経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

分子栄養学系; ストレスによっても、 太る ❗。 報道されぬ❗;事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を既に監禁中な、シナ❗。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

☆ ストレス 、で、 太るは、本当だった?、

マウスが、 ストレスで、 メタボに

( 名大 大学院 ) 2012/ 3/15 8:30 ;

☆ blog カラパイア ;


  マウス 、 に、 ストレス 、 を与えると、

内臓の脂肪が、 炎症を起こすなどして、

メタボリック・シンドローム

( 内臓 脂肪 症候群 ) 、 と、

同様の現象が起きることを、

名古屋大大学院医学系研究科の、

竹下享典講師 ( 循環器内科 ) 、 らの、

チームが、 突き止めた。


竹下講師は、

「 糖代謝での異常や、 血栓症は、

メタボの人に限らず、 ストレスによっても、

引き起こされる可能性がある 」 、

と、 話している。



☆ 何で、 僕だけ?、 ネズミも、

他者と共感したり、 ねたんだりする、

ことが、 判明 ( 慶応大 研究 )

2011/ 8/30 8:00 ;

 

人間は、 感情を共有する生き物だ、

ということは、 ご存知のこと。

同じ境遇の仲間がいれば、

喜びは、 2倍、 悲しみは、 半分 、

などとも言われている。


他者の気持ちを推し量り、理解する、

ことは、 共同生活を営む、

社会性動物にとって、 大切なこと。

他者と自分を比較し、

自分の置かれている状況を把握する、

ことも、 常日頃から行っている訳だが、

そんな、他者の情動を理解する機能が、

ネズミにも備わっている、 ことが、

慶応大学の研究により明らかになった、

という。


 今回の実験では、

ストレス 、が、 かけられると、

嫌な事へ宛 ア てた記憶が、

いつまでも残る、 ことを利用して、

ネズミ達の、 共感と妬みを調査。


ストレスの効果には、

色々なものがあるが、 特に、

嫌悪的な記憶の保持に対する、

効果を調べた、 という。


  実験では、 マウス達へ対して、

拘束による、 ストレス 、 をかけた。


?1匹だけの場合、と、

?他のマウスも、 一緒に、

ストレスを受ける場合、に、

?自分は、 拘束ストレスを受けるが、

他のマウスは、 自由にしている場合、

という、 条件を設け、

台から降りると、 床から、

電気ショックがかかるようにした。


  1匹だけの場合では、

ストレス 、 を受けていると、

台から、なかなか降りない様になるが、

皆で、一緒に、 ストレスを受けた、

マウス達は、 台から、 すぐ、

降りるようになった。


逆に、 自分だけが、 ストレスを受ける、

条件だと、

ストレスの効果は、 さらに強くなり、

台から降りるまでの時間は、 さらに、

長くなった、 という。


この事は、 皆が、 一緒に、

ストレスを受ける場合 ( 共感 ) 、 と、

他のは、 自由にしているのに、

自分だけが、 ストレスを受けている

( 妬み ) 、 場合を、

マウス達が認知している事を示唆している。


ストレス経験は、

ストレス・ホルモンである、

コルチコステロン

( 人間の、 コルチゾール ) 、

を増加させる。


ストレスの記憶に対する効果は、

コルチコステロンを介したものだ、

と、 いわれている。



≒ 三石分子栄養学+藤川院長系によると、

ストレスに対して、 分泌される、

ホルモンが、

腎臓らの各々に添ってある、

副腎らの各々で、 作られる時々に、

ウィルスの本体を断ち切りもする、

剣豪な、 ビタミン C 、 などが、

大量に消費され、

免疫性を成す、 代謝らが、

より、 不十分にされる事からも、

免疫性の度合いが減らされてしまう 。



・・1匹だけで、 ストレスを受けた後、と、

5匹が、 一緒に、 ストレスを受けた後、や、

他のは、 自由で、 自分だけが、

ストレスを受けた後、に、

採血して、 その血の中の、

コルチコステロン 、 を計ると、

一緒に、 ストレスを受ける場合は、

1個体だけの場合より、

コルチコステロン 、 が低下し、

自分だけが、 ストレスを受ける条件では、

逆に、 増加していた。


  社会生活を送る上で、

他者の情動を理解する事は、 重要であり、

他者の不幸が、 自分にも、 不快 、

に感じられることも、

他者の幸福が、 自己の快になることも、

