経済参謀

個人や私企業らの各々の個人経済系とは、
異なり、 通貨ら等の効果らが、
自己循環する、 国民経済系などの、天下経済系への体系的な認識の構築を通しても、
日本の主権者である、 日本国内らに在るべき、福利らの拡充を成す事に必要な、
情報事項らを提供する

シナの空回り

【 日本政府が、 自らの成すべき義務の事として、 成すべき仕事は、

その主らの国民経済系を拡充する事で、

日本国民らに在り得る、福利らを成し、 増す、

事であり、

自らが、 主らから預かる、 資本性らである、

金額として機能する数値らを減らして、

主らへ、 回し得る、 金額としての数値らを減らす事によって、 主らの国民経済系をやせ細らせる方向へ、圧力をかけ続ける事ではない。


経済系らには、 民間部門と、 政府部門との、

2つしかない事も、 知らない、 日本国民らの、

より、 多くを騙 ダマ して、

民間部門において、

一定金額以上の、 収益や、所得の付いた、

仕事らの総量を、 増やす事ができないでいる事にもよる、 デフレ不況性がある場合には、

残りの、 政府部門において、

そうした仕事らの総量を増やすしかない、

という、 極めて、 当たり前な事を、

日本国民らの、 より、多くが、 知らされない状態に置かれ続ける様にする事ではない。


一般の銀行らに対して、 金額としての数値らを与えたり、 奪ったりする、 中央銀行が、

一般銀行らへ、 その国債らを買い上げる代わりに、 中央銀行にある、 一般銀行らの各々の名義の口座へ、 金額数値らを付け加えてやる形で、

一般銀行らが、 企業らなどへ貸し出せる、

カネらを、 ジャブジャブと、 大量に供給してやる事によって、 いかに、 その利息らを安くしてやる、

金融政策である、 量的緩和などをやっても、

中央政府が、 公共事業らを増す事によって、

仕事らの総量を直に増やし得る、のとは、

異なり、

中央銀行は、 直に、 中央政府がやれる様に、

仕事らの総量を増やしてやる事は、 できない、

ので、

民間部門において、 仕事らの総量を増やす、

設備らへの投資を成す為に、 一般銀行らから、

カネらが、 借り出される、

その総勢が、 増す事の無い、 状況が成立ってある

場合には、

中央銀行が、 一般銀行らへ与えた、 多額のカネらは、 仕事らの総量が、 少ない分だけ、

一般銀行らの名義の、 中央銀行にある口座らに、 滞留し続けるだけであり、


現に、 数年前には、 一般銀行らの名義の、

中央銀行にある口座らには、 合わせて、

30兆円もの、 金額数学が、 借り手らの現れる事を待ちわびて、 滞留していたのだし、

その状況は、 今も、 大して、変わっていない。


94年度の半分近くにまで、 公共事業らを成す為に使われる、 日本政府からの、 カネらが減らされ、 それだけ、 可能的な働き手らの労働らに対する、

仕事らの在り得る総量が、 減らされて、

在り得る、 物価と、賃金なり、 給料なりが、

より、 安くなる方向へ、圧力をかけられ続けて来ている、 デフレ不況性のある、

この所の、 日本の国民経済系を拡充し、

デフレ不況性を解消するには、

やはり、 日本の中央政府が、 直に、 仕事らの総量を増やす事になる、 公共事業らを増やす他に、

手は、 無いのであり、

デフレ不況性の解消も兼ねて、

より早くに、 日本国民らは、 自らの足元の地下へ、 避難経路らと、住める避難所らを、 作り拡げてゆく公共事業らへ、 自らの執事の役にある、

日本政府をして、 取りかからせるべき、

利害関係性と共にある 】 。


・・例えば、 シナの首都の、 北京は、

居住者が、 2千万人を超えて、

都市機能は、 パンク寸前である。


李士祥副市長が、 8月25日に語ったところによれば、

今年の上半期の北京市の居住者は、

2182万1000人に上る。


2014年の末の統計によれば、


北京戸籍の保有者は、 1333万人なので、

約6割強が、 戸籍の保有者で、

4割弱が、 「 農民工 」 や、 その他の、

外国人などとなる。


こうした状況のために、 北京市としては、

何とかして、 「農民工」を減らしたい。


それは、北京市の戸籍保有者の意向にも合致している。

「一線都市」と呼ばれる、 上海、広州、深セン、

天津も、 同様で、

「農民工」に戸籍を与える、 という、

選択肢は、 ない。



・世界に例を見ない、外国人分類制度 ;


こうした中で、 中国政府は、

2016年の8月から9月にかけて、

各地方ごとに、 戸籍改革計画を発表させた。


それによると、

おおむね、 人口が、 500万人以下の都市らは、

都市戸籍と農業戸籍の区別を、 撤廃か、

緩和する方向に進むようだ。


だが、 逆に、 大都市らでは、

戸籍制度を厳格化する方向である。


9月8日に、 北京市政府 ( 北京市役所 ) は、

「 北京市人民政府の戸籍制度改革実施を、

さらに一層、 推進するための意見 」 を発布した。

いわゆる、 「 43号指令 」 だ。


これによると、

習近平総書記の重要講話などに基づいて、

農村戸籍と非農村戸籍の区分を廃止し、

「住民戸籍」 ( 居民戸口 ) として統一した、

登記にする。


また、 2020年に、

北京市の居住人口を、 2300万人以内に抑制する。

特に、 中心部の6区

( 西城区、東城区、朝陽区、海淀区、豊台区、石景山区 ) の居住人口を、

2014年時点を基準として、

15%程度を、削減する、 という。


その一方で、こうも記している。


〈 「 高度で、 洗練された先端の経済構造 」

の需要に合わせるために、

さらに、 開放した人材への受け入れ政策を実施する。

高度な人材を整備し、 人材の不足を解消し、

国内外の高度な人材を吸収し、

北京の新たな創業を創出する 〉 。


つまり、新たな選別を示唆しているのである。


北京では、 「積分落戸」という言葉も出始めた。


これは、学歴や所得税納付額などに応じて、

市民を「数値化」し、

数値の高い人から、 戸籍を与えていく、

という制度だ。


逆に、 数値の低い人は、

追い出してしまう、 というわけだ。


もちろん、大半の「農民工」も追い出される。



中国は、 平等を国是とする社会主義国なのに、

まさかと思うが、

すでに、 その兆しは表れている。

それは、外国人に対する、 制度の改正だ。


11月4日に、 国家外国専家局外国人来華工作許可工作小グループは、

世界に例を見ない制度を発表した。


それは、 来年の4月1日から、

中国に居住する、 すべての外国人らを、

A類 ( ハイレベル人材 ) 、

B類 ( 専門人材 )、

C類 ( 一般人員 ) に、

3分類する、 というものだ。


今後は、 A類の外国人を奨励し、

B類の外国人は制御し、

C類の外国人は、 排除していくというのである。



・中国人に代替可能な外国人は、 「不要」 ;


