経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

藤川院長系: アル中 ❗ 。 報道されぬ❗; 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

アルコール依存症治療プロトコール

Orthomolecular Medicine News Service、2005年 7月1日 ;

Abram Hoffer、M.D.、Ph.D.からの銘施辞;


「 私は、 アルコール依存者会

( アルコール・アノニマス、 AA )

、 への、 共同創始者である、

Bill W 、 に会って以来、 私達は、

親しい友たちになりました。

アルコール依存症の治療には、

個人的な関心がありました。

AA 、は、 多くの人たちが、

他では、見つけることができなかった、

アルコールへの依存症の主らへ、

精神的な、よりどころを提供し、

禁酒を維持するのを助けたが、

多くの患者らにとって、

AA 、だけでは、 不十分であった;


AAの誰もが、 完全な、

禁酒を達成したわけではなかった。


☆ ビタミン B 3 、でもある、

『 ナイアシン 』 、 が、

慢性の、 うつ病や、 その他の、

身体的、精神的な、 苦痛から、

彼らを、 大いに救い出し得たので、

彼は、 アルコール依存症への治療に、

ナイアシンの使用を導入して、

非常に熱心に、ナイアシン治療を行った。


ナイアシン 、は、

アルコール依存症への、 最も重要な、

治療法であり、 最も信頼性の高い、

治療法らの1つであり、

現代の精神医学より、 安全です。


このような結論は、 私の同僚と私が、

1953年以来に行ってきた、

仕事らに基づいています。


「 飲酒を止めたくないが、

ナイアシンを摂取することに同意した、

多くのアルコール依存症者らのことを、

知っている。

小規模ですので、 私は、

多くの人達を見た訳ではありませんが、

プログラムを早期に開始すれば、

より多くの人たちが、 正常になる、

ことができる、 と、私は思っています。


これらの案らを用いる治療センターは、

いつでも、 利用が可能になっており、

今日の標準的な治療法に比べて、

病院に入院され、

深刻な、痛みや苦しみをともなうような、

治療に比べ、 有効であり、

処方箋を無しに、利用が、可能です。


この治療法は、 単独でも、

使用することができますが、

食事療法のアドバイスや、

追加の栄養素と組み合わせることが、

最も効果的です"


テキサス大学教授で、

アメリカ化学協会の前会長であった、

ロジャー・ウィリアムス博士も、

アルコール中毒について、 沢山を、

報告している。

ウィリアムズ博士は、

大量のビタミンと、 L-グルタミン 、

と、 呼ばれる、 アミノ酸を推薦しました。


アルコール中毒者は、 飲酒をやめ、

体を正常に機能させるために、

何をすべきか?。

体に、 次の栄養素らを供給してください:


1. ビタミン C 、の飽和

( 1日あたり、 1万 〜 2万 mg 程 )。


高用量のビタミン C 、は、

アルコールへの代謝 、からの、

有害な分解生成物を化学的に中和する。


ビタミン C 、 はまた、

アルコール依存症で、よく見られる、

脂肪の蓄積を改善させて、

肝臓の能力を高める。



飽和に滴定するには、

1時間に、 1 グラム 、でもある、

千 mg 、の、ビタミン C、を服用します。


飽和に達すると、

1回の下痢のエピソードが生じる。


次いで、 4時間ごとに、

千 mg 、 に用量を減らす 。



2. B50 -コンプレックス

( 各主要 B-ビタミン 50 mg 、

を、 毎日に、 6回を含む )。


3. L-グルタミン

( 2千 、または、 3千 mg ) 。


L-グルタミン 、は、

アルコールへの生理的渇望を減少させる、

アミノ酸 、です。


@ アミノ酸 、らは、

タンパク質らを構成する、物ら、だ 。


ブドウ糖たちの束 、でもある、

グリコーゲン 、 を燃やして、

脳に燃料を供給し、

多くの神経機能らを刺激する、

2つの主要な、 エネルギーの供給者らの、

一つ 、です。


L -グルタミン 、は、

肝臓や腎臓で、 自然に産生されます。


アルコール 、は、

腎臓や肝臓に害を及ぼすために、

これの補給は、 非常に重要です


( 砂糖、と、アルコール 、への、

渇望を同時に減らす )。



4. レシチン

( 毎日に、 2 〜 4 杯 ) 。


B 複合体に関連する、 イノシトール 、

および、 コリン 、 を提供する。


レシチン 、は、 肝臓から、

脂肪を動員する事にも、 役立ちます。



5. クロム

( 毎日に、 少なくとも、

2百 〜 4百 mcg 、の、

ポリ・ニコチン酸 クロム )。


クロム 、は、

炭水化物への代謝を大幅に減少させ、

血糖値をコントロールするのに、

大いに役立ちます。


ほとんどではないにしても、

多くのアルコール依存症の主らは、

低血糖 、である。


6. マグネシウム Mg

( 4百 mg ) 、と、

酸化防止剤な、

ビタミン A 、へ化ける、 カロテン 、と、

ビタミン E 1 、 でもある、

d-α トコフェロール 、 を含む、

高効能の、 マルチ・ビタミン、

マルチ・ミネラルな、 サプリメント。


要約すると、 アルコール症は、

正常な代謝らの機能を戻すために、

適切な量の適切な栄養素らを必要とする。


上記の栄養素らは、 安全で、

効果的で、 安価であり、

処方箋を、無しに、

ディスカウント・ストア 、または、

健康食品店から入手可能である。


ビタミン 、らからは、

1年に、 1つの死も、 ありません。



適切に処方され、 指示通りに服用される、

医薬品 、らは、

年間に、 十万人以上の、

アメリカ人たちを殺します。


ほとんどの病気らは、 根本的に、

質的な、 栄養失調 、に起因しています。


これには、 慢性疾患だけでなく、

不十分な栄養により、大幅に悪化する、

ウイルス性、 および、 細菌性の、

急性疾患らも、含まれる。



サプリらは、 問題な物ではありません。

サプリメントらは、 解決策です。

栄養の不良が、 問題です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆ 藤川院長;

アルコール症には、

ビタミン B3 、な、 ナイアシン 3 g

+ ビタミン C 、 10 ~ 20 g

+ B50 コンプレックス 、 6錠 、


プロテイン 30 g 、


レシチン + クロム + マグネシウム、

マルチ・ビタミン + マルチ・ミネラル 。

元記事は、 こちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1359625020820485