来ている、

日本の役人らと、 政治家らや報道員らから、

押し付けられている、 デフレ不況性を脱却して、

在り得る、 福利らの、 自らに実現される度合いを増し得てゆく事でもあって、

日本国民らに、 あるべき、福利性らを、

自らの利益性らにすり替える、

悪行らを成して来ている、上に、

更に、 TPP に類する、 取り決め事らを、

日本側の、 実質的な、 売国奴らや、

反日工作員らと、 取り結ぶ事をとおして、

日本国民らを、 英米の金融派員らの主導して、

成し、 あてがう、 法律事項らへ、

日本国内の事らについても、 従わせる、

度合いを増してゆく事で、 日本国民たちが、

得てゆくべき、 福利性らを、

英米の富裕権力層の者らの利益性らに、

すり替えて、 奪い続けてゆき得る、

態勢をも成している、

英米の富裕権力層員らと、 その使いっ走りの、

英米の金融派員らの側に立つ、

日本の内外の者ら、からの、

横車らを押し退け、 横槍らを払いのけてゆく

事でもあり、

この、 英米金融派員らを標的に据えて、

日本国民らが、 法的な手続き事らを成す事も、

含めて、 より、 効果性の度合いが高い、

仕掛け事らを、 工夫して、 成してゆく事を、

必要ともしている事だ 】 。



古記事の引っ越し保管と改訂+;


2重スリット実験 01 草稿

2013/06/08 18:20:55


2重摺途 ( すりと : スリット ) 実験の 結果事項らが明示し得ている、 事柄について。 :

:


2重スリット実験、というのは、 :

:

ある板の、 ある面から、その裏の面へかけて、

細長い棒状の通り道らを、2つ、 開け、


それらへ、 粒子らを、一つずつ、 飛ばして、

通り抜けさせる、 という事を含む、

一連以上の事らの組み合わせられたもので、


観察するために、

一定以上の物理的な働きかけを、

粒子らへ対して行った場合には、 :


粒子らは、 小さな固体のように、

板を通り抜けた先にある、 壁の面に、

球が当たったような跡を残すのが、

常である、 のに対して、 :


直に、 観察の為の物理的な働きかけをしない状態で、 :

粒子らを、一つずつ、飛ばして、

2つの隙間ら

≒ スリットら 、 を通り抜けるようにすると、

球が当たったような跡を、

その壁の面に残すのではなく、


波の干渉じまに似た跡模様を残す、

という事を確認し得た、 とされる、

実験だ。 :

:


【 ただし、 公開実験的な事を、

繰り返し、 やって観せている訳ではないので、

疑問事らは、そのことからも、

多々、生じ得る 】 。 :

:


この実験らの意義は、


これまでにも、 何度も、 記述して来た事だが、


粒子ら ≒ 固体・物質ら 、 は、


物体というもの、から、

その物体内の空間を完全に排除して観る場合に、

我々の観念設定の場で構築して観られる類の、

物体の縮小版の様な存在ではなく、


すごく、 小さな塊・固体に近い物、

といった類の存在ではなくて、


諸々の力らの動的な交差点ら、であり、


それら力らの、 作用現象らを、

観念的に把握する事を通して得られる、

在処 アリカ を示す、

目安、指標、 といった存在でしかない、

という事を、 明らかに示し得た事だ。


:

が、 科学者らの一定数以上が、

物質 、 というものをさす、

自らの観念設定上の存在の構成事項らへの、

分析知の体系を一定以上に欠き過ぎている為に、 :


【 物体の圧縮版 】 、としての、

【 物質 】 の、 不在性

≒ 在らぬ物 、 在らぬ事 、 を、

科学的に証し立て得た、実験、として、

この実験らの結果の事らを意味付け得て居らず、

そうした意味の事を、言明しないまま、

不可解がって観せている、 現状らがある。


どういったもの、として、

粒子 ≒ 物質 、 を 、

彼らが、 想い構えて観ているのか、 :

というと、 :


以前にも、何度か、記述したが、


まず、 物体というものについて、

その観念設定上の在り様を、

改めて、 思い分けて観てゆく事にすると、 :


触れ心地、 手触り感、 圧し応え感、

見た目の映像感、 等といった物らの、

記憶化されたものらと、

それらに加えて、

それら感覚らの、 現役 ゲンエキ の、

今現在に現前する物らとを包含する形で、 :


石ころや、 道具などの、

何らかの物体らを使って観た、場合、などの、

動的な図式の様な事らを構成する物事らが、

観念上に設定された後に、

その事ら

≒ 何らかの基準により、

後から、 分けて観られ得る、 宛の、

事柄らのそれぞれら、を、


より、 静態の物らについて、

特に、それらを分けて取り出すようにして、

観直すと、 :