それは、 おおむね、 以下のような、

120点満点の加算方式で決める、 という。


【 中国内での年俸 ( 1元 ≒ 16.5円 】 ;


45万元以上・・20点、

35万元~45万元・・17点、

25万元~35万元・・14点、

15万元~25万元・・11点、

7万元~15万元・・8点、

5万元~7万元・・5点、

5万元未満・・0点。


【 教育レベル 】 ;

博士号取得者・・20点、

修士号取得者・・15点、

学士号取得者・・10点、

高卒まで・・0点。


【 中国語レベル 】 ;

HSK ( 中国語能力試験 )

5級以上取得者・・10点、

4級・・8点、

3級・・6点、

2級・・4点、1級・・2点、それ以下・・0点。


【年齢】

26歳~45歳・・15点、

18歳~24歳、46歳~55歳・・10点、

56歳~60歳・・5点、61歳以上・・0点。


【勤務地域】

西部地区、東北地区、

中部地区の貧国地区・・10点。

それ以外・・0点。


【その他】

世界大学ランキングで、

100位以内の大学卒・・5点、

フォーチュンによる、 500大企業で、

就職経験あり・・5点。


ざっと、 このような感じである。

外国人らは、 これらの点数表を見ながら、

証明書類を集めて、 自分の点数を申告する。


合計が、 85点以上なら、 A類、

60点以上なら、 B類、

60点未満なら、 C類だ、 という。



この発表文には、次のように書かれている。


〈 今後、 外国人には、 生涯を変わらない、

一つの番号 ( 一号 ) を与え、

統一管理していく。


A類の外国人は、

各地域に、 明るい未来をもたらす、

優秀な人材のことで、

居住を奨励する。


B類の外国人は、

国内市場の需給や発展に応じて、

増減させる人材のことで、

居住を制御する。


C類の 外国人は、

臨時的、季節的、及び、 技術を伴わない、

サービス業などに従事する外国人で、

国家政策に基づいて、厳格に制限していく 〉 。



要は、 今後は、 中国人に代替可能な外国人は、 不必要な人間として、 どんどん、

「合法的に」追い出していくし、

新規には、 入国させない、 ということだ。


ある意味で、 欧米よりも、 恐ろしい、

「排斥運動」が、中国で起こりつつあるのだ。



この突然の措置に、 度肝を抜かれ、

パニックに陥っているのが、

2万社を超えると言われる、 中国の、

日系企業らである。


11月の中旬に、 私が、北 京と上海を訪れた時に、 日本人の駐在員たちは、

この話題で、 もちきりだった。


もしかしたら、 自分も、 来年の4月以降は、

「 C類の外国人 」 に分類されて、

中国から追放されるかもしれないからだ。


≒ 問題な事は、 数千人以上の日本国民らが、 シナの当局に、 国際法に違反する形で、 その、 民事訴訟法にかこつけて、カネを要求され、

軟禁されており、

日本への帰国を禁じられている事であり、

この手のシナの事を報ずる、 報道員らも、

日本の与野党の政治家らも、 その事を、

日本国民らの、より多くへ知らせる行為らを、

成さない、 不作為型の、 軟禁への共犯行為を成して来ている事だ !


シナから、 カネの、 より、 ありそうな日本国民らが、 逃げ出せない事が、 問題な事であって、

逃げ出せる事が、 問題な事なのではない 。



・・何せ、 日本の駐在員らは、

高齢者が多いが、 50代の後半の駐在員は、

40代の前半の駐在員の、 3分の1しか価値がない、

と、 みなされるのだ。


また、2016年版の、 「 フォーチュン 500 」 に入っている、 日本企業らは、 52社しかなく、

大半の駐在員らは、 対象外だ。


さらに、 大学ランキング 100に入っている、

日本の大学は、

東大、京大、大阪大、東北大、東工大の、

5校しかなく、 早稲田や慶応の卒業生さえ、

「 0点 」 なのである。


こうした事態に、 日本商工会議所は、

12月2日に、 わざわざ、 北京から、

著名な中国人弁護士を、 東京に招待し、

企業説明会を開いた。


私も聞きに行ってきたが、

説明会には、 200社余りの人事総務担当者などが訪れ、ものすごい熱気だった。


参加者たちは、 説明会が終了してからも、

中国人弁護士を取り囲んで、

質問を浴びせていた。


この企業説明会で、 中国人弁護士は、

次のように述べた。


「 私が、 中国政府の担当者から聞いているのは、 A類に選ばれるのは、

ノーベル賞級の受賞歴がある外国人や、

中国が、 国賓として招きたいような、

外国人だけで、

大半は、 B類かC類になるそうです。

また、 大企業の現地法人の会長や社長には、

無条件で、 B類を与える、 とも言っていました。


問題は、 中国に進出している、

日本の中小企業の駐在員と、

大企業でも、 会長や社長以外の一般駐在員で、

そうした人たちの駐在員ビザが下りにくくなる、

懸念があります。


とにかく、 今後は、

中国政府が、 外国企業を評価し、

来てほしい企業にのみに来てもらう、

という方針なのです 」 。



・日中関係の主導権は逆転した;


