経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

シリア反政府テロリストらが、一般シリア国民らへ、武器を与えず、共闘も求めない理由 2012/12/6 23:6:41 。 報道されぬ❗; 日本人の数千人以上を既に監禁中な、 シナ❗ 。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題❗

【 ブログ snape 英語指南 より 】 :


ホウラでの虐殺の犠牲者たちは、 :

ほとんどが、アサド政権への支持者たちと、

その家族たちである事が、 現地での、

その後の調査で、 明らかになっている。 :

:

現在、 反政府勢力として暴れているのは、

外国

( 主に、 米・英・NATO・イスラエル )

、 からの支援を得ている、

ごく一部の勢力に過ぎない。 :

:

しかし、 この支援の中身は、

とんでもないもので、 :

莫大な資金、 高性能の兵器、

アルカイダ系の百戦錬磨の傭兵ら、

そして、 CIA、 MI6の工作員ら、

特殊部隊と、 彼らによる、軍事訓練、 を、

ふんだんに投入しているのだ。 :

アメリカ陸軍の大佐が、 現地で、

指揮をしている、 という、情報もある。 :


しかし、

FSA: 自由シリア軍 、 は、 もう、

2011年から暴れて、

アサド政権への転覆を試みているが、

一般の国民たちが、 味方につかないので、

成果が上がらない。 :


市民たちは、 外国の勢力らが、

掻き回している事を知っていて、

早く出ていってほしい、 と思っている。 :


一般の国民たちは、

欧米メディアの特派員らがやってきて、 :

何の実態もないのに、

「 市民が、政府に弾圧されている! 」、

と、 報道している事へ対して、

ほとほと呆れている。 :


反政府勢力らは、

このままでは、らちが開かないので、

アサド大統領を、

残虐な支配者に演出して、

国際世論の圧力を用いて、

アサド政権をつぶそうとしている。 :


リビアのカダフィ大佐の事例が、”理想”だ。


このために、

CIA ≒ アメリカ中央情報局 、 は、

メディアの力をフルに利用する、

作戦を使っており、 :

無防備な市民らを、 傭兵どもを使って、

虐殺させ、 すぐに、 その死体らを、

ビデオに撮らせ、 それを、

「 政府軍による無辜の市民らへの虐殺 」 、

として、 すぐに、

欧米の主なメディアらへ流し、

日本のメディアらも、 孫引きで、

そのまま流す。


これを背景に、

国連で、

アサド政権への非難声明が出される。


世界の95%以上の人々は、騙されている。


引用は、 上記まで 。



【 常に、 味方であり、

支持者であるはずの、

一般の国民たちを、 盾に取って戦う、

という、 明ら様に、

自らの内面に、 士道精神も、

人道的配慮も、何も、無い、

事をさらけ出して観せる、

行為をして来ておりながら、


一般の市民らから、 犠牲者が出たのは、

シリア政府軍のせいだ、 と、

騒ぎ立てて観せてきた、

シリアの反政府テロリストらと、

日欧米の大半のマスコミ情報売人らですが、

極めて、 不思議な事に、

自派を支持している筈の、

一般市民らへ、 武器を供与して、

彼らの言う、 一般市民らへの、

虐政を行って来ているらしい、

シリア政府の軍隊に対して、

共に闘おう、 という、

呼びかけ、等を、

全く、行っていないのです。



これは、 彼らな、 反政府テロリスト側の者ら、の、 主張する事らに照らし合わせて、

考えて観ると、

本当に、不思議な事なのです。


元から、 反政府デモなどをしていた、

一般の市民らが、 反政府軍の主体で、

広範に、 一般の市民らの支持を得て、

反政府ゲリラ軍が、

戦いを起こして来ているかの様に、

日欧米などの大半のマスコミの、

情報売人らは、

宣伝しているのですが、

国際的な支持も、資金も、武器らも、

ふんだんに持ち合わせている、

自分たちのための援軍が、

口先だけでなく、 実際に、

政権を打倒する戦 ( いくさ )