その観念の場には、

物体、と、されるに至るものらが、

上記の属性らから、構成される所の在る

ものとして、 :

それ自らの成り立ちを得る形をとらされており、 :


そのままだと、

物体らの中にある、 空間の存在性

≒ 存在する事 、 存在するもの 、 が、

その観念設定の主に意識される所は、

余り、 無く、 :

科学の物語って観せる所により、 :

物体を構成する、

とされる、 原子らが、 それを構成する、

粒子らの各々の枠組み領域に対して、 :

その何万倍もの領域を占める、

空間に包み込まれており、 :


物体、というものらは、 実際には、

その存在領域については、

その圧倒的な大部分を、

空間 として 在る ものらであり、 :


物体には、 :

【 物体内空間 】 、 とでも呼ぶべきものが、

その外観の向こう側に包み込まれて在り、

しかも、

その圧倒的な大部分を占めて在る、 :

という事を、

それとなく、伝えられる、だけなので、 :

:

物質が、 どの種類の力その物でもない為に、


【 全く、力の働きを、

自らには、 在らしめ得ないものであり、


全く、 無力な存在、であり、


単に、 色々な類の力らの、

動的な交差点として、

我々が、

何らかの運動の動的な図式事ららを、

観念上に設定してゆくに当たっての、

標 ( しるべ 、 目安 )、 になり得る、

だけの物でしかない 】、 :

といった、

認識事項を思い構えて観る事が出来得ていない、場合には、 :

:

我々は、 原子らを構成し得ている、

粒子ら

≒ 物質ら 、 を観念するに当たって、 :

どことなく、 暗黙の内に、

半ば以上は、 無意識の内に、 :

物質のことを、

物体としての属性らを持ち合わせ得ている所のあるものが、

単に、極めて小さく成っただけのもの、

であるかの様に、

ぼんやりと、 だが、 強固に、

想い構えて観てしまっている所を、

心に在らしめる事になり、 :


それと共に、 :

物体というものらへ対して、

我々が、 観念上に設定する、

実在性、 実在する物としての格を、:

物質らに対してまで、 付与してしまう所がある。 :

:


また、 【 なぜ、それとなく、

伝えられるのか、というと、 :

原子らが、 それ自らを構成する、粒子らと共に、 種々の力らの動的な交差点として、

いかに在り得ているか、 という事を中心に、

科学は、 物語って観せるのが、通例であって、


【 物体内空間 】 の 在る事については、

それが、ただ、在る、という事を述べる位で、

済ませてしまうからだ 】 。 :


我々は、 我々の手足などの、

物体ら、を、 思うがままに使って、

金槌や、 絵筆などの道具である物体らや、

石ころなどの、

実は、道具性を持ち合わせている物体らを動かす事ができ、

その動きらの組み合わせら等をもって、

何らかの、 【 働き 】 を

成して在るものとして、 意味付けつつ、


自らの身体により、

唯一に、直に、動きらを生ずるように、

働きかける相手にし得る、

固体、液体、気体の物体らを、

その身体的な直接の自由性を在らしめる、

唯一の相手らとして重視し、

それらを実在する物として格付け、

それらを実在性の度合いを思いはかる、

基準存在として、

観念上に設定し、:


手触り感だの、圧し応え感だの、

ある場所からの、 我彼の移動を差し止める

類の、 力の働きの在ることを示す、

動的な図式上の静態の存在である、

在りさまら、等を、 共々に、思わしめる、

想いの向かい対う、相手のものらを、

実在のもの、とし、


思い分けて観てゆけば、 ゆくほどに、 :

自らの観念設定上のものらでしか無い、

事を、 より、 明らかに、 観て取り得る、

物事らから成るものらを、

実在性なり、 実在の物とするが、 :


その場合においても、

我々が、 実在の物として相手にする事が

でき得ている筈の物体らにおいて、

我々が、 実際に、 相手とし得ており、

我々の精神の領域外・観念外の物として、

格付けて観られ得る、 当のものらは、

力ら、であり、:


その働きらの現前性

≒ 現前してある事 、 現前してあるもの 、

であって、 :


単に、 物体として観られるものを規定する、

力性を除いた、属性らの各々でもなければ、 :


それらの綜合体、である、 物体、として、

我々から、想い宛てて観られる物らや、

その存在領域を区切って観せている、物体らの各々の枠組みらそのものでもなく、 :


それらは、 単に、 力らの働きらの絡み合い、

打ち消し合い、重なり合う場が、

どこそこにあるのか、を、 可能的に示す、

標 ( しるべ。 知る辺 ) であり、

目安、でしかない。 :



