経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

藤川院長系; ビタミン B3、な、 ナイアシン ❗ NAD 。 報道されぬ❗; 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

Orthomolecular Medicine News Service(OMNS), July 25, 2014

および、

国際オーソモレキュラー医学会ニュース、

より ;

執筆者: W. Todd Penberthy, PhD


ビタミン B 3 、 でもある、

ナイアシン 、 は、

60年以上を、 何万人もの患者に使われ、

極めて好ましい治療効果をもたらしている

( Carlson 2005 ) 。


NY Times

( ニューヨーク・タイムズ ) 、

の、 ベストセラーリストに掲載された、

一人称形式の

( 著者が、 一人称で語る ) 本

「 8 Weeks to a Cure for Cholesterol

( 和名: 8週間で、

安全に、 コレステロールを下げる法 」、

には、

著者が、 歩く心臓発作時限爆弾であった、

状態から、 健常人となるまでの、

遍歴が書かれており、

ナイアシン 、 へ宛てての、

高い用量での、 摂取による療法について、

著者は、

そのひどい脂質プロフィールへの、

是正効果が、 他の、

いかなる療法らより高かった、として、

称賛している

( Kowalski 2001 ) 。


脳卒中を経験したことがある、

患者の場合においては、


ナイアシン 、への、 高用量での摂取

( 即時放出性の、 簡素な、

旧型 ナイアシン 3千 ~ 5千 mg 、

を、 一日の間に、 分散させて、

分割して、 摂取すること )

、 により、

全死亡率が、 劇的に低下する、

ことが、 多くの臨床研究らにより、

わかっている

( Creider 2012 ) 。


また、 数千 ミリ・グラム 単位の、

即時放出性 ナイアシン 、

の、 投与を伴う、 被験者が、

合計で、 一万人を超える、

複数の研究らにより、

ナイアシン 、 での、

高用量な摂取が、

多くの統合失調症患者らに、

実際的な変形的軽減をもたらすことも、

臨床的に証明されている

( Hoffer 1964; Osmond 1962 ) 。


最も重要なのは、

60年を使用された今でも、

ナイアシン

( とくに、 即時放出性 ナイアシン )

、 の、 安全性プロフィールは、

最も安全と言われる薬よりも、

はるかに安全である、 という事である

( Guyton 2007 ) 。


☆ 悪い報道;


それなのに、 マスコミ 、 は、

New England Journal of Medicine 、

に掲載された、 つい最近の研究に応えて、

なぜ、 突然に、

ナイアシンに、 物議を醸すような、

下記の見出しを載せたのだろうか?


「 Niacin drug causes

serious side effects,

study says


( ナイアシン 薬 、 は、

深刻な方の効果らをもたらす、

と、 研究は、 言う 」:

2014年7月16日付 Boston Globe 紙 、


「 Niacin safety,

effectiveness questioned

in new heart study


( 新たな心臓系の研究で、

ナイアシン 、 の、安全性と有効性が、

疑問視される 」:

2014年7月17日付 Healthday News 、


「 Doctors say

cholesterol drug risky to take


( コレステロール 薬 、を服用する事は、

危険 、 と、 医師たちは、言う 」:

2014年7月16日付 Times Daily 、


「 Niacin risks may present

health risks claim scientists


( ナイアシンのリスクは、

健康 リスクらをもたらすかも、 と、

科学者たちが主張している 」:

2014年7月17日付 Viral Global News 、


「 Studies reveal

new niacin risks

( ナイアシンの新たなリスクらが、

複数の研究らで、 明らかになる 」:

2014年7月17日付

Drug Discovery and Development 、


「 No love for niacin

( ナイアシンへの愛は、ない 」:

2014年7月17日付 Medpage Today 、


「 Niacin could be

more harmful than helpful


( ナイアシン 、は、 益よりも、

害をなし得る 」:

2014年7月18日付 Telemanagement 。



実際のところ、 前述の研究で、

引用 、および、 使用されたのは、

ラロピプラント

( 商品名: コルダプティブ 、

および、 トレダプティブ ) 、 であった。


ラロピプラント 、は、 問題のある薬で、

研究の結果では、 ナイアシンについて、

ほとんど、触れられていない。


この研究は、 ナイアシン 、と、

ラロピプラントの組合せ、

もしくは、 プラセボ 、 による、

処置を受けた、 患者、の、

2万5千人を比較したものであり、


被験者は、 心筋梗塞、

脳血管疾患 、 もしくは、

末梢動脈疾患の既往歴か、

症候性冠動脈疾患の徴候がある、

糖尿病の既往歴がある、 患者であった。


その結果にて、

ラロピプラント 、と、 ナイアシン 、の、

組合せを服用した、 グループのほうが、

重篤な副作用が見られ、

総死亡率も、高く、

糖尿病の発症リスクも、 有意に、

高くなっていた。


責任ある記者たちは、

こうした結果を見て、 犯人は、

どちらの化合物か、 つまり、

ロピプラント 、 という薬か、

ナイアシン 、 という、 ビタミンか、

疑問に思ったに違いない。


そのような副作用らは、

数万人の患者が関与している、

ナイアシン関連の、 10を超える、

大規模な臨床試験でも、 見られていないし、

全国の診療所らでの、

60年以上に及ぶ、 ナイアシン 、の、

通常使用においても、

見られた事は、 無い。


ただ、 ナイアシン 、 は、

皮膚の紅潮

( フラッシュ ) 、 を引き起こす。



この、 ナイアシン・フラッシュ 、 を、

不快と感じる人もいるが、

多くの人たちは、

この、 一時的な感覚を享受している。


前述の研究にて、

ナイアシンと組み合わせて与えられた、

ラロピプラントは、

この、 ナイアシン・フラッシュ 、 を、

防ぐ薬である。


ナイアシンと一緒に、

一定用量の、 ラロピプラントを加えて、

紅潮をなくすことにより、

不平なく、 ナイアシンの恩恵を受けられる、

患者が増えるかもしれない、

という、 考えであった。


しかし、 実際には、

ナイアシン・フラッシュ 、は、

健康的なものである。


ナイアシン 、 に対する、

紅潮反応が、 少ない、

ということは、

統合失調症の発生率が、 高い、

ことを示す、 特殊症状らの一つであり、


こうした分析結果は、

色々な文献で、見ることができる


( Horrobin 1980; Messamore,

2003; Liu 2007; Smesny, 2007 )。



ラロピプラントに関する問題;


それでは、 相方である、

ラロピプラント 、 という、 薬は、

どうなのだろう?


• ラロピプラント 、 は 、

アメリカ内での使用が、

FDA 、によって、

承認されたことは、 なく、

単独で服用すると、

胃腸での出血が増える、

ことが、 わかっている。*



• ラロピプラントは、

健康状態を良くする上で、 重要である、

基本的な、 プロスタグランジン 、

へ対する、 受容体の経路を妨げる。



•昨年、 メルク

( 米国の製薬会社 ) 、 は、

大陸ヨーロッパからの苦情を理由として、

世界的に、 ラロピプラントを撤退させる、

と、 発表した。


したがって、 つい最近に行われた、

前述の研究にある臨床試験らは、

英国、スカンディナビア、

および、 中国で、 行われただけ、

の、 可能性がある。


それなら、 なぜ、 これほど多くの、

メディア局が、 また、

一部の医師でさえもが、

ナイアシンに問題があった、

と、 結論付けているのだろうか? 


答えは、 単純。

どの見出しも、

ラロピプラント 、 に触れていない、

から、 だ !。


報告された副作用を引き起こした、

本当の犯員が、

ラロピプラントである、 ことは、

極めて、 明白である。


これを最も簡単な方法で言い換えれば、

マスコミが広めるセンセーショナル

( 煽情的 ) な話というのは、

完全に間違っていることが、

きわめて多い。

つまり、 隠された意図があるのだ。


紛らわしい見出しや、

空想的な見出しにすると、

読者が増え、

興奮状態を利用した、

ビジネス・モデルに役立つことがある。


正しい見出しにするなら、

「 ナイアシン 、 は、

重篤な副作用を引き起こさないが、

薬は、 引き起こす 」 、 となる。



ビタミン B群 、 が、 それほど、

重要である理由;


ビタミン B群 、 は、

ペラグラ

( ナイアシン /

ビタミン B 3 、 での、 欠乏症 )

、 と、 脚気

( チアミン /

ビタミン B 1 、 での、 欠乏症 )

という、

恐ろしい栄養疾患が多発した事により、

発見された。


我々は、 ナイアシン 、 の欠乏に対しては、

非常に敏感である。


アメリカの南部では、

20世紀の最初の、 20年間に、

食事での、 ナイアシンの不足によって、

10万人以上が死亡した。


人間という動物が、

ナイアシン 、の欠乏症に対して、

いかに、 弱いか、 という事を示す、

恐ろしい証拠となった。


ペラグラ 、と、 脚気の流行は、

精白米や、 精白小麦粉 、 というような、

加工食品が導入された直後に勢いづいた。



☆ 質の悪い食事、

精神的・肉体的なストレス、および、

特定の病気らは、


すべて、

ナイアシン系の、

ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド ( NAD ) 、 の、 値を、

激減させる、 事が、 わかっており、


そのために、 患者たちは、

平均を上回る、

ナイアシン用量に好反応を示す事になる。



なぜ、 ナイアシン 、 が、

様々な病気らに役立つことが、

あり得るのだろうか。


ナイアシン 、 を必要とする、

生化学反応の数 、 が、 他の、

どんな、 ビタミン 、 に由来する、

分子よりも、 多く、

遺伝子によって、 コードされる、

450種以上の酵素 コウソ 反応ら ≒

450種以上もの、 代謝ら 、

に、 必要だからである


( スイス・バイオインフォマティクス

研究所 、 の、 UniproKB データベース

( Penberthy 2013 )。



その反応の数は、

他の、 どんな、 ビタミン 、 由来の、

補因子よりも、 多いのである!



