経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

藤川院長; ネフローゼ 、 腎臓病 。 報道されない❗; 日本人の数千人以上を既に監禁中な、シナ❗ 。 シナによる、 桜木 琢磨 市議ら 実質 拉致問題 ❗

☆ ネット記事 ➕ 論弁群➕ ;


グルコサミン、と、 コンドロイチン硫酸は、 グリコサミノグリカン、

の、構成成分となります。


グリコサミノグリカンは、

関節や関節軟骨、関節液、角膜、

皮ふなどにあって、組織を柔軟にしたり、

水分を保持して潤わせる、

という作用があります。


コンドロイチン硫酸と、

グルコサミン 、 の、

2つを併せて摂ることで、

相乗的に作用します。


☆ コンドロイチン硫酸の、 単独での、

関節症への効果については、

否定的な報告もありますが、

それを認める報告も、あります。


しかし、 関節症への、

グルコサミン 、 との併用に関しては、

有効な報告が多く、

この2つの組み合わせは、 関節症への、

王道の組み合わせとなっています。


☆ プロテイン・スコア 、とは、

蛋白栄養価を表す指数です。

人の体内で作ることのできない、 8種類の必須アミノ酸を、

バランスよく含んでいるかどうかによって、

その食品の栄養価が決まります。


必須アミノ酸のどれかが、一つでも不足していると、

全体の指数は、低くなります。


卵は、 必須アミノ酸の組成が、理想的で、これを、

基準値の、 100として、

各食品の、プロテイン・スコアーが、示されます。


卵は、 他の動物性食品に比べ、

プロテイン・スコア―が高く、

極めて、栄養価の高い食品である、

ということが、いえます。


テーマ:三石巌 理論 ;

自然治癒の健康相談ー27, ネフローゼ


三石巌:全業績ー6、分子栄養学の健康相談、より;


9歳の女子、 顔がむくんで、

急に元気がなくなったので、

病院につれていきました。


重症のネフローゼとの診断で、

即時入院するようにいわれました。

注射や飲み薬で治療をうけていますが、

いっこうに良くなりません。

いつ、退院できるか、が、わからず、

心配です。


☆ 三石先生 ; 私のアドバイス、

 

ネフローゼ 、 とは、

腎臓の糸球体 、 という、

濾過装置のぐあいが悪くなり、

血清タンパクのような、

大きな分子が、 そこをぬけて、

尿に出て行く病気 、 といって、

よいでしょう。

 

ネフローゼ症候群の診断の基準は、


尿の中の 、 タンパク質の量が、

1日に、 3・5 g 以上、

血の中の、 タンパク質が、

百 ml 、 につき、

6 g 以下 、 とされています。


こんな、 低 タンパク 血 、 では、

浮腫( むくみ )が、あらわれてきます。


☆ 低 タンパク 血症だと、

血液が、 水っぽいので、

その水分が、 血管の外に出て、

浮腫の形をとるのです。


 いずれにしても、

タンパク質が失われているので、

その補給をしなければ、

低タンパク血症は、 なおりません。


一方、 腎臓という器官は、

その構成材料である、 タンパク質の、

交代が、 比ぶるに、はやいものですから、

これに見合うだけの、

タンパク質の補給がなければ、

まともな、 腎臓は、 つくれない 、

ということです。


タンパク質が不足した状態におちいれば、

腎臓にかぎらず、

全ての臓器に、 がたがくることは、

必至です。


腎臓が悪いからといって、

低タンパク食をつづけたら、 全面的に、

アウトだ、と、 私は考えます。

 

そこで、この患者の場合、

高タンパク食を指示したいと思います。


それに、 血流の改善のための、

ビタミン E 、

腎機能の正常化のための、

ビタミン C 、も、ほしい、 と思います。

 


一般に、発育ざかりのお子さんの場合、

体重の、 1 Kg 、 について、

良質タンパク 、の、 1・5 g 、を、

必要とします。


このお子さんの体重が、 かりに、

30 Kg 、 とすれば、

1日に、 45 g 、の、

良質タンパク質がいるわけです。


病院の食事で、 これだけの、

タンパク質をとることは、

まず、 不可能です。


したがって、

配合タンパクを、 30 g 、ほどを、

とってみたら、 と思います。


その後の経過、

 9日後の検査では、

尿タンパクは、 ゼロになりました。


それで、注射は、やめになりましたが、

内服薬はまだ、のまされています。

ただし、その量は、へりました。

 

半年後の現在、どこからみても、

病人とはみえず、顔色もよく、

元気になって、

病院内をとびまわっています。

 病院のなかに学校があるので、

勉強は、そこでやっています。


親としては、こんなようすから、

退院させてもらいたいと思うのですが、

ネフローゼは、簡単な病気ではないから、 退院はさせられない、 と、 いわれます。


 私としては、ネフローゼの下地として、

低タンパク食、 低ビタミン食があった、

という、 想定をしていました。


それで、食生活の改善策をとれば、

回復がはやかろうと考え、

2週間後に報告して欲しい、と、

いっておいたところ、

9日で、 すでに効果があらわれたのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆ 藤川院長;