日本企業の、 2015年の、 対中投資は、

32.1億ドル で、


2014年の、 43.3億ドルから、

38.8% も、 減少した。



今年の9月までの、 対中投資は、

22.7億ドル で、


年間に、 30億ドルを切る可能性もある。



これは、 2012年の、 73.8億ドルの4割の水準だ。



各国・地域別に見ても、 日本は、

8位に甘んじていて、

シンガポールの投資額の半分、

韓国の6割にすぎない。


だが、 来年4月以降は、

C類の駐在員が連発したら、

2017年の日本企業の対中投資は、

さらに減るだろう。


こうした話は、 私が、 11月に訪中した際に、

中国の外交関係者にも警告した。

すると、 次のように、 開き直ったのだった。


「 1972年に、 中日が国交正常化して以降は、

長い間を、 両国関係は、

中国が、 日本を必要とする時代が続いた。

そのために、 両国関係の主導権は、

常に、 日本側にあった。


ところが、 いまや、 中日関係は、

日本が、 中国を必要とする時代に変わったのだ。


たしかに、 日本企業が持っている最先端技術は、 いまも変わらず、 貴重だが、

それらのほとんどが、

欧米企業とのビジネスで、 代替が可能だ。


われわれが、 いま、

日本から、 どうしても欲しいのは、

高齢化社会に関する、 知見くらいのものだ。


逆に、 日本企業は、

14億人の中国市場は、 死活問題だろう。


それなのに、 日本人は、 いまだに、

1980年代のような発想で、

両国関係を考えている。


来年の4月からの、 外国人らへの3分類も、

これからは、 中国が主導権を取って、

来てほしい人に来てもらうということだ。

こちらが、 意味がないと思う日本企業には、

来てもらわなくて結構だ、 ということだ 」 。


近藤 大介 氏 ;

1965年生まれ。埼玉県出身。東京大学卒業後、

講談社入社。『週刊現代』編集次長。

明治大学国際日本学部講師(東アジア論)。

2009年から2012年まで、

講談社(北京)文化有限公司副総経理。


『対中戦略』、 『日中「再』逆転』、

『中国模式の衝撃』、 他、著書多数。

最新刊は、

『 パックス・チャイナ 中華帝国の野望 』 。

都市員らと、農村員らとに、分割されて、統治されて来ている、 深刻な差別助長型の社会な、 シナ

【 日本の主権者である、 日本国民たちへ、

その、 在り得る、 福利らを成し、 増す、

為にだけ、 存在するべき、 憲法上の、

義務性を負って、 日本国民らへの、召し使いの立場にある、 日本の、 政府と、 それを運営する者らは、

自らの義務の事として、

日本国民たちへ、 在り得る、福利らを成す、

その国民経済系を拡充する、 足しになる事を、

成し行わねば、 成らない、 のであり、


これは、 やった方が、 良い事ではなくて、


必ず、 彼らが、 やらねば成らない事だ。


その逆の、 負の効果を成す、 デフレ不況性の存続を後押しする、 日本の政府の財政での緊縮を成す行為らは、 彼らが、 やっては、 いけない、

行為ら、 なのだ。


そうした、 自らの主らへの義務に違反する行為らを成して来ている、 自らの執事の役にある者らを、 合法に、 裁く行為らを成して来ていない、

日本の主権者としての、 日本国民らの、

その、 不作為型の、 自害行為らも、

デフレ不況性を存続させて来ている、 要因らの、

一定部分らを成している。


日本国民らの側に立つ事を選ぶ、 賊員ではない側の、 日本国民らは、

憲法への違反行為らを成して来ている、 自らへの、 執事の役にある、 政府の事らへ与 アズカ る

者らを、 きちんと、 裁く、 法律に則 ノット った、 手続き事らを成すべきであり、


それらを成す途上らにおいて、

より早くに、 日本国民らの足元の地下へ、

避難経路らと、住める避難所らとを作り拡げてゆく公共事業らを、 より、 本格的に成し行い得る、

政府に類する機関らを成し合い、 構成し合うべきだ、 が、


そうしてゆく場合に、 邪魔立てをし得る者らの中でも、 最も有力な者は、

日米安保条約において、

日本政府が、 日本を統治する能力を失った場合には、 日本政府に代わって、 日本にある、

アメリカ軍の基地らの、 総司令官である、

アメリカ人が、 日本を統治する、 という、

日本国民らが、 日本国民らを統治すべき、

日本の主権者である事を、 真っ向から、

否定して観せている、 条項を、

日本側の、 岸信介氏らなどの、 実質的な売国奴らと共に、 成してある、

アメリカの主導者らであり、

それに連携する、 岸アメリカ派員ら、だ。


この者らが、 その、邪魔立てを成す場合には、


今の、 シリアにおいて、

英米の側の者らが、 その代理の者らを通しても、

テロリストらから成り、

外国人らからも成る、 反政府勢力らを後押しし

、 シリア国民たちの大半が、 外国らの外国人らによる、 シリア国民らへの、 世論調査らにおいて、

支持している事が、 判明している、

アサド政権に対する、 攻撃を成して来ている様に、


英米の富裕権力層の側の者らは、

シナ朝鮮人らなどを、 民主化などを求めて観せる、 自由日本軍なる組織などを構成する者などに仕立てて、 暴れ回らせ、 本物の日本国民らが、

自らの政府らを、ろくに、 構成し得ない程以上に、

ズタボロ にされてゆく傍 カタワ らで、

岸アメリカ派員らに類する者らに、 政府を主導させる状況を成す度合いを増す方向へ、圧力をかける事らを成してゆくなどする事になる。


この連中は、 世界中で、 似たり寄ったりの事らを成して来ているので、

その歴史事項らを通して観れば、

そうした事に類する事らを成す事は、

明らかに、 観て取り得る 。


シリアなどにおける、 英米の富裕権力層の利害に関わり得る、 一切の実例らは、

日本国民らの利害関係性に対しても、

決して、 他人事などでは無いのだ 】 。


@ レパントの海戦 、 は、


1582 一期 イチゴ 発奮 、 本能寺の変、の、 11年前の、

1571年、 の、 10月7日に、


ギリシアのコリント湾口の、 レパント Lepanto 沖での、 オスマン帝国海軍と、

教皇や、 スペインに、 ヴェネツィアの連合海軍による、 海戦である。


スペイン王国は、 支配下の、 ジェノヴァや、

イタリアの都市国家らと、 マルタ騎士団等から、

最大限の戦力を集めた。


この海戦は、 西ヨーロッパ史において、

初めての大海戦での、 オスマン軍に対する勝利であり、

オスマン帝国の地中海での前進を防ぐ事に役立った。

レパントの海戦は、 ガレー船が主力を成す大海戦としては、 最後のもことが知られている。



☆ ワーテルローの戦い ;


  横隊>方陣


  Comment by Anonymous 05/15/15(Fri)23:47:01 No.41737699


  ( フィリピン )


  ↑横隊と砲兵が組み合わさって、

方陣を壊滅させてから、

方陣は廃れた、 と、 思ってたんだけど?



