経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

代謝医学❗。 報道されない❗事からも後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上をすでに監禁中な、シナ❗。 解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

【 人々の命と健康性とを成り立たしめ続ける、 と共に、

万病を、未然にも、差し止め続ける、

のに、 必要な、 代謝ら、を、

成り立たしめ続ける、 のに、 必要な、

タンパク質ら、と、 ビタミンら、に、

ミネラルら、とを、 より、 漏れを無しに、

完全以上に、 飲み食いなどして摂取し続ける、 事が、

人々が、 その命と健康性とを、

より、能 ヨ く、 成り立たしめ続ける、

のに、 必要な事だが、


人々への医療へかかわり得る、

実験らの大半においては、

そうした、 人々の命と健康性とに必要な、

代謝ら、の、質としての度合い、や、

量としての度合い、への、 換算性が、

設定されて来て居らず、


何彼らの摂取や欠如が、

何とかへの可損 ≒ リスク 、 を、

高める、だの、 低める、だの、

といった判断らへの根拠とされる、

場合らにおいても、

より、 代謝ら、の、それらへの、

換算性の度合いが、 欠けてあれば、

欠けてある程に、

より、 有効な意味を成し得ないで、ある。


東北大学員らが、

その摂取において、

糖質を制限させた、 鼠 ネズミ 、らへの、

実験から、

糖質への摂取の制限が、

鼠らの、 あり得る、寿命のながさなり、

あり得る、健康性の度合いなり、を、

より、 そこない得た、 度合い、を、

余計に、 成した、 と、 主張している、

事においても、

個々の人の遺伝性によって、 異なりもする、

その、命と健康性との存続に必要な、

その、代謝ら、の、全体へ対して、

その、糖質の制限、などが、

どういった、 どれ程の、 作用性、などを、

宛て成し得るものであるか、を、 示し、

その、 あるべき、あり得る、代謝ら、

へ、 宛てて成る、

分析型の体系知らにも基づく、

あるべき、 あり得る、代謝ら、の、

質としての度合いらや、 量としての度合いら、への、 換算性の度合いを、 一定以上に、

示し得ない限りは、

道理性を欠いた、主張が成されてある、

と、 観宛 ミア てられるべき、 欠如型の、

筋合いを成してある事になる。


あるべき、 代謝らへの、

換算性を観宛てさせ得る筋合いの、

分析型の体系知らの系としても、

三石分子栄養学➕藤川院長系があり、

他には、 これ程に、 あるべき、代謝ら、

の事らへ、 宛てて、 成り立ち得る、

分析型の体系知らを構築する、

前提としても、 役立ち得るものは、

あり得ては、いない。


どんなに、 素晴らしい薬や手術も、

その宛先の人などの、 代謝ら、の、

ごく限られてある、 数 % 以内を、

復活させる事で、

その宛ての人を救い、助けるものであり、

それが、 どんなに、 印象的であろうとも、

代謝ら、の、大半や、 その全体の方が、

薬らや、手術ら、などによって、

絶やされたり、 復活させられたりする、

より、 存在の度合いの乏しい、

代謝ら、へ、 対して、

より、 その命や健康性を存続させ得る、

もの、としての、 存在の度合いら、が、

より、 大きなものである、 事に、

変わりは、ない。


より、 人々の命や健康性を存続させる事を、

能く、成すには、

数 % 以下の、 代謝らを左右する、だけの、

薬らや、手術ら、などよりも、

日頃において、 人々が、

タンパク質ら、と、 ビタミンら、に、

ミネラルら、とを、 より、 漏れを無しに、

完全以上に、 飲み食いなどして摂取し続ける、事によって、

人々の命や健康性とを成り立たしめ続ける、

事に、 必ず、要りような、

代謝ら、の、 全体を、 より、能く、

成り立たしめ続ける、事が、

より、 決定的で、 重要性の度合いが、

甚だしく、 ある、 事であり、


それらを欠いたがゆえのものでもある、

万病を完治する上でも、

欠かす事のできない事だ。


いずれにせよ、

日本の、 主権者であり、 国主である、

日本人たちは、 より早くに、

日本人たちの足元の地下へ、

避難経路ら、と、

より、 快適に住める、 楽園のような、

避難所らとを、 作り拡げてゆく、

公共事業らを成す事により、


日本の、 財務省の役人ら、 と、

与野党の、 主な政治家ら、 とが、


英米の富裕権力層の者らを、

最大手の投資主ともして、

自らの、 投資銀行などの事業らを営んで来てある、 欧米の、 カネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、