力らの存在を、

その作用らの現れて在る事らの原因存在として、

設定するに至る、 観念上の動的な図式ら、

を構成する、 力らの働きぶりらへの、

対応観念の設定上の事項ら

≒ 力らの働きらとしての現れぶりらその物 、 である、 事柄らや、

その事項らの構成材らである、

記憶上の色々な感覚らや、 現役の感覚らは、

確かに、 我々自らの精神の領域内のものら、

であり、 :


我々の精神の自作のものらでもあれば、

我々の精神を動的に構成する物らでもあって、 :


我々は、 何をどうやってみても、

自らの精神の領域から、

一歩も、抜け出す事のでき得ない

状態に在りながら、 :


自らの精神を動的に構成するものらによって、

観念設定の場で構築される、

動的な図式事らにおいて、

我々の精神の領域外の物として、

格付けて観られるものらを設定し、 :


それらへ、

我々の精神自らが、自らを観る所のある、

自らにとって、在る、というのと、 :

同じ様な感じの、

実在性めいたものを付与して観る事をさえ

し得るが、 :


その様に、 想い観る事ができる、

という事と、

実際に、 そう観なして、

当たり前の物らがある、 という事とは、

全く、 異質な事同士であり、 :


物体や、

物体から、 物体内空間の領域を全く排除した、

物体の極縮小版たる存在ですらない、

物質らなどには、 :


それらの属性らの在りようと欠けようとを、

思い分けて観てゆけば、ゆくほどに、


我々自らにとっての、

我々自らの精神の実在性に類する物を、

付与して観るに足るほどの、

我々自らの精神に直々の根拠らがある、

一定以上の属性らが、

それらを対象化して、

それらとの対応関係を持つ、

それらについての観念の設定存在の、

本質の内容には、

含まれ得ないものに成ってゆく。 :

:


我々が、 物体に対応関係を持つ、

観念らの設定存在の内容に、 盛り込む、

様々な感覚らに由来する物らや、

動的な図式上の事柄らのほとんどのものらを

付与されるべき筋合いに、

物質、 というものは、 無く、

観念設定の場に構築される、

動的な図式上の事柄らから割り出されて、

様々な力らの作用らの絡み合う、

力らの交差点として観られるに至る、

筋合いにあるのが、

物質、というものであり、


物質というものは、

小さな固体として、 観念されるにしても、

それは、

物体らに関する、

我々の経験知の体系上の、

観念の設定存在に準 ナゾラ えて、

物体を小さくした格好のものとして、

物質 、 というものを観念している、

というだけの事であり、


それは、

実際には、 物体内空間と、

物質らなどとの、

力らの絡み合いらの在り方に対応関係を持つ、

物体への、 対応観念らを基準にしながら、

物体内空間などと共に合って、

初めて、 物体というものを、共に成し合う、

物質 、 というものに対して、

観落としのある、

見当違いな類推型の観念を当てがう

ものでしかない。 :



物質らは、

物体内空間などとの関係性を抜きにして、

物体を構成する事はなく、

力らの作用同士の絡み合いを反映する、

現象事項らを観念的に把握することを通して、

得られる、

物体 、 というものへの、 観念の内容事項らを、

物質 、 というものに対応関係を持つ、

観念の内容事項らへ投影する事は、

いかなる類の力でもない、

物質 、 という物、

それに対応する観念の内容へ、


色々な力らの作用同士の絡み合いようを

示唆する、 現象事項らから、

それ自らの構成材らを得る、

物体への観念において、

未分離である場合の、

力らについての観念事項らをも、

投影してしまう事にもなり、 :


物質の存在と、力らの存在とが、

混一視されてしまう事態、等をも、

もたらしてしまう事になる。

シナ系問題ら、 フィリピンでの麻薬戦争

【 より早く、 地下に、 避難施設らと、

避難経路らを作り拡げてゆくべき必要性が、

日本国民らには、 ある。


日本国民らが、 それを始める事で、

地震や、 地球の温暖化が進むに連れて、

巨大化し、 頻発化してゆく、 津波、 と、

洪水や、 海水面の上昇などによる、

害を被り得る、 世界各地の人々にも、

何をすべきか、が、 伝わり得る、

可能的な度合いが増す事にもなる 】 。



ネット記事+論弁群+;