@ タボル山の戦い ;

フランス語: Bataille du Mont-Thabor 、 は、

1799年の、 4月16日、に、


クレベール将軍の率いる、 フランス軍と、

ダマスカスのパシャが率いる、 オスマン帝国軍との間で行われた、 戦い。


当時は、 ナポレオンは、 アッコを包囲しており、

ダマスカスは、 それへの包囲を解くために、

軍を派遣した。


アッコの南方に進出した、 クレベール将軍らは、 オスマン軍が、 圧倒的多数な事を知りながら、

それを阻止することを決意し、戦闘に突入した。


フランス軍は、 2つの方陣らを形成して、

8時間の間を戦ったが、

ついに、 弾薬が底をついた。


オスマン軍が、 勝ちを得ようとした、その時、

ナポレオンが、 2,500名の兵士らと、

2門の大砲らを引き連れて、 増援に到着した。


最悪の事態が、 いままさに起きようとしていることを見てとったナポレオンは、ただちにオスマン軍の側面を攻撃した。不意を突かれたオスマン軍は混乱し、ついに退却した。


@ 自分が知る限りじゃ、

ポーランドのユサールは、 重騎兵とするには、

軽すぎるし、 軽騎兵とするには、 重すぎる。


だから・・・中騎兵?


 Comment by Anonymous 05/16/15(Sat)00:05:46 No.41738331


 ( ポーランド )


 ↑むしろ、 槍騎兵。


ユサールの戦術は、 相手の陣形が壊滅するまで、

突撃することにあるから。


 ウィーンの戦いじゃ、

オスマン・トルコが、 陣形を崩すまで、

ユサールらは、 六回を突撃している。



☆ 千6百年代の17世紀の、 後半の、

第二次ウィーン包囲は、


その後のヨーロッパの運命を決める戦いであったが、

フサリアの長所が、 存分に発揮された、

典型例である。


ヨーロッパ連合軍が、 ウィーンの郊外の丘の上に、 陣取ると、

連合軍の総司令官である、 ポーランド国王の、

ヤン3世が率いる、 フサリアである、 3千騎が、

ウィーンを陥落すべく、 これを包囲していた、

オスマン・トルコ軍の15万に対する、

中央への突撃を敢行し、

敵の総司令官の、 カラ・ムスタファ・パシャのいる本陣まで、 一気に、 縦深し、 大混乱に陥れ、


たった1時間で、 トルコ軍の全軍を、 散り散りに敗走させている。



☆ ローマ法王の、 フランシスコ師は、


政治家の評判を落とすために、

スキャンダルに焦点を合わせたり、

偽りの情報を発信することは、

「 罪 」 だ、 と述べ、

メディアらに対して、 強い警告を発した。


法王は、 誤った情報を拡散することは、

「 メディアらができうる、 最大の加害行為 」 であり、

電波通信を、 そのような行為に利用することは、

罪といえる、 と、 述べた。


法王は、 「 メディアらは 、 明確、

透明であるべきだ。

たとえ、 真実であっても、

常に、 スキャンダルなどを報じたがるといった、、 汚い物を病的に嗜好するような病に陥ってはならない 」 、 と、 語った。


また、 政敵を中傷する目的で、

メディアらを利用することの危険に言及。


「 そのようなことをする権利は、 誰にもない。

それは、 罪であり、 傷つく行為だ 」 、

と、 述べた。


Pope_Francis_South_Korea_2014


ソース/ロイター

http://jp.reuters.com/article/romepope-idJPKBN13X0AG



@ そうして来ている、 メディア員らは、

『 朝鮮人らも、 そうすべきである様に、

霊的にも、 倫理にも、 生まれ代わるべきだ 』


≒ 一度は、 倫理的にも、

霊的にも、 死になさい 。

先代の、 ローマ教皇の、

韓国人らを対象として成した、 お言葉 ;

『 韓国人らは、 倫理的にも、 霊的にも、

生まれ代わるべきだ 』 、 より 。




@ 法王の言った事を、 また、 捻じ曲げて、

トランプ氏への叩きに使う、 ロイターは、

もう、 救いようがないね。

いま、 言われたばかりだろ!? 、 と、

唖然としたわ。

2016年 12月 9日 6:39

≒ 元の記事には、 トランプ氏が、 アメリカの大統領に当選した原因らの一定部分に、

ネットによる、 メディアらの情報らの操作があるかの様に、

ロイターの者が、 付け加えた部分がある 。



@ ローマ法王は、 キリスト教・カトリック 。


西早稲田2一3一18の界隈は、

ウリスト教・プロテスタント系カルトら 。


従って、 法王の正論、

NHK などは、 屁とも感じてません 。

2016年 12月9日 7:24



@ 法王が、 嘘はいかんよ、と、 諭してる記事の末文で、 さっそく、 嘘をつく、 メンタル朝鮮類員の、 マスゴミ…

ひどすぎんだろ 。



@ 法王; 「 マスゴミは、 捏造をやめろ 」 。


マスゴミ; 「 ほら、 ネット民らよ、

おまえらは、 法王から怒られてるぞ

( 現実逃避 」 。



@ 日本なら、 朝日新聞・共同通信

・NHKだな!!


@ ニダハングル協会、聞いてるか。


@ もう、 20世紀とは、 違う。

世界の人らが、 ネットを通じて、 横につながった今は、 縦情報で、 嘘をついても、

見破られるだけ。

そして、 その嘘をつかせた奴らは、

もう、 隠れられない。


0.1% 、と、 99.9% との戦いは、

もう、 始まったのかもしれないね。



☆ 『民数記』 みんすうき 、 ヘブライ語: במדבר‎、 英語: Numbers ) とは、


旧約聖書らの中の一書で、


伝統的に、 四番目に置かれてきた。


モーセ五書のうちの一書。


イスラエルの民の人口への調査に関する記述があることから、

七十人訳聖書では、

『 アリスモイ 』 ( 数 ) 、 と呼ばれ、

そこから、 民数記 、 という名称が生まれた。


☆ 『 ルツ記 』 は、


異邦人である、 ルツさんが、

ダビデ王にいたる家系の中で、

重要な役割を果たすことを語ることで、


救いの歴史において、 「 自らの民 」 である、

ユダヤ人にとらわれない、

全知全能で、 ありとあらゆる事らを見通し、

予め、定めてある、 神の意図の、 壮大さを語っている。


ルツさんは、 日本正教会では、

ルフィ 、 と表記される。



☆ エステル

( ラテン文字表記: Esther, Ester ) は、


旧約聖書にある、 歴史物語の、 『エステル記』の主人公である、 ユダヤ人女性。


ユダヤ人の、 モルデカイさんの養女の、

エステルさんは、

ペルシア王のアハシュエロス氏

( クセルクセス1世、

在位紀元前485年 - 紀元前465年 ) の妃となる。



☆ 「 ルツ記 」 では、

未亡人となった、 ルツさん、が、

義母のナオミさんを養うために、

裕福な遠縁の親戚の、 ボアズどんの畑で、

落穂拾いをする。


ボアズどんは、 姑につくす、 ルツさんに好意をもっていた。

この姑の、 ナオミさんのおかげで、

ルツさんとボアズどんは、 結ばれ、

ダヴィデ王の祖先となる。


落穂拾い 。


☆ 『 雅歌 』 ( がか、 ヘブライ語:

שיר השירים‎ Šīr-hašŠīrīm シール・ハッ=シーリーム,

独: Hohes Lied,

英: Song of Songs あるいは、

the Song of Solomon ) は、

ヘブライ聖書の中の一編。


男女の恋の歌であり、 ユダヤ教では、

「 諸書 」 のうちに入る。


キリスト教では、 伝統的に、

預言書の前に置かれる。


恋愛と男女の賛美を歌い上げる詩であるために、

それへの扱いをめぐって、

古来から、 議論が絶えなかったが、

さまざまな経緯を経て、

正典におさめられた。



☆ 『詩篇』または『詩編』 ( しへん、

ヘブライ語: תהלים‎ Təhillīm,

英語: Psalm ) は、

旧約聖書に収められた、 150篇の神

( ヤハウェ ) への賛美の詩。


☆ ヨハネの黙示録 もくしろく ;


古代ギリシア語: Ἀποκάλυψις Ἰωάννου、

ラテン語: Apocalypsis Iōannis ) は、


『 新約聖書

≒ より、 新たに、 神から、 人々へ授けられた、 社会倫理事項らとしての、 約束事らを含む、

記述ら ; クリスチャン・ギリシャ語聖書 』の、

最後に配された聖典であり、

『 新約聖書 』 の中で、 唯一に、

預言書的性格を持つ書である。


タイトルの「黙示」とは、


ギリシャ語の、 「 アポカリュプシス

( 古代ギリシア語: Ἀποκάλυψις 」 の

訳であり、

καλύπτω ( 覆う ) に、

接頭辞の、 ἀπό ( 離れて ) が、

組み合わさった、


ἀποκαλύπτω

( 明かす、 明らかにする ) 、 という動詞に、

-σις 、 という、 抽象名詞を作る、

接尾辞が付いた、 複合語である。



英語では、 「 Revelation 」、 と言い、

上記と同義のラテン語の、

revēlātiō

( 暴露、 すっぱ抜き ) に由来する。



☆ マグダラのマリア Mary of Magdala 、 女史は、

新約聖書の中の福音書に登場する、

イエス師に従った女性である。


マリヤ・マグダレナ Mary Magdalene 、 とも、 転写される。


正教会・カトリック教会・聖公会で、 聖人。


正教会では、 携香女・亜使徒の称号をもつ聖人。


☆ ゲッセマネ Gethsemane、

希: Γ εθσημανι、

ヘブライ語: גת שמנים Gat-Šmanim、

アラム語: גת שמנא Gaṯ-Šmāne ) は、


エルサレムのオリーブ山の北西麓にあった地名で、

新約聖書の福音書で、 知られる。


ゲツセマネ 、 とも表記し、

オリーブの木の植えられた庭園風の場所だった為に、

ゲッセマネの園( その )、 とも呼ばれている。


その名前は、 アラム語で、

「 オリーブの油搾り 」 、 または、

「 オリーブの酒舟 」 を意味する、 とされる。



福音書では、 イエス師と弟子たちが、

最後の晩餐のあとに、 祈りを捧げ、

また、 イエス師が、

イスカリオテのユダ氏に裏切られ、

捕えられた、 場所とされる。



☆ 11月の中旬に、北京を訪れた時のこと。

私は、 夕刻に、 海淀区で、

旧知の中国人の5人と、 会食の約束をしていて、

少し早めに、 朝陽区から、

地下鉄の10号線に乗った。


私が乗った車両は、 空席はなかったが、

朝夕のラッシュ時ほどは、込み合っていなかった。



途中駅で、 6人掛けの中央部分に座っていた男性が、 下車して、 その目の前に立っていた、

品のいい婦人が、 どっこいしょと座ろうとした。


その瞬間に、 数メートル先から、

汚らしいカバンが、 ビューンと飛んできて、

空席を占拠した。


婦人が、 仰天して振り返ると、

臭い服を着た若い女性が、 走り込んで来て、

席に座ってしまったのだった。


すると、 婦人は、いきり立った表情で、 叫んだ。


「 外地人は、今すぐ、北京から出て行け! 」 。


私は、 仰天して見ていたが、

さらに驚いたのは、 その後である。


周囲の老若男女たちが、 口々に、

「 外地人は、 今すぐ、北京から出て行け! 」、 と、 婦人と同じセリフを口にして、

座り込んだ、 若い女性を罵 ノノシ ったのだ。


その女性はと言えば、

ボサボサの長髪を盾にするようにして、

両手を耳に当てて、 俯 ウツム いていた。


この話には、まだ続きがある。


夕刻に会った、 5人の中国人達は、

いずれも、 名門大学を卒業した、 北京戸籍の保有者、つまり、 北京人だった。


私が、 「 先ほど、 地下鉄で見た驚愕話 」 を開陳すると、

この5人は、 異口同音に、激しい口調で語ったのである。


「 地下鉄の乗客たちの言う通りだよ。

そんな田舎者の奴らは、

早く、 北京から追い出してしまえばいい 」 。


「 田舎者たちを追い出さないから、

街は、 汚いし、 人騙しらは、 跋扈 バッコ

するし、 治安は、 悪くなる一方だ 」 、


「 本当に、あの農民どもは、

見ているだけで、 腹が立つ 」 、


「 あいつらは、 ロクに、中国語も話せないくせに、 北京に住む資格なんか、ない 」 、


「 そういう田舎者たちがいない時代の北京には、 PM2.5の大気汚染もなく、

皆が、 平和に暮らしていた 」 。


私は、 5人の北京人らに、

Brexit や、 トランプ現象についても、

聞いてみた。

すると、 彼らは、 大いに賛同し、

「 移民なんか、 受け入れる必要はなく、

イギリス国民の選択は、 正しい 」 、

「 中国にトランプがいたら、応援するだろう 」

、 などと述べたのだった。


このように、 非民主国家である中国には、

大統領選挙も、 国民投票もないけれども、

他者を排斥する国民感情は、

沸々とたぎっているのである。



・習近平政権を左右する大問題 ;