ナイアシン 、 は、

ほぼ、 すべての主要な、

生化学的経路ら、 に関与している。


酵素タンパク質の、

NAD 結合領域内に、

遺伝子によって、 コードされた、

アミノ酸多型を有している人は、


NAD 、 に対する、

結合親和力 、 が、 低いために、


他の人より、 多く、

ナイアシン 、 を投与する事により、

正常な健康状態に必要な、

NAD量にしなければ、

治療をできない。



この例のような、

遺伝的な違い、らが、 あるために、

多くの人は、

自分が持つ、 酵素 コウソ 、らを、

正しく機能させるために、

大量のナイアシン 、 を、

必要としている

( Ames 2002 ) 。


こうした情報らを、 マスコミが、

これほど頻繁に無視する、 というのは、

全く、 恥ずべきことである。


幸い、 多くの医師たちは、

ナイアシンの高用量摂取療法が、

循環器疾患の予防に、

いかに効果的であるか、を、

すでに、 自ら目にしているため、

ナイアシン 、 について、

誤った情報らを伝えている、

最近の見出しの正体は、 お見通しだろう。


栄養剤 ( 栄養素 ) 、 は、

解決策であり、 問題ではない;


 結局、 コレステロール / LDL

≒ 低分子 、 値 、 に、

問題がある患者らでのデータらによっても、

健康的な、脂質プロフィールを維持する、

ためには、

即時放出性 ナイアシン 、 を、

3千 ~ 5千 mg 、 を摂る、

ことが、 臨床的に証明された、

最良の方法である、

ことが、 裏付けられている。



用量が、 250 ~ 千 mg 、 の、

ナイアシン 、は、 安く買う事ができ、

入手源も、たくさんある。


持続放出 ( 除放 ) 性の、

ナイアシン 、 は、

処方箋によって、 売られる、

ことが、 最も多い形態の、

ナイアシン 、 であるが、

即時放出性の、 ナイアシン

( 簡素な、 旧型 ナイアシン ) 、

より、 副作用が、 多く、

価格も、 はるかに高い。



ナイアシン 、 とは、 関係ないが、

循環器疾患 、 という点では、

ついに、 伝統医学でも、

キレーション療法

( キレート療法 ) ≒


キレート 、 とは、

何彼を、 封筒のようなものに、

包む格好にする事や、 その物 、


が、 一つの方法として、

尊重され始めた。


これは、 糖尿病がある、

循環器疾患患者に対する、

無比の臨床成果が、 最近に、

見られている、 ためである。


その成果は、

再発性心臓発作を、 最大で、

50 % 、 を予防し、

あらゆる原因らによる、死亡率を、

最大で、 43 % 、 を下げる、

というものである

( Avila 2014 ) 。



場合によっては、

キレーション療法は、 高額となり得る。


しかし、 伝統医学では、 まだ、

真価が認められていない、

IP 6 、 の、 高用量療法など、

他にも、 安価な方法は、ある。


典型的な循環器疾患の場合においては、

栄養療法として、 その他にも、

ビタミン C 、 マグネシウム 、

コエンザイム Q ≒

補酵素 ホコウソ キュー、

脂溶性のビタミン

( D 、 E 、 K 2 、 A ) 、

の、 サプリメントを摂取し、

草で育てられた牛の乳でできた、

オーガニックのバターを摂る、

ことが、 望ましい。


理想的な摂取量は、

個人個人によって、異なる。


必要なのは、

ナイアシンのような栄養剤

( 栄養素 ) 、 であり、

マスコミの誤情報では、ない。


( 訳注: nutrients 、には、

栄養素 、 という意味も、

栄養剤と意味もありますが、

ここでは、 栄養剤 、 としました ) 。



元記事は、 こちら

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1652162154900102&id=100003189999578


@ ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド

( nicotinamide adenine dinucleotide ;


NAD 、 とは、

全ての真核生物と、

多くの古細菌、や、 真正細菌で、

用いられる、 電子伝達体 、である。


色々な、 脱水素酵素 コウソ 、 への、

補酵素 ホコウソ 、 として機能し、

自らの側の電子を奪われるなどして、

電子強盗をやる態勢にされてある、

酸化型 ( NAD+ )


および、

電子を与えられるなどして、

電子強盗をされる態勢にされてある、


還元型 ( NADH )

、の、 2つの状態を取り得る。



二電子還元を受けるが、

中間型は、 生じない。


略号である、 NAD+

( あるいは、 NAD 、でも、同じ )

、 のほうが、

論文や口頭でも、良く使用されている。

また、 NADH2 、 とする、

人もいるが、 間違いではない。



☆ NAD 、 は、

ニコチン・アミド・ヌクレオチド 、と、

アデノシン 、 が、

リン酸結合した化合物であり、

ビタミンの一種である、

ナイアシン 、 が、

化学変化したものである。


水素と結合すると、 還元型となり、

NADH 、 と、 呼ばれる。