を起こしてくれている、 という、

千載一遇の、絶好の機会を与えられ得ている、 というのに、

反政府軍を支持している、とかいう、

一般の市民らの広範な層から、

一定数以上の人々が、

反政府軍と共に、シリア政府軍と闘おう、

とする、 大々的な動きを、

一向に、観せて居らず、


反政府軍からの、

彼らの味方の筈の一般市民らへの、

武器の供与も、 共闘の呼びかけすらも、

観られないのです。 :



☆ 仮に、 日本で、

国防動員法 、 という、 シナの法律により、

日本などの、 外国らにおいて、

諜報工作活動などをする事を、

義務づけられており、

法律によっても、

透破 スパ ≒ スパイ 、 である事、

が、 確定し得てある、

日本にも在る、 シナ人らが、


日本で、 反日本政府軍を成して、

一般の日本人らを盾にして戦いながら、

米中の手打ちが済んだ後の、

日欧米中のマスコミ情報売人らをして、


『 日本人たちの大半は、

日本国民達を虐げて来た、

何とか政権と戦う、

反政府軍の民主化運動を支持している 』 、

と、 宣伝させる事は、出来ても、


本当は、 自分たちへ反撃して来る、

事が、あり得る、

占領下の日本人達へ、武器を供与する、

等という事は、 出来ない訳です。


日本人の女性ジャーナリストが殺された、

時にも、

反政府軍の者らが、 その行動圏に居て、

相変わらず、

シリアの一般市民らを盾に取って戦う、

態勢を成していたのですが、

日本人ジャーナリストならば、

在りのままに、

シリアの現地ごとの事情らを、

世界へ発信してしまうかも知れません。 :

☆ シリアのアサド政権への、

敵方の、 カタールの世論調査ですら、


アサド大統領の政権が、

宗教や、宗派の違いを超えて、

キリスト教徒らまでをも含む、

シリア国民らの過半数に支持されている、

事が、 明らかにされてしまっている、

位ですから、


一定度合い以上に、 正直で、

自らの発信する情報事らの、

可能的な受け手らの人々に対しての、

誠実さがある、

日本人の女性ジャーナリストならば、

在りのままに、

現地の一般のシリア国民らの、

思いの表明事らを、

世界へ発信してしまうかも知れないのです。


☆ イギリスの男性ジャーナリストが、

シリア政府軍の仕業に観せかける形で、

反政府軍の者らに、

危うく殺されかかった、 という、

記事を、以前、ここでも、紹介しましたし、


海外協力青年隊事業で、

シリアで働いた事のある、

日本人女性の報告なども、紹介しましたが、


それらを含む、 様々な方面からの、

情報事らを突き合わせて、

より、 辻褄の合うように、 思い分け、

思い構えて観ると、


反政府側のマスコミの情報売人らの、

宣伝主張らには、 無理があり過ぎて、

明らかに、

米国とイスラエルらとを主導勢力とする、

戦争への準備工作らの一環以上のものら、

としての、 柄が、 色濃く出てしまっている、

様に観受けられ、


イスラエル 、 などは、 主に、

自国の存続の為に、

イランの核への封じ事らを、

徹底的に行いたいのでしょうし、


アメリカ、や、イギリスら、などは、

経済の立て直しに、 雇用らを増やし、

失業者らを減らす事になる、

公共事業としての戦争を行うと共に、


元から、 キリスト教文化圏の側の者らが、

一方的に、敵愾心を燃やし続け、

敵対して来た、当の相手らである、

イスラム教圏の国々・諸勢力を、

英米のくびきに、改めて繋ぎ止める、

これまでやって来た作業らの続きを、

貫徹してしまいたい、

といった所なのでしょう。



中東で使われる、 英米の富裕権力層員らの、

手口な事らは、

日本へも、変形させて、

使われ得る物ら 、 であり、

彼らによる、 標的な社会の主らへの、

経済的な支配性の拡充にもつながる、

その経済系の可能的な成長の幅を、

ひたすら、削り減らし続ける、

その中央政府の財政における、

引き締め 、を、

その社会の内外の財務員らによって、

ゴリ押しし続け、 繰り返させもする、

事などについては、 すでに、

使われ得て来てもある物ら、 なのです ❗ 】 。