中国では、 最近、 「 戸口虫 」

( フーコウチョン ) 、 と呼ばれる人々が、跋扈している、 という。


これは、 日本語に直訳すると、

「 戸籍ダフ屋 」 だ。


「 カネはあるので、 北京戸籍がほしい 」、

という、 地方出身者と、

「 北京戸籍を売ってもいい 」 、 という、

北京市民との間を取り持つ。



取引相場は、 このところは、 急上昇していて、

80万元 ( 約 千3百万円 ) 位まで来ている、

とのことだ。



中国は、 「 現代版アパルトヘイト 」

≒ 人種隔離政策 、 とも揶揄される、

独特の戸籍制度を敷いている。



毛沢東時代の1950年代に、

全国民の各々を、 都市戸籍 ( 城市戸口 ) の、 保有者と、

農村戸籍 ( 農業戸口 ) の、 保有者とに、

二分した。


農村戸籍の保有者たちは、

公的機関発行の許可証がなければ、

都市へ向かう、 電車に乗ることもできなかった。



そうして、 国民らの各々の居住地と職業を固定化することで、

国の安定的発展を図ったのである。



1978年に、 鄧小平氏が、

改革開放政策を始めて以降は、


都市部らの発展に伴い、

農村らから、 都市らへの、出稼ぎ労働者である、

「 農民工 」 を黙認するようになった。



だが、 彼らは、 都市戸籍を持たないが為に、

社会保障、に、 結婚、や、 子供への教育などの、あらゆる面で、

まるで、 外国人のような扱いを受けている。



マンションへの購入も、 その一つだ。


各都市にとって、 「 農民工 」 らは、

あくまでも、 「 臨時の季節労働者 」 、

という、 扱いなので、


法律が整備されていないのである。



特に、居住の固定化を意味する、

マンションへの購入には、大きな壁を設けている。



「 農民工 」 らは、 2015年の末で、

2億8千万人にも上っていて、

彼らへの扱いは、

ある意味で、 習近平政権を左右する、

大問題なのである。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50377


スオミ

【 水の足らずで、 立ち枯れる苗らも出ている、

田んぼらへ、 堰 セキ から、 溢れ出てゆくべき、

水塊 ミクレ らを差し止めて、 貯め置く事で、

立ち枯れを後押しする様な事をするのではなく、


日本政府の成すべき仕事は、

その主の、 日本国民らが参与し合って、

成してある、 共同の国民経済系が、健やかに成長するのに必要な、 一定度合いの、 資本性らである、

金額数値らを、 日本政府の所で、 差し止めずに、

日本国民らへ、 所得金額を付け加える形で、

日本社会へ渡す事であり、

日本の国民経済系を肥やす事であって、

自分の懐 フトコロ を肥やして観せる、

財政黒字なるものを成し、増やして観せる事では、

ない。


日本国民らに、 仕事回りを成す、

カネ回りの流れらを差し止める、 口実に、

その流れらの所々での、滞留量である、 黒字分らや、 それらと、 ピッタリと一致する、 赤字分ら、 の、 存在や、その度合いを持ち出す事は、


赤信号を前にして、 停まっている車らの度合いが、 財政黒字の度合いであり、

そこへ、 停まる車らを更に増やす、

財政の再建をすると、 外国人のカネ貸しらから、

信用される度合いが増してゆく分だけ、

カネを借り易くなるから、 財政再建をするのだ、

と、 主張する事に類する、

意味の辻褄を成し得ていない、 事だが、


日本の財務省の役人らが、 英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、 準 ナゾラ えて、 主張し、実行して来ている事は、

交通の流れらの中の一定の所で、

車らを停め置く量を増す様にして、

交通を妨げる度合いを高め得てゆく事と、

大して、 変わらない事である。


貨幣経済系においては、

誰彼らの黒字らは、

別の誰彼らの赤字らであり、

それらの両者の金額数値らは、 ピッタリと、

一致する。


貨幣経済系の規模が大きくなる事は、

その、 黒字分らと、 赤字分らとが、 同時に、

同じ金額数値らを成して、 大きくなる事をも意味する。


その、 黒字分らや、赤字分らは、

カネ回りの流れらの所々での、 滞留量の、 プラスとマイナスの度合いを示す。


カネら等の効果らが、 消え去らずに、

自らへの参加主らにおいて、 循環してゆく、

自己循環型の経済系である、

国民経済系においては、 その売り買い取り引きらの流れらの所々における、 滞留の具合を意味するのが、 黒字や赤字の分ら、であり、

国民経済系を維持し、 拡充し得てゆく上では、

それらが、 その流れらを妨げる、 滞留の行き過ぎてある具合を示し得るものらである事を、

認識すべき、 必要性の度合いがある。


立ち枯れゆく田んぼらへ流すべき、 水塊らの、

在るべき量が、 ある堰で、 欠けてあり、

その分の、 赤字分がある事も、 問題な事だが、


実質的な売国奴としての、 実態らを成して観せて来ている、 日本の、 財務省の役人らと、

それに与して来ている、 与野党の主導的な政治家らとが、 堰から流すべき水塊らを、 その主らから、

預り得て来ておりながら、

それらを、 主の田んぼらへ流す,在り得る度合いを減らす、 日本政府の財政での引き締め ≒

財政緊縮 、 をやる事も、 問題な事であり、

米粒らの、在り得る、 収穫量を減らす事になる、

財政の緊縮をやり続けて、 実際に、

米粒らの、 在り得る、 収穫量を減らし続け、

それらが、 税として、 政府へ渡される量が減った事を理由として、 また、 財政の緊縮をやる事を、

主の日本国民らへ、ごり押しし続けて来ている事は、 日本国民らを最も大きな、深刻な度合いで、

傷め、 害し続けている、 日本で、 最も問題な事柄であり、

日本国民らへ対する、 戦争行為を、 違法に、

成し続けている事にも等しい、 被害性の度合いを、

実質的な売国奴らが、 日本国民らへ押し付け続けて来ている事でもある。


より早くに、 日本国民らの足元の地下へ、 避難経路らと、住める避難所らを作り拡げてゆく事を、

最も、 資本性らの、 在り得る、 活用の面で、

妨げ得て来ているのは、

実質的な売国奴である、 日本の、 財務省の役人らと、 それに与して来ている、 与野党の主導的な政治家らや、 報道機関らの情報売人らである 】 。

ネット記事+論弁群+;


@ なんで、 フィンランドって、

フィンランド語じゃ、 『 スオミ 』 なの?