☆ 2016年11月4日、の、 新聞晨報は、

記事の、 「この家は、誰のもの?」を掲載した。


中国に、 再び、 不動産バブルが到来している。


シナ政府は、 引き締めに躍起で、

「 同一世帯で、 2軒目の住宅を買う

場合には、 ローンの頭金の比率を引き上げる 」 、 などの対策を導入している。



シナの庶民も、負けてはいない。

偽装離婚によって、 世帯を分ける、

という、 過激な対策を採るものまでが現れた。


今回に、 明らかとなったのは、

偽装離婚と偽装結婚の合わせ技だ。


唐さん夫妻は、 2013年に、

上海市で、 住宅を買った。

当時は、 上海市の戸籍を持っていなければ、

住宅ローンへの獲得で、

不利な条件になる、

との、 規制が導入されていた。


そこで、 唐さん夫妻は、

偽装離婚をした後に、

上海の戸籍を持つ、 不動産業者と結婚し、

住宅ローンを獲得する、

という、 裏技を実行したのだ、 という。



住宅購入のための偽装離婚、

というだけならば、 もう、 驚きはないが、

偽装結婚までとなると、

中国でも、 まれな事例だろう。


偽装結婚の事実が明るみに出たのは、

唐さん夫妻が、 今は、

執危 トラブ ≒ トラブル 、に、

巻き込まれているからだ。


住宅を購入することには、 成功したものの、

そこで、

「 その物件は、 私が、すでに購入済み 」

、 と名乗る男が現れ、

家に、 住み着いたのだ。



唐さん夫妻は、 退去するよう、

申し入れたが、

男は、

正規の不動産登記書を保有しているとして、

譲らない。

結局は、 裁判となり、

今なお、 決着していない。


偽装結婚までして手に入れたマイホームだが、

幸せな生活には、 ほど遠いようだ。

( 翻訳・編集/増田聡太郎記者 ) 。



☆ 2016年11月5日、の、 澎湃新聞網は、

記事の、 「 ジャカルタで、 10万人デモ、

中国系知事に抗議 =

中国大使館は、 警戒を呼びかけ 」 を掲載した。


11月4日、に、

インドネシアの首都の、 ジャカルタで、

大規模な抗議デモが行われ、

治安部隊と、デモ隊が衝突し、

催涙弾や、 放水銃が使われる事態へと発展した。


警官の8人が、 重傷を追ったほかに、

デモへの参加者の160人が逮捕された、 という。



事件の発端となったのは、


ジャカルタ首都特別州の、

バスキ・チャハヤ・プルナマ知事の発言だ。



9月に、

「 コーランに惑わされているから、

あなた方は、 私に投票できない 」 、

と、 発言したが、

これが、 イスラム教に対する差別だとして、

批判されている。



バスキ知事は、 中国系のキリスト教徒。


中国大使館は、 4日、に、

在留中国人らに対し、

外出を控え、 特に、 繁華街には、

近づかないよう、 警戒を呼びかけている。

( 翻訳・編集/増田聡太郎記者 ) 。



古記事の引っ越し保管+ ;

nyorai0123456789さん


11/7は、

スティーブ・マックイーン さんの命日です。

有名な作品はなんですか?

有名な話等ありますか?


2006/ 11/7 2:32


667


8


ベストアンサーに選ばれた回答


mutuhayaさん


ある山の手線の傍の、

立ち食い蕎麦屋さんのご亭主から伺った話ですが、

終戦して、 間もない頃に、

米軍の基地か何かで、 進駐軍の中にいた、

兵士時代の、 売れる前の、 マックイーン氏と、

何度か話したことがあるそうです。


日本人なんか嫌いだとか何とか言いながらも、

日本人である、 ご亭主に対しても、

気さくで、 感じのいい人となりだったそうで、

悪ぶって見せる、 シャイないい人、

といった感じだったそうです。


後年に、 彼が売れたのを見て、

ご主人も、 素直に、 嬉しく思えたそうです。


実に、 懐かしそうに、 笑顔で話してくれました。

映画としては、 何度か観た、 ゲッタウェイも、 シンシナティ・キッドも、 また、

視聴したいものだ、 と、 思っています。


2006/ 11/9 21:20



☆ フィリピンは、 マニラの、

ケソン市にある、 刑務所内の、

屋根のない、 バスケットボールコートで寝る、

受刑者たち

( 2016年7月21日撮影、資料写真 )。

(c)AFP=時事/AFPBB News


【 AFP=時事 】 ; フィリピンで、

11月5日に、 ロドリゴ・ドゥテルテ

Rodrigo Duterte 大統領から、

違法薬物の取引に関与している、と、

名指しされていた市長が、

刑務所の中で、 射殺された。


ドゥテルテ大統領は、

麻薬取引に関与したとして、

地方自治体の職員や、 警察官、と、

判事らを名指しし、

警察に出頭するよう、 呼び掛けていたが、

今年の8月に、

同大統領は、 中部の、

レイテ島 Leyte Island 、 の、 アルブエラ

Albuera の、 ローランド・エスピノサ

Rolando Espinosa 市長と、 その息子が、

麻薬取引に関与している、 と非難。


2人に出頭を呼び掛けるとともに、

警察に対して、 2人が、 逮捕の際に、

抵抗した場合は、

「 その場で、 撃ってよい 」 、 との、

命令を出していた。


【翻訳編集】AFPBB News

http://news.livedoor.com/article/detail/12242903/