「 共感 」 、だ、 と、 考えられている。


しかし、

他者の幸福が、 不快に感じられる、

こと ( ねたみ・嫉妬 ) 、も、 考えられ、

他者の不幸が、 快になる場合 、 も、

考えられる。


 人間は、 そのような、

高次な情動反応らを強く持っており、

おそらく、 長期的に持続する、

社会の維持のためには、

そのような、 複雑な情動らが、

それなりの意味を持っている、

と、 考えられている。


この研究は、 そのような、

「 高次情動 」 、らが、

霊長類以外の動物らでも見られる、

という事を示唆している。


 それでは、 人間以外の動物でも、

他の個体の不幸に、 快を感じるか、

さらに、 その場合の動物が、

それを隠そうとするか?、 というのが、

次の研究の課題だ、 という 。


  この手の感情らには、

他者と自分の社会的な地位が関係する。

動物社会でも、 自分より、

社会的に上位の者の不幸に、

より、快感を覚えるのか?、

これらも、 今後に、 実験的に調べる、

必要がある、 という。


これらな、 研究らは、

「 比較認知科学 」 、 と、 言われる、

ものの一部で、

人間の色々な性質らを、

他の動物と比較することで、

その進化の道筋を明らかにしようとする、

研究なのだ、 という。


☆ 東海大、「天才ラット」を育成する、

ことに成功 ; 2010/ 7/30 10:20 ;


東海大が、 「 学習能力の高い、ラット 」

同士の交配を繰り返すことで、

「 天才ラット 」 、 を作り出したそうだ。


  これは、 学習能力の高い、 賢い、

ラット同士を、 95世代をかけ合わせて、

30年がかりで育てたもの。


「 30秒ごとに、 レバーを押さないと、

電気ショックを受ける 」 、 という、

実験で、 学習能力を調査し、

普通のラットは、 360回中、に、

多い時は、 8割以上を失敗するが、

「 天才 」 、 は、 ほぼ、ノー・ミス。


 天才ラットの作り方は、上記にあげた、

30秒ごとに、 レバーを押さないと、

軽い電気ショックを受ける実験で、

学習能力の高かった個体同士を、

繰り返し、交配して、 作り出した、

とのこと。

「賢さ」が、 安定するまで、

約 20年が、 かかった、 という。


  普通のラット達は、 毎日に、

30分を、 レバーの押し方を教えても、

360回のうちに、 百 ~ 3百回は、

失敗する。


一方、 「天才」は、 360回中、に、

失敗は、 平均で、 5回ほど。


  水の中を泳いで、 ゴールを探す、

記憶力への実験などでも、 一貫して、

好成績を出す、 という。



≒ 三石分子栄養学+藤川院長系によると、

学習能力の高さ、 などは、

ビタミン B群 、 などの、

ビタミンらや、 タンパク質ら、に、

ミネラルら、が、 より、 十二分に、

その身へ摂取され、

あり得る、 代謝らを、 より、

十二分に成り立たしめ得る、

その度合いにも応じて、

その度合いを成し増す、 もので、

それらを、 欠く度合いら、が、

万病への、 あり得る度合いらも成し、

学習能力性などに、 障害も成す 。


 

・・「天才」を使えば、

化学物質らの影響が、 効率的に調べられる、

と、期待される。

化学物質を与えて、 失敗が増えれば、

学習能力に影響があった、 と、

判定できるからだ。


普通のラット達は、 1匹ごとに、

知能の差が、 大きく、

数十 ~ 数百匹で、 実験しないと、

影響が、 分からない。


一方で、 「天才」は、

学習能力に、 悪影響があれば、

失敗が、 はっきりと、 増えるので、

少ない数で、 影響が分かる、 という。


  その子どもらも、 ほぼ、 例外なく、

「天才」なので、

妊娠中の親に、 化学物質を与えて、

生まれた子どもらの能力を調べれば、

胎児への影響も調べられる、 という。


シックハウス症候群を起こす、

ホルムアルデヒドを親が取り込むと、

その子っこらは、 成長してから、

学習能力や、平衡感覚が、 落ちる、

ことが、 分かった、 という。



  *ラット 、 とは・・;

野生の、 溝鼠 ドブ・ネズミ 、

から、 生まれた者らの事で、

成長すると、 大きいものは、

体重が、 5百 グラム 、 を超える。


大きく、生きたままで、 観察し易い為に、

薬の実験などに使われる。


体重が、 その十分の1ほどの、 マウス

( 二十日鼠 ハツカ・ネズミ ) 、

達は、 遺伝子の研究などの、

より、 幅広い実験に使われる。


\  SNSで、みんなに教えよう! /