もしくは、 何で、 フィンランドは、

フィンランド国外では、 フィンランドって、

呼ばれてるの?


 Comment by Anonymous 08/10/14(Sun)07:33:46 No.111896520


↑じゃあ、 日本人が、 「japan」を、「にほん」、と、 呼んでるのは、 何でなんだよ。



 @ そう命名した、 ポルトガル人の探検家に、

理由を聞いてこい。



 ↑「フィンランド」と命名したのは、

デンマーク人。


 ☆ デンマークは、

長い間を、 バルト海の近郊で、 デカい面してたから、 その名称が、 今でも残ってる。


藤原道長氏が、 政権を担っていた頃の、

千年代である、 11世紀の初頭の30年間には、

カヌート大王が、 デンマークとイングランドを支配した ( 北海帝国 ) 。


千3百年代の、 14世紀の後半には、

日本では、 足利氏を、 征夷大将軍とした、

北朝側の室町幕府と、 後醍醐天皇の系統の、 南朝とが、 争っていたが、

マルグレーテ1世により、

デンマークは、 スウェーデン、ノルウェーを支配の下にした、 カルマル同盟を成して、 大国として存在した。


1520年のストックホルムの血浴びを契機に、

1523年に、 スウェーデンが、 カルマル同盟を脱けて、独立し、 スウェーデンとの、 300年にわたる抗争が始まった。


伯爵戦争 ( 1534年? 1536年 ) において、

クリスチャン3世が勝ったことにより、

宗教改革が行われ、 デンマークは、

ローマ教皇の、神の代理人としての、権威性を認めない、 ルーテル派の国となった。


クリスチャン4世が、 大坂夏の陣で、 豊臣家が滅ぼされた、 11年後の、 1626年に、

ドイツ三十年戦争に介入して、敗退したことから、 デンマークの衰退が始まる。


そして、 トルステンソン戦争(1643年?1645年)において、 スウェーデンとの戦いで、

完全に、 デンマークは、 小国へと転落した。



@ 源頼朝どんって、 なんで、 京に登らずに、

鎌倉で、 政治を執ったん?


@ 攻められにくく、 守りやすい、 鎌倉の地は、

平氏を相手にしても、 堅固な土地で、

最適だったから 。

また、 関東の武士らは、 その父の、 源義朝どんや、 その先祖の、 義家どんの代から、

源氏への恩顧の武将が多かったってのも、要因 。



@ 京都と鎌倉との現実的な距離が 、

朝廷と武家政権との政治的な距離と、

イコールだったから 。


@ 鎌倉幕府は、

武家員らを統治する機関ではあっても、

日本の全国の人々を統治する機関ではなく、

鎌倉幕府が、 統治の宛・対象にした人々を除く、

残りの人々は、 朝廷が統治する世界に属し、

日本は、 大筋では、 2つの政権らの、 どちらかに属する人々から成っていた。



@ 実質で、 トップになったのが、 1185年で、

名実ともに、 トップになったのが、 1192年なら、

【 鎌倉時代の始まりの年は、 】

1192で、 いいんじゃないの?



@ 名実というなら、 1190年の、

右近衛大将への、 頼朝氏の就任を以て、

幕府の成立と言わなきゃ、 おかしくなる 。

右近衛大将は、 征夷大将軍より、 上の地位な 。



@ 役向きが、違いすぎる 。

征夷大将軍ってのは、 朝廷の外で、

好き勝手をやれるから、 選んだんだろ 。



@ 頼朝氏が、 征夷大将軍を欲しかったのは、

陸奥国の藤原氏を攻めたかったからだろ?


@ しかも、 そもそも、 近衛大将の館を、

幕府 、 と呼ぶのだから 。


@ 当時の人らは、 鎌倉時代とか、 江戸時代とかを使ってなくて、 天皇の元号年数で、 表記されていたのだから、 平成時代みたいに、

元号+時代で教えた方がいいと思うんだよなあ 。



@ 1185年は、 守護・地頭の設置と言われるが、 実際には、 頼朝氏個人が、

日本国惣追捕使・惣地頭 、 とされて、

武家領の人々を宛とする、

警察権・徴税権を握った

( 実際には、 許可でなく、 認可だが ) 。


それが、 政権の存立にとって、 最重要だった、

と、 学界で、 評価されたということ 。


その権限を、 頼朝氏個人の使者として、

分与されたのが、

個々の惣追捕使 ( 後の守護 ) ・地頭 ら。


征夷大将軍でなければ、 政権を担えない、

というのは、 いわば、

江戸時代のイデオロギーに毒されているだけ 。



@ そもそも、 源義経氏への捜索に、

徴税権が、 必要なのか?