ネフローゼの下地として、

低タンパク食、 低ビタミン食があった。

それなのに、病院に行けば、

低タンパク食を指導される。

これでは、治るはずがない。


プロテイン・スコア換算体重*1.5g 、の、

タンパク質が必要。


ネフローゼに限らず、

全ての慢性疾患の治療の基本は、

「 高タンパク食 」 、❗。


健常人に比べ、 組織の修復のためには、

大量のタンパク質が必要。

低 糖質 食にすれば、 更に良いはず。


それに加えて、 CとE。

高用量のナイアシンも、良いだろう。


元記事はこちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1304044133045241


自然治癒の健康相談ー26,腎臓病


三石巌:全業績ー6、分子栄養学の健康相談、より;


20歳の女性、 11歳の時、

急性腎不全といわれ、 全体安静と、

無タンパク食をつづけ、

タンパク尿をのこしたまま復学しました。


その後も、 全身がだるく、

顔や手足が、むくみます。


そして、 食欲不振や吐き気におそわれ、

脱毛がはげしく、 検査しても、

原因不明です。


三年前から、 水が胃につまって、

激痛を起こします。


水は、胃の中に、 10時間もたまっていて、

お腹を押さえると、 水の音がします。


☆ 2) 21歳の男性、

腎臓が悪いといわれ、

塩分、水分、タンパク質での、

制限を受けていますが、

そんなにきびしいものでしょうか。

腎臓病の食事療法の基本を教えて下さい。 このままでは、たまりません。


☆ 三石先生; 私のアドバイス、

 

腎臓病にかかって、 タンパク尿が出ると、

タンパク質の取り過ぎ、

という感じにとらわれます。


しかし、 腎臓も、 タンパク質であって、

たえず、こわされ、

つくりなおされています。


半交代期、つまり、

その半分が更新するための時間は、


腎臓の場合、

いちばんに短いものは、 11日 、

一番に遅いのは、 180日とされています。


腎臓の組織のうちには、ずいぶんはやく、

回転しているものがあるわけです。


 いづれにしても、 作り直すときに、

材料が足りなかったら、 前よりも、

そまつな腎臓ができあがります。


そまつな腎臓は、はじめから、

機能が低下していて、 当然な訳でしょう。

 

そのように考えるとき、

無タンパク食による害が想像されます。


1)の場合、

倦怠感、浮腫、脱毛などが、

みられましたが、どれも、

低タンパク食からきています。

倦怠感は、おそらく、

貧血からきたものでしょう。


 低 タンパク 食をつづけると、

低 タンパク 血症がおきます。


このとき、 血液が、水っぽいために、

その水が、 血管壁から、 外に、

にじみだします。

これが、 浮腫となるのです。

 腎炎がおきたとき、

ある段階からは、 高タンパク食をとったら、 慢性への移行が防げるのではないか、 と、 私は考えます。


 どちらの場合にも、 私は、

高 タンパク食、と、 ビタミン C 、を、

お勧めします。


ビタミン C 、は、

腎臓の機能を正常化して、

利尿作用をあらわします。


できるなら、 ビタミン C 、は、

1日に、 10 g くらいをとってみたい、

と思います。


 腎臓病が進行して、

腎機能が極度に低下した状態を、

「 腎不全 」 、 といいます。


このときには、 尿に出てゆくはずの、

尿素をはじめとする、

窒素代謝産物 たちが、 血中に蓄積して、

尿毒症の傾向になります。


これが、さらに悪化すれば、

人工腎臓による透析や、

腎臓の移植を考えなければ、

ならなくなります。

 

慢性腎不全となれば、

窒素代謝産物を少なくするために、

タンパク質の摂取量を減らさなければ、

ならなくなります。


このようにして、

低タンパク食となれば、

消耗を免れません。


したがって、

必須アミノ酸を点滴するか、

あるいは、 口に入れるかしなければ、

ならなくなります。


 結局、 タンパク質をとらずには、

いられないわけですが、


このようなときには、

プロテイン・スコアが高く、

乾燥状態のタンパク質含有量の高いものが、 望ましい、 といえます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆ 藤川院長;

腎障害があると、医師からは、

低 タンパク 食 、を指導される。

しかし、これは、おかしな話だよね。


腎臓=タンパク質なので、

タンパク質の補給が、 不十分だと、

良くなるわけない。


高タンパク食 ➕ ビタミン C を、10g 。


加えて、 ビタミン B 3 、でもある、

ナイアシン 、を、 3 g 、


E 1

( d-αトコフェロール )、の、

千2百 ~ 2千 IU 、も、 良いはず。


ホッファーの本に、

腎不全で透析が必要と診断された患者が、

ナイアシン 、の、 3 g 、❗で、

完治して、 医者も驚いた、

という、 症例が載っていた。


元記事はこちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1294876647295323