自らもまた、 オウム返しにして、 主張し、

実行もする事において、


酸素らと栄養物資らからも成る、 血潮らを、

その体中の、 細胞らへ、 行き届かせるべく、

ある、 心臓 、 の、 ように、 働いて、


日本の、 主権者たちの各々へ、 サービスらや、

生活物資などの、 物ら、 を、

行き届かせ得るように、

その、 自らへの主 アルジ の立場にある、

日本の主権者である、 日本人たちから、

94 % 前後 以上の割合で、 預り得て来てある、


カネとして働く、 数値ら、 などを、

元の主らの、 日本人たちへ、 再び、 渡して、


日本の主 アルジ な、 日本人たちの各々が、

互いに、 互いへ、 使い回し合い得るようにする、

度合いを、 一定以上に成して、 働くべき、


日本の、 中央政府が、 そうした働きを成し得る、

あり得る度合いを、 削り減らされるように、


日本政府の財政における、 あり得る、

カネとして働く数値らを出入りさせる度合いを、

小さくしたり、

より、 小さいままに保ったりする事でもある、

緊縮 、なり、 引き締め 、 なり、 を、

繰り返し、 成す事を通して、


その、 在り得る、 福利らを、 より能 ヨ く 、

も、 最大限にも、 実現する、 度合を増してゆく形で、 彼らの、 奉仕し尽くす宛 アテ にすべき、

彼らへの、 主の立場にある、 日本人たちへ、

押し付け続けて来てある 、


在り得る、 物価が安くなるばかりではなく、

あり得る、 日本国民たちの労働らへの賃金らの、

高まり得る、 度合い、 が、 削り減らされる、

圧力らが、 在り、働く、状況らの在る事でもあり、

その状況でもある、


『 デフレ不況性 』 、 を、 解消し去ってゆく、

と共に、

日本人たちの防衛性の度合いを、

飛躍的にも高めてゆくべき、

押しつまった状況にも、 ある 。


地上を襲い、 地上をおおい得る、

あり得る、 色々な、 災害らへ対して、


地上に、 避難所らや、 避難経路らを設定して、

日本の主権者たちを、 それらへ誘導する事は、


人食い鮫 ザメ どもの住む、 海辺へ、

人々を誘導する事に類する行為であり、


日本の主権者として、 日本人たちの一般 、

へ対する、

個々の日本人においても、

執事なり、 召し使いなりの立場にある、

公務員などの、 者らにおいても、

成す事が、 許されない 、


日本人たちの一般の、 あり得る、 福利ら、を、

より、 能くも、 最大限にも、 成す事を、

約束して、 日本の社会に、 存在し、 存続する事を、 日本人たちの一般から、 許されてある、

筋合いにある者としての、 義務 、 に、

違反性を成す、 行為であり、


それが、 作為型では、 無く 、

無知性と痴愚性とにもよる、 不作為型の、

行為であっても、

それへの責めを負うべき、 筋合いを、

それを成す主 ヌシ 、 らの側に、

成すものである事に、 変わりは、 無い 】 。


☆ 日本人たちが、 自らの足元の地下に、

避難網らを作り拡げるべくある事を、

日本人たちへ、伝える、 働きようを成す主らを、

日本の主権者としての、 あるべき働きようを成す、

主とし、

それを、 成さない者ら、を、

より、 日本の主権者としての、

在り、働きよう、を、 成さない、 主として、

区別する、 主らが、

日本の主権者として、 あるべき、

働きようらを成す事を通して、

日本人たちが、 自らの足元の地下へ、

自らの避難網らを作り拡げるべき事が、

より、多くの日本人たちへ知らしめられる、

と共に、

そうした主らから、

より、 日本の主権者として、 認められる、

宛てに成る、 日本人たち、と、

より、 日本の主権者としての、

資格なり、能力性なり、を、 欠いてある、

主として、 認められる、

宛ての者ら、とが、

篩 フルイ にかけられて、

観て取られ得てゆく事にもなり、


当方や、 当方に類する精神性の主らは、

より、 日本の主権者としての、

義務な行為らや、 義務に準ずる行為ら、

とを、 欠いて観せてしまう、 方の、

日本人たちに対しては、

日本の内外の一般社会らからは、隔離し、

より、 主権者としての義務な行為らを成し得る、

主に成り得るように、

治療と教育の宛て・対象として、 保護し、

その、身内員らや、家族員ら、と、

その施設らにおいて、 暮らし、

社会への貢献性のある仕事らをも成し得る、

ようにする、 と共に、

一般社会を構成する、日本人たちの審査らにより、

一般社会らへの参加も認められ得る、

資格性を宛て付ける、などする、

事、などを推すものではあるが、


反社会員らなり、 反日員らなりによる、

作為型と、 不作為型の、 行為らなり、

状態らなりによって、

自らの側の、 あり得る、あるべき、

福利性らや、 福利性のある物事らを、

阻害され続けて来てあり、

阻害され続けてゆきもする、

日本の主権者たちの一般の側に立つ、

日本人たちの一般が、

不作為型の、自らの側の福利らへの、

阻害員などである方の、 日本人たちや、

日本人めいてあるだけの者ら、へ対して、

より、 償いをさせるべくも、

使い回して、 絶やし去るべき宛てとして、

観る、度合いらを、

より、余計に、 成し増さない、とは、限らない。


そうした、 あり得る事の深刻性を緩和し、

より、 日本の主権者としての能力性などを、

欠いて観せてしまう、 方の、 日本人たちへ対して、

日本の主権者たちの一般の側に立って、

自らを働かしめる主たちの一般が、

保護性も成すように促す、 手立てな事としては、

日本人たちが、 自らの足元の地下へ、

避難網らを作り拡げるべき事を、

日本人たちへ、伝える、

その度合いらに応じて、

その主らへ、社会保障性を宛て増し、

自らの伝えた主らが、

別の日本人たちへ伝え得た度合いらも、

より、 初めに伝え得た主らへ加算し、

その度合いらに応じて、

社会的な処遇をかえる、 事などがある。


こうした事を、 より、 認めない主らは、

より、 自らの側への、 あり得る、

社会保障性の度合いを、欠いてしまう事になるので、

より、 こうした事を採用しない主らは、

日本人たちの一般の側に立つ、

支持者らも、 より、得られ得なくなる。


あり得て来てある、 あり得る、 災害らについて、

烽 ノロシ 、をあげ、

次々に、 烽らをあげつぐべくもある、主らが、

それを、 自分の所で、 差し止めような、

状態なり、 行為なり、 を、 成してある場合には、

その主らは、

自らを処罰させしめるに足る筋合いを、

自ら、 成してしまっている事になるが、

そうした主らへも、

烽をあげつぐように、 改めて、

当方らは、促すものでもある 】 。