守護は、ともかく、 地頭は、 火事場泥棒。


http://en.wikipedia.org/wiki/Salients,_re-entrants_and_pockets#Motti


☆ モッティ戦術 、とは、


第一次 ソフィン戦争 ( 冬戦争 ) の時に、


圧倒的戦力を持った、 重装備のソ連軍 ( 赤軍 ) に対して、

フィンランド軍が行った、 包囲 ( モッティ )・撃滅作戦のことである。


開戦の当初は、 ラドガ湖の北で、

ソ連軍は、 電撃的な速度で、進撃を続けていた。


フィンランド軍は、 国境での防衛を断念し、

内地へ潰走していった。


カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム氏は、 急斜面の森に挟まれて、 細く、

長大な進軍路を進軍し続けてきた事で、

ソ連軍が、 実質では、 分散していることに、

気付いた、 パーヴォ・タルヴェラ大佐に、

予備兵力を与え、 奇襲攻撃を加えた。


快進撃ぶりに、 すっかり、 油断していた、

ソ連軍は、 小軍団らに分断され、

後方との補給を絶たれた。


これが、 最初のモッティ戦術の実践であった。


その後には、 スキーを履き、

装備も、 雪の色と同調させた、 フィンランド兵らが、 後方との連絡を絶たれた、 ソ連軍を、

側面ら ( 進軍路の両脇にして、 積雪状態の斜面の森 ) より、 逐次に、 奇襲した。


こうして、 フィンランド軍は、 ソ連軍への各個撃破に成功した。



☆ スウェーデンの歩兵たちは、

前進の命令が下されると、

静かに歩き始めるのが、 通例だった。


当時は、 戦闘前や戦闘の最中においても、

兵卒らの間で、 私語が交わされることも、

しばしばだったが、

彼らは、 ほとんどが、 口をつぐみ、

喊声すら上げなかった。


ただ、 聞こえるのは、 鼓手の奏でる、 一定の音律と、 幾千もの軍靴が、 地を踏みならす音らや、

装具と銃に、剣が擦れ合う、 鉄の響きであった、

と、 言われている。


この敵前における、 静寂の前進は、

軍律が保たれている証拠として、 良く言及されるが、 その一方で、 相手を怯 ヒル ませ、 恐れさせる効果も見込まれていた、 と、 言われる。


 この前進は、 敵の横隊との距離が、

70歩になるまで、 続いた。


この距離になると、 スウェーデン軍の4列の横隊の内の、 後ろの2列が、 少し、 前に進み出て、

横列らの間の距離を縮め、

一方で、 前の2列は、 身をかがめた。


その直後に、 後ろの2列が、 一斉射撃を行い、

剣を抜き、 前の2列も、 姿勢を正し、

足並みをそろえて、 前進を再開し、

自らが作った、 白い硝煙を抜けて、

敵との距離が、 30歩になるまで、整然と進んだ。


敵間距離が、 30歩で、 再び停止した、

スウェーデンの歩兵たちから成る、前の2列は、

水平に、 銃を構えて、 一斉射撃を行った。


この前進において、 スウェーデン軍の歩兵らは、 繰り返し、

「 銃剣が、 敵に届くまで 」 , あるいは、

「 敵兵の白目を識別できるまで 」 、

近付かなければならないと、 教え込まれており、


驚くべき事に、 良く訓練された、 スウェーデンの歩兵らは、 列を乱さずに、 それを忠実に実行出来た。


この至近距離からの、 規律を保った一斉射撃に耐えられる敵は、 当時は、 ヨーロッパには、

ほとんど存在しなかった。


 至近からの銃撃は、 敵の戦列を大きく乱した、

と、 推測される。


これに対し、 スウェーデン歩兵らは、

士官からの 、 "Ga Pa!" [ fall on! ] 、 との命令を受けるや、 突撃を開始。


槍兵たちは、 槍を前に倒し、

銃兵らの一定数の者らは、 剣を抜き、

あるいは、 剣を先に付けた、

マスケット銃を構えて、

混乱する敵の横隊を突破し、これを壊乱させた。



@ スペイン人達が、 オランダを攻撃して、

都市を包囲した時に、

オランダは、 都市の周りを水没させて、

艦隊を都市に引き入れた。


 けど、 オランダ海軍が、 都市に入るころには、

スペイン人らは、 水没のせいで、 既に撤退したあとだったから、 結局、 オランダは、

艦隊で、 物資を補給するだけになった。


本能寺の変、の、 8年前の、 1574年、に、


八十年戦争 ( オランダ独立戦争 ) で、

最大の攻防戦といわれる。


ライデン市は、 スペイン軍に包囲され、

飢餓と伝染病に苦しみながらも、

オラニエ公の奇策により、 スペイン軍に勝った。


1573年、に、 オラニエ公側 ( 独立軍 ) の、

多くの町らが、 敗退、 もしくは、 降伏していた。



ライデンが陥落すると、 アムステルダム以南は、 デルフトとロッテルダムが残るのみとなり、 ライデンの戦いは、 まさに存亡の分岐点であった。


1574年に、 スペイン軍は、

アムステルダムから進軍し、 ライデン市を包囲し、封鎖した。

オラニエ公は、 ライデンの南方の堤防を壊して、 海水を引き込んで、 スペイン軍を分断し、

その隙に、 食料や物資を運び、

市民らを救出する、 作戦を提案する。


しかし、 海水が引き込まれた農地らは、

だめになってしまう。

それでも、 農者 ノウザ らは、

「 自分の土地を、スペインに奪われる位なら、

使えなくしてしまった方がいい 」、 と、

作戦に賛成し、 オラニエ公は、

沼地を農地に戻すための、 長期での償還を約束する債権らを発行する事を提案し、

作戦を実行した。


海水が浸 ヒタ すまでには、 時間がかかり、

( オランダの堤防は、 決壊しても、

被害が最小限になるように設計されているため )


ライデン市民らは、 餓死寸前だった。

また、 ペストが流行し、

市民らの3分の1の人口にあたる、

184人が死んだ。


そこに、 [ 神風 ] となった、 西風が、

10月2日から3日にかけて、 吹き、

北海の荒波が、 一気に、 ライデンに押し寄せた。

浸水は、 急激に進み、 スペイン軍は、 派辱

パニク ≒ パニック 、 に陥り、 撤退した。



☆ 中世ヨーロッパの艦船には、

敵の船体を破壊するような、 艦載砲は、装備されておらず、

初期の海軍は、 実質では、 陸上部隊を運ぶ、

輸送船団であり、

この時代の海戦とは、 兵士らを乗せた船同士が遭遇した際に行なわれる、 接舷戦闘であった。



艦船に、 大口径の砲が装備されて、

水上艦同士の砲撃戦が行なわれるようになり、

海軍が、 常設の海上戦闘組織になると、

接舷戦闘や、 目的地での上陸戦闘を行なうために、 陸軍が、 艦船に配属する専用部隊を設けたり、

海軍が、 歩兵部隊を組織するようになった。


これが、 海兵隊の始まりである。



ヨーロッパ世界で、 最も古い歴史を持つのは、

1 537年に設立の、 スペイン海兵隊である。



@ ヨーロッパで知られている、

世界初の塹壕戦は、 聖徳太子が亡くなった頃の、 627年に、 中東で行われた、

ハンダクの戦い、 と、言われている。


この時の塹壕は、 騎兵らを防ぐ、

障害物としての壕 ホリ で、


敵騎兵らの攻撃を防ぐことに成功している。


世界初の塹壕を掘ったのは、

ペルシャ人のサルマーン・アル=ファーリスィー氏で、 アラブ諸国の軍隊では、

世界初の工兵 、 とされている。